2004.05.30

柔道・秋山成勲、プロ転向か

柔道・秋山、K-1かPRIDE参戦有力 K-1「ヒクソン戦も」  [スポーツナビ

 2003年9月の柔道世界選手権81キロ級代表の秋山成勲(28)のプロ転向が30日、有力となった。所属する平成管財を5月中旬に退社しており、全日本柔道連盟の競技者登録抹消の手続きを今後進める見込み。アテネ五輪出場を目指していたが、4月の全日本選抜体重別で敗れ、五輪出場を逃した。また、秋山は以前から総合格闘技に関心を示しており、昨年末からいくつかの総合格闘技団体と接触していた。複数の関係者によれば、参戦が有力視されるのは、K-1、PRIDEという。
 金髪にして試合に出たりしてましたね。「見られる」ということを意識するプロ向きの選手。ハートも強そうだし、打撃対策さえできれば上位戦線で活躍できそう。
 「K-1が有力」というような報道があるようで。ん~、K-1かよ・・・。
 なんだかプロ格的には「K-1=悪・PRIDE=善」みたいな風潮がある。K-1がグダグダすぎるんだと思いますが。
 さて、K-1を選んだ場合のメリット・デメリットを考えてみたい。今後、MMA進出を考えてる方も参考にしてくださいw。
 メリット
 ・レベルが一部を除いてPRIDEより低いので、勝利を得る可能性が高い。
 ・ヒクソン・タイソン・サップ・曙など、ビッグネームでそれほど強くない(?)選手が揃っている。
 ・井上和歌に会える。
 ・新日本プロレスに出場できるかもしれない。

 デメリット
 ・ROMANEX自体が先行き不安。継続されるか微妙。
 ・K-1ルールの試合をさせられるかもしれない。
 ・ROMANEXで一番になったからと言って「最強」にはならない。
 ・新日本プロレスに出場できるかもしれない。

 新日本参戦は微妙ってことでw。秋山の場合は、吉田・小川と比較されやすいでしょうから、敢えて別団体を選ぶ方がイイかもしれませんな。

■関連リンク
“祖国”で見せたい強さ 柔道・秋山成勲 [[CHUNICHI WEB PRESS]アジア大会
FEG OFFICIAL WEB SITE

■PR
Click Here!

K-1関係の話題はコチラにもあります。[プロ格BLOGランキング]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.05.23

サップ、タップ負け

5/22 K-1ROMANEX・さいたまスーパーアリーナ(14918人・超満員札止め)、結果  [スポーツナビ

 [4]○ジョシュ・バーネット(1R2分15秒 マウントパンチ→KO)●レネ・ローゼ
 ・ジョシュ・コメント「日本のファンは素晴らしい。プロレスオタクの為にも頑張りたい(笑)。ホント、ゴメンナサイ、バックドロップナカッタ。ネクスト、パワーボム! プロレスハ無敵ダ!」
 バックドロップを狙ってたみたいですが、なかなか難しいでしょうね。内容はジョシュ圧勝。ただ、ロープ際(ってか、エプロン)になってもブレイクにならないのはどうなんだか。
 [5]○須藤元気(1R3分40秒 上からパンチ→KO)●ホイラー・グレイシー
 ・試合後、須藤はホイスへ挑戦を表明
 いやいや、素晴らしいですね。スタンドの打撃で勝負いくのかと思ったら、寝技でも互角っぽい感じだったからなぁ。
 ホイスは体重差が微妙・・・ってかホイスはPRIDEじゃなくてK-1?
 [8=セ]○中邑真輔(2R1分51秒 ギロチンチョーク)●アレクセイ・イグナショフ
 ・中邑マイク「ありがとうございました。今日の試合のテーマは笑顔。今日はいい風が吹いていたから勝つことができました。応援、ありがとうございました。プロレスラーは強いんです」
 ・イグナショフ・コメント「はっきり言って、今日は強くない人に負けてしまった。でも今日は彼が強かったということ。」
 いや~勝ちましたね中邑。何でもいいよ、ヤオでもいいよ、勝てばいいのよ~。もの凄いプレッシャーの中でファンに対して喜びを与えられる・・・プロレスラーとして正しいです。勝てば何だっていいんです。
 イグナショフはまったく動けてませんでしたね・・・体調の問題かもしれませんが、それ以上に中邑の動きは良かったです。にしても、2Rは時間かかりすぎかな。やる気ない感じだったし、スパッと言ってもらいたかった。取りあえず、MMA路線は一区切りしてプロレスをちゃんとやりなさい、巡業に出てください。
 イグナショフは試合後コメントで「中邑は弱い」を強調、深読みしたくなる感じ・・・。ヤオ疑惑もあるみたいですが・・・どうでもいいんですよ。この試合の場合、結果が重要だから。政治力で勝ったとしても、それが「プロレスの勝利」であることには違いない。十分、興奮はさせてもらったし。
 [9=メ]○藤田和之(1R2分15秒 グラウンドパンチ→ギブアップ)●ボブ・サップ
 藤田圧勝、サップ何も出来ず。この結果は新日本にとってツライかも。現役IWGP王者が弱々しくタップしちゃったんだから。これだったらIWGP懸けた方が良かった。あれだけ無様な試合をしたサップをプロレスだからといって、もう一度持ち上げるのは無理がある。棚橋にチャンス出てきたか・・・。
 藤田はサッカーボール・キックを多用。動きも速くて完璧。PRIDE GPに途中からでも参加してもらいたい感じだが、「次もROMANEX」との発言。ただ・・・そのROMANEX次回大会が決まってないんですけど・・・。

 全体的にはどうなんかなぁ~。試合内容はイマイチ、非情な結果が続出したのは良かったんだけど。ある意味「異種格闘技戦」的ではあったかなぁ。もうちょっと感情移入できる選手を創り出さないと。ジョシュに期待します~。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2004.05.22

イグナショフ、シュルトと対戦

イグナショフ、オランダでシュルト下す  [スポーツナビ

■「It’s Showtime」
2004年5月20日 オランダ・アムステルダム

ムエタイルール
 ○アレクセイ・イグナショフ(KO)×セーム・シュルト

 現地時間で一昨日? 来日は今日(21日)の深夜だって、大丈夫かよ。ますます中邑は勝たないとマズイ感じになってきた。
 K-1はよく、このスケジュールを許したなぁ。しかも相手は打たれ強いシュルト、弱くないし、ダメージを負う可能性は高かったはず。約1分の秒殺勝利だったんでホッって感じですが、サダハルンバはヒヤヒヤだろうねぇ。
 ところでシュルトはPRIDE GPで2回戦進出決定済みですよね。これって、K-1vsDSEの代理戦争・・・両団体に確認とかとってんのかなぁ。これ(ダメージ&負けたペナルティ)でシュルトの2回戦進出ナシって可能性もあるか? となるとミルコが敗者復活? アリガチ・・・。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.14

サップ、朝青龍兄に不完全燃焼の勝利

3/14 K-1BEAST 2004・朱鷺メッセ(9413人・超満員札止め)、結果[スポナビ][FEG

 朱鷺メッセってこんなに入るんか~。私、後ろの2試合以外はほとんど見てません・・・。

 [1]K-1ルール
 ○宮本正明(判定 3-0)●クリフ"ツインタイソン"コーザ
 25人いるタイソンの異母兄弟というコーザ・・・ダッドリーズみたい。キャラとは裏腹に消極的なファイトが目立ったらしい。さようなら・・・、プロレスで会いましょー。
 [4]K-1ルール
 ○天田ヒロミ(判定 3-0)●バタービーン
 この試合は見ました。顔面にパンチを食らいまくるビーンには驚き。ちょっとボクサーのK-1参戦には限界が来たようで・・・。勝った天田は越後豚1頭を賞品で獲得。
 [5]MMAルール
 ○LYOTO(1R2分30秒 前腕チョーク)●マイケル・マクドナルド
 開始早々のタックルから押さえ込んで勝利。LYOTO、そろそろ実力を測定できる相手とやらせたい。
 [6]MMAルール
 ○サム・グレコ(1R0分25秒 チョーク・スリーパー)●ステファン・ガムリン
 いつの間にか、こんなに上のカードとなってたグレコ、“ほぼサップ”を秒殺! グレコはMMA何戦目かな~とFight Finderでグレコを検索したら、何と今日の結果がもう登録されていた! 素晴らしい! ちなみに今日が2戦目、1戦目は佐竹とドロー。
 [7=セ]MMAルール
 ○アレクセイ・イグナショフ(1R0分22秒 ヒザ蹴り→KO)●スティーブ・ウィリアムス
 ウィリアムスのテーマ曲が鳴った瞬間はポワ~っとトキメイテしまったんですが(入場時に浅野社長と三宅綾の顔が見えた時点で現実に戻る)、試合は予想通り・・・。TVの煽り映像で小橋に放ってたバックドロップは凄かったなぁ・・・。
 流血はしたみたいですが、明日からのIWA参戦は問題なさそうです。
 [8=メ]MMAルール
 ○ボブ・サップ(1R終了 右足付け根を負傷→TKO)●ドルゴルスラン・スミヤバザル
 ※サップ・マイク「朝青龍! カモン、ヒアー(この場に上がって来い)!」
 やっぱりただ者ではなかったスミヤバザル。サップをテイクダウンして上になるまでは良かったが・・・そこからの攻めがない。ヒョードルのように強烈なパウンドはなかったか・・・。サブミッション系もできなそうだし、こうなると決め手が見あたらない。あのまま判定なら勝てただろうけど。
 取りあえず、サップが勝って新日本関係者はホッ。サイドポジションとられた状態から一気に立ち上がったのは凄かったね~。アームロック狙ったり・・・。
 サップ、次は藤田和之戦が予想されます。

スポーツナビ
FEG OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (2) | トラックバック (0)