« 2005年2月13日 - 2005年2月19日 | トップページ | 2005年2月27日 - 2005年3月5日 »

2005.02.26

若翔洋、K-1参戦

スポーツナビ | 格闘技|K-1|元関脇・若翔洋がK-1参戦 チェ・ホンマンとの“日韓相撲対決”が実現

 ある意味、K-1は期待を裏切らない。

3/19 K-1 WORLD・韓国ソウルオリンピック体育館
 ※未定だったチェ・ホンマンの対戦相手が決定。
・アジアGPトーナメント1回戦
 ガオグライ・ゲーンノラシンvs張慶軍 →A
 堀啓vsイ・ミュンジュ →B
 曙vs角田信朗 →C
 チェ・ホンマンvs若翔洋 →D
・準決勝 AvsB、CvsD
・決勝

・スーパーファイト
 レミー・ボンヤスキーvsレイ"マーシレス"マーサー
 ピーター・アーツvsカーター・ウィリアムス

 若翔洋・・・全国の皆さんから「相撲でやろうよ」との声が聞えてきます。この画像見たら、DEEPの佐伯さんがK-1に寝返ったのかと思っちゃいましたよ(笑)。

 プロフィールを振り返る。

 若翔洋(パンクラスHPではローマ字表記)
 身長180cm体重140キロ
 1968年3月8日生まれ

 大相撲・二子山部屋入門
 1981年初土俵
 最高位関脇、144勝185敗16休敢闘賞2回
 1997年引退
 引退後はタレント活動、レストラン経営など
 2004年6月 パンクラスMEGATON入団
 2005年1月独立、「TEAM PAON」結成

 こんな感じ。パンクラスに入門して半年、まだMMAも未経験。プロ格闘家としてこれがデビュー戦(大相撲もプロですが)。
 05年に独立って話は知らなかったんですが・・・パンクラスから離脱したと考えていいのでしょうか? 今回はフリーとして参加。
 (※2/27追記、パンクラスとの関係は続いているようです)
 30代後半のMMA転向、大相撲引退から7年のブランク・・・当然「通用するかは疑問」との声が多数。それでK-1・・・どうだろ。まだ試合してないうちにイロイロ言うのはアレですけども、かなり辛いんじゃないですかー。
 チェのジョバー探すのも大変だったってことですかね。
 ってか、相手のチェもこれがデビュー戦なわけで、仮にも「アジアGP」と銘打ってるトーナメントがこんなんでいいんかね? デビュー戦2人に全敗1人に復帰戦1人だよ(笑)。

 スーパーファイト、レイ・マーサー登場にびっくり。昨年6月に武蔵と対戦(判定負け)したボクシング世界王者。複数試合契約なのかもしれんが、半年K-1の練習やってれば面白い・・・かも。


■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
くまページBlog:ハイブリッド・スモウ・レスラー誕生。 ←若翔洋、詳しいプロフィールあり
関取名鑑(若翔洋 俊一)
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してま~す。クリックしてくれたら嬉しいかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島&川田vs武藤&健介、決定

全日本プロレス最新情報:『HOLD OUT TOUR2005』主要対戦カード決定!!20日は世界タッグ戦&21日は超豪華タッグ戦が実現!

 全日本プロレスがカード発表。注目カードのみ記載。

「HOLD OUT TOUR 2005」
3/12 新木場1stRING
 小島&雷陣vs本間&諏訪間
 TAKA&ケア&BLUE-KvsTARU&近藤修司&"brother"YASSHI
 ※武藤・川田は欠場

3/13 福島・楢葉町
 小島&ハヤシ&NOSAWAvsTARU&近藤&YASSHI
 川田&荒谷vs本間&諏訪間

3/14 秋田県立体育館
 武藤&本間&諏訪間vsTAKA&ケア&BLUE-K
 小島&ハヤシvsTARU&YASSHI

3/15 宮城・石巻市
 武藤&本間&雷陣vs小島&ハヤシ&NOSAWA
 TAKA&ケア&ジャマール&BLUE-KvsTARU&スタンボリー&近藤&YASSHI
 川田&石狩vs健介&諏訪間
 歳三vs藤原喜明

3/16 新潟・ハイブ長岡
 小島&ハヤシ&NOSAWAvsTARU&近藤&YASSHI

3/18 埼玉・富士見市
 小島&本間vs健介&諏訪間
 ハヤシ&NOSAWAvs近藤&YASSHI
 武藤&えべっさんvsLMストーム&ミニLM
 ※川田・石狩欠場

3/20 後楽園ホール
 世界タッグC:ケア&ジャマールvsスタンボリー&パルンボ
 小島&ハヤシvs健介&中嶋
 武藤&雷陣vs川田&石狩
 荒谷vs諏訪間(Cカーニバル出場決定戦?)
 AKIRA&本間&歳三vsTARU&近藤&YASSHI

3/21 後楽園ホール
 小島&川田vs武藤&健介
 ハヤシ&NOSAWAvs近藤&YASSHI
 荒谷&石狩vs諏訪間&中嶋

 四冠王者が新木場1stRING登場ってのも凄いなぁ。ZERO-ONEも興行やったけど大谷は試合しませんでした(キン肉マン歌っただけ)。まぁ、小島にはあまり偉ぶった感じは似合わないんで過度なVIP扱いはいらないのかもしれません。
 どうにも目立つのは今シリーズから参戦となる近藤修司&YASSHIの名前。思ったよりも上で使われてます。対戦相手には謎の新チーム「論カズ」を結成したハヤシ&NOSAWAの名前が多い。ルチャが基本の2人、この辺は闘龍門勢のことを考えてのことでしょう。インパクト残せるか・・・。
 それにしても屋台村出身のNOSAWAが全日本のメインに・・・ってな感じのネタは今回で打ち止めとしましょー。もはや王道マットに欠かせない存在となってきてます。ホントに素晴らしい選手になりました。屋台村等で見といて良かったなぁ。
 世界タッグにはブードゥー・マーダーズからスタンボリー&パルンボが挑戦。TARUはダメってことで、ちょっと団体側の評価が見えたかな。
 最終戦は豪華タッグ。このメンツで小島が最後に名前呼ばれるのが重要。どんな試合するでしょう。
 やっぱ全日本は面白そう。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.25

小比類巻貴之、MAX日本代表決定トーナメント連覇

スポーツナビ|格闘技|K-1|速報

2/23 K-1 WORLD MAX・有明コロシアム(10723人・超満員札止め)、結果

 実は私見てないですよ~。ビデオも録ってない。某所で飲んでました。
 結果見ての感想ということで。

 [11=メ]日本代表決定トーナメント決勝
 ○小比類巻貴之(1R0分36秒 顎へ右前蹴り→KO)●新田明臣
 小比類巻は1DAYトーナメントの戦い方が完全に分かっているんでしょう。何だかんだ言って完全復活のようです。
 準優勝は邪光の新田明臣! 残念ながら蛇メイクや蛇界メンバーのセコンドはなかったようで。でも武田幸三の棄権はポイズン澤田JULEE(PSJ)の呪いだよw

 準決勝では、あの抗争も決着!

 [8]トーナメント準決勝
 ○新田明臣(判定 3-0)●村浜武洋
 DDTvs大阪プロレス、いろいろありましたが全てはこの試合に続くアングルだったってことにしておきます。
 村浜は今後どうする? 実際のところMAXの階級じゃ辛いんだろうなぁ・・・。魔裟斗と互角にやったことが凄すぎるんだよ。

 で、もうお決まりなんですが・・・また判定でいろいろあったらしい。

 [2]トーナメント1回戦
 ○小比類巻貴之(延長1R判定 2-1)●安廣一哉

 ・安廣コメント「どこを取ったらボクが負けたのかという基準が分からない。ボクも新人戦とかで審判やったことあるんですけど、副審や主審に立ってみるとまた違った見え方になる。離れてみてると分かりやすいんですけど。ただ、そこは人間、しょうがない。」

 [3]トーナメント1回戦
 ○小次郎(判定 3-0)●TOMO

 ・TOMOコメント「自分の中では1、2Rは完全に獲ったと思ってたんで。3R終わった時点でセコンドの指示が『延長になるから呼吸整えろ』ということで、そんな引き分けくらいになるのかなって。自分では獲ってたと思ってたんですが。ドローかな? それでも判定で勝てると。」

 もう別のネタで笑わせてくれって感じですよ(笑)。
 安廣もTOMOも正道会館所属なんですよね、内部からも言われちゃうってのはどうなん? 

 観戦記を紹介。
兎のニールキック:【お約束】K-1 WORLD MAX 2005【ヤヲ判定】
BurningSpirit(バーニングスピリット) | K-1MAXへ猛省を促す
 
 見なくて正解?


■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
小比類巻貴之公式ホームページ
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してま~す。クリックしてくれたら嬉しいかも

| | コメント (6) | トラックバック (3)

NEW JAPAN CUP開催

NJPW:NEW JAPAN CUP開催~4月シリーズ日程発表記者会見

 新日本がトーナメント開催を発表。

*NEW JAPAN CUP~新日本無差別級トーナメント概要

 出場選手:16人。
 参加選手:基本的には新日本所属選手が中心、外人選手、他団体選手の枠も若干作る予定。ジュニアの選手も参加できる。
 日程:
 1回戦=4/19 広島サンプラザホール
 準々決勝=4/21 後楽園ホール
 5位決定戦=4/23四日市市体育館
 準決勝&決勝=4/24 大阪府立体育会館
 優勝賞金:800万円

 「G1と同等、もしくはそれ以上のイベントに」と新日本は意気込みます。そう簡単にいきますか・・・。
 プロレスファンはリーグ戦・トーナメント好きですからね。私はあまり好きじゃないっス。「勝ち負けだけを競う」って感じになりがちでプロレスらしいダイナミックなストーリーがおろそかになる。さらに、優勝する選手が勝ち上がっていく理由みたいのが全然見えてこない場合が多い。昨年のG1で天山が勝ち上がっていったのには「新三銃士へのジェラシー」という明確なモチベーションの差が見えたんで良かったんですが。何かテーマ欲しいです。
 垣原が優勝したベスト・オブ・スーパーJrとか、番狂わせを意識しただけの結果だし、その後のプッシュもないし・・・最低でしょ。でもスーパーJrは好きです。インディー勢が入って普段見れないカードが多いんで(でもスーパーJrは客が入らないのでプロモーターに評判悪いらしい)。ただヘビー級だとインディー入れてもツライしメンバーは見慣れた顔になりそう。
 「無差別級」と銘打ってますがジュニアが入ってもレベル下がるだけ。どうにも「トーナメント」という点以外でG1と差をつけるのは難しそう。試合のルールを変えるのもだめだろうしなぁ。
 まぁ、やる前にあんまり文句言うのは止めときますか。
 興行の目玉になるようなカード・選手がいない今の時代、ブランドで勝負するのが一番手っ取り早いんでしょう・・・。

 そんなことより問題は、NEO女子プロレスが毎年開催している「NEO JAPAN CUP」と一文字しか違わないってことですよ! 開催時期もほぼ同じ(NEOは毎年5月頃開催)。
 甲田社長、パクられましたよ! 普段パクッてばっかりだから喜んでるでしょ! 違うか・・・。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.23

KIDの代打は・・・宮田和幸

スポーツナビ | ニュース | KIDの代打は、元五輪代表の宮田=K-1

 欠場したKIDの代打はレスリング出身の宮田和幸!

FEG_選手プロフィール:宮田和幸

 MMAの経験はありますが、もちろんK-1ルールは初。

 いくら急だからってこりゃないだろ~。元ムエタイ王者にキック未経験者が挑む・・・下手すりゃ壊されるぞ。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桜庭和志、田村潔司に対戦アピール!

スポーツナビ|格闘技|PRIDE|速報

2/20 PRIDE.29・さいたまスーパーアリーナ(2万2047人)、結果

 地上波中継見ました~。前回のミドル級GPを流しちゃうあたりは大晦日で味を占めちゃったんでしょうか。田村vs吉田が瞬間最高だったら泣くよw

 取りあえず、この話は外せない。

 [7]○田村潔司(1R5分6秒 タオル投入→TKO)●アリエフ・マックモド

 ・試合後、桜庭和志がエプロンに上がり(すでに田村は花道を引き上げている)、、「田村さん、こういう試合をしても面白くないと思うので、4月に僕と試合をして下さい。よろしくお願いします」

 ついに正面からアピール・・・まぁ、リングに田村はいませんでしたけどね。できればリング上で視線を合わすような場面も見たかった。そこでお互いがどんなリアクションを見せるのか・・・それが観戦する側のイメージを膨らます。
 とは言うものの、すれ違いのマイクアピールが「スポットライトの下でアピールする桜庭」→「多くの視線を背負いながら薄暗い花道を歩む田村」という2人の現状を投影したかのような構図になっていたのは面白い。
 対戦実現は田村次第・・・。田村潔司という人間像がPRIDEを通して世間一般に問われる時が来てしまった。何にしても、次の田村の一言が気になる。

 個人的には桜庭が復帰戦を勝利してからの対戦がベストのよな気もするんですけどね・・・。
 どうせならK-1方式(くじを引いた順に枠を選手が選択していく)でやれば面白いだけど。実現したらPPVでもいいから見たいなぁ・・・。

 さて、地上波見たんで簡単ですが感想を。

 [10=メ]○ミルコ・クロコップ(1R3分42秒 スタンド・パンチ連打→KO)●マーク・コールマン
 タックル切りまくり。ミルコが圧勝。ビシッと勝ってくれるのは頼もしいですなぁ。メインには外せない。
 試合前VTRがよかった。コールマンがスタジアムの階段でトレーニングしてるの見て「あの人、今日試合ないだろ?」ってミルコが驚く。こういうのをちゃんと撮ってるフジはエライ。
 [6]○セルゲイ・ハリトーノフ(1R3分23秒 スタンド・パンチ→KO)●チェ・ム・ベ
 試合は完敗でしたがチェ様はイイ味出しまくった。試合前のにらみ合いで顔をグルグル回したのは爆笑。埼玉プロのバロンを思いだし・・・てない。
 チョップはどこで身につけたんだろう? プロレス?
 [5]○中村和裕(1R0分55秒 パウンド→RS)●ステファン・レコ
 ヘボ・キャラが定着しそうなレコ。
 ミルコさんのコメントが全て。
 (レコへ)アドバイスは「もうPRIDEはやめろ」ということです。友人として「君はPRIDEでは生き残れないからK-1に戻れ」と忠告しました。総合格闘技とK-1とでは必要とされる筋肉が違うので、彼ももう31歳ということもあり、これからPRIDEのルールに適応する体を作っていくところから練習するところまで、時間がないのではないか。
 今更K-1には戻れないしなぁ・・・。ハッスルやる?
 [4]○イゴール・ボブチャンチン(1R1分10秒 ロシアン・フック→KO)●高橋義生
 高橋は残念でしたがボブチャンチンがとにかく良かった。体絞りまくりで別人みたい。
 ミドル級戦線ではニューカマーとして考えた方が良さそう。
 [3]○マウリシオ・ショーグン(1R1分40秒 踏みつけ等→KO)●金原弘光
 ダメだったか・・・。コレは辛いなぁ。
 踏みつけを狙ってピョンピョン飛びまくるショーグン、凶暴さではシウバより上・・・なんて煽りができそう。
 [1]○マリオ・スペーヒー(1R9分8秒 頭部への膝蹴り→RS)●横井宏孝
 横井も負けた・・。すぐZERO-ONEの巡業あるんですが大丈夫なんかなぁ。
 前VTRで脂肪がどうのって言ってたけど、プロレスやるには脂肪必要なんだよねー。まぁ、その辺も考えての発言だったってことにしておく。

 日本人で勝ったのは中村と田村だけか・・。

■関連リンク
PRIDE OFFICIAL WEBSITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。ブラック・アイが面白いと思ったらクリックしてね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.22

山本"KID"徳郁、前日に欠場決定

スポーツナビ | 格闘技|K-1|KID、右肩負傷で欠場!=K-1 MAX

 明日に迫ったMAX日本代表決定トーナメント、最大の目玉が前日に欠場発表!

 K-1は22日、「K-1 WORLD MAX 2005 ~日本代表決定トーナメント~」(2月23日、有明コロシアム)の前日計量&会見を都内のホテルで行った。全選手が計量を一発でパスしたが、山本“KID”徳郁だけは姿を現さず病院へ向かったことが明かされた。
 数時間後、K-1は緊急会見を開き、KIDの欠場を発表。右肩腱板炎で10日間の絶対安静が必要と診断されたKIDは、右腕を三角巾で釣って会見に出席し、大みそかの魔裟斗戦で右肩を痛めていたことを明かした。
 こりゃデカイ。それにしても前日に発表ってのはどうにかならなかったんだろうか? 最後まで粘ったんでしょうけど・・・サダハルンバは大変だ。今夜中に決定する予定。
 KIDはどうもケガに悩まされますね。キャラが抜群なだけに魔裟斗と共にMAXの看板になるのは間違いないんですが。

 代打は誰? 1日しかないってことになると・・・リザーバーから引っ張ってくるかなぁ。新田明臣かASHRA・・・。ぜひとも蛇界軍から送り込まれる新田さんに愛の手を。
 でも新田さん、K-1では蛇系の話してませんね。あれはDDT限定のファンタジー扱いなんかなぁ・・・。

 プロレス専門場外馬券売り場「JRB」K-1 WORLD MAX 2005 日本代阜・閭gーナメントの予想会やってます。KIDが欠場したんで再投票できるようにしておきます。


おまけ:大阪プロレス新着News:村浜武洋選手の件について
 大阪プロ離脱の報道があった村浜、実際は「格闘技専念のためのワンマッチ契約」。スポット契約って感じですから、今後も大阪プロレスに上がる可能性はあるようです。
 でも今回のMAXがヒドイ結果で終わるようなら、格闘技側からのオファーもそれほどないと思うけど。
 とにかく頑張れ。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してま~す。クリックしてくれたら嬉しいかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天山広吉、次期シリーズ参戦は?

NJPW OFFICIAL WEB SITE:カード情報

 激動の新日本、次期シリーズのカード発表です。

3/4 後楽園ホール
 IWGPJrタッグC:邪道&外道vs金本&井上
 中邑&棚橋&吉江vs蝶野&中西&ノートン
 西村&竹村vs鈴木&ライガー

3/13 愛知県体育館
 IWGPタッグC:中邑&棚橋vs中西&ノートン
 健介&飯塚vs永田&西村
 中嶋vs鈴木

3/21 兵庫・尼崎市記念公園総合体育館
 天山&西村vs蝶野&ロン・ウォーターマン
 中邑vs鈴木
 棚橋vs中西

3/26 両国国技館
 永田vs高阪剛
 中邑&棚橋vs蝶野&鈴木
 ヤングライオン杯決勝

 ヤングライオン杯公式戦も発表されてますので気になる方はリンク先で確認してください。
 さて、天山の名前がありますけど・・・普通に出て来ちゃイカンよ~。まだ参戦決定ではないらしい。
 ロン・ウォーターマンは尼崎と両国だけ出場。ちゃんとプロレスやるとどんな試合やるんだろ。

 新日本は3/26両国におけるIWGP選手権を希望。中邑・棚橋・永田とカード決まってますが・・・誰が挑戦?
 西村も長州戦がアレの後じゃなぁ・・・。中西? うーん・・・。
 天山と再戦なんて手もある?
 ・・・やっぱ期待しない方がいいかなぁ。

 おまけ:天山、診断の結果が出ました。
TOPICS

■天山広吉選手に関して
 ご心配おかけいたしましたが、昨夜から一晩都内病院に入院し、今日無事に退院致しました。精密検査の結果、<意識消失発作>という診断を受けましたが、現在は自宅に戻り療養中です。
 次期シリーズの参戦はまだ未定です。詳しく決まりましたらまたお知らせ致します。
 意識消失発作? 

 検索すると・・・。
救急医療通信

失神発作 (意識消失発作)
 え・・「失神」ってこと?


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ダブルタイトルマッチから始めよう

 では昨日の両国大会感想を書きます。
 会場からの観戦記内で試合時間などいくつか間違いがあったので見つけた分は訂正しました。
 それにしても8000アクセス越えは凄いねぇ・・・と、思ったらユニーク数は普段と変わらないんだよなw 皆さん「更新遅えよ!」と怒りのリロードをしてくださっていたんでしょう・・・。
 こちらはこちらで、また携帯の電池切れて大変でした。

 まず、天山の体調が気になるところ。
中邑、永田が至宝奪還へ名乗り/新日 - nikkansports.com > バトルニュース

 猛牛の体力と気力は60分間持たなかった。45分すぎから天山が脱水症状に陥った。唇が乾き、体から汗がほとんど出ない。終盤に2度も場外にエスケープしたが、最後は立つことさえできなかった。
 担架で控室に運ばれると記憶が錯乱し、暴れ出した。そのまま救急車で病院へ。精密検査を受けるほどのダメージだった。大事には至らなかったが、ベルトを奪われた屈辱は誰よりも大きかった。
 病院では点滴を受けたぐらい。意識もはっきりしていて心配はないとのこと・・・。
 こう言ったらホント申し訳ないですが、ちょっと拍子抜けですよね。リング上でまったく動けなくなっていた人間が担架で暴れていた? うーん・・・、まぁ無事なのはよかったです。ホントに。

 で、で、で、皆さん気になるところは・・・「シュートかアングルか」って点になるでしょう。昨日の私の速報では「まずシュートでしょう」と書いてますが・・・どうも状況証拠を集めるとアングル説が有力になってきました。
 今日の生GONにおいてGK金沢氏がメインを絶賛したのが決定的となるか。そのあとの流れが次々に浮き出てくる辺りからみて・・・。
 私がガチと感じてしまった原因はムーンサルトの失敗で天山の頭がマットにめり込んだシーンを見てしまったから。でもビデオで見返したら大したことなかった・・・なんて感じだったりして。

 もう、これはやられました。脱帽です。まさか、ここまでやるとは思いませんでしたね・・・。
 昨日の飲み会はメインの話で盛り上がりました。ネタとしては最高です。
 ただ、アングルかどうかって点が微妙だっただけに「もし天山の体がヤバイことになってたら・・・」という思いによって、ネタの転がし方にブレーキがかかってしまったのは残念でしたよ。
 あのあとリング上で揉めてるところに点滴ぶら下げた天山が戻ってきて延長戦やったら最高だったのに(ちなみにコレの元ネタはカクタス・ジャック&テリー・ファンクがニュー・エイジ・アウトローズにゴミ箱ごとステージから落とされた時のなんだけど分かる人いるかな?)。


 前評判がひじょうに悪かった「史上初」のダブルタイトル。「テン・コジでIWGPと三冠? 役不足でしょ」そういう声は多かった。また発表が唐突で観る側がまったく盛り上がってこなかったのも問題だった。
 そういう点は「新日本も分かっていた」ってことになる。この一戦を団体対抗戦の頂点にするつもりはサラサラなかった。フルタイムで上々の内容ならヨシ、それじゃダメだろって誰かが言った。
 小島がIWGPベルトを投げ捨てたことで次に繋がるストーリーが生まれる。小島が四冠王者として輝けるかどうかは今後にかかっているのでしょう。この試合だけでIWGP・三冠ダブルタイトルストーリーを語ってはいけない。
 今回は起承転結の「起」。その上で「新日本、今後はイージーに行きませんよ」とのメッセージを込めている。そう私は解釈しちゃいました(この辺は私の妄想込みですから、実際にはまったくアホなことを宣ってるのかもしれません <<可能性大)。

 もちろん問題は山積み。

 ・「試合内容重視」&「1つの大会で完全燃焼」な傾向がある最近のファンに、この手の流れは受け入れられるのか? 
 ・三冠・IWGPがあまりに安っぽく扱われている。
 ・新日本は構わないが、最近好調の全日本が巻き込まれるのはどうなんだ?
 ・天山はどうなる?

 まぁ、批判を浴びるのは承知の上でしょうから、ここまでやるってのは新日本が追い込まれている証拠でもあるのでしょう。
 今後のストーリーが面白くなるかも微妙だ。あれだけネタを振りまくった「藤波・ブラックホール入り疑惑」は物語の頂点を迎えるはずだった両国で“まったく触れず”何もなかったのようになっている。
 ネタの投げっぱなしが目に余る新日本・・・本当に大丈夫なのか。
 期待は今回のような開き直りの大ネタ。全日本はどこまでつき合ってくれるか分からんが。


 天山はどうなる? 脱水症状ってことはスタミナ切れってことでもあるわけで、仮にもIWGP王者がフルタイム闘えないってのは問題だ。確かに長期戦でありながら大技がバシバシでるハードな一戦ではあった。しかし小島は闘いきったわけであります。動けなくなった天山へ放ったエルボードロップ、その切れ味と言ったら凄まじかったですよ(笑)。
 実際試合の内容も小島が一枚上だったと言わざるを得ません。歴代三冠王者の技を使うことで幅広く時間を使えていたと思います。
 引退まで示唆していた試合でスタミナ切れを起こし内容でも完敗した。このまま簡単に復帰はできないでしょう。ただ、これまでのままで中途半端にトップにいるんだったら1回落としてみるのもアリとなる。ここからの復活、ここにも新たなドラマが生まれている。

 で、昨日の両国は面白かったのか? うーん・・・微妙。でも緊張感は伝わったなぁ。あの場にいられたことが貴重だったってことを考えるとアリになるんでしょう。点数とかはつけられん。

 あと、セミ以下はひどかったね。


 今日の新日本関係ニュースを最後にまとめる。

スポーツナビ | ニュース | 新日本プロレスが全日本プロレスに抗議声明
 藤田や鈴木みのるには何も言わなかったのに。とにかく面白くしてくれ。

スポーツナビ|格闘技|小島 新日本勢の挑発受けた 次のIWGP戦は全日本のリングで
 ベルトを投げたことは謝るが新日本の選手には謝罪しない。むむむっ。
 三冠とIWGPは別々に防衛するようです。

スポーツナビ | ニュース | 永田vs高阪が決定=3.26両国大会
スポーツナビ|格闘技|前田日明に対し永田が怒り爆発 「はっきり言ってムカつく」
 前田にケンカ売ったか・・・。これで両国に前田登場→その見返りでBMに新日本勢参戦、なんてのありそう。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: 藤波辰爾、BNJ入りか?
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.02.20

新日本・両国、速報ラスト

続き。
50分、両者フラフラ。
天山ムーンサルト…かわされる、その時頭がマットに刺さったような…。
55分、天山の様子がおかしい。ムーンサルト失敗が原因か分からないが、かなりヤバイ。
ロープ際で動けなくなる。西村、永田が出てきて声をかける。
和田京平が天山の手を持ち上げ意識の確認…3回目で反応あり。
場外に落ちたところで、西村が近づくと和田京平がカット。
リングに戻っても天山動かない。小島は起こそうとするがビクともしない。
残り3分、田山サブレフェリーがリングに上がり天山の首を必死にマッサージ。
和田京平は本部席に声をかける。ついにダウンカウントがスタート、10カウント、動かない。

59分45秒 KOで小島勝利。王座移動。

小島はトップロープに上がり堂々の勝ち名乗り。
担架がすぐ入り建物出口に近い花道から退場。
リング上ではセレモニーが淡々と進む。
中邑、真壁らがエプロンに上がり挑戦アピール。永田が小島を軽く蹴ると大ブーイング。小島は「俺が全日本プロレスの小島聡だ!」とマイク。
リングを降りる際、IWGPと思われるベルトをリングに投げ捨てる。
それを見て棚橋らが怒り花道で乱闘。両陣営の若手が入りなんとかおさめる。
終了。
とくに怒ったりしてる客はいない。足早に出口へ。

うーん、最後のはちょっと怪しい感じもあるがまずシュートでしょう。
ある意味伝説の興業を見てしまった。
まずは天山の体調が心配。
最後の5分にどんなドラマがあったんだろう…。
終了です。
感想は明日また書きます。
ビールきたんで。

| | コメント (12) | トラックバック (7)

新日本・両国、速報7

【8】天山vs小島

竹内さんがいつもの調子で堂々のコミッショナー宣言。
ケロさんの素晴らしい前前口上からゴングへ。
観客のコールは互角。
静かな攻防が長く続く。あっというまに15分経過。退屈に感じなかったのは、友人とプライドの結果について話してたからか(笑) いや、緊張感はあります。お客さんはジッと見守る感じ。20分、小島がサソリ等で腰を攻め始める。今から腰攻めか…。
25分、天山が攻め返す。頭突き強烈。
30分前、小島エルボーの体勢…いっちゃうぞの声無しに飛ぶ。

35分前、試合が激しくなる。小島、エメラルドフロウジョン系の新技、天山のコブラツイストは良かった。
40分、小島は4の字…時間稼ぎに思えるがそのあとシャイニングを足したので武藤ムーブと解釈(笑)。
45分、小島はかなりスタミナがつらそう。両者得意技連発。

ここで一回送信しときます。
まだ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新日本・両国、速報6

勝ち抜き戦続き。

中邑vs長井、長井有利で試合進むも最後はキャプチュードを切り返し腕ひしぎで中邑勝ち。約5分。

中邑vs鈴木、中邑が多彩な関節技を次々に見せる。回転して入る肩固めはオミゴト。今までの試合は何だった?
試合は約5分、ゴッチ式パイルで鈴木がアッサリ勝利。

棚橋vs鈴木、大将同士。鈴木のヘロヘロ芸は相変わらず鼻につく。
約12分、裸絞めで落としてからの体固めで鈴木勝ち。
この二人抜きは意外すぎ…。棚橋そんなに落とすんだ。
勝ち抜き戦を勝利したブラックホール軍がリングを占領して記念撮影。

なんだか勝ち抜き戦という雰囲気はまったくなかった。全体的に盛り上がらず。
本隊が完敗、棚橋が2試合目の鈴木に介入なしで完敗という結果だけが残った。

そう言えば藤波は?まったく触れず。またヤリッパナシかよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本・両国、速報5

【7】4ー4勝ち抜き戦

全選手が一度に登場、ただし永田は拒否して試合が始まってからゆっくり現れる。

当初は長井が先鋒だったが本隊側の先鋒が健介と分かると蝶野が先鋒に変更…ダメだろそれじゃ(笑) メンバー発表の意味ないよ。

本隊、先鋒から健介、永田、中邑、棚橋。
ブラックホール、先鋒から 蝶野、中西、長井、鈴木。

健介vs蝶野、15分時間切れで両者退場。盛り上がらず。
永田vs中西、永田の動きが素晴らしい。雰囲気からして変わった。ただ相手が中西だからか緊張感のまるでない…。
約11分、ヘラクレスカッターで中西勝ち。
試合としては全然ダメ。

中邑vs中西、中西はスピア受けとめたりで怪力全開。
試合は約5分で中邑が勝利。ラリアットを切り返し腕ひしぎ。
ロープすぐそばだったのに…。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本・両国、速報4

【休憩明け】
イノキか゛スーツで登場。リング上にケーキ。中から長州出てきたら面白いんだけど、そんなにデカクない。
木村ケンゴがハッピーバースデーを歌う。
巨大なネズミのヌイグルミがある。20日(ハツカ)ネズミってギャグだそうで…長嶋さんに送られる。
長めの挨拶のあてダーで終了。
そして長州入場だ!


【6】西村vs長州
レフェリーはホナガ。
西村は裸足。
序盤、ロープ際で西村がスリーパー、制止するレフェリーに西村がエルボー。
場外乱闘で長州が優位になるとなぜか飯塚がわってはいる。
今日は両者頭突きを多用。西村は流血。
後半、長州が何度もサソリを決める。足の間に腕をネジコム珍しい形。
西村がロープに逃げるが長州ははなさい。ついには飯塚がエプロンに上がり長州に蹴り、これでやっとハズレル。
再度サソリ、またロープ。長州はブレイクしない。
なんとこれでアッサリ反則。5カウントで技を解かなかったため長州反則負け、約10分。
なんだこれ?
長州退場後西村はリング上をウロウロ。
特にアピールなし。

そのあと音響のトラブルがあったこともあってジワジワと客が怒り始める。
強引にテーマ曲鳴らしておさめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本・両国、速報3

【5】タイガーvsライガー

ライガーのセコンドにはCTUマスクを被った田中らの姿が。
タイガーは入場時にチビ・タイガー(小学生ぐらい)を伴って登場。CTUが恐る恐るチョッカイ出していたのが面白かった。
中盤、珍しくトップコーナーから飛距離のあるブランチャを放ったライガー、これで足を痛め戦線離脱…。随分長い間トレーナー出てきて治療…。
ところがなんとコレが三味線! ケがはウソ。まあ面白かったけど、復活のキッカケがイマイチ分かりにくかった。

約15分、タイガースープレックスでタイガー勝利。

トップロープを巡る攻防は見ごたえあったけど、なんか物足りない。
タイガーが雪崩式バックドロップを着地したのは凄かったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本・両国、速報2

【3】吉江、垣原vs真壁、成瀬

吉江のデブネタは相変わらずよくウケる。
それ以外に感想なし。

約8分、ラリアットで真壁が垣原に勝ち。

【4】金本&井上&竹村&石森vs田中&邪道&下道&ギブソン

ノンストップで動きまくり。次々に選手が入れ替わり技を連発。
悪くないです。短い時間にネタを詰め込んだ感じでフィニッシュは唐突か。

約10分、田中が井上を腕ひしぎで破る。


それにしても恐いくらいにサクサク進むな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本・両国、速報1

いろいろあって入るの遅れた。第1試合終わってた。

ところどころボカッと空席あるが一応上から下まで万べんなく埋まってる。


【2】○後藤洋、安沢(腕ひしぎ)●ユウジロウ、中嶋

中嶋君の蹴りが相変わらずヨイ。
会場のリアクション悪くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木人ケンがアメリカで復活していた!

えべっさんの商売繁盛ブログ:大変だ!

 現在、えべっさんはアメリカ遠征中。ROHにも出場する予定だそうで。
 取りあえず「チカラプロ」というインディー団体に登場。
 そこにいた選手にビックリです。
 私も画像見た瞬間ブットビました・・・。

 木人ケン!!!!
 
 何でアメリカに??? えべっさんの記事によると。

 どうやら2代目らしく、ビデオを見て勝手にパクッた模様!
 すげぇ、木人のインパクトは海を越えた・・・。

 まぁ、ほとんどの人は何が何だか分からないと思います。
 以下の観戦記を読んでみて~。
8月23日 SPWC大田大会観戦記(ページ一番下に飛田vs木人)
 SPWCってのは埼玉プロレス(何の略だったかな・・・。スーパーPWCって勝手に思いこんでます)。
 1999年(!)に登場している怪人。

99/08/23 埼玉プロ・大田区民プラザ
 [メ]○木人ケン(1分58秒? KO)●サバイバル飛田
 怪人相手じゃ滅多に負けない飛田さんが秒殺KOですよ!
 止まらない自然破壊、怒りが頂点に達した“森の番人”木人は人類に制裁を与えるべく、埼玉のリングに現れたのであった! 体重200キロ、得意技は木人パンチと木人ダンス。目から血の涙を流している。
 寝技には弱いが(立ち上がれない)、立ち技なら最強との噂あり。K-1のKはケンのKも含まれている(断言)。
 たぶん、4~5試合ぐらいしかやってないはず(もっと少ない?)。


 「木人ケン・復活」、この事実を私たち人類は真剣に受けとめなければならない。
 初登場から約6年・・・いまだ止まない環境破壊に地球は相変わらず悲鳴をあげ続けている。地震・台風・異常気象・・・様々な形で地球の怒りは表現されてきたが・・・その最終系が木人ケンの復活だったとは・・・。
 これ以上木人が暴れないように、みなさんも自然を大切にしましょう。ゴミは拾いましょう。花に水を与えましょう。

 こうなると植樹マンの登場も全て線で繋がっていきますね。夢のタッグもあるか?


 このチカラプロって団体、一応リングはあるようですが、ちゃんと上がれたの?
 木人の弱点、それはリングに上がれない・・・。かつて「EWPEWF」というイベントで(私、観戦しました)試合が始まってもリングに上がれず失格になったことあります。
 
 あ、えべっさんはトーナメント優勝したそうです。おめでとうございます。

 チカラプロのHP見つけたけど・・・この団体スゲェな!
 明日はクマが試合するみたいだぞ。着ぐるみじゃなくて。
 さらには目玉のオヤジも試合してます。
 リンク貼れないんで画像のギャラリーで探してくれー。
 あとでゆっくり見よー。


■関連リンク
えべっさんの商売繁盛ブログ
www.chikarapro.com
原色怪奇派図鑑
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月13日 - 2005年2月19日 | トップページ | 2005年2月27日 - 2005年3月5日 »