« 2005年1月16日 - 2005年1月22日 | トップページ | 2005年1月30日 - 2005年2月5日 »

2005.01.29

折原昌夫、掣圏道に登場

スポーツナビ|格闘技|速報
 スーパータイガージム「レジェンド・チャンピオンシップトーナメント」

 お客さんの入りはイマイチだったようですね・・・。団体名はこれでいいの? 掣圏道じゃダメなのか?

1/28 スーパータイガージム・代々木第2(3000人)
 SAWの頃は後楽園やディファを独特な客層で埋めていたような記憶あるけど・・・。

 Xが注目されたトーナメント・・・。ある意味サプライズ。結局、船木は会場にも姿を見せなかったんですかね・・・。

レジェンド・チャンピオンシップ・トーナメント
 [5]1回戦:○G・サスケ(10分7秒 折原乱入→反則)●X=サスケ・ザ・グレート
 [6]1回戦:○サミーリー(9分57秒 後方回転エビ固め)●A・大塚
 [9]決勝戦:○初代タイガーマスク(サスケが首負傷のため棄権)●G・サスケ

 ※折原のアピールを受けて急遽追加試合
 [10=メ]○初代タイガー、2代目ザ・タイガー(5分37秒 タイガーSH)折原昌夫、●サスケ・ザ・グレート

 まさかまさかの折原昌夫登場・・・。トーナメントに出たのはグレートですけど(正体まったく不明)。

 みちプロから突然失踪、昨年7月以来謎の欠場を続けていた折原・・・。先週のゴングにインタビューあり。簡単にまとめる。

 ・昨年7月9日のPWC・博多大会前日に「耳鳴り・呼吸困難・全身の硬直・言葉を話せない・視界ぜろ」といった症状が出る。
 ・「ドメスティック・バイオレンス症候群」と診断される。DVは女性が男性から暴力を振るわれ精神的ダメージを負った場合によく使われる病名だが、折原は「ヒールとしてのキャラと本当の自分にあるギャップ」が原因で発症した。
 ・何とか病気を克服。今年になって「イーグル・プロ」でヒールとして復帰。
 こんなことになってるとはゴング読むまで知りませんでした。
 病気が出たPWC博多大会は次のようなカード。
04/07/09 PWCプロ・博多スターレーン
 ○初代タイガー、ザ・コブラ(9分52秒 タイガーSH)●折原昌夫、維新力浩司
 インタビューの中では「憧れの佐山さんと試合ができる・・・と考えていたら発作が出た」とあります。相当のプレッシャーだったのでしょうか・・・。
 その佐山タイガーと再び闘う・・・。短い時間でしたが折原は立派に試合をこなしたようです。ここに折原を呼んだのは誰なんでしょう? サスケ? 佐山? 折原本人? それともSWS・WARで同志として闘ってきた2代目タイガーの中身さん? とにかく、これを乗り切れたことは折原にとって自信に繋がるはず。
 まぁ・・・過去の折原の行動を思い出すと「ソレ全部キャラだったの?」と突っ込み入れたくなる出来事もありますが、まずは元気に悪いことしまくってもらわないと。俺が突っ込み入れるのを躊躇しなくていいぐらいの暴れっぷりをお願いします。
 いや~・・・折原はイイ選手だし、お気に入りなんですよ・・・。DDTで高木三四郎とシングルやった時はヒールとして試合引っ張りまくりで感心しましたよ・・・。鉄柱越えケブラータとか、またやってみない? ホント期待してます。
 

 ちなみに・・・ヒッソリと第1試合にTARUが出てます。 一応、事件のような気がするけど、スポナビは素通り。掣圏道のHPでは「TALU」になってるw

 折原・TARU・アレク・タナカジュンジ・2代目タイガー・・・なんだか彷徨ってる人が集結しちゃいましたね。 

 3月か4月にもう一度今回と同じ形の興行、6月に新団体旗揚げだそうです。

■関連リンク
掣圏道OFFICIAL WEB SITE
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小橋建太vs力皇猛、決定

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE COMPE#20050305

 予定通り決定です。

3/5 NOAH・日本武道館
 GHCヘビー級C:小橋建太vs力皇猛
 これ普通なら小橋が勝って当たり前なんですが~何となく力皇が勝ちそうな気もするんですよねー。難攻不落だったノーフィアーに勝ったのは力皇&森嶋。NOAHの評価は高い・・・。
 まぁ、丸腰になった三沢が挑戦って可能性もあるだろうし分かりませんが。力皇が勝ったとしても番狂わせでしかないし、王座奪取はファンと一緒に段階を踏みながら・・・ってのがいいんでしょうけど。
 どちらにしてもNOAHはブックに興味を持たせるられませんな・・・。ファンも変なアングル吹っかけるよりは、勝敗ミエミエでも内容重視を望んでいるようなので・・・いいんでしょう。いいのか? いいってことで・・・。
 
 力皇、瞬発力と頑丈さはプロレス界トップレベルでしょうが、ややスタミナに問題あるところが気になる。あとは「力皇と言えばコレ」っていうフィニッシュを持つ。ビジュアルは目をつぶってw

 他のカード候補としては・・・
スポーツナビ | ニュース | 秋山 天龍&みのるを一気に倒す

 秋山準&Xvs天龍源一郎&鈴木みのる
 これはイイ感じ。三沢あたりが出てきたら凄いことになりそう。
 俺的には・・・田上が見たいなぁ(笑)。

■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! もしよろしければクリックを・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.28

原寸大の崔洪万

ほぼ日刊イトイ新聞 -サイシン

 説明する必要もないぐらいの有名サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」にこんなの。糸井重里さんのコラムです。

 ああびっくりしたー!
 世の中にはいろんな人がいるものですけれど、すっごく大きい人に会ってしまいました。
 韓国の相撲のチャンピオンなんだって。
 ニュースでは見ていたけれど、やっぱり本物は迫力がちがうよなぁ。
 崔洪万(チェ・ホンマン)選手という人です。
 同じビルのなかにある『トータルワークアウト』で、これからトレーニングしたりするということで、ごあいさつに来てく れたんですけどねー。
 なんか、選手が帰ってからもまだ「びっくりな空気」が職場に流れてます。
 トータルワークアウトにきたついでで糸井さんの事務所に顔を出す? 律儀な方のようで。
 ケビン・ヤマザキさんはあの体をどうしようってんでしょうか~。

 なんとイトイ新聞さんではチェ選手の原寸大画像を紹介しています! すげぇ!

ほぼ日刊イトイ新聞:崔洪万(チェ・ホンマン)選手です。
  ↑もしかしたら見れなくなってるかも・・・。

 試合後にテクノ系のダンスを披露することから「テクノゴリアテ」と称される。3/19韓国大会において曙との対戦が噂されます・・・。

 ってか、この画像見てたら小錦の原寸大も見たくなったぞ!

 ついでに発表となっていたK-1MAXのカードも。

2/23 K-1MAX・有明コロシアム
<日本代表決定トーナメント(1DAY)>
・1回戦
 小比類巻貴之vs安廣一哉 →A
 TOMOvs小次郎 →B
 武田幸三vs山本KID徳郁 →C
 村浜武洋vsHAYATO →D
・準決勝 Avs B、CvsD
・決勝
 村浜が久しぶりに登場。1回戦のHAYATOは戦績よくないですが弱くないです。勝てばKIDへのリベンジマッチへの道もありますが・・・。大阪プロレスのビッグマッチを欠場、この大会に完全集中。ホント頑張ってもらいたいです。

おまけ:スポーツナビ | ニュース | 角田氏 3・19現役復帰へ!
  意味ある復帰となればいいんですが。ビッグマウスでまたリングス・ルールやります? 

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してま~す。クリックしてくれたら嬉しいかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミルコ・クロコップvsマーク・コールマン、決定

PRIDE | ニュース | ミドル&ヘビー級共に前哨戦を越えたサバイバルマッチ! 場合によってはミルコの挑戦権剥奪、ミドル級はGP落選も

 PRIDE.29のカードが出ました。

2/20 PRIDE.29・さいたまスーパーアリーナ
・ヘビー級
 ミルコ・クロコップvsマーク・コールマン
 チェ・ム・ベvsセルゲイ・ハリトーノフ

・ミドル級
 クイントン"ランペイジ"ジャクソンvsムリーロ・ニンジャ
 アリスター・オーフレイムvsアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
 イゴール・ボブチャンチンvs高橋義生

 噂はありましたが、ミルコ登場にはビックリです。2ヶ月に一度が体に染みついちゃったんでしょうか?
ミルコ・クロコップ04年戦績
 02/01 ○ ロン・ウォーターマン
 02/15 ○ 山本宜久
 04/25 ● ケビン・ランデルマン
 05/23 ○ 金原弘光
 07/19 ○ 大山峻護
 08/15 ○ エメリヤーエンコ・アレキサンダー
 10/31 ○ ジョシュ・バーネット
 12/31 ○ ケビン・ランデルマン
 判定だった金原戦を除けば全て5分以内の決着なんですけどね(負けも含めて)。
 コールマンってのも勝って当たり前な感じでリスク大きい。変な契約でもしちゃったんでしょうか?

 おまえらの好きにはさせねえ!さんで週刊現代の掲載されていたPRIDE・K-1選手のギャラが紹介されてます。
ホイスグレイシーは大晦日に8000万円の荒稼ぎ-おまえらの好きにはさせねえ!
 曙が2000万、吉田秀彦・瀧本が6000万(デビュー戦)、ガードナー2200万・・・なのにミルコさんは500万。契約更新の時、揉めるだろうなぁ・・・。

 チェ様vsハリトーノフは凄いことになりそう。PRIDE.28のパラレイ戦では打撃を受けまくった末に逆転勝利を飾ったチェ様ですが・・・あのハリトーノフが相手ではそれも通用しそうにない・・・。それでも奇跡を起こせるか・・・。

 ボブチャンチンがミドル級転向。公式プロフィールは176cmの98kg。ミドル級のリミットは93kg(合ってるかな?)、充分イケソウです。ヘビー級では居場所を失ってしまいましたが、ミドルならカードもいろいろ残ってるし、かなり使い道見えてきます。
 シウバはヘビー級も視野に入れるような発言してますし・・・。
:: 徒然なる駄日記 | 【PRIDE】ヴァンダレイ・シウバ インタビュー ::
 階級を変えることでカードの幅を広げるのは引き抜き劇なんかに比べれば健全に思えます。
 
 他の2カードも興味深い。ジョシュvsミルコみたいなムチャクチャ注目なカードはありませんが、かなり楽しめそうであります。

 裏は新日本・両国です・・・ダブルタイトル・・・。

■関連リンク
PRIDE OFFICIAL WEBSITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。ブラック・アイが面白いと思ったらクリックしてね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.01.27

インリンvs小川直也は6人タッグへ

ハッスル: ニュース インリン様のプロレス・デビュー会見で異常な興奮! 「チキン小川をタップリと調教してあげますわぁ」

スポーツナビ|格闘技|インリン様、小川に調教宣言! 公開練習で鞭打ちを披露

 いつものDSEではなく、恵比寿のイベントスペースで行われた会見。高田総統登場だからか? もしくはインリン目当てでマスコミが殺到したのか?
 インリンのコメント。

 「当日はもちろん、勝負服よぉ!全てのファンを根こそぎ洗脳して見せますわぁ。見ないと絶対に後悔するわよぉ」

 ワタシはチキンのように、分かりにくいカッコ悪い技は使わないわぁ。みーんな、ワタシの美しい技に洗脳され、悩殺されるはずよぉ」

 「勝負服」・・・期待しちゃっていいんですか? 前回のハウスでお披露目したコスは露出が少ないとの声もありますが・・・。
 それにしてもインリンは素晴らしい。これ、彼女以外のタレントがやったら全然似合わないんだろうなぁ。

 続いて総統のお言葉。

「プロレスラーは強いだけではダメだ。笑いを取るだけでもダメ。中途半端は論外だ!
 敵に塩を送るわけではないが、インリンと闘う事でチキン君は総合とは違う、プロレスの可能性、奥深さを改めて知る事になるだろうな。
 インリンと闘う事にどういう意味があるのか、スター気取りの低脳チキン君はもちろんだが、マスコミの諸君もせいぜい、無い知恵を絞って考えてみるがいい!」
 意味ありげなお言葉ですね。つまりは素人インリンと闘うことでプロレスラー・小川の力量が計られるってことですな。巧い選手は「ホウキが相手でも試合ができる」なんて言われます(猪木だったかな)。小川がダメならどうにもならない、誰も助けてくれない・・・。しかも世間的に注目度が高い・・・。ヤバイですねぇ。ってかダメだな、イイ試合になるわけない(笑)。
 ホントに高田総統は計算高いです! これじゃどんどん小川の人気は下がってしまう!

 小川さんはインリンに負けたらニコライか透明人間ミステロンと戦ってもらいたいもんです。

 インリンは公開スパーリングも行った
 M字ビターンの試し打ちもして欲しかったなぁ。

 カードは6人タッグになりました。

2/11 ハッスル7・愛知県体育館
追加カード
 小川直也&ハッスルなでしこ・Hikaru&中村カントクvsインリン様&アリシンZ&2/8モンスターロワイヤル勝者
既報カード
 RIKISHIvsG・シルバ
 ハードコア:長州&金村&石井vs田中&黒田&高岩
 川田vs坂田
 ナカムラさん、ついに試合しますか!

■関連リンク
ハッスル オフィシャル ウェブサイト
■PR
インリン最新DVD
インリン・オブ・ジョイトイの闘争開始!
インリン最新写真集
インリン写真集「最終闘争」
ハッスル関連DVD
ハッスル・小川直也、DVDほか紹介

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.01.26

AWA世界王者・・・大森は何代目?

 昨日お伝えした大森隆男、AWAベルト奪取の記事の中で・・・

 ところで、公式HPによると大森さんは「第32代AWA王者」となっている。これは間違いじゃない?
 現AWAサイトのヒストリー、カウントはされていませんが数えれば大森さんは第46代。この辺のページ見てもマサ斎藤さんが40代王者だからなぁ。
 まぁAWAは初期の頃複雑なんで、32代でも正しい可能性はあるかな? 詳しい方、情報ありましたらヨロシク~。
 と書きましたが・・・メール含めていろいろと情報頂きました。
 そんな中で一番シックリ来たのが・・・toshiさんのコメント
 ゼロワンMAXが第32代とした根拠はゴングの竹内さんのAWA王座に関する記事だと思います。
 そう言えば今週のゴングで特集してたな・・・とダッシュで本屋に行ってみるとまだ先週発売分が置いてあった(今週のゴングはオモロイネタばっかり。江本敦子のインタビューとかジックリ読んでしまった)。
 竹内宏介氏による「AWA世界ヘビー級選手権変遷史」によると・・・(ちなみに「AWA」というタイトルは「ボストン版」「モントリオール版」「オハイオ版」「オマハ版」「ミネアポリス版」と5つあるそうで、そのうちの「ミネアポリス版」が鶴田・ハンセンらが獲得したベルトになる)、マサ斎藤が第30代、最後の王者・ズビスコが第31代・・・。間違いなくZERO-ONE MAXはこの表から大森を32代としたんでしょう。
 ただ、toshiさんが指摘されている通り、ちょっと他の変遷と違う点がある。初代王者をガニアとするかパット・オコーナーとするかはそれぞれで見解が違うのも仕方ないでしょうが、抜けてる王者があるのは問題なような・・・。

 そこで私が勝手に正式な歴代AWA王者リストを作ってしまおうと思いますw 
以下のサイト+ゴングを参考にします。
A.W.A. World Heavyweight Title
現在のチャンピオン
AWAstars.com | Wrestling Superstars Live | AWA Wrestling Entertainment, Inc

 初代王者は・・・「パット・オコナー」を初代とするところが多いのでソレで・・・。

01 59/01 パット・オコナー
02 60/08 バーン・ガニア
03 61/07 ジン・キニスキー
04 61/08 バーン・ガニア
05 62/01 ミスターM(ビル・ミラー)
06 62/08 バーン・ガニア(※キニスキーとするサイトが1つ)
07 63/07 クラッシャー・リソワスキー
08 63/07 バーン・ガニア
09 63/07 フリッツ・フォン・エリック

オマハ派と統一
10 63/08 バーン・ガニア
11 63/11 クラッシャー・リソワスキー(抜けてるサイトあり)
12 63/12 バーン・ガニア(抜けてるサイトあり)
13 64/05 マッドドック・バション(ゴング抜け)
14 64/05 バーン・ガニア(ゴング抜け)
15 64/10 マッドドック・バション
16 65/05 イゴール・ボディック(ゴング抜け)
17 65/05 マッドドック・バション(ゴング抜け)
18 65/08 クラッシャー・リソワスキー
19 65/11 マッドドック・バション
20 66/11 ディック・ザ・ブルーザー(ゴング抜け)
21 66/11 マッドドック・バション(ゴング抜け)
22 67/02 バーン・ガニア
23 68/08 Dr.X(ザ・デストロイヤー)
24 68/08 バーン・ガニア
25 75/11 ニック・ボックウインクル
26 80/07 バーン・ガニア
27 81/05 ニック・ボックウインクル
28 82/08 オットー・ワンツ
29 82/10 ニック・ボックウインクル
30 84/02 ジャンボ鶴田
31 84/05 リック・マーテル
32 85/12 スタン・ハンセン
33 86/06 ニック・ボックウインクル
34 87/05 カート・ヘニング
35 88/05 ジェリー・ローラー
36 89/02 ラリー・ズビスコ
37 90/02 マサ斎藤
38 90/04 ラリー・ズビスコ

どうでしょ?

 さらに、新AWAの王者も入れると・・・。

39 96/06 ジョニー・スチュアート
40 99/03 キングコング・バンディ
41 00/07 ザ・パトリオット
42 00/07 リッキー・エンリケ
43 01/07 EricPriest
44 02/03 エヴァン・カレイジャス
45 02/10 ホース・シュー(ルーサー・レインズ)
46 03/06 エヴァン・カレイジャス
47 05/01 大森隆男
 大森さんは47代? もしくは39代か。
 新AWAの「ザ・パトリオット」は星条旗覆面のパトリオットさんなんですかね? 現在WWEで活躍(今は休み?)してるルーサー・レインズの名前も。

 ゴングの記事では「ZERO-ONEマックスが復活するAWA王座はバーン・ガニアの承諾を得た正式な復活である」とのようなことが書かれている。となると・・・この新AWAは関係ないんかな。
 記事の最後には「もう今のアメリカのプロレスには夢も希望もない・・・」と嘆くガニアがAWA復活を日本に託した・・・と書かれていますが・・・。このタイトル復活劇がオスカー・デイビットなる怪しいアメリカ人発案と聞いたらどんな顔するんでしょう(笑)。さらにはハッスルでも使われる可能性もあるか・・・。
 まぁ、世界王者が新聞社周りしてる時点でどうかと思いますがw、なりふり構ってられないZERO-ONEマックスですから、これでいいんでしょう。団体が盛り上がればAWAの権威も自然と上がっていきますよ~!

■関連リンク
PRO-WRESTLING ZERO-ONE MAX official site
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

柴田勝頼、新日本退団

スポーツナビ|格闘技|柴田が新日本プロレスを退団へ 「サラリーマンレスラーにはなれない」

 予想に反して穏やかに進んでいた契約交渉、この人は予想通り・・・。

 新日本プロレスの柴田勝頼が25日、都内の新日プロ事務所で3度目の契約更改に臨んだが、両者が合意には至らず、契約期間が終了する1月31日付で退団することが決定的となった。
 およそ30分の契約交渉終了後、報道陣の前に姿を現した柴田は「憧れて入った新日本プロレスと現在の新日本プロレスにズレや溝が生じている。自分のやりたいプロレスと食い違っている。オレは“サラリーマンレスラー”にはなれない」と激白。退団の意思を表明した。
 「自分のやりたいプロレスと食い違ってる」と言うなら自分で暴れて変えてみろ・・・ってな意見もあるでしょうが、「神」の下ではどうやっても空回りしちゃいそう。参加が噂される「ビッグマウス」には柴田が崇拝する「前田日明」という神がいますが・・・。おそらく、その辺も離脱の決め手になったのでは。うーん・・・前田の下もいろいろ大変そうだが・・・。頑張れ、とにかく頑張れ。
 NOAHって話もありましたね。今後はフリーとなるんでしょう。村上・柳澤も行動を共にするようです・・・柳澤はいいとして村上も離脱決定なんでしょうか? 体調万全ならばvs村上でもいろいろ「ビックマウス」はイイカード組めそうな感じ。
 ちょっと柴田の離脱は鈴木健想の時とダブル感じが若干するような・・・。気のせいでしょう。

 カクトウログさんにこんな情報が。
カクトウログ: 100万円求人広告 新日本プロレスの人事改革
 新日本が草間さんの発案で朝日新聞に求人広告掲載。プロレスファンからだけではなく、広く呼びかけることはヨイことです。現状を打破するための一歩としては素晴らしい。
 春にはクビも噂されていた草間さんですが・・・まだ続く?

 現在の契約更改状況は以下のページで。
新日本プロレス・2005年契約更改

 まだ契約してないのは・・・。
 中邑、ジョシュ(?)、平田、ヒロ、後藤、サムライ、村上までかな? 蝶野が契約内容不明。
 ベテラン組は密かに契約済みの可能性あるかも。

 契約解除された安田は怪しい感じになってきたし・・・。
報知:安田“極秘練習”
 今年は柴田のみで終了?

 ターザンさんの日記にはこんなことも。
ターザンカフェ|往生際日記[2005年01月24日(月)]

  もうひとつマット界の情報通の友人とも話をした。彼は新日本プロレスが今年の契約更改で選手のギャラをほとんどアップしていることに驚いていた。
 リストラもほとんどなし。昨年の業績を考えたら信じられないというのだ。
 これはテレビ朝日の放映問題で会社のイメージを悪くすると、契約の件で不利な展開になるからあえてギャラをアップさせているというのだ。
 はぁー、そうですか・・・。ってことは、まだテレ朝から終了の通告は来てないってことですね? レギュラー継続の可能性は一応、まだあると・・・。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.01.25

東郷デルアリ欠場、その後・・・

 先日、お伝えした東郷のDDT・デルアリ大会欠場の件、大会終わって・・・。

デルフィン社長の秘密基地:NGKに大阪プロのグッツあります
 本文は、

 明日はデルアリでDDTさんの試合があります。某選手はデルアリを作るのを大反対し、他にも問題が多く、関係者、ファンの方々に多大な迷惑を掛けました。その為、来場をご遠慮してもらってます。大阪プロレスは1時からです。
 とのこと(昨日読と内容変わってるかも・・・)。コメント欄には
 DDTさんには、会場をお貸しする前にその旨を伝えております。
 急に先方に通達した、イヤガラセではないんですよ。
 DDTさんには了承のうえお貸しいています。
 との書き込みが。

 ところが、今日配信された高木三四郎のメルマガによると一部事実に微妙な食い違いがあるようで(引用はしません)。結局、DDTはデルフィンアリーナから今後撤退することとなってしまった。これでアングル説は消滅かな。
 
 興行の様子は毎度のExtreme Partyさんをご覧ください。
 メイン前に東郷さんからのビデオレターが上映され・・・イルカを使っていろいろやったみたい。

 この先もいろいろ意見交換あるかもしれませんが・・・もうイイね。
 俺的にはデルフィン側に非があると思うけど、そうだからといって東郷は一つも徳をしない。
 何にもない・・・もうこの話、終了。話がセコすぎてイジル気にもならない。

 アングルでないとしても、これをキッカケに抗争始める手はあるんだが。かつて掲示板の書き込みがキッカケでWWE(当時)・TAKAみちのくとインディー団体のDDTが抗争始めたこともあったしね。
 掲示板がBLOGに代わって・・・。でもTAKAの時はネットていう手段で超メジャー団体所属選手相手に下北クラスのインディー団体がケンカ売ってたのが面白かったんだよなぁ。

■関連リンク
DDT XXXch Official Web
DDTプロレス高木三四郎メルマガ
東郷日記
デルフィン社長の秘密基地
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大森隆男、AWAベルト奪取

スポーツナビ|格闘技|速報

 ZERO-ONE MAX、正式な旗揚げ戦。

 1/23 ZERO-ONE MAX・後楽園ホール(1600人・満員)
 お昼の興行でしたが、よく入ったらしいです。よかったヨカッタ。
 [2]AWA認定世界ヘビー級準決勝3WAY:
 ○コリノ(10分13秒 ラリアット→片)サイモン・ダイヤモンド、田中将斗

 [3]AWA認定世界ヘビー級準決勝3WAY:
 ○大森(8分8秒 アックスボンバー→片)●耕平、健介

 [7=メ]第32代AWA認定世界ヘビー級王座決定戦:
 ○大森(24分53秒 アックスボンバー→片)●コリノ
 ※大森が新王者

 健介も届かず・・・王者は大森さん・・・意外? うーん、大谷がいないんなら順当なのかなぁ。
 コリノとの決勝戦は24分ですよ! 大森さんはZERO-ONE流のハードヒット・スタイルよりコリノみたいなコテコテ・アメリカンスタイルが似合うとは思うんですが・・・。ミスター・フレッド絡めて楽しくやれたんでしょうかね?
 試合後には大森が「ウ~MAX!」の新締めポーズを披露。ZERO-ONE MAXのHPで動画が公開されています(仕事速い! 気合い入ってますね)。みんなニコニコ・・・その笑顔からすればいい興行だったんでしょう。
 ただZERO-ONE時代と比べ、目立って新しい展開・スタイル・ネタってのはなかったようで、その点ではちょっと心配になってしまう。前回の後楽園におけるストーリー路線がグダグダになったんで、試合中心に切り替えたのかもしれんが・・・。ホントの勝負は次の後楽園でしょう。

 ところで、公式HPによると大森さんは「第32代AWA王者」となっている。これは間違いじゃない?
 現AWAサイトのヒストリー、カウントはされていませんが数えれば大森さんは第46代。この辺のページ見てもマサ斎藤さんが40代王者だからなぁ。
 まぁAWAは初期の頃複雑なんで、32代でも正しい可能性はあるかな? 詳しい方、情報ありましたらヨロシク~。

 
■関連リンク
PRO-WRESTLING ZERO-ONE MAX official site
AWAstars.com | Wrestling Superstars Live | AWA Wrestling Entertainment, Inc
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (3) | トラックバック (1)

前田日明とは何か

 一昨日の記事、 前田日明、「ビッグマウス」に参加に沢山のトラバありました。ありがとうございます(・・・こんなこと書いてると兎ニーさんの記事にケンカ売ってるように思われかねないんで、あとでトラバしときます)。

 そんな中にこんな記事が。
プロ格.com: ヒクソンを倒してくれるんだったら、レスラーとしての復帰も大歓迎だよ
 なんだかいろんなBLOGにトラバしてるみたいですが・・・釣られるの覚悟でバンプとってみたいと思います。
 意見交換もBLOGを楽しみ方の一つ。掲示板と違って逃げ道ないから、よっぽど責任もってやらにゃイカンけど。

 う~ん、前田ねえ。
 別に前田は嫌いではないのだが、前田ファンってのが嫌いなんだよ、わたしは。

 すべての前田ファンがそうだとは思わんが、前田ファンって、一時期の猪木ファンみたいに、「前田こそ最強!!」って考えてるところがあると思ってるんだよ。

  はぁ・・・。まぁ前田ファンにもいろいろあるでしょうからね・・。
 私も前田ヲタとまでは言いませんが、影響は間違いなく受けています。「プロレス」を語る上で外せない人物です。今回の件にも単純に喜んでいます。
 ただ前田が最強ってのは微妙だと思ってますよ。
 新日本に戻ってきた頃ぐらいまでなら名実共に最強と呼べたかもしれません。ただ腰・膝を悪くしてからは歯がゆい試合が続いていました。大ブームの第2次U時代でもかなり動きが悪かったし・・・。そういう部分は前田ファンのほとんどが認識してると思います。リングスではヤマヨシに半ガチみたいな試合(何だそりゃ)やってヤバかったことありましたし(長井はボコったけどw)。
 ただ「最強」って称号を名乗るにはソレなりに資格ってのがあるわけで、UWFという運動体を立ち上げその象徴として君臨できたのには、多くのファンを納得させらるモノを前田が持っていたってことでしょう。それこそ狂信的なファンを創り上げるほど。そういうパワー込みでも「最強」は語られるべきではないでしょうか。
 前田ファンが「前田最強」を誇るのは前田以上に魅力溢れる選手がいないと信じる気持ちからなんですよね・・・。 
 「前田と戦ったら、新日や全日のレスラーはあっという間にボコボコにされるぜ!!」ってな感じの、他のプロレスファンをイヤな気持ちにさせるような考え方なんだよ。
 それはちょっと思ってますね(笑)。今回の会見で前田本人が「今のレスラーはおちゃらけ(た選手)ばっかりだね」と語ってることに通じるでしょうが、実際に試合でどうするって話ではなく、前田の口をふさげるほどの存在が今のプロレス界にいないってのが問題で。
 前田も猪木を超えたんだから、コレをいいキッカケにして前田を誰かが越えればいいんじゃないでしょーか。別に直接対決でなくても。
 それにしても前田……わたしは、プロレスラーの強さに対しての幻想が落ちてしまったのは、前田の責任もあると思っている。
 なぜかというと、高田がヒクソンに2連敗したあと、ヒクソンをぶっ倒してくれなかったからだよ!!
 でも、前田・高田・船木って全員やられてたらもっとヒドイことになってたかもしれませんよ。ヒクソンも今必死に幻想守ってますから。
 カレリン戦を実現させた事実は後々効いてくる・・・。その読みは当たってると思います。

 まぁ、でも前田に関しては好き嫌いあって当然でしょう。嫌いな人は嫌いだろうし、これから公の場にバンバン出てくるようになるなら、その言動にムカツイテ「後ろから殴ってやろうか」ってなエセ司令長官が続々現れそうな予感しています。
 それでも皆前田が好き。お茶目さと狂気を兼ね備える前田の行動・言動の全てが魅力的。その良さが伝わるといいんですが・・・。無理にとはいいません。

 あと誤解されてる方多いと思いますが、前田はプロレスを否定したわけじゃないんですよ。プロレスの定義が違うんです。
 リングスを「プロレスじゃない」と言い切ったのは、「FMWなんかがプロレスと呼ばれるなら、うちはプロレスじゃなくていい」ってこと(だったはず)。

 ただ私としては、プロレスっていう言葉の自由さ・いい加減さが大好きでプロレス見てますから、全てが前田式プロレスになってしまうのも困るんですよねぇ。
 だから前田も好き、マグロと闘うアブドーラも好き。そんな感じで。

 スポニチの紙面は、「前田復活」の記事より「A小林vsマグロ」の方がデカかったらしい(笑)。

■関連記事
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: 前田日明、「ビッグマウス」に参加
■PR
前田日明とは何か?
紙のプロレス制作のDVD
前田日明 戦いの証・地の章
 DVD、前田のリングス全試合をノーカット収録

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005.01.24

スコーピオ&ダグ・ウィリアムス、GHCタッグ王座奪取

スポーツナビ | ニュース | 三沢&小川、GHCタッグ王座陥落!

 9時ぐらいにスカパーつけたらG+中継・・・終わったところだった。忘れてた。
 でも9時から10時までVTRでダイジェスト見れました。メインとセミだけですが。感想込みで。
 まずは・・・。

1/23 NOAH・神戸ワールド記念ホール (2800人)
 この大会のカード紹介記事でも触れましたが、ホントにNOAHの神戸ワールドは入らない。主催者発表で昨年と同数ってのはツライ。
 TVでは引いた絵があまりなかったのでよく分かりませんが、もしかしたら2階・3階(?)は使ってなかったかも。アリーナはよく入ってるように見えたが。
 [8=メ]GHCタッグ選手権
 ○スコーピオ、ダグ・ウィリアムス(29分32秒 450スプラッシュ→片)三沢光晴、●小川良成
 ※挑戦者・スコーピオ組が王座奪取(第9代)
 どうでもいいような組み合わせ・・・タイトル移動は驚きです。
 自分はお気に入りのダグ中心で見てたからか、なんとか飽きずにいられましたけど全般を通して観客が盛り上がるシーンは少なく、結局は王座奪取による意外性が最大=唯一の見せ場となるNOAHらしからぬ試合になってしまった。
 久しぶりに見た感じのスコーピオ、随分老けて外見は毛のないジョージ・スチールってな感じなのに相変わらず飛びまくりで元気元気。さすがに29分は辛かったようだが、最後の450は説得力有り。WWEでECWが復活するんだけど、この人も呼ばれるかな?
 三沢が異様に張り切っていた。場外へ鉄柵越えのブランチャ放ってような。盛り上がってなかったんでアレだったんかな。
 この異色な外国人チームがベルトとったことで、どんなカードが生まれてくるのか。NOAHのお手並み拝見。
 本音言えば、武道館のセミあたりにこの2人入ったら「え~」って感じなんスけど。まぁイイ選手なのは間違いないんで・・・。
 [7=セ]○鈴木み、佐野、杉浦(14分40秒 フロント・スリーパー→失神→体)秋山、●泉田、金丸
 中盤、鈴木の裸絞めで秋山が失神。場外でリタイア。蘇生すると試合の権利関係なく相手コーナーの鈴木に突進。場外で張り手合戦、鈴木優勢でまたも秋山ダウン。
 セオリー通りの煽りなんですが、秋山がシリアスモードで鈴木に挑んでいたのが気になるところ。意外と普段のお茶らけモードで行った方が面白くなるような気もするが。
 次はシングル? うーん、フロント・ネックロックのかけ合いとかは止めて欲しいなぁ・・・。
 今日の試合で秋山が鈴木にエクスプロイダーを連発してたんですが、いつもと投げるタイミングが違ったような気がしたんですけど・・・。なんかレスリングっぽいような一度抱えてから投げる感じ。普段はブレーンバスターみたいに投げてると思うけど。
 アマレス・バックボーンの共通項、実績は秋山が上・・・同じような立場の永田・中西はインパクトで鈴木を超えたとは言い難いが・・・さて、どうでしょう。NOAHには本田さんもいますね。
 今、パッと思いついた。「鈴木みのるvsKENTA」見たくない? これ絶対面白いよ・・・。
 [1]グローバル・ハードコア・クラウン無差別級選手権=10分1本勝負
 ○丸藤正道(7分40秒 不知火→片)●永源遙
 ※王者・丸藤がV2
 この試合は見てません。永源さんは「10分逃げる」と張り切ってましたが・・・。客席の顔ぶれが気になる・・・。

 ↓観戦記紹介。
うっずの胃痛い放題!

■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! もしよろしければクリックを・・

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005.01.23

ディック東郷、DDT・デルフィンアリーナ大会欠場

東郷日記:見えない力…

 ディック東郷さんのBLOGからなんですが・・・これは一つの記事にしました。あまりに話が・・・。

 1月23日にDDT大阪大会がある。当然、俺にもオファーはあったのだが、クソ野郎のおかげで会場に行けないのだ。
 俗に言う『見えない力』ってやつが働いたのだ…早い話がイルカの超音波みたいなものかな…勘のイイ人ならもうピンと来ただろう。まったく夢だけはデカいが器の小さい野郎だぜ!
 分かりますかね? 1/23のDDT・大阪大会はデルフィンアリーナで行われるんですよ。
 自分の団体を離脱した選手を自分の名前がついている会場には登場させられないってことですか?

 ・・・・・・・・・・・・小さい。ケツの穴小さすぎ。

 いや、実際に東郷らがどんな形で辞めていったか裏のホントの事情は知りませんけど、何年前の話だよ? みちのくとは和解して東郷はダメ? 有明で同じリング上がってるじゃん。ってか、DDTに迷惑かかるよ。なんだか団体として下に見るような感じでさ~。世間的に見ればどっちもどっち・・・ってのはDDTにも失礼かw

 まぁ~、インディーらしいって言えばそうなんだけどさ、コレは呆れた。

 大阪プロレスとの対抗戦へ向けてへのアングルだったら凄いんだけどw ←こんなこと書いてる俺はアングル病。

 まったく関係ないんですが・・・この東郷さんは格好良すぎ。

■関連リンク
東郷日記
DDT XXXch Official Web
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (6) | トラックバック (1)

レスラー・格闘家BLOGを紹介

 自慢じゃないが私はかなりの数のプロレスサイトを毎日巡回しております。最近次々に立ち上げられる「選手BLOG」も一応チェック。
 正直、どうでもいいような話もありますが、「おっ!」と驚くような話題もある。ただニュースの多いプロレス界ですから、なかなか紹介する機会がない。
 そこで今日から、1つの記事内にまとめて選手・関係者BLOGから記事を紹介していきます。BLOG以外の日記もあるかも。
 いつまで続くか・・・。一行名勝負みたいに飽きて消えちゃうかもしれませんどw

 じゃスタートしてみます。

菊田早苗日記:2005年01月19日
 菊田早苗さんBLOG。グラバカの佐藤光芳選手がインドネシアで試合を行うってんで菊田選手も同行。
 あちらは格闘技ブームだそうで。試合の結果は・・・BLOGで。

日高郁人の飛んで打って書くブログ:デビュー8周年。
 1月21日で日高選手がデビュー8周年。これまでのレスラー人生の中からフナキ選手(WWE)との関係について振り返ってます。

F.E.C.守部日記:完全復活
 ケガで欠場していた守部選手が復帰決定。

グラバカ・郷野聡寛の不定期コラム:目指せ軍団入り!
 グラバカの郷野選手は番長・清原のお話。軍団入りできるといいですね~。

=高山善廣オフィシャルサイト・Takayama-Do.com=(BLOGじゃないです)
 高山善廣が3~4歳時に書いた絵が紹介されています。・・・ちょっと恐い。


 うーん・・・、どうだろ。

■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

 一部削除。タイトル変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂田亘、モンスター軍へ?

ハッスル: ニュース ハッスル・プリンス坂田、何とハッスル軍を離脱!モンスター軍入りをかけて、ハッスル軍とのシングル3連戦に挑む! 長州力、初のハードコアマッチ決定!

 ハッスルが会見。まとめます。

 ・島田参謀長&アンジョー司令長官、続いてナカムラ監督登場。次期大会の参戦選手を読み上げる。

 ・「ハッスルハウス」で「モンスターロワイヤル」を行うことが正式決定。
 ・ナカムラ「頼むからやめてください。今までハッスルが築き上げてきたものに傷が付きます。視聴率も取れない、客も見ない企画です」
 ・笹原GM「聞けば聞くほど興味がなくなる」
 ・島田「何度も言いますけど東京ドーム級の企画なんですよ!視聴率も6.3%以上は取れますよ」

 ・ハッスル7のカードを2つ発表。
 ・そこに坂田亘登場。
 ・ナカムラ「何していたんだ?心配したぞ。まだ契約を済ませてなかったな。早く契約しよう」
 ・坂田「俺をモンスター軍で雇え。まとまりがなくて、しょっぱいメンバーしかいない。弱っちいハッスル軍なんてやってらんねえよ」
 ・信用できない島田&アンジョーは、小川の写真を破るよう命じる。
 ・坂田は躊躇することなく写真を真っ二つ。
 ・それでも信用できない島田はハウス&ハッスル7で「モンスター軍入り査定シングル3連戦」を要求。
 ・坂田「一人一人ぶっ倒せばいいんだろう」
 ・ナカムラ監督はガックリと肩を落とし退場。
 ・最後は坂田&島田&アンジョーで「ドゥ・ザ・ッハッスル」。

 前田の記事のあとに坂田はコレか(笑)。しかもアンジョーと合体。
 なんだかストーリーとしてはムリヤリな感じするんですけど(前回のハウスで伏線あったそうです)、これもインリンの色仕掛け? そこに小池栄子が絡めば最高なんだが。インリンvs小池のキャットファイトみてぇ! たぶん、それなら前田も納得。

 決定カード、参戦選手をまとめる。スポナビの方が分かりやすかった。

2/8 ハッスルハウス・後楽園ホール
 坂田亘vs藤井軍鶏侍
 モンスターロワイヤル:[出場予定選手]ダン・”ザ・バッファロー”・ボビッシュ、ジャイアント・シルバ、NJPW、小ガマ大王、フライング・ヴァンパイア16世&23世、エル・ハテナ・ウノ&ドス

2/9 ハッスルハウス・後楽園ホール
 坂田亘vsザ・グレート・サスケ

2/11 ハッスル7・愛知県体育館
 小川直也vsインリン(試合形式未定)
 坂田亘vs川田利明
 ハッスルRIKISHIvsジャイアント・シルバ
 特別ハードコアマッチ:長州&金村&石井vs黒田&田中将&高岩

・参加予定選手  
<モンスター軍>
インリン様、ダン・”ザ・バッファロー”・ボビッシュ、ジャイアント・シルバ、モンスター℃、白使、アリシンZ、ヒマラヤン・ビッグフット、NJPW、ロシアン54、小ガマ大王、フライング・ヴァンパイア16世&23世、モンスターJ、鬼蜘蛛、エル・ハテナ・ウノ&ドス、スペル・ウィルス、ダーク・フォン・マエストロ・アイン&ツバイ、ザ・ネオデビル・ピエロ1号&2号、坂田亘

<ハッスル軍>
”キャプテン・ハッスル”小川直也、”ハッスルK”川田利明、ハッスルRIKISHI、大谷晋ニ郎、ハッスル・タイタス、ザ・グレート・サスケ、ハッスルなでしこHikaru、ハッスル仮面レッド&ブルー、フベントゥ・ゲレーラ、藤井軍鶏侍、崔リョウジ、石狩太一

 長州がハードコアマッチに。この人もウダウダ言いながら出続けますね~。高岩も入ってる。
 インリンvs小川はシングルで決定なんでしょうかね?

 また3/19にグランシップ静岡で「ハッスルハウス6」開催が決定。

■関連リンク
ハッスル オフィシャル ウェブサイト
■PR
ハッスル関連DVD
ハッスル・小川直也、DVDほか紹介

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年1月16日 - 2005年1月22日 | トップページ | 2005年1月30日 - 2005年2月5日 »