« 2005年7月10日 - 2005年7月16日 | トップページ | 2005年7月24日 - 2005年7月30日 »

2005.07.23

秋山準vs柴田勝頼、決定/NEWSクリップ

 いろいろ大きなニュースが多かった。時間の許す限り、まとめて紹介していきます。
 それにしても地震は凄かった。たぶん今まで体験したなかで一番揺れたんじゃないかなぁ~。

c01
ノア・秋山の対戦相手が柴田に決定=8.4W-1GP  
 [ スポーツナビ ]

8.4 W-1/両国国技館
・追加カード
 柴田勝頼vs秋山準
 諏訪間幸平vsドン・フライ

・既報カード
 曙vsグレート・ムタ
 長州力vs佐々木健介
 ボブ・サップvsジャイアント・バーナード
 天龍源一郎vs村上和成
※全てW-1GP1回戦

 NOAHから参戦の秋山、対戦相手は柴田となった。若手イジメが得意の秋山、柴田相手でどうなるか。まぁ、NOAHっぽい試合にはならないでしょうね。試合後の秋山のコメントが注目かな。
 もう一つ追加は「諏訪間vsフライ」。よくわからん(笑)。格闘スタイルの試合で諏訪間が持ち味出せるかどうか・・・ってどうでもいいなぁ。
 これで1回戦7試合中(1枠はシード)、6試合が決定。

 もう前田さんの話はしなくていいのかな?

 あと、FEGのイベントインフォメーション・ページ見ていて気がついたんですが、席種に「B席・4000円」が加わってます。これで観戦決定の人多そう。


c02
橋本さん薫さんと婚約していた…故冬木弘道さんの妻 
 [ ZAKZAK ]

 ついに公となった。

 11日に脳幹出血で急逝したプロレスラーの橋本真也さん(享年40)のマネジャーが22日、都内で記者会見し、橋本さんと交際相手の冬木薫さん(42)が婚約していたことを明かした。
 橋本さんと冬木薫さんの関係については、ネット上でいろいろ噂が飛び交っていました。どこまでが本当で、どこまでがデタラメなのか・・・こういう形でハッキリとしてしまうのは残念でならない。
 それにしても、婚約直後だったとは・・・。
 11日、橋本さんは薫さん宅で倒れ、薫さんが呼んだ救急車で病院に搬入された。マネジャーは「薫さんは病院の待合室で取り乱し、『橋本さんは先に死なないと言っていたのに』と泣き崩れた」と、当時の様子を語った。
  「不倫」という形は問題あるだろうが、薫さんの気持ちを思うと・・・何も言えなくなってしまう。
 橋本さんが亡くなって以来、薫さんがどうしているのかってのはかなり気にしていました。それに関して報道される可能性が少なかっただけに。
 現在は過労で入院中だそうです。早く元気に・・・って言うのは安っぽく聞えるなぁ・・・。
 来週、本人出席で会見が行われる予定だそうですが・・・止めた方がいいのでは。「絵」が出来てしまうとワイドショーが飛びつく。
 そういう場所では断片的な事実と簡単な経緯だけが紹介されてしまう。橋本真也の人柄が無視されたら、この話はプロレスファンの受けた印象とまったく違う形で世間に伝わってしまうかも。

 SANSPO.COMにはこんな話も。

 また村田氏は、橋本さんの1億円を超えるともいわれる債務の処理について、「遺族の意思を第一にする」とした上で、故人のDVDや書籍を制作したり、故人の遺志を継いだイベントを開催するなどして返済したいという個人的な見解を示した。
 飽くまでも返済にコダワルようです。


c03
藤田和之、G1出場してチャンピオンとしての義務を果たす 
 [ NJPW OFFICIAL WEB SITE ]

 7月18日札幌にて新チャンピオンとなった藤田和之選手が試合後、故・橋本真也選手の遺影の前に置いて退場した件に関し、藤田選手と新日本プロレスが協議の結果、現IWGPベルトは、橋本選手のメモリアルということで、永久保存されることとなった。また、藤田選手のG1クライマックスへの出場も正式決定した。
 今後は“3代目”のベルトが登場する。デザインする人はプレッシャーかかるだろうなぁ。

 藤田のG1参加は決定しましたが、BブロックのXにそのまま入るとは限らないんだそうです。

 それと共に藤田和之選手のG1参戦が正式に決定致しました。ただ、今現在決定している選手の中に、何名か怪我をしている選手がおりますので、藤田選手はBブロックのX枠に入るということではなく、<参戦決定>という形をとり、改めて後日、全選手の発表を致します。
 ケガしてるのは・・・棚橋ですか? どちらにしてもBブロックとなるのかな。


c04
WORLD OYAZI BATTLE - SAMURAI RETURN !-  
 [ スポーツナビ|格闘技|速報 ]

7.18 オヤジバトル/後楽園ホール
 NOAH・ドームの真裏で行われた大会、前半は35歳以上=オヤジのアマ格闘家が登場。後半は往年の名選手が「リスペクトBATTLE(試合)&リスペクトGAME(エキジビション)」を行った。
 なかなか盛況だったようです。

 [7]リスペクトGAME
 △平直行(判定ナシ)△田上敬久

 [8]リスペクトBATTLE
 ○アンドレ・マナート(判定 3-0)●横田幸政

 [9=セ]リスペクトBATTLE
 △ブランコ・シカティック(ドロー)△金山裕文

 [10=メ]リスペクトGAME
 △藤原敏男(判定なし)△チャーンビット・ギャットトーポーウン

 さすがにシカティックは老けたなぁ。K-1優勝した時点でかなりのベテランでしたからね。


c05
ジャイアンVSのび太朝目新聞-asame.comさんより)
 [動画]のび太vsジャイアンいろいろ。強ぇ。


c06
三沢がベルト取りへ動く 
 [ nikkansports.com ]

 この日都内事務所で会見し、18日の東京ドーム大会を総括。5年4カ月ぶりに対戦を果たした川田利明(41=フリー)との再戦の可能性は否定したが、王者力皇に要求されたトップ選手との防衛戦を実現すべく、挑戦に前向きな考えを明かした。
 三沢がベルト取り宣言。力皇にとっては最大の試練・・・でも三沢と力皇は手が合いそうな気がする。もちろん三沢が引っ張るからってのもあるでしょうが。
 三沢のGHC戦は03年3月31日の小橋戦で王座を明け渡して以来。
 次回、日本武道館大会は9月18日。
 

c07
魔裟斗のけがは全治2カ月  
 [ スポーツナビ ]

 大会の翌日にサダハルンバが会見。

 けがの状況は全治2カ月と診断され、10月の世界王者対抗戦の出場は絶望。谷川プロデューサーは、「優勝を狙えただけに本人が一番悔しいでしょう」と魔裟斗の心情を察した。魔裟斗の復帰戦については、「試合後の魔裟斗選手とはまだ話をしていないが、大みそかのDynamite!!には間に合わせてくれると思います」と年内のカムバックを望んだ。
 2ヶ月で治るんかなぁ。治ってすぐ試合ってわけにもいかないし。
 大晦日をパスすれば半年以上休めるんだが・・・。

 魔裟斗リタイアでも視聴率はスゴイ。
魔裟斗棄権でも、瞬間最高視聴率は24パーセント [ スポーツナビ ]
 平均19.8%、瞬間最高は魔裟斗vsザンビディス戦で24%! 魔裟斗が決勝まで行ってれば、間違いなくもっと伸びていた。

 なお、優勝したサワーは急遽オランダに帰国しました。
優勝者アンディ・サワーに悲劇 [ スポーツナビ ]
 仲の良かった従兄弟が亡くなったんだそうです。


c08
スマトラ遠征延期のお知らせ 
 [ ・・・・・・・・・大日本プロレス運営サイト・・・・・・・・・ ]

 今月末から予定されていた大日本プロレスのインドネシア遠征が延期になりました。

 今回の興行は、私 グレート小鹿と現地プロモーターが、スマトラ沖地震からの現地の復興の力になれればと力を尽くしてまいりましたが、昨今の世界情勢を配慮した結果、残念ながら延期するという結論にいたりました。
 世界情勢とはテロ関係ですか?
 ホントにやる予定あったのかい・・・ってなツッコミ入れたくなりますが、伊東竜二さんBLOGによると格好いいポスターも完成していたようだし、ホントに直前の中止なんでしょう。
 デイリーによると、9月に行う方向らしい。

 大日本は7月からテレビ神奈川で地上波TV放送もスタートしてます。
 ・・・まだ見てない。
 それにしてもテレビ神奈川(tvk)は素晴らしい。ちばあきお原作「プレイボール」もやってる。「探偵ナイトスクープ」も放送してる(「インディーのお仕事」の真裏なのが痛い・・・)。たぶんSAMUARI!の次に長い時間見てるチャンネルはココ。


c09
川田がビーチレスリングに参戦 
 [ nikkansports.com ]

 31日に茨城・大洗町サンビーチで開催される全日本ビーチレスリング選手権に、プロレスラーの川田利明(41)が参戦する。22日、都内で参加選手が発表された。新日本の中西学(38)、永田裕志(37)フリーの石狩太一(25)とともに特別参加選手として出場する。
 川田もアマレス出身。真剣にやってくれれば面白いんだけど。皆で石狩を砂に埋めて終わり・・・とかってアホなオチは勘弁。
 一応、日本レスリング協会が主催の大会です。最初は永田や中西がトーナメントに出るって話だったと思うのだが・・・。


c10
縄文VS弥生@nifty:デイリーポータル Zより)
 縄文時代vs弥生時代・・・実際対戦するわけではありません。
 取りあえず、トップページの女の子は縄文の勝ち。


c11
国際プロレスプロモーション情報・8月7日(日) PM3時試合開始 茅ヶ崎青果市場・大会 
 [ 原色怪奇派図鑑 ]

 最近、鶴見さんが本気モードの国際プロ、次回大会カード。

8.7 国際プロ/神奈川・茅ヶ崎青果市場
 [1]死神&怨霊vsファントム船越&SHURA
 [2]渡辺宏志vs佐野直
 [3]戸田秀雄vs746
 [4]ターザン後藤vsケン片谷
 [5]チェーンデスマッチ:維新力vs初代デモニオ
 [6]有刺鉄線バットデスマッチ:BADBOY非道&バイキングタニグチvs佐々木貴&BENTEN
 [7]IWA世界ミッドヘビー級選手権:JRFライオン(第2代王者)vsアジアン・クーガー(挑戦者)
 [8=メ]鶴見五郎&ザ・テリーファンクvsザ・マミー&ブラック・マミー
 なかなか豪華じゃないですか~。
 「ザ・テリーファンク」は「テリー・ファンク」ではないので注意。


c12
【下田美馬選手タッグパートナー決定!】 
 [ AtoZ 最新ニュース ]

 8.7後楽園のカードが一部変更に。

8.7 AtoZ/後楽園ホール
 下田美馬デビュー18周年記念試合:下田美馬&井上京子vsダンプ松本&ZAP-T
 ※下田vsサソリから変更
 井上京子とダンプは初対決だそうです。それにしてもデビュー18周年って半端だな~。
 リンク先に下田&京子、タッグ結成までの経緯あり。


c13
 DDT情報まとめて。
7.27後楽園大会 全カード  
 [ DDT XXXch Official Web ]

 全カード出てます。試合順は未定。

7.27 DDT/後楽園ホール
 マスカラwithカベジェラ コントラ カベジェラ:
 高木三四郎&男色ディーノ&柿本大地vsレイクバーノ&ハバナゲレーロ&グランマエストロ w/アントーニオ本多
 ※DDT軍が負けたら全員髪を切る。キューバ軍が負けたら全員マスクを脱ぎ本多が全身を剃毛する。

 オフィス家具デスマッチ:
 一宮章一&マッスル坂井vsポイズン澤田&猪俣潤
 ※オフィス家具が公認凶器として認められる。

 大鷲透&高木ジェット省吾&ダークサイドHERO!vsMIKAMI&諸橋晴也&タノムサク鳥羽

 飯伏幸太ゴールデンスター七番勝負(5):
 池田大輔vs飯伏幸太

 スポンサードマッチ:
 ベイダー&橋本友彦 w/未来vs泉州力&健心

 猪熊裕介&新田明臣vs石川修司&三和太

 スペシャルダークマッチ:チェリーvsゴージャス松野

 その他ミスドラマチックコンテスト審査結果発表。
 ダークマッチは6時40分より行う予定。なおダークマッチは6時50分に強制終了される。

 相変わらずネタ満載。
 注目は「ベイダー&橋本」のタッグ。これって橋本真也さんが亡くなる前からネタフリあったんですよね・・・。ベイダーは気合い入れてくるでしょ~、泉州・健心の体が心配。
 DDT軍とキューバ軍がいよいよ全面対決へ。キューバ・プロレスの神様、グランマエストロが凄いらしい。腕が入った瞬間(ホントに“瞬間”)、相手を失神させてしまう魔性のスリーパーが武器。詳しくはExtreme Partyさんの観戦記をどうぞ。
 ミス・ドラマチックコンテストはDDT・HPから投票できます。今のところ、接戦ですが浦えりかちゃんトップ。ちょっと投票画面の画像はハンデあるような・・・。

 続いて。 
スカパーBBの人気ランキング1位に!  
 [ DDT XXXch Official Web ]

 パソコン向けに動画コンテンツを配信しているスカパーBBのスポーツ&格闘技のジャンル人気ランキングでDDTの2004年12月25日後楽園ホール大会の一宮章一対やっちゃんの動画配信が1位となっている。ちなみに2位は2005 SUPER GTシリーズ、3位はセリエAハイライトとなっている。
 全ジャンルで1位は凄い。どのぐらいの人が購入してるんでしょ。

 更に
8.3渋谷ATOM大会が中止  
 [ DDT XXXch Official Web ]

 クラブATOMが40日間の営業停止になったらしいですね・・・。


c14
【スマックガール】8・17 WINDY智美、渡辺久江、前川久美子が参戦! 
 [ 格闘技総合情報ウェブマガジン GBR ]

 スマックガールに前川久美子参戦。

8.17 スマックガール「~Dynamic!!~」/東京・国立代々木第2体育館

SGS公式ルール 無差別級 5分2R
 前川久美子(フリー)VSたま☆ちゃん(SOD女子格闘技道場)

SGS公式ルール 5分2R
 WINDY智美(パンクラスism)VS小八ヶ代真紀(RL.BLOWS.)

SGS公式ルール -50kg契約 5分2R
 渡辺久江(フリー)VS舞(パレストラ松戸)

スマックガール ライト級タイトルマッチ
 辻結花(総合格闘技闇愚羅)VSおっさん(総合格闘技闇愚羅)

スマックガール初代ミドル級王座決定トーナメント 準決勝&決勝戦
・出場予定選手
 藪下めぐみ(SOD女子格闘技道場)/テビ・サイ(HAVTE TENSION)/大向美智子(M's STYLE) 
 ※残り1選手は現在協議・調整中
 
ネクストシンデレラトーナメント決勝戦
The Next Cinderella Tournament 2005 -48kg級 決勝戦
永易加代(パレストラ東京)VS関友紀子(SOD女子格闘技道場)

The Next Cinderella Tournament 2005 -59kg級 決勝戦
赤野仁美(ガールファイトAACC)VS端貴代(和術慧舟會東京本部)

▼フルコンタクト空手特別試合
小林由佳(西山道場)VS藤舘恵理(清心館)

 対戦相手の“たま☆ちゃん”は「逆プロレスラーハンター」。AKINO、伊藤薫に負けています。弱い選手ではないと思うのですが・・・。
 辻ちゃん、渡辺久江、藪下、大向も出場。でも、これで代々木第2はキツイような・・・。


c15
#81 アメリカに生きる 
 [ 鈴木浩子 ANOTHER FACE@ぴあ/BATTLE ]

 久々の更新。

 そうしてNYに住むアメリカ人銀行家の友人が、ニュースを聞いて連絡してきた。彼が言った第一声がこれ。
 『ヘイ、ケンゾー! ウェルカム・アメリカ(笑)!! ここからが勝負だぞ! さぁどうする?』
 「ウェルカム・アメリカ」ってなんかイイ。
 取りあえず世界中からオファーは来ているようで、これからもいろいろチャレンジしていくようです。


c16
坂井日記in想定外  
 [ 坂井日記 ]

 マッスル坂井さん日記、7月19日分から。ドラゴン・ドアを観戦に行くと・・・。

 そして青コーナー入場通路の関係者溜まりになぜか鶴見五郎氏の姿が・・・。しかも通路に自主的にパイプ椅子を設置して観戦している。
 実は先週末のサムライTVの生放送ニュース番組でブラザー選手がドラゴンドア旗揚げ戦の対戦相手の未発表選手「X」の正体がツルティモドラゴン(=鶴見さん)ではないかという発言をしたそうなのだ。その話を聞いた時点では自分はただ爆笑しただけだった。しかし偶然その番組を鶴見さんが目撃してしまっていたのだ。
 翌朝鶴見さんから留守電が入っていた。
 「俺、闘龍門でるのか?一応その日は空いてるからお前も後楽園来てくれ」そんなのブラザー選手の冗談に決まっていると思い自分は「冗談に決まってるから行く必要ないですし行ったら迷惑ですよきっと」といつになく常識的な返事をしたつもりだった。鶴見さんも「そうかわかった」とだけ言ってたのでまさか会場にいるとは思わなかった。
 鶴見さんに手招きされ「坂井、マスク持って来てるのか?」「持って来てるわけないじゃないすか!そしてどうしたんですか今日は!」「観に来ただけだよ。俺はSWSで浅井とタッグ戦したことあるんだから。いいだろ観に来るくらい」それを言われたら仕方が無い・・・
 YASSHIらが出演したNEWS侍は見ましたよ! メインのXに関して「ドラゴンに関係ある」というヒントが出されると、YASSHIが「ツルティモ・ドラゴンだろ」と発言。近藤修司が素で笑っていた。
 まさか本人が見てるとは・・・。
 特にアクションは起こさなかったようですが、X発表の時、一部関係者はヒヤヒヤだったでしょう(笑)。
 門前払いされなくて良かった。


■PR
プロ格BLOGランキング参加中。押すと管理人喜ぶ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.07.22

dragon door旗揚げ、まさに想定外のプロレス

 ライブドアとの提携で一気に注目度upとなったドラゴン・ドア、旗揚げ戦を迎えてみればソッチ方面の色はほとんどナシ。ミスティコ来日中止は痛かったが・・・それでも満員・大盛況。

 SAMUARI!で当日放送があったのをすっかり忘れてました・・・。NEWS侍の再放送見ようとチャンネルまわしたらタイガーが飛んでたんでビックリ。セミの途中から観戦。翌日のNEWS侍もチェック。

「想定外のプロレス」dragondoorが発進! 超満員の後楽園ホールが熱狂  
 [ スポーツナビ ]

ドラゴンドア(dragondoor info)情報局
7.19 ドラゴンドア/後楽園ホール(1569人・超満員)

 オープニングから紹介。その前にもいろいろあったようですが・・・それはあとで。

  • メイン出場の近藤・YASSHI・菅原・石森・飯伏がリング上。石森組のXを発表する。
  • Xとして出てきたのは、リトル・ドラゴン。まったくの初登場マスクマンに会場は「誰・・・」。
  • YASSHIから「K-nessと同じマスク」と突っ込まれる。
  • 石森「Xはもう一人いる」
  • ミラノコレクションA.T.のテーマ曲が鳴り響く・・・。
  • 登場してきたのは、ミラニート・コレクションa.t.。
  • 会場全部がズッコケルなか、反対コーナーから本物のミラノコレクションA.T.が私服姿で登場。リング上を無視してリングサイト最前列に座る。
  • メインは「石森&飯伏&ミラニート&リトルvs近藤&YASSHI&菅原の3-4ハンディキャップ&イリミネーションマッチ」となった。
 最後に本物のミラノが出て来ちゃうあたりは、サプライズを巧く使う闘龍門っぽさがありますね~。
 正直、格下であるミラニート&リトルを「半人前」とスッパリ言い切り、ハンディマッチとしてしまうあたりはウルティモさんらしい感じする。
 [5=メ]3-4変則イリミネーションマッチ:
 石森太二&飯伏幸太&リトルドラゴン&ミラニートコレクションa.t. w/ベネツィアvs近藤修司&“brother”YASSHI&菅原拓也
 (1)○ミラニート(17分44秒 ナターレ・ビアンコ)●YASSHI
 (2)○菅原(18分57秒 T.C.O→片)●ミラニート
 (3)○菅原(18分57秒 十三不塔→体)●飯伏
 (4)○ドラゴン(25分32秒 ウルトラドラゴンラナ)●菅原
 (5)○近藤(25分37秒 ラナごと押さえ込み→エビ固め)●ドラゴン
 (6)○近藤(27分11秒 ラリアット→片)●石森
  • 近藤マイク「照井(ミラノの本名)、誰もお前の私服なんか見たくないんだよ」
  • ミラノはチケットをリングに投げ捨て席を立つ。
  • 石森マイク「負けてなんだけど、想定外のプロレスいかがでしたか?」
 この試合はバッチリ最初から最後まで見させて頂きました。いや、面白かったですね。
 ミラニート&ドラゴンは、あまりにキャリア不足。更に体の厚さが悪冠一色と違いすぎ。
 それでも両者がフォールをスコアした技はインパクト十二分でありました。ミラニートがYASSHIに勝った「ナターレ・ビアンゴ」は(たぶん)雁之助クラッチを高速回転させヨシタニックのようにボム系の技としたもの。
 リトルが菅原に勝った「ウルトラ・ドラゴンラナ」はドラゴン・キッドの神技、ドラゴン・ラナにもう半ヒネリ加えたモノ。
 どちらも会場大爆発。観客に自分を印象づけることに成功したでしょう。今後は楽しみ。

 DDTから参戦の飯伏、闘龍門独特の試合展開についていけるか心配されたが・・・まったく問題なし。エプロン走って場外へのシューティング・スタープレス、(リング内で)トップロープとびつきのスターダストプレス・・・。もうレギュラー決定でしょう。

 それを迎え撃つ元・悪冠一色の3人、これまた凄かった。特に近藤・YASSHIは、オーラの出方が他の選手と全然違う。まだ全日本に参戦してから半年経ってないんですが・・・すっかりメジャーの風格を身につけていた。
 ベビー側(そうでもない?)の4人が皆軽量だったこともあり、近藤のパワー殺法がさえまくる。リトルは面白いようにポンポン投げまくられていた。
 これが復帰戦となる菅原もヨイ動き連発。彼に関して一番驚いたのは、その観客のリアクションですね。フェイバリット・ホールドである「十三不塔」の体勢に入っただけで、黄色い歓声が沸き上がる。そのタイミングの良さとボリュームの大きさにはホント驚いた。
 菅原だけに限らず、この試合はお客さんのノリが素晴らしく、なんだかTV見ながら自分がおいていかれている感じしましたよ。ミーハーっぽさはまったく無い。感心してしまった。

 試合終盤、石森がハリウッド・スタープレス(?)を失敗して頭から嫌な角度で落っこちる。真っ先にハヤブサがケガしたシーンを思い出した。
 試合後にマイクできてたぐらいだから大丈夫だったんでしょうが・・・ホント心配した。スタープレスに行く前に、コーナーで足を滑らすような場面があり、それでもムリヤリ飛んでしまって失敗。
 確かハヤブサがケガした時も、ロープに足を取られながらもムリヤリ飛んじゃったんだよなぁ・・・。

 そんな危ないシーンもありましたが、最後はド・ド・迫力のキングコング・ラリアット決まって大爆発。観客の反応は想定外か? もう、悪冠一色大人気。
 素晴らしい内容でした。
 
 ミラノは近いうちにドラゴンドアに上がるようです。翌日、急遽出演したNEWS侍で宣言。現在はアメリカで武者修行中(ミラノコレクションA.T.の名前で何試合かしているそうです)。生活の基盤はアメリカで、ドアの試合がある度に来日する形となりそう。
 今回はミスティコ欠場を聞いて、急遽川畑氏と連絡を取り来日したそうです。

 他の試合。

 [3]
 初代タイガーマスク、グラン浜田(11分44秒 逆押さえ込み)ソラール、●ウルトラマン

 [4=セ]CMLLライトヘビー級選手権
 ○ウルティモ・ゲレーロ(12分19秒 急所蹴り→エビ)●2代目ザ・タイガー
 ※王者・ゲレーロが防衛

 ビザの関係でミスティコが欠場(払い戻しもあった)。ザ・タイガーが繰り上がってセミ登場。折原・タナカジュンジらが乱入、マスク剥がされたりで敗退。
 敗れたタイガーだが、気がつくとなぜか半分タイガー、半分ウルティモ・ドラゴンのマスクを被っていた。それ、やりたかったんでしょ(笑)。

 その他あった出来事。

  • セミ前に三遊亭楽太郎さんが長い挨拶。。「お帰りなさいをいっぱい作ろうよ。いいプロレスをやっていこうよ」。酔っていたという説も・・・。
  • ライブドアGM・小島克則氏の挨拶中、宇宙戦艦ヤマトのテーマにのってスーツ姿の大柳錦也が登場。「ライブドアの面接会場はこちらですか?」
  • リングアナは元JUN、小川内潤が務めた。
  • ホリエモンは現れず。
 元T2Pが次々に集まってくる。
 大柳と佐山さんのニアミスは若干ドキドキ。

 更に、試合前に大きな事件があった。
 ナント、マグナムTOKYOが現れたのである。
 週プロモバイルに詳しくあります。
 簡単にまとめると、

  • 試合前、祝儀と花束を持ってマグナムとB×Bハルクが来場。しかし、入場を拒否される。
  • マグナム「ミスティコの来日中止で川畑代表からDRAGON GATEにオファーがあった。しかし、前日になって『代わりが見つかったから』とキャンセルの留守電があった」
 それでは納得行かず乗り込んできたってことですかね?
 川畑氏は「連絡の行き違いがあった」とコメントしているようですが・・・。ドアからゲートにオファーを出すなんて相当のことですからね、「連絡の行き違い」があるようじゃマズイでしょ。
 ただ・・・「ミスティコの代わりが見つかった」って、急遽入った選手って~・・・グラン浜田さんでしょ? 失礼ですが浜田さんとドラゲー選手じゃインパクトに差がありすぎる。どうなんでしょ。試合はしてませんがミラノがその“代わり”の可能性はあるか。
 なんだか、いろいろありそうだ。今後、注目。
 

 寝ます。
 明日、観戦記など付け加えるかも。


■関連リンク
ドラゴンドア(dragondoor)info blog
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。

 コメント返信遅れていてすいません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.21

お船ちゃん引退/NEWSクリップ

 え~っと、NEWSクリップはしばらく休んじゃってまして、ネタがかなり溜まってます。もう古くなったのも含めて。
 どっかで追いつかなきゃいけないだが・・・NOAHのちゃんとしたレポートも書きたいしなぁ。
 まぁ、時間が許す限り行ってみましょー。

c01
◆お船選手が引退を発表 
 [ KAIENTAI DOJO ]

 7月15日K-DOJO横浜文化体育館大会のリング上にて、お船選手が首の怪我を理由に引退することを発表しました。引退セレモニーの日時は決定次第、発表いたします。
 「首の怪我の為長期欠場させていただきましたが、お医者さんに治るまで、後どの位かかるか分からないと言われました。一年かかるか二年かかるか分からないとの事でした。この結果をお船chanなりに前向きに考えさせていただきました。それなら、この時間を新しい夢にチャレンジする時間にしたいなぁって思いまして、今回引退させていただくことになりました。」(お船)
 BLOGにもコメントあります。

お知らせ [ ハッピー GO LUCKY !! ]

 ケガでは仕方ない。お船ちゃん、レスラーとしては正直・・・な部分もありましたが、プロっぽさを感じさせる選手ではありました。ニラとのマイク合戦は最高でしたよ。
 引退式など、今後についてはまだ未定だそうです。

 ※あまのめぐみさん、情報ありがとうございます。


c02
秋山のWRESTLE-1 GP参戦が正式決定 
 [ スポーツナビ ]

 これは驚いた。

 WRESTLE-1(以下W-1)制作委員会の谷川貞治氏は、既にW-1参戦が決定しているボブ・サップとともに18日に行われたNOAH創立5周年記念の東京ドーム大会「DESTINY 2005」を観戦。その際、NOAH・三沢光晴社長に秋山のW-1参戦を打診したところ三沢社長が快諾し、また秋山本人も前向きな姿勢を見せたためW-1参戦が電撃決定した。
 まさかW-1にNOAHが関わるとは・・・。夢のカードが続々実現しそう。取りあえずは柴田あたりとやったら面白そうだなぁ。
 上井さんじゃなくてサダハルンバが交渉してるのがポイント? この交流は今後目が離せない。


c03
橋本真也さんのアルバム再発売 
 [ nikkansports.com ]

 急死したプロレスラー橋本真也さん(享年40)の幻のアルバムが26日に緊急発売されることが15日、発売元のキングレコードから発表された。
 93年1月に発表された「新日本プロレスV橋本真也最強伝説」で、橋本さんをイメージしたインスト盤。これまでに3万枚を売り上げたという。今回の報道で、橋本さんの入場テーマ曲「爆勝宣言」が数多く流れたこともあり、ファンからの問い合わせが殺到。再発売を決めた。
 これはインスト盤なんですね? 良かったァ~。橋本の歌声が復活してしまうのは、絶対本人は反対だろうからなぁ(笑)。


c04
「びっくりプロレス」10・15誕生 
 [ なにわWEB ]

 新プロレス興行「びっくりプロレス」が10月15日、大阪・岸和田市総合体育館で旗揚げされることが17日、明らかになった。大阪プロを2月で退団した松井幸則レフェリー(32)がプロデューサーとして、観客を「びっくり」させることをテーマに興行を開く。
 記念すべき1回目は、ドラゴンゲートのCIMAらブラッド・ジェネレーション勢、大阪プロを4月で退団したマグニチュード岸和田(元マグマ)菊タロー(初代えべっさん)高井憲悟(元ペロ)Gammaといった豪華メンバーの出場が内定。さらに今後はゼロワンMAXの村浜武洋、サプライズの大物「X」と出場交渉を行う。全5、6試合を予定している。
 大阪プロ離脱組が大阪でイベント開催・・・。
 デルフィンの胸中やいかに?


c05
この人もハードゲイ? 
 [ pya! ]

 [画像]ピチピチ。


c06
発表 
 [ 金ちゃんのドンとやってみようGT ]

 金原弘光さんBLOGより。 

 8月20日にロシアでリングスロシアの試合にでることになりました。相手はまだ知らないけど頑張ります。久しぶりのロシアだし、旧リングスルールだからちょっと楽しみ!
 これはもちろん、ロシアのリングス・エカテリンブルグ(リングスの殿堂)で開催される大会ですね。
 旧リングスルールってのも興味深い。相手は誰でしょ。


c07
家政婦は見た。 
 [ パイナップル華井の恥じて生きるより、熱く死ね!! ]

 みちのく・真夏のリーグ戦・「鉄人(てつんちゅう)」開幕。
 パイナップル華井さんが、各選手の傾向と対策を考てます。

 で、結果はコチラ。

2005年07月17日『鉄人開幕戦』岩手・矢巾町総合体育館(観衆768人) 
 [ みちのくプロレス | 試合結果 ]

 パイナップルさんはガルーダから勝利。さすが研究の成果出てます。
 その他、膝を痛めているGAINAがリタイア決定。ケガの大間まぐ狼に代わり「ダイナマイト東北」が出場(今シリーズから顔出しOKになったらしい)。
 この日はみちプロにしては多い全7試合、サスケ&人生は第1試合に登場。
 まだ先は長い・・・。


c08
ダイナマイト四国VSエスカルゴマン 
 [ フラッシュ&動画ファイルマン ]

 [動画]2人が素顔で闘っている?
 うまく音かぶせたなぁ。


c09
猪木「えへへ」 
 [ デイリースポーツonline ]

 すげぇ記事タイトル。
 なんだかX-なんたらってイベントをやるらしい。名前からして・・・。


c10
"666"は獣の数字に非ず - 新約聖書に新たな研究結果 
 [ X51.ORG : Occult News for Nerds, Truth is Out There. ]

 この度行われた新約聖書の研究によると、これまで"獣の数字"とされてきた666が、正確には616だったことが判明したとのこと。
 この獣の数字(Number of the beast)と呼ばれる"666"は、黙示録に記されるアンチ・キリストを指し示す象徴的な数字として、これまで神学者や宗教学者、果ては悪魔を礼賛するヘヴィ・メタル・ロックバンドなどに親しまれてきた数字である。

 しかし今回、かつてエジプトはオクシリンクスの遺跡から発見された、ギリシャ語による最古の(三世紀頃)ヨハネの黙示録の紙片を新たな写真技術で解析、研究した結果、実際には獣の数字は"616"と書かれていたことが明らかになったという。

 666でなく、616が正しい・・・。あの団体は名前変えるべきなんでしょうか?


 ネタ、いつもに比べると少ないな・・。

■PR
プロ格BLOGランキング参加中。押すと管理人喜ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アンディ・サワー、K-1MAX初優勝

 すっかり「高視聴率番組」として定着したK-1MAX、年間最大イベントである「世界一決定トーナメントファイナル」が行われた。お茶の間とお姉ちゃんお目当ては魔裟斗! しかし、1回戦勝利もケガでリタイア・・・。
 優勝は意外(?)な男。

 スポナビ等は午前3時以降のupですが、公式サイトは23時にupされてます。
 公式ページは必ずチェックですね! みんなも、この記事読んだあとに必ず見に行こう。

K-1 WORLD MAX 2005決勝戦
 [ FEG OFFICIAL WEB SITE ]

 [11=メ]決勝戦
 ○アンディ・サワー(延長2R判定 2-1)●ブアカーオ・ポー・プラムック
 優勝はアンディ・サワー! MAX誕生時には魔裟斗のライバル候補として真っ先に名前が挙がりながらも、なかなかチャンスに恵まれず苦しんでいた男。
 これまでのK-1試合結果はこちら。
 03.07.05 ● アルバート・クラウス(1R終了 TKO) ※世界一決定T1回戦
 03.11.18 ○ 村浜武洋(判定 2-0) ※ワンマッチ
 05.05.04 ○ マルフィオ“ザ・ウォーリヤー・タイガー”カノレッティ(判定 3-0) ※世界一決定T開幕戦
 3試合しかしていなかったのは意外。昨年はシュートボクシングに専念、何だか負傷者がいっぱい出たS-cupで優勝している。今回も準決勝で当たるはずだった魔裟斗が欠場、代打の安廣は出血TKO・・・。ちょっと南海権左的魔力も持っているようです。
 決勝戦、TVでは合計5R中1Rと延長2Rしか放送されず・・・。時間的に厳しかったのかもしれないが、ちょっと決勝がコレじゃ物足りない。
 1Rだけ見るとブアカーオが優勢に見えましたけどね。最終Rもマストシステムでなければドローが妥当・・・。ブアカーオはクリンチ多いし。
 ギリギリのスタミナだったのは分かりますが、どうせならもうちょっとインパクト欲しかった。
 まぁ、でもサワー優勝は良かったですよね。シュートボクサー系はK-1じゃほとんど勝ってませんから・・・。シーザーさんもお喜びのことでしょー。

 魔裟斗は残念。

[3]準々決勝
 ○魔裟斗(判定 3-0)●マイク・ザンビディス
 ※試合後、魔裟斗は左足首複雑骨折によりリタイア。
 お姉ちゃんとTV関係者の悲鳴が横浜アリーナに響いた。
 KIDに勝利したザンビディスから、きっちりダウンを奪い完勝。コンディションも良さそうだっただけに残念。
 足首複雑骨折となれば・・・長引くんじゃないですか。まだ状態は分かりませんが、普通なら大晦日も無理でしょ。こりゃ大変だ。

 他の試合。

 [1]スーパーファイト
 ○新田明臣(判定 3-0)●朴光哲

 [4]準々決勝
 ○アンディ・サワー(判定 2-0)●小比類巻貴之

 [5]準々決勝
 ○アルバート・クラウス(判定 3-0)●ジョン・ウェイン・パー

 [6]準々決勝
 ○ブアカーオ・ポー・プラムック(判定 2-0)●ジャダンバ・ナラントンガラク

 [7]スーパーファイト
 ○ラモン・デッカー(判定 3-0)●ドゥエイン・ラドウィック

 [8]準決勝
 ○サワー(1R2分24秒 ドクターストップ→TKO)●安廣一哉

 [9]準々決勝
 ○ブアカーオ(判定 3-0)●クラウス

 [10=セ]スーパーファイト
 ○ヴァージル・カラコダ(判定 2-0)●佐藤嘉洋

 試合内容では1回戦のアルバート・クラウスvsジョン・ウェイン・パーが一番良かったかな。
 小比類巻のTシャツはよくわからん。
 スーパーファイトでデッカー勝ってる! しかも相手ラドウィック、こりゃ次回はトーナメント出場だな・・・って来年歳イクツ?
 佐藤が負け。うーん・・・。

 全体的には・・・魔裟斗リタイアもあってイマイチだったかな。
 決勝も延長は1Rでいいような気がする。
 

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してま~す。クリックしてくれたら嬉しいかも

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2005.07.20

藤田和之、IWGP奪取 ベルトは橋本さんへ

 NOAH・ドームの裏で行われた大一番、チームジャパンの藤田に王座移動。またも天山は短命王者に終わった。

7月18日(月)札幌・月寒グリーンドーム  
 [ NJPW OFFICIAL WEB SITE ]

7.18 新日本/北海道・月寒グリーンドーム(3500人)

 3500・・・。昨年7月19日に月寒大会は5000人・満員(メインは藤田vs柴田)。
 新日本の切り札カードだろ・・・。

 [8=メ]IWGPヘビー級選手権
 ○藤田和之(13分59秒 ヒザ蹴り→片)●天山広吉
 ※挑戦者・藤田が王座奪取(43代)
  • 試合後、藤田は本部席に飾られた橋本選手の遺影に一礼し、IWGPのベルトを静かに置いていく。
  • 天山コメント「藤田の力は認める。でもあいつが顔色変えんと立ち上がってきたのには恐れいったわ。これからって時にいつもこうや、情けないです。俺が生きてる限り狙います」
  • サイモン社長「現在のベルトを封印して、新しいベルトを作ることを含め、今後どうするか藤田選手と話し合って決めたい」
  • チームJAPAN勢は宿舎まで10キロの道のりをマラソン。
 藤田勝ちました・・・。フィニッシュは膝蹴りか~。
 藤田はIWGPのベルトを橋本に返した。現在のベルトは1996年頃、橋本が最後にIWGPを巻いた時に新しくなったもの。正直、デザイン的に評判は悪かった。3代目のベルトを作るタイミングとしては良いかもしれない。

 藤田がベルトを巻いて今後はどうなる? 取りあえずはG1優勝者が挑戦する形となるでしょう。それよりも前に藤田がG1に出るのかも問題。
 大晦日以外でMMAじゃ出番が無さそうな藤田(猪木事務所所属が問題?)、ちょっと本気でプロレスに取り組んで頂きたい。そのつもりがあるのなら・・・G1に出場&巡業参加でファンの信頼獲得へ。
 私は新日本内のヒールとベビー、総とっかえなんて面白いと思うのだが。
 チームJAPANは人気出始めてる。蝶野もやっぱり指示される。CTUグッズは売上好調・・・。
 NOAH・ドームでアレだった棚橋は開き直ってヒールになる手もある。中邑はもともとソッチの素質充分あると思うし。天山もガーガー怒鳴るならヒールの方が・・・。
 まぁ、実際には無理でしょうけど。もはや日本プロレス界トップは完全にNOAHですから、ビクビクせずにいろいろやってみるのものアリなんですよ。挑戦者として攻めましょう。

 この日は猪木がやってきた。北海道方面はよく来るね。

 アントニオ猪木登場
 休憩時間にアントニオ猪木会長が登場し、7月11日に急逝した橋本真也選手への思いをリング上で語った。
 猪木:「橋本真也・・・ブッチ(猪木会長がつけた橋本選手の愛称)のあまりにも早い死に言葉をなくしています。人生太く短く・・・そんな生き方をしたブッチに、時間が経つにつれて涙より笑って送り出してやろうと感じました。
 デブで愛嬌があるブッチ・・・。いつまでも彼は俺達の心の中に生きています。
 ・・・元気ですかー! 1、2、3、ダァァーッ!!!!」
 猪木は「ブッチ」って呼んでたんですか。「ャー」ぐらい足してやってくれよ~。

 このシリーズの新日本は、橋本選手が亡くなって以来、全会場で追悼セレモニーを行っています。
 個人的には新日本が橋本を弔うことに抵抗あるんですが・・・親交のあった選手は多いだろうし・・・。

 他の試合。

 [7=セ]
 ○藤波、西村(11分8秒 後方回転エビ固め)●蝶野、ウォーターマン

 [5]IWGPJrヘビー級選手権
 ○タイガーマスク(15分54秒 タイガーSH)●ディック東郷
 ※王者・タイガーが防衛

 [4]IWGPJrタッグ選手権
 ○稔、洋央紀(23分51秒 逆十字固め)金本、●サムライ
 ※王者・稔組が防衛

 藤波が蝶野に勝った。あんまり張り切らず、G1は完走を目指して・・・。

 東郷が負けた。ジュニア王座のキューバ流出はならず・・・じゃなかった、何でもないです。
 元みちプロ対決ってことで、試合内容は期待できるかな?

 今日の試合はコチラなんですが
7月19日(火)旭川地場産業振興センター  [ NJPW ]
 棚橋が出ていないのが気になる。最初から入ってなかったんでしょうか?
  

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

 なんか、この記事はまとまらなかった。いつもか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.07.19

橋本真也、最後の対戦相手は長州小力だった!

 今日、21時からテレビ朝日系列で放送された人気番組「ロンドンハーツ」。この番組に橋本真也が出演していた。
 収録日は6月22日。おそらく映像として残る最後の姿でしょう。
 その内容は・・・。

ロンドンハーツ

r01
 若手芸人に女性仕掛け人を近づけメール交換をさせる。そのメールの内容を公開していき皆で笑う。この番組お得意の企画。
 最後にはド派手豪なネタバラシがオキマリ。
 ・・・って、あまり私は見たことないですが。まぁ、ドッキリ系ですな。

r03
 今回は長州小力が犠牲となった。
 スペシャルなオシオキとは?

r04
 ネタバラシの場所は渋谷クラブアトム、小力が所属する西口プロレスの会場。
 西口の試合も1分弱流れた。
 ゴールデン進出~。

 

r06
 試合には負けた小力。でもパラパラは踊る。
 楽しそう。
 まだ、このあと何が起きるかは知らない。

r07
 パラパラが終わると場内暗転。
 そこに「爆勝宣言」が響く!

r08
 現れたのはロンドンブーツ1号2号のアツシ。橋本コス。
 メール交換していた女性が仕掛け人であることをバラス。
 恥ずかしい内容のメールをビジョンで公開。

 更に「小力を叱ってもらおうと、もう一人呼んであります」とアツシ。
 「爆勝宣言」がもう一度鳴る。

r11
 橋本登場! 
 テロップが悲しい。
 頭にいつもの白いハチマキ。白Tシャツに太いベルト(腰の矯正用?)、下はジーパンかな?

r12
 ビビリまくる小力へ
 橋本「ちょっと(長州のモノマネを)やってみろ、俺を呼んでるらしいじゃないか」 

r14
 小力「ハシモト・・・さん」
 笑う橋本。
 アツシ「“さん”はいらないよ!」
 小力「だって・・・絶対強い・・・」

r16
 皆に励まされ、気合いを入れる。
 小力「ソレがお前のヤリカタか!」
 橋本、真剣な顔で「来いよ、長州! 来いよ!」
 腰が引ける小力。

r19
 会場の小力コールに意を決し、橋本へチョップを放つ小力!
 当然、橋本は微動だにしない。
 橋本「もっと来てみろ」
 もう一発チョップ。
 橋本「もっと腰入れろ!」
 小力が3発目を放つと・・・。

r20
 袈裟斬りチョップが飛んできた!
 結構、キツソウ。
 もんどり打って倒れる小力。
 何度もリプレイされる。

r22
 橋本は倒れた小力にのし掛かるような形でスリーパーへ。
 グイグイ絞る。

r23
 マイクを向けられ
 小力「本物スゲェ・・・」
 やっと技を解く。

r24
 橋本「似てるんだよ長州に」
 小力はスリーパーで悶絶。

r25
 CM挟んで。
 橋本から小力にお願いが・・・。

r26
 橋本「俺のモノマネをやってくれ」

r27
 橋本「太ってるから似てるかなって(笑)」
 小力「橋本さんにも似てるって言われます」
 小力、直筆サイン入りハチマキを渡され喜ぶ。
 アツシ「これからは長州さんと橋本さんのモノマネやるってことね?」
 小力「西口プロレスでやります」

r30
 終了。

r31
 画面にテロップ大写し。
 「当番組では放送の中止も検討しましたが、橋本さんの所属事務所、関係者の方々と協議した結果、何より橋本真也さんご本人がこの放送を楽しみにしていたとの声を頂戴したので、私たちスタッフは橋本さんのご供養になればとの意味も込めて、放送させていただくことにしました。
 橋本さんのご冥福を心よりお祈りいたします
 ロンドンハーツスタッフ一同」

r33
 橋本名勝負が次々に流れる。
 小川のSTOを切り返したDDTは、何度見てもイイなぁ。

r34
 「ありがとう橋本真也」で終了。

 と言うわけで、橋本が最後に闘った相手は長州小力、最後に上がったリングは西口プロレスということになってしまった(もちろん公式じゃないですよ)。
 もし亡くなっていなかったとしても、久しぶりのTV登場&小力との遭遇ですから、かなり話題になっていたでしょうね。
 大きな大きな課題を背負わされた小力・・・ムチャクチャ辛いだろうが、それでもやるしかないでしょ。
 「橋本真也パラパラ」、披露してくれ!
 
 長州ネタだけじゃマンネリになるだろうって、橋本も心配してるんだよ(笑)。
 西口とは言わずデカイ舞台で。

■関連リンク
BROAD BAND OFFICIAL SITE:西口プロレス
■PR
プロ格BLOGランキング参加中。押すと管理人喜ぶ

 相変わらずキャプがショボくてすいません。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005.07.18

速報:NOAH・東京ドーム大会

※7月23日に8つの記事を1つにまとめました。コメントも移動しています。
ノア「DESTINY 2005」  
 [ スポーツナビ|格闘技|速報 ]

7.18 NOAH/東京ドーム(62000人・超満員)

 速報開始します。
 2時半からムシキングのイベントあり。
 リングで博士らがムシキングサンバを踊る。
 私の席(レフトポール近く)の隣ブロックがムシキング応援シート、子供喜ぶ。でもリングは遠いだろうなぁ。
 入場ゲートはお世辞にも豪華とは言えない。花道はスロープ型、リング直結ではない。
 グラウンド内のイス数が多い。
 2階スタンドはやや空席あるが1階スタンド、グラウンドは満杯。一部外野スタンドにも人を入れている。
 前回の新日本ドームの3倍は入ってるな(笑)

 3時キッカリに開始。すぐ第1試合選手入場。

[1]杉浦&SUWA&青柳vs菊地&百田&中嶋勝彦
 中嶋、ベテラン二人を置き去りにして花道ダッシュ、凄い人気。
 やっぱり注目は中嶋、捕まる場面もあったがインパクト残せた。

○SUWA(9分32秒 FFF→体)●菊地

[2]ヨネ&森嶋vs本田&潮崎
 明らかに短いタイムを意識した最初から飛ばしっぱなしの試合。
 でも内容は良かった。シオザキもムーンサルト等でミセバ作った。

○ヨネ(8分26秒 キン肉バスター→片)●潮崎

[3]田上&佐野&泉田&永源vs斎藤&越中&井上&川畑
 田上がケツやったのがオモロかったぐらい。

 ○井上(11分56秒 首固め)●泉田

 試合途中、ムシキング応援シートにムシ着ぐるみがやってきたら、試合そっちのけで即席サイン会が始まってしまう(笑)

[4]ムシキング・テリーvsブラックマスク
 試合前、ここまでの流れをお姉さんのナレーションで紹介。
 博士に呼び込まれテリー登場。
 続いてブラック博士に呼び込まれ、ムシキングジョーカー入場。これが正式名称?
 テリーと色違いで似たようなコス。
 子供は必死の応援。他の客はちょっと引いてる?
 ジョーカーは動きいいんだけど、もうちょっと悪いことした方がいいような。

○ムシキング(7分59秒 ミストクラッシュ)●ジョーカー

 気がつくと、外野スタンドもだいぶ埋まってきた。

[5]GHCJrヘビー級C:金丸vsKENTA
 ここまでの試合と違いジックリとした攻めが多くなる。
 中盤は金丸が優勢。
 後半、切り返しの連続からタイガースープレックスをKENTAが決めたあたりから、異様な盛り上がりとなる。
 パワーボム3パターン、雪崩式キークラッシャー(?)を決めたKENTAが一気にスパート。
 ブサイク、ゴートゥーヘルスリープ、ブサイクと畳み掛け…。

 ○KENTA(20分31秒 ブサイクへの膝蹴り→エビ)●金丸

[6]GHCタッグC:鈴木み&丸藤vs秋山&橋
 気合い入りまくりの橋、序盤から場外ダイビングヘッド。
 しかし、場外への回転エビを食らったあたりから動きが止まる。
 鈴木の張り手に意識朦朧。
 秋山が必死にサポートするが(途中の鈴木との張り手合戦は凄まじかった)、橋はいいところが少ない。耐えるのがやっと。
 連携でも鈴木組が上回った。

○丸藤(24分55秒 雪崩式不知火→片)●橋

 最後のシラヌイはバッと広がりながら回転する様が遠くからみて綺麗だった。

[7]GHCヘビー級C:力皇vs棚橋
 この試合前に多くの客がトイレへ!
 棚橋は新日本の旗をまとって入場。ブーイングも聞こえる。

 力皇はドラゴンスリーパー、ダイビングボディアタックを見せる。
 中盤、棚橋がドラゴンロケット…力皇を飛び越して鉄柵に腹から刺さる。痛そう。それでも合計3発のトペをだす。
 棚橋優勢だが…噛み合わないシーンがあったりでイマイチ。
 ラリアットから力皇逆転。
 張り手を振り回す。
 最後はアッサリ、無双一発。

○力皇(17分11秒 無双→片)●棚橋

 新日本のエース候補がこれじゃなぁ…。
 まぁ、やりなれない相手は難しいんだろうけど。

[8]小川良成vs天龍源一郎
 この試合から前VTRあり。
 天龍のセコンドにマグナムTOKYO。
 ここでもトイレ行く人多い。まぁ休憩ないのを皆確信したんでしょう。

 小川のコワザと天龍のゴツゴツ技がぶつかる。WARスペシャルの交換あったり。
 最後は53歳からアッサリと。

○天龍(10分27秒 ラリアット→体)●小川

 途中までは良かったんだけどね。
 最後は二人で退場。

[9=セ]小橋建太vs佐々木健介
 凄い歓声。ドームが揺れる。
 北斗はベンチ前。

 チョップ合戦から健介がヘッドロック、小橋が高速バックドロップ!
 小橋ブランチャ、健介もブランチャ、雪崩式フランケンも放つ。
 中盤から壮絶なチョップ合戦が始まる。
 2・3分の間(もっと長いか?)チョップを打ち合う。ただ打ち合う。凄い。
 小橋が打ち勝ってコーナーに押し込みチョップ連打、体勢入れ換え健介がお返しのチョップ連打、小橋がまた返す。
 向き合ってまたチョップ合戦、永遠に続くのか・・・。

 健介、場外で北斗ボム。小橋、危ない角度のハーフネルソン。
 終盤、ラリアット打ち合いから小橋スパート。
 スリーパースープレックス、ムーンサルト、健介2で返す。
 他にもいろいろあったが書ききれん。

 ○小橋(23分38秒 ラリアット→体)●健介

 健介マイク『小橋ありがとう』
 あとは聞き取れなかった、

 重低音ストンピング復活、ドームが揺れた名勝負。

[10=メ]三沢光晴vs川田利明
 静かな展開からスタート。
 インパクトあった技を並べて行きます。
 三沢、マット無しの場外でタイガードライバー。リングに戻っても川田フラフラ、コーナー振られても腰から崩れる(笑)
 川田、顎に強烈なジャンピングハイキック。
 13分、川田、花道でパワーボム。
 16分、エルボー合戦。
 川田が連続ジャーマンも三沢はすぐ立ち上がる。
 そのあとジャンピングハイキック、またもや強烈。
 21分、川田が超高角度のパワーボム! ってかパイル?
 三沢の反撃、ジャーマン、エメラルドフロウジョン、ややスッポヌケぎみながらもタイガードライバー91(でいいんでしたっけ?)も放つ。
 最後はエルボー連打、フラフラで耐える川田だが最後は膝から崩れ…。

○三沢(27分4秒 エルボー→片)●川田

 川田マイク『三沢さん、あえて握手はしません』
 他は聞き取れず…。
 『これが最後にはできなくなりました』
 『いつまでも強い先輩でいてください』
 ってな感じ。


 セミの方が分かりやすいし受けはいいでしょうね。小橋・健介のいい意味での馬鹿っぷりにはあきれちゃいました。
 メインも四天王プロレス特有のセツナサが漂って悪くはなかったと思います。たぶん。
 進行は良かったけど、休憩無しは辛いなぁ。
 携帯の電池がないので感想は明日。

■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR

PRO-WRESTRING NOAH DESTINY2005 7.18東京ドーム大会 全試合収録版
B000A0H54Yプロレス

バップ 2005-08-24
売り上げランキング : 534


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (8) | トラックバック (4)

明日はNOAH・東京ドーム大会を会場から速報します

 ってことでドーム行きますよ。
 携帯からチマチマと速報。簡単に。

 全カードはこちら。
"DESTINY 2005" 東京ドーム 全戦カード 
 [ PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE ]

 3時開始です。

 楽しみは・・・小橋vs健介かなぁー。
 正直、訃報が大きすぎて、それほど話題になってない・・・。
 NOAHの底力見せて欲しいもんです。

 申し訳ありませんが、ドーム大会速報に関するトラックバックは、最後の記事にまとめてお願いします。
 寝よ。

■PR

PRO-WRESTRING NOAH DESTINY2005 7.18東京ドーム大会 全試合収録版
B000A0H54Yプロレス

バップ 2005-08-24
売り上げランキング : 534


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インリン様、M字を返され川田に敗戦・・・?

 ついに直接対決となった川田とインリン、小川のいないメインで何が起こった?
 金~日と忙しかったんでPPVは見てません・・・。

ハッスル11  
 [ スポーツナビ|格闘技|速報 ]

7.15 ハッスル11/大阪府立体育会館(6398人・超満員)

 6000人越えってホンマかいな。まぁ、橋本効果もあったんでしょうが・・・。
 メインから。

 [7=メ]3-2ハンディマッチ
 ○川田利明、大谷晋二郎(6分3秒 エビ固め)●インリン様、FUJIN、RAIJIN
  • 試合直前、笹原GMより「インリンの鞭は身体の一部とみなし、使用しても反則とは見做さない」と説明がある。
  • M字を切り返し、川田がフォール勝ち。
  • 試合後、高田総統登場して・・・
  • 総統「甘いな、川田。インリンの鞭は身体の一部だと笹原GMは言ったな? ロープを見ろ! インリンの鞭が絡まっている。よって、これはロープブレイクだ。したがって、ノーコンテストだ」。
  • 正式に試合はノーコンテストとなる。
  • 小川「おい高田! お前には借りがあるんだ。リングに上がって勝負しろ。いつも偉そうなこと言ってるが、もしかしてお前、実はプロレスが怖いんじゃねえか? じつはお前こそ、一番しょっぱいんじゃねえのか?」
  • 総統。「そんなにこの私と試合がしたいのなら……誰が試合に出るか決めるがいい。そして、覚悟するがいい。おっと、自家用ジェットでブエノスアイレスへ飛ばねばならない。バッドラック。」
  • 小川・川田・大谷が「ハッスル、ハッスル、橋本!お前もハッスルするんだぞ!」
 またムチャな展開ですねw
 「ムチでロープブレイク」って言うけど、インリン様の手からは離れていたんでしょ? そりゃ身体の一部でもダメっぽいが・・・。髪の毛をむしってロープに結んでおけばブレイクになるのか・・・って俺のツッコミもムチャすぎるなw
 試合後にロープブレイク発覚で裁定が覆る展開は、アメプロでたまにあるパターン。クリス・ベノワのWCW王座奪取が幻となった時もコレ。この直後、ベノワはWCWを辞めてしまうが・・・インリン様はヨソ行かないでネ・・・って他で使うか? あ、結構使いそう。

 試合後には高田総統が注目の発言! いよいよ試合か・・・しかし「誰が試合に出るか決めるがいい」と言ってだけで、「試合をやる」とは一言も・・・。でもハッスルマニアではやるんだろうなぁ。どんな感じで焦らしてくれるか、お手並み拝見。

 総統vs川田の可能性もアリ? でもインリンも黙ってないだろ。やっぱり「総統vs小川・川田vsインリン」がハッスルマニアの中心線でしょ。


 [6=セ]○キング・ギラファ、ブルーノ・ヘラクレス(4分16秒 ショルダータックル→エビ)●小川直也、安田忠夫
  • 試合中、アンジョー&島田が札束で安田を誘惑。
  • 試合終盤(って言っても4分ですが)、パイプイスを持ち出した安田は小川を一撃。あっさり裏切る。
  • 小川は流血。
 安田は1試合で裏切った・・・。ゲンナマには弱いのね~。

 この大会、ハッスル・ナンバーシリーズ11回目にして小川が初めてメインから外れた。これまで「小川の試合が良ければ締まるのに・・・」という意見が多かったハッスルですから、この形で興行全体がどんな雰囲気になったのかは気になります。


 [3]○鬼蜘蛛、ザ・モンスター℃(8分27秒 ローリング蜘レイドル)坂田亘、●マーク・コールマン
 
  • 道ばたで酔いつぶれたコールマンを見つけた坂田、「クビになったぐらいで泣くなよ」とコールマンを介抱。そのままタッグ結成。
  • コールマンは酔っぱらったまま試合へ。
 坂田とコールマン組みましたか・・・。村浜はHERO'S行ったんでナシになっちゃったんですかね。
 コールマンも鬼蜘蛛に負けるとさすがに寂しいなぁ・・・。
 坂田は今宵も試合後に公開ナンパ。
 そう言えば、ブラックアイの情報クレクレ掲示板に、福岡で坂田にナンパされた方から書き込みあったのにはビックリでした。


 [1]ハッスル仮面レッド、ブルー、○イエロー(9分5秒 フライング・カレードロップ→体)ダーク・フォン・マエストロ・アイン、●ツバイ、KIDATAロー
  • KIDATAローが入場すると、後ろからキダ・タロー本人登場。
  • ビックリのKIDATAロー、肩を組み一緒に入場。
 本人さん登場ですよ~。ビックリのリアクションが大きすぎ。モノマネ番組並みだー。
 KIDATAローはやっぱりローキックが得意だったらしい。それだけ・・・。


■関連リンク
ハッスル オフィシャル ウェブサイト
■PR
ハッスル関連DVD
ハッスル・小川直也、DVDほか紹介

| | コメント (0) | トラックバック (2)

橋本真也さん告別式に2万人参列

 橋本真也さんのお通夜・告別式が行われました。

橋本さん通夜に500人が参列 [ nikkansports.com ]
告別式に参列の2万人が最後の別れ [ スポーツナビ ]

 橋本さんの棺には、母校の安達学園中京高等学校の生徒たちから送られた寄せ書きと闘魂Tシャツがかけられた。出棺の際には、「闘魂三銃士」の盟友であった蝶野正洋、武藤敬司をはじめ、親代わりだった坂口氏、藤波辰爾、獣神サンダーライガー、天山広吉、中西学、荒川眞(ドン荒川)らが棺に手を添え、霊柩車に乗せた。
 橋本さんのテーマ曲であった「爆勝宣言」が流れ、司会者から「破壊なくして創造なし。183センチ、135キロ、橋本真也ーっ!」と最後のコールがされると、ファンは霊柩車に向けて1000本の赤い紙テープを投げ込み、盛大な「ハッシモト」コール。遺影を抱いた妹の真生さん、位牌を持った長男の大地君ら家族と選手、ファン、関係者に見送られ、橋本さんは遠くへと旅立った。
 2万人は凄いですね・・・。昨日は30度越えの猛暑、参列された方も大変だったでしょう。

 告別式に参列されたレスラー・関係者等を並べてみます(敬称略)。

 小川直也、川田利明、武藤敬司、小島聡、高田延彦、上井文彦、前田日明、田村潔司、坂口憲二、杉本彩、パパイヤ鈴木、勝俣州和、セイン・カミュ、KONISHIKI、堀江崇文(ライブドア社長)、三浦大輔(横浜ベイスターズ)、ドン荒川、佐々木健介、北斗晶、草間政一、三沢光晴、小橋建太、神取忍、大仁田厚、角田信朗、グレート小鹿、鈴木みのる、佐野巧真、榊原信行、谷川貞治、坂口征二、長州力、高阪剛、馳浩、天山・中西ら新日本プロレス勢(前日の青森大会からバスで乗り付ける)、大谷らZERO1-MAXほぼ選手全員、中村祥之。
 アントニオ猪木は飛行機の都合で葬儀には間に合わなかった
 これ以外にもまだまだいるでしょう。

 ベイスターズの三浦投手は、13日に完封したウイニング・ボールを棺に納めたそうです。

 この人のコメントに注目。
 興行を中止した草間氏ざんげ [ デイリースポーツonline ]

 「蝶野さん、武藤さんとは話したが、橋本さんと会って話す機会がなかった。中止せざるを得ない事情はあったが、まさかこういうことになるとは…。今にして思えば、やらしてあげたかった」
 「今更なんだよ!」ってな声が多いでしょう。まぁ・・・草間さんの肩を持つわけではありませんが、ちょっとかわいそ。あまりに突然なだけに、どこかへ怒りをぶつけるとしたら・・・草間さんに矛先が行ってしまう。普通の神経な人なら耐えられないでしょ。でも草間さんなら大丈夫かな(笑)。

 順番が違いますが、一昨日の全日本・後楽園ホール大会では、橋本・追悼試合が急遽行われています。
涙のDDT武藤「橋本、天国で…」/全日 [ nikkansports.com ]

7.15 全日本/後楽園ホール(1500人)
・メイン終了後、武藤「橋本がさ、死んじゃったよ…。健介! 小島! 嵐! 追悼試合やろう」
 
 武藤&小島(10分時間切れ 引き分け)△嵐&健介

 ・満員の観衆とテンカウントを聞くと、LOVEポーズの指を3秒間口づけして、橋本さんの写真に向けた。「爆勝宣言」が大音量で流されると、その指をゆっくりと天に向かって突き上げた。「天国で新しい団体つくって待ってろよ橋本! オレがそっち行った時はよ、絶対、絶対オレをエースで迎えろよ橋本!」。

 武藤はケサ斬りチョップ、DDT、三角絞め・・・橋本の得意技を次々に繰り出した。
 「俺をエースで迎えろよ」って台詞には橋本も笑ってるだろうなぁ。武藤らしさ爆発。

 これからしばらくは追悼関係の話題が多くなってくるでしょうね。様々な団体が協力するんでしょうが・・・あんまり揉めずに、とにかく橋本が喜ぶ形で華やかにやりましょう。


■関連リンク
ハッスル オフィシャル ウェブサイト
NJPW OFFICIAL WEB SITE
PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site プロレスリング ゼロワン マックス
■PR
プロ格BLOGランキング参加中。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PRIDEミドル級GP決勝、組み合わせ決定

PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦 カード決定! 
 [ PRIDE OFFICIAL WEBSITE ]

 今日行われた「PRIDE武士道・其の八」で、ミドル級GP・準決勝以降の組み合わせが決定。

8.28 PRIDE/さいたまスーパーアリーナ
・GP準決勝
 ヴァンダレイ・シウバvsヒカルド・アローナ
 マウリシオ・ショーグンvsアリスター・オーフレイム

・既報カード
 エメリヤーエンコ・ヒョードルvsミルコ・クロコップ

 ファン・アンケートでは「シウバvsオーフレイム」が1位だったようですが。シウバ戦を熱望していたアローナの希望が通ったということですか?

 シウバのコメント。

 私は、いつも桜庭が言うように、ファンの皆さんに喜んでもらえる試合をすることが一番大切だと思っている。われわれシュートボクセは桜庭をとても尊敬しているし、だから今回、本当のプロフェッショナルな試合というものをアローナに教えてやろうと思う。
 シウバがその理由を代弁してくれてる。どうやってでもアローナに決勝は任せられない・・・ですか?
 シウバが勝てば、ショーグンでもオーフレイムでもイイ試合になりそう。
 当然、優勝候補はシウバ。決勝でシュートボクセ対決は実現するか?

 もう一つニュース。
PRIDE武士道グランプリ開催決定! [ PRIDE OFFICIAL WEBSITE ]

 武士道~其の八~にて9月25日有明コロシアムでのPRIDE武士道グランプリ開催が発表された。
 PRIDE武士道グランプリはウェルター級とライト級の2階級、量階級共に8人トーナメントで、9月25日の大会では準決勝までが行われる。
 決勝戦も年内中に行われる予定。
 噂通り武士道GP開催決定。
 1大会で1回戦&準決勝×2ですか? 12試合・・・。まぁ、今日も11試合やってますが。
 参加メンバー発表が待たれます。

 今日の武士道は、主催者側の要請でスポナビ等は午前3時up。
 速報をされていたBurningSpirit(バーニングスピリット)さんから結果だけ紹介。

7.17 PRIDE武士道・其の八/名古屋レインボーホール
 [1]○ジョシュ・トムソン(ヒザ十字)●杉江“アマゾン”大輔
 [2]○デニス・カーン(判定)●アンドレイ・シモノフ
 [3]○マーカス・アウレリオ(判定)●中尾受太郎
 [4]○大久保一樹(腕十字)●村田龍一
 [5]○ジェームス・トンプソン(パンチ→KO)●戦闘竜
 [6]○ヨアキム・ハンセン(1R 膝蹴り→KO)●今成正和
 [7]○ダニエル・アカーシオ(判定)●三崎和雄
 [8]○川尻達也(判定)●ルイス・ブスカベ
 [9]○美濃輪育久(アキレス腱固め)●キモ
 [10]○フィル・バローニ(1R パンチ→KO)●長南亮
 [11]○五味隆典(判定)●ジーン・シウバ
 また五味は連勝を延ばした。その五味を狙う川尻も強豪・ブスカベ相手にシッカリ勝ってる。
 美濃輪も勝ってるナァ。キモはやっぱりレトロと化してしまったのか?
 詳しくは、明日以降・・・?


■関連リンク
PRIDE OFFICIAL WEBSITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月10日 - 2005年7月16日 | トップページ | 2005年7月24日 - 2005年7月30日 »