« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月8日 - 2005年5月14日 »

2005.05.07

5・14 新日本ドーム、全カード発表

NJPWカード情報

 新日本・ドームの全カードが決定。・・・何だこりゃ。

5/14 新日本・東京ドーム
 [試合前]公開トライアウト 17:15~17:45

 [1]★西村修&吉江豊vs真壁刀義&矢野通
 [2]★鈴木みのるvsアレクサンダー大塚
 [3]IWGPJrタッグ選手権:金本浩二&井上亘vs稔&後藤洋央紀
 [4]IWGPJrヘビー級選手権:タイガーマスクvsブラック・タイガー
 [5]永田裕志vs高阪剛
 [6]★武藤敬司<全日本プロレス>vsロン・ウォーターマン
 [6]IWGPタッグ選手権:中邑真輔&棚橋弘至vs中西学&K・カシン
 [7=Wメ]IWGPヘビー級選手権:小島聡<全日本プロレス>vs天山広吉
 [8=Wメ]藤波辰爾&三沢光晴<NOAH>vs蝶野正洋&獣神Tライガー

 ★印は今回追加発表されたカード

 えーっと、どこから突っ込むかな。

 「ダブルメイン」と銘打たれていますが、IWGPは事実上セミファイナルとなりました。チャンカン3位vsNJC3位のタイトルマッチとはいえ、これまでの流れの集大成なんだからメインが当然でしょ~。これで前回と同じようなロングタイムマッチはなくなったかも。 

 三沢の試合がメイン! 21世紀に藤波がドームのメインに立つ日が来るとは想像できませんでした。もちろんライガーも。これ、メイン向きのカードじゃないでしょ。
 何か理由がある? 例えば、「地上波生中継が決定→日テレの都合で三沢の試合が流せない→中継上はセミをメインとする」とか。でも、今回は6時開始だし、ゴールデン生中継ってのは考えられない。PPVの関係ってこともないだろうし。なんだろなぁ~、本気でコレでいいと思ってるんでしょうか。せめてライガーと武藤をとっかえて欲しい。

 その武藤は蝶野の要請を受けてロン・ウォーターマンと対戦。H2Oマンは、コレが1・4アルティメット・ロワイヤル優勝のご褒美だそうです(当初はIWGP挑戦権が与えられるはずだった)。
 これってもしかして・・・バーリトゥード・ルールですか? 武藤vsオタービオの再現ですかぁあ! って、そんなはずは無い。ウォーターマンは普通にプロレスやってますからね。意外と面白くなるかもしれない。でも、武藤の使い方がコレでいいわけない。

 前座にも注目カードが! 鈴木みのるvsアレク! なんで今アレク!
 いや、面白い組み合わせだと思うんですが、突然ドームで組む必要はないでしょ~。後楽園とかでやった方が伝わるはず。
 一応、アレクvsパンクラスって煽りなんだろうか? 
PRIDE.20・アレクvs菊田:スポーツナビ|格闘技速報
 いや~違うだろうなぁ。鈴木がアレクにどんな感情持ってるかは分かりませんけど。
 菊田戦と同じようにソラールをセコンドに着けてはどうでしょう(笑)。まぁ、アレクも復活へ向けて命がけで乗り込んでくるでしょうから、あまり茶化すのもよくないか。あの栄光をもう一度・・・。 

 今回のドームは珍しく早めにカード発表されていたことが裏目に出てしまっているような。IWGPタッグのメンバーをバラケさすだけでも全然違うだろうに。そう言えば藤田も出ないんだなぁ。

 あ、あと橋本真也も登場するようですね。三銃士が全員揃うってのは楽しみ。そこで新たな展開が生まれる? 棚橋・中邑が喧嘩売ったりするかな・・・。  

 一番の注目は・・・公開トライアウトってことでw


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

※HIPOさん、情報ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005.05.05

5・5 ZERO1-MAX・後楽園、速報

スポーツナビ|格闘技|速報
5/5 ZERO1-MAX・後楽園ホール(1500人)、結果

 速報開始します。
 昼間のNEOが押したらしく、15分遅れで開始。
 ちなみにネオの騒音ババアは下田美馬だったそうで。布団叩きに音が出てないラジカセで登場。かなりグダグダだったらしい。

 試合前にアメージング・コングが現れ本部席に座る。

 入りは大健闘。8〜9割りは埋まった。立ち見は売ってないからいないけど。
 ※追記:でも満員マーク着かないんだね~。

【1】テングカイザーvs藤田ミノル

 なぜかテングは気合いはいりまくり。

 ○テング(8分28秒 ファイャーサンダー→体)●藤田

 試合後、テングは藤田にマスクを剥がさせる。中身はもちろん『神風』。今後は素顔でやっていくらしい。


【2】01認定US無差別級選手権:レオナルド・スパンキーvsジェイソン・ザ・レジェンド

 スパンキーのセコンドにハヤシ。
 試合はダメダメ。

 ○スパンキー(4分31秒 オーバー・ザ・トップロープ)●ジェイソン

 オーバー~のルール説明&それを匂わすムーブをもっと徹底しないと伝わらない。かなり唐突に終わった。


【3】崔領二vs小笠原和彦

 崔が圧倒。小笠原はまったくいいところ無し。
 やっぱり崔は良くなってるのかなぁ。場外に小笠原が落ちると、サードロープを蹴り飛ばしリングに上げない。それでZERO1ファンはオラオラ状態。
 とにかく会場はドッカンドッカン凄い盛り上がり。今更抗争とするには無理ある顔合わせと思うが、異種格闘技戦って雰囲気を作り出せたのは立派。

○崔(5分42秒 逆エビ固め)●小笠原

 最後はハイキック掴んで前田vsゴルドーチック。
 試合後、両軍入り乱れ乱闘。
 松崎(空手側)は『次は青柳を連れてくる』とマイク。パイオニアの繋がりか?
 松崎の他にもう一人空手家がいたのだが(名前不明)、おそるおそる乱闘に加わってる感じで笑えた。何やっていいのか分からないんだろうなぁ。
 小笠原はまったく見せ場なかった。これで抗争続けるのは無理ある。それとも小笠原さん抜きでやる?


【4】大森隆男&田中将斗vs佐藤耕平&不動力也

 大森さんのらしさが爆発でそれなりに面白かった。
 大森ダイビングニーのあと、逆コーナーでスーパーフライを準備する田中を忘れてフォールへ(笑)
マジボケだからなぁ。
 不動はめちゃめちゃヒドイってことはないが、まだまだダメ。
 耕平は見せ場作って良い感じ。

○大森(12分54秒 アックスボンバー→片)●不動


 この試合後、佐山聡登場。リアル・ジャパンプロレス旗揚げの対戦相手に大谷を指名。
 大谷も上がって握手、凄い人気。桜木もいた。

 休憩。
 今日はかなり進行が速い。ヨイヨイ。

 休憩明け、本部席にいたアメコンがディファカップに出せと暴れだす。
 沖田リングアナは参戦を約束…ホント? ワンマッチかな。


【5】中嶋勝彦&村浜武洋vs佐々木義人&浪口修

 中嶋が凄い!凄い!凄い! 蹴りの威力が相変わらず尋常じゃない。一発撃つたびに「バコッ」っと爆発音がホールに響く。浪口をボコボコ。
 ジャーマンはこれまでと違う超高角度。
 浪口は健闘したけど、それだけだなぁ。
 中嶋は04年1月デビュー。浪口は03年11月デビュー。同期と言っていい2人は04年2月のZERO-ONE・後楽園ホール大会で対戦している。
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: 炎武連夢仲間割れ
 まだそれほど体格差のなかった2人は、意識しまくってぶつかり合った。「将来、ライバルになるのだろうなぁ」と思わせる内容だったと記憶している。しかし、15ヶ月後の対戦では明らかに差ができていた。中嶋は体も大きくなった。
 これまでの浪口はウケップリの良さと試合終盤の丸め込みで観客を沸かしていた。試合を見れば感じるモノあるし、私は評価していたんですが、もちろんそれは「デビュー約2年の若手」という括りがあってこそ。ほぼ同期の中嶋につけられた差を体感したことをキッカケに、今後のスタイルや試合への姿勢を変えるべきなのかもしれない。

 試合に戻ります。
 村浜は一人冷静。大阪の頃からこんな感じだったですよね? まぁ、それが村浜のカラーなんでしょう。

○村浜(13分13秒 ブレーンバスター→片)●浪口

 ディファカップは中嶋が主役になる、と断言します。それぐらいのインパクト。
 でも1回戦はシーサー&エンペラーか~。準決勝進出は微妙だなぁ。NOAH勢と当てたいなぁ。タイプの似ているKENTAよりは、杉浦の方が面白いかも。ZERO1なら高岩とシングルとか。
 ちょっと中嶋は後半スタミナがキツソウだった。スタミナってよりダメージかもしれないけど。もしかしたら、体が大きくなった分スタミナがついてきてないってこともある?


【6】大谷晋二郎&高岩竜一&日高郁人vsタイガー・エンペラー&スペル・シーサー&サンジェイ・ダット

 シーサーが捕まる展開が目立つ。高岩は相変わらずのハードな攻め。
 大谷はいつも以上に楽しげに戦ってる。
 場外ダイブ連発やシーサーの2人同時を極める卍等で沸く場面はあったが、全体的にはZERO1側が格の差を見せ付けた。
 シーサーは初顔相手だと使いにくい技が多いからなぁ。
 エンペラーは素顔の時に使う技はセーブしてるみたい。それが若干の物足りなさになってるのかなぁ。
 そう言えば佐山さんが来てたんだから、ちょっと絡んで欲しかったような。

 ○日高(21分8秒 ショーンキャプチャー)●サンジェイ

 私の後ろの客が「日高、ショーンキャプチャーだ!」って一生懸命叫んでたんだけど、技が決まると「あ、ショーンキャプチャーって膝十字なんだ」ってビックリしてた(笑)。


 試合後にディファカップ出場チームがリングへ。但し丸藤&KENTA、佐々木貴&GENTAROは欠席。
 それぞれがマイクでアピールするがグタグダ(笑)
 TAKAのマイク中にサイコがリングを通りすぎたのが面白かったぐらい。
 藤田の締めも噛みまくり。まぁ、ソレがネタになってて笑えたけど。

 今日はとにかく観客のノリが抜群。最初から最後まで盛り上がってた。
 約2時間という興行時間もヨイ。

 終了です。
 今日は中嶋君がMVP。

 トラバ頂いた観戦記を紹介。
プロレス玩具箱:観戦記~ZERO-1MAX5.5後楽園
悲しきアイアンマン: ZERO1-MAX~子供の日スペシャル~


■関連リンク
PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (3) | トラックバック (3)

山本"KID"徳郁、KO負け

スポーツナビ|格闘技|K-1|速報
5/4 K-1 WORLD MAX/東京・有明コロシアム(13918人・超満員札止め)

 ワールドMAXの開幕戦(1回戦)、TVで観戦しましたので簡単に感想を。
 それにしても客が入らないことで有名な有コロを札止めにしちゃうってんだから凄い。当日券がでなかったってんだから、ホントのホントで札止めなんだろうなぁ。
 インパクトでトーナメントを上回ったのはコチラ。

 [6]スーパーファイト
 ○マイク・ザンビディス(3R0分39秒 右フック→KO)●山本"KID"徳郁

 ・KIDコメント「悔しいっていうか、キックボクシングをK-1やり始めて好きになってきたんだけど、今日初めてKOされて、なおおもしろかったなって。K-1最高! 負けたけど、超気持ちよかった~。」

 体格差もなんのその、全体的にはKID優勢で試合は進んでいたはずが・・・。最後のKOシーンは強烈。KIDは記憶が飛ぶほどのKOは今回が初めてだそうで、意識がハッキリしてくれば悔しさがこみ上げて来るんじゃないでしょーか。
 タイプが似ていて体格差があるってのは、KIDにかなり不利。マッチメイク自体に問題があった気もするが・・・。

 試合はおいといて、最初の悪ガキイメージがちょっと薄れてきたような。美人の奥さんも新キャラとして現れたし、負けを経験したことで「ベビーフェイス」として開花する予感してきた。
 今後はHERO'S専念か? 試合後のコメントでは「K-1最高!」ですけど(笑)。どちらにしても、KIDはウェイトがちょっとキツイ。いっそウェルター級作りますか?

 [9=メ]トーナメント1回戦
 ○魔裟斗(判定 3-0)●イム・チビン
 日韓対決は魔裟斗が圧勝。ライト級(MAXより2階級下)、で活躍していてイム、やはりパワー負け。できれば倒してもらいたかったが、魔裟斗は練習中に左足の靱帯を伸すアクシデントがあったそうで(試合直前に完治)、勝っただけで充分だったかもしれません。
 それにしても・・・魔裟斗・KID人気は凄い。TVから聞えてくる歓声が異様(笑)。連休なんで地方から来た人も多かったんでしょう。

 勝ち上がった選手を並べる。

 ジャダンバ・ナラントンガラグ(モンゴル)
 小比類巻貴之(日本)
 ジョン・ウェイン・パー(オーストラリア)
 アンディ・サワー(オランダ)
 アルバート・クラウス(オランダ)
 ブアカーオ・ポー・プラムック(タイ)
 魔裟斗(日本)
 番狂わせゼロ。サワーが勝ち上がったのは嬉しいなぁ。シュート・ボクシング系もイマイチ結果残せてないんで。
 これに推薦枠一人が加わる。スーパーファイトで勝利した佐藤嘉洋かマイク・ザンビディスが候補。佐藤は、これまでの日本人選手に無いタイプで面白そう。でも決勝に日本人3人は多いかな?

 全体的な感想では・・・開幕戦ならこんなもんでしょ~ってな感じ。TVは関係ないけど「札止め」の事実が一番驚いた。
 あと、今回から「0.5ポイント」の判定がなくなりました。選手からの抗議はほとんどなかったようで。ちょっと寂し・・じゃなかった素晴らしいことですw ちょっとK-1はまともになってきたかな?


■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.05.04

川田登場、ドラゲー・博多大会まとめ

スポーツナビ | ニュース | 川田、DRAGON GATEに登場!=差替
5/1 DRAGON・GATE/福岡・博多スターレーン(2500人・超満員札止め)

 遅くなりましたが、いろいろ事件があったようなのでまとめてみます。
 以下の観戦記を参考に。
龍も門から滝に落ちる: 博多レポ! 

 [1]CIMA、○フジイ(10分23秒 逆エビ固め)新井、●戸澤
 戸澤の健闘が光ったようです。こういう感じの新人は、闘龍門では見られなかったタイプ。どんな形で成長するんでしょ~。
 [2]3WAY:○シーサー(4分17秒 マンコブ)●谷嵜、●三島
 ※欠場中のマイケルがマスクを2つ持込み、シーサー以外の2人に被せ、急遽マスカラ・コントラ・マスカラとして行われる。
 シーサーの正体もバレバレなんで、まったく意味ないマスカラとなった(笑)。
 [3]○望月成晃、横須賀享(9分3秒 横十字固め)吉野正人、●鷹木信悟
 ・試合前にフジイが望月を襲撃。
 ・試合後のマイク。
 ・吉野「俺らは肉体派やから凶器なんか使わんでもええやろ!」
 ・鷹木「これ(バーベル?)は凶器じゃない、俺らの筋肉を鍛え、クールダウンする重要なアイテムで、いわば(体の)一部だ」
 ・全員納得。
 相変わらずブラッド・ジェネレーションは立ち位置が完全なヒールになってないようですが・・・。鷹木がオチをとったのが貴重?
 望月は試合前から流血のハンデをモノともせず勝利。流血は8年ぶりだったんだとか。いつ以来?
 [4]○X=川田利明(3分20秒 ストレッチプラムに入った瞬間→RS)●ストーカー市川
 博多には大物来ますねェ(過去に天龍・健介登場)。川田は一言も発せず試合だけやって退場。
 [5=セ]オープン・ザ・トライアングルゲート選手権:
 ○斎藤、キッド、堀口(20分16秒 エレガント・マジックを切り返す→エビ)マグナム、●アンソニー、ハルク
 ※王者・斎藤組がV2
 オフィシャルの日記からマグナムさんのコメントを(なぜかDoFIXERのコーナーに書き込まれている)。
 昨日のトライアングルゲートのタイトル戦は満足のいく内容だった。結果はどうあれ凄く有意義な一戦だったよ。
 昨日をスタートに斎了も二代目リーダーとして、アンソニーも新生ユニットのリーダーとして歴史を築いていって欲しいね。
 応援してくれるファンの皆にもさぁ、出来上がってる物で楽しむのもいいけど、作り上げていく楽しみも持って欲しいなって思うよ。DRAGON GATEってそれが出来る場所だよ!
 闘龍門は「完成度」に拘った団体だったと思いますが、ドラゲーは別の形を目指すようです。成長を見守るのもファンの楽しみ、悪くないと思います。
 なおマグナムは5/11後楽園に「男色に染め上げる大先生」を登場させると宣言。男色ディーノは「男色に染め上げる“先生”」。誰でしょ?
 [6=メ]オープン・ザ・ブレイブゲート選手:
 ○土井成樹(25分48秒 バカタレ・スラインディングキック→片)●K-ness.
 ※王者・土井がV2
 ・土井コメント「ブレイブのベルトを作ったK-nessに勝ったことで、初めて真のチャンピオンになることができた。今日も納得いく闘いができた」
 ・K-nessコメント「今日は完敗です。ボスキャラは強いほどゲームは面白い。土井は俺にとって最高のゲームソフトです」
 最後はバカタレキックを3連発したらしい。「龍も門から滝に落ちる」さんの観戦記によると・・・「今日のメインはトライアングルゲートですよ(爆)」ということで。
 ドラゲー・ファンの間では土井の評価があまり高くないようで。試合後のコメントからすると、選手は満足してるようですが。こういうギャップはヤッカイかも。


■関連リンク
DRAGON GATE Official Site
■PR
HISTORY OF CIMA
[DVD]CIMA・個人DVD。初代UDG王者を勝ち取ったCIMAが“クレイジーMAX”のリーダーとして活躍するまでの軌跡を辿るドキュメンタリー「HISTORY OF CIMA」をパッケージ化。 5月27日発売。
TWO FACES OF MAGNUM TOKYO
[DVD]マグナムTOKYO・個人DVD。5月27日発売。<

| | コメント (3) | トラックバック (1)

大向美智子、スマックガール参戦/小ネタ集

 ココログ不調で更新できず・・・。やっと直ったか。ソレとは別に体がだるくてやる気無し。
 コネタ。

スマックガール・コロシアム Smack Girl Colosseum
 大向美智子がスマックガール参戦。

 スマックガール6月28日後楽園ホール大会に、女子プロレスラー大向美智子選手の参戦が決定いたしました!
 4.30沼津大会のリング上で参戦表明をおこなった大向選手は「強さ、テクニックではまだまだですけど、プロレスラーらしい華麗さや、魂の試合を見せて、女子格闘技に新たなブームを呼びたいと思います。是非、後楽園ホールへ見にきて応援してください」と力強く宣言。総合の舞台での活躍が期待されます。

6/28 SMACKGIRL/後楽園ホール
 スマックガール初代ミドル級王座決定トーナメント1回戦 SGS公式ルール
 大向美智子vsX

 あら~大丈夫かいな。ガチで痛いシャイニング・ウィザードは通用するのでしょうか?


PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE OFFICAL FANCLUB "NOAH'S ARK"
 5/6 NOAHファンクラブ主催興行に登場する「kenta」からコメントが届いたそうで。

親愛なるNOAHファンの皆様 初めましてkentaです。
今回、プロレスリング・ノアのリングに立てる事を大変光栄に思っております。
私は日頃、ファイトを通じて女性ファンに『愛』を送っております。
今NOAHでは、イケメンレスラーと呼ばれているKENTA選手が活躍していると聞きました。
そこで、同じ名前・同じイケメンの私共2人がタッグを結成しますが、この試合は彼との戦いでもあります。私は全てにおいて彼に負けるつもりはありません!!
5月6日は、私のファイトで女性ファンを虜にしてみせます。
当日は、是非私に注目して下さい!!!
 ちなみに引用したのは日本語訳、メッセージは英文で届いたそうです。イケメン・キャラって永田さんじゃないだろうなぁ。これがドーム・三沢参戦の見返りだったりして。


高阪“空中殺法”受けて立つ! (デイリースポーツ)
 高阪さん吠えてます!

 さらに「あらゆる空間を利用する」と永田が示唆した場外戦には「リングの下で極(き)めてあげる。誰にも見えない場所でプロレス界のおきてを破ってやる」と負けていなかった。
 なんで高阪は永田相手だとキレ・キャラなんだろうか?
 DEEPの「伊藤博之vsドスJr」のセコンドで、ルチャ勢を応援に来たメキシコ人(反則決着にブーイングした)に客席まで乗り込んで凄んだ時はかなり恐かったらしい・・・。


7・10横浜で近藤初防衛戦 (報知)
 近藤有己、PRIDEで負けたんで・・・。

 パンクラス・ライトヘビー級王者・近藤有己(29)=ism=が、7月10日に横浜文化体育館で初防衛戦を行うことが1日、濃厚となった。タイトルマッチは03年11月30日の菊田早苗戦以来、約1年7か月ぶり。
(略)対戦相手には、王座挑戦を要求している郷野聡寛(30)=GRABKA=らが浮上している。
 実現すれば面白そうですが、両者のコンデション次第でしょう。郷野もKO負けしてますし。チャンプになったら渡邉久江ちゃんとのデート権復活?


2005年4月24日 吉田和則自主興行  (原色怪奇派図鑑)
 イーグルプロレスは「島田宏派」と「吉田和則派」に分裂したようです(小山道場と群馬道場で分かれた?)。吉田和則が自主興行開催。細かい流れまでレポートされています。

4/24 吉田和則自主興行/栃木・小山市文化センター小ホール(82人)
 [5=メ]○スーパー宇宙パワー、クラッシャー高橋(16分7秒 ラストライド)●吉田和則、スーパー・ジューディスト
 宇宙も急遽参戦。
 前に「インディーのお仕事」でニコライが「ローカル・インディーは金儲け目的にやってないから、方向性・思い入れにズレが出ると分裂してしまう」というような話をしていた。


KAIENTAI DOJO
 2リーグ制の始まるK-DOJO、内容が決まってきました。

★CLUB-K 3000 GET&RAVE 情報
5月22日(日)よりK-DOJOでは2リーグ制がスタートします!
TAKAみちのくを中心とした[GET]と、Hi69を中心とした[RAVE]に分かれ、別興行として大会を開催します。それぞれの観戦料金はこれまでのCLUB-K 3000と変わりません。選手それぞれの主張により、所属リーグが決定し始めています。その他詳細は決定次第お知らせします。

★所属リーグ決定選手
【GET】TAKAみちのく/筑前りょう太/YOSHIYA/上越たく/小幡優作
【RAVE】Hi69/MIYAWAKI/SUPER-X/火野裕士/柏大五郎/石坂鉄平/山縣優/PSYCHO/稲松三郎/石川はじめ

 ドラフトではなく、本人の意志で決められるんだ。成功すればいいんですが・・・。


フィギュアプロレス略してギュアレス (teiou様より)
 なんで騎手なんだよ。


日高郁人の飛んで打って書くブログ:タナカジュンジ物語第4話
 日高さんのBLOGで連載(?)中の「タナカジュンジ物語」が面白い。
 今回は彼が飛べなくなってしまったキッカケを紹介。それにしても、ジェフ・ハーディーと戦っていたとは。
日高郁人の飛んで打って書くブログ:タナカジュンジ物語。
日高郁人の飛んで打って書くブログ:タナカジュンジ物語第2話。
日高郁人の飛んで打って書くブログ:タナカジュンジ物語第3話。


WWE リアルタイムの四方山話 - Backlash Results Part1Part2
 RAWブランドPPV、結果。ネタバレなんで文字色ホワイトで書きます。
 [1]インタコンチC:
 ○シェルトン・ベンジャミン(14分31秒 丸め込み)●クリス・ジェリコ
 ※王者・ベンジャミン防衛
 [2]ワールドタッグC=タッグチーム・ターモイル:
 ○ロージー、ハリケーン(13分44秒 D・ボディプレス→PF)●レジスタンス その他、リーガル&タジリ、サイモン&メイヴェン、ハートスロブスが出場。
 ※王者・タジリ&リーガル王座転落
 [3]ラストスタンディングマッチ:
 ○エッジ(18分48秒 ブロックで殴る→KO)●クリス・ベノワ
 [4]○ケイン w/リタ(6分8秒 チョークスラム→PF)●ヴィセラ w/トリッシュ
 [5]○ホーガン、HBK(15分14秒 HBKのスイートチン→PF)ハッサン、●デバリ
 [6]ワールドヘビー級C:
 ○バティスタ(16分23秒 シットダウン・パワーボム)●HHH
 ※王者・バティスタが王座防衛

 バティスタvsHHHの抗争はドラフトもあるらしいし、これで一段落となるかな? デバリは初試合かも。


ヤマモブログ・My Dear Life:CJW速報をお届けします
 チャイナジャパン(チャイジャ?)に追加カード。ヤマモさんBLOGから。

5/28 CJW・お台場SDM
 尾崎魔弓対未来(未来・復帰戦)
 シュガー佐藤対永島千佳世
※未来は1月16日のAtoZバトルスフィア大会より132日ぶりの復帰
◎追加出場選手 二代目ザ・タイガー
 未来選手復帰するんですねー。


■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.05.03

鈴木みのる、パンクラスに別れ

スポーツナビ|格闘技|速報
5/1 パンクラス・横浜文化体育館(4500人・満員)

 満員ってホントかいな。
 鈴木に注目。

 [5]エキジビション=5分1R:鈴木みのるvs川村亮<パンクラスism練習生>
 ※鈴木が膝蹴りでKO。鈴木はセコンドに着いていた佐藤光留を代役に指名、残り2分48秒から試合を再開。
 
 [5]エキジビション:鈴木(勝敗ナシ)佐藤光留

 鈴木マイク「「パンクラスのリングは佐藤、渡辺、近藤に任す。オレは外にいって、外のヤツをやっつけてくる。中のことは頼む」

 練習生KOして因縁の佐藤と対戦、カッコ良すぎ。パンクラスファンはどう見てたんでしょ。
 今回を最後にパンクラスとは距離を置くことになりそう。もう、それでいいです。誰も文句言いません。
 今やNOAHに上がると「風になれ」をファンが合唱するんですからね・・・。望んでる人の前で試合するのが一番です。
 ただ、ガチンコに対する「ミソギ」を終えて欲しかった。せめて佐藤光留とはパンクラス・ルールで対戦してもらいたかったね・・・。

 今日になって新たなニュースが。
| パンクラスからGRABAKAが独立 (スポーツナビ)
 関係は続くようですが・・・。

 「別にケンカ別れするわけじゃない」と尾崎社長が言うように、あくまでもマネジメント等の事務的な独立で、今後もGRABAKAの選手はこれまでどおりパンクラスのリングに上がる。これで他団体との交渉も自由になるが、菊田は「今日からスタートといったところで、具体的にはまだ何も決まっていない」と慎重な姿勢。
 武士道やHERO'Sから声はかかるでしょう。GRABAKAにとってはイイ方向に進みそう。
 パンクラスにしたらかなり痛い。今後も関係は続くとはいえ、パンクラスという団体に見切りをつけられたことには違いない。今後メジャーな大会に菊田らが出場しても「宣伝」と割り切ることはできなくなる。

 旗揚げから見てる者からすると、パンクラスってのは「団体」って言うイメージがいまだに消えないんですが・・・ 鈴木も離れることだし形を変える時期に来たのかも。


■関連リンク
P A N C R A S E
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「BEST OF THE SUPER Jr.」、今年は他団体から参加ナシ

5月21日開催「BEST OF THE SUPER Jr. XII 」~出場選手・概要・取組日程発表!:NJPW

 毎年恒例のジュニア・リーグ戦、出場メンバー発表。・・・今年はこれまでと違う雰囲気。

BEST OF THE SUPER Jr. XII  5月21日~6月19日
■Aブロック
 金本浩二(第9回、13回優勝者)
 エル・サムライ(第8回優勝者)
 垣原賢人(第14回優勝者)
 稔
 邪道
 後藤洋央紀
 スタンピード・キッド

■Bブロック
 タイガーマスク(第15回優勝者)
 井上亘
 竹村豪氏
 安沢明也
 獣神サンダー・ライガー(第3回、5回、12回優勝者)
 外道
 ブラックタイガー

・ リーグ戦概要
 5月21日平塚大会から6月18日強と大会までの5月29日後楽園ホール大会をのぞく全12会場で、Aブロック7選手、Bブロック7選手、各ブロック総当たりリーグ戦を行う。
■30分1本勝負
■勝ち2点、負け0点、あらゆる引き分け1点
■各ブロック得点上位2名が決勝トーナメント進出。
■同点の場合は直接対決で勝っている選手を上位とする。

 今年は新日本レギュラー勢中心。新顔はブラックタイガーぐらいで他団体勢の参戦はナシ。
 それだけ新日本ジュニアの層が厚いってことでしょう。ただ、インディーにしたら名前を売るチャンスであったし、それが業界全体の底上げにも繋がっていたのは間違いないわけで・・・ちょっと残念であります。
 これも、所属選手中心で興行を行う新日本の方針から? ギャラも大したことないだろうに・・・。
 そう言えば準レギュラーだった石森の名前もない。昨年の大会の時にも書いたんですが、新日本のジュニアは飛んだり跳ねたりってタイプの選手がいないんですよ。今回のメンバーでは・・・スタンピート・キッドがちょっと飛ぶくらい? そこら辺がジュニア枠でありながら華やかさに欠ける地味なイメージに繋がっていると思うのですが。

 そんな新日本にオススメのルチャ・ドールがいます。CMLLで「第2のレイ・ミステリオ」と呼ばれている“ミスティコ”はかなり凄い。SAMUARI!で放送された試合を私も見ましたが・・・跳躍力・技の切れとも噂通り。場外にいる相手にブランチャと見せかけて飛びつき→アームドラッグで投げちゃうのは驚いた。
 今からでも呼んでみては・・・。

 次シリーズでは、同時進行でもう一つリーグ戦が行われることになりそう。
【記者会見】IWGP・U-30無差別級タイトル返上~中邑真輔 記者会見:NJPW 
 1・4の中邑王座奪取以来、ハッキリとした決定のないまま半年を迎えた「U-30」、矢野の挑戦直訴などがあって今回(やっと)正式に「返上」となった。

 中邑「1・4の後、公式に『U-30は封印する』と宣言したのですが、それ以降会社からは何の話もなく今日に至りました。自分は今、ドームでの中西・カシン戦に向けて照準をしぼって練習しているのに、なぜこの時期にこの話が出るのかわかりません。」
 新日本の意味不明ぶりは今に始まったことではありませんが・・・これまたお粗末な展開ですね~。会社に忘れられてたようなベルトに挑戦したがる選手がいるってんだから不思議。
平田:「現チャンピオンである中邑選手が返上の決定を受け、空位となったこのベルトを賭け、次期シリーズ(ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア)において“U-30無差別級王座決定リーグ戦”を行うことを決定致しました。
 棚橋弘至選手、ブルー・ウルフ選手、矢野通選手の他に、次のドームで行われる<トライアウト>出場者の中からも2名ほど選出したいと思っています。」
 棚橋は出ないんじゃないの~? トライアウト出場者ってのも内容見なきゃわからん。もう採用者が決まってるなら別だが。
 1シリーズに2つのリーグ戦ってのもどうなんだろうね。

 最後に素敵な永田さんを・・・。
スポニチ:前田見に来い!永田 ドームで飛ぶ!!
 記事内の画像は大きくなるよ~。ガハハ、新日本の特訓はもれなくネタになるんで素晴らしい。

 永田と前田の争いに関して、ブラックアイとしてはまだ触れてないなかったと思います。他でいろいろ語られてたんで、後回しにしてたら出遅れちゃいました。
前田が永田に要求、異種格闘技戦 - nikkansports.com > バトルニュース
 う~ん、今回の件に関しては前田を応援しちゃうかなぁ。復帰以来、一番前田が前田らしく見えるんです。
 ナント言われようと、あの時代のファンは前田vsニールセンに感動しまくった。これまでに永田さんがそれに値するような試合やってない。ガチ・ヤオの論争はどうでもいいでしょ。永田さんがラインスレスレの発言してるのは面白いんだけど。
 まぁ、W-1はどうなるか分からないんで、取りあえずは目先の高阪戦で見返していただきたい。ここで高阪が「前田肯定」を思いっ切り煽ってくれれば、かなり面白くなってくるんですが。 


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.05.02

大鷲透、大阪プロ登場/小ネタ集

 コネタ集。

大阪プロレス試合結果:大阪プロレス6周年!
 新生・大阪プロレスがスタート。意外な選手が乱入した。

■大阪プロレス選手権試合60分1本勝負
 ○<王者>スーパー・ドルフィン
 (20分44秒ドルフィンマジック→エビ固め)
 ×<挑戦者>ビリーケン・キッド
 ※最後はドルフィンが道険笑歩拳からドルフィンマジックで初防衛に成功。勝利テーマが鳴り響く中、一人の巨漢がリングに向かっていた。
 ドルフィンが大鷲透の存在に気づいた瞬間、大鷲のチョークスラムがドルフィンに炸裂。続いてビリーにチョークスラムを見舞い、単独でリングジャックを敢行。
 大鷲はマイクを手に取り「この廃れた大阪プロレスをぶっ潰してやる!」と叫んだ。
 これに最初に声をあげたのはラ・内田。「こんなに言わせっぱなしじゃ収まりがつきませんよ!明日、僕が大鷲とシングルでやってやりますよ!」これにタイガースが続き「内田がこんなにやる気になっているのにワイが出んわけにはいかん!日曜はワイが相手したる!」と明日、明後日の大鷲透とのシングルが決定した。
 大鷲は大阪ですか~。
 デルフィンにしたらありがたいでしょうけど、体が大きいだけにメジャー方面を狙って欲しかったんだが。
 まぁ、大阪ならドラゲー時代のイメージそのままで暴れられますので心配はありませんけど。
 2代目えべっさんも登場。
■タッグマッチ30分1本勝負
 タイガースマスク&2代目えべっさん
 (12分08秒ムーンサルトプレス→体固め)
 スペル・デルフィン&×くいしんぼう仮面
※タイガースのパートナーXはなんと2代目えべっさん。大注目の中、ゴング。初代とは違いアクロバティックな動きでくいしんぼうを翻弄する2代目。あまりしゃべらないえべっさんは観客の「もっと喋れ!」との声に「もうちょっと待って」と言う余裕を見せた。さらにくいしんぼうのお株を奪うような華麗なケブラーダを見せ、最後は見事なムーンサルトプレスで勝利!
 シャベリが苦手じゃ2代目は厳しそう。
 とにかく本人が語るように、もうちょっと見守りましょう。


PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE OFFICAL FANCLUB "NOAH'S ARK"
 NOAHがファンクラブ主催の興行を開催。

5/6 ファンクラブ"NOAH'S ARK"主催大会/ディファ有明
出場選手:
 力皇猛、金丸義信、丸藤正道、KENTA、モハメドヨネ、小橋建太、秋山準or純、森嶋猛、井上雅央、川畑輝鎮、 杉浦貴、橋誠、鈴木鼓太郎、潮崎豪

対戦カード:
 小橋建太&潮崎豪vs秋山準or純&秋山誠
 1&2&3vs4&5&6
 丸藤正道&丸藤正道?vsKENTA&kenta

 *試合順、その他のカードにつきましては、当日発表と
  させていただきます。

料金:パーソナル会員・ファミリー会員 3000円
 ジュニア会員・シニア会員 2000円
 会員以外の方は、会員の同伴者としてチケットを購入していただけます。
 同伴者 6000円

 ※ファンクラブ会員の方はどなたでも観戦いただけます。
 ※会員様1名につき2名様までの同伴者とさせて頂きます。
 ※ご来場者全員に大会記念品をプレゼントします。

 カードは謎すぎる・・・。秋山準or純って差がありすぎ(笑)。
 ファンクラブは入会金1000円、年間費5000円で入れます(リンク先のページ下に詳細あり)。


【 FEG/K1 & HERO'S 】 < 雉雅威( Astro Cheap)(NHBnews PRO)
 ダウンタウンDXで角田さんへのタレコミが。 

昨日(28日)放送された「ダウンタウンDX」内“視聴者は見た”のコーナーで角田選手(ゲスト)が、「K-1 福岡大会」でレフリーを務めた試合で片方の選手に肩入れをしていた事が告発(笑)されていました。
肩入れされていた選手は武蔵選手です。
 相手の外国人選手には「クリンチするな!」と怒鳴っていたのに、武蔵選手には「チャンス!チャンス!」とアドバイスしていたそうです。
そんなリング上の言葉を何故観客が分かったかというと、レフリー(角田氏)にはマイクが付いていたからです(笑)。
 この事を指摘された角田選手はニコニコ笑いながら、「あのころの武蔵はショッパイ試合ばかりしていたから、つい小声で『チャンス!チャンス!』とアドバイスしちゃった。」といった感じのコメントしていました。
 これ流しちゃっていいんかなw K-1ならいいか・・・。
 他の競技なら吊し上げ食らうの間違いない。「このぐらい大丈夫だろう」と判断しちゃってる点で、あびる優と同じ問題な気がするんだが。


KAIENTAI DOJO
 ゴールデンウィークに連戦を行うK-DOJO、料金制度にひと工夫。

★GWスペシャル8情報!
千葉BlueFieldで開催するゴールデンウィーク期間の大会は《ゴールデンウィーク・スペシャル8》と題した8連戦!5月1日のCLUB-K FREE(料金後払い興行)を除く7大会は、来場するごとに500円ずつ割引になる特別料金形態となっております(毎日来たら最終日はタダ!)。
◆4月29日・30日・5月3日・4日・5日・7日・8日 GWSP8
【場所】千葉BlueField
【料金】(全席指定)
大人-来場数1大会=¥3000/2大会目=¥2500/3大会目=¥2000/4大会目=¥1500/5大会目=¥1000/6大会目=¥500/7大会目=無料!
《専・大学生1000円/高校生以下無料(要学生証)》
 これはイイかもしれませんね。


蝶野正洋~5・14 東京ドーム大会~パートナー「X」発表 (NJPW)
 蝶野のパートナーは・・・。

5/14 新日本プロレス/東京ドーム
 藤波辰爾&三沢光晴vs蝶野正洋&獣神Tライガー
 ライガーさんでした。ガクッ。これだったら三沢参戦決定の時と一緒に発表しちゃった方が良かったのに。
 蝶野は三本勝負を希望しているようです。


PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site
 ZERO1-MAX、後楽園のカード発表。

5/5 ZERO1-MAX
 大谷晋二郎&高岩竜一&日高郁人vsタイガー・エンペラー(NOAH)&スペル・シーサー(ドラゴンゲート)&サンジェイ・ダット
 ディファカップ出場決定戦:佐々木義人&浪口修vs村浜武洋&中嶋勝彦(健介オフィス)
 01認定US無差別級選手権 ※オーバーザトップロープルール併用:レオナルド・スパンキーvsジェイソン・ザ・レジェンド
 大森隆男vs高橋冬樹
 田中将斗&藤田ミノルvs佐藤耕平&不動力也
 崔領二vs小笠原和彦
 なかなかイイカード揃い。シーサーと高岩の絡みなんてどうなるかな?
 中嶋君がZERO-ONE(ZERO1)出るのは久しぶり。デビュー直後は浪口とバチバチやってました。
 ヒッソリ抗争が始まってる小笠原vs崔も期待してあげてください。
 でも、前回の後楽園でブレイクの兆しが見えた耕平&崔が前座にいるのはいいのか?


風香に金村が対戦要求 (デイリースポーツonline)

 風香が金村相手に復帰?

4/29 格闘美・後楽園ホール(520人)
 [1]格闘美ボーナスバトル~チェアマッチ:○風香(3分55秒 イスに座らせる)●金村キンタロー
 5/8新木場で復帰が決まった風香、乱入してきた金村と「イスに座らせたら勝ち」の変則マッチで勝利(公式試合ではないので「初勝利」にはならないらしい)。
 ただ、この記事の一番のポイントは風香ではなく、 
試合後、先日離婚した金村が寂しさのあまり風香に襲い掛かる一幕もあったが、
 離婚ですか・・・。あのBLOGも気になるなぁ。


西田操一選手復帰戦。club DEEP 野蛮人祭り2。 その1(くまページBlog)
 一部で根強い人気(?)の西田操一がリングネームで復活。

5/15 clubDEEP・イベントプラザ富山
 バーバリアン西(クラブバーバリアン) vs 柴田正人(U-FILE CAMP.com)
 相手はPWCレギュラーだったSHIBA TANK。イワユル・・・デブキャラ対決だな。


丈夫な歯 (pya! )
 [画像]フレッド・ブラッシーの仕業?


せんりこどもカーニバル:「レスラーやっつけたよ」 どっと10万人 /大阪 (MSN-Mainichi INTERACTIVE 都道府県ニュース) teiou様より
 華☆撃がイベントでプロレス教室。

 福岡県を中心に興行するプロレス団体「華☆激」は、伝説の神獣アステカ選手ら所属レスラー4人が子どもたち約30人を舞台に招き、スパーリングやトレーニングでともに汗を流した。
 10人ほどでレスラーに立ち向かっていった豊中市宮山町3の会社員、庄直之さん(39)の長男勇気君(3)は「すごく強かったけれど、やっつけたよ」。
 やっつけちゃったの?


女子プロレスLLPW、29日モンゴル興行 (nikkansports.com)
 LLは地道にやってるように見えて・・・。

 LLPWが、男女通じて初めてモンゴルで大会を開く。社長の神取忍は「モンゴルは格闘技が盛んだし、女子プロレスを受け入れる土壌があるはず」と、成功に自信を見せた。大相撲ではモンゴル力士が活躍しており、今度は日本のプロレスが乗り込む格好になる。
 大会はモンゴルの首都ウランバートルの国立サーカスホールで開催される。約5000人の観衆が入る大会場。日本からは神取、井上貴子、立野記代ら所属選手が参加し、モンゴルからはボクサー、柔道家が集結する。日本人レスラーとの異種格闘技戦で大会を盛り上げる。今後のモンゴル人レスラー発掘のオーディションも計画している。
 韓国・中国と積極的にアジアへ進出。気がつきゃ女子プロ・トップ団体はココですか?
 モンゴルには新日本が協力した「モンゴル・プロレス協会」ってのがあったはず。ただ内容はガチンコだったみたい。LLも異種格闘技戦を狙ってるようですが・・・。


SMACKGIRL 2005 ~COOL FIGHTER LAST STAND~
 近藤有希の引退興行、壮絶KOで散ったようですが・・・。セミの決め技に注目。

4/30 SMACKGIRL/静岡・キラメッセぬまづ(714人・満員)
 [6=セ]スマックガールライト級次期挑戦者決定トーナメント1回戦
 ○藪下めぐみ(1R0分29秒 一本背負い→KO)●キム・ヒョンソン
 キムさんはキックの選手だったようですが、それにしても柔道技でKOは凄いね~。


PRIDE | ニュース | 吉田道場に新たな柔道家二人の参入が発表 目指すは団体戦、そしてGP三階級制覇だ!
 吉田道場に小見川道大、村田龍一が参入。五輪級の選手が続々来ますな~。ちょっと年齢が気になる。


全日本プロレス最新情報
 欠場を続けていた河野真幸の復帰が決定。

5/20 全日本/後楽園ホール
 [メ]武藤&諏訪間vs嵐&河野
 本間vs健介
 ミルコの対戦相手に名乗りを挙げたり、一時は総合目指して本格的に活動。「全日本は退団した」との噂もあったのですが・・・。
 とにかく、体も大きいし団体の期待はかなり大きそう。復帰戦の相手に武藤社長の名前があるのは意味ありげ。


 最後に今後取り上げる予定のネタをメモ的に書き残しておく・・・。
スポーツナビ | ニュース | 川田がストーカー市川と対決!=DRAGON GATE
川田の「男祭り」参戦が浮上(デイリースポーツonline)
スポーツナビ|格闘技|みのるがパンクラス勢に辛口エール


■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

グラウベ・フェイトーザ、USA GP優勝

スポーツナビ|格闘技|K-1|速報
5/1 K-1 WORLD/米国・ラスベガス・ホテルベラージオ、結果

 カードも地味だし、気になる選手もいないし・・・一応見ておくか~と、なんとなくTVを眺めてましたが・・・。
 意外にも面白かったんじゃないですか。久しぶりにK-1らしい試合ありました。

 [9=メ]USA GPトーナメント決勝
 ○グラウベ・フェイトーザ(1R2分42秒 左ハイキック→TKO)●ゲーリー・グッドリッジ
 ※フェイトーゼが優勝。GP開幕戦へ進出。
 俺的MVPはグラウベさん。ここに来て大復活ですか~? 見慣れてるはずのブラジリアン・キックも切れ味抜群で新鮮に見える。
 試合後のコメントによると「ボクシングのテクニックに自信が持てたことでキックも出しやすくなった」とあります。
 準決勝のカーター戦では極真ファン涙モノのカカト落とし炸裂、それがKOへ繋がった。

 最近のグラウベさん、試合結果を並べると・・・。

 04/09/25 ● アーネスト・ホースト(判定 3-0) WORLD'04開幕戦
 04/07/17 ○ TOA(1R1分49秒 KO)
 04/05/30 ○ アリスター・オーフレイム(1R2分13秒 KO) ※「一撃」
 03/02/22 ○ パヴェル・マイヤー(3R2分27秒 KO) ※「一撃」
 02/10/05 ● ピーター・アーツ(判定 3-0)  WORLD'02開幕戦
 なんだか微妙な相手が並んでる。アリスターと対戦したのなんてすっかり忘れてましたよ。

 先日飲みに行ったら友人が「取りあえずラスベガス行って、スポーツベットでグラウベに賭ければ旅行費におつりが来る」なんて言ってた。「グラウベじゃ無いだろ~」なんて軽く流してた私はバカでした。

 他の試合。

 [8=セ]スーパーファイト
 ○マイティ・モー(判定 2-1)●レミー・ボンヤスキー
 2年連続GP優勝のボンヤスキーが3Rにカウンターもらってダウン、そのまま逆転判定負け。
 モーは課題だった蹴りのカットもソレナリにこなし、パンチブンブンだけの選手からレベルアップ。今後期待できそう。応援団が100人以上来ていたらしい。

 武蔵はいつもの通り。「今年はKOを狙う」とアナは絶叫してましたが・・・もう、判定キャラとして開き直った方が面白いし、武蔵もやりやすいと思うのだが。


■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

HERO'S、第2弾興行ほぼ決定

前田氏電撃発表 7・6中量級大会決定

 W-1の前にHERO'Sの第2回が決定。

 総合格闘技イベント「HERO’S」のスーパーバイザー・前田日明氏(46)が、K―1ラスべガス大会(30日・べラージオホテル)視察のため28日、現地入りし、HERO’S第2弾興行を7月6日、東京・代々木第一体育館で開催すると、電撃発表した。
 まだ正式には発表されてないようですが、ほぼ決定と見ていいんでしょう。
 記事をまとめる。
7/6 HERO'S第2弾興行/代々木第1体育館 
 ・日本VS世界の16人によるミドル級(70キロ以下)の「ワールド・メガバトル・トーナメント(仮称)」をスタートさせる。
 ・2回戦と準決勝は9月上旬、決勝戦は大晦日の「Dynamite!!」で行う。
 ・8人の日本勢のうち、山本KID徳郁、須藤元気、宇野薫、宮田和幸の4人が内定、さらに交渉中の4人を追加する。
 ・世界選抜チームにはホイラー・グレイシーの出場がほぼ決定。
 随分話が具体的になってきましたね。どうやらHERO'Sは定期的に開催する目処が立ったようです。
 日本vs世界の8vs8となると、2回戦以降で日本人同士の対戦が見られる可能性もありますね。KIDvs須藤とか見たいぞ~。中量級はイイ選手多いのは間違いないんですが、世間的に届くような知名度を持つ選手はほとんどいません。特色を出す意味で日本人対決を目玉にするって形もあり?
 まぁ、曙・サップもワンマッチで参加するようなので、客寄せはそちらに任すって手もあるが。

 今回から本格的にプロデューサーとして前田は動き出します。。

 またボブ・サップの参戦が内定、曙の出場も浮上。2人には前田氏が発掘した未知のヘビー級がぶつけられることになりそうだ。この日のラスべガス入りまではロサンゼルスに滞在し、ビバリーヒルズ柔術道場など5つの道場を訪問し選手を発掘。前田氏は「KIDクラスを2人、ヘビー級もノゲイラ、ヒョードル級を1人見つけた」と、葉巻をくゆらせながら自信満々に話した。
 「KIDクラスが~」は決め台詞になってきましたな(笑)。
 それにしても前田さん、葉巻をくゆらせ語る姿はどうにも「前田総統」に見えてしまう。
 高田総統にはネタで「山本KIDクラスのモンスターが2万人はいる」ぐらい言ってほしい(笑)。でも、高田さんは直接前田を攻撃するような発言は今のところありませんよね? 期待はできないかな。


■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

多摩最強を決めるトーナメント

KINGDOMEHRGEIZ - Page: 9 of 10

 久しぶりに入江さん(キングダム)のネタ。
 永山から道場(?)が移転したんですね。

キングダムエルガイツ主催
~THE STREET FIGHT T-1開幕戦~
日時  5月21日(土)19:00開始 70以下級・無差別Aブロック1回戦
     5月28日(土)19:00開始 70以下級・無差別Bブロック1回戦
             入場料 ¥2000円(全席フリー)
場所  総合格闘技スペース ファーストスピリット(京王線聖蹟桜ヶ丘駅徒歩5分)
 「T-1」なるトーナメントを開催。その参加資格が凄い。
○THE STREET FIGHT T-1出場者募集要項○
出場資格 ・ 多摩地区(23区外東京都下)に在住。
       ・ 多摩地区の会社に勤務または、アルバイトをしている。
       ・ 多摩地区のジムに通っている。
       ・ 多摩地区大好き推薦枠 (各階級1名)・・・この場合400字詰原稿用紙1枚に多摩地区を好きな理由を書いて送っていただきます
 T-1のTは多摩ですか~。
 随分狭い・・・。「多摩地区のジムに通ってる」という点からしてキングダム所属の選手は全員参加できるんでしょう。多摩地区って他に道場・ジムあるかな? 思いつかない。
 どうしても出たい人は作文を書こう。でも各階級1名か。
優勝賞金 出場費(¥5000)×出場人数(現在8人以上は確定)
 親のソウドリ。分かりやすいw
大会主旨 格闘技各ジャンルにこだわらず、どの団体所属の格闘家でも、しがらみをなくし、気楽に出場できる場を提供していく。そのため、対戦カードなど出場者のマスコミ発表などは控えさせていただいております。また、大会中はライブ・お笑い・トークショーなどで各ジャンルの卵たちにも出演していただいております。
  「対戦カードなどのマスコミ発表は控える」、シークレット興行のようなもの? ・・・なるほど、選手名が公にならないなら、思わぬ大物格闘家が名乗りを挙げてくるかもしれませんよね。
 多摩限定だけど。


 T-1と言えばT-1GPもあるなぁ・・・。まだ取り上げる踏ん切りがつかない。

■関連リンク
KINGDOMEHRGEIZ - Page: 1 of 10
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリス・キャンディード、急死

Total Nonstop Action Wrestling!

 NWA-TNAのトップページに大きく載っています。

 詳しくは以下のページから。
WWE リアルタイムの四方山話 - (無題)
 まとめると。

 ・4/24 NWA-TNAの試合(PPV)で足首等を骨折。翌日手術。
 ・手術後は元気で、TNAの会場にも顔を出していた。
 ・4/28に急死。
 ・兄の話によると、原因は手術の結果できた血栓だったとのこと。
 医療ミスなんでしょうか。骨折で死んでしまうなんてやりきれない・・・。

 プロフィール紹介。
クリス・キャンディード/レスラーノート
 弱冠14歳でデビュー。一世を風靡した女子マネ(DIVAの先駆け)“サニー”の旦那として有名。
 WWEでは“スキップ”と名乗り「ボディ・ドナーズ」で世界タッグ王座も獲得。WCWではクルーザー級王者にもなっている。
 NWA世界ヘビー級王座も獲得、ダン・スバーンにベルトを明け渡す。
 もっとも活躍したのはECW時代。ランス・ストームとのコンビでECWタッグ王座を獲得。一時はブッカーも兼任していたという。
 新日本、FMW、みちのく等に来日。正直、本領を発揮していたとは言えなかった。
 最近はNWA-TNAに定着、中心人物の一人として活躍。

 もう少し体が大きければ、扱いは全然違ったんでしょうけど。「小悪党」という言葉がピッタリなタイプでした。
 キャリアは約20年になるベテランだが、年齢はまだ33歳。

 ご冥福をお祈りします。

■関連リンク
Total Nonstop Action Wrestling!
■PR
プロ格BLOGランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月8日 - 2005年5月14日 »