« 2005年4月17日 - 2005年4月23日 | トップページ | 2005年5月1日 - 2005年5月7日 »

2005.04.29

奈良の騒音ババア、NEO参戦/小ネタ集

 サイト巡回してるとBLOGを書く時間がなくなる。意味ない。どうにかしないとなぁ。
 小ネタがたまったんで出かける前に更新しとく。

インリンが蝶野との対戦を要求 (nikkansports.com)
 イベントで一緒になっただけですけどね。ドームのパートナーだったりして。
 それより真鍋かをりさんの表情が微妙・・・。BLOGで何かコメント出るかな? 


ハッスル: ニュース 『ハッスル9』のM字ビターンコンテストが急遽中止に! インリン様 VS EricaのM字ビターンマッチが電撃決定
 ハッスル9の決定カード(?)。

5/10 ハッスル9・新潟市体育館
 M字ビターンコンテスト:インリン様vsErica
 インリン相手でもアジャは勝てる? 結構、微妙な気がする。


ジャンプが得意な人たち(ひろぶろ)
 [動画]町中でとにかくジャンプしまくる男達。シューティング・スタープレスがいっぱい・・・。


nikkansports.com > 草野仁はスーパーひとし君だった
 草野さんインタビュー。「草野キッド」は視聴率も好調だそうで、ホントにブレイクしちゃいそう。もちろん今でも充分有名なんですけど。


CJW第1回大会で真壁vs裕次郎 (スポーツナビ)
 「チャイナ・ジャパン・レスリング」、中国で予定されていた旗揚げ戦は延期。

5/28 CJW・スタジオドリームメーカー
 新日本プロレス提供試合:真壁刀義vs裕次郎
 まぁ、時期が悪すぎたか・・・。


少林武術で鍛え上げられた少年(ひろぶろ)
 [動画]少林寺系の演舞。なんだかブレイクダンスみたいな動きも。


[K-1 WGP] 5.27 パリ:欧州GP一回戦でイグナショフ×内田
 ヨーロッパGPの組み合わせ決定。

5/27 K-1WORLD/フランス・パリ
・1回戦
 アレクセイ・イグナショフvs内田ノボル →A
 アジス・カトゥーvsハリッド”ディ・ファウスト” →B
 セーム・シュルトvsピター・ボンドラチェック →C
 ノブ・ハヤシvsフレディ・ケマヨ →D
・準決勝 AvsB、CvsD
・バンナ、曙が出場予定。
 優勝候補はもちろんイグナショフ。シュルトはどこまで行けるかな?
 レッスルマニア帰りの曙にも注目。フランスでもWWEは放映されてるでしょうから、意外と人気あったりして。


大相撲に総合格闘家志望の新弟子が登場 (悲しきアイアンマン:)
 今年の新弟子検査に変な子がいたらしい。

 受験者で異彩を放っていたのが、総合格闘家転身も口にする胤丸(たねまる=峰崎部屋、18歳)。
 第1検査をクリアし、力士になることに近づいたこの日、胤丸は「いずれ総合格闘技もやりたいですけど、とりあえず相撲をやってからでいいですね」と言ってのけた。
 相撲出身格闘家の現状見れば・・・。


合気道の達人、塩田剛三の映像(ひろぶろ)
 [動画]塩田剛三様動画。いつ見ても凄いなぁ。
 やっぱり最近は「バキの渋川先生のモデル」って言う方が分かりやすいみたい。
 マイク・タイソンが演舞見て「この人は本物」と感心したこともある。
 こういう格闘家の技をリングで見れる場所・・・それがリングス(KOK前)だと思うのですが。


NEO女子プロレス OFFICIAL WEBSITE
 後楽園ホール大会の全カード決定。

5/5 NEO/後楽園ホール
 [1]椎名由香&木村響子vs吉田万里子&渋谷シュウ
 [2]田村欣子vs高橋李佳
 [3]ナディア・ハートvsアメージング・コング
 [4]元気美佐恵&Xvs前村早紀&松尾永遠
 [5]55選手参加時間差バトルロイヤル
 55人って凄いなぁ・・・。一部参加選手発表になってますが、その中に気になる名前発見!
奈良の騒音ババア
 NEO初参戦。ラジカセ片手にやかましく入場。布団たたきを凶器に使い、騒音で相手にダメージを与える。
 うわ~、ある意味最強の女登場だ~。
 彼女に負けた選手は強制引越!
 

芸能プロダクション/映画の企画・製作/プロレス興行:JDスター
 格闘美の結果から。

4/23 格闘美/新木場1stRING
 [2]○乱丸(6分36秒 忍法ムササビ蹴り→体)●川田由美子
 元イーグル(先月解散)の川田が登場。
 無くなったのはガイアと全女だけじゃなかった・・・。総合もちょっとやってましたが、実力はどうなんでしょう?


博士の悪童日記<最新>
 浅草キッド・水道橋博士さん日記、4月23日分から。PRIDE・大阪ドームの試合前・・・。

試合前のトイレ。
たまたま、ヴァンダレイ・シウバと遭遇。
洗面台前に二人きり。
「俺の息子は、あなたの息子と、同じ年の同じ誕生日なのだ。
 いつか、貴方の息子と対決するのが俺の夢だ!」と伝えると、シウバ、OOOH!と声を上げ、いきなり抱きすくめられ、
思わずサバ折り状態でのけぞる。
さらに髭でジョリジョリと、熱烈な頬擦り。
もし、誰かが、この姿を見れば、確実に襲われていると思われるだろう。
 トイレ入った瞬間、この光景が飛び込んできたら・・・絶対別のトイレに移動する。


新日がアマレスと連携強化へ (nikkansports.com)
 新日本とアマレス、関係がより深くなるようです。
 注目は「7/31 茨城・大洗海岸で開催のビーチレスリング大会に選手派遣」。雨や風の影響も受けそう・・・ってことは自然児・中西学さんの独壇場?
 砂の上だとフォールが分かりにくいような。
 
 
大阪プロレス新着News:<決定分対戦カード>
 新生大阪プロ、カードが発表になってます。

4/29 大阪・デルフィンアリーナ
[1]小峠篤司デビュー戦:“兜王”ビートルvs小峠篤司
[2]冨宅飛駈&ラ・内田vs政宗&秀吉
[3]ツバサ&ブラックバファローvsアステカ&KAZE
[4]タイガースマスク&Xvsスペル・デルフィン&くいしんぼう仮面
[5]大阪プロレス選手権:スーパー・ドルフィンvsビリーケン・キッド
 ヒールはバファロー一人なんで、軍団再編成がまずはテーマとなってきそう。
 「政宗」って選手はいるけど秀吉は知らないなぁ。トライアウト組なんでしょうか?
 また、こんな情報も。
大プロ「2代目えべっさん」29日デビュー(なにわWEB) (世界日本制覇ワジャ族ノ里(R) - ワジャ族通信)様より
 2代目で来たか。ってことは、やっぱり初代のえべっさんは名前変えるんですね。
 BLOGもタイトルが微妙に変わってます。
元えべっさんの商売繁盛ブログ
 引越の予定だそうです。さっさと・・・って誰かに言われないように。


高山が明言「復帰はまだ先」 (スポーツナビ)
 高山善廣さんがトークショー。復帰はまだのようですが、毒舌は絶好調。


KAIENTAI DOJO
 ゴールデンウィーク、K-DOJOに大物ゲストが連日登場。

※会場は全てBlieField。
4/29
 真霜&KAZMAvs十島&中嶋勝彦

4/30
 ハードコア:PSYCHO&アップルvs伊東竜二&李日韓
 TAKA&東郷&テイオーvsHi69&十島&MIYAWAKI

5/1
 金村キンタロー&筑前&YOSHIYAvs雷斗&大石&旭
 TAKA&東郷&カズ・ハヤシvsHi69&SUPER-X&火野

5/3
 PSYCHO&石坂vsスペル・シーサー&アンソニー・W・森

5/4
 十島vs鷹木信悟
 大石&旭vsシーサー&PSYCHO
 Hi69&AW森&火野vs柏&石坂&稲松

5/5
 TAKAvs鷹木
 Hi69&AW森&大石&旭vs獅龍&はやて&SUPER-X&雷斗

5/7
 Hi69&火野vs川田利明&石狩太一

5/8
 TAKA&NOSAWA論外&PSYCHOvs柏&石坂&稲松
 Hi69&火野&SUPER-Xvs黒田哲広&YOSHIYA&MIYAWAKI
 筑前vs佐々木健介

 また、稲松・石川・上越・中川・小幡・守部宜孝・マサ高梨が参加する「K-METALリーグ」も開催。
 2リーグ制を前に勝負来てます。十島vs鷹木が面白いかも。

消息筋: ティト・オーティスがプロレスのレフェリーを
 元UFC王者のティト・オーティスがNWA-TNAの次回PPVでレフェリーをするらしい。TNAは勢い出てきたな・・・。
 ティトはそれでいいのか? まぁ、レフェリーならいいか。


■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (6) | トラックバック (1)

DRAGON DOOR

スポーツナビ | ニュース | 7・19に新イベント「doragon door」を開催

 ドラゲー離脱組動く。

 有限会社闘龍門は27日、都内で記者会見を行い、新イベント「dragon door」を7月19日に東京・後楽園ホールで開催することを発表した。
 闘龍門の川畑憲昭取締役はこのdragon doorのコンセプトを「ハッスルと同じ形式で、選手を集める。これまで日本に登場していない外国人選手を招聘するなど、国際色豊かな大会にしたい」と説明。指導者としても評価の高い浅井嘉浩の人脈・コネクションを頼りに新興行としてうってでる。

「dragon door」
日時 7月19日(火)19:00開始予定
■場所 東京・後楽園ホール

 カラオケマシーン等で活躍した川畑が中心となって新たなイベントを立ち上げ。近藤修司、石森太二の参戦が決定済み。

 事実上、第2の闘龍門系団体旗揚げですか。DRAGON GATEってのは創始者であるウルティモ・ドラゴンを追い出すために作った団体と言っても過言ではありません。ウルティモの長としての評価は置いておくとして、結果的には彼を追っていく選手が存在する。タイミング的にドラゲー立ち上げはどうだったんだろうなぁ、と思えてしまう。

 闘龍門・DRAGON GATE、離脱選手を並べる。

SUWA → NOAH参戦中
TARU → 全日本参戦中
近藤修司 → 全日本参戦中
YASSHI → 全日本参戦中
高木省吾 → DDT参戦中
大鷲透 → 未定
菅原拓也 → 未定
ミラノコレクションAT → アメリカへ?
 悪冠一色はクビですけど、ここまで8人の離脱者。この中から何人ぐらい参戦するんでしょう。
 ハッスルの名前を出すあたり、やっぱりエンタメ系の団体? どのぐらい興行をするのかも気になります。

 まぁ、こうなりゃDRAGON系の2団体で意識しまくって挑発合戦でもやってもらいたいもんです。ほとんどのファンは両団体みたいだろうから困るでしょうけど。競い合う相手がいればヨイモノができるでしょう。

 「DRAGON DOOR」の名前とロゴは・・・「そのまんまだなぁ」ってぐらい。流行モノ(?)をパクルのは先が見えない感じするけど。


■関連リンク
DRAGON GATE Official Site
■PR
DRAGON GATE OFFICIAL DVD SERIES 伝説の扉 2004年編 Gate.5
[DVD]新設された6人タッグ王座「オープン・ザ・トライアングルゲート」の初代王者を決定する白熱のリーグ戦。「Rey de Parejas」の開幕戦から最終戦までを完全網羅する。
4月28日発売。
DRAGON GATE OFFICIAL DVD SERIES 伝説の扉 2004年編 Gate.6
[DVD]衝撃のC-MAX解散から年末の本川越ペペホールアトラス大会までを収録。敗戦チームには髪切りとマスク剥ぎが待ち受ける8人タッグマッチなど、2004年の最後を締めくくる。4月28日発売。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

三沢光晴、藤波とのタッグで新日本・ドーム参戦

NJPWカード情報

 え! 新日本に三沢が急遽参戦。

5/14 新日本・東京ドーム
・追加カード
 藤波辰爾&三沢光晴vs蝶野正洋&X

・既報カード
 IWGPヘビー級C:小島聡vs天山広吉
 IWGPタッグ選手権:中邑真輔&棚橋弘至vs中西学&ケンドー・カシン
 永田裕志vs高阪剛
 IWGPJrヘビー級C:金本浩二&井上亘vs稔&後藤洋央紀
 IWGPJrヘビー級C:タイガーマスクvsブラック・タイガー

 一旦は「蝶野vs藤波」のシングルとして発表されていたカードが、今日の会見で藤波が強引に変更。
 藤波「蝶野選手からの挑戦は嬉しかったです。でも今回は僕から蝶野に要求があります。いずれは僕と蝶野とのシングルということになりますが、5.14東京ドームでは、ノアの三沢光晴選手とタッグを組んで蝶野選手に挑みたい。」と、仰天要求。不意を突かれた蝶野選手は絶句。
 「これは確定していることですか?」と質問。藤波選手は「ノーとは言わないでしょう?三沢選手は、蝶野選手も借りがある選手。」と返答。
 蝶野選手は驚きを隠せない様子で「一本取られた。こんな場所でこういうこと言われたら、受けざる得ない・・・。今すぐパートナーと言っても・・・。明日までに決めて発表します。今はパートナーXとしておいて下さい。」と藤波・三沢タッグの挑戦を受諾。
 藤波さんが裏で交渉してたって感じですか? まぁ、ホントに藤波さんの力が働いたのかは分かりませんが、話題の少ないドームにやっと光が差したのは間違いない。
 蝶野が絶句した様子は見てみたかった。なんで、こういうのを会場でやらないのかね・・・。
 しっかし、ここに来てNOAHが新日本と絡むのは意味ありげ。三沢参戦の見返りが「7・18」にあると考えるのが妥当。もしかして・・・GHCとIWGPのW選手権とか。それなら力皇メインの可能性も有り? 三沢が「メイン剥奪」を示唆したって報道もありましたが。
7・18ノア東京ドーム大会で三沢vs川田
 ノアの東京ドーム大会でGHCヘビー級王者・力皇猛(32)の防衛戦がメーンで行われない可能性が出てきた。24日の力皇の防衛戦で会場からブーイングが飛んだ件に関し、三沢社長は「タイトル戦の重みが分かったと思う。(メーンにする)こだわりはない」と話し、大トリはく奪の可能性を示唆した。
 ちょっと分からなくなってきた。取りあえずは蝶野のパートナーに注目か。橋本だったらビックリなんだけど。

 新日本・ドーム大会が行われる日はNOAHも興行あります。
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE

5月14日(土) 本川越ペペホール大会についての御報告

 三沢光晴選手の新日本プロレス主催、5月14日(土)東京ドーム大会出場に伴い、同日開催となる、弊社本川越ペペホールでの同選手出場試合は第1試合となります。
 御迷惑をお掛けしますが、御理解の程、お願い申し上げます。

第1試合のカードはまだ未発表。当初は「三沢&田上vsモデスト&モーガン」だったんですが、そのままスライドでしょうか?

 ついでに今日の会見であった内容をまとめます。

 ・マスコミと、ファンクラブの中から選ばれた14名のファンで、テレビ朝日のプレゼンルームは満員となった。
 ・草間社長がIWGP実行委員長に就任。
 ・ジュニア選手権の調印式にブラック・タイガーが欠席。怒ったタイガーに対し草間氏「IWGP実行委員会のメンバーには弁護士もおりますので、これからは調印式の出席に関しても徹底して行きます。」
 ・IWGPタッグ選手権の調印、カシンが欠席。
 ・矢野通が乱入。「おい!中邑玄米!お前もう一個ベルト持ってるだろ!それに挑戦させろ!」とわめきちらす。中邑「U-30は封印してます」。
 ・IWGPジュニアタッグ選手権調印式、金本が前の取材が長引き欠席。稔&後藤のチーム名は「ジュニア・スタッフ、略してジュニスタ」。
 ・IWGPヘビー級選手権調印式、天山は角海老宝石のトレーナーも同席させる。
 ・天山「ドームに向けて自分のためになることなら、何でも身に付ける。ボクシングの練習も、体はまだ慣れていないけど、だんだん楽しくなってきた。」
 ・小島「ボクシングの練習をしているということですが、天山さんのためになるのなら、いいんじゃないですか。」
 ・天山「ふざけんな!余裕こいてたらひどい目に合うからな!」
 天山は相変わらずだなぁ。ちょっと、そういう台詞を期待してる自分がいたりして。

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
DVD紹介
月刊 新日本プロレス 1
[DVD]新日本の新DVDシリーズ第1弾。2/20両国大会中心。「小島vs天山」のダブルタイトルマッチ収録。


ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.04.27

ディファカップ、TAKA&PSYCHO出場/小ネタ集

 小ネタ集。
 ココログがバージョンアップしたらしいんですが、その時にスタイルシートをちょっといじられてしまったようで。微妙に引用の枠の大きさが違ったりしてる。直すの面倒・・・ってか直せるのか?

PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site
 紹介し忘れてたと思いますが・・・ディファカップの組み合わせ決定しています。リンク先で確認を。
 K-DOJO代表は「TAKAみちのく&PSYCHO」で決定。
 順当なら「日高&藤田vs丸藤&KENTA」で決勝かな?


BLOG @ ZERO1-MAX
 ZERO-1のBLOGで中村祥之さんが吠えてます。この前の大会に小笠原和彦(空手着姿の松崎駿馬も一緒でした)が乱入したことについて。 

 小笠原氏には何の恨みもありませんが、今さら…という感じがしてなりません。
 最初のころとは違いプロレスを勘違いしている選手には本当にうんざりしています。願わくば、このまま一生01MAXには上がって欲しくない選手でした。
 そもそも我々がZERO1-MAXを無謀と言われても立ち上げた時、彼は「俺は●●について行く!もう大谷体制には出場しない!」と周りの人々に言っていた人間。こちらからしたら、はぁ?どうぞお引取りくださいと感じた人でしかありません。
 その後ハッスルの後楽園ホールで泥酔しファンに迷惑をかけ、考えてみればゼブラーマンも中途半端にしか出来なかった男です。
 空手世界では師範ですが我々のリングはプロレスのリングです。プロレスの素人に与えるチャンスはこれ1回、崔領二が昔のままだと思ったら怪我をするのでいやなら会場に来ていただかなくて結構です。
 ハッスルで酔っぱらったなんてことあったんですか? 知らなんだ。
 MAXに居場所がないのはホントです。他にもかなりシュートな発言多いですが・・・ある意味、小笠原を生かすための策なんでしょうけど、インパクト残せなかったらお払い箱でしょう。まぁ、小笠原さんはいいとして松崎さんがすぐ消えちゃうのはカワイソウだなぁ。  


雅楽多blog:清原和博は、日本プロ野球史上唯一の「ベースボールプロレスラー」である。
 漫画家&イラストレーターのカネシゲタカシさんBLOGから。
 でも番長みたいなプロレスラーって減ってきたけどね。清原が引退したら前田みたいになるんだろうなぁ。


K-1公式ジム、六本木ヒルズにオープン (スポーツナビ)
 ケビン・ヤマザキ氏の「トータル・ワークアウト」と併設。ホリエモンが喜んでるらしい。


榊原代表「次回カードは慎重に協議」=PRIDE (スポーツナビ)
 桜庭vsシウバは先送り・・・。シウバの相手は中村和裕になりそう。
 吉田秀彦は「敗者復活」の道が用意されるらしい。K-1みたい・・・。昨年のヘビー級GPのリザーバーはロン・ウォーターマンだったっけ?
 PRIDE公式HPでは見たいカードについてアンケートを行っています。
PRIDE | PRIDE GP 2005 2ndROUNDで見たいカード投票
 シウバvsボブチャンチンがみたーい。


DRAGON GATE「GLORIOUS GATE」 (スポーツナビ|格闘技|速報)
 博多でブレイブゲート選手権。

5/1 DRAGON GATE・博多スターレーン
 ブレイブゲート選手権:土井成樹vsK-ness.
 毎回、博多大会は盛り上がります。今回は誰かゲストあるかな?


池田大輔公式ホームページ 風天
 池田大介のフーテンプロモーション、旗揚げ。

4/24 フーテンプロ・横浜赤レンガ(424人・超満員札止め)
 ○石川雄規(13分56秒 チキンウイング・フェースロック)●池田大輔
 札止め! 
 メインで石川が勝利したのはちょっと意外? いやいや、まだ負けられませんね。
 小野武志がプロレス復帰。


【嘘か真か!?南野たけし負傷欠場!環境破壊帝国の暗い影】:みちのくプロレス
 南野たけしが犬に噛まれて欠場・・・。「植樹マン」の対戦相手「破壊デビル」の仕業か?
 ・・・遠回しなネタバラシは嫌いじゃないです。


Fedor Emelyanenko ::- ヒョードル選手についてのドキュメンタリー映画
 ヒョードルのドキュメンタリー・・・リングス時代がどのぐらい出るんだろう。
 ロシア中心の公開なのかなぁ。


M's Style・ディファ有明大会(ユックリ、アユメ) (かなたく)
 今後は興行を増やしていく予定のM's。ディファでトーナメント。かなりメンバーは豪華。

4/24 M'sSTYLE・ディファ有明(700人)
[10=メ]優勝賞金100万円ワンデートーナント決勝:○闘獣牙Leon(11分55秒 キーバ)●浜田文子
 元玲央奈のLeonが先輩・文子を敗って優勝。地味だけどイイ選手なんでブレイクしてもらいたい。
 この日がデビューの栗原あゆみ、1回戦で金星。
 [1]1回戦:○栗原(9分8秒 丸め込み→エビ)●GAMI
 [5]2回戦:○植松寿絵(6分54秒 ダイビング・ボディプレス→体)●栗原
 2回戦ではXとして登場の元GAEA・植松に完敗。NEWS侍で見たら途中泣いちゃってましたね・・・。
 誰がナント言おうと、可愛い娘は女子プロに必要。頑張れ。


PRIDE | ニュース | 『PRIDE GP 2005 開幕戦』の平均視聴率は18.7% 瞬間最高視聴率はヴァンダレイ・シウバVS吉田秀彦の24.5%
 平均で18.7%! こりゃ凄い。やっぱり9時か10時からがベスト。
 K-1が高視聴率なのはTV向きのネタ中心だからと思ったんですが、この結果見ると内容はややマニマ向きでもブランド力で引っ張っちゃえるんだなぁーと考えを改めました。


土山中学校
 U-FILEに修学旅行。 

4月20日(水)U-FILE CAMP大森にて、滋賀県の土山中学校3年生の皆さんが修学旅行での社会体験のひとつとしてU-FILE CAMP特別体験セミナーにご参加いただきました!
キックボクシングなどを楽しみながら学び修学旅行の良い思い出となったようです。
 田村がいたら、もっと嬉しいんでしょうけどね~。


宇宙人の皮?売ります (エルエル)
 宇宙パワーとかのマスクorコスチューム・オークションかと思った。


PRIDE | ニュース | 五味は「ロック」に、美濃輪は「Go to summer!」。マッハは「言いたいことは試合で語る」 新生・武士道に向けて、それぞれがテーマを語った。
 武士道に追加カード。

5/22 PRIDE 武士道 其の七・有明コロシアム
・追加カード
 五味隆典vsルイス・アゼレード
 美濃輪育久vsフィル・バローニ
 桜井”マッハ”速人vsルイス・ブスカベ

・既報カード
 長南亮vsニーノ”エルビス”シェンブリ
 前田吉朗vsチャールズ”クレイジーホース”ベネット

 美濃輪の相手はUFCで2勝5敗。でも試合内容はヨイらしく、簡単な相手ではなさそう。
 五味の相手、アゼレードは前回の武士道でブスカベに勝利。こちらもヤバそう。


■PR


プロ格BLOGランキングに参加中。このリンクを押すとランキングが上がります。管理人は喜びます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

三沢vs川田、シングルで決定!

スポーツナビ | ニュース | 7.18三沢vs川田が正式決定
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE

 NOAH・ドームに追加カード! くぅあ~、やっちゃうんだ~。

7/18 NOAH・東京ドーム
・追加カード
 時間無制限1本勝負:三沢光晴vs川田利明

・既報カード
 小橋建太vs佐々木健介

 シングルで来るとは思いませんでした。今回のドームは出し惜しみ無しですか~? 
 こりゃプロレス史に残る大会となりそうです。マジで札止めの可能性もあるんじゃないか? ってか、これで埋まらなかったら、もうネタないよ(笑)。いやホント楽しみになってきました。
 三沢vs川田って意外と噛み合わないんですけどね。まぁ、四天王時代とは2人とも違います。

 ところで、GHC戦はどうなるの?
力皇がドーム大会メーンを宣言 - nikkansports.com > バトルニュース

 今月24日の日本武道館大会では同王座初防衛に成功したが、試合内容に満足しない観客からブーイングを浴びた。「いいことも悪いこともすべて財産。ベルトを巻いているからこそできる経験だし、前を見て進んでいくしかない。ドームのメーンで見返す? そりゃそうでしょ」と王者のプライドをにじませた。誰の対戦要求でも受けて立つと言い切り、名乗り出てくる挑戦者を待つ。
 メインでやるの? やめといた方がいいよ・・・。
 残ってる選手でドームのメインに相応しい相手と言えば秋山準しかいない。うーん、それでも上記の2試合のあとでやるのはキツイぞ。小橋vs健介のあとでやる(であろう)三沢vs川田もキツそうだけど。力皇をメインにするために、下のカードを豪華目にしたって可能性もあるか? とにかく力皇の対戦相手は大注目。

 小橋vs健介に関して。健介がFAXでコメント。
スポーツナビ|格闘技|健介がファックスでコメントを発表

今の自分にとってこれ以上はない最高のカードであり、最高に燃えられる対戦相手だと思う。この闘いに余計な言葉は一切いらないだろう。7月18日、素のままの自分で真っすぐに小橋選手と対峙したい。コメントは試合後に出したいと思う。
 「嫁バカ日誌」にもコメントあり。
佐々木健介「嫁バカ日誌」:お知らせ
 いやぁ・・・試合までの煽りゼロですか? 今の時代にこんなことする団体があるとは・・・。信じられない。いくら自信があるとはいえ・・・。
 毎日会見やってたハッスルとか、意味不明のボクシング特訓やってる天山とかどうなるんだよ(笑)。いや、切符売るためにいろいろ仕掛けるのは大事なことですよ(ボクシング特訓はどうかと思うがw)。こんなことできるのはNOAHだけだろうなぁ。

 ついでに次期シリーズのカードも紹介。注目カードのみ記載。

5/13 後楽園ホール
 力皇&スミスvsヨネ&森嶋
 斎藤&杉浦vs鈴木み&丸藤
 KENTA&鼓太郎&エル・オリエンタルvsSUWA&ロウキー&アビスモ・ネグロ

5/14 埼玉・本川越ペペホール
 力皇&ヨネ&森嶋vs斎藤&井上&スミス
 三沢&田上vsモデスト&モーガン

5/15 ディファ有明
 金丸&杉浦&SUWAvs丸藤&KENTA&ロウキー
 森嶋vs越中

6/10 後楽園ホール「第4回選手会興行」
 キャプテン髪切りマッチ~キャプテンは勝手に決めろ!!~ :金丸&杉浦&SUWA&橋vs丸藤&KENTA&菊地&鼓太郎
 泉田純のプロポーズ大作戦 :力皇&泉田vs秋山&潮崎
 ロイヤルランブル

 オリエンタルとアビスモ・ネグロが来日。2人とも日本向き。特にオリエンタルは大阪プロの常連だっただけに日本にも慣れてます。マルビン級の活躍も期待できるか。


■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
ブラック・アイがお届けする・・・プロレスリングNOAH、DVD・グッズ紹介ページ

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2005.04.26

棚橋弘至、第1回NJC優勝

NJPW
4/24 大阪府立体育会館(5800人・満員)、結果

 イマイチ話題にならなかった「NEW JAPAN CUP」、大阪で最終戦。

 [3]準決勝:○中西学(10分20秒 ヘラクレスカッター→片)●ケンドー・カシン
 [4]準決勝:○棚橋弘至(19分45秒 首固め)●天山広吉
 [8=メ]決勝;○棚橋(19分21秒 スリング・ブレイド→片)●中西学
 ※棚橋が優勝。
 お~棚橋ですか。波乱という感じではありませんが、ちょっと意外。私の予想は天山だったのだが。ドームに向けて弾みつきませんねぇ。実際、小島vs真壁戦のあとに天山が現れても、場内は微妙なリアクションだったらしい。
 一応、天山さんは「なんや、あのレフェリー!・・・夢とちゃうか!?」と、カウントが微妙だったことを強調していますが。
 微妙なカウントと言えば決勝のフィニッシュも怪しかったようで。選手を格オチさせないための手段としては、問題あると思うけどなぁ。決勝は狙いじゃないでしょうけど。
 とにかく棚橋さん、おめでとうございます。試合後には昨年のG1と同じようにパレード。
 今日の会見では藤田和之(大阪大会を観戦)との対戦を要求。それならドームのカード変更もアリだが・・・SAMUARI!「NEWS侍」に出演したGK金沢氏の情報によると、藤田は次期シリーズの巡業へ参加することになりそうだとか。それはそれで面白そう。
 
 中西vsカシンは思ったよりも普通の試合だったようですね。仲悪い時にもう一丁。

 その他の試合。

 [6]○小島聡(13分47秒 ラリアット→片)●真壁刀義
 ・小島マイク「おい、新日本プロレス! ダッセーヤツばっかり連れてきやがって。天山もどうしようもないな。えっ!」
 ・次の試合(イリミネーション)に出場する8人+天山が登場して乱闘(小島1人を9人で?)。
 ・小島マイク「天山なんかで東京ドーム埋められるか!」
 こういう挑発が一番天山には効くでしょ。「ぶっ殺してやる」「潰してやる」とかの100倍ぐらい。
 「コジログ 小島聡blog」から。
 そして試合後、新日本プロレスの事をボロクソに言いました。新日本プロレス及び、新日本ファンの人は物凄い怒りを覚えたと思います。でも自分が今IWGPのベルトを持っている以上、全日本プロレスの選手である以上、これは戦争だと思っています。
 ナァナァな気持ちでは、これだけの選手層を誇る大国、新日本に向かっていけません。新日本プロレスから見れば自分は外敵以外の何者でもありません。自分から見れば新日本プロレスは完全な敵地なのです。だからあえてボロクソに言いました。そうじゃないと、弱い心に押し潰されてしまいます。
 そういう意識を強く持って、強い心を持ってドームに望みたいと思います。
 いやはや、素晴らしいですね~。新日本を「大国」とおっしゃってますが、主導権は小島さんが握りっぱなしのような気がします。
 いろいろ吠えてた真壁さん、タイトルマッチにはまだ早かったようで。真壁は小島のことを「小鳥恥(ことり・はじ)」と呼んで挑発してましたが、キックボクサーで「小鳥」さんっているんですよね。本名は小島。
WTG
本名 小島 裕由
趣味 AV鑑賞
尊敬する人 チョコボール向井
 ちなみに強いです。
 真壁さんも彼の所属する「ホワイトタイガージム」で↓のような地獄の特訓を受ければいいんですよ!
小鳥はマジです
 オモロイなぁ。
 [5]○藤波辰爾(3分59秒 ドラゴン・スリーパー)●中嶋勝彦
 藤波マイク「久々に大阪のリングに帰ってきました。しばらくリングを離れていた間に、新日本が大変なことになってしまいましたが、これからはリングの上で頑張ります。どうぞ、新日本にご期待下さい!」
 注目の一戦は約4分で終了。もうちょっと付き合ってあげてもいいのに。スタミナに自身ないのかなぁ・・・。


 観戦記を2つ紹介。参考にさせて頂きました~。

女でもグーで殴る:新日本プロレス4/24大阪府立体育館 観戦感想観戦感想その2
NOW for the next world ~成功と幸せのバランスを得るために~:え~~~~~!?そらぁ、ないわあ!!


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
コジログ 小島聡blog
WTG にようこそ
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.24

4/24 NOAH・武道館、会場から速報2

スポーツナビ|格闘技|速報
4/24 NOAH・日本武道館(15800人・超満員)、結果
※4/25に記事をまとめています。一部修正もあり。


【4】森嶋&ヨネvs田上&佐野

 序盤、ヨネは田上相手に早くも筋肉バスター。
 いつもより更に元気がない田上、後半怒りの大爆発。田上オモロイ。

○田上(10分58秒 俺が田上だ→体)●ヨネ


【5】KENTAvsSUWA

 KENTAは花道とは別の場所から登場して背後から急襲。
 KENTAのキックは相変わらず凄い。SUWAは張り手で対抗。
 KENTAが高速のウラカンラナ…SUWAが相手だからこそですな。
 SUWAがカメラボックスを持ち出し、いろいろあったあと、それで一撃。なんとアッサリ反則裁定。

○KENTA(6分23秒 反則)●SUWA

 試合後、杉浦・金丸乱入してKENTAをボコボコ。
 SUWAマイク「ノアファン、お前らのマスターベーションには付き合ってられんわ」
 金丸はジュニアタッグ王座挑戦をアピール。

 終了のゴング直後は「えっ」って感じの声が多かったが、マイクで和んだんで、それほど不満の声は出ず。
 もう1回みたいなぁ。


【6】三沢&鼓太郎vs鈴木み&丸藤

 ミノルと三沢がエルボー合戦、三沢が圧勝。ミノルのエルボーは全然効いてない。
 序盤は鼓太郎が捕まる。
 ミノルの弓矢固めに丸藤スワンダイブから顔面蹴り。連携ヨイ。
 フィニッシュは、ミノルの裸絞めから丸藤が…

 ○丸藤(20分0秒 不知火→片)●鼓太郎

 出ずっ張りの鼓太郎、最後まで粘ったがミノル組の完勝だった。


セミ前にドームのカード発表。

小橋vs佐々木健介! シングル!


【セミ】小橋&潮崎vs天龍&秋山

 ゴング前に天龍組奇襲、いきなり天龍と小橋がチョップ合戦、天龍ダウン!
 怒った天龍が小橋に机を投げつけるも…小橋効かない!
 リングに戻り、両者控えになるも、天龍は小橋のもとに歩みよりペットボトルを投げつける。小橋激怒。
 天龍vs小橋、チョップ合戦…小橋が圧倒。チョップ連打にコーナーに沈む。天龍がランディ・サページになってしまう!
 場外エスケープも小橋追ってチョップ連打。
 天龍…胸から出血! かなりヒドイ。こんなのみたことないぞ…。
 そのあとはしばらく潮崎イジメ。
 終盤、また小橋vs天龍。天龍引かない。凄い。また胸から出血。
 天龍vs潮崎、潮崎が強烈な張り手。ムーンサルト狙い…天龍カット。強烈なチョップ!そして…。

○天龍(17分30秒 パワーボム→エビ)●潮崎

 試合後、天龍は真っ赤な胸をサッサッと手ではらい「たいしたことない」と強がる。更に腕をかちあげ挑発。
 こんな54歳いるか?
 天龍好きの私にしたら、かなり寂しくなる場面はあったが、究極のキラー小橋が見れて、それに強がる天龍がいて…。
 名勝負。


【メイン】力皇vs斎藤
 彰俊ペースで試合は進む。力皇は右腕を負傷しているようで、そこへの攻撃が目立つ。
 やっぱり観客のテンションは低めかなぁ。
 10分から力皇が攻め、フットスタンプ等。
 花道から何かの技で両者落下(よく見えなかった)。そこから彰俊が猛攻。高角度ジャーマン連発。
 力皇パワーボムも腕に力入らないのかショボショボ。ブーイングも聞こえる。
 彰俊もハイキック等で返すが…。

○力皇(25分6秒 無双→片)●彰俊

 最後は一発。微妙。
 力皇のインタビュー、客席からは大きなブーイング!
 こんなの珍しい。
 力皇は淡々とボソボソと話すだけ…。

 盛り上がりどころもなかったし、こりゃ誰が見てもダメだろう。
 今日はセミにつきる。
 終了です。


■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
ブラック・アイがお届けする・・・プロレスリングNOAH、DVD・グッズ紹介ページ

| | コメント (7) | トラックバック (1)

4/24 NOAH・武道館、会場から速報1

スポーツナビ|格闘技|速報
4/24 NOAH・日本武道館(15800人・超満員)、結果
※4/25に記事をまとめています。一部修正もあり。

 速報開始します。
 いやー、ノアにしたら悲惨な寂しい入り…。アリーナ&一階席はソコソコ埋まってるけど(それでも空席はある)、二階席はガラガラ。最上段から3〜4列はほとんど人がいない。3000円と5000円の間がドーナツ化。まぁそれでも7割は入ってるけど。

【1】川畑&井上vs泉田&橋

川畑のアックスボンバーが沸いた。

 ○泉田(14分18秒 隕石→片)●川畑


【2】本田&金丸&杉浦vsバイソン&スタイナー&マルビン

 ジュニア同士の攻防は素晴らしいんだが、本田・スタイナーが出るとモッサリ…。
 スタイナーは張り切ってるんだけど。

○杉浦(16分9秒 五輪予選スラム→片)●マルビン

近くにうるさい客がいるので席移動します。


【3】小川&菊地&スリンガーvsスコーピオ&モデスト&モーガン
 菊地は相変わらず笑えた。スリンガーは老けた感じ…。
 もうちょっと試合時間短くしてくれ。

○スコーピオ(19分16秒 ドロップ・ザ・ボム→片)●菊地

 フィニッシュはセントーンみたいになって、ちょっと危なかった。


選手退場後…リングアナに呼び込まれ…川田登場! 黒のスーツ。
川田は三沢を呼ぶ。三沢リングへ。
川田「ファンが望むカードをするのがプロのレスラー。7月18日、その日は空けておきます」
三沢「川田、ドームで待ってるぞ」
がっちり握手。
大歓声。


■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
ブラック・アイがお届けする・・・プロレスリングNOAH、DVD・グッズ紹介ページ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明日はNOAH・武道館大会を会場から速報します

 明日はNOAH・武道館大会を観戦する予定・・・。会場から携帯でチマチマ速報します。
 気がつきゃ今年のNOAH・武道館は皆勤賞だ。まぁ、もはやプロレス団体最大手ですから外せません。
 彰俊vs力皇は・・・初めから期待してないんで、意外と面白く見れる予感が。何にしても、2人へのプレッシャーは凄いだろうなぁ。

 注目の話題有り。
川田がノア武道館に来る、三沢戦を視野 - nikkansports.com > バトルニュース

 20日に終了した全日本チャンピオンカーニバル(CC)は準決勝で姿を消した川田が、早くも次の標的をノアに絞った。「ノアの戦いは見たことがない。(無所属になって)身が軽くなったんだから、行動して自分の気持ちを伝えたい」と意欲的だ。全日本のリングで数々の死闘を演じてきた三沢との対戦については「まだ何とも言えないが、ファンが望むことをオレはやりたい」と宣言。
 もうこれは登場決定でしょう。標的はやっぱり三沢?
 昨年の武藤-三沢もそうですが、ちゃんとドームに相応しい絡みをNOAHは提供してくれますね。でもタッグなんだろうなぁ・・・。川田のパートナー誰? まさか石狩じゃないだろうし。
 秋山が「天龍同盟」を復活させる動きしてますが・・・「天龍&川田」なら面白いけど。
 秋山がやってる「天龍同盟」は深い意味があるように思えず、名前が軽く扱われてる感じで気に入らない。HERO'Sのエセ・リングスと似てる風味。祭り上げられてる大ボスが、それなりに乗り気なのもそっくり。ちなみに私は「一番好きなレスラーは誰?」と聞かれれば迷わず「天龍」と答えます。
 天龍同盟ってのはな、抗争がナァナァにならないようにと天龍と原がバス移動を拒否、時刻表片手に電車を乗り継ぎ移動して・・・って話が長くなる。まぁ、オッサンの愚痴だ。
 今回の武道館はドーム前最後のビッグマッチ。他にもいろいろ動きあるかも? どうでしょ。ってか、力皇の相手は誰? まだ読めない・・・。


■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
ブラックアイ・amazonページ↓
プロレスリングNOAH、DVDほか紹介

| | コメント (1) | トラックバック (0)

5/1パンクラス・文体全カード/小ネタ集

 眠い・・・。パソコン調子悪・・・。小ネタ集。

05.01横浜大会全対戦カード決定 (P A N C R A S E)
 文体の全カードです。

5/1 パンクラス・横浜文化体育館
 [1]アレックス・ロバーツvsアンソニー“辰治”ネツラー
 [2]石毛大蔵vs長岡弘樹
 [3]矢野卓見vsNUKINPO!
 「4」長谷川秀彦vs関直喜
 [5]渡辺大介vs白井祐矢
 [6]野地竜太vsオー・ジン・チュル
 [7=セ]ウェルター級KOP選手権:井上克也vsアライケンジ
 [8=メ]ミドル級KOP選手権:ネイサン・マーコートvs竹内出
 いよいよパンクラスは知らない選手の方が多くなってきちゃったなぁ・・・。
 しっかし、文体がコレで大丈夫なんですかね? 前回もあまり入らなかったようですが・・・。


WAP 公式サイト (レッスルエイドプロジェクト)
 後楽園大会のカード発表。

5/2 WAP・後楽園ホール
 [1]NWA女子パシフィック&NEOシングル選手権:倉垣翼vsナディア・ハート
 [2]ジョーキンボールvsジャック・エバンス
 [3]マスターオブ・キングキャリバー(選手権):ジョーレジェンドvsバンビ・キラー
 [4=セ]マスターオブ・エクスキャリバー(選手権):ピーティー・ウイリアムスvsクリス・セービン
 [5=メ]5-5タッグマッチ、時間無制限3本勝負 チーム分け未定(参加選手:剛竜馬、栗栖正伸、グラン浜田、青柳政司、ドン荒川、嵐、ターザン後藤、三宅綾、松崎一彦、越中詩郎)
 メインのメンバー凄いなぁ・・・。よくもこれだけ集められたもんだ。
 でもお客さんはセミの試合楽しみで来るんじゃない? まぁ、Xディジビジョン一本で興行やるのは恐いんだろうけど。


 週プロモバイルでは「PWC」とこの大会はなっていた。

4/16 斗猛矢興行・新木場1stRING(185人・満員)
 [4]M雁之助、GOEMON、○Rフジ(17分39秒 9999→体)●吉田和則、S飛田、C高橋
 確かにPWCメンバーが。第何次Pになる?ってか、Pでいいのか?
 メインでは藤田ミノルが斗猛矢に勝利。


ナックルハンドバッグ (pya!)
 [画像]メリケンサックとしての機能も兼ね備えたハンドバック。護身用?


タイトルマッチ/ごっつ(■ファイルマン■)
 [動画]まっちゃんの指示は的確。「ごっつ」は面白いなぁ。ホント復活してくれ。


東郷日記:悲しいとき~
 BLOGではよくあるネタですが・・・全部面白い。


みちのくプロレス
 予告通り、里村がみちのく参戦。

5/1 みちのく・新潟フェイズ
 新崎人生&里村明衣子vsG・サスケ&カルロス天野
 佐藤秀&佐藤恵&シュガー佐藤vsラッセ&大間まぐ狼&植松寿絵
 他にも元GAEA(元ガイ?)勢が。
 フンドシの大間と絡んで大丈夫か? シュガーは化粧まわしつけて入場したことあったけどね。


K-1 MAXに“最後の大物”佐藤が参戦 (スポーツナビ)
 全日本キックを電撃退団した佐藤、K-1MAXへ。

5/4 K-1MAX・有明コロシアム
 スーパーファイト:佐藤嘉洋vsウィリアム・ディンダー
 MAX準優勝のガオランに勝ったことあります。かなりの強豪でしょうが・・・
キックボクサーはなかなかMAXで結果出せてないから心配。


藪下、“日韓対決”で全カード決定=4.30スマックガール (スポーツナビ)
 4/30スマックガール・静岡大会カード。
 これで引退の近藤有希、マーロス・クーネンとは厳しい相手。
 藪下は無差別級との2階級制覇目刺しミドル級王座決定トーナメント出陣。元アストレス・石川美津穂も出る。


NEO女子プロレス OFFICIAL WEBSITE
 「NEO JAPAN CUP」参加メンバー発表。

第6回NEO JAPAN CUP
 ≪レッドゾーン≫井上京子、三田英津子、元気美佐恵、タニー・マウス、輝優優
 ≪ブルーゾーン≫田村欣子、宮崎有妃、松尾永遠、春山香代子、アメージング・コング
 元GAEAから輝が参戦。アメコンも今後はフリーなのかなぁ。


ヤマモブログ・My Dear Life:here's キューティー・コマンド
 ヤマモさんBLOGより。関西インディーに出没する女子レスラーが紹介されてます。若干気になる・・・。


アンダーグラウンドなデスマッチの世界!流血注意! (小太郎ぶろぐ)
 海外の蛍光灯デスマッチが紹介されてます。うーん、日本の方が激しい気がする、まだまだ・・・なんて言ってる時点で異常か? 
 蛍光灯って大日本が元祖なんですかね? 


■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ミドル級GP開幕/シウバ、吉田に勝利

スポーツナビ|格闘技|PRIDE|速報
4/23 PRIDE・大阪ドーム(4万43523人)、結果

 PRIDEミドル級GPが開幕。今回はPPV見ませんでした、地上波のみ・・・。主な試合を振り返る。

 [8=メ]○ヴァンダレイ・シウバ(判定 2-1)●吉田秀彦
 やっぱりシウバは強かった。吉田もかなり健闘しましたけどね~。3R終盤に踏みつけをかわして、そのまま足関に行ったのは良かったが・・・最後までシウバは余裕。
 柔術で黒帯になったシウバは寝技の技術もグングン上昇・・・正直、誰も倒せそうにない・・・。
 [7]○桜庭和志(1R0分38秒 KO)●ユン・ドンシク
 久しぶりに桜庭のスカッとした試合見れました。ランドセルの入場も笑えたし、サクの笑顔は皆を幸せにしてくれる・・・。だから秒殺でもいいんです!
 寝技の強さをアピールしていたユン様、打撃で終了・・・。パンチはそれほど完璧には当たってないように見えましたが・・・半分ビビリ入ったのかなぁ。試合の打撃は練習と違うって言うから。
 この秒殺で真っ先に頭に浮かんできたのが以下の記事に書き込まれたコメント。
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: PRIDEミドル級GP、残り1枠
 この人はガックリきただろうなぁ~。まぁ、寝技は見せてないんで、もう一丁ですな。
 [3]○イゴール・ボブチャンチン(判定 3-0)●近藤有己
 ボブチャンチン完勝・・・でも近藤はかなり善戦しました。近藤は打撃で勝負するタイプだと思うんで、同系で体格差があるとなかなか越えられないだろうなぁ。
 さっき「シウバの優勝キマリ」みたいなこと書きましたが、もし勝つとしたらボブチャンチンなんじゃないかと思っております。シウバはあんまストライカーと多くやってないようなんで。ハントに負けたのも体格差以外に・・・。
 ショーグンも面白いけど同門だからなぁ。

 UFC代表のビクトーが負けたり、ヘンダーソンが一本負けしたり、ランペイジがアバラ折られたり・・・いろいろありました。興行としてはどうだったんかな。大爆発とはいかなかったが、満足できる内容ではあったような。取りあえず「シウバ強ッ」ってのを更に印象づけた大会だった。

 さて勝ち残った8人は・・・。

 中村和裕
 ヒカルド・アローナ
 イゴール・ボブチャンチン
 アリスター・オーフレイム
 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
 桜庭和志
 マウリシオ・ショーグン
 ヴァンダレイ・シウバ
 日本人は2人。中村も立派でした(ランデルマンは相変わらず波がある)。なんとか準決勝まで1人でも残ってほしいもんですが・・・誰が相手でも厳しい。ジャイアント・シルバが恋しい。なんなら「桜庭vs中村」やるか・・・何て思ってた、シウバが桜庭を指名したようです。うーん・・・まぁ、いつかはやらなきゃいけませんからね。今なら体調は良さそうだし・・・それもヨイでしょう。
 
 次回はヘビー級でもビッグカードが組まれるとTVでも告知・・・「ヒョードルvsミルコ」いよいよ決定?


■関連リンク
PRIDE OFFICIAL WEBSITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2005年4月17日 - 2005年4月23日 | トップページ | 2005年5月1日 - 2005年5月7日 »