« 2005年4月10日 - 2005年4月16日 | トップページ | 2005年4月24日 - 2005年4月30日 »

2005.04.22

NEW JAPAN CUP:カシン準決勝進出

 チャンカンは終わりましたが、「春のG1」NEW JAPAN CUPはこれからが本番。

 まずは1回戦の行われた広島大会を振り返る。番狂わせが多かったようで。

4/19 新日本・広島サンプラザホール(3000人・満員)
※全てトーナメント1回戦
 [1]○金本浩二(8分19秒 横入り式エビ固め)●柳澤龍志
 [2]○中西学(7分34秒 ヘラクレスカッター→片)●後藤洋央紀
 [3]○稔(16分47秒 リングアウト)●西村
 [4]○吉江豊(9分7秒 ダイビング・ボディプレス→体)●スコット・ノートン
 [5]○蝶野正洋(10分29秒 シャイニング・ケンカキック→体)●タイガーマスク
 [6]○ケンドー・カシン(8分59秒 ジャックナイフ式エビ固め)●中邑真輔
 [7=セ]○天山広吉(15分54秒 ムーンサルトプレス→片)●獣神サンダー・ライガー
 [8=メ]○棚橋弘至(24分12秒 レフェリー暴行→反則)●永田裕志
 最大の事件はカシンが中邑に勝利したことですかね~。まぁ、ドームのタッグ選手権を前にしていることを考えれば、あり得ない結果ではないんだが。
 田中稔&ヒート改め「稔」、西村にズル勝ちも試合後にめまいを訴え救急車へ。取りあえず脳に異常はなかったそうですが、めまいは収らず、しばらく欠場となるようです(トーナメントは西村が敗者復活)。チョット心配ですね・・・。
 メインでは永田が暴走。何だか「永田が暴走」って書きながらニヤニヤしてる自分に気づく(笑)。いやいや、ブルージャスティスは期待してますよ・・・。

 で、後楽園の2回戦へ。
スポーツナビ|格闘技|速報

4/21 新日本・後楽園ホール(1450人・満員)
※以下は全てトーナメント2回戦
 [5]○ケンドー・カシン(15分48秒 高角度前方回転エビ固め)●吉江豊
 [6]○天山広吉(20分47秒 アナコンダクロス)●西村修
 [7=セ]○中西学(14分16秒 ヘラクレスカッター→片)●蝶野正洋
 [8=メ]○棚橋弘至(17分38秒 ドラゴンSH)●金本浩二
 気になるのはカシンさん。セコンドにはスーツ姿の永田さん! 吉江の足引っ張ったりで大活躍(?)。もう一つ突き抜けた感じのネタがあれば更にいいんだが。マイクで試合中にダメダシしまくるとか・・・つまらんか。
 試合後のカシン・コメント。
「俺達のキャプテンは永田。リーダーは中西。俺はマネージャーだな。永田、大阪でもセコンド頼む。この調子で永田とIWGPタッグとるよ!」
 いや、ドームでタッグ王座に挑戦するのは「中西&カシン」ですからw
 メインでは棚橋が勝利して「優勝→IWGP奪還」を宣言。蝶野のセコンドにはサブゥーが着いたそうです。そう言えばタッグ組んだ時期もあったなぁ・・・。

 後楽園にしては豪華カードだと思うんですが・・・超満員にはならないんですねぇ(新日本の後楽園大会は実数に近い発表)。新日本の後楽園は面白いって評判なんですが。

 さて、大阪の決勝トーナメントは以下のようになります。

4/24 大阪府立体育会館
・準決勝
 中西学vsケンドー・カシン
 天山広吉vs棚橋弘至
※決勝も同日。
 中西vsカシンはシングル初対決ですよね? 石澤時代を除くと。和解してからの対戦となると雰囲気はどうなるんでしょう? 永田さんはホントにカシンのセコンドに着く? ブルージャスティス、早くも空中分裂の危機を迎えてないか(笑)。まぁ、そういう不安定さがこの軍団の売りになるんでしょう。たぶん。
 優勝予想・・・天山。それが一番分かりやすい。
 カシン優勝なら面白いけどね。G1の第1回が蝶野優勝でインパクト残したように、NJCも先を見るなら意外性が必要?


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR
DVD紹介
月刊
新日本プロレス 1

[DVD]新日本の新DVDシリーズ第1弾。2/20両国大会中心。「小島vs天山」のダブルタイトルマッチ収録。


ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.21

チャンピオン・カーニバル'05、佐々木健介優勝

スポーツナビ|格闘技|速報

4/20 全日本・代々木第2体育館(5300人・満員)

 なかなかの盛り上りのまま優勝戦を迎えたチャンカン、優勝は・・・若干意外?

 [2]トーナメント1回戦
 ○ジャマール(16分22秒 フライング・ソーセージ→片)●小島聡

 [3]トーナメント1回戦
 ○佐々木健介(19分11秒 ノーザンライト・ボム→体)●川田利明

 [7=メ]チャンピオンカーニバル優勝戦
 ○佐々木健介(17分32秒 ノーザンライト・ボム→片)●ジャマール

 ・健介マイク「今日はありがとうございました。その前に、ほっぺたつねってもいいですか。去年はこのトロフィーに触れなかったけど、この強豪たちに勝ちあがってここまでこれたこと、嬉しく思います。」

 健介が優勝。昨年MVPの勢いはまだまだ衰えず。まさに家族の勝利
 優勝戦のダイジェストを「NEWS侍」で見ましたが、フィニッシュへの流れに感心。ジャマールの巨体を抱え上げるも若干ふらついてしまう・・・それでも見事北斗ボムへ。しかし、カウント1で健介自ら相手を引き起こし、再度北斗ボムの体勢へ。今度はまったくぐらつかずパーフェクト。これで3カウント。ジャマールを持ち上げただけでも十分凄いんだけどね~。
 このあとの目標は・・・小島の三冠or公式戦で完敗を喫したバーナード退治?

 何にしても、最終戦も満員ってことでチャンピオン・カーニバルのブランドは復活と考えてヨイかな? 次は・・・最強タッグの復活でしょう! 年末期待しちゃう。

 [5]世界ジュニアヘビー級選手権
 ○TAKAみちのく(17分4秒 みちのくドライバーⅡ→片)●中嶋勝彦
 ※王者・TAKAがV5
 レフェリー問題で話題になった選手権。北斗さんは序盤に若干手を出したようですが、基本的には公平に裁いたようです。
 試合後には・・・。
 そこにK-DOJOのHi69が現れ「5・26千葉で次はオレが挑戦だ」と言うと、さらにカズ、NOSAWA、近藤、YASSHI、石狩、歳三も上がり、次々とアピール。ベルトを持ったTAKAが誰にしようか悩む間に、石狩がマイクを奪うが、すかさずTAKAのテーマ曲が流れ始めたため、全員が退場。1人取り残された石狩は、リング上に残ったままのトロフィーを抱えてはしゃいだ
 全日本だとイマイチ個性を出せてない石狩ですが・・・もうハッスルと一緒のキャラでいいんじゃないですか?
 近藤修司も名乗りあげてますが、今後はジュニア?

 今回の大会はスポンサーの「eBet」主催の優勝者当てクイズがあったそうで・・・。
ターザンカフェ|プロ格コラム[2005年04月21日(木)]

 その優勝者を当てるクイズが会場内でおこなわれた。ケイタイサイトで投票するのだ。
 場内のビジョンには各選手のオッズが発表されたりして非常に興味深かった。
 当事者の中から1等賞には賞金10万円が贈られる。2等は全員に500円。あとは選手のサイン色紙とか。
 1等10万ってより、2等全員に500円って太っ腹。携帯と連携すれば各試合ごとに賭けやってリアルタイムで楽しむこともできるんですねぇ。
 ラスベガスだと野球で一球一打席ごとに賭けをするブックメーカー(?)があるらしい。「次の球はストライク? ボール?」とかで、すぐ結果が出る。
 プロレスもいろいろやりましょー。
 私がやってる別HP「プロレス専門場外馬券売り場・JRB」は現在休止中。もうしばらくお待ちください・・・。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■PR
格闘技BLOGランキング・参加中~

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.04.20

NOAHでチェーンデスマッチ/小ネタ集

 新BLOGをいじってるんですが・・・転送量のこと考えてなかった。ヤバイかも・・・。
 そんなことは忘れて・・・コネタ集です。


ヨネvs森嶋の王座戦がチェーンデスマッチに=4.20ノア (スポーツナビ)
 NOAHでデスマッチはビックリですが、なんでチェーンを選ぶんだろ。
 あれってデスマッチで最も難しい形式だと思うよ。チェーンが短いと動きが制限されちゃうし、長いと意味無くてダラケルし。新日本でやったのも大失敗だったなぁ。


広島でK-1 JAPAN GP 2005を開催 (スポーツナビ)
 K-1ジャパンにボブ・サップが出場。ワンマッチじゃなくてトーナメントですっ!
 これ・・・サップ大本命って感じでもないなぁ。天田・中迫だったら勝てるんじゃない。今のサップはモチベーション次第。


われ~、 (小ネタBlog~純情派【新館】)
 [画像]新手の男色ディーノ?


5.3「ZST 7」に前田日明が来場 (スポーツナビ )
 リングスの流れを汲むZSTに遅ればせながら前田降臨。所・小谷はHERO'S参戦へ・・・って、次のHERO'Sはいつなのよ~。


初代タイガーが6月に新団体を旗揚げ 旗揚げ戦でスーパータイガー復活へ (スポーツナビ)
 佐山さんのプロレス新団体、正式名称は「リアルジャパンプロレス」。真日本プロレスって感じでしょうか? ちょっとど真ん中チック。旗揚げ戦は6/9後楽園ホール。


5月14日新日本プロレス公開トライアウト開催のお知らせ (NJPW)
 東京ドーム大会の前にトライアウト開催。全国のインディー・レスラー、新日本に入れるチャンス? 大阪辞めた人とか狙ってそう。
 「公開」ってなってるからお客さんも見れるのかな? おっ、ドームに行きたくなる理由がやっと一つできた。


メーンは吉田vsシウバ=PRIDE GPの試合順が決定 (スポーツナビ)
 大阪ドームの試合順決定。

4/23 PRIDE-GP開幕戦・大阪ドーム
 [1]中村和裕vsケビン・ランデルマン
 [2]ヒカルド・アローナvsディーン・リスター
 [3]近藤有機vsイゴール・ボブチャンチン
 [4]ビクトー・ベウフォートvsアリスター・オーフレイム
 [5]アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラvsダン・ヘンダーソン
 [6]桜庭和志vsユン・ドンシク
 [7=セ]クイントン“ランペイジ”ジャクソンvsマウリシオ・ショーグン
 [8=メ]吉田和彦vsヴァンダレイ・シウバ
 桜庭を押しのけてランペイジvsショーグンがセミ。凄い試合になるのは間違いなし?
 杉浦貴(ノア)がワンマッチで出場する噂ありましたが、結局なくなったようですね。NOAHは巡業中だし。


元リングス・滑川がメーンで激勝! DEEPが3年ぶりに名古屋に凱旋 (スポーツナビ)
 DEEPのHEROは元リングスが勝利。

4/15 「DEEP HERO 1」・ZeppNagoya(1085人・超満員札止め)
 [19=メ]○滑川康仁(1R3分38秒 マウントパンチ→KO)●秋山賢治
 “秋山”はどっちもメインで負け。 
 6/19には北海道・真駒内アイスアリーナ(1万人収容!)で「HERO 2」の開催決定。


広西:チワン族観光祭でトマトまみれプロレス大会
 中国でトマト・プロレス。リンク先に画像ありますが・・・凄い量。


5/5 後藤一派・清水マリンビル大会全カード
 「後藤&画伯vs小島&本間」以外に「豊田真奈美vs唯我」なんてのもある!
 あとは謎の単語が並んでるなぁ・・・。「インディペンデントマスクマン無差別級選手権」なんていつ出来たんだ?


新しい花粉症対策。 ( 小ネタBlog~純情派【新館】)
 [画像]私にはマスクマンに見えます。黒だから、次のCTUマスクはこれで。


■関連リンク
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イナゴライダー

ハッスル: ニュース ハッスル9で小川・川田・大谷がタッグ結成。高田モンスター軍再入団査定試合でコールマンらと激突! 田中がHHH王座防衛戦に挑む

 ハッスルが会見。まとめます。

 ・5/10 新潟市体育館「ハッスル9」&5/14・15 札幌スピカ「ハッスルハウスvol.7&8」出場メンバーが発表となる。中村カントク、川田、石狩、アンジョー、島田が登場。

 ・石狩がハッスル軍メンバーを直筆で書いてきた。「石狩」だけ太字でデカク書いてある。「川田さんがデッカク生きろっていうから」と石狩。更に川田の名前を「和明」と間違える。

 ・ハッスル軍出場メンバー
石狩太一、“キャプテン・ハッスル”小川直也、“ハッスルK”川田利明、“ハッスルあちち”大谷晋二郎、田中将斗、金村キンタロー、黒田哲広、カズ・ハヤシ、レオナルド・スパンキー、ハッスル仮面レッド、ブルー、イエロー、グリーン、ピンク、崔リョウジ(←名前漢字になったはずだが)

 ・川田「キャプテンは小川。小川とは静岡大会以来連絡がとれないが、その座を空けて待ってます」。

 ・モンスター軍出場メンバー
アリシンZ、モンスターJ、ジャイアント・シルバ、マーク・コールマン、モンスター・人狼(★)、FUJIN・RAIJIN(★)、かまきりジャック(★)、イナゴライダー(★)
 ※★印は今回初登場。

 ・決定カード
 ハッスル仮面チームvsイナゴライダー(タッグ?)
 HHH選手権:田中将斗vsモンスター軍(未定)
 コールマン・モンスター軍入り査定試合:小川&川田&大谷vsコールマン&アンジョー&人狼

 まー、毎回いろんな怪人考えますね・・・。
 イナゴライダーは「新潟の稲を食いつくし、凶作をもたらすイナゴのDNAを注入された男」らしい。ご当地レスラーだったのか・・・。175Rと間違える人は・・・いない(断言)。ハッスル・レンジャーとの対戦は夢のヒーロー対決? 
 今のところカードは・・・普通。取りあえず、小川が現れるのかってのがポイントですか?

 名古屋は観客動員も好調でした。新潟でも満員になるようなら、もう関東には来ないかな・・・。ハッスルマニアはどこでやるんだろ。

 うーん、記事にしてみたが書くことがない。
 物足りない分は高田総統の笑顔でお楽しみください。

soto


■関連リンク
ハッスル オフィシャル ウェブサイト
■PR
ハッスル関連DVD
ハッスル・小川直也、DVDほか紹介

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.19

C・カーニバル、健介・小島・川田・ジャマールが決勝へ

試合結果

 チャンピオン・カーニバル、決勝進出者も決まり、代々木大会の全カード決定。

4/20 全日本・国立代々木競技場第2体育館
 [1]渕正信&雷陣明vs嵐&歳三
 [2]2005チャンピオン・カーニバル優勝者決定トーナメント1回戦:小島聡vsジャマール
 [3]2005チャンピオン・カーニバル優勝者決定トーナメント1回戦:川田利明vs佐々木健介
 [4]荒谷望誉&平井伸和vs太陽ケア&ブキャナン
 [5]世界ジュニアヘビー級選手権:TAKAみちのくvs中嶋勝彦
 [6=セ]武藤&ハヤシ&本間&諏訪間&NOSAWAvsTARU&バーナード&パルンボ&近藤&YASSHI
 [7=メ]2005チャンピオン・カーニバル優勝者決定トーナメント優勝戦
 ジャマールが何とか残りましたね~。肩が悪いようですが・・・コンデションはどうなんだろ。
 優勝予想は・・・小島vs健介で小島勝優勝かな。開幕の借りを返して健介に初勝利・・・と読む。でも、どの組み合わせでも面白そうだなぁ。

 さて、公式戦でいろいろ波乱が起こりましたが・・・これはビックリ。

4/16 ウエルサンピア松本
 ○諏訪間幸平(13分9秒 ジャーマン→片)●武藤敬司
 侍Nでダイジェスト見ましたが・・・諏訪間のジャーマンを食らって真っ逆様。それで半失神状態に・・・。感じとしてはアクシデントっぽい雰囲気。アングルの可能性もありますが・・・何にしても寂しい。武藤は翌日、チャックにも完敗。

 開幕2戦目で健介を圧倒したバーナード、一気に優勝候補となりましたが・・・後半は暴走が目立ち自滅。

4/14 大阪府立第2
 ▲太陽ケア(10分51秒 両者リングアウト)▲ジャイアント・バーナード

4/16 ウエルサンピア松本
 ○小島聡(8分56秒 リングアウト)●ジャイアント・バーナード

4/17 新潟市体育館
 ○嵐(2分38秒 暴走→反則)●ジャイアント・バーナード

 結局2勝の4点止まり。まぁ、このあと興行の目玉として使える目処が立ったんで、今回はパスって感じですかね。反則・両リンの復活も嬉しいなぁ。もちろん、バーナードの暴れっぷりに説得力あればこそのことでしょうが。
 昨日の試合を侍Nで見たら、暴れるバーナードにTARUが謎の紙(写真?)を見せるとおとなしくなっていた。何だろ? 気になる謎かけだ。

 リーグ戦の結果はコチラ。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

前田日明、リキプロ観戦後のコメント

 リキプロに登場した前田日明、リング上のマイクはいろいろなところで取り上げられてますが、セミ終了後のコメントは更に注目の内容だった。
 スポナビに加え、「紙プロHAND」の記事も一部参考にして紹介。

スポーツナビ|格闘技|速報

■試合後のコメント

 前田 第1試合から見たけど、オレが新日本に出ていたころとは全然違う。沸いた試合もあるけど、
 ルチャで沸いてるだけであってね。
 ああいうことぐらいしかできなくなったんだなって感じ。長州力のやってる興行で闘うんなら、もう少しね。

――長州選手の印象は

 前田 オレが見ていたのは一番脂が乗り切っていたころ。気持ちで何とか引っ張って頑張っているけど、ちょっと見ててつらかったね。俺がブッカーだったら、あんな第1試合やってたら、リング上でやっちゃいますよ。

――それは空回りしているということですか

 前田 リズムというか、何というか、リングへの心とか、受け手がいないし、そのリズムがわかんない。もう歳なのかな。かつては新日本の救世主だった。ちょっとやっぱり、あのメンバーでは空振りするようになっちゃったのかな。もっとたとえばジャーマンとか、決める技のはずが、そこに行くまでのダメージが与えきれなかったのか受けた人がヒョコヒョコ起き上がってくる。誰が見てもこれはきついな、という試合をやっていない。

――上井さんの「かかわっていく」という発言については

 前田 今の時点では何とも言えないけど、オレが口を出して若いヤツらがついてこられるのか。でも、それを追い詰めて、一から気持ちを入れ替えないと、誇りも持てないし、この職業に胸も張れないでしょ。今のしょうもない試合では残る人もいない。名前は言わないけど、新日本の練習生が「スクワット300回やるのは無駄だ」と言っているのを聞いて唖然とした。レスラーとしてのコンディションを作っていく中で、一見無駄なことをやってこそ、リングの上で気持ちが作れる。

――新日本の永田選手が「W-1のリングに上がってもいい」というような発言をしていましたが

 前田 それは今日はちょっと……。でも、中途半端な気持ちで発言したんじゃないことを祈ります。もし話題作りとか、そういう気持ちで言ったのなら撤回したほうがいいですよ。オレの言葉はシュートしかないから。中途半端なら怖い思いをするだけだよ。

 これ・・・どうですか? 私に一番引っかかったのは「ルチャで沸いてるだけ」ってとこ(この部分は紙プロhandから)。んぁ~、前田さんのなかではルチャに対するイメージってまったく変わってなかったんですねぇ。山崎一夫なんかがエル・ファンタスマとかをボコボコにしてた時代と同じ・・・。昭和の新日本では「ルチャはプロレスと別物」という風潮は確かにあった。しかしねぇ・・・。
 ディック東郷なんてルチャを超越してると思うんだけど。ってか、東郷がダメなら日本で誰もプロレスラーを名乗れないと思うぞ。
 もちろん、今回の発言は「長州力がトップの団体ならば」ということに重きを置いたモノ。「ルチャ否定」というよりは「俺のプロレスはルチャとは違う」という感じになるでしょう。それにしても「ルチャだから」的なバッサリ切り捨てにはビックリです・・・。

 第1試合(宇和野vsMIYAWAKI)見て、本気で「リング上でやっちゃう」気があるならば構わずボコボコにしてもらって欲しい。前田ファンもそれを望んでいるだろうし、インディー・ファンのヒートも買いやすい。この発言が対リキプロ開戦前夜におけるアングルだったら素晴らしいんだが、「オレの言葉はシュートしかないから」ですもんね・・・。
 村上の登場でも分かったように、今後リキプロとビッグマウスは手を組んで行くようです。リキプロは興行数も多くなりそう。それこそ、W-1でやろうとしていたことがいろいろスライドする可能性もある。W-1旗揚げが決まったら決まったで「W-1=ハッスル・シリーズ」「リキプロ=ハッスルハウス」的に使われる形もあるんじゃない?
 ただ、そこに前田日明が絡むかは分からない。金村らが前田に関するマイクでもしていれば、いろいろ話が転がる予感してくるのだが・・・。それにしても金村・石井らはなぜ噛みつかない? 試合もそうだったがヨソユキな感じに見えてしまった。ファンのリアクションもどうかと思うしね・・・。

 紙プロhandの中から一つ引用(総評全体も興味深いです。加入して読んでみてください)。

 ジョーダンズ・三又氏は前田日明に声援を送る観客に対し「どうしてブーイングしないんだよ。自分が応援してるプロレスに誇りを持っているんだったら、あんなこと言うヤツはブーイングで追い返せよ。リキプロファンはバカばっかりだ!」と、ひとりブーイングを行っていたという。ちなみに三又氏は大の前田信者。
 まぁ、超満員だった観客の中で胸を張ってリキプロファンと言える人が何人いるかは分かりませんが、まったくブーイングらしいモノが聞えなかったのは・・・どうなんでしょう。

 そんな中、前田の発言・行動に怒り震えるBLOGが。リンク先、読んでみてください。
鈴木妄想なんじゃもん - [観戦記]4月16日リキプロ後楽園ホール興行
 ファンはちゃんといるってことですなぁ。リキプロの選手も長州の目ばっか気にしてちゃダメですよ~。

 話は戻って・・・前田の理想とするプロレスとは? ここ3・4年にあった名勝負を見てもらって感想でも聞きたい感じ。
 おそらくのところ、試合中にスポットがあるってだけでも「NO」となるんじゃないかなぁ。過去の発言で「俺らの頃は頭と尻だけで、あとはアドリブ」みたいな発言ありましたし。そういうプロレスに本気で取り組むならば、それはソレで見てみたい気持ちはある(今ある団体だと、それに近いことやってるのはU-STYLEだけ?)。ただ、その過程で他のスタイルを否定するような発言はさけてもらいたいですよ、はい。
 ただ、あの日のリキプロ興行に充満していた緊張感は、間違いなく前田効果。その上で、前田に認められなかった選手達は今回の出来事をどういう形で昇華させていくのか? 次に前田がプロレスと関わる日までの課題となります。その辺は注目。

 それにしても・・・私も前田は大好きです。でも、今回の件でプロレスファンのほとんどは前田を敵と見なしましたね。それが残念で仕方ない・・・。

 あと、「スクワット300回」の人って誰でしたっけ? 最近、どこかで聞いた話なんですが思い出せない。
 

■関連リンク
RIKIPRO.COM
■PR
格プロBLOGランキング参加中! このBLOGが面白かったら押してください

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.04.18

ブルー・ジャスティス

 チョット目を離してるうちに、新日本の軍団構成に動きがあったようだ。
 流れをまとめてみる。

 4/9 永田裕志が本隊離脱を宣言。後藤洋・真壁・吉江・Bウルフがメンバー候補。

 4/11 永田vs高阪決定。後藤洋がCTU入りを表明。

 4/13 中西学とケンドー・カシンが和解。蝶野は「中西・カシン・藤田和之・永田で新グループを」と呼びかける。

 そして昨日・・・。
永田新軍団名は「青い正義」/新日 - nikkansports.com > バトルニュース
  新グループのチーム名を「ブルー・ジャスティス」とすることを条件に軍団入りを認める方向。矢野・ウルフも加入か?
 蒼い正義・・・、まぁ青は永田さんのカラーですから・・・。名前が条件って随分軽いような。
 これってどうなってるんだ? BNJはどうなるの???
 蝶野さんがサポートしてる感じからして・・・BNJ所属の中西はBNJ所属のままブルージャスティス(BJ)へ。永田さんはBNJ入りはせずにBJへ・・・。
 自分で書いててよくわからんが、これじゃ第3勢力って感じではないよなぁ。BNJの下部組織か?
 なんだか全然わからん。まぁ、もうちょっと様子見ますか・・・。
 それにしても、永田・中西・カシン・藤田ってまとまるわけないよなぁ(笑)。藤田は名前だけ出てるけど、本人に話行ってるんだろうか(笑)。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全女、解散へ。ダンプは松永社長を竹刀でボコボコ

 いよいよ来てしまった全女・最後の日・・・。
 素晴らしい観戦レポートがありましたので、詳しくはそちらをご覧ください。

ノーホールズバード。~プロレスとかバレーボールとかリラックマとか~:全女後楽園大会8
1/17 全女(ファースト・オン・ステージ主催)・後楽園ホール(2100人・超満員札止め)、結果

 [7=メ]○前川久美子、渡辺智子(12分48秒 カカト落とし→片)A・KONG、●前村早紀

以下は「ノーホールズバード」さんより引用。一部省略。
・全試合終了後、セレモニー。
 リング上に所属選手、そして、リングサイドに出場した全女OGが並ぶ。
 出場選手以外でも、赤城マリ子、チャパリータASARI、玉田凛映、ミホカヨなどOGが来場していました。
 「格闘女神ATHENA」でおなじみだった勝俣さんや、フジテレビの長坂アナ、なぜか元光GENJIの山本淳一さんの姿も・・・。
 入院中の松永高司会長は来場できず、松永健司副会長と、国松社長が挨拶。
 土下座して謝ろうとする二人を選手が止めました。
 こんなところは見たくなかったし、全女が終わる日が来るとは思いもよらなかったです。
 仕事で来場できなかった志生野コミッショナーと、会長のコメントが読み上げられた後、リングに向けて10カウントゴング。
最後にリングサイドにいたOGも全員リングに上がって、ランダムではありますが、それぞれ挨拶。

ダンプ松本・マイク「悔しいです・・・。さみしいです・・・。今日来ていない飛鳥も千種もきっとさみしいと思ってます。
でも、最後まで残っていた全女の選手に大きな拍手をあげて下さい! みんなの心の中に全女を残して下さい。」

 OG大集結も・・・こんな形ではまったく喜べませんね・・・。
 取りあえず札止めは良かったんですが、ファースト・オン・ステージ主催とは言え、債権者が売り上げを抜いてしまう可能性もあるでしょう。とにかく・・・明るい話題が見当たらない。

 団体としてのケジメはついたのでしょうか? リング上から今後に関する具体的な発表はなかったようです。
 携帯サイトから情報をとめる。

 ・渡辺智子選手会長は「全女解散」を宣言。
 ・所属選手はそれぞれフリーとして活動予定。
 ・WWWAシングル王座は現王者・前川久美子が管理(?)する方向。
 もう「全女」って名前を使ってる間は借金から逃げれませんからね・・・。解散しかないでしょう。遅すぎます。でも松永ファミリーはズルズルやるような気もするなぁ・・・。
 全女の歴史が刻まれている各ベルトはどうなるんでしょう? オールパシフィックとか。WWWAは女子プロ統一王座みたいにして回せないかなぁ。全盛期のNWAみたいに。

 この日はダンプさんの試合が面白かったようですね。

 [5]ダンプ松本、ZAP・T、○サソリ(首固め)●ジャガー横田、立野記代、井上貴子
 ※レフェリー阿部四郎が高速カウント。レフェリーをジミー加山(松永国松)に変更して再試合。
 [再試合]ジャガー、○立野、貴子(11分24秒 横入り式エビ固め)●ダノプ、ZAP・T、サソリ
 ジミー加山をダンプは竹刀でボコボコに、更には流血までさせちゃったらしい。まったくシャレになってない(笑)。
 セコンドにはジャンボ堀・永堀一恵・クレーンユウ・コンドル斎藤・ドリル仲前等など・・・。

 ダンプさんは、これでしばらく試合はないのかなぁ・・・。

 さてさて、全女とGAEA勢を受け入れてくれる団体はどこでしょう・・・ってか、どこからも声かからない選手も出てくるだろうなぁ。更には、これまでフリーで活動していた選手が仕事減りそう。
 残った女子プロ団体。

 LLPW
 JWP
 NEO
 JDスター(エキスパート・格闘美・チャレンジャーA)
 AtoZ
 M's STYLE
 我闘姑娘
 どこが女子プロのトップになるだろ? LLは別格として・・・NEOかJDかなぁ。

 とにかく頑張れ。ホント、この先1年が正念場。

 松永ファミリーの暴露本とか読みたいけどなぁ。書いても印税差し押さえだろうから書かないだろうね・・・。


■関連リンク
全日本女子プロレス-Ring Star Field-
■PR

プロ格BLOGランキング中、他サイト・BLOGの女子プロレス情報はコチラで

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2005年4月10日 - 2005年4月16日 | トップページ | 2005年4月24日 - 2005年4月30日 »