« 2005年4月3日 - 2005年4月9日 | トップページ | 2005年4月17日 - 2005年4月23日 »

2005.04.16

リキプロ・後楽園、会場から速報2

【7】金村キンタロー&石井知弘vs黒田哲広&BADBOY非道

 カメラマンのほとんどが前田を追っかけ控え室へ。これからメインだってのに(笑)
 ハイスパートで止めどなく技が続く。
 間違いなくいい試合。盛り上がりました。
 ただ、もうひとつインパクトが欲しかったような。スッーと流れすぎで・・・普段の試合とは違う感じ。
 まぁ、前田来場の大会でやった試合って意味では記憶に残るかな?
 最後は簡単なマイクで退場。前田ネタはダメだった?

 終了です。
 全体的に緊張感あったのは間違いなく前田効果。満員でしたが前田ファンが多い感じではなかった…。


■関連リンク
RIKIPRO.COM
■PR
格プロBLOGランキング参加中! このBLOGが面白かったら押してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リキプロ・後楽園、会場から速報1

スポーツナビ|格闘技|速報
4/16 リキプロ・後楽園ホール(1850人)、結果

※4/18に4つの記事を2つにまとめました。

 速報開始します。
 ちょっと会場入り遅れたが・・・開始も遅れてた。
 エレベーター出ると人だらけ。開場してないのかと思ったら、関係者筋チケット(招待券ではないと思う)の受け渡しで大量の人が並んでるらしい。
 なんと会場は満員! 9割は入ってる。発表は超満員だろうなぁ。

 10分遅れでスタート。前田の姿は見えず。


 【1】宇和野貴史vsMIYAWAKI

 ど真ん中系のヨイ試合。ドタドタ感もマグマチックで許せる。
 やっぱり後楽園はいいなぁ。リキプロの試合は後楽園向きだ。決して横アリには向かない。

 ○宇和野(5分8秒 逆エビ固め)●MIYAWAKI


 【2】佐々木貴vsアジアン・クーガー

 思ったよりも噛み合わず…。二人とも体がデカクなったなぁ。

 ○佐々木(9分16秒 Dガイスト→エビ)●クーガー


 【3】スペル・クレイジー&浪口修vsディック東郷&日高郁人

 このメンバーで面白くならないわけがない! それでもまだ今日は控え目なほうだろうなぁ。
 フィニッシュ前の東郷のラリアットが凄かった。
 試合中ずっと盛り上がりっぱなし。
 クレイジーはもうちょっと見たかった。

 ○東郷(13分30秒 ダイビング・セントーン→体)●浪口


 【4】矢口壹琅vsGENTARO

 何だか知らないが盛り上がった。今日はプロレス見慣れてない人が多いのかな? リアクションがそんな感じ。
 フィニッシュはカウント微妙。

 ○GENTARO(14分38秒 変形首固め)●矢口


 今の時点でほぼ超満員。よく入った。


 【5】高岩竜一vs関本大介

 今日の関本はやや元気ない。序盤に効いちゃった技があったのかなぁ。
 終盤粘ったが完敗。

 ○高岩(13分5秒 ラリアット→体)●関本


 休憩明け…前田登場!!
 前田マイク「お久しぶりです。この後楽園で長州さんとの試合がきっかけで新日本を解雇になったなと思い出しながらリングに上がりました。20年近くプロレスやってて、今日の第1試合から見ていて、このリングには意地も誇りもないな。自分が維新軍とやっていたころは、自分たちの威信をかけてぶつかり合っていたリングがこうなってしまったのか、と感じました。プロレス復活のため、お力を貸していただけるようお願いします」

 これだけ近くで前田を見たのはリングスの餅つき以来か? もう、その雰囲気は・・・。

 そのあと上井氏が「ホナガさんは男だ」みたいなマイク。
 二人は最前列の本部席で観戦。

 【6】長州力&宇和野貴史vs越中詩郎&青柳政司

 試合は皆気合い入ってハードヒット。青柳の蹴りが凄い。
 宇和野の動きが悪く、長州イライラ。
 途中、場外乱闘でリキプロ若手が手を出すと長州が怒って若手を蹴る。
 前田は腕ぐみのまま微動だにせず。俺の角度からは矢口がジャマで前田がよくみえない! ドケ!

 ○越中(9分59秒 バワーボム→エビ)●宇和野

 試合後、凄い髪型で村上和成が登場。長州に挑戦アピール。
 長州マイクは上井氏と前田へ。
 長州マイク「よく来たな、上井、オレが一番嫌いなヤツだ。料理してやるから。上井、おまえの気持ちには感謝してる。いい刺激を与えてくれた。オレが死ぬ前に倒してやる。日明、ありがとう。おまえも頑張れよ」 
 この試合後、前田は退場。


■関連リンク
RIKIPRO.COM
■PR
格プロBLOGランキング参加中! このBLOGが面白かったら押してください

| | コメント (3) | トラックバック (2)

明日は、リキプロ・会場から速報するかも

 明日は急遽、RIKIPURO・後楽園大会を観戦することになった。簡単に携帯から速報予定。

 目玉は・・・やっぱ前田来場ですよねぇ~。

 だた、ちょっと会場入りするのが遅れるかもしれませんので、その時はすいません。

全カード
スポーツナビ | ニュース | 4.16 RIKIPRO後楽園大会のカードが変更

おおっ、クレイジー出るんだ。

■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤耕平&崔領二、炎武連夢に勝利

 炎武連夢復活のZERO1MAX、意外な結果に・・・。

スポーツナビ|格闘技|速報
4/14 ZERO1-MAX・後楽園ホール(1400人)、結果

 ちょっと客入りは寂しいですね・・・。

 [6=メ]NWAインターコンチネンタルタッグ王座決定戦
 佐藤耕平、○崔領二(19分18秒 ミドルキック→片)大谷晋二郎、●田中将斗
 ※佐藤&崔が第13代王者に

 ・崔マイク「一度は別の就職先を探したり、プロレスを諦めたこともあった。でも、絶対に諦めなければ夢は叶う。僕たちは本気で上を目指して頑張っています。これからも熱いご声援、よろしくお願いします」

 耕平&崔が炎武連夢越え! ちょっと試合を観てないと・・・違和感ありますねぇ。耕平が火祭り優勝と聞いた時と似たような。
 観戦した方の感想を・・・。
プロレス玩具箱:ZERO-1MAX観戦記・「激情回帰」4.14後楽園
 崔には、いつも肝心なところでふっと諦めるというか、粘りが足りない、という印象があったんだけど、今日は違った。
 大谷と田中のきつい攻めに、今までだったらもう立ち上がってこないだろう、というところまで追い込まれても、何度も立ってきた。立ち上がるだけではなく、顔つきが違った。
 なかなか頑張ったようです。まぁ、これからが勝負ですな。
 崔さんは相変わらず体調はイマイチのようで、崔さんBLOGを読むと想像以上に大変だったようで。
キャべオールとマキオール日記:治療一日目
 もしこの3日間の治療で体が良くならない場合は引退も視野に入れて考えなければ。
そんな思いの中、大阪に帰ってきました。いつも、ここぞ!って時に病気や怪我して。何でなんですかね?この先どうなるかわからないけど諦めたらその時点で終わりなんで頑張ります!
 いや~、なかなかのドラマであります。無理はしないで頂きたいが、ベルト背負っちゃった以上、ZERO1の中心として暴れなくちゃなりませんな。
 思わぬ敗戦にお怒りだった炎武連夢、リベンジという目標が生まれたこともありチーム継続でキマリのようです。
 [5=セ]AWA世界ヘビー級選手権=真撃ルール
 ○大森隆男(13分30秒 逆エビ固め→TKO)●ジャスティン・マッコリー
 ※王者・大森が防衛

 大森コメント「予想どおり。今日のこの試合については感性がまったく働かなかった。」

 やっぱダメだったみたいですね・・・。大森さんは裸足で登場。これはかなり大きいんじゃないかなぁ。
 真撃って裸足でやってたっけ? 
 中村氏によると、このルールはこれで完全に封印されるそうです。
 [4]4団体認定Jrヘビー級選手権
 ○日高郁人(14分0秒 ミスティ・フリップ→片)●スペル・クレイジー
 ※挑戦者・日高が王座奪取
 日高が王座奪取。
 着々とクレイジーがWWEへ行く日は近づいている・・・。


■関連リンク
PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site
伊勢の赤福餅でえじゃないか!日記
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

中邑&棚橋vs中西&カシン、決定

 新日本でいろいろカード発表。

 まずは東京ドームから。
NJPWカード情報

5/14 新日本・東京ドーム
・追加カード
 IWGPタッグ選手権:中邑真輔&棚橋弘至vs中西学&ケンドー・カシン

・既報カード
 IWGPヘビー級C:小島聡vs天山広吉
 永田裕志vs高阪剛
 IWGPJrヘビー級C:金本浩二&井上亘vs稔&後藤洋央紀
 IWGPJrヘビー級C:タイガーマスクvsブラック・タイガー

 ロス道場にドラゴン・ソルジャーBとして出没していた(?)カシン、ここに来て新日本へ登場。しかも不仲で有名な中西とタッグ。
中西がカシンとの共闘を宣言(スポーツナビ)
 新日本プロレスの中西学は13日、米国から帰国したブラックニュージャパン総帥・蝶野正洋とともに会見した。これまで犬猿の仲とされてきたケンドー・カシンとの電撃和解、共闘について中西は「カシンは毒づいてはいるが、いいものを持っている。ある意味認めている」とこれまで、数々の因縁を生んできた発言内容とは一転、共闘を宣言した。
 そんな簡単に仲良くなれるわけないでしょ・・・。
 どうせならドラゴン・ソルジャーBとして来日しちゃって、アホキャラ全開の中西が「お前カシンに似てるけど違うよな?」って感じのネタをドームまで続けるってのはどうでしょう? でもドームってこと考えるとカシンの名前は使いたいからなぁ・・・。まぁ、カシンはジュニアなんでどっちにしても弱めのカードなんですが・・・。
 ドームも4大タイトルマッチが全て決定。あと残ってるのは・・・蝶野ぐらい? 大丈夫か・・・。
 橋本の来場が目玉になるのは辛いぞ・・。

 次シリーズの追加カードも。

4/21 新日本・後楽園ホール
 真壁刀義vs本間朋晃[全日本プロレス]

4/24 大阪府立体育会館
 真壁刀義vs小島聡

 真壁は「本間に勝ったら小島戦はタイトルマッチにしろ」と吠える。チャンカン終わっても(優勝戦は20日)小島は大変だ。IWGPは予定あるのでナイでしょうが、三冠だったらある? そうでもないか・・。
 真壁ってホントにイイ印象がないんです・・・。流血時の表情は抜群ですけどね、それぐらい・・・。小島とは手が合いそうな気もするが、どうでしょ。

 NEW JAPAN CUPで出場選手の変更アリ。

「NEW JAPAN CUP」トーナメント出場選手変更のお知らせ
 ・成瀬昌由選手が海老名大会での負傷(左足内側副靱帯損傷)のため出場できず。
  →成瀬選手の枠には後藤洋央紀選手。
 ・真壁刀義選手が対全日本に向けて、欠場の申し入れ。
  →真壁選手の枠にはケンドー・カシン選手。
 カシンの1回戦は中邑! これは面白そう。大阪ドーム以来の接触。カシンさんが台風の目となりそうな予感・・・あっさり反則負けで敗退って可能性もあるがw
 ちょっと面白くなってきたかな? 何にしても、開催する時期が悪いよな・・・。優勝した先が見えないし。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.04.15

元大阪プロ・松井レフェリー、DDTへ/小ネタ集

 小ネタ集。いよいよ巡回が追いつかなくなってきたかも。マズイなぁ。


東郷日記:DDT大阪大会
 4/9DDT・大阪大会に、元大阪プロレスの松井レフェリーが登場。FECよりのヒール・レフェリーとして参戦するらしい。
 DDTと大阪はいろいろあったからなぁ・・。大阪辞める選手でDDT来る人は多いかもね。


ハッスルきのこ実演販売(悲しきアイアンマン)
 「ハッスルきのこ」、発売されてました。実演販売の様子がリポートされてます。


ドラゴン日記:一ヵ月振りにお帰りなさい
 伊東竜二さんBLOGより。2/22の試合後から指にあった違和感・・・ナント4/1に蛍光灯の破片が出てきた!
 BLOGには破片の画像もありますが・・・デカっ! こんなの一ヶ月も・・・。


ラグビー強烈タックル映像集(ひろぶろ)
 [動画]ラグビーの強烈タックル集。ほとんどラリアットみたいのもある。
 クローズラインはアメフトの反則技から誕生したって説もありますからね・・・。
 ※リンク先ページの画像をクリックで動画ページへ移動。


月刊 新日本プロレス (カクトウログ)
 新日本がDVDマガジンを創刊! 3990円・・・って普通のDVDですね。「マガジン」って感じだと高く感じてしまう。まぁ、内容次第でしょう。


Player Gets Kicked In Face (ひろぶろ)様より
 [動画]サッカーで顔面へハイキック。TAKAがよくやるジャンピングのトラースキックみたい。


内藤が判定で2度目の防衛/ボクシング (nikkansports.com)
 リンク先の画像見ろ~! ブラックアイにもほどがある! ここまで腫れてるのは初めてみた。


WWE リアルタイムの四方山話 - おはずかしながら
 先日休止を宣言なさった「リアルタイム四方山話」さん、やや縮小で続行のようです。良かった~。


大阪プロレス試合結果:沖縄再び!
 大阪プロレス・沖縄大会に新キャラ?登場。

4/12 大阪プロレス・沖縄県那覇簡保レクセンター(312人)
 [1]○アステカ(7分51秒 ダイビング・ボディプレス→片)●ザ・ハブ
 藤岡弘探検隊の大和隊員と戦わせたい。


WWE NEWS LINES
 WWEがライノの退団を公式に発表。
 それと共に・・・マット・ハーディーの解雇も発表に! え! こりゃ想像つかなかった。
 これで、エッジ・リタとの愛憎劇がシュートだったってことが証明されてしまった・・・。
 さらに、モーリー・ホーリも退団。こちらは待遇に関しての不満が原因らしい。どの選手も契約の関係があるんで、しばらくは他団体で試合できません。


筋力トレーニング (pya!)
 [画像]トレーニングはどこでもできる。


K―1が7月の上海興行中止 (報知)
 7月下旬に上海で予定されていた興行をキャンセル。
 判定で揉めたりしたら大変だからねぇ・・・。アレを煽るようなカード組めば、客は入るような気がするが・・。


「新日本を破壊しろ!」藤波が橋本にゲキ ( nikkansports.com )
 藤波が橋本へ5/14ドーム来場を呼びかけ。試合はまだ無理?


初代タイガーマスク・プレ旗揚げ戦の全カード決定 (スポーツナビ)
 団体名は「PRELUDE」でいいのかな?

4/16 PRELUDE・お台場SDM
 [1]サスケ・ザ・グレート1号vsタナカジュンジ
 [2]木村浩一郎vs田村和宏
 [3]桜花由美&渋谷シュウvs乱丸&斎藤啓子
 [4]石森太二&KUDO&HERO!vs諸橋晴也&柿本大地&マサ高梨
 [5=セ]アレクサンダー大塚vs飯伏幸太
 [6=メ]初代タイガーマスク&2代目ザ・タイガーvs折原昌夫&ザスケ・ザ・グレート2号
 DDT勢が多い。アレクvs飯伏ってどうなるんだ?


4.23、大仁田がPRIDE GPへ?(スポーツナビ)
 評論家の仕事で大阪ドームへ行くそうです・・・。取りあえず「チケット持ってますか?」と言われる心配はない。


PRIDE | ニュース | ミドル級戦士に先駆けて、高田統括本部長が4月17日(日)大阪ドームに登場!
 その大阪ドーム、土曜日に高田本部長が始球式。総統の方が面白かったんだけど・・・PRIDEの宣伝込みだから仕方なし。


PRIDE | ニュース | 【速報】長南がシュート・ボクセからの刺客を迎え撃つ! 無敗の男・前田が対戦するのはあの狂乱野郎だ!
 HERO'sに対抗して、本腰入れはじめた(?)武士道、カード発表。

5/22 PRIDE武士道其の七・有明コロシアム
 長南亮vsニーノ・エルビス・シェンブリ
 前田吉朗vsチャールズ"クレイジーホース"ベネット
 パンクラスで未だ負け無しの前田がPRIDE登場! でも体重は大丈夫?


■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.04.14

6/30 名古屋・RAW&神戸・スマックのダブル興行決定

 速報で。
 一報は↓で知りました。
プロレスリング・インターナショナル・ジャーナリスト・ジミー鈴木:WWE日本公演正式発表 !!

WWE - Worldwide

6/30 「WWE RAW PRESENTS ROAD TO SUMMERSLAM 」
 愛知・名古屋レインボーホール(19時開始)

6/30 「WWE SMACKDOWN! PRESENTS ROAD TO SUMMERSLAM 」
 兵庫・神戸ワールド記念ホール(19時開始)

・チケット情報(両大会共通)
チケット発売:5/14(eplus等)
 料金(円):2万/1万5000/1万/5000/2000

 RAWとスマックが同時来日で同日同時間に興行~! また、やることが凄いな・・・。
 たぶん、これまでの日本公演を全て観戦してる人いるでしょうが・・・さすがに今回はどちらか選ばねば。
 まだ発表ありませんが、この後関東でも興行あるらしいですよ!

追記:7/1さいたま(RAW)、7/2さいたま(スマック)が決定。
詳しくは→WWE OFFCIAL FANCLUB | SPECIAL


■関連リンク
WWE - Homepage
■PR
新作DVD
WWE ロイヤルランブル2005
RAW&スマックダウンPPV。レッスルマニアへの切符を目指すロイヤルランブル、HHHvsランディ・オートン、JBLvsカート・アングルvsビッグショーなど。160分。5月24日発売。
WWE ビバ・ラ・ディーバ
ステイシー、トリー、トリッシュ等のトップ・ディーバたちに加え、新ディーバも勢ぞろい。 リリアン・ガルシア(リングアナ)も登場。特典映像で過去に行われたビキニコンテスト・ランジェリーマッチなども収録。5月25日発売。

その他のDVD・・・
ブラック・アイがお届けする・・・WWE、DVDほか紹介コーナー

| | コメント (2) | トラックバック (1)

4/24 NOAH・武道館、全カード決定

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE COMPE#20050424

 武道館、全カード出ました。

4/24 NOAH・日本武道館
 [1]井上雅央&川畑輝鎮vs泉田純&橋誠
 [2]本田&金丸&杉浦vsスミス&Rスタイナー&マルビン 
 [3]小川&菊地&スリンガーvsスコーピオ&モデスト&モーガン
 [4]田上明&佐野巧真vsモハメドヨネ&森嶋猛
 [5]KENTAvsSUWA
 [6]三沢光晴&鈴木鼓太郎vs鈴木みのる&丸藤正道
 [7=セ]小橋建太&潮崎豪vs秋山準&天龍源一郎
 [8=メ]GHCヘビー級C:力皇猛vs斎藤彰俊
 追加されたカードでは・・・KENTAvsSUWAが注目、ってかそれ以外はどうでもよすぎ。
 ヘビー級にも通用した超ハードヒットな打撃を誇るKENTA、果たしてSUWAは受けきれるのか?(もしくはKENTAはどこまで蹴るか・・・) SUWAにとってはNOAH参戦以降、シングルでは最も大きな試合となりそう。どっちも好きな選手なんで期待しちゃいます。

 「三沢-鈴木み」「小橋ー天龍」という初絡みこそありますが・・・興行的には「力皇vs彰俊」一本勝負のように見えます(NOAHは本気で上記の初絡みを目玉と思っているんでしょうけど・・・カードとしては弱い)。
 観客動員は気になりますねぇ・・・。


 プロレスとは関係ないが、観客動員と言えば・・・今年から実数発表の野球界。実際にシビアな数字出てます。
横浜-ヤクルト戦が今季最低3875人 (nikkansports.com)
 もうすぐ後楽園ホールでもOKになるなw まぁ、過去には北沢タウンホールでも大丈夫なくらいのこともあったでしょうけど・・・。


■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
ブラック・アイがお届けする・・・プロレスリングNOAH、DVD・グッズ紹介ページ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.04.13

炎武連夢、復活

 次回、後楽園大会で炎武連夢復活が決定。
 その前に、靖国大会をオサライ。

奉納プロレスでサプライズ続出 武藤、小川がゲストとして来場 (スポーツナビ)
プロレス玩具箱:奉納プロレス観戦記(1)桜と土煙の中
プロレス玩具箱:奉納プロレス観戦記(2)プロレスの神様

 満開の桜に囲まれたリング・・・とにかく雰囲気は最高だったそうです。天気良かったしね。

4/10 ZERO-1MAX・靖国神社相撲場(3627人)

 [4]○佐々木健介(11分15秒 ノーザンライトボム→片)●佐藤耕平

 [5=セ]大谷晋二郎、○高岩竜一(17分23秒 ラリアット→片)田中将斗、●日高郁人

 [6=メ]AWA世界ヘビー級選手権
 ○大森隆男(18分45秒 アックスボンバー→片)●横井宏孝
 ※王者・大森が防衛

※主な出来事
 ・武藤敬司が観戦。
 ・試合後に小川直也が登場。「ハッスル一本締め」披露。
 ・村浜武洋が観戦。中嶋勝彦がタッグ結成を呼びかける。ディファカップ参戦か?
 ・プロレス教室、漫才、和太鼓演舞なども行われた。

 小川の来場はオイシイドコドリって感じであまり好きでない。頼まれたのかもしれないが。
 メインは大森さん防衛。この試合途中、大森のドロップキックで横井が脳震盪を起こしてしまったそうで、その後の記憶がないそうだ(しばらく欠場)。大森さん最大の武器(断言)であるドロップキック、華麗なだけじゃなく威力も凄いのが証明された? 横井はちょっと心配。PRIDEで減量した影響あるんじゃないかなぁ。
 とにかく、靖国興行は定着してもらいたいもんですね。会場費とかどんな感じなんだろう?

 浪口vs王は↓にあります。
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: 日中問題、プロレスは握手で和解へ(in靖国) 

 で、この大会で崔らに挑発された大谷&田中が炎武連夢復活を宣言。
 もう明日なのか・・・。

4/14 ZERO-1MAX 東京・後楽園ホール
 [1]不動力也vs高橋冬樹
 [2]がんばれサブー! キラーコワルスキー道場&01MAX MIXEDマッチ:藤田ミ&坂井澄江&エディ・エドワーズvsKアダモ&エイプリル・ハンター&スリック・ワグナーブラウン
 [3]浪口ディファカップ出場最終選考試合:高岩竜一vs浪口修
 [4]4団体認定Jrヘビー級C:スペル・クレイジーvs日高郁人
 [5=セ]AWA世界ヘビー級C=「真撃」ルール:大森隆男vsジャスティン・マッコリー
 [6=メ]NWAインター~タッグC:大谷晋二郎&田中将斗vs佐藤耕平&崔領二
 炎武連夢、[一夜限りで終わる]or[今後も組み続ける]の判断は試合が終わった時点で決めるらしい。
 今回の復活劇はかなり強引な印象を受けますが・・・。ZERO-ONEが無くなって以来、ハッキリとしない軍団構成が続いていたわけで(エロティックスはまだあるの?)、そろそろリセットボタン押して分かりやすい抗争に切り替える時期にあるのかもしれない。その中心に炎武連夢がいれば最高(?)なんだが。耕平&崔も頑張っていただきたい。崔さんは名前を漢字にしました。
 大森の相手は懐かしのマッコリー。なぜか真撃ルール、更にはノーロープも要求してるとか・・・。ちょっと大森さんには慣れないスタイルとなりそうですが・・・マッコリーがヒール・モード全開で乗り込んできたのは幸いかも。大森さんはハルク・ホーガンなんですよね。コテコテの勧善懲悪やらすのが一番似合うと思うんだけどなぁ。
 他にもいろいろ。クレイジーはそろそろWWEへ行っちゃいます(決定)。


■関連リンク
PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

「WE LOVE SABU」、全カード発表

 今週末に行われるサブゥー・チャリティーイベント「WE LOVE SABU」、全カードが発表されましたので紹介。

WE LOVE SABU公式blog:第1部(昼の部)全体戦カード決定!!

4/17 ディファ有明(12時半)開始
 [6]高木三四郎&NOSAWA論外 w/MIKAMI vs TAKAみちのく&X
 [5]ミスター雁之助&ジ・ウインガー&シャーク土屋 vs 池田誠志&X&坂井澄江
 [4]怨霊&ザ・クレイジーSKB&忍 vs アジアンクーガー&アジアンコンドル&アジアンモンキー
 [3]リッキー・フジ&大矢剛功 vs 戸井克成&GOSAKU
 [2]男女混合ロイヤルランブル方式バトルロイヤル
 GAMI、亜利弥'、ファング鈴木、おばっち飯塚、KAZUKI、賀川照子、石川美津穂、佐野直、澤宗紀、カブキキッド、TA☆KU、April Hunter
 [1]ドレイク森松 vs Aky
 メインの高木&NOSAW w/MIKAMIってのはDDT旗揚げメンバーですね。何か意味あり?
 バカ社長も出るんだなぁ・・・。

WE LOVE SABU公式blog:第2部(夜の部)全体戦カード決定!!

4/17 ディファ有明(6時半開始)
 [6]田中将斗&日高郁人&藤田ミノル VS 金村キンタロー&黒田哲広&マンモス佐々木
 [5]サンドマン&伊東竜二 VS BADBOY非道&ネクロ・ブッチャー
 [4]佐々木貴&GENTARO VS 関本大介&GOEMON
 [3]スリック・ワグナー・ブラウン VS ”ダイハード”エディ・エドワーズ
 [2]ジャガー横田&NOSAWA論外 VS 藪下めぐみ&タナカジュンジ
 [1]さくらえみ VS 木村響子
 コッチは何と言ってもサンドマンが目玉! 自堕落・自暴自棄、ビールと竹刀を武器に暴れまくる最高にカッコイイ・ダメオヤジ。彼の凄さは生で見ないと分からない。お世辞にもプロレスが巧いとは言えない、腹はそのまんまのビールっ腹。それでもカリスマとしてECWで主役の一人として存在し続けた。

 昔、FMWにサンドマンが来た時の話なんですが・・・私は後楽園のバルコニーで観戦。次はサンドマンの試合・・・ちょっと便所に行きたくなったのでバルコから階段を下りる。するとデカイ親父が階段に腰掛けていた。何だか頭抱えちゃってウンウン唸ってる。おそるおそる近づくと・・・それがサンドマン。声かけられる状態じゃなかったので遠巻きに観察w。もう、自殺でもするんじゃないかってぐらい思い詰めたような表情。それでとにかく酒臭い(笑)。前の試合が終わると立ち上がり、ソワソワと歩き出す。暗転になり「エンターサンドマン」のイントロがかかると扉を開けてダッシュ。南側客席から登場・・・。
 急いでバルコに戻り、客席でスポットライトを浴びるサンドマンを見ると・・・さっきとは別人のような表情。すげぇ・・・かっこいい・・。尿意が消えた。そんな想い出あります。確か、その時の相手はサブゥーだったんじゃないかなぁ。

 WE LOVE SABU公式blogではオークションの情報も。

オークション・グッズ
 (1)WWF世界ヘビー級チャンピオンのベルト
 (2)マンカインドの衣装(ネクタイ&Yシャツ、マスクはなし)
 (3)カクタス・ジャックのネルシャツ
 (4)TAJIRI選手のコスチューム
 (5)サブゥー選手のターバン
 (6)サブゥー選手のコスチューム
 どれもスゲェ・・・。WWFのベルト~!?
 メールで入札できるグッズもあるようなのでリンク先で確認してください。


■関連リンク
WE LOVE SABU公式blog
■PR
他の格闘技・プロレス関係のBLOGをチェック

| | コメント (6) | トラックバック (0)

GAEA JAPAN解散、長与千種・広田さくら引退

GAEA JAPAN OFFICIAL SITE
かなたく:GAEA・後楽園大会(愛されて、終幕。)

4/10 GAEA JAPAN・後楽園ホール(2300人・超満員札止め)
 ちょっと遅れましたが、最終興行となったGAEA・後楽園大会を紹介。出来事をまとめます。

 [4=セ]○広田さくら(17分29秒 毒霧→体)●尾崎魔弓
 ・広田は試合後に引退を発表。
 驚きの引退発表。広田選手ならばフリーでも活躍できると思います。集客も期待できそうだし、オファーも多いに違いない。まぁ、そういう当たり前の道(こう書くとフリーになる選手には失礼か?)を避けて通るのは広田さんらしいやり方なんでしょう。
 試合後の控え室ではいつもの調子で会見。
広田さくらバックステージコメント
 JWP・千葉さんTシャツって何だったの? そう言えば、私、千葉さんに間違われたことありますよ(笑)。随分前、後楽園でファンの人に「JWPの千葉さんですか?」って声かけられた。メガネ以外はぜんぜん似てないぞ。今、コンタクトだし。
 話がそれた・・・。今後の活動については「BLOGで発表」とのこと。さすがプロレスラー・BLOGの第一人者。
 今日、更新されてました。
広田さくらのコスプレ日記:えーと
 引退を決意するまでの経緯が語られています。今後については・・・「一大決心をした後なので、もう少し時間を下さい。」とのこと。待ちましょう。
 BLOGの更新は続けるのでしょうか? そう言えばえべっさんも大阪プロ離脱に伴い、現在のBLOGから移転するらしい(「えべっさん」って名前はどうなる?)。
 [5=メ]○里村明衣子(12分33秒 スコーピオン・ライジング→体)●長与千種
 この2人の初対決が、解散の日になってしまうとは・・。
 長与千種も終結。引退式マイク。
 「10年前のちょうどこの頃です。普通の女の子をどうしてもプロレスラーとして育てなければならなくて、過酷なトレーニングと精神修業をしたことを覚えています。初めてこの後楽園で試合をこなしてくれたのを見て、レスリングって素晴らしいなって。今、こうして皆さんの前に立てること、人生で一番幸せ。今、感謝とありがとうという言葉しか出てきません。(客席からの「泣くな」の声に反応して)泣きませんよぉー。たとえ、冬の時代、氷河の時代が来ようと、女子プロレスは不滅です。」
 「女子プロレス」は不滅・・・そう信じたい。ただ、クラッシュが引退、ガイアが解散、翌週全女が終了(?)・・・もうタイミング的にはネタが揃ってしまったというか。横浜で長与がカミングアウトしちゃったこともナニゲに大きいかなぁ。何にしても、この4月を境に女子プロってジャンルが正念場を迎えるのは間違いない。

 ガイア所属選手の今後をまとめる。

 水村綾菜・・・引退。名古屋の専門学校に合格。スポーツトレーナーの道を目指す。
 カルロス天野・・・フリーとして活動。
 永島千佳世・・・フリーとして活動。
 植松寿絵・・・フリーとして活動。
 輝優優・・・フリーとして活動。
 シュガー佐藤・・・秋に結婚。それまではフリーとして活動。
 広田さくら・・・引退。
 里村明衣子・・・しばらく休養。但し、新潟(地元)大会に出場できなかったのが心残りなので、みちのくプロレスの新潟大会に1試合だけ参加する。
 加藤園子・・・ケガを治して復帰を目指す。
 KAORU・・・ケガを治して復帰を目指す?
 KAORU選手は公式のコメントが見当たりませんでした(情報ありましたらお願いします)。
 そろそろ各団体のカードに名前が出てくるかもしれませんね・・・。

おまけ:127kgの成長日記:Fw:ありがとう〓
 ダンプさんのBLOG。引退直後の長与さんから届いたメールが転載(いいのか?)。

 メール嬉しかった!ありがとうね\(^O^)/長い道の間にレスラーとして出会え戦え、頑張れたことを心から財産としていれるよ!キョン・・・いや、ダンプ松本に、ありがとう!!本当に ありがとうね!!
 ダンプさんの功績も大きいよなぁ。

おまけ2:4/17 全日本女子・後楽園ホール、カード発表

 渡辺智子&伊藤薫(フリー) vs 豊田真奈美(フリー)&下田美馬(AtoZ)
 三田英津子(NEO)&椎名由香(NEO) vs 田村欣子(NEO)&タニーマウス(NEO)
 デビル雅美(フリー)&A.kong vs 井上京子(NEO)&元気美佐恵(NEO)
 ジャガー横田(フリー)&立野記代(LLPW)&井上貴子(LLPW)vsダンプ松本(極悪同盟)&ZAP・T(極悪同盟)&サソリ(極悪同盟)
 前川久美子&前村早紀 vs 堀田祐美子(AtoZ)&西尾美香(AtoZ)
 吉田万里子(M's Style) vs ザ・ブラディ(TeamOK)
 前川久美子&渡辺智子vsA・KONG&前村早紀
(試合順は未定)
 全女オールスター勢揃い・・・。


■関連リンク
GAEA JAPAN OFFICIAL SITE
広田さくらのコスプレ日記
かなたく kana宅~女子プロレス記者・伊藤雅奈子のHP~
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

 あと、東城えみ選手が引退しました。そちらも大きな出来事だと思うので、また記事にしたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005.04.12

日中問題、プロレスは握手で和解へ(in靖国)

 ※この抗争が一段落したようなので、まとめてみます。

PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site

 44年ぶりに開催された「靖国神社・奉納プロレス」。その第2試合は、世間の話題と見事シンクロしてしまった。

4/10 ZERO1-MAX・靖国神社相撲場(3627人)
 [2]異種格闘技戦・プロレスvs中国拳法
 ○浪口修(1R3分19秒 逆エビ固め)●王拳聖
 「靖国」という舞台で日中戦・・・。浪口が王から初勝利を上げた。
 試合後、セコンドの中国人(?)は血相を変えてレフェリーに抗議するも、王は浪口とガッチリ握手。今後は共闘する可能性もあるらしい。
 まぁ~、この話題に深く触れると簡単には終わるはずないので止めときますが、この時期でもアングルを精算するためにキチっとマッチメイクしたZERO1の勇気は称えます。・・・ってか、皆知らないだけの可能性もあるが。

 もう一度、この抗争を振り返る。

04/06/30 橋本、奉納プロレス復活へ 故・力道山以来の開催目指す (スポナビ)
 ZERO-ONE社長・橋本真也が靖国神社でプロレスを行う構想を発表。

04/09/12 ZERO-ONEに乱入者、橋本の靖国参拝に抗議 (ブラックアイ)
 ZERO-ONE・後楽園ホール大会の試合前に中国人が乱入。靖国プロレスに抗議。
 ※この乱入について詳しいレポートをするマスコミは皆無だった。

04/11/06 ZERO-ONE、中国人との抗争は続いていた (ブラックアイ)
 乱入からしばらく音沙汰無かったが・・・11月にZERO-ONE事務所へ乱入。道場で富豪2夢路と王拳聖が対戦、王がKO勝ちでZERO-ONE参戦決定。

04/11/11 後楽園ホール大会参戦
 [2]○王拳聖(1R2分12秒 TKO)●浪口修
 ※この大会は橋本離脱騒動一色。しかし変幻自在の蹴り&酔拳は大ウケ。このあたりからファンの見る目が変わってくる。それと同時に靖国云々が語られなくなる。

04/11/25 後楽園ホール大会参戦(第2戦)
 [3]○王拳聖(6分53秒 レフェリーストップ)●浪口修
 ※またも浪口敗退も、序盤には「日本国旗で相手を目隠しし攻撃」という今考えるとスゴイことしてる。王は大人気。

04/12/18 千葉公園体育館
 [1]○王拳聖(9分0秒 TKO)●山笠Z信介
※04年いっぱいをもってZERO-ONEは活動停止。王はこの試合を最後に姿を消す。

05/01/23 ZERO1MAX旗揚げ
 相変わらず王の名前はナシ・・・。

05/04/10 44年ぶり、靖国神社プロレス開催 (ブラックアイ)
 立ち消えになったと思われていた靖国プロレスの開催が決定。カードが発表されると、その中に王の名前が・・。

 考えると今回含めて4試合しかしていない。このまま消えてたら伝説で終わってましたよ・・・。とにかく驚きな試合をします。
 今後も継続参戦お願いしたい。浪口とタッグ結成なら日中友好をプロレスで訴えることになりますな。薄っぺらく聞えるでしょうが・・・素晴らしいことだと思いますよ、ホント。

 ちなみにこの人、本物の中国人で本物の武術の達人。アンディ・フグに中国拳法を教えたこともあるそうで、フグのカカト落としは王からパクった可能性もあるらしい。なんでZERO-ONEに出てるかは謎。


■関連リンク
PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site
Yahoo!ニュース - 中国
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (5) | トラックバック (2)

永田裕志vs高阪剛、ドームで再戦

NJPW

 新日本・東京ドームに追加カード。

5/14 新日本・東京ドーム
・追加カード
 永田裕志vs高阪剛
 IWGPJrヘビー級C:金本浩二&井上亘vs稔&後藤洋央紀

・既報カード
 IWGPヘビー級C:小島聡vs天山広吉
 IWGPJrヘビー級C:タイガーマスクvsブラック・タイガー

 永田さんと高阪が再戦へ。もう・・・永田さんが星を返してもらうのがミエミエなんですけど・・・。でも、前回の対戦はなかなか評判がいいようですね(私はまだ見てません)。それでも集客効果は無さそうだし・・・。高阪がヒョードルに勝ってれば、かなり違ったんでしょうけど。

 当初はCTUマスクを被ったXとして挑戦を表明した男・・・それは後藤洋央紀だった。永田軍入りがほぼ決まりかけていたのに・・・。

 後藤コメント「永田さんの本隊離脱と、今回のCTU入りは全く別な話です。永田さんの考え方には共感もするし、尊敬もしていますが、僕は金魚のフンじゃない。永田さんも個人で行動を起こしたんだし、僕も個人で行動したまで。
 CTUの一員という気持ではなく、CTUを利用して上に行ってやろうという気持です!」
 はぁ・・・永田軍入りの方が面白く感じるが・・・。何にしても、洋央紀のCTU入りってのはソレナリにサプライズだと思うんだが、それを会議室でやってるってのはどうなんだ? せっかくなら客前でやればいいのに。

 ここまでの感じじゃまったく興味沸きません。1・4は最悪の客入りでしたが・・・大丈夫?


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.04.11

小島&本間vsT後藤&清水の画伯/小ネタ集

 小ネタ集。新しいBLOG作ってる・・・レイアウトに悩む。


http://wibo.m78.com/clip/img/44062.gif (ネタサイド様より)
 [gif動画]ズゴック!ズゴック!


SANSPO.COM
 UFC日本公演は延期。

 米UFCとの交流強化を進める榊原信行DSE社長が5日、「6月予定のUFCの日本開催は延期されたようだ」と明かした。23日にUFC代表のダナ・ホワイト氏らが来日するという。
 こっちも延期か・・・。


ターザン後藤、4冠王者小島を挑発 ( nikkansports.com )
 小島さんは会見に現れず・・・。カードは以下の通り。

5/5 静岡・清水マリンビル
 ターザン後藤&清水の画伯vs小島聡&本間朋晃
 清水の画伯は元・中村将則・・・って言っても誰も分からない。でも彼が一番のポイント。


物凄いハイキックが顔面に命中!一発KO映像だよ!(小太郎ぶろぐ)
 [動画]ハイキック一発でKO・・・ところでこれは何の試合? グローブがオープン・フィンガーではないような。会場デカイし満員だし・・・。謎。
 ※リンク先の画像をクリックで動画ページへ移動します。


WWE リアルタイムの四方山話 - ありがとうございました
 ナント・ナント、毎日WWEに関する詳しい情報を発信してくれていた「リアルタイムの四方山話」さんが終了・・・。
 ホントにお疲れさまでした。
 さて、これからどこで現地情報は見つけよう・・・。WWE系って転載・リンク不可のところが多いんだよねぇ・・・。


特別編『武術トリックのタネ明かし』: 游心流武術健身法研究会 (朝目新聞-asame.com様より)
 自然石割りや寸掌瓦割り(角○さんが得意)のやり方が紹介されてます。まぁ、でも簡単に真似してケガしないように。
 宇城憲治氏って有名? 知らない・・・。 


橋本右肩回復順調、新日本にケンカ売る (nikkansports.com)
 橋本真也、復活を宣言・・・って何してんのよ(笑)。
 新日本が標的・・・今の新日本は中邑・棚橋の壁になるような存在がいないから(天山・永田は迷走中)、橋本のコンデション次第では面白くなるかも。
 とにかく元気そうで良かったです。


2005年4月3日 国際プロレス・プロモーション 茅ヶ崎青果市場大会写真(原色怪奇派図鑑)
 王道マットを経験した佐野直、その成果が十二分に出ています。


WWE NEWS LINES Rhynoを解雇!!!?
 ライノがレッスルマニア直後に奥さんと揉めてホテルで暴れたらしく、結局WWEを解雇されてしまったらしい・・・。


4.14後楽園大会で炎武連夢が復活(スポーツナビ)
 小ネタというか速報。明日、詳しく・・・。

■関連リンク
プロ格BLOGランキング参加中!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

永田裕志、本隊離脱で新軍団結成へ

永田暴走!さらば新日本隊/新日 - nikkansports.com > バトルニュース

 永田さんがついに動く!
 4/9相模原大会で本隊離脱を完全に宣言。

 短髪、黒タイツの若手スタイルが、覚悟の証しだった。後藤と組んで中邑、棚橋と対戦。後藤が棚橋に仕留められた試合後、永田が暴走した。中邑、棚橋に乱闘を仕掛ける。止めに入った若手、さらに天山にも殴り掛かった。もう本隊には戻らない。強い意志を体で示した。「オレはオレのやり方で、レスラー生命を懸けて新日本を変えていく」。本隊から除名された真壁、ロス道場にいる矢野、ブルー・ウルフらと共闘、勢力拡大を図っていく。
 本隊・BNJに続く第3グループ誕生ですか。メンバーは永田・後藤洋・真壁・吉江・Bウルフ? ってか、ブルーウルフさんはロス道場にいたんですね。戦力的にはまだ柱が足りない。それでも永田裕志が「レスラー生命を懸ける」と言ってるんだから期待しなくちゃ。
 ただ・・・新日本の軍団抗争って何を争ってるんだかが不明なんですよね。ベルトってわけでもなそうだし。一応、「新日本をよくする、変えていく」ってのがテーマなのかなぁ。取りあえず、分かりやすい目標・ゴールを示しておくのがいいんじゃない? 

 さて永田さんですが、先日までタイで短期の武者修行を行っていました。この修行には元シュートボクサーで現スネクーピット・コーチ&中西百重旦那の大江慎さんが同行。
大江慎の平成時事放談 05年3月26~31日

 スタッフ&永田選手、後藤(洋央紀)選手と合流。
 新日本プロレス特番(4月30日放送予定)のロケのため、これからタイへ飛び立ちます☆

 永田選手が自ら希望したタイ行き…それはキックの星的アメージングタイランドではない。
 最近の永田選手が失いかけた「なにか」をタイで探し求める精神修行の旅なのだ。

 そんな目的のナビゲーターに任命された僕は責任重大!
 ユルユルアホアホのエガポンタクシーやルーイ警察をヘラヘラ撮影しに行くのとわけが違う!
 とにかく今回限りは永田選手になんとか
 「あの頃」を取り戻してもらうための一生懸命ツアコンを心に誓った。

 ちなみに「エガポンタクシー」と「ルーイ警察」はSAMUARI!「キックの星」を観ていないと分からないネタ(フカヒレ&タイガーウッズの店は行ったそうです!)。タイもいいけど、我龍真吾さんに一日密着するのも何か掴むモノあると思うが。
 ・・・ってCS視聴者限定の話はこのぐらいに。
 いろいろ著名な方々とお会いしたそうで、大江さんの日記の中では名前出てませんが、永田さんは名前出してますね。
永田裕志~タイ帰国警官(NJPW)
 タイで僕が出会ったのは現WBC世界王者のウィラポン(37)とムエタイ・ルンピニーチャンピオンのトータイレック(32)です。
 ウィラポン選手はあの辰吉丈一郎から王座を奪い、現在14度の防衛に成功しています。トータイレック選手は、32歳でムエタイ・ルンピニー王者になったという選手。ムエタイは10代でチャンピオンになる選手が多い中、いろんな修羅場をくぐってきてチャンピオンの座を手に入れた選手です。この30代のチャンピオン二人と、練習をしたり、話をしてわかったのは、<一番大切なのは経験である>ということ。格闘技において経験に勝る武器はないと確信しました。です。4月16日に日本でV15の防衛戦を控えているウィラポン選手は、もし防衛に成功したら、リング上で敬礼ポーズをしてくれると約束してくれました。
 5日間という短い期間ながら実りある修行になったようです(たぶん)。
 さて、永田軍団(名前気になる)はどういう方向へ向うのか? 意外に人気でるような気がする。何となく。その時は新日本も空気読んでプッシュしてあげてください。、「中邑・棚橋中心」の方針を曲げてでも。

おまけ:4/9 新日本・海老名運動公園総合体育館(2000人)、メイン結果

 [8=メ]IWGPJrタッグC:金本、○井上(33分26秒 トライアングル・ランサー)●サムライ、垣原
 ※王者・金本&井上が王座防衛
 また30分越え、またメイン。BSでジュニア中心の番組が始まったんで気合いが違う・・・と思いきや。
GGG:Tokon super battle
 BS朝日でジュニアの番組をやるってことで開始された闘魂スーパーバトルを見てみた。
 (一部略)
 番組はCTUとジュニア正規軍の間の抗争を中心に試合が放送されていく。
 んで、最後はIWGPタッグ選手権試合の棚橋、中邑vs.ジュラシックパワーズ。
 って、待てっ。
 メインがヘビー級かっ。
 一番大事なところでヘビー級か。
 次回放送の予告で出されたカードは「ヤングライオン杯決勝の後藤vs.伊藤」と「IWGP選手権試合の小島vs.中邑」だった。
 いや、それって全然ジュニアの選手いないから。
 おそらくは60分番組のほとんどがIWGP戦で使われるから、ジュニアの試合をやるとも思えない。
 そんなわけで第1回にして、既に「ジュニア中心」のコンセプトが失われた闘魂スーパーバトル。
 まぁ、こんなもんでしょう・・・。 


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
U.W.F.スネークピットジャパン公式サイト
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

チャンピオン・カーニバル開幕、川田vs武藤は疑惑のドロー

全日本プロレス オフィシャルサイト

 全日本のチャンピオン・カーニバルが開幕。
 昨日の結果をオサライしつつ、今日の試合はSAMUARI!で観ましたので感想を・・・。
 今日の大会ってオフィシャル以外は24時以降のupなんですね。これって新日本もやるけど、公式HPのアクセス数upが狙いなんでしょうか? TVは関係ないしねぇ。
 新日本のHPぐらい詳しく試合経過が書かれていれば問題ないが、全日本HPは結果しか載ってない。そんな規制をするんだったら、「まずサイトの内容を見直しなさい」と言いたい。

スポーツナビ|格闘技|速報
 4/9 全日本・後楽園ホール(2100人・超満員)、結果

 [3]公式戦:○近藤修司(10分33秒 羽折り固め)●ラブ・マシン・ストーム
 [4]公式戦:○ジャマール(14分27秒 フライング・ソーセージ→片)●Cパルンボ
 [5]公式戦:○川田利明(3分36秒 ジャンピング・ハイキック→片)●諏訪間幸平
 [6=セ]公式戦:○武藤敬司(9分13秒 シャイニング・ウィザード→体)●ブキャナン
 [7=メ]公式戦:○佐々木健介(29分29秒 ノーザンライト・ボム→片)●小島聡
 メインの小島vs健介は凄い試合だったようです。これで健介は小島に10連勝。健介越えが今後のテーマか? 「長い試合が続いて(略)どっかで引き分けにしようとする自分がいた」って小島のコメントも負ける理由としては納得な感じ。
 川田vs諏訪間も凄かったようで。さっき生GON・・・じゃなくてNEWS侍(何て略すの? N侍?)でダイジェストみたら、諏訪間のスープレックスを食らうたびに、川田が得意のヘロヘロ・リアクションを連発していた(笑)。
 近藤がストームに勝利もビックリ。フィニッシュは「ATロック」とのこと。

4/10 全日本・後楽園ホール(2100人・超満員)、結果
 ダークマッチ後にRO&D登場・・・と思いきや、途中から曲が変わってブゥードゥーマーダーズ(以下BDM)登場。YASSHIがガヤガヤとマイクやるが場内の反応は鈍い。わざと寒くやってる感じもあるのかな?
 そこにRO&D登場。TAKAとマイク合戦もYASSHI完敗。この辺はホント闘龍門まんま。
 マイク途中にBDMメンバーがいなくなり、YASSHI一人残される・・・というネタがあったのだが、YASSHIが後ろをチョロチョロ気にしながらマイクしてたのはダメでしたね。リアクションもイマイチ。
 第1試合飛ばして、

 [2]TARU、○パルンボ、YASSHI(12分16秒 187→エビ)ハヤシ、●本間、諏訪間
 試合途中、TARUが諏訪間のフロント・スープレックスを食らい、頭から真っ逆さまに落ちる。かなりヤバイ形でマットに突き刺さった。しばらく試合からリタイアしてドクターが手当。終盤には試合に戻っていたので(諏訪間の投げっぱなしジャーマンを食らっていた。エライ。)問題はなさそうだが・・・。マットに刺さった瞬間は「あ!・・・もうダメだ。やっちゃった」って本気で思った。それぐらいのヤバイ角度だった。
 [3]公式戦:○太陽ケア(4分1秒 横回転エビ固め)●ラブ・マシン・ストーム
 ・試合後、TAKAが「どうしたんですか? 連敗ですね」とマイクすると、自らマスクを脱ぎ嵐となって退場。
 ・TAKA「帰っちゃったよ、泥棒が心配なのかな」
 腕を負傷しているらしく大きなサポーターが目立つストーム、まったくいいところ無く敗退。これでラブマシーン・ネタは終了かな。
 [4]公式戦:○ブキャナン(8分50秒 アイアン・ボム→片)●ジャマール
 かなりアッサリと終了。ジャマールは右肩を負傷しているようで、かなり動きが悪かった。
 こりゃ俺の本命・ジャマールの上位進出は難しそう。
 [5]公式戦:○小島聡(15分44秒 ラリアット→片)●近藤修司
 小島相手でもパワーファイターであることにコダワリを見せる近藤。乱入もなく真っ向勝負。
 中盤から大技ラッシュ。頭上に持ち上げてからのアバランシュ・ホールドは完璧。片手のリフトアップも狙ったようだが・・・うまく上がらず(ストマック・ブロックに繋げたので変には見えなかった)。終盤に放ったラリアット2発はインパクトアリ。ただ小島は最後まで余力十分、近藤の技を受けきったところでCCDであっさり逆転、ラリアットで勝利。当たり前ですが差はかなりある。それでも伝わってくるモノはありました。問題はこれから。このままパワーファイターとしてヘビーの中でやれるかな? 俺はジュニアに行った方がいいと思うけど・・・。
 [6=セ]公式戦:○G・バーナード(7分50秒 リバース・スプラッシュ→体)●佐々木健介
 とにかく大きいバーナード。健介にしたらサップ戦以来の対大型外国人か? そのサップ戦と同じく、健介の水平チョップの手がグーになってた。それだけボディが頑丈ってことなんでしょう。
 いや~バーナード強い! 健介もガンガン、イイ場面でボディスラムやって大拍手もらってました。コレ本日のベストバウト。
 バーナードはフィニッシュにもうちょっとイイのがあればいいんだが。
 [7=メ]公式戦:△武藤敬司(30分時間切れ 引き分け)△川田利明
 時間切れ寸前、川田がバズソーキックから武藤をフォールへ(キックを放った瞬間に川田が足を痛め若干の間が空いた)。和田京平がカウントを開始・・・ワン・ツー・・・・武藤は肩を上げない! しかし3カウントは叩かず。直後時間切れのゴングが鳴り、客席からブーイング。一応、和田京平は3カウント目を止めたあと、武藤の肩とマットの間に手を入れ「肩が上がってる」というようなアピールはしてましたが。
 こりゃちょっとマズイですね・・・。[武藤がダメージorスタミナ切れで肩を上げれなかった]か[フォールしてる間に時間切れのゴングを鳴らす・・・はずが鳴らず]のどちらかかな。
 内容的には・・・まぁ、武藤と川田がお互いの空気感をぶつけ合うような・・・役者同士でなければ作れない雰囲気というか・・・。退屈ではありませんでしたけど、チョット時間切れは見えちゃいました。それで最後がアレでは・・・。残念。

 
 チャンカン、バーナードが優勝に絡んでくる可能性高そう。あとはやっぱり小島かな~。


おまけ:スポーツナビ|格闘技|北斗のジャッジに、和田レフェリーがGOサイン
 2/20代々木のTAKAvs中嶋、レフェリーは北斗で決定のようです。NWAは認可したのか?
 まぁ、チャンカンの優勝戦は直前までカードが決まらないんで煽りがやりにくいんで、決定しているジュニアのタイトルマッチでいろいろネタを詰め込む必要あるんでしょうね。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■PR
格プロBLOGランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.10

ブラックタイガーは何代目?

スポーツナビ | ニュース | ブラックタイガーがIWGPジュニア挑戦を表明

 IWGPJrチャンプをつけねらう男が・・。

 虎の仮面に黒い影が忍び寄る。新日本プロレスのタイガーマスクが保持するIWGPジュニアヘビー級王座に、4代目ブラックタイガーが5.14東京ドーム大会での挑戦を表明した。
 新日本プロレスによると、4代目ブラックタイガーは現在メキシコで活躍している選手で、4月2日に行われたベスト・オブ・ザ・アメリカンスーパーJr.で準優勝した人物とは全くの別人。05年の1月よりヨーロッパから挑戦表明が届いていたという。さらに新日本プロレスの“黒いカリスマ”蝶野正洋とは面識があり、その蝶野は「初代ブラック・タイガーの流れをくむ本物の“ブラック・タイガー”でありIWGPジュニアのベルトを巻くのにはふさわしい選手。東京ドームこそ彼のタイトルマッチにふさわしい」と強硬に支持しているという。また、3月に“本家”タイガーマスクがイタリアに滞在していた時にも、同人に接触され挑戦を受けていたことも明らかにされた。
 4代目が登場。あれ、初代~3代目って誰だったけ。
 初代=マーク・ロコ(82年登場)
 2代目=エディ・ゲレロ(93年登場)
 3代目=シルバーキング(01年登場)
 もちろん正体に関しては「定説」ってことで。
 とにかく、そうそうたるメンバーが揃ってます。
 こう見ると、これまでは約10年周期で復活してたんですね。今回は若干早い。
 そう言えばタイガーさんがJr王座を獲得した直後「NWAJrを復活させて虎伝説をもう一度」みたいなこと言ってましたね。
タイガーマスク、伝説のベルト復活を要求(スポーツナビ)
 それがこの変に繋がるのだろうか? それにしちゃ実現まで時間かかってるな・・・。
 ちなみに4代目タイガーさんは3代目のブラックタイガーと対戦済み。
5/2 新日本・東京ドーム(57500人・超満員)
 [3]○3代目タイガーマスク、4代目タイガーマスク(12分54秒 タイガーSH)●エル・サムライ、3代目ブラックタイガー
 企画的には・・・今更やる必要があるかは微妙。思い切ったストーリーを絡ませればどうにかなるかなぁ。


 この記事の最初の引用内にもありますが、先日行われた「ベスト・オブ・ザ・アメリカンスーパーJr.」にもブラック・タイガーなるレスラーが登場しています。
NJPW:「ベスト・オブ・アメリカン・スーパーJ r. 2005」試合結果
 ちなみに↑のページは決勝戦の試合が2つ出てますが・・・たぶん間違い(準決勝を2回書いてる)。
 このブラック・タイガーは4代目? それとも無視?
 タイガーマスクのことなら何でも分かるHPTIGERMANIAさんによると、まだ別にブラックタイガーは存在していたらしい。
その他のタイガーマスク(メキシコ)

ブラック・タイガー(メキシコ版初代)
 99年秋に確認されたリンピオのマスクマンで、中身は恐らく無名の地元選手ではないかという。アレナ・プエブラでは前座試合に登場し、ベテランのネグロ・ナバーロと対戦。グラウンドではキャリアの浅さを露呈し翻弄されたものの、スタンドではなかなかの動きを見せたとのことだ。
 コレは地方のインディー選手がテキトウに名乗っちゃったタイプなんですかね? 日本にもナンタラ・タイガーっていっぱいいるもんなぁ。学プロとか1団体に一人は絶対いる。
 このメキシコ初代版は3代目=シルバーキングがメキシコでも活躍したため、名前を「ザ・タイガー」に改名したんだとか・・・。
 まとめると・・・。
 初代=マーク・ロコ
 2代目=エディ・ゲレロ
 3代目=謎のメキシコ人・初代メキシコ版
 4代目=シルバーキング
 5代目=ベスト・オブ・ザ・アメリカンスーパーJr準優勝・アメリカ版
 6代目=東京ドーム登場?
 ってな感じ? まぁブラックタイガーというレスラーは新日本が誕生させたキャラですから、新日本が公認していなければ無視しても構わないんでしょう。次に登場の選手は4代目ってことで良さそう。

 アメリカンスーパーJr準優勝のブラックって・・・もしかしたら、そのまま新日本に参戦する予定だったかもしれませんね。試合見てショッパイから中身変えたとか。トーナメントの結果を見ると、アレックス・シェリー、アメリカン・ドラゴンと言った実力者にも勝ってます。
 優勝者のドラゴン・ソルジャーBってのも気になるな。なぜB? Aはどうした? カシンのコラムにちょろっと出たことあるらしいけど。
今夜が山田:3/29東スポ・ファイト ←真ん中あたり

 それにしても「TIGERMANIA」さんは凄いなぁ。正直、この記事の半分はそこからの引用です。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月3日 - 2005年4月9日 | トップページ | 2005年4月17日 - 2005年4月23日 »