« 2005年3月13日 - 2005年3月19日 | トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »

2005.03.26

韓国のプロレス

 いろいろと話題の韓国。お隣の国ですから気になって当然。
 「プロレスと名の付くモノならば、どんなモノでも美味しく頂きたい」と日頃から曲がったプロレス感を振りかざしている私からすれば「韓国・プロレス」なるものは凄く凄く気になる存在。
 格闘系であればFeel Like a Kimchi -- 隊長のキムチな氣分 -さんと言う素晴らしいBLOGがありますが・・・プロレスでも詳しく現地から解説してくださってるBLOGを発見。

韓国のプロレスとか、それ以外とか

 プロレス関係のお仕事をなさってらっしゃるわけでは無さそうですが・・・この方プロレス詳しい! K-1ソウル大会レポート、角田の韓国語マイクについても、こんな感じ。

 韓国人は、外国人が韓国語を話すとものすごく親近感をおぼえるそうだ。言葉以外にも、韓国人のアイデンティティを好意的に受け入れてくれる外国人には、こちらが驚くほどにに親愛の情を見せてくれる。
 昔、韓国でプロレスをした畠中とグラン・シークが、軍人キャラだったこともあって入場時にご愛嬌で韓国の国旗に敬礼をしたら、客が「おお~!」とどよめいて拍手で迎え、ヒールにならなかったいう話を聞いたことがある。
 畠中、グラン・シークって名前が出てくるだけで凄い(笑)。

 こちらのBLOGから、韓国プロレス事情をいろいろ紹介してみたいと思います。

韓国のプロレスとか、それ以外とか:韓国のプロレス団体
 現在の韓国プロレスは大きく分けて3つあるようです。

☆韓国プロレス連盟(WWA)
 エースは社長を兼ねる李王杓(イ・ワンピョ)。前身の新韓国プロレスをリニューアルした団体で、韓国内でプロレスといえばこの団体を指すことが多い。
 選手権名のWWAとは、昔アメリカ西海岸にあったWWAのことで、ルー・テーズが2000年に復活させ、テーズの死後、会長はAAAのアントニオ・ペーニャが就任した、ということになっている。「かつてキム・イルも保持していたWWA」というのが売り。
 日本のNOAHやLLPW、メキシコのAAAと提携しているが、最近AAAのレスラーが来ないところを見ると、AAAとの関係は切れたのかもしれない。
 李王杓は「キム・イルの後継者」を名乗ることで団体の伝統性をアピールし、師匠の大木金太郎も興行があるごとに会場に足を運ぶ。
 最近興行数が減っており、年に10回前後。レギュラー外人は2代目レザーフェース、リンジュチュ(畠中)など。
 最近では女子選手のイ・ヘイラン、チェ・ソーラが日本のマスコミに大きく取り上げられた。
 日本の団体とも一番繋がりが深そうです。WWAはNWA復活のパクリなんでしょうか?
☆(社)大韓プロレス協会(AWF)
 エースは崔太山(チェ・テサン)
 かつてはWWAを全面バックアップしていた社団法人だったが、2000年にWWAと袂を分かち、協会自らが「ニューワールドプロレス」なる新団体を旗揚げして現在に至る。ニューワールドプロレスは一度頓挫したが、ほぼ同じメンバーで再旗揚げ。
 崔太山がいつの間にか獲得したAWFジュニアヘビーなるタイトルの名称からファンは昔から便宜的に団体名をAWFとしてきたが、それがそのまま定着した模様。
 本来この協会は数十年前から韓国のプロレスをすべて統括していた社団法人で、それゆえ現在もAWF側は自己の正統性を主張して他団体を認めていないらしいが、三団体に分かれた今はその言葉にも説得力がなくなっている。
 かつてはキム・ドクやジョージ高野なども参戦したが、最近は戸井、クラッシャー高橋、足立など日本のインディー選手が来ている。
 今年1月にはみちのくと提携を結んでサスケや人生などが参戦し、無料興行ながら4000人以上の観客を集めた。
 公式サイトがないので動向がつかみにくい。興行数は年に5~6回程度。
 AWFってのは女子のベルトがIWAジャパンにあった気がする。まだどこの団体で使ってるのかな?
 みちのくとの興行はSAMUARI!で見ました。超満員だったのでビックリしたんですが、やっぱり無料興行だったのですね。
☆(社)新韓国プロレス協会(NKPW) 
 エースはあの力抜山だが、復帰戦は行っていない。
 2002年に派手な設立パーティーを行ったが、以後はなしのつぶて。団体というよりはレスラー志望者を集めて訓練している町道場的性格が強い。
 たまに道場マッチが行われているという情報もあるが、公式サイトには特に記録もない。
 公式サイトは一応運営されており、管理者が質問に丁寧に回答している。
 なかなか厳しいようです。

 全体的にオーソドックスなスタイルが多そうですね。エンタメとかルチャ系とかハードコアとか、目新しいアイディアは無さそうに見えます・・・。WWEは大人気らしいし、いろいろスタイルの幅を広げて挑戦するのもアリだと思うのですが。まぁ、あちらはパクリに関してはアレだし・・・ってココでは押さえておこう(変なコメント書かないように!)。

 3/12にNOAH・LLPW勢が参加して行われたWWA興行のレポートもあります。
韓国のプロレスとか、それ以外とか
 泉田さんが韓国人レスラー「ノ・ジシム」とスウィングしまくったらしい。しばらく預けますか(笑)。


 と言うわけで、今後もチェックさせていただきますっ。


■関連リンク
◆◇韓国ドットコム◇◆
■PR
Click Here!

★ロリポップサーバー☆特別キャンペーン実施中!★
女性の方、お引っ越しの方はなんと初期費用半額!!


 明日は速報なし。HERO’Sも新日本も見れません・・・。それより野球見てぇ~!

| | コメント (5) | トラックバック (2)

力皇猛vs斎藤彰俊、決定

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE COMPE#20050424

 注目のGHC新王者・力皇、初防衛戦の相手は・・・。

4/24 NOAH・日本武道館
 GHCヘビー級選手権:力皇猛vs斎藤彰俊
 これが武道館のメインになるわけですねぇ・・・。ホントに冒険だ・・・。

 彰俊は昨年の小橋戦でかなり善戦しました。

04/10/24 大阪府立体育会館
 GHCヘビー級選手権
 ○小橋建太(28分55秒 リアル・ブレーンバスター→体)●斎藤彰俊
 ※王者・小橋がV11
 小橋をエプロンの角にぶん投げたシーンはインパクトありました。その時の内容が良かったこともあり、今回はすんなりと挑戦権獲得。
 まぁ・・・それにしてもメインは辛いでしょう。ある意味、力皇は小橋戦以上のプレッシャーを感じることになるでしょうね。

 さて、この2人がメインになるってことは、小橋・三沢・秋山らがセミ以下にまわることとなる。天龍・鈴木も来るでしょう。「秋山vs鈴木み」のシングルが噂されますが・・・・今回はナシでドームかな?

 小橋が武道館のメイン外れるのはいつ以来?

NOAH・武道館大会メインカード
 05/03/05 小橋vs力皇
 05/01/08 小橋vs鈴木み
 04/09/10 小橋vs田上
 04/04/25 小橋vs高山
 04/03/06 小橋vs力皇
 04/01/10 三沢&小川vs永田&棚橋
 03/11/01 小橋vs小川
 03/09/12 小橋vs永田
 03/06/06 小橋&本田vs秋山&彰俊
 03/03/01 小橋vs三沢
 03/01/10 秋山&彰俊vs大谷&田中将
 02/09/23 三沢vs高山
 02/02/17 秋山&永田vs三沢&小橋
 01/07/27 三沢vs秋山
 04年の1月以来ですか。
 過去14回の武道館大会中10回で小橋メイン。うーん、どんなカードが組まれるか注目したいと思います。
 新たな時代を迎えるNOAH、正直不安に思える部分も多いんですが、こういう時代を見てるかどうかで後々思い入れに差が出てきますから、皆さん会場には行きましょー。

 ※「力皇vs彰俊」はメイン決定というわけではありませんが、過去にGHCヘビー級選手権がセミ以下で行われたことがないので「メイン」と勝手に決定しています。


■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.25

高木功、CM出演中/小ネタ集

 コネタ。結構、短めにコメント入れるのも難しい。
 インディーのお仕事見ながら、ニコライのコメントに改めて感心。いつも的確で素晴らしい。どうでもいいような興行でもビシっと締める。あんなコメントできるようになりたいなぁ。

Extreme Party
 3/20 マッスル3の観戦記。怪電波飛びまくり(笑)。
 間違いなく言えるのは、マッスルはハッスルのパクリとか亜流ではなく、オリジナルなブランドであるってこと。
 次は5月5日か・・・メモっておこう。


RIKIPRO
 復活していたリキプロHPから。

4/16 リキプロ・後楽園ホール、カード発表
 WMGタッグC:金村&石井vs黒田&非道
 長州&宇和野vs越中&青柳
 田中将斗vs関本
 矢口vsGENTARO
 日高&佐々木義人vs東郷&浪口
 クーガーvs佐々木貴
 宇和野vsMIYAWAKI
 長州は若手とやった方がいいと思うんだけどなぁ。
 田中vs関本はスゴソウ。


PRIDE | ニュース | 【速報】「PRIDE武士道-其の六-」全対戦カード発表!
 武士道の全カード決定。

4/3 PRIDE武士道~其の六~・横浜アリーナ
 [1]大場貴弘vsデニス・カーン
 [2]ラストワントーナメント1回戦:アマール・スロエフvsパウロ・フィリオ
 [3]ラストワントーナメント1回戦:ディーン・リスターvs小路晃
 [4]中村大介vsマーカス・アウレリオ
 [5]ルイス・ブスカベvsルイス・アゼレード
 [6]高瀬大樹vsダニエル・アカーシオ
 [7]ヒカルド・モラレスvsエメリヤーエンコ・アレキサンダー
 [8]桜井隆多vsムリーロ・ブスタマンチ
 [9]美濃輪育久vsギルバート・アイブル
 [10=セ]ラストワントーナメント決勝
 [11=メ]エメリヤーエンコ・ヒョードルvs高阪剛
 U-FILEの中村が参戦。これが田村GP参戦決定によるオプションだったらいいんだけど。
 第1試合のデニス・カーンは昨年のK-1アジアGP出場。ガオ様にKO負け・・・。でも、もともと柔術選手のらしい。


WxW 3.20ドイツ・エッセン・トゥロック試合結果(NOAH-306-ASO)
 三沢がドイツの酒場で試合。かなりの人気だったようですね~。
 昔、藤波が地下プロレスで試合したドキュメントを思い出した(笑)。


WWE リアルタイムの四方山話
 シャノン・ムーアがかなりひどい交通事故にあったようです。

 シャノン・ムーアが3/19に交通事故にあったとの事です。シャノンはアメリカ軍のあるフォート・フラッグ近郊で軍曹クラスの人物と正面衝突したとのこと。シャノンはクラウン・コロシアムで行われたRAWのショウの後、RAWの友達と話しをして帰る途中でした。シャノンはハマーを運転していて軍曹と正面衝突をしましたが、相手は飲酒運転で逮捕されました。シャノンは仲間のマットの後について車を運転していましたが、事故が起きる瞬間マットを追い越して、軍曹の車と正面衝突したようです。マットはコーベットを運転していたのでシャノンが身代わりにならなかっったらマットは死んでいてもおかしくないような事故だったとの事です。シャノンは怪我をして復帰できるまでどれくらいの時間を要するのか今のところわかりません。
 事実はハッキリしませんが、マットってマット・ハーディーらしいです。彼をかばって自らが犠牲になった可能性もあるとか・・・。とにかく回復を祈ります。
 

東京ガス株式会社
 東京ガスのCMに高木功さんが登場中(今は欠場中?)。結構、目立ってますよね。
 リンク先にはCM集のページもあるんですが、高木さん出演の動画はまだupされてません。

ストームの中の人さん、情報ありがとうございました。


つぼ原人の奇跡体験:BIGコーン
 つぼ原人さんBLOGから。
 これぞジャイアント・コーン。


吉田万里子の『蜘蛛絡み雑記帳』:栗原亜弓 初! リング\(^O^)/
 吉田万里子さんBLOGから。M's STYLEで近くデビュー予定の栗原亜弓さんについて。

 今、女子プロレスと真剣に向かいあっている選手が一握りのような気がする
彼女はその一握りの中の一人。だからトテモ期待している☆
 おお、素晴らしいですね。期待しちゃいます。可愛いしね。


藤波、新日2年ぶり復帰も弱気(nikkansports.com)
 藤波さん会見も・・・「体調は最悪」。ここまで復帰を引っ張っておいて、今更最悪コンデションって・・・。


クロスカウンター(pya!)
 [画像]題名そのまま。


■PR
Click Here!

★ロリポップサーバー☆特別キャンペーン実施中!★
女性の方、お引っ越しの方はなんと初期費用半額!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HERO'S、全カード決定、リングスいっぱい出るよ!

FEG_NEWS REPORT

 HERO'S、全カード決定。

 [オープニング・ファイト]内藤征弥vsハリウッド“ディ・ファウスト”
 [1]大山峻護vsヴァレンタイン・オーフレイム
 [2]宮田和幸vsイアン・シャファー
 [3]宇野薫vsヨアキム・ハンセン
 [4]須藤元気vsラモン・デッカー
 [5]ゲーリー・グッドリッジvsアラン・カラエフ
 [6]B.J.ペンvsLYOTO
 [7]ヒース・ヒーリングvsサム・レグコ
 [8=セ]ボブ・サップvsキム・ミンス
 [9=メ]秋山成勲vsジェロム・レ・バンナ
 最後の最後で本物のリングス所属、オーフレイムがやってきました・・・。まぁ、今はドールマンと関係ないのかもしれないが。
 弟のアリスターはPRIDE GP出場決定。元KOKトーナメント準優勝者としては意地を見せてもらいたいところだが・・・。

PRIDE | 選手データ | ヴァレンタイン・オーフレイム / VALENTIJN OVEREEM
 PRIDEでは4戦4敗(全て一本負け)。

Fight Finder - Valentijn Overeem's Mixed Martial Arts Statistics
 通算23勝17敗。最近はマイナー団体でソレナリに試合数をこなしているようだが・・・。

 3月11日にクロアチアのMMA大会(ほぼミルコ主催と言っていい興行)に出場したばかり。
くまページBlog
 相手の選手はMMA通算戦績1勝1敗。

05/03/11 クロアチア「Ultimate Nokaut 1」
 ○クレシミア・ヴォグダノヴィッチ(1R グラウンドパンチ連打→TKO)●ヴァレンタイン・オーフレイム
 実績ない選手に完敗・・・。見事な噛ませ犬ですな。約2週間前にTKO負けですぐ試合ってのもどうかと思うし・・・。

 さてここで、「HERO'S」に登場する「リングス」勢を並べてみましょう!

 キム・ミンス[リングス・コリア]
 ヒース・ヒーリング「リングスUSA]
 アラン・カラエフ[リングス・ロシア]
 ラモン・デッカー[リングス・オランダ]
 イアン・シャファー[リングス・オーストラリア]
 ヴァレンタイン・オーフレイム[リングス・オランダ]
 いやはや素晴らしいメンバーです。全勝でリングスの強さを見せつけて欲しいもんですっ! ・・・はぁ・・・。

 なんかさ、興行が近づいてくればくるほどテンション下がってくるんですけど。俺も前田は好きだから応援したいんだけどなぁ・・・。

 土曜は当日にならないとイケルか分からなくなってしまった。家でTV見た方がいいかなぁ。
 あ、新日本って手もあるが・・。


■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.24

佐野直&森谷俊之、全日本ホントに登場

スポーツナビ|格闘技|速報

3/21 全日本・後楽園ホール(2100人・超満員札止め)

 遅くなりましたが、一応触れておく。
 この試合に・・・。

 [1]ラブ・マシン・ストーム、魔界ラブマシン2号(5分35秒 ラリアット→体)●森谷俊之、佐野直

 試合後:リストラボックスに2人とも叩き込まれ、ストームから「お前ら、何食ってるんだ? 腹いっぱい食って(体を作ってから)来い」とお説教まで食らった。

 ホントに出たんだなぁ・・・。まぁ、試合にならなくて当然なんだろうけど。
 佐野は、第1試合でこの2人と当てられた怒りをぶつけるかのような容赦ない攻撃をストームから受け、2号からは「一緒にしてくれるな」とばかりに同じく激しく攻め立てられる。佐野はタッチすれば「もう出てこないでね」と言われ、交替した森谷も同じく「死んでくれ」と冷たくヤジられる。
 「死んでくれ」ってヒドイよ(笑)。「死んじゃった」コールならマリオ・ミラノ以来の快挙だった(?)んだが。
 しっかし、なんでこの2人が呼ばれたんだろう? 原色怪奇派図鑑さんの試合のリポートを見ると、かなーり観客動員には貢献したようだが(笑)。今後の参戦はアリ? 更に言えば、この見返りとして全日本所属選手が国際プロマットに殴り込んでくる可能性はある? ん~どうでもいいか(笑)。
 でも、このドキドキ感はインディー見続けた人の特権ですね(俺はあんまり国際見てないけど)。「誰だコレ」って言ってる人よりも多くプロレスを楽しめたのは間違いない。
 [7=メ]○小島聡、川田利明(23分57秒 ラリアット→片)●武藤敬司、佐々木健介
 役者4人が揃ったタッグマッチ。どういう結果になるか読めなかったんですが・・・小島が武藤をフォールとは。
 04年9月3日の武藤vs小島(19分17秒 武藤勝ち)の武藤・試合後コメント。
 小島だけには、小島だけにはさ、小島だけには負けたくないんだよ。小島だけには負けたくない。小島だけには負けたくない。あいつだけには負けたくないんだよ。ほかのヤツに取られてもあいつだけには取られたくない。
 そこまでの拘りがありながらも四冠王者の勢いは止められず? チャンカンで再戦あるかな~。
 メイン終了後には各選手がチャンカンへの意気込みをマイク。ZERO-ONE・火祭り風?

 ちょっと気になったのはターザンさんの日記。全日本ファンの川田を見る目がかわってきたらしい。 
ターザンカフェ|プロ格コラム[2005年03月23日(水)]
 なるほどねぇ・・・。選手はフリー化していっても、ファンはまだ団体につくんだろうなぁ。全日本のマッチメイカーは空気を読むのが巧い感じなので、下手すりゃヒール転向もあるかな。
 中邑もヒールにしちゃえばいいんだよなぁ。 


観戦記紹介。
逆エビ日記Ver3.0
 小島選手はあの面子の中、オーラで負けてなかったようですね~。

プロレス道場店長の道場日誌:3・22「プロレスLOVE」
 前半はアレだったようですがw、全体では満足の内容だったようですね。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | トラックバック (0)

チャンピオン・カーニバル'05、出場選手決定

全日本プロレス最新情報

 チャンピオン・カーニバルの参加選手が発表となりました。

『eBet Presents 2005チャンピオン・カーニバル』
 4月9日後楽園ホールより、4月17日新潟市体育館までの日程で、上記12選手がA・B各ブロックに別れ総当りリーグ戦を行い、各ブロックの得点上位2選手が4月20日代々木第2大会にて Aブロック1位vsBブロック2位 Bブロック1位vsAブロック2位 の優勝者決定トーナメント1回戦を行い、それぞれの勝者が優勝決定戦を行う。

Aブロック
 小島聡
 佐々木健介
 ラブ・マシン・ストーム
 太陽ケア
 近藤修司
 ジャイアント・バーナード

Bブロック
 武藤敬司
 川田利明
 諏訪間幸平
 ジャアール
 ブキャナン
 チャック・パルンボ

 元WWE勢が入いると、かなり豪華に見えますな・・・。優勝予想・・・難しい。ジャマールあたりがドンと来るかな?
 注目は近藤修司でしょう。

 プロフィール紹介。

近藤修司
 173cm98kg
 1978年1月21日生まれ 27歳
 2001年5月18日デビュー
 タイトル歴:英連邦Jrヘビー級王座、UWA世界6人タッグ王座(2回)
 主な戦績:第5回ヤングドラゴン杯準優勝(01年)、第6回ヤングドラゴン杯準優勝(02年)、EL NUMERO UNO準優勝(04年)
 98キロはツライですね。DRAGON GATEではパワーファイターとして鳴らしていましたが・・・同じパワー揃いがAブロックに揃っちゃいました。渕さんの会見によると、乱入や反則には厳しく対処するとのこと。1勝も難しいとは思いますが・・・何かインパクト残してもらいたいもんです。


 注目の公式戦をピックアップ。

4/9 後楽園ホール
 小島vs健介
 川田vs諏訪間

4/10 後楽園ホール
 小島vs近藤
 健介vsバーナード
 武藤vs川田

4/13 アイテムえひめ
 小島vsケア
 近藤vsバーナード

4/14 大阪府立第2
 健介vs近藤
 武藤vsジャマール

4/16 ウェルサンビア松本
 小島vsバーナード
 ケアvs近藤
 川田vsジャマール

4/17 新潟市
 健介vsケア
 諏訪間vsジャマール

 全カードは「全日本プロレス最新情報」をご覧ください。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
Lanzarse(近藤修司応援サイト)
■PR
格プロBLOGランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.23

K-1ラスベガス、カード発表/小ネタ集

 小ネタ集。
 WWEのフジ中継終わっちゃうの?

ブリーフカラテ(おもとぴ)
 何故かブリーフの親父が戦う格闘ゲーム。


ガチャピンチャレンジならぬドナルドチャレンジ!(小太郎ぶろぐ)
 マクドナルドでお馴染みのあのキャラがいろんなスポーツに挑戦。その中に「柔術」があったのにビックリ。


秘技!ペニスで75キロのバーベルを持ち上げる!(海外ボツ!NEWS)
 ディーノと対戦させたい。


マモルvs漆谷の再戦決定=5.4修斗(スポナビ)
 修斗がカード発表。

5/4 修斗・後楽園ホール
 バンタム級3回戦:マモルvs漆谷康宏
 あれ? 井口はいいの?


カブキキッドのHARDCORE/softcore:kid meets KABUKI!!
 日本に滞在しながら(違うかな?)インディー中心で活躍中のカブキ・キッドさん(from USA)、彼のBLOGの日本語訳版があります。
 私のお気に入りBLOGの一つであります。訳されてる方は大変ですね~。
 カブキ・キッドが歌舞伎を初鑑賞。興味深い感想が。


ドラゴン日記:CM
 大日本・伊東竜二さんBLOG。
 CMで夏目ナナと共演! イイナァ~。どのぐらいの範囲で見れるCMなんでしょう?

 ・・・AV関係のトラバとか送ってくるなよ。


グッドリッジとオヘアが初戦で激突=K-1米国大会(スポナビ)
 K-1ラスベガス大会、トーナメント出場者決定。

4/30 K-1・米国ラスベガス
USA GP1回戦
 マイティ・モーvs藤本祐介
 ゲーリー・グッドリッジvsショーン・オヘア
 グラウベ・フェイトーザvsデューウィー・クーパー
 マイケル・マクドナルドvsマーク・セルビー
 オヘア出るのか・・。MMAならまだしも、K-1は無理すぎ。


 大日本・登坂さんのBLOGから。
大日本プロレス統括部長登坂栄児の徒然ブチョー:エコロジー
 ↑「ゴミは分別しましょー」的張り紙。
 しかし

大日本プロレス統括部長登坂栄児の徒然ブチョー:不思議発見!(回答編)
 ↑どうやって・・・。


教育テレビに高田総統が出演( nikkansports.com )
 この番組って見たことないけど、プロレスラーいっぱい出てるんだよね? 高木三四郎は共演したらしい。
 高田総統は受信料払ってるんだろうか。


ボビーオロゴンが黒柳徹子にガチを仕掛けました!! (兎のニールキック)
 昨日の「徹子の部屋」にボビー・オロゴンが登場。内容が凄かったらしい。
 ところでボビーのキャラってガチ?


K-1視聴率情報(BurningSpirit)
 K-1またも高視聴率・・・。

 K-1(フジ) 16.4%
 ごくせん(日テレ) 32.5%
 ドスペ!「藤岡弘探検シリーズ!ミャンマー奥地3000キロ伝説の野人ナトゥーを追え」 7.4%
 もうナトゥー掴まえてK-1に乗り込むしかないな。


■PR
Click Here!

★ロリポップサーバー☆特別キャンペーン実施中!★
女性の方、お引っ越しの方はなんと初期費用半額!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEW JAPAN CUP、組み合わせ決定

カード情報

 「NEW JAPAN CUP~新日本無差別級トーナメント」の組み合わせが決定。

 ↑(この画像、使いたい方はご自由にどうぞ。但しダウンロードしてね)

 なかなか1回戦は面白そう。トーナメントとしては微妙ですが。「柳澤vs金本」って凄いな! 勝敗予想難しいぞ。
 トーナメントってのはリーグ戦よりも番狂わせを起こしやすいので(組み合わせがうまければ1つか2つの波乱で意外な選手を決勝までもってこれる)、予想外な選手の活躍にも期待しましょー。
 確か大森さんが準優勝した時のチャンカンはトーナメントだったなぁ(笑)。

NJPW:会見の様子
 今日は会見が行われ、各選手が意気込みを述べています。なかなか面白い。

 田中稔は次シリーズからリングネームを「稔」に変更するそうです。・・・ヒートは?

 ちなみに本家「NJC」を開催するNEO女子プロレス、リーグ戦の告知ありました(随分前だけど)。

「第6回NEO JAPAN CUP~NEO無差別級リーグ戦~」
 参加メンバーは基本的にNEO中心ということになるが、外国人選手、フリーー、他団体選手の枠も設ける予定。参加メンバーその他詳細は3月下旬に発表される。
 伊藤社長のコメントは次のとおり。
伊藤「ここで自己主張の場を作るので各選手、いま主張していることをリーグ戦にぶつけてほしい。このときまでに倉垣から二冠のベルトを獲り返せてなかったら優勝者が獲り返しにいく可能性が高い。リーグ戦の成績は今後のタイトル挑戦の査定に入ります。 」
 いつの間にか「無差別級」がタイトルに入ってる(笑)。
 そうか、NEOも他団体にベルトが行っちゃってるんですね。
 急遽、リーグ戦前にタイトルマッチやらなきゃ。NEOの興行蹴って新木場行って(JD興行)、誰かが挑戦表明→ファンに総スカン、までやらなくちゃ。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
NEO女子プロレス OFFICIAL WEBSITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

中邑真輔、鈴木みのるにドロー

NJPW

3/12 新日本・尼崎市記念公園総合体育館(5200人・満員)

 新日本で会見があったんですが・・・先に昨日の興行を取り上げないと変になるので。

 [6]△中邑真輔(20分時間切れ 引き分け)△鈴木みのる

 鈴木マイク「おい、小僧!オレの足も折れないヤツに、何ができるんだ、本当に新日本守れるのか~?」」
 中邑マイク「何も背負っていないヤツに言われたかねえな」
 永田コメント「しょっぱい。中邑は勝ち負け以前の問題。何だ、今日の試合は。ふにゃふにゃ、グダグダ。ベルトはすべてをかけるものじゃないのか」

 試合後コメントはデイリーから。
永田猛批判「中邑はしょっぱい」 (デイリースポーツonline)
 タイトル戦を前にドロー。こりゃ弾みつかないよなぁ。小島は武藤にフォール勝ちしてるのに。まぁ・・・鈴木はアッチの団体の関係もあるんで負けられないんでしょうけど。ってか、新日本の立場ってプロレス界(K-1・DSE含めて)で、どの辺りのランクなんだろう。
 それにしても永田さん・・・辛口ツッコミ・キャラになってきましたな(自分のことはオイトイテト)。でも「フニャフニャ」は的を射ている。
 さて両国はどうなるかな? 私の予想、「ブードゥー・マーダーズ乱入→小島をボコボコ→ちゃっかり中邑フォール勝ち→次期三冠戦は小島vsA-トレイン」。どうでしょ。VMの外国人は帰っちゃったかなぁ・・・。
 [9=セ]蝶野正洋、○R・ウォーターマン(13分55秒 アンクル・ホールド)天山広吉、●西村修

 蝶野マイク「ファンも、新日本レスラーも、社員も全部お前の負けたせいで、苦しい思いをしているんだ。全部オマエ(天山)の責任だ!オイ!どうしたんだ、オマエの腰にあるもの!どこいったんだ、ベルト!ベルト獲るまで、オマエはハナクソだ!」
 天山試合後:控室ではイスをけり飛ばすなど大暴れ。最後は壁に頭をぶつけながら「絶対、オレが取り返す。見とけ、オラ。両国、殺すつもりでいく。分かったか、コラ」と予告した。

 コメントはデイリー+オフィシャル。
蝶野の罵倒に天山プッツン(デイリースポーツonline)
 コチラでは天山が鼻くそ扱い。ハナクソはどうでもいいけど、天山はもっと罵倒されるべき。どんどん追い込んでファンみんなで落ち込めばいいんです。壁に頭ぶつけてよ。そこからの這い上がりにドラマがあるんです。頑張れ天山、 ホントに頑張れ。
 ちなみに2/20両国の59分45秒、最近私は「ガチ」って感じで見てます。「アングルだろ~」みたいな記事書いたバカがいたような・・・。すんません・・・。
 [10=メ]IWGPJrタッグ選手権
 ○金本浩二、井上亘(44分9秒 アンクル・ホールド)邪道、●外道
 ※王者・金本&井上がV1
 この日のメインはコレだったんですね~。44分! 新日本の意地だなぁ。このカードは今シリーズ2回目。それで同じ結果を繰り返すってんだから、新日本は王者組を本気で売り出すつもりなんでしょう。俺はあんまり好きじゃないんだがw
 このトライアングル・ランサー画像はイイですね。やっぱサブミッションであっても選手の顔が観客に見えるのが技として理想なんだよなぁ。卍とかコブラツイストとか。ルチャやアメプロだとお互いが寝っ転がっちゃう技って少ないんですよね。

 その他の試合。

 [4]ヤングライオン杯公式戦:○後藤洋央紀(6分3秒 逆十字固め)●長尾浩志
 [5]ヤングライオン杯公式戦:○伊藤博之(7分59秒 ヒザ十字固め)●安沢明也
 [7]○中西学(11分19秒 ヘラクレスカッター→片)●棚橋弘至
 [8]○永田裕志(17分31秒 リバース・ナガタロックⅢ)●飯塚高史
 ヤングライオン杯決勝は「伊藤博之vs後藤洋央紀」。伊藤は1ドローのみのブッチギリ。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ! 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.22

ビクトー・ベウフォート、PRIDE GP参戦決定

PRIDE | ニュース | 元UFC王者ビクトーがPRIDEに再上陸! アリスター、ランデルマンの出場も決定

 PRIDEミドル級GP、追加参加選手が発表となりました。

4/23 PRIDE GP 2005開幕戦・大阪ドーム
・追加参加選手
 ビクトー・ベウフォート
 アリスター・オーフレイム
 ケビン・ランデルマン

・既発表参加選手
 桜庭和志
 吉田秀彦
 近藤有己
 中村和裕
 ヴァンダレイ・シウバ
 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
 イゴール・ボブチャンチン
 マウリシオ・ショーグン
 クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
 ダン・ヘンダーソン
 ラストワン・トーナメント優勝者

・決定カード
 吉田秀彦vsヴァンダレイ・シウバ

 残りは2枠。

 UFCからはビクトーが参戦。うーん、本当はティトの方がヨカッタんだけど、大物であることは間違いありません。

Fight Finder - Vitor "The Phenom" Belfort
 ビクトーの主な戦績。

 05/02/05 ● ティト・オーティス(判定) ※UFC51
 04/08/21 ● ランディ・クートゥア(ドクターストップ→TKO) ※UFC49
 04/01/31 ○ ランディ・クートゥア(流血→TKO) ※UFC46
 03/06/06 ○ マービン・イーストマン(打撃→TKO) ※UFC43
 02/06/22 ● チャック・リデル(判定) ※UFC37
 01/05/27 ○ ヒース・ヒーリング(判定) ※PRIDE14
 01/03/25 ○ ボビー・ソースワース(1R 裸締め) ※PRIDE13
 00/08/27 ○ 松井大二郎(判定) ※PRIDE10
 00/06/04 ○ ギルバート・アイブル(判定) ※PRIDE9
 99/04/29 ● 桜庭和志(判定) ※PRIDE5
 98/10/16 ○ ヴァンダレイ・シウバ(打撃→TKO) ※UFCブラジル
 ヒーリングにも勝ってたとは・・・まったく記憶にない(笑)。クートゥアには不完全燃焼な結果が続いている。ティトとは僅差の判定負け。ちょっと運に見放された(?)試合が多いか。
 グレイシー系でありながらボクサーとしての技術も長けている。ボクシングでは五輪ブラジル代表候補までなったことがある。
 強豪であることが間違いないんだが、トーナメントを意識して慎重な戦い方をするようなら見る方が辛いかなw

 ランデルマンは昨年のヘビー級GPに続き連続参戦。また番狂わせ見せるか?

 残りは2枠。田村は相変わらず調整中。候補に挙がっていたハイアン・瀧本は今回ナシっぽい雰囲気。

 
■関連リンク
PRIDE OFFICIAL WEBSITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラモン・デッカー、リングス・オランダとしてHERO'S参戦

[HERO'S] 3.26 さいたま:須藤×デッカー決定。バンナの相手は秋山に

 HERO'S、追加&変更カード。

3/26 HERO'S・さいたまスーパーアリーナ
・追加カード
 須藤元気vsラモン・デッカー
 秋山成勲vsジェロム・レ・バンナ
・変更カード
 アラン・カラエフvsゲーリー・グッドリッジ

・既報カード
 宇野薫 vs. ヨアキム・ハンセン
 宮田和幸 vs. イアン・シャファ
 BJペン vs. LYOTO
 サム・グレコ vs. ヒース・ヒーリング
 ボブ・サップvsキム・ミンスー

 バンナが「カラエフよりも知名度ある選手とはやりい」ってことでカード変更。秋山はK-1選手が続きます。
 カラエフは腕相撲王者対決。レフェリーは遠藤光男さんにしましょー。

 さらにはラモン・デッカーが須藤元気と対戦! ま・・・総合では期待できませんが、名前聞けただけも嬉しい。

 デッカーは90年代を代表するキックボクサー。タイ人から世界王座を奪ったこと、 ルンピニースタジアムのランキング入りしたこともある。日本でも『地獄の風車』というあだ名で恐れられ、港太郎、吉鷹弘、緒形健一を撃破。00年にはK-1で小比類巻貴之、新田明臣とも対戦している。01年3月にオランダで引退試合を行ったが、その後ゴールデングローリーで総合の練習をスタートしていた。現在38歳。
 何回か生で見たことありますが、体調良ければ凄い試合しますよ。見たのはセンティアンノーイ戦だったかな? 

 デッカーは「リングス・オランダ」として登場。

 デッカーは「リングス・オランダ」所属を名乗ることに。このことについて前田日明HERO'Sスーパーバイザーは「オランダの選手はクリス・ドールマン(リングス・オランダ代表)の師匠のジョン・ブルミン(極真武道会代表。「オランダ格闘技界の父」とも呼ばれる)を中心に精神的につながっている。僕もブルミンにピーター・アーツを紹介された。小さな意味で『リングス・オランダ』というものはあるけれど、オランダの格闘技界は垣根とかはない」と説明。ブルミン氏の流れをくむデッカーもリングス・オランダの一員であるという解釈を示した。
 ・・・と言うことはドールマンの許可はとってないんですね。ああ・・・そうですか。
 そんなに「リングス」に拘る必要ある? 別にデッカー来るってだけで喜ぶ人は喜ぶ(悲しむ人は悲しむ)と思うんだが。

 これで8試合。まだ大山峻護のカードが未定。

 その他。

 なお、TBSの中継の解説を元パンクラスの船木誠勝氏が務めることも発表された。船木氏と因縁浅からぬ前田氏だが「個人的な軋轢はない。リングスとパンクラスが揉めていた頃も、新幹線のホームで偶然会ったら、向こうから小走りに寄ってきて挨拶していた」と語り、関係は良好であることを明かした。他にも武蔵、高山善廣も解説席に座る。
 船木と前田って言うと、パンクラスよりUWF時代のことが印象深いかなぁ。
 解散直前の大阪城ホール、前田vs船木。敗れた船木に何かを説得するかのように話しかける前田・・・。
 まぁ、あの時は前田どうのってより、Uに対する反発心が大きかったと思うので、個人的にどうのってのはそれほどないと思うのですが。
 でも、どんな会話するのか気になる。


■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ジャマール&太陽ケア、大声援の中タッグ王座防衛

スポーツナビ|格闘技|速報

 SAMUARI!でニア・ライブ中継(即日放送)された3/20全日本・後楽園大会の感想を。
 やっぱりビデオの録画は失敗してた。最初の1時間+αが入ってない・・・。
 お目当てだったTAKAvsNOSAWAや近藤・YASSHIの試合は見れず。
 第5試合から。

 [5]武藤敬司、○雷陣明(15分38秒 武藤のシャイニング・ウィザード→回転エビ固め)川田利明、●石狩太一
 セミ前に川田・武藤登場ってのは全日本の面子がだいぶ揃ってきた証拠でしょう。
 最後は武藤のアシスト付きで雷陣が石狩から勝利。残った者への期待と家を離れた者への洗礼。それをサポートするのが社長・武藤。分かりやすく素晴らしい図であります(笑)。
 試合後、喜び抱きつく雷陣を「さわんなよ~」と武藤が拒絶。武藤退場後、雷陣は武藤のポーズをマネ。
 なんだか「武藤&雷陣」が「川田&石狩」化する方向となりそう。
 [6]○小島聡、カズ・ハヤシ(20分9秒 ラリアット→体)佐々木健介、●中嶋勝彦
 序盤、カズと中嶋が激しい打撃戦。中嶋はフックぎみに大きく振り回す掌底を効果的に使う。イイです。打撃戦でカズを圧倒! デビューから1年以上経過・・・この人にスランプはないのか? 後半は負傷していた肩を攻められキツソウでしたが。カズvs中嶋はシングルで見たい。
 健介の攻撃は相変わらずのド迫力。小島も凄い。文句ありましぇん。でも「行っちゃうぞエルボー」は普通にやった方がいいような(最近はフェイントをいれてる)。
 フィニッシュは涼しい顔でラリアット。格の差を見せつけた。
 [7=メ]世界タッグ選手権
 太陽ケア、○ジャマール(26分44秒 フライング・ソーセージ→体)チャック・パルンボ、●ジョニー・スタンボリー
 ※王者・ケア&ジャマールがV2
 最近では見られない外国人ばかりのタッグ選手権。 
 チャック&スタンボリーが派手目な選手じゃないので、下手したら寒い試合になる可能性もあったんでしょうが・・・これが面白かった!
 この試合、最近人気上昇中のRO&Dはベビーフェイスとして観客に迎えられる。もちろんそこには「更に悪い奴ら」であるブードゥー・マーダーズの存在があればこそ。
 中盤にイス攻撃でジャマールが戦線離脱。ローンバトルを強いられたケアを「FBI」仕込みのコンビネーションと小ずるいインサイドワークで挑戦者チームが翻弄する。どうやったって観客はRO&Dに声援を送りたくなりますな。
 終盤に復活したジャマールがチャック&スタンボリーを蹴散らすと大爆発。TARUらが乱入したり、TAKAがそれをカットしたり・・・。最後は大迫力のサモアン・ドロップを連発してソーセージでピン。
 悪い外国人をやっつけるカッコイイ外国人(デブもいるけど)、全日本創世記にファンクスらが見せていたプロレスを見事「王道マット」で復活してみせた。
 何だかんだ言ってもガイコクジンには独特なカッコヨサがある。どこの団体も景気が悪く外国人を呼ぶだけでアップアップ。外様にオイシイ舞台を与えようなんて団体は少ないはず。そんな時代にガイコクジンが生んだハッピーエンドな試合を見れたのは、かなり貴重な体験なのかもしれない。

 軍団抗争も兼ねたタイトルマッチで完敗したブードゥー・マーダーズだが、試合後には「A-トレイン」という爆弾を投入、抗争を「to be continue」とすることに成功している。
 地味目なチャック&スタンボリーに小ずるい戦法が似合う試合をやらせたり・・・いろいろ計算高い。
 ベビーフェイスとなったRO&Dが今後どういう位置に立つのか、日本勢との絡みはどうなるのか・・・次シリーズも楽しみ。
 やっぱ全日本はオモロイなぁ・・・と改めて感心した興行でした。
 頑張れ、頑張れ。

■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.21

A-トレインこと“ジャイアント・バーナード”全日本乱入

スポーツナビ|格闘技|元WWEのA・トレインがVMに加入

 今日の全日本、WWEから大物(?)がやってきた!

 全日本プロレス「HOLDOUT TOUR2005」が20日、後楽園ホールで行われ、勢力を拡大するTARU率いるブードゥー・マーダーズ(VM)にまたも新メンバーが加入した。かつて大木金太郎の耳を角材でそぎ落とした怪奇派レスラー、ブルート・バーナードを父に持ち、WWEのリングではA・トレインのリングネームで活躍したジャイアント・バーナードが加わった。
 名前は「ジャイアント・バーナード」になりそう。昨年大量解雇された中では彼が一番日本向きだと思います。デカイし動ける。

 で、この人はあの団体に参加予定なんです。
FINAL DOWN | 生ゴン2005/3/12 ゲスト上井文彦 Part4【ビッグマウス】
 生GONの上井さんインタビューから。

 「昔、力道山とやった選手で、それから猪木さんともやってますけども、ブルートバーナードという選手がおります。
 その末裔ですね。
 えー、リングネームがジャイアント・バーナードと言います。
 物凄い強暴ですから、私のところにメッセージが来てましてですね、近々、公開します。」
 そうです、WRESTLE-1に登場予定なんです。

 ちょっと待ってくださいよ・・・これで全日本プロレスとWRESTLE-1が繋がったってことになるのか? 外国人の貸し借りだけって可能性もあるでしょうが・・・どうでしょ。でも武藤(レッグロック)だったらWRESTLE-1って名前にコダワル理由があるなぁ・・・。

 別の話になりますが、週プロによりますと3/26新日本・両国に参戦予定だった長州力、出場キャンセルになったとか。そう言えばハッスル8にも出なかった。
 今後の長州と言えば・・・WRESTLE-1で柴田戦があります。

 更に言えば、今後ハッスルに力を入れる感じな川田&石狩が全日本を辞めた・・・・。
 新日本にはPRIDE武士道・出場が決定している高阪が登場・・・。

 ここで妄想(多いな)。

 DSE&新日本&川田 vs K-1&ビッグマウス&全日本&長州
 なんて感じになってるのか? 全ては「DSEvsK-1」の流れからの振り分けなんだが・・・。

 でもよく考えれば、上の対立構図は現状だと成立しない。
 また、いい加減なこと書いちゃったかも。妄想終了。


 今日の全日本・後楽園の結果は以下で確認を。
スポーツナビ|格闘技|速報
 SAMUARI!でニアライブあったんで録画したつもりだったんだが・・・どうも時間間違ったらしい。途中から始まってる・・・。まぁ、見たら感想書きます。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■PR
格プロBLOGランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッスル8、感想

スポーツナビ|格闘技|速報

 では、遅くなりましたがハッスル8の感想を。メイン中心で。

 [6=メ]ハッスル軍キャプテン争奪・観客ジャッジシステム
 ○川田利明(2-1)●小川直也
 [試合]○小川(15分56秒 STO→片)
 [ネット投票]○川田
 [観客ジャッジ]○川田
 試合は普通にヨカッタです。小川はまだまだでしょうが、四の字とランニング・ネックブリーカーはタイミングも抜群。これまでにない動きでした。
 ただ、小川の印象が薄れるほどに・・・川田が素晴らしすぎた。4の字かけられた時の耐える顔の凄さ、表情一つで観客がドッと沸く。掟破りのSTOもあったし、打撃もハード。
 試合後のマイクでも総統を完全にKO。川田のマイクはアドリブな場合が多いと聞きますが、今回もそうだったなら凄スギ(でも「出てこいや」は前にもやったか)。

 これが他の団体であったなら文句ないんですが(でも、前回の対戦の方が内容は上でしょう)、ココはハッスル。

 「 今更、試合内容に頼るな! 」と叫びたい。

 まぁ、今後「メインはキッチリやる」って方向で行くならそういう風に見ますけど、今回に限ってはその先を期待しただけに物足りなさが残った。
 この日来た客の何%かには「小川vs川田だから来た」って人がいるはず。そういう真っ直ぐなファンに糞ぶっかけるような試合を期待していたんです(笑)。別に変な試合をしろってわけじゃないが、ハッスルらしい仕掛けは必要でしょう。
 話題になった「観客ジャッジシステム」がソレになる? うーん・・・ってか、勝敗に関わらず小川がキャプテンになる内容に持っていく感じだったしねぇ。ま、よく考えればネット&観客票が川田に行く可能性は高いわけで、マッチメイカー以外の判断で試合が決まるという所にハプニング性を期待してしまった俺がバカだったんでしょうけど。
 この試合で一番注目すべき点は「小川が必ずイイ試合をしなければならない」というところなんでしょう。そこを一応クリアしたってことでは小川を評価しなくちゃいけないんだろうなぁ・・・。

 でもね、分かりやすいサプライズがハッスルには必要でしょう!
 あんまり文句ばっかり言うのも悪いから、私から「ハッスル8のメインはこうするべきだった!」という提案をしてみたい。
 では妄想開始。

 小川vs川田、試合は中盤。画面に表示されていた「ネット投票・グラフ」の様子がおかしい。
 ついには「エラー」の文字を残し、グラフがフリーズしてしまった。
 構わず試合を続ける2人だが、そこに高田総統が現れる。
 「小川君、川田君、ネット投票に問題が発生してしまった。復旧は難しいらしい。ネットの投票が反映されないなら、この試合の決着はつけられない。残念だが試合は中止だ!」
 ゴングが鳴らされ「試合不成立」の判定。
 この日は「モンスター軍主催興行」、リング上に小川・川田を残したまま興行は淡々とエンディングを迎える。
 終了の曲が流れ、リングアナは「本日の興行は終了です・・・」とアナウンス。照明も消える。
 そこで川田がマイクを持つ。
 「小川、お客さんは待ってるぞ! やるぞ!」
 中村カントクがゴングを鳴らす。石狩が照明を復活させる(?)。
 試合が再開され・・・小川勝利。
 川田マイク「ネットやボードがなくたって、俺にはファンの声が聞えている・・・今日の小川はヨカッタよ、お前がキャプテンだ!」
 ガハハ、自分で書いてくだらねーな。最後はダメダメだし。でもこれならハッスルっぽいでしょ?
 実際ネット投票は繋がりにくかったらしいし、ハッスルなら投票中止ってこともあり得そう(笑)。一応、「ITvsアナログ」という「ライブドアvsニッポン放送」的ノリも入ってるんだがw。
 やっぱ難しいね。


 オマケ:スポーツナビ|格闘技|速報
 
3/19 ハッスル・ハウスvol6・静岡グランシップ(2513人)

 この大会であったことをまとめます。

 ・今日が本当に誕生日の石狩、総統からプレゼント・大きな箱と小さな箱を選ぶ。試合前に川田から「男は大きく生きろ」と言われた石狩は大きい箱を選択。中身は・・・ジャイアント・シルバ。
 ・坂田亘がモンスター軍を裏切る。ハッスル軍にもつかず、一匹狼でやっていくらしい。
 ・川田、島田にお茶葉をかけられる。
 ・小川、「観客にジャッジされた以上、キャプテンを続けるわけにはいかない」とマイク。
 石狩のは面白そうだなぁ。
 小川はどうなる?

■関連リンク
ハッスル オフィシャル ウェブサイト
■PR
ハッスル関連DVD
ハッスル・小川直也、DVDほか紹介

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.20

外敵に背負い投げ/小ネタ集

 コネタ。今回は動画・画像多め。


背負い投げ(pya!)
 [画像]外敵には厳しく対処しましょう。


持ってきちゃダメー!(■ファイルマン■)
 [動画]次回666興行に参戦してほしい。


菊田早苗日記:2005年03月13日
高阪剛の今日のさかな:ヴィキングじゃないよ一応
 フジテレビで始まる筋肉番付的スポーツ番組「海筋肉王」、菊田・高阪出演。
 何に参加してきたかと言うと・・・SASUKE似の企画。うわっ、コレもやっちゃうんだぁ。
 素人アスリートの引き抜きとかありそう。
 バイキングって番組名はちょっとマズイ。


広田さくらのコスプレ日記:まとめて
 広田さくらさんの小島聡コスプレが見れます。
 これ手作りってのが凄いよなぁ。


新日ミラノ大会でファッションショー(nikkansports.com)
 はぁ・・・。なんだか「イタリア=ファッションショー」と言う勝手な日本人の思いこみを押しつけてるような気もするが。
 現地で活動をなさっている方の案ですから、あまりバカにもできない・・・かな? 
 ぜひ入場ゲートにはイタリア語で「オニギリ」「カラオケ」とかの旗を出していただきたい。・・・イタリアにオニギリねーよ。


ターザンカフェ|プロ格コラム[2005年03月16日(水)]
 ターザン!さんの日記に気になることが。

それはさておきボクが気になった噂というのは「DRAGON GATE」である。
SUWA選手やTARU選手が離脱していったが、また近く離脱者が出るかもしれないという噂なのだ。
あ~そうですか。
 これ以上減るとサスガにマズイか・・・。
 凄い遅れてますが、この前ガオラで「望月vs斉藤了」見ました(見てないビデオたまってるのバレバレ)。
 20分越えても動きまくるモッチーのスタミナには呆れた・・・。最後のフィニシュまでに繋ぐラッシュは感動モノ。


凶器もあり!小さなプロレスラー達の激しいバトル!(小太郎ぶろぐ)
 [動画]ミゼットレスラーのハードコアマッチ。1試合丸々見れます。
 意外と一つ一つの技をしっかりやってる。ラリアットが巧い。
 ミゼットと言うと、どうしてもコミカル系に行きがちですが・・・この2人はとにかくカッコイイ!
 プロの試合してます。大日本に呼ぼう。
 で・・誰?


人が吹っ飛ぶ!激しい喧嘩キック!!(小太郎ぶろぐ)
 [動画]「最強ケンカキック」と言うか、「片足ジョンウー」と言うか・・・。


おぞましい話::小山が小山が大ピンチ
 イーグル・プロレスが3月27日の興行をもって解散するそうです。
 折原参戦があったりで、勢いつくかなぁ~という感じはあったんですが・・・。
 まぁ、解散するのも勇気いるよなぁ・・・。


曙 負けてもK―1辞めない (スポニチアネックス)

アジアGPの初戦で当たる角田信朗(43)に敗れた場合、K―1を2年間封印するという情報もあったが、これは関係者の聞き間違いであることが発覚。
 はぁ~~~~!?


2ちゃんねるの方舟 Reloaded -2chまとめサイト案内- - プロレスラーの日記を代わりに書いてあげよう!
 2chのまとめサイト。まだ全部読んでないけど先に紹介。結構、歴史あるんだなぁ。


■PR
Click Here!

★ロリポップサーバー☆特別キャンペーン実施中!★
女性の方、お引っ越しの方はなんと初期費用半額!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェ・ホンマン、アジアGP優勝

スポーツナビ|格闘技|K-1|速報

3/19 K-1 WORLD・ソウルオリンピック第1体育館(15918人・超満員札止め)

 ・・・TV見てません。夕方から急な用事入りました。ビデオは・・・藤岡弘探検隊を選択w
 ついでに熱っぽいしで最悪ですよ。
 簡単に。

 [4]ASIA GP 2005 トーナメント1回戦
 ○曙(判定 3-0)●角田信朗
 曙先生、初勝利おめでとうございます! 初のダウンも奪いましたね。まぁ、何とも言えんわ。
 膝蹴り使いだしたのはイイかもしれない。
 [8]トーナメント準決勝
 ○チェ・ホンマン(1R0分42秒 タオル投入→TKO)●曙
 ※1回戦で左足負傷
 試合序盤に突然タオルが入り終了(らしい)。横綱対決は水入りって感じでしょうか。
 曙さん試合後コメント。
 2回戦は残念だけど、角田選手のローキックがとても勢いがあった。1回戦が終わってから谷川さんたちと話をしたが「とにかく(2回戦のリングに)上がりますけど、ダメだったらスイマセン」と言った。
 とにかくリングには上がる・・・もし欠場となってリザーバーの富平が代打となれば・・・チェが負ける可能性高い? 商品価値落とさないために途中棄権ミエミエで登場? 曙さんもチェと再戦する理由ができて・・・なんて、全ては私の妄想です。
 「角田選手のローが効いた」的発言ありましたが、曙戦後の角田さんコメントでは「なぜ曙選手の上半身ばかり攻めたのですか?」なる質問も出てる。・・・試合見てない私にはますます謎です。
 [11=メ]トーナメント決勝
 ○チェ・ホンマン(延長1R判定 3-0)●ガオグライ・ゲーンノラシン
 ※チェが優勝。K-1 WORLD GP開幕戦(1回戦)出場決定。
 デビュー戦でトーナメント優勝! しかも地元韓国! こりゃ会場は盛り上がったんだろうなぁ。
 昨年俺的K-1MVP・ガオ様、これでGPは無くなっちゃったんでしょうか? まぁ本来のウェイトに戻った方がいいのかな。

 トーナメント以外の試合も意外(?)な結果が。

 [6]○セーム・;シュルト(1R1分22秒 右ローキック→KO)●モンターニャ・シウバ
 ああ、モンターニャがぁ・・・。平成のデルフィンもビックリ。
 [10=セ]○レミー・ボンヤスキー(1R0分22秒 右ハイ→KO)●レイ"マーシレス"マーサー
 ハイ一発。しかも壮絶KOってよりは戦意喪失でグダグダ終了だったようで。
 マーサー、武蔵戦で意外とマジメに戦っていた印象があったので、今回若干期待していたんですけどね。

 全体としては面白かったんですかね? 超大味であることは間違いないでしょうが。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。その他のK-1情報はこちらで

Click Here!


 7~9時のゴールデンで野人のウ○コをド・アップで映してる藤岡弘探検隊は最強。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

« 2005年3月13日 - 2005年3月19日 | トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »