« 小川vs安田は1億争奪マッチに | トップページ | 田中将斗vsアッサム、その波紋/NEWSクリップ »

2005.06.23

マグニチュード岸和田

 ドラエー年間最大イベント「7.3神戸ワールド」直前の後楽園大会、メインは業界大注目のシングルマッチ「CIMAvsMA-G-MA」。しかし・・・終わって見れば神戸の前フリ止まり・・・。

DRAGON GATE「THE GATE OF MAXIMUM 
 [ スポーツナビ|格闘技|速報 ]

6.22 DRAGON GATE/後楽園ホール(2350人・超満員札止め)

 相変わらずの札止め状態。
 まずメインの流れから。

 [7=メ]△CIMA(1分17秒 両者がレフェリー暴行→両者反則)△MA-G-MA
  • レフェリーをKOした2人はハイタッチ。
  • CIMAマイク「27年間生きてきて一番気持ちいい。おまえら怒ってるのか。そんなにCIMA対MA-G-MAが見たいか」
  • CIMAが横になり、MA-G-MAが押さえてフジイが3カウント。
  • CIMAはMA-G-MAのブラッド・ジェネレーション入りを発表。ブラッドにあった「素顔」というコンセプトは「シーサーを追放するためだけの一夜限りの条件」とのこと。
  • MA-G-MAは新リングネームを「マグニチュード岸和田」と発表。
  • CIMAらが退場しようとするところに斎藤了らDoFIXER勢乱入。急遽12人タッグ戦へ。

 [8]CIMA、フジイ、吉野、土井、鷹木、マグニチュード岸和田(7分45秒 ラストライド→エビ)斎藤、Dキッド、堀口、谷嵜、アンソニー、●ハルク
  • 神戸大会に関するアピールいろいろ(あとでまとめます)。
  • CIMAマイク「誰のおかげでドラゲーが繁栄したのか。オレのおかげや。(キッドに)おまえは99年の1カ月だけ、(堀口に)おまえは髪の毛があるうちだけ、(斎藤に)おまえの時代なんか一生来るか」
 これまでは「ヒールよりのベビー」的雰囲気も僅かにあったブラジェネ、今日から「100%ヒール」と判断しちゃっていいんでしょう。それを決定付けるための「メインぶち壊し」だった、と。
 CIMAvsMA-G-MAはお世辞抜きにドリームカードと呼べる大一番。それを目当てに観戦している人が多かったであろうことを考えると・・・複雑。おそらく、今回の興行に関しては否定的な意見が多いでしょうね。
 私の感想、「ドラゲー強気だな」。
 最近になってドラゲーのファンからは「闘龍門の方が良かった」という声が多く出ているようです。全体的にもちょっと評価は落ちてる感じ。そういう流れがありながらも観客を突き放すストーリー展開を敢行した姿勢に関しては、かなり評価していいんじゃないでしょーか。
 ただ、まだまだ斎藤らベビー側は物足りなく感じるし、実力者・MA-G-MA(マグニチュード岸和田)の加入がブラジェネの“人気”へ繋がるんじゃないかという“不安”もある。1ヶ月ぐらいして「MA-G-MAコール、CIMAコール大爆発」状態だったら今回の後楽園は無駄となってしまう。
 とにかく、次の展開に期待。
 [6=セ]オープン・ザ・ドリームゲート王座・次期挑戦者決定戦
 ○TAKAみちのく(21分10秒 ディックキラー)●横須賀享
  • TAKAマイク「望月、いや横須賀。知らない間に強くなったな。もし神戸でオレがベルトを獲ったら、挑戦者に逆指名するよ」
 うーん、横須賀負けた。先輩越えならず。
 TAKAのみちドラは不発に終わらせたようですが・・・残念。

 前座でもいろいろあったようですが・・・それはリンク先で確認を。
 この日の流れから、神戸大会のカードをまとめてみる。

7.3 DRAGON GATE/神戸ワールド記念ホール
・決定カード
 オープン・ザ・ドリームゲート選手権:望月成晃vsTAKAみちのく
 天龍源一郎&マグナムTOKYOvs佐々木健介&中嶋勝彦

・ほぼ決定と思われるカード
 トライアングル・ゲート選手権:斎藤了&ドラゴン・キッド&堀口元気vsCIMA&ドン・フジイ&土井成樹
 吉野正人&鷹木信悟vs火野裕士&K-DOJOの誰か
 谷嵜なおきvsマグニチュード岸和田
 マイケル岩佐&ダニエル三島vsジョンソン&ジャクソン

 メインは・・・どうかな~。イイ試合にはなるんだろうし、他の団体なら素直に喜ぶんだが。


■関連リンク
DRAGON GATE Official Site
■PR
HISTORY OF CIMA
[DVD]CIMA・個人DVD。初代UDG王者を勝ち取ったCIMAが“クレイジーMAX”のリーダーとして活躍するまでの軌跡を辿るドキュメンタリー「HISTORY OF CIMA」をパッケージ化。 5月27日発売。
TWO FACES OF MAGNUM TOKYO
[DVD]マグナムTOKYO・個人DVD。5月27日発売。

|

« 小川vs安田は1億争奪マッチに | トップページ | 田中将斗vsアッサム、その波紋/NEWSクリップ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マグニチュード岸和田:

» MA-G-MAがマグニチュード岸和田て「アホかコラーーー!」 [KAZのツブヤキ]
【DRAGONGATE TOPICS】 ■東京・後楽園ホール大会試合結果 1.○望月成晃&K-ness.&新井健一郎(14分14秒 ツイスター〜片エビ固め)D・フジイ&吉野正人×&土井成樹 2.×M・岩佐&D・三島(3分22秒 ジョンソンの乱入〜無効試合)S・市川× 4.鷹木信悟(2分53秒 バイティングドッグ)鷹木信悟 4.戸澤試練の十番勝負第8戦 中嶋勝彦(6分17秒 R16〜片エビ固め)戸澤 *通算成績0勝8敗 5.○斉藤了&D・キッド&堀口元気(17分36秒 エレガントマ�... [続きを読む]

受信: 2005.06.23 22:53

« 小川vs安田は1億争奪マッチに | トップページ | 田中将斗vsアッサム、その波紋/NEWSクリップ »