« 奈良の騒音ババア、NEO参戦/小ネタ集 | トップページ | 多摩最強を決めるトーナメント »

2005.05.01

クリス・キャンディード、急死

Total Nonstop Action Wrestling!

 NWA-TNAのトップページに大きく載っています。

 詳しくは以下のページから。
WWE リアルタイムの四方山話 - (無題)
 まとめると。

 ・4/24 NWA-TNAの試合(PPV)で足首等を骨折。翌日手術。
 ・手術後は元気で、TNAの会場にも顔を出していた。
 ・4/28に急死。
 ・兄の話によると、原因は手術の結果できた血栓だったとのこと。
 医療ミスなんでしょうか。骨折で死んでしまうなんてやりきれない・・・。

 プロフィール紹介。
クリス・キャンディード/レスラーノート
 弱冠14歳でデビュー。一世を風靡した女子マネ(DIVAの先駆け)“サニー”の旦那として有名。
 WWEでは“スキップ”と名乗り「ボディ・ドナーズ」で世界タッグ王座も獲得。WCWではクルーザー級王者にもなっている。
 NWA世界ヘビー級王座も獲得、ダン・スバーンにベルトを明け渡す。
 もっとも活躍したのはECW時代。ランス・ストームとのコンビでECWタッグ王座を獲得。一時はブッカーも兼任していたという。
 新日本、FMW、みちのく等に来日。正直、本領を発揮していたとは言えなかった。
 最近はNWA-TNAに定着、中心人物の一人として活躍。

 もう少し体が大きければ、扱いは全然違ったんでしょうけど。「小悪党」という言葉がピッタリなタイプでした。
 キャリアは約20年になるベテランだが、年齢はまだ33歳。

 ご冥福をお祈りします。

■関連リンク
Total Nonstop Action Wrestling!
■PR
プロ格BLOGランキング

|

« 奈良の騒音ババア、NEO参戦/小ネタ集 | トップページ | 多摩最強を決めるトーナメント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリス・キャンディード、急死:

« 奈良の騒音ババア、NEO参戦/小ネタ集 | トップページ | 多摩最強を決めるトーナメント »