« ディック東郷、DDT撤退/NEWSクリップ | トップページ | 藤田和之、新日本参戦正式決定 »

2005.05.26

ペドロ・ヒーゾvsハリトーノフ、決定

PRIDE GRANDPRIX 2005 2ndROUND (PRIDE OFFICIAL WEBSITE)

 PRIDEに追加カード。

6.26 PRIDE GP 2005 2ndR/さいたまスーパーアリーナ
・追加カード(ワンマッチ)
 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsパウエル・ナツラ
 セルゲイ・ハリトーノフvsペドロ・ヒーゾ

・既報、トーナメント2回戦カード
 桜庭和志vsヒカルド・アローナ
 中村和裕vsヴァンダレイ・シウバ
 マウリシオ・ショーグンvsアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
 イゴール・ボブチャンチンvsアリスター・オーフレイム

 なかなか注目のカードが並びました。

 PRIDE初登場のヒーゾさん、UFC全戦績はコチラ。
Pedro "The Rock" Rizzo (Fight Finder)

 03/11/21 ○ リコ・ロドリゲス(判定) ※UFC45
 03/06/06 ○ トレイ・テリグマン(出血→TKO) ※UFC43
 03/02/28 ● ウラジミール・マティシェンコ(判定) ※UFC41
 02/09/27 ● ガン・マッギー(TKO) ※UFC39
 02/03/22 ○ アアンドレイ・アルロフスキー(TKO) ※UFC36
 01/02/11 ● ランディ・クートゥア(TKO) ※UFC34
 01/05/04 ● ランディ・クートゥア(判定) ※UFC31
 01/02/23 ○ ジョシュ・バーネット(KO) ※UFC30
 00/09/22 ○ ダン・スバーン(サブミッション) ※UFC27
 00/06/09 ● ケビン・ランデルマン(判定) ※UFC26
 99/11/18 ○ 高阪剛(TKO) ※UFC23
 99/05/07 ○ トレイ・テリグマン(KO) ※UFC20
 99/01/08 ○ マーク・コールマン(判定) ※UFC18
 98/10/16 ○ タンク・アボット(KO) ※UFCブラジル
 試合を並べてみると、「意外に負けてるんだなぁ~」と驚いてしまったが、ジョシュ・バーネットや高阪に勝ってるのは大きい。
 マルコ・ファスが師匠。寝技も問題ないが、やっぱり立技に自信があるタイプ。K-1参戦経験もアリ。
1995..12.9 K-1 HERCULES/名古屋レインボーホール
 ○マイケル・トンプソン(3R TKO)●ペドロ・ヒーゾ
 UFC参戦より3年前の話じゃ参考にはなりませんか(笑)。
 とにかく、ハリトーノフとの撃ち合いは凄いことになりそうだ・・・。
 昨年は試合をやっていないことと、98年以降にUFC以外の団体に出場してない(金網以外で試合をしていない)のは気になりますが、簡単に負けるような選手ではありません。
 フジテレビ関係者が眉をひそめるような、放送コードギリギリマッチとなる可能性大? とにかく会場行けない人はPPV。
 
 ヒーゾさんはUFCからの刺客ということになるんでしょうか? 一部ではK-1とUFCがクッツクなんて報道もありましたけどね。ハリトーノフがUFC出場って話もあったし、どうなんでしょ?

 ノゲイラ(兄)の相手も楽しみ。高田道場所属となった柔道の超実力者。
 プロフィールは以下のページに丸投げ。
PRIDEに金メダリストの欧州柔道寝技王が参戦。 (くまページBlog)

 オリンピックでの金メダルをはじめ、個々の国際大会での実績もすばらしいのですが、特筆すべきは、94年5月から97年の秋頃までの約4年間柔道の公式戦で無敗の連勝を続けたことでしょう。
 単純に比較はできませんが、山下泰裕選手が77年から85年までの9年で立てた連勝記録が203連勝ですから、ナツラ選手の記録のすばらしさが分かります。
 とにかく凄いらしい。競技自体のレベルが上がってるMMA、他競技のチャンプでも簡単に勝利できないようになっているのが現状。そんな中でも、その競技の本当のトップが乗り込んでくるなら・・・。
 K-1でボクサーが醜態を晒す今でも、全盛期のマイク・タイソンが乗り込んでくるなら「そりゃ凄い」と誰もが飛びついてくるはず。ナツラさんもそれに近い形でしょう。
 寝技が得意のナツラさんにノゲイラを当てるという点で、DSE側が本気で彼を大事に使い、大きくプッシュしたいという姿勢が見える。負けたとしても噛み合ったヨイ試合にはなるでしょう(序盤の立技でKOと言う最悪のシナリオもありますが。ノゲイラのパンチは一級品)。ニューヒーロー誕生なるか? ギャラも相当なモノでしょうからw頑張っていただきたい。

 ヒョードルvsミルコ戦に関しては今週中に発表あり。ほぼ延期で決定のようです。
 となれば、ミルコがワンマッチ出場か。あとは「瀧本誠vs田村潔司」なんてのも候補に挙がっているようです。


■関連リンク
PRIDE OFFICIAL WEBSITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。 

|

« ディック東郷、DDT撤退/NEWSクリップ | トップページ | 藤田和之、新日本参戦正式決定 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペドロ・ヒーゾvsハリトーノフ、決定:

« ディック東郷、DDT撤退/NEWSクリップ | トップページ | 藤田和之、新日本参戦正式決定 »