« 五味隆典、豪快KO勝利、ヨアキム・ハンセン登場 | トップページ | チェ・ホンマンvsトム・ハワード、決定 »

2005.05.24

ダイナマイト東北、デビュー/NEWSクリップ

 野球行きたいなぁ。
 ニュクリ。

「SAMUARI!・NEWS侍」で知って「週プロモバイル」で確認。

5.22 みちのくプロレス/山形・朝日町民体育館(210人)
 [1]○オンブラ・デ・コスカール(8分21秒 コスカール・エスペシャル)●ダイナマイト東北
 今シリーズ、いつの間にかデビューしていた新人、その名も「ダイナマイト東北」。
 どうやらマスコミ規制があるらしく、まだSAMUARI!でも映像は公開されていない。その姿を見たい人は会場に行くしかないのである(でも週プロには載るかな?)。
 負けてるけど、肉離れはしてないみたい。
 やっぱり最後は・・・「トッホク、トッホク」ですか? 全ては謎。


AtoZ北海道ツアー3日目in北見 (仲村由佳NEO的ロマンティックだいありー。(仮))
 仲村由佳さん、北海道で元みちプロの北海珍念さん(引退)と再会。因縁(?)のある2人。珍念が仲村さんにゾッコンだった。でも結局恋は実らず・・・。
 とか言ってたら、メデタク珍念さんは結婚なさったそうで。おめでとうございます。


帰宅後もおさまらず…教頭が校長呼び出し“果し合い” (ZAKZAK) ( 小ネタBlog~純情派さんより)
 校長vs教頭の一騎打ち。


「正しいパンチングマシーンの殴り方」 (STA GAME Wave-札幌テクノパーク専門学校-)
「パンチングマッシーン補足」 (STA GAME Wave-札幌テクノパーク専門学校-)
 ゲーセンにあるパンチングマシーン攻略法。

 パンチングマシーンは殴った後、バーが倒れるまでのスピードをセンサーで測って、そのスピードでパンチ力を計測している。
 って聞いた。
 つまり打撃力や破壊力ではなくパンチスピードがものを言うのだ。
 そうだったのか・・・。助走をつけるのは意味がないそうです。
 昔(って言っても5・6年前ですが)、後楽園ホールの横にはゲームセンターがありまして、店頭にあったパンチングマシーンはプヲタのストレス解消に大活躍。私も蹴りやってよく店員に睨まれてましたよ。痛い・・。


相手が大勢でも怯まないおじさん (ひろぶろ)
 [動画]黄色シャツのオジサン、スゲェ強い。


LLPW・後楽園大会(出会いの悲喜) (かなたく kana宅~女子プロレス記者・伊藤雅奈子のHP~)
 相変わらずマイペースなLLの後楽園。

5.22 LLPW/後楽園ホール(1750人)
 [4]小河真子引退試合=5分エキジビション
 小河(時間切れ)風間ルミ

 [5=セ]沖野小百合デビュー10周年記念試合
 ○沖野(10分13秒 エクスプロイダー→体)●アイガー

 [6=メ]ダンプ、○ZAP・T(14分16秒 横入り式エビ固め)神取、●貴子

 小河真子、4年弱のプロレス生活にピリオド。これでLL最年少キャリアは、この日10周年を迎えた沖野になってしまった・・・。
 LLは相変わらず安定してるように見えるんだが・・・何とかしないとねぇ。


「新日本プロレスだめぽ」Tシャツが登場 (消息筋 昭和オヤヂのプロレス・格闘技blog)
 凄いTシャツできました。でも、ホントに新日本が潰れちゃうと着る機会なくなっちゃうんだな。まぁ、着ないけど。ちょっと欲しいけど。


オスカー・デイビットGMより (PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site)
 オスカーGMが元WWE勢の投入を予告。

 先日UPWに視察に行った際WWEから戻ってきた3人の選手と接触した。
 1人はWWE時代JESUS名で戦っていたトム・ハワードの一番弟子。もう1人は大谷をリスペクトしているという日系選手、そして最後の1人は大谷のことが心のそこから嫌いだと言っていた、WWE時代あのスーパースター、カート・アングルのボディガードをしていた凶暴な選手。きっと大谷も見覚えがあるだろう。
 17日よりこれらの選手を01MAXへ派遣することを約束する。これは私からのサマーギフトだ。
 ん~、順番によく考える。
 1人はWWE時代JESUS名で戦っていたトム・ハワードの一番弟子。
 これは、ヘススですね。カリート・カリビアン・クールの相方でジョンシナとPPVで対戦したこともある。ケガで欠場してたはずだが・・・WWE辞めてたんですね。ゴング名鑑読んだらZERO-ONE参戦経験があるらしい。
 もう1人は大谷をリスペクトしているという日系選手
 これはケイジ・サコダさん? 一時、炎武連夢に入ってたかな?
 そして最後の1人は大谷のことが心のそこから嫌いだと言っていた、WWE時代あのスーパースター、カート・アングルのボディガードをしていた凶暴な選手。
 こちらはつい最近WWEを退団したばかりのルーサー・レインズで間違いなし。かつてホース・シューとして火祭りに参加、大谷に塩の烙印を押されて帰国した。
 でも、WWE辞めたばかりなのに契約は大丈夫? 退団の理由は「プロレス以外のビジネスに専念するため」だったはず。
 ちょっと微妙なメンバーですが(笑)、ZERO-1外国人路線復活に期待してみましょー。6月シリーズ参戦予定。


■PR
プロ格BLOGランキングに参加中。

|

« 五味隆典、豪快KO勝利、ヨアキム・ハンセン登場 | トップページ | チェ・ホンマンvsトム・ハワード、決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6451/4256634

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナマイト東北、デビュー/NEWSクリップ:

« 五味隆典、豪快KO勝利、ヨアキム・ハンセン登場 | トップページ | チェ・ホンマンvsトム・ハワード、決定 »