« 中邑真輔、全日本大会に殴り込み | トップページ | 井口摂、修斗世界ランカーを返り討ち! »

2005.03.13

土井成樹、ブレイブゲート王座初代王者に

スポーツナビ | ニュース | 土井が初代オープン・ザ・ブレイブゲート王者に

 ドラゲーの情報は久しぶりになってしまった。ちょっと見ないうちに新人デビューしたりミラノが欠場したり・・・やっぱり目が離せない団体です。
 新設の中量級ベルトの王座決定トーナメント開催。

3/13 DRAGON GATE・名古屋国際会議場(3000人・満員)
初代オープニング・ザ・ブレイブゲート王座決定トーナメント
・1回戦
 ○YOSSINO(14分30秒 クイックを切り返してのエビ固め)●K-ness.
 ○SYCHO(3分17秒 ハイフライバム→片)●谷嵜
 △土井(6分48秒 セコンド乱入→無効試合)△シーサー
  ※再試合:○土井(2分13秒 バカタレ・スラインディングキック→片)●シーサー
 ○ダニエル(8分26秒 ダニ☆エ~ル)●堀口
・準決勝
 ○YOSSINO(8分29秒 アナザースペース→片)●PSYCHO
 ○土井(8分13秒 流血→RS)●ダニエル
・決勝戦
 ○土井(21分1秒 バカタレ・スライディングキック→片)●YOSSINO
 ブラッド・ジェネレーション入りしてイメチェンの土井、見事初代王者に輝きました。試合後にはブラジェネがヒール調に客を煽ったこともあって、ブーイングが浴びせられてしまったようだ。憎まれてのブーイングならいいんですが・・・。
 準決勝の「ダニエルvs土井」でアクシデント。トペを失敗したダニエルに土井がイス攻撃。これで三島は大流血(ケチャップではない)。それで会場が微妙な雰囲気になってしまったというような情報も・・・。試合を見たわけではないのでいい加減なことは言えませんが・・・。

 私はK-DOJOから参戦したPSYCHOに注目していました。メッチャ地味なルックスに意味不明のキャラ、それでいて切れ味鋭い空中殺法が得意。もう一つ突き抜けるモノがあればブレイクする可能性もあると思うんですが。
 K-DOJOの選手はドラゲーと違い他団体に出まくりです。キャリアがないこともあって外ではほとんど勝ち星がもらえず、いつまで経っても「格」が上がってこない。K-DOJO内では中堅でも、よそで若手に負けてしまうと団体全体のレベルが下がって見えてしまう。それが問題点。
 その一方、様々なタイプと多く対戦することでレスラーとしてのスキルは間違いなく上がっていく(はず)。キャリアの浅い次期に多くの経験を積むことはレスラーとしてヒジョーに貴重。
 ドラゲーはドラゲーのやり方で素晴らしいレスラーを創り上げていますが、今回ばかりはスポットライトを浴びることの少ないPSYCHOに頑張っていただきたい、と若干ながら願っていたのであります。・・・試合はどうだったんでしょう。
 ガオラで見れるのはだいぶ先だろうなぁ。

 ストーカー市川の相手に大物登場。

 [8]○斎藤彰俊(4分26秒 スイクル・デス→片)●ストーカー市川
 名古屋は彰俊さん地元ですからね・・・。井上雅央と杉浦貴もセコンドとして登場。

 ※3/14追記;PPV観戦記紹介。
開店!プロレス工務店: ドラゴンゲート3.13名古屋大会結果(寒!)
 やっぱ最後は微妙な雰囲気だったんかなぁ。


■関連リンク
DRAGON GATE Official Site
■PR
新作追加のDVD販売↓
闘龍門→DRAGON GATEのDVD紹介はコチラ

|

« 中邑真輔、全日本大会に殴り込み | トップページ | 井口摂、修斗世界ランカーを返り討ち! »

コメント

観戦記を1つ追加しました。

投稿: 管理人・杉 | 2005.03.14 23:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土井成樹、ブレイブゲート王座初代王者に:

« 中邑真輔、全日本大会に殴り込み | トップページ | 井口摂、修斗世界ランカーを返り討ち! »