« 2004年2月8日 - 2004年2月14日 | トップページ | 2004年2月22日 - 2004年2月28日 »

2004.02.21

田上、大丈夫かぁ~?

2/20 NOAH・後楽園ホール、結果(2100人)
 いつの間にかスカパーでも放送されていた「G+」で8時ぐらいから生観戦しましたんで簡単な感想つきで。
 G+は2月いっぱいは無料だそうです、309ch。野球セットに入らないかなぁー。

[5]池田、○ヨネ(4分14秒 ダイビング・ギロチン→体)小川、●菊地  ※試合途中、ヨネ・池田に連続バックドロップを放った小川はパートナーの菊地にもバックドロップ。そのまま試合を放棄して、試合を見ていた三沢の前を素通りで控え室へ。
 社長・三沢としたら、試合を放棄するような選手を使っていていいのだろうか(笑) 三沢と小川が仲間割れモードのまま武道かに行くんじゃないかな? やっぱ池田&ヨネじゃ差がありすぎ。
[6]三沢、○越中(11分10秒 サムライ・ドライバー84→体)力皇、●井上  ※試合前に小川が越中と小競り合い。それを三沢が止める・・・。
 越中さんは緊張気味な感じだった。試合開始前に突っかけたのを途中で止めたり(笑) まぁ、暖まってくれば安心して見てられますけど。  今更ですが、三沢ってやっぱり凄いなぁーと感心。ドロップキックの綺麗なこと・・・。力皇も素晴らしい。相撲出なのにスピードがある。雅央はヘタレっぷりに磨きがかかっていた(笑) 
[7=メ]田上、佐野、○橋(26分56秒 ゴリラーマン・ドライバー→エビ)小橋、本田、●KENTA  ※試合後、力皇乱入。田上と小橋を攻撃。
 一応、小橋と田上の絡みが注目なんでしょうけど・・・田上はツライ・・・。ビッグブーツやるたびにヨロヨロ倒れてしまう・・・。流れにもついて気ないし。  後半には佐野が場外で肩車→田上がエプロンからのど輪、という連携を見せるも・・・。これなら武道館は力皇とやった方が断然いいなぁ。どっちが挑戦するか気になってきた。  この試合で一番印象に残ったのは橋の受けっぷり。

 今日の試合はスポナビでも速報なかった・・・。ホント、カード編成は考え直しましょう。
 丸藤の試合が見れなかったのが残念。

NOAH | | コメント (4) | トラックバック (0)

エディがまさかの・・・

サボってたので、まとめて。
※WWEの現地情報はネタバレを嫌う方のために、文字色を白で書きます。空白の部分をドラッグすれば文字が出てきます。

'04/2/15 No Way Out
 ・予告通りゴールドバーグが客席に姿を現すとレズナーが挑発。リング上で乱闘に。レズナーのF5をかわしてゴーバーのジャック・ハマー炸裂。しかし、ヘイマンの指示によってセキュリティーから手錠をかけられてしまう。

 ・クルーザー級選手権「ミステリオvsチャボJr」、チャボ・シニア介入+タイツ掴み丸め込みでチャボ勝利、王座奪取(意外)。

 ・レッスルマニアにおける王座挑戦権が懸かった3WAY「カート・アングルvsビッグショーvsジョン・シナ」、カートが無難に勝利。

 ・メインのWWEヘビー級選手権「ブロック・レズナーvsエディー・ゲレロ」、レズナーのF5を切り返し、ベルトの上へDDTを見舞ったエディが、そのままフロッグ・スプラッシュでフォール勝ち! まさかまさかの王座奪取!

'04/2/16 RAW

 ・メインの「ベノワvsHBK」でHHHの挑戦者が決定するはずであったが、ビショフが別意見(今夜どちらかを挑戦させ、もう一人はレッスルマニアで)を提案。そこにベノワも登場してゴチャゴチャ。結局、挑戦者決定方法は決まらず・・・。

 ・ワールドタッグ選手権「フレアー&バティスタvsブッカーT&RVD」、ミック・フォーリーが乱入してオートンをカットしてる間に、4の字をかけているフレアーへRVDの5星スプラッシュがヒット。それをブッカーが押さえ込んで王座奪取。

 ・来週のRAWでビンスから、レッスルマニアに関する爆弾発言がある。

 ・「挑戦者決定戦」の公式発表がないまま「ベノワvsHBK」開始。HHHの登場に気を取られたベノワがスウィート・チンでフォール負け。

 ・メイン終了後、オースチン保安官登場して「レッスルマニアは『HHHvsHBKvsベノワ』の3WAYに決定!」とアナウンス。

'04/2/17 SMACK DOWN

 ・いきなりですが、メイン。WWEヘビー級選手権「エディ・ゲレロvsチャボ・ゲレロJr」、特別レフェリーがカート・アングル。試合途中、エディがフォールにいくとレフェリーのアングルがカウントを拒否! エディをボコボコにしてまさかのヒール・ターン! 試合結果は不明(たぶん無効試合)。

 来週のビンス発表が気になる・・・。

Monday Nitroレポート
WWF。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.20

須藤元気、「スカイハイ2」出演

須藤が釈由美子と共演
スカイハイ2

 須藤元気が釈由美子と共演するテレビ朝日のドラマ『スカイハイ2』が20日にオンエアされる。須藤が演じるのは世界戦を目前に試合中の事故で死んでしまうボクサー。すでに映画では『凶気の桜』で窪塚洋介との共演も果たしている須藤の演技力は要注目だ。
 釈由美子の「ノーフィアー」ポーズでお馴染みの「スカイハイ」。今夜の放送に須藤登場。事故で死んでしまうってのはシャレにならないなぁ。今日のテレビ欄(tv.nikkansports.com)の番組紹介が凄い。
23:15 [S]スカイハイ2「死者は大晦日のK-1選手!!母のため復讐なさい」[出]釈由美子 [出]須藤元気 [出]森本レオ
 公式HPでは「ボクサー」となってますが、大晦日にK-1と書けば視聴率とれると思って急遽変えた? なにげに森本レオさん喜んでるだろうなぁ。
 今日ですよ、今日! 私はキックの星を観る・・・。

スカイハイ2
スポーツナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎武連夢仲間割れ

炎武連夢が仲間割れ! 大森・越中に敗れて分裂
2/19 ZERO-ONE・後楽園ホール、結果(1200人) ←少なっ
サムライでニアライブ中継を観ましたんで、簡単な感想つきで。

[3]○石井智宏、宇和野貴史、中嶋勝彦(16分42秒 垂直落下式ブレーンバスター→片)高岩竜一、佐々木義人、●浪口修
 とにかく中嶋君の動きが素晴らしい! インパクト抜群の蹴りで高岩・浪口を攻め込む! 遠慮がまったみれないのがイイ。
[6]○橋本真也、小笠原和彦、テングカイザー(14分9秒 三角絞め)コリノ、●アンダーソン、レジェンド
 ※試合後、突然小笠原が「ゼブラーマンになりたい」とマイク。橋本から「ゼブラーマンセット」を渡される。
 今後は小笠原先生がゼブラーマンみたい(笑) 極真の足技師が覆面かぁー。小笠原先生のファン、TAJIRIもビックリですよ。
[休憩前・ヤドカリ劇場]島田ハッスルディレクターが登場。さらに小川直也も登場。以下のことが決定。
 ・「ハッスル」の名称はOH砲に譲る
 ・高田軍は「高田モンスター軍」を結成、その総統に高田が就任。
 ・2/27東村山・2/29両国で、小川に対し査定試合を行う。そこで負ければハッスルに小川は出れない。
やることやって退場しようとした島田氏を坂田が連れ戻し、リングへ。そこで小川のSTOを食らい島田氏は失神。担架で退場。
 島田は本物のヒール。STOの受け身はイマイチだった。
[7=セ]NWAインターナショナル・ライトタッグ選手権
 Lowki、○スパンキー(19分32秒 フロッグスプラッシュ→片)●D東郷、日高郁人
 ※Lowki&スパンキーが王座奪取
 この試合は見てません・・・(裏の銭金を見てた)。
[8=メ]NWAインターコンチネンタルタッグ選手権
 ○大森隆男、越中詩郎(17分48秒 アックスボンバー→片)大谷晋二郎、●田中将斗
 ※挑戦者・大森&越中が王座奪取
 ※試合中に炎武連夢が仲間割れ。田中が机を使ったことに対し、大谷が注意したあたりから雲行きが怪しくなる。疑心暗鬼状態の大谷は、橋本や中村専務に対しても手を出す。
 あらー、一枚岩をほこった炎武連夢が解散かー。まぁ、ちょっとマンネリな感じもあったし、抜群に試合が巧い田中将斗をもっと上で使うキッカケにもなるし、いいんじゃないですか?
 それにしても大森の快進撃は止まらない・・・。

スポーツナビ
ZERO-ONE official fight site

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アストレス・風香、銭金登場

銭形金太郎
 2月19日放送分にJDスターのアストレス(まだ練習生)、風香が登場。

風香 <ふうか>
・ 19歳 女子プロレスラービンボーさん
・ 家賃/0万円
・ 月収/2万円 (プロレスラー)
・ 有田サポーター、今回のお話しは「発声練習」です。お楽しみに★
・ 超かわいらしい貧娘さんです‥必見‥有田さんが私物を物色します‥
・ ビンボーアイデア料理「一人鍋」披露
・ 最後にプロレスラーとしての実力を披露
ふうか 女子レスラーでは米山香織が出演してます。しっかし2万は凄いなぁ。同じアストレスの秋山恵は、こんな姿や、こんな姿を披露してますけど、副収入ないとやってられないしね~。

 で、風香・・・かわいい! これは人気出るかもしれない~。
 最近のアストレスはプロレスの試合レベルがあまりに低いのが問題ですが・・・ビジュアルは◎。秋山恵や川崎亜佐美もかなりイイ。
 1年間限定でプロレス活動するアストレス、賛否両論なんですが・・・やっぱ女子プロに可愛い娘は必要だし。卒業後もJD所属としてメインでバリバリに活躍する桜花由美のような成功例もあるわけで・・・。

銭形金太郎
JDスター

装鋼麗女―女子プロレスラー超戦闘的写真集
装鋼麗女―女子プロレスラー超戦闘的写真集
おすすめ平均
starsひさびさのドキドキ
stars筋肉美
stars素晴らしい
stars写真が綺麗
stars闘うオンナは美しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■PR
女子プロレス、DVDほか紹介、秋山恵・大向美智子・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.02.19

遺伝子ドーピング

遺伝子ドーピングで「筋肉ネズミ」成功 人体への応用も  

特殊な遺伝子をネズミの筋肉に組み込んで筋力を倍増させる実験に、米ペンシルベニア大の研究チームが成功した。安全性を確認したうえで、数年後には人体にも応用できる見通しという。16日、米科学振興協会(AAAS)の年次総会で発表した。スポーツ選手がこうした「遺伝子ドーピング」を試みた場合、検査で発見するのは至難の業だ。
 遺伝子が関係してくるなら、人体に影響がないとは思えない(まともな子供が産まれそうにない)。でも、ステロイドなんかよりは影響少ないみたいだし・・・みんな使うんだろうなぁ。
 ここまで来ると歯止めがきかない。格闘技もスポーツも禁止にしちゃうか? 

マーク・ケアー、薬物依存乗り越え(ブラックアイ)

アサヒ・コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

急遽、タイトルマッチの場所が変更

GAEA JAPAN・後楽園大会(涙と笑いと熱い血と)
2.17後楽園大会試合結果
2/17 GAEA-JAPAN・後楽園ホール、結果(1900人)

[1]○尾崎(13分30秒 裏拳→体)●林
 全身包帯姿のKAORUが乱入、松葉杖攻撃で新人・林を殴る。
[3]納見佳容ファイナルカウントダウンスペシャル
 ○豊田(19分21秒 JOクインビーボム→体)●納見
 全女では毎日のように行われていたカード。最後は涙・・・。
[5=セ]AAAWタッグ選手権
 輝、○植松(17分40秒 リングアウト)里村、●永島
 ※挑戦者・輝&植松が第11代王者に
 かなたくさん曰く、“中途半端なヒールキャラ”の輝&植松。場外乱闘から19カウントでリングに滑り込むのはある意味掟破り? 場内は大ブーイングだったとか。
[6=メ]AAAWシングル選手権
 ○浜田(17分40秒 スピンキック→片)●アジャ
 ※王者・浜田がV1
 APクロスではなくて、アルシオン時代、クイーン・オブ・アルシオン王座をアジャから取ったのと同じフィニッシュなのがミソらしい。試合後はWWE参戦もアピール。新間事務所のプッシュがあれば大丈夫?

 この大会で一番驚いたのは以下のシーン。セミ終了後、デビル&関西がタッグ王座挑戦をアピール・・・。

 新王者チームの初防衛戦は2・29大阪に決定! となるはずだったが、後楽園ホール史上初めてだろうと思われる「ペペ・コール」が起こり、前代未聞、2・22本川越ペペホールでのタイトル戦が、マジ緊急的に決定した。なんやねん、GAEAの大英断……。「お客さんが望んだんだから、これでいいっしょ!」とはGOサインを出した木村代表。
 これはアドリブなんだろうなぁ。この英断は素晴らしい・・・? 大阪のファンは怒るだろうけど。

GAEA JAPAN OFFICIAL SITE
かなたく kana宅~女子プロレス記者・伊藤雅奈子のHP~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.18

吉田秀彦、柔道大会参加に待った

吉田秀彦、2年ぶり柔道大会出場!
吉田秀彦、柔道大会出場は規定違反

 プロ格闘家に転向した元柔道五輪金メダリストの吉田秀彦が、東京都の武蔵野市柔道連盟が主催する武友杯柔道大会(22日・武蔵野総合体育館)に出場すると18日、所属事務所が発表した。しかし、吉田の出場は、選手のプロ活動を禁じた全日本柔道連盟(全柔連)の競技者規定に抵触するため、同日、全柔連が主催者に規定違反であることを通達した。
 ちょっと前に「吉田、柔道復帰!」みたいな記事を書こうと思ったら、すぐ柔道連から横やりが入ってしまった。
 今回の場合は、かなりレベル低い大会なんでしょ? 吉田と試合できるかも・・・ってことになったら出場者殺到するでしょー。PRIDEでも「ビバ、柔道!」ってな感じで柔道の宣伝しまくりなのに・・・。
 当たり前の意見なんでしょうけど、柔道を強くするにはプロ参加OKも当然でしょ。それが実現すればYAWARAちゃんのMMA出場だって可能だし・・・。

スポーツナビ
J-ROCK(吉田道場)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

U-FILE、プロレスクラス開設

■ U-FILE新クラス開設!

 U-FILE CAMPでは3月3日(水)より、現役女子プロレスラーAKINO選手(フリー)によるプロレスクラスを開設いたします。
 毎週水曜日に調布ジムで行うプロレスクラスは、一般の方がより楽しくプロレスを見るための技術講習はもちろん、運動不足やストレスなどで悩んでいる方にも最適です。
 技術講習は分かるとして、「一般の方がより楽しくプロレスを見るための」ってのはなんだ?
 「この技は当てるときに太股パチンと叩くと・・・」なんてのはないでしょう。体験して痛みを知ろうという感じかな。
 そう言えば、U-FILEのコーチ?に府川唯未さんがいたような・・・いつぐらいに辞めたんだろう。

田村潔司U-FILE CAMP
tnさんからの情報 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.17

K-1選手にもサブリミナルで諭吉が・・・

“K-1版マネーの虎”でNHK「新撰組!」20%割る

 15日の「K―1 BURNING 2004~沖縄初上陸~」(日本テレビ系列19:58~21:24)が民放トップの16.9%(占拠率19.7%)の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ・関東)を記録。ボンヤスキーvs中迫剛が22.6%の最高視聴率となった。
 同時間帯ではNHK総合の大河ドラマ「新撰組!」が平均19.9%と20%割れ、TBS「どうぶつ奇想天外!」が16.1%、テレビ朝日の「大改造!! 劇的ビフォーアフタースペシャル!!」が14.2%、フジテレビの「ジャンクSPORTS」が11.7%、だった。
 まぁ、視聴率は毎度凄いんですが、「K1版マネーの虎」ってのは何?
 角田プロデューサー「モチベーションアップのために“K-1版マネーの虎”とも言えるボーナスを試合内容によって出す、とハッパをかけたことがこの高視聴率につながった」
 ホントに角田氏が言ったの? これってこのニュースをメチャ意識してるでしょ・・・。
 
「マネーの虎」にサブリミナル映像?9日放送分から削除
 1万円札の短いカットが入っていたらしい。まさにK-1選手にとっては、目の前に諭吉の顔がちらつくサブリミナル状態だったろうに。ホントに角田氏が言ったなら問題なんじゃないの~? 日テレに怒る資格ないかぁー。

 で、この程度のサブリミナルでも影響ってあるの? 金がテーマの番組なんだから、演出として万札出したりするのは問題ないような気もするが。詳しい方、教えて。

スポーツナビアサヒ・コム
tnさんからの情報。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.16

花田勝、本気で激怒!

曙がサップに激怒! 武蔵はジャパン卒業

2/15 K-1JAPAN・沖縄コンベンションセンター、結果(5844人)

 試合結果はリンク先参照。

 ソコソコの盛り上がりだったのかな? 私はテレビ見てません。全試合KOは初みたい。

 昨日のルールミーティングには全選手に出席してもらい、角田競技統括プロデューサーからルールのことに加え、「いい試合」と「悪い試合」のビデオを見せて、今大会はいい試合があればボーナスを出すし、査定もする、と話した。あればいいきっかけになった。
 ↑谷川さんのコメントです。本気になってに「イイ試合」をするよう教育始めたようで。前日に全員集めて・・・なんてのは初期のリングスみたいだな。他意はありません。

 で、この日最大の事件はメイン終了後に起きていた!

 メーン終了後、サップは出場が決定していた3.14新潟大会での総合ルール戦で、横綱・朝青龍の実兄スミヤバザルと対戦することを表明。さらに「オレは曙を倒した相撲キラー。今度は横綱の兄とやってやる」と吠えた。これを聞いた曙とリングサイドの実況席にいた花田勝(元横綱・若乃花)が激怒。曙は「あんなことは2度と言わせない」とサップへのリベンジにますます闘志を燃やした。
 花田勝は本気で切れたみたい。相撲キラーって言葉はサップが作ったんじゃないでしょ。だったら、怒りはそれを言わせた人間に向く可能性もあり? 逆にK-1参戦へのきっかけとなるかもしれんし・・・。谷川さん、勝負だな~。・・・
 正直、サップじゃなくても誰がやっても、相撲キラー襲名は簡単でしょ・・・。

スポーツナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天山王者、蝶野失神、永田病院送り

2月15日 両国国技館・試合結果 (NJPW)
2/15 新日本・両国国技館、結果(11000人・超満員)

[2]IWGP王座決定トーナメント1回戦
 ○永田裕志(4分8秒 ナガタロックⅢ)●安田忠夫
 “安田の”ナガタロックを逃れると一気に永田が勝利へ。試合後、スーパーストロング・マシンが登場。星野総裁曰く「今世紀最大の助っ人」。
 マシンってメチャクチャ昭和なんですけど・・・今世紀最大か・・・。魔界1号が衣替えしただけ?
[3]IWGP王座決定トーナメント1回戦
 ○天山広吉(10分54秒 TTD→片)●佐々木健介
 ・健介コメント「真壁の野郎、あいつはA級戦犯として裁いてやる。オレにとってはベルトなん関係なかった。みんなを血だるまにするスイカ割り大会だったのに。」
 健介ペースの大流血戦に。終盤に真壁が現れ健介を挑発。そのスキをついて天山がTTDで勝利。それにしてもスイカ割り。
[4]IWGP王座決定トーナメント1回戦
 ○棚橋弘至(14分39秒 高角度前方回転エビ固め)●高山善廣
 丸め込みで金星。
[5]IWGP王座決定トーナメント1回戦
 ○天龍源一郎(6分25秒 顔面への蹴り→TKO)●蝶野正洋
 蝶野のバックドロップを潰した天龍、先に立ち上がって蝶野の顔面へ蹴り。これで蝶野は動けなくなりRS。担架で退場。鼻骨骨折の可能性もあるようで・・・。
 これはどうなんかなー。アクシデントなのかは微妙。
[7]IWGP王座決定トーナメント準決勝
 ○天山(17分8秒 ムーンサルトプレス→体)●永田
 フィニッシュのムーンサルトプレスで永田の顔面に天山のヒザが直撃。無意識で一度はキックアウトした永田だが、再び天山が押さえ込むと動けず。試合が終わると、永田はいびきをかいた状態で動かなくなり、救急車で病院へ。外傷はないようだが、記憶が戻る時間が遅れているとか・・・。
 記憶が戻るの遅れているって・・・まだ記憶戻ってないってこと? うーん、ネタが次々に湧いてくる・・・取りあえず無事を祈ります。これは間違いなくシュート。天山の勝ちはブッグ通り? うーん・・・。
[8]IWGP王座決定トーナメント準決勝
 ○天龍(10分32秒 垂直落下式ブレーンバスター(53歳?)→片)●棚橋
 天龍、決勝ヘ! 1日3試合凄!
[10=セ]GHCジュニアヘビー級選手権
 ○獣神Tライガー(14分41秒 グラウンド・コブラツイスト)●百田光雄
 ※王者ライガーがV1
 客席の百田軍団が張り切ってたみたい。
[11=メ]IWGPヘビー級王座決定トーナメント決勝戦
 ○天山(13分1秒 ダイビング・ヘッドバット→片)●天龍
 場外への53歳(!)などで攻めまくりの天龍だったが、TTD→D・ヘッドの黄金パターンで天山勝利。試合後、健介が乱入。落ち着くと感無量で天山涙・・・。天龍は健介・中西と共に退場。

 まぁー、いろいろとありました。天山王者かー。中邑とやって連敗はないような気もするし、今度こそ長期政権? あんまピンとこないです、正直。
 タクシーネタでプチ・ブレイク中の中西、試合がないのはマイナス。どうやら健介・天龍と行動を共にするようですが、もっとハッキリしたアクションがあっても良かったんじゃない? 3人でタクシー乗るとこまでやってほしい。
 で、永田さんが心配。

NJPW

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.02.15

PRIDE武士道、会場から速報

※5/27に5つの記事を1つにまとめました。コメントも移動しています。

ミルコ、2月連続KO勝利! シウバも秒殺勝ち GPメンバーは3月中旬発表 山本は落選  [スポーツナビ

 入りはまぁまぁ。空席あり。ダフ屋さん曰く「今日は招待券5000枚出てる」だそうで。

 チャレンジマッチは、今村スリーパーで韓国人に一本負け。体格差あり。 岡見はパウンドで優位にたち桜井に判定勝ち。
 このあとオープニング・セレモニー。人工雪が降る。

 本戦第1試合は滑川がフロントチョークで秒殺! 凄いぞ!

 第2試合、ショーン・シャークの動きが素晴らしい。速いタックルとパウンドで上山を圧倒。判定勝ち。

 第3試合、開始早々マリオが右フックでベンチッチをKO。

 第4試合、高瀬が上を取り続け判定勝ち。通好みな感じで盛り上がらず・・・。

 第5試合、ロビンマスクで入場のホドリゴはなぜかカメラマンに体当たり。ガードポジションの展開多く・・・。ホドリゴ判定勝ち、ドローあればがドロー。マッハ、それなりに人気あるも試合で沸かすことは出来ず。

 休憩。

 第6試合、寝ている山本への顔面蹴りで大きなダメージを負わせたあと、左ストレート連打でストップ。ミルコ1RKO勝利。

 山本もスタンドの打撃には対応、左ハイもブロック(?) 場内から山本コールを引き出すまで健闘するが、タックルを切られて寝技に持ち込めず。

 第7試合、五味がシュートボクセのコスタを完封。開始早々タックルを決め、そのままマウントから面白いように打撃を入れる。五味の動き一つ一つに会場も大きく反応、盛り上がった。

 第8試合、ショーグンの強烈な打撃を華麗にかわす郷野だが、自らの攻め手がない。ラスト一分にショーグンの左ストレートがヒット。倒れたところにサッカーボールキックがもろ顔面。郷野KO負け。

 メイン、美濃輪はタイツ姿で走って入場。開始早々タックルに美濃輪がいくも倒せずガードポジへ。そこからシウバのパンチ、即美濃輪は動けなくなる。約一分でTKO。シウバ圧勝。帰りぎわなにやら美濃輪叫ぶも聞き取れず。

終了です。四時間以内で終わったのは奇跡だ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

カート・アングルが・・・

'04/2/12 SMACK DOWN

・カート・アングルが控え室で何者かに襲われる。出場予定だったメインはジョン・シナが代打で出場。

・メキシコ系バンドを引き連れてレズナーが登場。メキシコ人をバカにしてる感じ。エディが怒りのマイク。

・メイン「エディ&シナvsレズナー&ビッグショー」、終盤にアングルが乱入! 鎖攻撃→丸め込みでエディがレズナーに勝利。

カートを襲ったのは誰? じゃなくて、襲われたのがエディの仕組んだイカサマだったってことか?

Monday Nitro レポート2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月8日 - 2004年2月14日 | トップページ | 2004年2月22日 - 2004年2月28日 »