« 2004年2月1日 - 2004年2月7日 | トップページ | 2004年2月15日 - 2004年2月21日 »

2004.02.14

KENTAの相手はやっぱりNOAH内?

KENTA「蹴撃」七番勝負対戦相手御意見募集・投票結果のお知らせ 

■応募資格:プロレスリング・ノア携帯公式サイト格闘魂登録会員の方
 ■投票結果ベスト10
  1.丸藤正道 342
  2.小橋建太 303
  3.秋山  準 213
  4.小川良成 201
  5.井上  亘  99 *新日本プロレス
  6.金丸義信  97
  6.金本浩二  97 *新日本プロレス
  8.高山善廣  78
  9.三沢光晴  72
 10.村浜武洋  68 *大阪プロレス
 うーん、NOAHらしい結果になった感じ。上位は身内のNOAH勢ってことで、やっぱり対外試合は望んでないんかな。
 私ならロウキー・カズ・ハヤシ・CIMAとか入れますけど。東郷とやっても勉強になるぞ。蹴撃ってことなら、WJの中嶋君とかもどうだ? 石井智宏ともいいんじゃないかなー。

プロレスリングNOAH

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.02.13

健介軍団結成う゛ぁー

2/11 DDT・横浜赤レンガ(690人・超満員札止め)

[4]安生、○木村(12分35秒 アンクル・ホールド)佐々木健介、●健心
 お揃いのピンクのコスチュームで登場のW健介(ちなみに「健心」は改名した藤沢一生です)。試合後、木村・安生が「ハワイに連れていってくれ」とマイク。HCWオーナー・北斗が登場してそれを承諾。健心も加わって、4人で「健介軍」結成となった。
 この軍団はDDT以外でも活動しそう。健介を安生が手を組む時代が来るとはね・・・。
[5=セ]KO-D無差別級&アイアンマンヘビーメタル級選手権=4WAY
 ○ポイズン澤田(17分22秒 モアイ・オブ・イースター)●男色ディーノ、一宮章一、高木三四郎
 ※ポイズンが無差別級&アイアンマン両王座を奪取
 一宮は電撃ネットワークのコスで登場(ナンブさんが来てたらしい)。
 ポイズンがシングル王座を統一しちゃった・・・意外。もともとアイアンマンのベルトはポイズンが作ったんだよなぁー。
[6=メ]KO-Dタッグ選手権
 ○佐々木貴、GENTARO(20分36秒 右腕)●HERO!、KUDO
 ※挑戦者・佐々木&GEN組が王座奪取
 こちらも王座が移動。HERO!&KUDOは短かかったね・・・。

 途中のビデオ・スキット
健心「北斗さんのことチャコって呼んでいいですか?」 北斗「ふざけんじゃないわよ」
笑える。

Exteme Party

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.12

コジカズは新生全日本の象徴

全試合結果

2/11 全日本・後楽園ホール(2000人・超満員)

[4]アジアタッグ選手権
 コスケ、○獅龍(21分58秒 獅龍原爆固め)本間、●宮本
 ※王者・コスケ&獅龍がV2

[7=メ]世界タッグ選手権
 ○小島、ハヤシ(19分15秒 ラリアット→片)●グラジエーター、ブキャナン
 ※王者・小島&ハヤシがV1

 コジ・カズは2試合合わせて40分ですかぁ~お疲れさまです。あ、一応別人なんか。本人もそこら辺はどーでもいい感じらしいんで、ここでは「同じ人」にします。
 今の全日本を体言してるのはコジ・カズの2人でしょう。「王道」の呪縛を取り払う作業を任されてます。「こんなの全日本じゃないっ!」ってファンは、もう来なくていいんでしょう。

 おまけ:ケンドー・カシンがジュニアを王座を剥奪されました。そう言えば1月シリーズには出場してなかった・・・。うーん、シュートなのか? 全日本と契約してないってな報道もあったような。

全日本プロレス
ジーニアスさんからの情報を含む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WMF最後の興行

 噂された通り、今回でWMF興行は一旦終了。

2/11 WMF・後楽園ホール(1500人)
[7=メ]HCWヘビー級選手権
 ○佐々木健介(13分26秒 ノーザンライト・ボム→片)●ミスター雁之助
  ※王者・佐々木が防衛 
 生GONでダイジェスト見ましたが、やっぱ健介はイイですね~。胸貸しまくり。フィニッシュ前にはお客さんに手拍子を促して雁之助が立ち上がらせる。会場の雰囲気を感じながら試合できるようになったのが大きい。小島や大谷と同じだな。
 で、WMF。今後は復活を目指してそれぞれがフリーとして活動していくようです。まぁ、興行やるのは簡単なんですけど(実際、会社の形をとらないで興行をやっている団体はあるみたい)。会社としての復活は難しいだろうなぁ・・・。
 ハヤブサも姿を見せなかったようです。

スポーツナビ記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.11

長尾浩志、再デビュー

 約1年ぶりの登場、今度は第1試合でデビュー

2/11 新日本・大阪府立臨海スポーツセンター(1800人)

[1]○田口隆祐(7分10秒 逆十字固め)●長尾浩志

 03年1月の後楽園でダイブ失敗して捻挫、2月のデビュー戦で村上にボコれら失神。スター候補として最高の舞台を用意されながら、無様な姿をさらして消えていった男。
 でもコイツはイイですよ! 194cmの長身、ヒールっぽい面構え。それでいてVリーグで活躍してたってんだから、身体能力もソコソコ高いでしょう。あれだけ恥かいたら恐い物ないだろ! 今後、注目です。

さて、中西さんの暴れっぷりは加速がついてきてるようで・・・。
 今後は単独行動ですか? タクシーに同乗する選手は現れるのか・・・。

NJPW

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴールドバーグがまた・・・

2/9 WWE・RAWの出来事(これまで「WWE結果」と書いていましたが、結果というより発生した事件を中心に書いているんで、今回から「出来事」としました)。

※WWEの現地情報はネタバレを嫌う方のために、文字色を白で書きます。空白の部分をドラッグすれば文字が出てきます。

・ビンスに呼び寄せられ、スマックダウンGMのポール・ヘイマンが登場。先週、ゴールドバーグに次回PPV(スマックダウン・ブランド)のチケットを渡し、乱入を促したストーンコールドに抗議。ゴールドバーグはヘイマンにスピアー、ビンスにもスピアーを狙うが誤ってストーンコールドに当たってしまう。ゴールドバーグはビンスの決定で謹慎処分に(またかよ!)

・レッスルマニアにおけるワールド王座タイトルマッチの調印式が行われる。HHHとベノワがサインしようとするとHBKが登場。「ベノワはスマックダウンの王座挑戦権を獲ったに過ぎない」と主張。ベノワにスィート・チン見舞って自分がサインをしてしまう。サインは無効のようで、来週ベノワvsHBKで挑戦者決定戦。

・ケインがハリケーンに圧勝、いつものようにコーナーから炎を出すポーズをとるが・・・でない。場内には不気味なビデオ。「後34日で死者がよみがえるであろう。」

・メイン「インタコンチ戦=3WAY:オートンvsRVDvsブッカーT」、RVDの5星スプラッシュを食らったブッカーTをオートンが横から奪いとってピン、王座防衛(負けないネ~)。試合後、レッスルマニアで対戦の決まったミック・フォーリーが登場してオートンを襲うもエボ軍登場で返り討ち。

 日本ツアー帰りでお疲れさま。ゴールドバーグはハッスル休暇ですか?

MondayNitroレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイガーマスクがイタリア遠征

 新日本プロレスのタイガーマスクがイタリアへ

 日本のアニメはヨーロッパで人気あるようですからね。問題はイタリアでプロレスをやっているのかってとこ。WWEはヨーロッパ全土で放送されていて人気あるみたいだが、独自団体があるのはイギリスぐらいなんじゃない? かつてはオーストリアとか、ボックvs猪木で有名になったドイツにも団体はあったみたいなんだけど。・・・アニメのイベントだったりして。
 タイガーと対戦するダグ・ウィリアムスはNOAHでも活躍するイイ選手。タイガーとなら面白い試合になるでしょう。
 そう言えばNOAHの2月シリーズに参加するな・・・あれ、2/28は水戸で試合してるぞ! ダブルブッキングだぁ~!

おまけ:ジョシュが新日本所属選手契約
 今後は合同練習にも参加するそうです。若いのにガチの稽古つけてやってくれ~。

NJPW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.09

佐々木健介、闘龍門に登場だー!

 開き直りで開眼、大ブレイク中の健介が闘龍門に登場!

2/8 闘龍門・博多スターレーン(2500人・超満員札止め)
 [4]2-1ハンディマッチ:
  ○マイケル岩佐、ダニエル三島(5分35秒 反則勝ち)●佐々木健介
 連勝を続ける(全部反則勝ちだけど)フロリダブラザーズをストップさせるため、堀口元気がXとして呼び込んだらしい。
 フロ・ブラの定番ネタ、イスを相手に渡して「コイツがやったー」と主張して反則勝ちするパターンで敗戦。試合後に「俺は博多生まれのアメリカ人だ」とフロリダ入りを志願! 3人でアメリカ国家斉唱! でも、すぐにラリアットで決別。
 素晴らしいよ! 健介を中心にプロレス村は回っているよ~! 
この画像を見ろ!
あまりに笑えたんで勝手にもってきちゃいました・・・。
 [7=メ]UDG選手権
  ○SUWA(21分45秒 FFF2連発→体)●マグナムTOKYO
  ※挑戦者・SUWAが王座奪取
 CIMA→マグナム→SUWAとタイトル移動してるのはイージーな感じであんまりスキじゃない。これまでCIMA・マグナムを越えられなかったSUWAが頂点になって、どんな風景となるのかは興味アリ。

開け!闘龍門Ver2.0

書き直しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AKINO、MMAでKO勝利!

 女子プロレスラーのAKINOがMMAデビュー戦で勝利!

2/8 LoveImpact・ディファ有明(391人)
[5=セ]-62kg契約
 ○AKINO(1R0分51秒 右ストレート→KO)●菊川夏子 
 相手の菊川は03年のスマックガール王者、強いですよ~! これはビックリ。私的には「女子格もレベル上がってるから、身体能力高いだけじゃ勝てないよ・・・」などと「やる前から負けること考えるバカ」状態でしたが、まぁ~勝てば何でもアリですね~。とにかくおめでとうございますっ!
 メインでは、しなしさとこが勝利

 第1試合に出場している大塚美弥子の所属ジム名「バンゲリングベイ」ってのが気になるなぁ。
バンゲリングベイ
やっぱセコンドの指示は2コンのマイクを使うんだろうか? ちなみにキックの新田明臣さんのジムです。

スポーツナビ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レズナーに・・・

2/5 WWE・スマックダウン、結果

・「タッグ選手権:バッシャム兄弟vsリキシ&スコッティ」、リキシ組が勝利して王座奪取。

・次回PPVでチャボJrのクルーザー級王座挑戦が決定。その前哨戦として「ミステリオvsチャボ・シニア」が行われる。619でミステリオ勝利。

・メイン「カート・アングルvsハードコア・ホーリー」、アングルロックでカート勝利。

・メイン終了後、カート・ビッグショー・シナがレッスルマニアにおけるレズナーへの挑戦をアピール。次回PPVで「ナンバーワン・コンテンダーマッチ」の開催が決定。3WAYか?

 まだゴールドバーグも挑戦を表明していますから、一波乱ありそうですね。

Monday Nitroレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.08

相撲フリースタイル

 斬新なルールの試合を実践しているキングダム・エルガイツ、今度は相撲。

[キングダム] 2.22 多摩:入江、相撲ベースの初心者向けルールを発案 [BoutReview.com

 組んだ状態から始める・・・これで立ち関節や打撃は無理っぽい。逆に一度離れてしまうと掌底キックボクシングみたいになるような。タックルはやった方が負けになる可能性も。
 うーん、見たいような気もするが・・・これに金を払うかはメンバー次第だなー。昔、新日本のファン感謝イベントで相撲トーナメントをやったような。その時はライガーの中身が優勝だったかな?

tnさんからの情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーンコールド、暴れまくりの飲みまくり

 ストーンコールド登場で盛り上がりまくったWWE日本公演、ストーンコールド登場のスキッドを3日間まとめて紹介。俺行けなかった・・・。

2/5 広島サンプラザ(2800人)
 休憩前にエリック・ビショフ登場。。「貴様らGMの私を敬え!そしてきちんとお辞儀をしろ!…」ガシャーン!ストーンコールド参上! ビショフとビールで乾杯…と思いきや、スタナー炸裂!各コーナーでビールを一気呑み!その後クリスチャンが乱入するも、スタナーで返り討ち。

2/6 大阪城ホール(7300人)
 前夜と同じく休憩前にビショフが登場。ストンコ登場してスタナー。この日はステイシーとジャッキーがリングインして乾杯!その後オートンが乱入しストンコを痛めつけるも、スタナーで返り討ち。これで休憩かと思った瞬間、今度はマット・ハーディーがオースチンを襲う。そこにダッドリーズが救出に現れ、マットを3D葬!最後はハリケーンも加わり、リング上はビールの海に!

2/7 さいたまスーパーアリーナ(19971人)
 同じく休憩前にビショフが登場→ガシャーン!→スタナー。ビショフ退場後、ステイシーとリタがリングインして乾杯。そこにオートン乱入→スタナー、マット・ハーディーが乱入→ダッドリーズが救出に現れ3D。ハリケーンも加わり、みんなで乾杯!! リングは昨日に続き、ビールの海に!そして客席の KONISHIKI ・武蔵丸とも乾杯! ちゃっかり高木三四郎も乾杯! ビールの海で泳ぐオースチン!

 広島・大阪は観客数で苦戦してますねー。それは置いといてもストンコは最高。さいたまでは試合後にもストーンコールド登場したらしいです。「日本ではバドじゃなくて、日本のビールを飲む」って週プロのインタビューで語ってましたが、銘柄はなんだったんでしょー。

 さいたまではこんな試合も。

[3]WWE女子選手権
 ○モーリー(17分24秒 モーリーゴーランド→片)●リタ
 ※王者・モーリーが防衛。
  試合途中、ロープワークの失敗でモーリーが負傷、スタッフもリングに上がり観客も沈黙・・・・。しかし、これはモーリーの三味線! 起きあがってリタを攻撃!
 こういうアングルがWWEの醍醐味ですよ~。次はPPV頼みます!

WWE FANCLUBスポーツナビ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年2月1日 - 2004年2月7日 | トップページ | 2004年2月15日 - 2004年2月21日 »