« 2004年1月25日 - 2004年1月31日 | トップページ | 2004年2月8日 - 2004年2月14日 »

2004.02.07

西村、「いかレスラー」で銀幕デビュー

 西村さん映画デビュー。しかも作品が・・・

 西村が6月に渋谷シネセゾンでレイトショー公開される「いかレスラー」(配給ファントムフィルム)で映画初主演することが6日、分かった。西村は、主人公のレスラー岩田貫一を演じる。不治の病に侵され、表舞台を去った岩田が数年後にイカの着ぐるみをまとった“いかレスラー”としてマット界を席巻する物語。
 イカですよ、イカ! えびボクサーってのはありましたけどねー。
 監督の河崎実氏のHP「河崎実の道楽劇場」の日記から。
 「いかレスラー」の製作はイマジカ・博報堂・テレビ大阪・クロックワークス・ツイン・ファントムフィルム・リバートップ・TSUTAYAとなる。超大作だね。

 渋谷でAKIRA氏と打ち合わせ。彼がたこレスラーをやるのだ。新日を離れフリーになるのも何かの因縁か。「いかレスラー」のキャスティングは今のところいかレスラーに西村修、きくち英一、中田博久、テリー伊藤、高山善廣、なべやかん、ルー大柴、石田香奈(新人)、白石美帆といったところ。笑うだろ。更に大物も出る予定だよ。

 なかなかのメンバーですね。・・・あんま映画とか特撮とか詳しくないんで河崎氏もよく知らないんですが、「地球防衛少女イコちゃん」なら聞いたことあるぞ。・・・あれ、やっぱ西村が心配になってきた(笑)

デイリースポーツphantom film

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.05

全女大混乱、堀田が前川引き抜き?

 2/3全女・後楽園ホール大会(1300人)、堀田乱入で大混乱・・・。

 [メ]KONG、○前川(19分0秒 カカト落とし→片)●奈苗、Hikaru
 ※試合後、堀田祐美子が乱入。

 堀田マイク「オイ、前川、高橋。ここにアタシがいるだろう。オマエ(高橋のこと)、(「SAMURAI!」の生放送公開討論会=1月28日放映済み)ファックス流したよな、私がいつでもやってやるって。やるのかやらないのか。(場内のブーイングに向かって)うるさい! 黙ってろ!」。
 Hikaru(マイクなし)「なんで出て来るんですか?(号泣)」
 奈苗マイク「何歳ですか? いい年した大人が入ってくんじゃねぇよ!」
 納見マイク「堀田さん、私がやってやるって言ってるでしょ! だから、全女をメチャクチャにしないでください!」
 前川マイク「私はこんな全女、守る気はない。堀田さんと組むよ」
 場内「エ~~~~~~ッ!」
 前川はコスチュームのまま堀田と共にエレベーターへ。

 ホントにメチャクチャだな・・・。おそらく堀田&前川にAtoZの何人かが入って全女と抗争開始なんでしょうけど、シュートな人間関係が思いっきり全面に出てくるんで、客観視してる他団体のファンは引くだろうなぁ。俺は面白いと思うけど。でも会場に行こうとまでは思わないかなぁ・・・。喧嘩してるメンツが代わり映えしないんで・・・。
 前川と奈苗のガチ抗争はHikaruをボコッてた前川を奈苗が注意したことから始まってるらしい(巡業バス内で)。レディゴン立ち読みして知りました(レディゴンって面白いなー)。

復活、一行名勝負!

○水島(12分20秒 リバース・スープレックス→体)●サソリ
 天山より可哀想な人がいた。

かなたく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.02.04

田村、高阪に勝利

 2/4 U-STYLE・後楽園ホール大会(2232人・超満員札止め)、結果。

 [6=メ]○田村潔司(15分51秒 腕ひしぎ逆十字固め)●高阪剛
 ロストポイントの奪い合い、動きまくりで回転体、名勝負となったようです。田村がノーコメントってのがちょっと気になる・・・。
 ジョシュ・バーネット、成瀬昌由、上井執行役員も来場。垣原の姿もあったようです。
ジョシュ・コメント「グレートファイト! 2人は最高だった。まさに“U”のヒストリーだった。U-STYLEにはもちろん出たい。僕がやるなら田村だね」
 生粋のUヲタ・ジョシュがついにU参戦か!
 ただ、上井氏が来てたりするのは微妙ですね。Uインターと新日本の対抗戦にポリシーを貫いて参戦しなかった田村、今は状況だいぶ違いますけど。ジョシュがUスタに参戦するのは文句ナシの大歓迎ですけどね~。

スポーツナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大仁田イラク行き希望

 「現地の子供にプロレスを」、だそうです。

 自民党の大仁田厚参院議員(46)らは、イラクで支援活動中の自衛隊を視察する議員団の派遣を党側に要請する。週内にも安倍晋三幹事長(49)ら党執行部に申し入れる。
 すでに10人前後の議員が賛同しているが、視察団が実現しない場合、大仁田氏は「(1人で行く可能性も)なきにしもあらずだ」と含みを持たせた。
 さすがに自爆テロが頻繁に起きる地で「電流爆破」はできませんね。まぁ、大仁田さんもそれなりに頑張っているんでしょうけど、正直、プロレス者としてはいい感じしません。
 大仁田さんにとってはプロレスを通じてコミュニケーションとるのが分かりやすいんでしょうけど。何でもかんでもプロレスに繋げるのは、自分をアピールするために行動しているようにしか見えません。特に世間一般からはそう見えるでしょう。とばっちりを受けるプロレスファンは大変です・・・。
  ちなみに大仁田さんは2003年にアフガンプロレスを開催しています。

■関連リンク
大仁田厚オフィシャル

| | コメント (0) | トラックバック (1)

TAKA、ブラック・バファローに失神負け

 1/31 大阪プロ・デルフィンアリーナ大会(256人)のメインで・・・。

○ブラック・バファロー(8分8秒 ラリアット→失神→RS)●TAKAみちのく
 ※「TAKAを潰して城ホールに出れなくし、オレとMA-G-MAが城ホールで大阪タッグに挑戦する!!」ファンの大声援を背にバファローがTAKAみちのくにカウンターラリアット!TAKAはピクリとも動かなくなりレフェリーが試合をストップした。TAKA「なんだ!?オレは負けたのか?何も覚えてねえよ。あの黒い牛もなかなかやるな!だけどな、あの黒牛の予告通りにはならなかった。オレは潰れなかったよ。だからJ-CUPには出るよ。文句ねぇだろ!あの大阪の田舎ベルトを奪いに城ホールに行くよ。
 さきほど生GONでダイジェスト見ましたが、アクシデントの失神ですね・・。レフェリーは2・9でカウントを止めて、TAKAが失神しているのを確認。フォール負けではなくレフェリーストップを宣告。バファローはうろたえずにコーナーに上がってガッツポーズしてました。そこら辺は立派ですね。
 安心して見られるとカードだと思うんですが、何が起るかわからんもんです。「潰されなかったよ」とTAKAさん言ってますが、失神していてコレは格好つかんなぁ(笑)

大阪プロレス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恒例豆まき、三沢・武藤・川田・サップ・・・

豆まき 毎回、垣根を越えた組み合わせが見られる「池上本門寺・節分会の豆まき」に、三沢光晴、小橋健太、小川良成、森嶋猛、力皇猛(以上NOAH)、武藤敬司、川田利明、小島聡、カズ・ハヤシ、河野真幸(以上全日本)、天龍源一郎、ボブ・サップが参加。
 三沢と川田が並んでたり、小橋とサップが絡んだり・・・。オールスター戦を仕切れるのは、このお寺さんしかないんじゃないかと、常々思っております。
 サップは叶姉妹とデートしたの? マンガ見たいな組み合わせだな・・・。

スポーツナビ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.03

レッスルマニアへの道・・・

 サボっていたWWEの結果、まとめて書きます。
1/26 WWE・RAW
・ロイヤルランブルに優勝したクリス・ベノワ(スマックダウン所属)が登場。「SD王座挑戦に決まったわけではない」とHHHに宣戦布告。

・ケインの試合後、アンダーテイカーのテーマ曲がかかる(姿は現さず)。

・ビショフの八つ当たりを食らったコーチ(アナウンサー)、メインでゴールドバーグとNO DQ戦。マーク・ヘンリーが助けに来るも、結局、スピアー&ジャック・ハマー食らって悶絶KO。ゴールドバーグはブロック・レズナーへの挑戦を表明。

・ミック・フォーリー登場、「6週間前の敵前逃亡時は闘争心が失せていた」と観客に釈明。乱入したオートンをボコボコに。

1/29 WWE・スマックダウン
・「クルーザー級T:ミステリオvsジェイミー・ノーブル」、ニディアが不穏な動き。ミステリオ勝利。試合後、ニディアがサングラスを外し、視力回復済みであることをアピール。

・メインは「スマックダウン・ロイヤルランブル」(ベノワがRAW王座挑戦を表明したため、挑戦者を改めて決定。選手権は2月PPVで開催)。試合前、何者かに襲われて病院から駆けつけたエディが粘って優勝。 2/15PPV、メインは「レズナーvsエディ」!

2/2 WWE・RAW
・クリス・ベノワがRAW復帰戦、マーク・ヘンリーをクロスフェイスで一蹴。このままRAW所属?

・ビショフの策略で急遽決定の「ケインvsトリッシュ」、トリッシュに気があるジェリコが乱入(ノーコンテスト)。ジェリコはケインにやられてヒザを負傷。

・「ゴールドバーグvsケイン」、試合途中に両者が技を出すたび場内が暗転に。ついにはリング上スモーク充満で試合続行不可能(ノーコンテスト)。アンダーテイカーの仕業か?

・メインは「HBKvsランディ・オートン」、途中、レフェリーが失神するとオースチンが四輪駆動車に代わりにレフェリー乗せて登場。そのまま、失神したレフェリーを乗せて退場(笑) 終盤、ミック・フォーリーが乱入、かく乱されたオートンが丸め込まれHBK勝利。試合後、エボリューションとミック・ベノワが乱闘。

 レッスルマニアは「HHHvsベノワ」に「レズナーvsゴールドバーグ」か? その前に「NO WAY OUT」で「レズナーvsエディ」、でも「エディvsゴールドバーグ」っのは考えにくいなぁ。

MondayNitroレポートWWF。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中西、タイツ姿で連夜のタクシー乗車

 昨日の札幌大会で不穏な動きを見せた中西、今日の函館大会に登場。

[7=メ]
 中西、○ウルフ(14分13秒 ジャック・ハマー→体)永田、●吉江

 試合終了のゴングが鳴らされても中西と永田の殴り合いは終わらない。この異常事態についには真壁、棚橋等新世代軍、蝶野、西村、ヒート、ライガー、タイガーマスクが党派を越えて乱闘の制止に入り、中西がタイツ一枚のままタクシーに乗り込んでようやく騒動は鎮火。
マイクを握った永田が、
「おい、中西、てめぇ一体何がやりたいんだ?」と叫んだ声が会場内にむなしく響き渡った。

 またタイツ姿でタクシーですか~、運転手さん迷惑だろ。どうせなら定番にしてもらいたい。勝とうが負けようがタクシーで消える。東京ドームならリングに横付け。
 一時、小笠原先生との抗争でタクシー・ネタを使っていたケンドー・カシンへのオマージュとしてどうでしょう?

 ところで、この日は4000人の超満員札止めだったそうで。きたえ~るの翌日でコレは凄いですね。猪木が来たり花道作ったり、プロモーターさんが凄いんだろうなぁ。

 全試合終了後に猪木さんが再びリング上に上がって、全選手と共に節分(前日ですが)の豆まきを行いました。まいたのは豆ではなくお餅でしたが、そのお餅の数がとてつもなく多く、いっこうに終わらない・・・。投げても投げても終わらない。猪木さんもこの多さに、舌をまき全部お餅をまき終わらないところでやめてしまいました・・・。
 まききれないってどんだけあるんだよ! おそらく、それもプロモーターさんが用意したんでしょうね・・・。恐るべし、函館!
NJPW

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.02

ハヤブサがWMF撤退

ハヤブサがWMF撤退  [デイリースポーツonline

 2/11後楽園で解散が噂されるWMF。精神的柱であるハヤブサが離脱を表明。
 これはどう受け取ればいいんですかね・・・。お金の問題か、今回の騒動で嫌気がさしたか・・・。

■関連リンク
WMF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.01

ミルコ・クロコップ、H2OマンをKO

 2/1 PRIDE.27・大阪城ホール(1万3366人・満員)、結果。PPVを観ましたんで、簡単な観戦記つきで。

[1]PRIDE GPサバイバルマッチ
 ○イゴール・ボブチャンチン(2R1分45秒 上からのパンチ→KO)●ダン・ボビッシュ
 1Rは優勢だったボビッシュ、スタミナ切れ&強烈なパンチ食らって心折れ。アメリカ国旗のパンツはバター・ビーンみたい。ビーンは4回戦王者だけど、ボビッシュは1R限定王者を目指してみては?
[2]PRIDE GPサバイバルマッチ
 ○セルゲイ・ハリトーノフ(1R1分23秒 腕ひしぎ逆十字固め)●LAジャイアント
 G・シルバに比べれば動けたLA巨人だが、今回は相手が悪かった。打撃・寝技とも穴がないハリトーノフは上位戦線まで進めそう。
[3→4]○中村和裕(判定 3-0)●ドス・カラスJr
 ド迫力のロシアンフックに柔道仕込みの足技でテイクダウンを決める中村、技術では圧倒するも、ドスは驚異的な粘りで判定まで持ち込む。中村は試合後に、武士道からの出直しを志願。
[3→4]○ムリーロ・ニンジャ(1R5分25秒 肩固め)●アレクサンダー大塚
 試合序盤にニンジャの急所蹴り、これでアレクのファールカップが破壊された! ダメージが大きく、第4試合(中村vsドスJr)と順番入れ替え。
 当たり前のことだが、ニンジャが圧倒。顔を血に染め、最後は肩固めでタップ(レフェリーのストップが遅~い)。アレクにネクストはあるのか? 
[5]PRIDE GPサバイバルマッチ
 ○山本宜久(1R0分40秒 上からのパンチ→TKO)●マーク・ケアー
 体が小さくなり腹がボテッとしたケアー。薬を止めるとこんな感じか・・・。動き自体は悪くなかったのだが、最初のタックルで自らの頭をマットに打ちつけてしまう。これで半失神。イワユルDDT状態だった。なかなか勝てなかった山本、勝つ時はこんなもの。
[6=セ]PRIDE GPサバイバルマッチ
 ○ヒース・ヒーリング(判定 2-1)●ガン・マッギー
 PRIDE初登場のマッギー、イマイチ風体はパッとしないのだが、手打ちのような細かいパンチと、外から振り回す大きなパンチが面白いようにヒットし、ヒーリングの顔を破壊していく。ヒーリングもパンチとローのコンビネーションが冴えていた。マストシステムでなければ間違いなくドロー。マッギー、強いのかもしれないが迫力はナイ。使いづらいタイプなんでPRIDEが負けさせた?
[7=メ]○ミルコ・クロコップ(1R4分37秒 亀の相手の顔面に蹴り→KO)●ロン・ウォーターマン
 ミルコ・コメント「タフな試合のように見えたと思うが、基本的にはプランどおり。ウォーターマンは思っていたよりも、メチャクチャ腕っ節が強くて、まずテイクダウンされたが、思いどおり、焦らず、とりあえずきちっと下から対応して。」
 タックルでミルコを倒すことには成功したH2Oマン、そこからのディフェンスできるのがミルコの素晴らしさ。ノゲイラ・クラスの実力でないと、一本は取れないでしょう。グラウンドから脱出すると、左ハイ一発で試合を逆転。見事な復帰戦でした。

 ミルコの動き・インパクトが抜けている。1軍半メンバー中心の興行でした・・・。

スポーツナビPRIDE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハシフ・カーン勝利!

 1/31 01U$A・ディファ有明(1600人)、結果。

[4]○サムライ・シロー(7分19秒 パワーボム→エビ)●CWアンダーソン
 「K2」所属になっていたサムライ・シロー。普通に勝ってます。
[6]NWA認定UNヘビー級王座決定戦=ストラップデスマッチ:
 ○Masa Tanak(12分14秒 ロープ絞首刑→RS)●コリノw/コービー
 ※Tanakaが王座奪取。
 tanakaマイク「「こんなわけの分からんベルトはいらん。これはハードコアのベルトに変える。第1挑戦者はオレが決める、グラジエーターや!」
 田中vsグラジはFMW→ECWで名勝負を続けてきましたからね。そろそろ見たい感じ。
 しかし、息子の目の前で絞首刑するってのは教育上どうなんでしょうか・・・。
[7=セ]3-keyダンス:
 ○レオナルド・スパンキー(9分44秒 スライスブレッドNO.2)●フランキー、Lowki
 3人の"キー"が3WAY。私はフランキーを結構買ってます。
[8=メ]
 ○ハシフ・カーン(7分42秒 三角絞め)●マグマ・ザ・キラウェア
 キラウェアは普通の外人さんでしたね。大日本にきたラッカスとも別人だ。
 で、ハシフの爆笑コメントをどうぞ。
――1年ぶりの日本での試合でしたが
 ミスター・ヒト、イナイ(涙)。トウニョウ、トウニョウ

――ハシフ選手の体調はいかがですか
(自分の肩を指差し)ヒツジニヤラレタ。

――モンゴルでハシフ選手は有名ですか
 ヨコヅナイチバン。ハシフ、もっとイチバン! イマハ、ニクガウレナイ。ウシモ、ウレナイ。チキンモ、ウレナイ。ブタハ、イラナイ。3マントウモッテル……。そろそろ止めますか(苦笑)。

 途中で橋本に戻ってます(笑)
 ネイサン・ジョーンズの復帰も決まったそうで。これは嬉しいニュースなのか微妙ですけど(笑)

 最後にこんな試合。

 富豪2亀路(試合中止)Machinder"Z"
 試合開始時間になっても亀路が現れず、試合が後半にスライドされるも、結局中止に。亀路は興行終了後、リング解体中に現れた。"
 ネタとしてはオチもあっていいんじゃないでしょうか。富豪2さん、最近試合ないのはアレなんですけど・・・。

スポーツナビZERO-ONE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月25日 - 2004年1月31日 | トップページ | 2004年2月8日 - 2004年2月14日 »