« 2004年11月28日 - 2004年12月4日 | トップページ | 2004年12月12日 - 2004年12月18日 »

2004.12.11

ライオンズ・ロードに今回もDDT登場

NJPW OFFICIAL WEB SITE:
 05/1/6 新日本・北沢タウンホール 「LION'S ROAD Ⅲ」カード発表

 年明け早々に行われる「ライオンズロード」のカードが発表に。

 山本vs伊藤博之<チームアライアンス>
 田口vs後藤洋
 矢野vsブルーウルフ
 DDT提供マッチ:HERO!&KUDOvs飯伏幸太&垣本大地
 長尾&安沢vs中嶋&裕次郎
 これで全部かな。
 元リングス・伊藤博之が登場。U-STYLEでは田村潔司相手に健闘しましたが・・・あれは田村が引っ張りまくった感じもあるしなぁ。新日本ではどうでしょう。

 前回の試合で真壁プロデューサーからダメ出しされたDDT勢、今回もカード組まれました。
 真壁がHERO!らに対し「飛んだり跳ねたりで、そこに闘いはあるのか?」とか健心に「健介の真似してるだけ」とかって発言。それに対し、高木三四郎らが「提供マッチを組んでおいてそれはないだろ」と反論。確かにDDTは普段通りの試合したわけで、それにカードを組んだプロデューサーが文句言うのはおかしいよなぁ。試合の内容ならまだしもスタイルに対してのダメダシなんだから。DDTの試合見たことなくて呼んだのかよって(笑)
 黒タイツを共通キーワードとする高木・柿本・泉州らは「キング・オブ・ショーツ」なる軍団を結成。エンタメネタとして返すあたりがDDTらしいねぇ。ハッスルも見習うべきだ。
 その「キング・オブ・ショーツ」から参戦する柿本大地が垣本となってます。これは新日本流のさりげないイヤガラセとしか思えませんw
 試合内容だけでなく、いろいろ仕掛けてくる可能性もあるんで注目ですな。
 でも・・・HERO!と真壁って学プロの先輩後輩なんだってね。ま、アングルだとしても団体の存在意義を問いかけてるって意味では間違いなくガチですから。面白くなると思いますよ。

 ちなみに高木三四郎が「真壁なんてエンタメ的に見れば佐野直レベルだ」と発言(たぶん正確には発言内容違うはず・・・フォローあればお願いします)したのに対し、挑発されたと勝手に思いこんだ佐野直(スタンリー)本人が「真壁と三四郎で戦って勝った方と俺がやってやる」と密かにアピールしていたことも付け加えてお・・・かない。忘れてください。

 おまけ:12/11 新日本・大阪府立体育会館(6000人・超満員)、結果
 まだ詳しいレポートがupされてないので・・・結果のみ。

 [7]○蝶野(13分23秒 FTS)●永田
 [8=セ]△天山(30分時間切れ ドロー)△小島
 [9=メ]IWGPタッグ王決:○棚橋、中邑(32分33秒 ドラゴンSH)健介、●鈴木
 天山vs小島ドローかぁ~。
 小橋とのタイトルマッチが決まってる鈴木が負けてますが・・・IWGP王者の健介が負けるってのもナイしなぁ。とにかく棚橋&中邑、おめでとうございます。
 

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
DDT XXXch Official Web
■関連記事
NJPW:0411/8 ライオンズ・ロード結果
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

藤田和之vsカラム・イブラヒム

スポーツナビ:
 藤田vsイブラヒム、怪物対決だ 猪木が立会人で闘魂注入!

 いよいよK-1も大晦日に向けて本格的に動き出した。いろいろあったんで順番に紹介。

12/31 K-1 Dynamite!!・大阪ドーム
・追加カード
 藤田和之vsカラム・イブラヒム
 藤田はイブラヒムですか~。同じアマレス系、噛み合うかもしれないしそうでないかもしれない。
 レスリング系だとパウンド覚えてなきゃ一本取れるような技がないんですよね。下手すりゃダラダラと判定になるかもしれない。ただイブラヒムさんの身体能力は半端じゃないと聞きますので、何かやってくれると信じたい。
 K-1が手を出した理由は「現役メダリストだから」だけじゃないと思いますので・・・。

 イブラヒムについては以下の記事あたりで。
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: カラム・イブラヒム、Dynamite!!参戦ほか

 猪木さんが立会人に。まだ正式にサポートすると決まってたわけじゃなかったんだ。
スポーツナビ :
 猪木、サップと激突も 曙には闘魂注入ダーッ!

 谷川さんから曙・サップとの対戦をオファーされたらしい。昨年の藤波戦みたいなもんだな。・・・なんだか猪木vs藤波って凄い遠い日の出来事のように感じますね(笑) 裸締めで落とされて担架で運ばれる途中で笑顔で立ち上がるというとんでもないコントをやってれました。今回もアリ?
 大晦日なんだから恒例の「108つビンタ」はやらなきゃ! 昨年は伝説を作りましたからね~!
 今年もこんな光景が見れるんかな。最大の注目になりそう(笑)

 会見ではこんな発言も。
猪木、谷川氏会見 一問一答全文

 猪木 石沢(カシン)が中西と因縁の対決とか、「オリから出てこい」とか言っていたけど、もしカードがいっぱいでなければ組んでもらいたいと思って、話をさせてもらいました。

 谷川 調整します。まだ石沢選手とも中西選手とも話をしていないので。でも、個人的には見たいカードです。

 猪木の口から最初に推薦されたカードがコレってのはどうかと思うが、この発言でかなり実現に近づいた感じ。
 うーん、でもまだ実現しても猪木コント内で終了の可能性もありそう。もうちょっと様子見。


 こちら↓に大晦日情報まとめてます。
大晦日・格闘技特集、Dynamite!! vs 男祭り

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してま~す。クリックしてくれたら嬉しいかも

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.10

川田利明・天山広吉らが大晦日出陣決定

スポーツナビ:
 川田らが大みそかに“食の格闘”に参戦

 大晦日にプロレスラーが大挙登場!

 プロレスラーの川田利明、高山善廣、天山広吉、アジャ・コングが大みそかに放送される「元祖!でぶや大晦日スペシャル 食の格闘“Kui-1グランプリ”」(テレビ東京系、21:30~23:30に生放送)に“参戦”することが決定した。
 テレ東のバラエティーでした。
 これ東京ドームでやるみたい。テレ東で大食いバトル解禁なんでしょうか?
 ソレなりに注目・・・でも裏強いよなぁ。
 日テレは「和田アキ子vs細木数子」なんて話もあるし。

 高山がココにいるってのは意外じゃない? 解説者として絶対オファーあると思ったんだが。

 大晦日の話題ではカシンが中西戦を改めてアピール。
スポニチアネックス:
 中西戦実現へ、カシン猪木頼み

 なぜかZERO-ONE事務所で会見。なぜか前事務所1階の和菓子屋で買ったお土産を持参。
 どうかなぁー。このまま嘘でも紙面飾り続ければ猪木が「ヤレ」っていいだすかも。
 MMAだとどんな試合になるんだか想像もつかん。

↓こちらもよろしく。
大晦日・格闘技特集、Dynamite!! vs 男祭り 2004
 大晦日の情報をまとめてます。最近は毎日更新してます。

■関連リンク
テレビ東京
■PR
BLOGランキングです。押してくれると嬉しい。

※まっちめいかーさんの情報

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アルティメット・ロワイヤル

NJPW:
 1・4 東京ドーム“総合格闘技バトルロイヤル「アルティメット・ロワイヤル」要項”決定

 ホントにやるんだ・・・。

1/4 新日本・東京ドーム

・追加カード
 総合格闘技バトルロイヤル「アルティメット・ロワイヤル」

・既報カード
 蝶野正洋vs長州力

 はぁー・・・今時ロワイヤルですか。

 ルールが凄い。

1. 出場選手枠 8名
 特別指名、また下記ルールを承諾、合意された選手の一般オープン公募を受け選考により決定。

2. 競技方法(ルール)
 a)新日本プロレス・アルティメットクラッシュルール(→詳細はこちら)に準ずる。
 b)禁止事項の追加ルールとして、対戦は1対1となることを絶対条件とし、他選手との攻防中の選手に対する攻撃や加勢などの行為はレッドカード、即退場とする。
 c)出場全選手がリング上にて1対1の対戦(組み合わせ)を成立させるものとする。対戦成立については全選手に対戦相手指名権及び承諾権または拒否権を有する。
 但し、一定制限時間内に対戦を成立させない選手は消極的ファイトとしてイエローカード(二度目の場合はレッドカード)のペナルティーとなり、退場・失格の対象となる。
 d)対戦の敗者は退場となり、勝利を収めた選手は再び対戦を成立させ、最終的に勝ち残った1名が優勝者となる。

3. 優勝賞金 10,000,000円

4. 参加応募期限 2005年1月1日

 さぁ~て、どっから突っ込むか(笑)。
 バトルロイヤルのようであって、対戦は「1vs1」が基本。ま、バトルロイヤルというよりは8WAYって感じなんでしょうが・・・加勢が禁止なら同時にやる必要ないような気がする。8人残ってる間はリング狭そうだし。

 対戦相手はリング上で指名する・・・。指名された相手には拒否権もある・・・。
 これ、うまく相手決まるか? 強い選手とは誰でも最初から当たりたくはない。「一定時間内に対戦を成立させない・・・」とはいえ対戦相手に拒否され続けたらどうなるんだか。

 参加者は公募・・・。賞金1000万なら出たい人いっぱいいるよなぁ。
 それで一番気になるのが「アルティメットクラッシュ・ルール」を採用する点。基本的にアメクラルールは「ガチンコ」です(怪しい試合もありますが)。「異種格闘技戦ルール」ならアレ。
 もしガチンコでこんなルールやったら収まりつかないんじゃない? で、1000万となりゃ中堅MMA選手が挙って参加してくると思うのだが。ホントに賞金くれるのか&ガチンコなのかは当時まで分かりませんが。

 ガチのバトルロイヤル・ルールだとスマック・ガールでやってますね。
04/08/05 SMACK GIRL・後楽園ホール

 [1]ロイヤルスマック2004 ※グラップリングルールによる時間差バトルロイヤル
 ○藪下めぐみ(17分12秒 腕ひしぎ逆十字固め)●KAZUKI
 ※13人参加
 スマックの場合は打撃ナシ。もちろん多人数で一人を攻撃するのもアリ。
 どうなんだろうねぇ。

 うーん、おそらくネットでもボロクソだろうなぁ。
 ただ大阪ドームのグダグダ興行がツボにはまってしまった私とすると・・・楽しみだったりして(笑)
 おそらく選手もレフェリーもどこまでやっていいんだか分からずオタオタしちゃうんでしょうねぇ。
 藤田も出なきゃイカンのだろうなぁ。曙に新日本がオファーだしたらしいけどコレに出すため? リング狭くなるだけだろ。

 どう考えてもリングでやるのは無理がある。
 かつて前田日明が「国立競技場の芝生に格闘家いっぱい集めて同時に闘わせる興行をやりたい」と発言したことがあったはず(違ったらフォローください)。モンゴル相撲的発想なんでしょうが、競技場クラスの広さだったら何とかなるかも。

 よし、新日本もそれで行こう! ここはですね、いっそドームのグラウンドには客席設けず、ドーム全体をリングとした形でやってみてはどうでしょう?
 どうせドームの客はビジョンで試合見てるんだし見づらいってこともないでしょ。
 さらにこの形式の最大の利点はですね・・・グラウンドに客入れないことで、その分をスタンドにまわせる。普段より少ない客でも満員にできるんです! 今の新日本にはウッテツケ!


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.12.09

大江慎が引退試合

スポーツナビ:
 今成がプロレス 大江慎引退試合 サムライ祭り&SAEKI祭り2

 なぜかSAEKI祭りとSAMUARI!が合体。

 格闘家とレスラーによるイベント「サムライ祭り&SAEKI祭り2」(05年1月9日 東京・ディファ有明)の概要が発表された。 大会開催日が、サムライTV「生でGONG!×2」の放送1000回にあたることから、SAEKI祭りと合同でのイベント開催となった。同イベントには、昨年に続き佐伯繁代表も試合に出場予定。
 また、「生でGONG!×2」でキャスターを務める、大江慎の引退試合が、キックルールで行われる。対戦相手は未決定。

05/1/9 ディファ有明(開場12時30分、開始16時)
 生放送 13時~19時
 <出場内定選手>
 佐伯繁、入江秀忠、今成正和、TAISHO、しなしさとこ、須田匡昇、池本誠知、アレクサンダー大塚、三島☆ド根性ノ助、伊藤博之、MAX宮沢、石井淳、鬼木貴典ほか

 たまたま生GON1000回の日にサエキ祭りがあったんですね。プロレス中心のイベントとなりそう。

 目玉は大江さんの引退試合でしょ~。この人、Uインターのゴタゴタに巻き込まれ、正式な引退はしてないんですって。嫁のモモと一緒に引退ですか? ホントにお熱いことで・・・。
 大江慎って凄い選手だったんですよ。ほとんど左ミドルだけで試合を作る。吉鷹戦は生で見ましたが感動モノでしたね。
 シュートボクシング時代もよく見てました。SBって格通で招待券応募するとかなりの確立で当たったんですよね(笑)。今はそんなことないでしょうが。
 とにかく対戦相手が気になるところ。かなり大物が来るんじゃないかなぁ・・・。高杉・・・なんでもない。

 SAMUARI!中継内ではこんなことも。

 番組では審査員5人が試合を観戦し、4人がバツをつけた時点で、試合の生中継がスタジオ中継へ移る。
 佐伯代表は「しょっぱい試合を見せたら映らない。自分の中継が切られたら話しにならない」とコメント。
 ホントにこんなことやんのかよ? 一応、プロがやるんだしギャグでもバツつけられたらムカツクだろうなぁ。
 おそらくソレ用の選手が用意されるんじゃないかと予想。スタンリーとかが出てきて入場でバツ5つ・・・なんてネタはありそう。
 審査員じゃなくて視聴者に判断させれば面白いのに。確かスカパーってインタラクティブ機能がついてるはずなんだが・・・。一度、生GONで画面から投票できるアンケートやったことあったぞー。

 プロレスラーの大物参戦もあるそうです。SAMUARI!視聴者は期待しましょー。

■関連リンク
DEEP OFFICIAL SITE
FIGHTING TV サムライ
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

どうも最近文章がまとまらない・・・。前からか・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.12.08

天龍源一郎、NOAH参戦へ

デイリースポーツonline:
 天龍vs三沢 15年ぶり激突!

 ついにこの日が来たか・・・。

 ノアの来年1・8日本武道館大会で三沢光晴(42)=ノア=がXと組み、天龍源一郎(54)=フリー、X組とノンタイトルのタッグ戦を行うことが決定的となった。
 三沢が7日、同大会でノアに初参戦する天龍と対決することを表明したもの。三沢は全日本でタイガーマスクとして戦っていた時期に対戦して以来、15年ぶりに天龍と激突する。
 また、社長でもある三沢は天龍の継続参戦には慎重な姿勢を示しながらも小橋、秋山、小川らとの絡みを実現させたい考えを明かした。
 天龍がNOAH参戦・・・。三沢との対戦は確かに楽しみ。天龍がSWSへ行ったことをキッカケに2代目タイガーマスクは覆面を脱ぎ三沢光晴となっている。「天龍vs三沢」は実現していない。
 しかし、俺的には「天龍未経験」なレスラーとの対戦が楽しみ。
 秋山が小橋を何となく抜けないのは、天龍と対戦してないからでは・・・なんて本気で私は思ってます。デビュー当時にメインに抜擢された小橋(鶴田&小橋vs天龍&ハンセンとか生で見たなぁ)は観客がヒクぐらいの攻撃を食らいまくり、それでも20分以上リングに立ち続けた。その経験が小橋の「厚み」に繋がっているかもしれません。

 イマイチな中堅勢と対戦させてボコボコにしちゃうのもアリでしょう。力皇・ヨネ・泉田・井上・橋・潮崎・・・みんな順番に当たるべき。KENTAとシングルも面白そう。

 「天龍革命」時代、中堅勢をボッコボコのボコにしていた天龍。いろいろエピソード紹介。

 ・田上明が試合中にモ○ス。
 ・芸能人野球大会に全日本勢が出場することになり、野球経験者だった仲野信一がエースとして期待された。その時仲野は「頼むから野球の前日に天龍さんと対戦させないでくれ」と発言。
 ・高野俊二が阿修羅・原にフロント・チョークで落とされる(これは天龍じゃないですけど)。
 ・・・意外とたいしたのがなかった(笑)。他に何かあったらフォローして~。
 まぁ、とにかく試合は凄かったですね・・・。会場の雰囲気が暗かったですよ(笑)。「ギャー」とか「うわー」とかって声が出るだけ。

 地方大会でも20分・30分と試合するようになったのは天龍革命からのこと。これって当時大ブームだった「第2次UWF」への対抗心によるところが大きかったわけで、PRIDEらに押されてる今の状況に似てるのかもしれない。
 良くも悪くもノアの興行スタイルは当時の全日本に近いと思います。後楽園(ディファ)から始まって地方を回り武道館へ・・・。地方のメインは6人タッグが中心。
 ここは思い切って天龍には巡業にも参加してもらいたい。そこに天龍がいるだけで、風景はだいぶ違うはず。
 「秋山&泉田&橋vs天龍&越中&X」とかが普通に地方のセミ前で組まれてたら私はゾクゾクっと来ちゃうんですが。Xは・・・北原・折原・維新力・・・何でもないですw

 中堅勢との対戦も楽しみですが・・・とにかく私としては「天龍vs秋山」を実現していただきたい。
 秋山ってね・・・ノアの別の面を出そうとする言動とか小ネタは面白いと思うんですけど・・・試合は嫌いでね・・・。
 ジャンピング・ニーとか「鶴田譲り」みたいに言ってるようですが、見た目痛そうじゃない。エクスプロイダーとかも。技が軽いって印象があるんですよね。
 そういうのも天龍と対戦してないからじゃないかと前々から思ってるんですよ。かなり妄想入ってますが(笑)。鶴田や川田とは対戦してますが、やっぱ天龍の威圧感は独特です。

 とにかく天龍のノア参戦は大賛成! 武道館は面白そうだ。来年は対外敵がテーマ?
 
こちらでも話題に。
barry雑言
 
■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■関連記事
全日本プロレス選手名鑑-天龍源一郎の経緯-
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! もしよろしければクリックを・・

| | コメント (8) | トラックバック (1)

上井文彦、新イベント立ち上げ

デイリースポーツonline:
 上井氏 新イベントぶち上げた

 新日本を退団した上井さん、動き出しました。

 上井氏は個人事務所「有限会社BIG MOUTH(仮称)」の登記手続き上であることを明かし「大勢の力を借りて大舞台で大きいことをやりたい。3月末に1回目ができれば」とぶち上げた。
 新イベントは「プロレスラーが最強でなければならない」がコンセプト。参加選手は「高山、天龍、佐々木、鈴木の4人が核。各団体にごあいさつさせていただく。外国人ルートも確保している」と上井氏。05年は17興行を予定し、地上波放送も交渉している。
 新日本・全日本・パンクラス・K-1らが協力・・・凄いイベントになりそうです。05年には17興行を予定しているという情報も。
 これだけマッチメイカーが全面に出てくるイベントも珍しい。それこそ「上井氏がどんなカードを組むか」ってのが最大の売り。上井さんがエース。
 駒は豊富のようだし、新日本時代のように上から文句言ってくる人もいないし、かなり期待できるかな?
 ちょっとZERO-ONEの旗揚げに雰囲気似てるのが気になる(笑)。
 何にしても、団体離れてもこれだけのメンバーが支えてくれるってんだから、上井さんの人望は相当なモノなんでしょうね。
 純プロの可能性が広がるような斬新な興行をお願いします。なんちゃってVTはやめてねぇ~。

 先に「BIGMOUTH」でドメインでもとってないかなぁーと探したら
BigMouthメイン

 ・・・・ブラックバスのページだった。オオクチバスだからなぁ。

■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

全女・施設使用料滞納の真相(?)

nikkansports.com :
 全女の施設使用料滞納に市議会動いた

 全女に金よこせって言っても無駄だよ(笑)。

 全日本女子プロレス興業の施設使用料滞納に関し、山口県小野田市は6日、同社に対し約32万5000円の支払いを求める訴訟を船木簡裁に起こすことを決め、市議会に議案を提出した。
 小野田市や同社によると、全日本女子プロレスは昨年9月、同市の市民館体育ホールで興行したが、観客数約800人の見込みが実際は約200人しか入らず、売り上げは約30万円にとどまった。同社は使用料約35万5000円のうち、今年4月から6月まで毎月1万円ずつ、計3万円を支払ったが、残りは未払いになっているという。
 32万・・・大したことないからこそほっといたのかもしれませんが・・・そのぐらい・・・。
 松永社長のコメントが笑える。
 「支払いが滞ったままで申し訳ない。負債が約30億円もあり、選手にギャラも払えない状況。スター選手が現れれば収益も上がるので、もう少し待ってもらえれば」
 ガハハ、コレが全女でしょ! 「スター選手が現れれば」という言葉を信じて潰れても続けてるんだから。
 ビューティー・ペア、クラッシュ・ギャルズ、東京ドーム興行・・・「もうダメだ」と言われながらもブームを生み出しシツコク業界に生き残ってる。「スターが現れれば」は松永さんの本音です。

 ところが、全女のオフィシャルHP(BLOG)を読むと、ちょっと状況が違うことが判明。
Ring Star Field:
 山口県小野田市民館体育ホール施設使用料滞納に関するお詫びと経緯

 この件は、プロモーターのチケット代金持ち逃げが原因の発端です。当日会場にくるはずのプロモーターは現れず、前売りチケット1100枚の返券、代金もこない状況。しかし前売りチケット、当日券を求めるファンを裏切ることをできず、開催を決定いたしました。
会場費は後日振込みをさせていただくよう無理をいって交渉させていただきましたが、結局支払いができない状態で、このような結果を招いてしまいました。
プロモーターのチケット代金持ち逃げという不祥事は、私共も被害者とはいえ、全日本女子プロレスの看板のもとに試合をおこなっている以上、ひとえに、私共もの管理不足と、深く反省しております。
 おそらく売り興行だったんでしょうけど、それでプロモーターがいないんじゃ興行が成立しない。持ち逃げだったら警察ざただよ。
 訴えられてる場合じゃなくて、このプロモーターを訴えないと。小野田市の訴訟が進めばそのプロモーターの問題になっていくでしょ。全女にとってもいいことのような気がするが・・・。
 だいたいプロモーターが逃げたなら会場費もそっちに押しつけていいような。

 うーん・・・全女さんが嘘をついてないとするなら・・・地方のプロモーターってアッチ系な場合が多いから、いろいろ弱みを握られてるのかも。
 これ以上は恐くて書けません。

■関連リンク
全日本女子プロレス
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

 そう言えば「女子プロの現状」って企画、途中で止めてしまいました。すいません。

 ※BOBさんからの情報。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.07

小橋建太、グラジを下しGHC防衛、そして鈴木みのる戦へ

スポーツナビ:
 12/4 NOAH・横浜文化体育館(4600人)、結果

 ノアが年内最終戦。
 この大会はG+で深夜に即日放送されたんで、私録画してたんですが・・・土曜の夜って大雨降ったでしょ・・・電波障害でメインの真ん中が画面真っ黒(笑)。まぁフィニッシュあたりは見れたんで(全試合終了後に余った時間でメインをもう一度流してた。ソレはだいたい録れてた)。

 [8=メ]GHCヘビー級選手権
 ○小橋建太(28分21秒 ムーンサルトプレス→体)●ザ・グラジエーター
 ※王者・小橋がV12

 ・試合後、観戦していた鈴木みのるがエプロンに上がり小橋を挑発。
 鈴木マイク「すごいチョップとラリアットだったよ。当たれば。オレには当たらないよ。試してみるか」
 小橋マイク「1月8日、鈴木、タイツとリングシューズをもってこい」

 グラジは頑張ってましたね。やりたいことは全部できたでしょ。NOAHファンにも認められたことでしょう。
 フィニッシュのムーンサルトは飛距離充分の武藤式ムーンサルト。これまでの小橋ムーンサルトは真上に上がる感じだったんですが。あの体とあの膝でやるのは凄いや。
 小橋vs鈴木はかなり楽しみなんですが・・・メイン開始前に鈴木が現れたらグラジが勝つと誰も思わないよなぁ。
 [7=セ]GHCタッグ選手権
 三沢光晴、○小川良成(17分53秒 エメラルド・フロウジョン→エビ)●M・モデスト、D・モーガン
 ※王者・三沢&小川が防衛
 ジュニアコンビが挑戦じゃ・・・と思ってたんですが、モデスト・モーガン共にヘビー級の体格。特にモーガンはデカイ。解説さんは「110キロある」と語ってました。それでジュニア扱いの方が問題だろ(笑)。 うまくやればブリディッシュ・ブルドックスみたいに・・・ちょっと2人とも老けてるのが問題。
 途中、三沢&小川が出した合体タイガードライバーが凄い角度でビックらこいた。
 [6]GHCジュニアヘビー級選手権
 ○金丸義信(25分3秒 タッチアウト→片)●杉浦貴
 ※王者・金丸がV3
 相変わらず杉浦の動きが抜群によかった。俺は金丸の良さがイマイチわからん・・・。


 さらに今日になって大きな?ニュースが。
 スポーツナビ:
 ノアの池田大輔が退団、フリーへ

 池田大輔が今年いっぱいで退団、フリーへ。具体的な予定は決まっていない。またNOAHに上がる可能性もある。
 確かにちょっと居場所がなかった感じですよね・・・。このあとはどこへ? 


■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! もしよろしければクリックを・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

川田利明、天山下して三冠防衛、そして健介戦決定

スポーツナビ:
12/5 全日本・両国国技館(8800人・超満員)、結果

 ほぼ順当な結果だったようですね。入りはどうだったんでしょ。観戦した私の友人は「満員だった」と言ってましたが、7割りって話もある。

 [8=メ]三冠ヘビー級選手権
 ○川田利明(32分21秒 サッカーボールキック→片)●天山広吉
 ※王者・川田がV9

 ・試合後、川田はリングサイドの健介の元へ向い、互いの拳をつき合わせた。

 今年はイマイチ、イイ試合ができてない川田、今回内容はどうだったんでしょ。
 解説を務めた小島聡さんの感想(コジログより)。
全身に鳥肌が立ちました。6日後に対戦が決まっている天山。まだ分からないけどいつかは対戦しなければいけない川田さん。二人の熱すぎる試合に我を忘れそうでした。自分も頑張らなければ。プロレスって素晴らしい。
 かなり凄かったようですね・・・。
 ターザン山本さん感想
 川田の流血はめずらしいよね。あの瞬間に、テンションがあがったよぉぉぉぉ! この興行で最大のリアリズムがあったというかさぁ。でもさあ、団体のトップ同士の闘いはどうしてもマラソンマッチになってしまうんだよぉ。
 序盤のヘッドバッドで川田はクルクルパー状態、試合はまったく覚えてないらしい。かなりバチバチやってくれたようです。
 今日行われた会見に現れた川田、顔面腫れまくり(生GONで確認)。目開いてませんよ。試合後飲みまくって腫れが増したって可能性はかなり高いですが(笑)。

 で、会見。
全日本プロレス・オフィシャルサイト:
1・16大阪で遂に激突!!川田vs健介の三冠戦実現へ!!

・決定カード
05/1/16 大阪府立体育会館
 三冠ヘビー級選手権:川田利明vs佐々木健介
 うーん、これで健介のIWGP転落はキマリか(笑)。天山が王者になるならバランスが微妙になりますね。今後も新日本と全日本はいい交流が続きそうです(笑)。
 ・・・新日本の契約更改でどうなるか分かりませんが。

 両国に戻ってセミでもいろいろ。

 [7=セ]5-5イリミネーション
 ○佐々木健介、天龍源一郎、中嶋勝彦、健心、北斗晶(26分54秒 北斗ボム→片)TAKAみちのく、●太陽ケア、ジャマール、ブキャナン、D・ブラウン
 ※健介組一人残り

 ・北斗コメント「私、明日、動けねぇかも知んねぇよ。役員会で資源回収なのに。あちこち回んなきゃいけないのに、ジャマールのおかげで。ジャマールに行ってもらいてぇよ、資源回収。負けたんだからさ。」

 健心は予想通り1番手で退場。6分はもったほうだな。
 北斗晶はジャージを脱ぎ捨てコスチューム姿に! 佐々木健介「嫁バカ日誌」には裏話が。
 実は裏話!コスチュームに関しては当日まで「どーしよう~!」と悩んでたんだけど前日の天龍さんの一声でして(^^;)
 さすがにお客さんが喜んでくれればそれが1番!と・・・・
 あのコスチュームは私の引退記念パーティーでオークションに出品された物で買った方が、凄くいい方な上(^^)連絡が取れる方なので貸して頂きました。
 私の手元には試合に使える物は残ってないから・・・
 そんな訳でトイレでコスチュームに着替えたのは良いんだけど。
 やっぱり腹の肉が気になって気になって(^^;)
 ガハハ。コスチュームもプレミア上がり増すな。
 試合ではジャマール道連れ両リンの大活躍。この試合はとにかく評判イイようですね。全日本はもはや何でもアリです。これでいいんです。

 その他、試合結果みて・・・小島と平田さんが両国で16分やったと考えると凄いな。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.12.05

K-1 GP、レミー・ボンヤスキーが連覇

スポーツナビ:
 12/4 K-1・東京ドーム、結果(64819人・満員札止め)

 地上波テレビ見ました~。これで視聴率悪かったら曙をMMAから呼び戻さないと。

 [9=メ]トーナメント決勝戦
 ○レミー・ボンヤスキー(再延長判定 3-0)●武蔵
 ※ボンヤスキーが優勝
 昨年と同じカード、昨年と同じ結果。今回の武蔵はソレなりに頑張ってたでしょう。全部で13R。それで決勝の本戦(3R)まではスタミナ続いてました。
 相変わらず判定狙いで3Rや延長になると手数を意識し出す感じはどうかと思いますが、左ミドルなんかは観客驚かすだけのモノになってましたからね。決勝でも意地は見れました。

 武蔵の健闘に泥を塗ったのがまたも疑惑の判定。
 決勝の本戦、延長と怪しい感じ。私の見た感じだと、本戦(3R)はまぁまだ分かるんです。ダウンのあった1Rも後半武蔵が攻勢だった場面もあったんで10-9とするのもありでしょう(大甘ですが)。
 延長はまったく分かりません。あれはボンヤスキーでしょ~。
 延長4Rの採点が「9.5-9.5、10-9.5、9.5-9.5」となってるんですが・・・。9.5同士のドローが2人? どうして1R内の判定で両者にマイナスポイントがついてる? 減点でもなければあり得ないことでしょ。
 この「-0.5」って採点法がいまだに理解できないんですが。これってわざと分かりにくくして判定をウヤムヤにさせたいだけなんじゃない?
 MAXでまったく同じ問題が発生してるわけだしダメダメですよ。前回減棒だった審判団、今度はクビ?
 取りあえず、誰もが分かりにくいと思ってる「0.5」採点を止めなさい。もしかしたら私が知らないだけで素晴らしいシステムなのかもしれませんが、これだけ問題起こしてたらダメだろ。

 他で気になったのは・・・やっぱガオグライだな。マイティ・モーをぶっ飛ばしたジャンピング・ハイは凄かったね~。感動モノですよ。今日のトーナメントで唯一見られた豪快KOが最軽量選手によるモノだってんだから笑える。
 ガオ様の試合ってノーカットで地上波放送されたの初めてだと思うんですが・・・思ったよりも逃げてないですよね? あれだけ攻めてりゃ問題ないよ。武蔵戦ではローが効いてたかスタミナ切れか・・・。うーん合い口悪かった気がする。
 ただ、今後もヘビーとして扱うのはどうかと思いますよ。MAX行けばいいじゃん・・・。体重増やしたりしてねw

 ホーストは老けた。アーツは悲惨・・・。
 ボタvsボンヤスキーは面白そうに見えたんだが何でダイジェストだったんだろ。

 一応、団体発表は札止めだったようですが・・・やっぱりK-1は色あせましたね。
 ホーストらを世代交代へ追いつめたサップがグダグダになってから、誰が主役になろうと役不足物足りなく見えてしまう。ボンヤスキーは充分強いんでしょうけど、全盛期のホーストらに勝ってないのが辛い。武蔵も同じような感じ。
 救世主は現れるのか? ガオ様が優勝してればある意味伝説だったんだろうけどなぁ。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■PR
大晦日の情報は他のBLOGでも盛りだくさん・・・

| | コメント (8) | トラックバック (5)

« 2004年11月28日 - 2004年12月4日 | トップページ | 2004年12月12日 - 2004年12月18日 »