« 2004年10月31日 - 2004年11月6日 | トップページ | 2004年11月14日 - 2004年11月20日 »

2004.11.13

KENTA、七番勝負最終戦を飾れず

 G+をビデオ観戦。KENTAvs丸藤中心・・・ってかソレのみの紹介で。

 [7]KENTA蹴撃七番勝負(7):KENTAvs丸藤正道

 試合開始、遠い間合いから蹴りを狙うKENTA。ロープ際でハイキック、丸藤かわして場外エスケープ。

 リングに戻り、中央で張り手合戦。KENTAの張り手は強烈! 丸藤は一瞬ふらつく・・・が、隙をつきいてタックルへ。インサイド・ガードからパンチを狙うがレフェリーに注意される。
 足が絡まったまま両者が腹這い、そこから両者が逆さまになる。分かるかな? 初代タイガーとスティーブ・ライトであった攻防なんだけど。そこでも張り手合戦。
 立ち上がってロープワーク。キックを両者空振り。リープフロッグ狙いの丸藤を掴まえKENTAがパワースラム。お見事。
 膝立ちの丸藤へ強烈なミドルキック2発。
 スイングDDT式で回転しエプロンに降り立ったKENTA、丸藤堪える。ロープに飛んで場外へ向って回転エビ! KENTAはパワーボム状態で場外へ。
 リングに戻る。
 619前のようにロープ際にKENTAを座らせた丸藤、そこからロープを掴んだままトップロープを飛び越え回転して蹴り・・・分からないよなぁ、うまく説明できない。
 場外へ落ちたKENTAに向ってケブラータ狙いの丸藤・・・下からKENTAが蹴りでカット。

 ここからしばらくKENTAが優勢。
 小馬鹿にしたような蹴りからアッパーカット(掌底?)。
 セカンドロープからミサイルキックのKENTAを丸藤がパワーボムの形でキャッチしそのまま落とす。

 エプロンで不知火狙いの丸藤、KENTA切り返し逆転。
 リングに戻り串刺しのビックブーツ。強烈。続いてデスバレーボム。
 ブサイクへの膝蹴り狙い・・・丸藤かわして逆にブサイクへの膝蹴り。あまりうまくない・・・。低空顔面蹴りを挟んでフォール。カウント2。
 キャプチュードで寝かして・・・長距離を飛びフロッグ・スプラッシュ。リングの真ん中より向こう側。

 丸藤、不知火狙い・・・KENTA切り返してツームストンパイル。
 KENTAのブレーンバスター狙いを返して丸藤トラースキック。コーナー上がるがKENTAがハイキック。丸藤真っ逆様に落ちる。KENTA、タイガー・スープレックス、カウント2。
 KENTA、丸藤をコーナー宙づり・・・おおっ、フロム・コーナー・トゥ・コーナー! 完璧成功。
 続いてブサイクへの膝蹴り・・・カウント2。
 丸藤、トラースキックで逆転、不知火、カウント2。
 もう一度不知火を狙うが・・・切り返しKENTAが肩の上へ抱える。ゴー・トゥー・スリープ(ストマック・バスター式で顔面へ膝)。カウント2。
 KENTA、蹴り連発。丸藤掴むがもう一方の足で膝蹴り。
 丸藤、スクールボーイ、カウント2。トラースキック。
 両者トップロープへ。丸藤降りて雪崩式ドラゴン・スクリュー。
 丸藤、トップロープからダイビングの低空ドロップキック(モノモネOK?)。
 トラースキック、不知火、カウント2。

 「不知火・改」狙いの丸藤、トップロープ上に立ち上がる両者・・・。
 ああああああああ! バランスを崩して2人が場外へ落ちた! KENTAは鉄柱にも当たってたが・・・。
 2人ともリングに戻る。またもトップロープへ・・・。
 丸藤の不知火・改(抱き合ったままバク転してプレスする)! カウント3。

 ○丸藤(22分23秒 不知火・改→片)●KENTA
 試合後、潮崎が丸藤のハードコア王座挑戦をアピール。

 うーん、フィニッシュを失敗しちゃマズイよなぁ。両者スタミナがキツイ上に丸藤はKENTAの蹴りでダメージ大きかっただろうし。大きな事故にならなくて良かったですよ。
 内容はもちろん満足できるモノでしたが・・・・なんて言うか普通の試合でしたね。もっとNOAHでは異色な感じに見える試合をするかとも思ったんですが。
 さて、KENTAはこれからどういう扱いになるのかが注目です・・・。

 その他の出来事。

 [3]「勝ったら軍団入り決定マッチ:○泉田(11分12秒 不入ドム→片)●川畑
  ・試合後、秋山の声がスピーカーから響く。「体重判定だ。127キロ以上ならスターネスに入れない」
  ・体重計に乗ると・・・126.6キロ。合格。会場にロッキーのテーマが鳴る。
 泉田はホントに減量したみたい。これでお笑い卒業?
 [6]○モデスト、モーガン、スティール(6分30秒 場外へリアリティー・チェック→RS)三沢、小川、●鼓太郎
  ・モデスト・モーガンは担架に乗せられた鼓太郎も襲う。
 こういうアングルに慣れてないNOAHファンからは悲鳴が。三沢&小川のタッグ王座挑戦のアピールのようです。

■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

 なんだよ、この試合スポナビで速報してるじゃん! 書いてから気がついたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

新日本・大阪ドーム速報

 ※11/18に9つの記事をまとめました。コメントも移動しています。トラックバックは一部削除しました。
 また一部、試合の経過を省略しています。


 速報開始。
 ほぼ3時ちょうどに開始。早く終わればいいんだけど・・・。ちなみにPPVは8時まで枠とってます。
 3時前の引いた絵ではリングサイドに空席が目立った。全景の絵はなかった。

 花道はリング直結式ではないスロープ型。
 リングの色がオレンジ。キングダムがこの色だったかな?
 ど真ん中にはユークスのロゴ。
 炎のファイターのイントロがなってカード紹介。すぐ試合開始。セレモニーなどナシ。

 [1]ヤングライオン闘魂トーナメント決勝戦:田口隆祐vs中嶋勝彦

 前座は簡単に紹介。

 どうも私は田口が評価できない。看板のドロップキックもそれほど・・・。
 最後はリング中央で逆エビ。中嶋も粘るが・・・。

 ○田口(9分41秒 逆エビ固め)●中嶋
 悪い試合ではないがインパクト薄。

 [2]ブルー・ウルフ&垣原賢人vs吉江豊&エル・サムライ

 便所行ってて序盤は見てなかったんだが、垣原がタランチュラをやったらしい。
 これがジャングルで思いついた新技?
 ジャングルじゃなくてスカパーとか見て思いついたんだろ・・・。

 吉江のデブネタ中心に進む。吉江はキャラが完成しててイイと思いますよ。必ずお客さん沸かすし。
 フィニッシュはサムライ真っ逆さま。かなりのインパクトありました。

 ウルフ、○垣原(14分45秒 カッキー・カッター2発→エビ)吉江、●サムライ
 サムライの受けが見事だったのかと思ったが・・・試合後サムライは動けなくなる。しばらくして頭抱えて退場。
 大丈夫?
 第2試合としてはイイ感じだったと思います。

 [3]長井満也&成瀬昌由vs真壁刀義&矢野通

 長井&成瀬はアジアタッグのベルトを巻いて登場。全日本はよく貸してくれたな・・・。
 花道で変なポーズ決める。
 いつものように酒飲みながら登場の矢野、振舞酒とばかりに観客へ酒を注ぐ。紙コップも持参してくるところが細かい(笑)

 矢野、定番ネタばかりなんだろうがたまに見るとオモロイ。矢野がいなかったら最悪の試合だったかも。
 フィニッシュは、矢野の塩攻撃をかわして成瀬が畳み込む。クレイジーサイクイロン(かすっただけ)→ハイキック(かすっただけ)→クレシジー・サイクロン(かすっただけ)。  

長井、○成瀬(16分50秒 クレイジー・サイクロン→片)真壁、●矢野
 成瀬は全体的に動き悪かったなぁ・・・。16分は長いよ。
 試合後、飯塚&垣原が登場してアジア王座挑戦をアピール。

 [4]タイガーマスク&井上亘&石森太二vs獣神Tライガー&邪道&外道

 レフェリーが保永だ。

 序盤は外道が掴まる。それにしても外道のウケは凄いな・・・。リアクションもいいんでお客さんに痛みが伝わる。
 中盤は石森が掴まる。コチラもリアクションがイイ。早く女性ファンがつけばいいんだろうけどねぇ・・・。
 ライガー、花道で石森へパワーボム。
 タイガーが登場するとCTU3人を一人で蹴散らす。ちょっとタイガーは風格が出てきましたな。
 井上がトライアングル・ランサーかけてるところでゴング。時間切れ寸前に固め技って時点でセンスない・・・。

 △タイガー、井上、石森(20分時間切れ 引き分け)△ライガー、邪道、外道
 井上が「白黒ハッキリさせろ、俺の勝つとこ見てくれ~」とマイク。
 10分延長。
 井上がライガーをブレーンバスター狙い、堪えるライガー、切り返して・・・トライアングル・ランサーへ。
 カットに来るが技かけなおし・・・。
 延長戦:
 タイガー、○井上、石森(2分36秒 トライアングル・ランサー)●ライガー、邪道、外道
 どうやら井上プッシュのようですが・・・俺的にはタイガー・石森の方がよかったなぁ。
 イイ試合でした。やっぱジュニアだとピョンピョン飛ぶ選手がいる方が絶対ヨイ。

 [5]IWGPJrヘビー級選手権:ヒートvs金本浩二

 場外乱闘で怒った金本、馬乗りになって顔面へパンチ・・・・TVではアップになってるのだが、まったくパンチが当たってない・・・。こういうのが金本嫌い。
 金本が止めに来たレフェリーの胸ぐら掴んで抗議してる間にCTU勢がヒートに近寄る。
 リングに上がるとヒートは顔面から出血。

 顔面ウォッシュ、顔面パンチ、マットに顔面こすりつけ・・・。
 ヒートは完全にグロッキー。でも流血止まっちゃったみたい。

 20分経過、金本のファルコン・アロー。続いてやや変形ぎみのファルコン・アロー。カウント2.999。マジで返せなかった感じ。
 ムーンサルト狙いで歩き出す金本を掴まえヒートがスクールボーイ。続いてバック・スライド→腕ひしぎ。

 バックをとるヒート、金本がアンクルで掴まえる。スタンド式へ。蹴りでカットのヒート、金本も蹴り返す。
 ロープに飛んでヒートがミノルスペシャル(飛びつき腕ひしぎ)。

 ○ヒート(23分18秒 ミノル・スペシャル)●金本
 ※王者・ヒートがV10
 CTUは一度も介入せず。ヒートの完勝。内容は金本優勢でしたが。この完敗は大きいねぇ。
 試合後、金本がかなり不機嫌だったのが気になる。噛み合わなかったりスカしたりする場面が目立ったのも・・・。負けブックに対する怒りなんかなぁ~。
 何かこの試合は雰囲気が変だった。
 今日の金本は蹴りもハードで殺気ありよかったと思う。技は相変わらずインパクト薄いのが多くてダメだけどね。


 休憩中にドームの全景が映ったけど、2階席(3階?)は入れてないねぇ・・・。これなら大阪城でもよかったのに。
 休憩明け、猪木登場。コスプレはしてない。赤いタオルを首からさげてる。

 猪木マイク「一寸先は闇と言いますが・・・一寸先は(客「ハプニング!」、そうハプニング」
 リング上からボビー・オロゴンを呼び寄せる! 絶対猪木は誰だか分かってない(笑)。
 もう一人、秋山成勲も呼び寄せる。
 続いて曙登場。曙だけテーマ曲つきだ。
 曙「大阪ドームの雰囲気を・・・。ダイナマイトも面白いよ・・・」みたいなマイク。緊張してるみたい。相変わらず円形脱毛が目立つ・・・。
 猪木がダーやって終了。ダイナマイトの宣伝だけじゃん・・・。
 一番人気がボビーってのもどうかと思うが(笑)。もっとマイク聞きたかったね。

 [6]柴田勝頼vs天龍源一郎

 入場する柴田を天龍が急襲! 花道から客席へ放り投げる!

 天龍、エプロンの柴田をロープに足かけたまま半分リング内へ入れ、そこから急角度53歳! 昔、ポーゴが使ってたDDTだ。
 続いて今度は天龍がエプロンへ立つ。同じ技を場外へぇええ!!!! ぐあぁああ!

 終盤、パンチからDDT、そのままフロント・チョークで締め上げる。
 解説の山崎「落ちてますよ!」。フォールにいくがカウント1。
 立ち上がった柴田へグーパンチ2発、崩れる柴田。そのまま押さえ込み。

 ○天龍(9分9秒 顔面パンチ→片)●柴田
 パンチ反則じゃん(笑)。まぁいいや。
 リングを降りた天龍はビールを解説席にぶちまける。祝い酒?
 いやぁ~天龍完勝だよ~。柴田もそれなりに攻めたがぜんぜん格が違う。

[7]イリミネーション:蝶野正洋&長州力vs永田裕志&西村修

 蝶野が先に入場。「パートナーを紹介する。ラスト・パートナーだ!」。ラスト? 聞き間違いだったらスイマセン。
 永田は黒いショートタイツ!

 いきなり西村-長州! 西村、ドロップキックで先制!
 続いてパンチ・エルボー連打。西村の顔が凄い。
 長州、蹴りで逆転。「クソバカ!」とか叫びながら蹴り。サソリの体勢へ。
 西村、回転してサソリを崩す。そのままアキレス腱固め。

 ロープブレイク後、西村ドロップキック、長州スカス。
 長州、強烈ラリアット!
 ここでなぜか西村が出血! どこで? わからない。口からか?
 もう一発ラリアット!
 出血がヒドイ。攻める長州。
 続いてラリアット3発目!
 ここでダウンカウントが入り・・・10カウント。KOだ。西村早くも失格。
 ダウン中、口から血が噴き出す・・・。喉を切ったというような情報が・・・。??????
 トレーナー・セコンドがリングに入り西村を囲む。担架で退場。長州も心配顔・・・。

 永田が長州を攻撃。ハードな蹴りを打ち込む。顔面へ蹴り! ここで蝶野とタッチ。
 蝶野が出ると普通の試合に。
 すぐ長州に代わってサソリへ。またすぐ代わる。

 蝶野のケンカキックが長州に誤爆。永田が蝶野へニールキック。
 長州ラリアット・・・腕へハイキックで迎撃。
 永田、ハイキック。強烈。
 続いて垂直落下のブレーンバスター。カウント・・・3! でも長州は2でキックアウトしてたぞ。

 蝶野と永田が戦っていると・・・長州が蝶野へラリアット! えええ??
 永田、続いて最近フィニッシュに使ってるツイスターへ。3カウント。

 ○永田、西村(10分38秒 旋回式ブレーンバスター→片)●蝶野、長州
 ※2-1
 なんなんだこの試合は? 謎だらけだぞ~!
 西村の出血は何? ・・・これは俺の憶測なんですが・・・出血はアングルなんじゃないか? 喉から出血ってことはラリアットでそうなった。[1.ラリアットはそれだけ危険な技だ・・・という意味を込めた][2.ラリアット嫌いの西村がラリアットで惨めに敗れる・・・という悲惨系ストーリー]、どちらかじゃない?
 長州の裏切りもどうなんだろ。キックアウトが認められず・・・それこそレスリング・ウィズ・シャドーじゃねーか? 
 おおっ、いろいろこのあとも引きずりそうな試合だ。
 こんなの大好き~。イイ試合じゃなくても面白ければOK。
 西村のケガがガチだったら、こんなこと言ってるの問題あるけど・・・。その時はすいません。

 [8]IWGPヘビー級選手権:佐々木健介vs鈴木みのる

 鈴木は白いタイツ。モーリス・スミス戦のやつですね。健介はいつもの赤スパッツ。
 手四つからスタート・・・。そうなるよなぁ。
 それ以降は寝技な展開が続く。腕の取り合い、バックの取り合い。
 鈴木、ヘッドロックで締め上げる。健介、腕を絞って脱出。
 ロープ際で健介が持ち上げるともつれて場外へ。場外でにらみ合うが・・・すぐリング内に戻る。ちょっとコレは臭い・・。
 15分経過。鈴木、張り手から延髄蹴り→卍固め。
 ノーザンライト狙いを切り返し、鈴木がバックからスリーパー。そのままグラウンドで胴絞め式へ。
 鈴木が技をかけたまま肩をマットにつけるとカウントが入る。場内ざわざわ(笑)
 鈴木、ゴッチ式パイルドライバー。カウント1。
 健介「うがぁああ」と立ち上がって、ノーザンライト・ボム。
 鈴木「うがぁああ」と立ち上がって、腕クロス式のパイルドライバー。これが新技か。
 それでも健介「うがぁああ」と立ち上がりブレーンバスターへ。ノーザンかもしれないが角度はブレーンバスター。
 しばらく両者ダウンしたあと張り手合戦へ。
 健介がラリアット。鈴木は「エヘヘヘ」と笑いながら立ち上がる・・・が、3・4歩歩いたところで膝から崩れる。
 そこを健介がフォール。・・・カウント3だ。

 ○佐々木(19分59秒 ラリアット?→体)●鈴木
 ※王者・健介がV2
 凄いフィニッシュだなぁ。精根尽き果てって感じですか? 
 どうだろ~。最後の技受けて「ウガー」って立ち上がるの俺嫌いなんだよねぇ。
 まぁ、「純プロレスラー」同士の対戦としてはまぁまぁかな。もうちょっと短い時間でもよかったんだろうけど。

 [9=セ]天山広吉&棚橋弘至vs小川直也&川田利明

 まず小川が登場。いつものテーマ、いつもの悟空コス。そんなに客は沸いてないかな?
 天山・棚橋入場・・・そのままハッスル軍を攻撃。
 小川-棚橋、棚橋がタックルからマウント。小川、返して蹴り・チョップ。
 続いて「ジュー・ドー・オー」のリズムで入る足払い。ブーイングが出る。セコンド怒る。モノも飛んでるらしい。
 ギャハハハ、オモロイぞ。
 棚橋の回転エビを耐え、ハッスルポーズをしようとするが・・・天山カット。川田もカットへ。
 やっぱり、この試合のポイントはハッスルポーズだな。

 ここでアンジョー長官、島田参謀長がリングサイドヘ!いいぞモンスター軍も絡みだした~♪ 新日本側を応援してるみたい。
 天山-川田、ニールキック、マウンテンボムで天山攻め込む。場外で乱闘が起こってるらしい。2元中継してくれ。
 天山・棚橋で川田へ3D。続いてバッファロー・スリーパー、TTD、ダイビング・ヘッドバット。
 川田出っぱなし。
 天山のムーンサルト・プレスを川田がかわす。小川登場。
 小川、腰払い連発。天山のラリアットかわしてSTO。今日はいいタイミングで入った。
 川田、急角度のバックドロップ。ウガーと立ち上がるがハイキックで追い打ち。カウント2.9。
 川田がジャーマンの体勢・・そこに小川、「俺ごと刈れ!」だ!

 小川、○川田(17分18秒 俺ごと刈れ→体)天山、●棚橋
 試合後、島田がマイクを持ち天山をモンスター軍に勧誘してたみたいw 当然、拒否。
 藤井らハッスル軍がリングに入り、小川がマイク。
 「猪木さんいませんか! ハッスルやろうぜ」
 客は・・・・オ、半分ブーイングだ。
 「みんなハッスルやりたがってるだろ」というマイクにブーイングが高まる。
 続いて小川へ「帰れ」コール。へぇ~、これは意外なリアクション。新日本ファンもまだいるんだねぇ。
 天山がハッスル軍に雪崩れ込み、乱闘。
 島田がマイクもって何か言うが、カメラが向けられると全力疾走で逃げる姿が(笑)。
 花道でハッスルしようとする小川、そこに30人はいるかと思われる新日本軍が割り込む。ハッスル未遂。
 花道の一番奥まで下がる。真壁らが詰め寄る(乱闘にはならず)。
 どうやら「ハッスルポーズはやらないから下がれ」と小川が言ってるらしい。
 そこにいつの間にか蝶野がリング上に。よく聞き取れなかったが「リングの上でハッスルやれよ」みたいなことを言ったらしい。
 しかし小川はステージ上で頭を下げて退場。
 続いてなぜか成瀬がリング上でマイクを持つ。
 成瀬「今日は闘魂祭りです。ハッスルなんていりますか? 他でやってくれ」
 このマイクにはブーイングが聞えた。成瀬のTシャツには「自由人」の文字。ハッスルも自由にしてやれよ(笑)
 蝶野は下げられたらしい。

 試合後は場内もかなり騒然としていた。

 あ~、面白~い。新日本は意地見せたけどねー、ハッスルポーズがどうたらってを争うのはよく考えると情けないな(笑)。
 小川はもうちょっと踏ん張って欲しかったよ~。ホントにチキンだ。ありゃないよ。今日は新日本圧勝。
 試合は面白かったと思いますよ。小川の出番が少なかったのもあるだろうが(笑)。逆に小川の新日本だったらどうなるか、もっと見たかったんだけどね。
 あー、今日は新日本らしいね~。嫌いな人は嫌いだろうけど、俺は面白いよ。
 この興行だけで2・3ヶ月は飲み話のネタがもつ。

 [10=メ]中西学&中邑真輔vs藤田和之&ケンドー・カシン

 カシンのシャツには「CBU」。「コントロール・バカ・ユニット」だそうでw
 藤田はちょっと体緩んでるかな? まぁ急な話だからね・・・。

 カシン-中邑、腕の取り合い中邑が制す。
 カシンが藤原固め、そこから丸め込み合戦。意外に手が合う。
 中盤、やっと中西-カシン。チョップ一発でカシン吹っ飛ぶ。
 打撃戦では分が悪いが急所蹴りで逆転。
 なんだかホンワカムードでメインって感じの雰囲気じゃないなぁ。

 藤田-中邑、藤田がスタンドの肩固め。そのままグラウンドにもっていくフォールにもっていく。カウント2。
 前方水車を連発する藤田、3発目をフロント・チョークで切り返した中邑、そのまま裸絞め→三角と繋ぐ。
 藤田は三角を持ち上げパワーボム、それを堪え中邑は腕ひしぎへ。
 カシンが中邑の腕をとって腕ひしぎでカット。この時、中邑はタップしてた(笑)。
 藤田、高角度のパワーボム! MA-G-MAのラストライドみたいだ。しかし中邑はカウント1で返してウガー。
 立ち上がる中邑へ藤田膝蹴り。カシンは中西をずっと押さえている。
 続いて頭部へサッカーボールキック一発。当たりはよく見えませんでしたが・・・。

 ○藤田、中邑(18分54秒 サッカーボール・キック→片)●中邑、中西
 試合後、猪木が怒った顔でリングに飛び込み、中邑へ鉄拳制裁!
 倒れた中邑へ蹴り! 藤田が止めに入る。
 猪木マイク「さっき言ったはずだろ。遠慮するなって。男を見せろ。お前ら(藤田)も遠慮なく殺せ! お前らが高い壁になれ。頼むぞ」
 藤田がダイナマイト出陣を宣言。猪木がダーやって終了。
 興奮してるのかダーは変なタイミングだった(笑)。

 お、猪木が退場したらPPVすぐ終わった。もう8時! 時間ギリギリだー。

 それなりに面白かったけど、ドーム・メインのカードじゃないよなぁ。今日の中邑はまだいい方なんじゃない?
 猪木が出てきて締まった感はある。

 全体的な感想・・・どうでしょーねー。あれだけ前評判が悪いとひねくれ者の私は褒めたくなってしまう(笑)。
 いや、語れる試合満載で、日にちが経てば味が出てくる興行なんじゃないですかね。もちろん問題点・突っ込みどころはいっぱいありますけど。殺気だった雰囲気がどの試合にもありました。
 直前のカード変更はもう勘弁ですけどね。

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング 

| | コメント (6) | トラックバック (4)

明日は新日本・大阪ドーム大会を速報します

 ZERO-ONEのことも書きたかったんだが、もう眠い~。

 明日はPPV見るんで自宅から速報しま~す。

 直前になって、いろいろとネタが出てきました。
 変更になったカードは、それほど悪くはないと思うんだけどねぇ。もっと早めに決めてストーリー作れば面白かっただろうに。

スポーツナビ:小川、棚橋を“ハッスル”勧誘 棚橋はプロレスラー小川にダメ出し
 小川が棚橋ぐらいプロレスできればなぁ・・・。

スポーツナビ:蝶野、曙に暴走指令
 曙の来場は決定。K-1の宣伝ですけど。サプライズある?

 まぁドタバタ劇はヒドイもんでしたが、ちょっと楽しみになってきた自分がいるのも事実。
 これだけコケにされて新日本勢が黙ってない・・・何かありそ。
 まぁ、グダグダだったら話のネタになるしねw

 3時開始です。

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船木誠勝が5代目タイガーマスクになるっ!

掣圏道OFFICIAL WEB SITE:
11/6 Voice of Tigermask

 11/6の佐山さんの日記にこんなことが。

 ここ数日は五代目タイガーマスクを特訓していて、ちょっと休んでいる。
 コンピューターに武士の資料を書き写す作業で、手いっぱいというところだ。
 五代目タイガーはパンクラスの舟木選手。
 なかなかセンスがあって素晴らしく、来年私が用意してある必殺ワザもマスターしてもらった。楽しみでしょうがない。
 舟木さん? あ、パンクラス辞めたばかりの船木誠勝さんじゃないですか~!
 佐山さんと合体? もしかしてプロレス復帰ですかぁ~!

 船木さんの日記もチェック。
MASAKATSU FUNAKI MADNESS

只今、ある企画(詳細が決まり次第御報告します)で
自分がプロレスに入門するきっかけになった
『初代タイガーマスク』こと佐山サトルさんと
先週からトレーニングを開始しました!
激しいトレーニングですが、自分が憧れた人から直接指導を受けれるという事は
めったにありません、感無量です!
今週もまた一緒にトレーニングをやっおります。
今年も残す所あと二ヶ月、頑張っていきましょう!
04/11/10  船木誠勝
 どうやら間違いないようです。「ある企画」とは何か・・・。

「真説・タイガーマスク」

 来たる11月19日(金)・24日(水)に那須博之監督、哀川翔主演
 「真説・タイガーマスク」のプロレス試合場面の撮影があります。
今回、この観客席を熱気と興奮で埋めてくれるエキストラを募集します!

「撮影といえども、全て本気です!」

 当日は、初代タイガーマスクご本人である佐山聡さんに、直々にプロレスシーンの指導・ご出演をしていただきます。
 タイガーマスク役は、元パンクラスの船木誠勝さん、敵役のライオンマンには現役プロレスラーの木村浩一郎さんが扮し、初代タイガーマスクが繰り広げたあの熱い戦いを再現します。
プロレスファンならこの機会を見逃さないでください。またプロレスファンでなくても、この熱く美しい戦いを見逃す手はありません。
ぜひぜひ今回のエキストラに応募してみてください。

 映画だったんですね・・・。
 エキストラ募集の告知ですが内容はだいたい分かります。
 高木三四郎とかも出演するらしい。

 どんな内容なんだか気になる。検索したらこんなのあった。
真説タイガーマスク三つの顔...高森真士スーパー格闘小説シリーズ
 関係ないかな? 原作とかあるんでしょうか。

 「タイガーマスク」と言うとアニメ・漫画を連想しますが、「初代タイガー」という言葉からみてプロレスのタイガーの話なんでしょうね。正確には船木が5代目襲名ではなく、初代役を演じるってことなんでしょう。
 木村浩一郎が相手役ってのも凄い(笑)。ライオンマンはベタベタですが。相手役も実名の選手を使って欲しいなぁ。

 とにかく公開を待ちましょう。詳細は何も発表されてませんから。

 ・・・船木さんと佐山さんの会話って凄そう。

■関連リンク
掣圏道OFFICIAL WEB SITE
MASAKATSU FUNAKI MADNESS
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

この映画の原作購入は↓
真説タイガーマスク三つの顔...高森真士スーパー格闘小説シ...


※ジーニアスさんからの情報

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2004.11.12

安生さんやエスパー伊東が忘年会・イベントに来る?

 アフィリエイトをいろいろ見てまわってたらこんなの発見。
 エスパー伊藤らを忘年会・パーティー等に呼ぶことができます。もちろん有料ですがw


Click Here!

 まぁ、エスパー伊東や気功士の川上さん、さらには松本等しいなんてのも気になるところですが・・・・。

 知ってる人は知っているでしょうけど、彼らが所属する芸能事務所「アネットプロダクション」の代表取締役は安生洋二さんなんであります。
 最近はハッスルで抜群の味を出し・・・あ、あれは別人? まぁいいや。とにかくここに来て注目度upの安生さんの会社なわけです。
 で、タレントリストの中にはもちろん安生さんも入ってるわけで・・・つまりは、あなたのパーティーに安生さんを呼ぶことができるってことなんですよぉお!!
 いろいろ話聞いてみたいですねぇ。ヒクソン戦、3億円ベルト、そしてハッスル・・・。
 ってか何か余興用のネタとかあるんですかね?
 ギャラがどのくらいなのかは不明ですが、気になる方は「見積もり」してもらってみてはどうでしょー。

 イベントの盛り上がりが200%upすること間違いなしですよぉお!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宣伝丸出しですいません。

 エスパー伊東さんを呼ぶんなら、
 ぜひ↓の芸を見を見たい。
人間ペットボトルロケット
 これが生で見れるならいくらでも払うよ! 凄いよエスパー! 初めて見たときは10分笑ってた。


■関連リンク
Click Here!


■PR
Click Here!

 リンク先で各タレントの怪しい芸が見れます・・・。くだらねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.11.11

中西学&中邑真輔vs藤田和之&ケンドー・カシン

NJPW OFFICIAL WEB SITE:
11/13 大阪ドーム大会・全カード

 試合順等を含め全カードが決定。これがメインかよ・・・。

11/13 新日本・大阪ドーム
・変更・追加されたカード
 [2]ウルフ&垣原vs吉江&サムライ
 [9=セ]天山&棚橋vs小川&川田
 [10=メ]中西&中邑vs藤田&カシン
 なんだこりゃ・・・。大会2日前に決まったカードがメインかよ・・・。行き当たりばったりにもほどがる。
 しばらくは新日本参戦はないだろうと思われた藤田が早くも登場。神・猪木の声は無視できないとはいえ・・・。
 どうせ藤田が出るのなら健介戦の落とし前をつけさせるのが普通の考え。
 藤田自身も今日聞いたんだって(GK金沢情報at生GON)。最近の藤田さんはプロレスどころではなく、地震が恐いってんで燃料として木炭を大量に購入。あまりに大量にあるんで今日は家でバーベキューやってるそうです(笑)。

 いっきなり中西-カシンの古い因縁を持ち出しそれをメインに・・・。???????
 まったく関係ない中邑もカワイソ。なんで中西とタッグ? 納得できる点が一つもない。

 ちょっとまとめるか。

[カード変更によるプラス材料]
 ・変更の前のカードがショボかったんで何だかんだ言っても興行の厚みは増した。
 ・一般層に知名度抜群の小川直也を登場させられた。

[カード変更によるマイナス材料]
 ・直前すぎるカード変更でファンの信用を失う。
 ・TV等も用意していた素材などが吹っ飛ぶ。パンフ等も被害?
 ・新日本フロント勢が出した(と思われる)案を猪木が否定したため、猪木への不信感がさらに強まる。
 ・一番盛り上がっていた「長州-西村」のインパクトがかなり薄れてしまった。
 ・小川登場によって会場がハッスル一色になってしまう可能性がある。
 ・中西-カシンの因縁は一般層に伝わっていない。
 ・セミ以下→消滅、と三冠が軽々しく扱われていることに全日本が怒る。
 ・飯塚高史の試合がなくなったので飯塚ファンが暴動を起こす可能性がある。

 セミ・メイン共につまらないカードではないと思うんですが・・・いきなりやられてもねぇ。
 ま、闘魂祭りですから、猪木さんには誰も逆らえないってことですか。

 これだけやられれば新日本勢も爆発寸前だろ。何か事件的なことが起きるかも・・・って期待は出てた。
 それだけ。

■関連リンク
PRIDE :: ハッスル
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (4) | トラックバック (5)

DDT・飯伏幸太が試合中にケガ

MIKAMIの『ブログ式スク~ルボ~イ』:ショーマストゴーオン。

 昨日のDDT・北沢大会の出来事。

 今日の試合。開始数十秒、対戦相手の飯伏のプランチャで頭と頭が直撃。飯伏が目蓋を切ってかなりの出血、脳震盪もあったので試合を終わらせた。
 試合の結果は以下の通り。
11/9 DDT・北沢タウンホール
 [4=セ]○MIKAMI(2分14秒 スティンガー→RS)●飯伏幸太
 裂傷は5針縫った程度で大事には至らなかったようです。ただ、かなりの出血があったことと、技を出したあと飯伏選手が動かなくなったりしたため場内は騒然とした状況になったようで。
 今回は完全な事故だったと言えるでしょう。対応も万全だったようで、速やかに担架が用意され病院に直行したそうです。
 星川選手が大きな事故にあったばかりですし、同期だったMIKAMIとすれば・・・。とにかく大事に至らずよかったです。
 
試合の様子はこちら。
 11/9 DDT・北沢タウンホール、結果 [Extreme Party

 今回の件に関してはよかったんですが、DDTに関してはちょっと気になることが。
 先ほどSAMUARI!でDDT中継を見たばかり・・・一部に受け身の怪しい人がいますよね・・・。
 松野さんとホストの神咲翔。あまり素人が技術的なことを言うのは失礼ですが、ブレーンバスターを食らった際に二人とも足が自分の体の下に入りそうになるのが恐かった。
 特にプロレスのキャリアがないと思われる神咲は試合内容がハード。スーツで試合してることもあって心配になってしまう。
 別に受け身のとれない人にプロレスさせるのは構わないんですよ。意味あって面白ければ。
 ただ、そういう選手にキツイことさせるのはどうなんでしょう。こういうのでケガすれば事故ではありません・・・。

 神咲は体も大きく蹴りがメチャハードヒット。怪しい素性も逆に魅力だし、使いたくなるのは分かるんですが。メイン級の試合に組み込むのは無理があるような。受け身の練習はしてるんでしょうけどね・・・。

 同じメインに出てるなら、元メビウスの守部宣孝が素晴らしかった。動きもイイし体も大きくなった。ちょっと今後注目した方がいいですよ。

 ディック東郷さんの日記もチェック。
東郷日記:DDT北沢タウンホール

 今日の試合は最悪だったなぁ…神崎(神咲)?の裏切りは成功したにせよ、それはあくまでサプライズにすぎないわけで、試合内容が伴わないとせっかくのサプライズもサプライズにならないんだよね。
やはり試合が納得いかないと、どうもウマい飯になりません。
今日は俺自身もダメダメだったし…
言い訳にしかならんが最初の場外戦で受け身を取った際、左手の甲をフロアに打って負傷してしまいました。医者に見せてないので、あくまで推測だが、たぶん腫れ具合から見てヒビか骨折の可能性大でしょう。
 今日の日記によると「第二中手骨底骨折」でだったとか。
 受け身の天才・東郷でもケガするんだからなぁ~。コワイ。

 北沢の試合後には泉州力がなぜか登場。東郷さんも動揺してます。

 結局、最後は泉州リキとやらが入ってきてワケのわからん状態に…
 そこが一番盛り上がった事にもショックを隠せない俺でした。
 ガハハ、締めが泉州ってのは凄いな。「今度来るときはパワーホール全開で・・・」ってやってましたよw
 東郷さんには西村修ばりに「私がケガした原因は泉州ですよ! 60億人の中で1番嫌い」ぐらい言って抗争勃発・・・無理か。ケガしたのは試合中でした。

 また選手のBLOGにトラバした・・・。今回はちょっとビビるなぁ・・・。

■関連リンク
DDT XXXch Official Web
MIKAMIの『ブログ式スク~ルボ~イ』
東郷日記
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

 最近、「高木加代子」で検索してうちに来る人が異常に多い(今月2位)。意味分からなかったんですが、今日コンビニで「ブブカ」読んで分かった。
 別にいいじゃん・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.10

天山&棚橋vs小川&川田

スポーツナビ:
猪木、小川とまさかの“ハッスル”合体

 カード変更ですっ!

11/13 新日本・大阪ドーム
 天山広吉&棚橋弘至vs小川直也&川田利明

 天山vs川田、棚橋vs中邑から変更(中止か延期か不明)。
 中邑のカードは追って発表。

 思い切って組み直しましたネ~。まぁ、前よりはマシだと思いますが・・・。天山&棚橋はウケ巧いんで小川は遠慮せずガシガシと行っていただきたい。
 これメインかな? どうだろ・・声援は小川に集中しそう。
 ハッスルの数少ない功績に、「小川にピッタリの新入場テーマを作った」というのがあります。「オ・ガ・ワ、オ・ガ・ワ」のコールを促し会場を一体にさせる素晴らしい曲(プロレス的に)。何かの曲のパクリっぽいのはおいといて。
 あれが鳴ったら新日本ファンでもブーイングする気分にはなれない・・・。ドームのほとんどを締めるであろう一般層は拳握って「オガワ、オガワ!」ですよ。この雰囲気を天山&棚橋はひっくり返すことができるのか? その辺が試合のポイントか。
 新日本は目先の集客ばっかりに目がいって、試合後・試合中にどんな「絵」が生まれるのかを考えてない。それは結局、後の集客には繋がってこないんですよね。
 ま、新日本のドーム大会は毎回そんな感じですが。

 猪木と小川はあっさり握手。

 猪木と小川の公式2ショットは03年2月20日の猪木の還暦・誕生パーティー以来。以降、ハッスル、さらにPRIDE GPに進出した小川と、同大会を離れた猪木とは、接点がなかった。猪木は小川を「格闘技、プロレス界に夢を送れる一番、大きな可能性を持ってる。プロデューサーとして、(今大会は小川が)もっと花を開くチャンス」と2年6カ月ぶりのUターン参戦を歓迎。小川も「猪木さんの下に里帰りできてよかった。形にこだわらない猪木さんのこと。ハッスルスタイルで好きに暴れさせてもらう」と、闘魂マットの“神”のお墨付きを得てのハッスル全開を誓った。
 闘魂棒は・・・。

 その他関係者・レスラーのコメント。
天山、棚橋は「ハッスル」を全否定

 天山「小川が出ることによって、メーンカードが変わってくるので、それを壊してまでやるなんて、小川はむかつくけど、川田もそれでいいいのか。まとめてぶっつぶしてやる。ハッスルなんて遊びだよ。」

 棚橋「変更対象が)なんで僕なのか。割を食っているのは、大阪のファンだ。ハッスルは嫌いで、プロレスをやる充実感がない。(今回のカードに関しては)打ち上げ花火でしょう。叩き潰してやる!」

 予想通りなコメントだな・・・。まぁ、怒るのも分かります。棚橋なんて唐突に中邑戦組まれて、やっとモチベーション上げてきたらコレですもん。だったら最初から組むなって・・・ネット投票もムダ~。

 草間さんからも。
草間社長「“闘魂”という言葉の意味を再度吟味」

 既に全対戦カードを発表しておりますが、「闘魂」という言葉の意味を再度吟味致しまして、また全社一丸となり皆様により素晴らしい試合を提供させて頂きたく、試合開催直前ではございますが敢えて一部カードの変更をさせて頂きたく存じます。
 つまりは変更前のカードには闘魂が足りなかった、ということですね。
 新日本フロントの合議制で決まったカードを猪木が直前になってダメダシした・・・ってことでしょう。

 中邑はどうなる? 何となくDSEかK-1から中堅外国人借りてきてナンチャッテVTとかでお茶を濁すような予感しますが・・・。
 ここでDSEに「もう一人大物貸して」とオファー出したら、大晦日に中邑あたりがお返し参戦って感じにもなるか・・・。

■関連リンク
PRIDE :: ハッスル
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (3) | トラックバック (3)

NOAH、11月~12月シリーズカード発表

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE:
COMPE

 ノアがカード発表。例によって注目カードのみ記載。

11/13 後楽園ホール
 秋山&金丸&橋vs斎藤&越中&杉浦
 KENTA蹴撃七番勝負(7):KENTAvs丸藤
 勝ったら軍団入り決定マッチ:泉田(スターネス)vs川畑(ダーク・エージェント)

11/16 新潟市[中越地震復興応援大会]
 スペシャル6人タッグ:小橋&三沢&丸藤vs秋山&田上&KENTA

11/20 ディファ有明
 秋山&金丸&橋vsグラジエーター&SUWA&マルビン
 小橋&本田&菊地vs斎藤&越中&井上
 三沢vs鼓太郎

11/21 宮城県スポーツセンター
 小橋&KENTAvsグラジエーター&マルビン

11/27 北海道・札幌メディアパーク スピカ
タッグトーナメント1回戦:
 三沢&鼓太郎vs力皇&丸藤
 秋山&金丸vsスコーピオ&スリンガー
 小橋&KENTAvs田上&橋
 小川&SUWAvs斎藤&杉浦

11/28 北海道・札幌メディアパーク スピカ
 タッグトーナメント準決勝&決勝

12/4 神奈川・横浜文化体育館
 GHCJrヘビー級C:金丸vs杉浦

 うーん、まぁなんてことないカードが並ぶ。
 全戦参加のはずのSUWAの名前があまりない。タッグトーナメントでは小川とコンビ組みますが。

 最終戦は文体、おそらく小橋vsグラジのタイトルマッチでしょう。全日本時代はイイ試合してましたが、今だとどうだろ。
 うーん、あと何があるか・・・・軍団入りマッチ・・・ううぅ。

 記事にしなくてもよかったか・・・。

■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白覆面“O”の正体は・・・

スポニチアネックス:
白覆面「O」が乱入予告

 白覆面? オーちゃんですか?

 白覆面“O”を名乗る謎の男が、都内の事務所へ大谷あてのワンダフルな挑戦状を送付。11日後楽園へ「特製首輪のプレゼントを持って」乱入を予告した。
 同封の写真によると“O”は柔道着に白覆面姿。昔どこかで確実に目撃された姿だが、今回は犬の首輪を装着している。
 大谷に対して「お前が昔から大嫌い。ZERO―ONEをつぶしてあげてもいい。支配下に置いて面倒はみてやる」と宣戦布告。
 首輪・・・それで大谷の昔からの知り合い・・・O・・・。

 小原道由さんのようです。

 久しぶりですね・・・。

 03年1月の両国で「クレイジードックス」結成。巨大な犬小屋を持ち出し「星野、ハウス!」の迷言を残した。
 この軍団のボスはエンセンさんでしたね・・・。全てが遠い日の出来事だ・・・って昨年か(笑)

 今年の契約更改で新日本からフェイドアウト・・・で、いいのかな?
 03年頃にはいつの間にか「総合格闘技塾 破天荒」なる格闘軍団(?)を結成していて、所属の「鋼侍」がDEEPに出場した際はセコンドについていました。この鋼侍さんはなかなか強かったんですけど・・・最近名前聞かないですねぇ・・・。

 とにかく謎の多い小原さん。ノアに行って越中・彰俊らと反選手会同盟復活させれるって手もあっただろうに(?)、ZERO-ONE登場は吉と出るか。
 ZERO-ONE自体がいろいろあるんでねぇ・・・。

 ZERO-ONEのオフィシャルHP見たらこんな文章が。
ZERO-ONE お詫びとお知らせ

 最近『ZERO-ONE』崩壊?という記事がありまして多くのお問い合わせを頂いておりますが、『ZERO-ONE』は大谷選手が声を大にして言っているとおり崩壊することはありません。確かに以前のような団体の勢いがないということは自他共に認めますが足を止めることはできません。
 この手の話題をオフィシャルで出すってのは珍しい。やっぱり起死回生の策は新日本との対抗戦ですか?
 また11月3日橋本社長が蝶野選手の20周年大会に花束を持ってお祝いにかけつけましたが闘魂三銃士でのつながりにおいての行動ですので、これをきっかけに対抗戦になることは今の段階では全くありません。
 一部のファンの方から賛否両論のご意見を事務所にいただきましたが期待されたファンの方には申し訳ないと思っております。中途半端な“交流”など何も残らないというのは今までの経験で実証されています。
 もし我々が新日本プロレスと対抗戦をする時が来るのなら今まで一緒に戦ってきた外国人選手も一緒に『ZERO-ONE軍団』として戦うことになるでしょう。
 対抗戦を否定してる割りには「外国人も一緒に」とかって具体的な話も出てますが(笑)。
 ハッスルと新日本の開戦にZERO-ONEはどう絡む? 中村監督はドームに行くらしいですけどw大谷らがどう出るか。
 まぁ、大阪ドームのあとからいろいろあるでしょう。

おまけ:11/11 ZERO-ONE・後楽園ホール、追加カード

異種格闘技戦5分2ラウンド
 浪口修(ZERO-ONE) vs 王拳聖(北京出身・武術家)
 コッチも若干気になる。


■関連リンク
ZERO-ONE official fight site
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.09

小川直也、新日本参戦正式決定

ハッスル オフィシャル ウェブサイト:
11.13新日大阪ドーム大会に小川直也出陣!

 昨日は参戦を匂わす程度でしたが・・・今日になって正式に決定となりました~。

 「私、小川直也は13日の新日大阪ドーム大会に、ハッスル軍のキャプテンとして出陣します」と、自らの口で新日参戦を表明した。
 小川のこの決断について、笹原GMも「小川さんには『PRIDE GP』にハッスル査定試合として出場してもらいました。今回も同じものだと考えています。
 ハッスル普及のためであれば、私たちはサポートします」と前向きなコメントを残した。
 さらに「師匠である猪木さんの要請を受けて出ることになったのですが、あくまで私はハッスル軍として出ます。ハッスル軍の結束を固めて、新日に乗り込みたいと思います」と改めて“キャプテン・ハッスル”としての決意を語った。
 ハッスル布教という形になりそう。新日本のファンなら即洗脳ですきますよ。チョロイ、チョロイ。
 どんなカードになる?
 笹原GMも心配そうに「前回の『ハッスル6』では、誰も小川さんの援軍に来ませんでしたよね?」と小川に問い詰める。だが、当の小川は「分かってないな、GM。ちゃんと考えてますよ。スペシャルなメンバーを連れて行きますよ」と自信あり気に語る。
 中村カントクによれば「マッチメークはすべて新日サイドに任せてあり、タッグマッチで闘う」ことしか決まっていないという。
 タッグ・・・どうせハッスル仮面か軍鶏侍あたりになるんでしょ。スペシャルなメンバーって期待しちゃっていいのかなぁ~。
 生GONでは週刊ゴングの新編集長・吉川氏が「大幅なカード変更もある」と語ってました。もしかして「小川・川田・長州」とかもアリ? それこそイリミネーションとか・・・。
 「小川&川田&長州&蝶野&ハッスル仮面vs永田&天山&西村&棚橋&中邑」とかなんてどーだい。ハッスル仮面がダメか・・・。
 長州と西村の絡みが薄れてしまうのもマイナスだなぁ。やっぱ止めよう(勝手に妄想して勝手に終了)。

 新日本勢は意地でもハッスルポーズを阻止しに来るかもしれません。・・・でもお客さんはやりたいんじゃない? ブーイング出たら笑える~。

 それにしても・・・一つのポーズを巡ることが興行のテーマになるなんてねぇ・・・。
 でも今なら三冠のベルトを争うより意味あるかもしれない・・・。

 ジョシュがPRIDEに出た見返りで小川出場が決まったという噂もあります。ジョシュは複数契約しましたから・・・新日本vsハッスルの抗争も長期化するのかな?

 大阪ドームは見たくなってきたので、当日PPV見ながら速報するかもしれません。

■関連リンク
PRIDE :: ハッスル
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
ブラック・アイ: 小川直也、新日本殴り込みか?
ブラック・アイ: 新日本・大阪ドーム、メインは棚橋vs中邑
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大晦日決戦の情報が一目で分かるページ

 大晦日の情報をまとめたページを作ってみた。

大晦日・格闘技特集、Dynamite!! vs 男祭り

 あれば便利だろうなぁ~ってことで3日ぐらいかけて作りましたー。
 毎日チョロチョロ更新します。もちろん年内限定ページ。

 BLOGの向って右の段にリンクあります。
 バーナーを明日ぐらいに作りますので・・・。

 情報は新聞系サイトはもちろん、BLOGからも集めます。
 取りあえず、消息筋さんとバーニング・スピリットさんから情報頂きました。トラバしておきます。

消息筋: 男祭りの怪しいカード予想
消息筋: DynamiteでBJペン対宇野薫戦?
BurningSpirit(バーニングスピリット) | 男祭りでシウバvs.ダンヘン実現か

 これから追加する分のトラバはどうしようかな~。


 真ん中に広告あるんでウザイと思いますが・・・許して。

 コメント・トラバはこちらの記事にお願いします。


 あと、トラックバックに関して。
 トラックバックする際は必ずこちらの記事へのリンクをそちらの記事内に貼ってください。
 これまではそれほど神経質になることないかなぁ、と思ってたんですが。ココで許すと他でも同じことするだろうし。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

高阪剛、ウォーターマンに勝利して初ベルト

スポーツナビ:
近藤、シウバの同門を撃破 “TK”高阪が生涯初戴冠!

 パンクラスのNKサヨナラ大会、5880人とかなり健闘したみたい。カードイマイチでしたからね・・・。

 以下の観戦記を参考にさせていただきました。
:: 徒然なる駄日記 | 【パンクラス】11/7NK大会 ::
BurningSpirit(バーニングスピリット) | パンクラスNKホール速報

 高阪王座奪取! 意外にもこれが初ベルト。

 [7=セ]初代スーパーヘビー級KOP王座決定戦
 ○高阪剛(判定 3-0)●ロン・ウォーターマン
 ※高阪が王座奪取
 難敵・ウォーターマンにも勝ってしまいました。さすがにパワーで押し込まれ思うような試合はできなかったようですが、日本人でウォーターマンに勝てる選手は何人もいないでしょ。
 このベルト奪取をキッカケにガンガン大舞台へ進出していただきたい。まだ指導に集中しちゃうのは早いスよ!

 生GONでダイジェスト見ましたが、高阪の足関から逃げようとH2Oマンがロープを掴むと、サブ・レフェリーの和田良覚さんが飛び出してきて凄い勢いで手を払ってたシーンには笑ってしまった。UWFラインの絆は強ーい。

 高阪さんのBLOGから。

 勝ちました!本当はちゃんと一本かKOで勝ちたかったけど、ロンはやっぱり強かったです。
 なかなかそうはさせてくれませんでした。今日は危ない所もいっぱいあったけど、そこで「頑張れ!」って言うお客さんの声がいくつも聞こえました。その度に「負けてたまるか!」って頑張れたんです。本当に感謝してます。有り難うございました。
 明日は釣りだそうです(笑)。

 その他。
 ・近藤がエバンゲリスタ・サイボーグに完勝(判定勝ち)。
 ・新日本のTシャツ着て登場のアイスマン、菊田の足関節にタップ・・・(2分14秒)。弱っ。
 ・魔界倶楽部引き連れ登場の柳澤龍志、後半野地竜太の打撃で打ち負け踏みつけされたりでボロボロ。判定負け。
 ・野地の試合後コメント中にIRO関登場。「今日負けたらプロレスやらされるつもりだった」。マッスルですかぁ?

 結局、鈴木vs佐藤は行われず(ってことはガチ乱闘だったのか?)
 乱入を予告していた入江さんはどうしたんかなぁ~。

■関連リンク
P A N C R A S E
高阪TK剛 オフィシャルホームページ
■関連記事
ブラック・アイ: パンクラスvs魔界軍、開戦
ブラック・アイ: 船木誠勝、パンクラス顧問を退任
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小川直也、新日本殴り込みか?

スポーツナビ:
小川、新日電撃参戦が急浮上

 さすがに小川が来たら驚く・・・かなぁ。

 小川は8日、ゲームソフト「クラッシュ・バンディクー5」の会見に出席。仇敵同士が手を結ぶ同ソフトをプロレス界にかけて「敵同士がくっつくのはプロレスでは日常茶飯事」と意味深コメント。
 ハッスルを仕切る笹原GMも「あくまで小川直也自身の問題」としながらも「やるとなったら『ハッスル』を背負ってくれるはず」と新日本参戦に前向きな姿勢を示した。
 猪木の爆弾投下により、「闘魂祭り」は大会5日前にして、すでに決定済みのカード編成含め、大揺れに揺れることになった。
 まだ参戦決定というわけではありませんが・・・十分あり得る話。
 ただ、こういうどうでもいいような会見で発表しちゃうのはどうなんだろうなぁ。無視してるような顔して大阪ドームに現れたら大爆発なんだろうが。
 ここに来て小川参戦となるのなら・・・切符が売れてない新日本が慌てて話題作りのためにアレしたって可能性ありますな。
 小川が新日本に行ったらやっぱり大声援もらちゃうんでしょう。試合がショッパかろうがなんだろうが、今一番知名度のあるプロレスラーです。ハッスルやったら大盛り上がり。長州以上に厄介ですよ。
 最大のインパクトを小川にとられたら興行として成功とは言えないでしょ。それこそ「キャプテン・ハッスル」で登場ならば新日本が望む殺伐とした雰囲気にもなりません。
 目先の集客に拘ってるとバランスがメチャクチャになりますよー。

 大会プロデューサー(ホント?)である猪木との絡みはどうなるか。オラオラ・モードで猪木に詰め寄り、これまでの恨みを晴らすべく鉄拳を振りかざすオーちゃんの姿が目に浮かぶ。その時は闘魂棒で制裁ってのも面白いなw

 もっと先読みをしてですね・・・高田総統が新日本に乗り込んだらもっとオモロイな。それこそUインター残党揃いのモンスター軍ですから、新日本には恨みタップリ。出る意味はあります。

 それにしても大阪ドームのカードは評判悪いね・・・。あれで客入るわけがない。

■関連リンク
PRIDE :: ハッスル
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
ブラック・アイ: 小川、新日本参戦の川田に激怒
ブラック・アイ: 新日本・大阪ドーム、メインは棚橋vs中邑
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.08

ガオグライ、ベルナルドとドロー

スポーツナビ:
新日本キックボクシング「TITANS 1st」 第1部

新日本キックボクシング「TITANS 1st」 第2部

 2部制の全15試合! 珍しい九州でのビッグマッチ。キックを見慣れていない方には辛い1日だったかもなぁ・・・。
 2万人規模の会場に観衆は7500人・・・。水増しはしてると思いますが、まぁ健闘したってことにしておきましょう。デカスギなんだよな・・・。

 注目はヘビー級相手に奮闘するムエタイ戦士・ガオグライ(本来はウェルター級)、メインに登場です。

 [15=メ]△マイク・ベルナルド(3R判定 1-0)△ガオグライ・ゲーンノラシン
 またも逃げ切りのガオグライ。不調とは言えハードパンチャーなベルナルドでもダメとなると・・・。
 ベルちゃんは「判定は俺の勝ち!」とかってアピールしてるようですが、KOしなきゃどっちにしろダメですよ。

 サダハルンバ曰く、この試合は「K-1GP査定試合」だったとか。なんで? ガオはちゃんと予選も1回戦も立派に突破してるんですよ~。
 どうやらK-1としたらガオをドームに出したくないようで。ケガされるのも困るし、逃げまわる試合も困るし。だったら最初から予選に出すなってんだよ!
 バンナが出たがってるみたいですが・・・さて、どうなる?

 その他、MAX常連勢とムエタイ勢の結果に注目。

 [9]○フジ・チャルムサック<元プロムエタイSウェルター級王者>(1R1分15秒 ボディへの膝→KO)●ドゥエイン・ラドウィック
 [10]○シン・ノッパディソーン<現ラジャダムナン・ウェルター級王者>(3R判定 3-0)●セルカン・イルマッツ
 [13]○ジョン・ウェイン・パー(3R判定 3-0)●オームシン・シットクノップイム<元ラジャダムナンウェルター級王者>
 ジョン・ウェインは完勝したようですが、他はムエタイ勢圧勝。こりゃMAXの勢力図は一変しそうですよ・・・。特にラジャの現役王者で2階級制覇もしてるシン・ノッパディソーンはかなり強そう。

 他にもいろいろ。内田ノボルがマイケル・マクドナルドに勝ったのはビックリ。
 ノルキヤvsシュルトは2R、KOでシュルト勝利。早く終わってよかったね・・。

■関連リンク
新日本キックボクシング協会
FEG OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
ブラック・アイ: K-1、決勝トーナメント組み合わせ決定
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ボビー・オロゴンvs中西学

angle JAPAN:
どっちがDynamite!!の飛び道具? 中西がボビー相手に大苦戦

 angle JAPANさんから頂きました。

 大晦日に向けて特訓を行っているボビー・オロゴン。今日の相手はなんと・・・。

 この日の放送では、レスリングの名門・木口レスリング教室で練習。ひと通り、レスリングの練習を終え、実戦スパーリングをするこになったボビー。その相手は、なぜか新日本プロレス所属の“一人パイレーツ”改め、ブラックホールの一員になっちゃった中西学!
 そういえば、中西はレスリングでオリンピックに出てたな。でも、だいぶブランクあるぞと思っていたら、案の定レスリングど素人のボビー相手に大苦戦。すると中西は「本気になってやる!」とつぶやき、何とか貫禄のフォール勝ち。レスリングの素人相手に、本当に本気になるほど大人気ないとは思いませんが、スパーリング終了後はかなり息を切らしていた中西さん……。やたら「シリアス」と連呼しながら、英語でボビーの健闘を称えてるし。
 ガハハ、中西さんも本気にさせましたか。しかもレスリングで追い込んだってのは凄い話です。
 まぁ、中西さんがセールしてくれた可能性もありますが、ボビー神話(?)がまた一つ追加されたのは間違いないのでありますな。

 スパー終了後、英語で話しかける中西さんに対し、「もっと英語勉強しろ」とボビーは突っ込んだとか。相変わらずおもろいなぁ。
 大晦日までの「からくりTV」はビデオに録ってでも全部見ておく必要あるかも。

 昨日の「TITANS 1st」にもボビーは登場。
 スポーツナビ:ボビーがリング上で大デモンストレーション!

 大みそか「Dynamite!!」の“第0試合”に出場する「さんまのスーパーからくりTV」のボビーが、第2部開始前に、セイン、アドゴニーとともにリングに登場。魔裟斗、サップらを育てた伊原会長を相手にミット打ちを披露した。
 大みそかの予行練習とばかりにリングに上がったボビーは、競輪も行われる小倉ドームで「大みそかは“ケイリン”ファイターとして頑張ります」と日本語であいさつ。デビュー戦に向け、「もちろん朝起きて走ったり、筋トレをやったり、いろんなところで“シャワー”(世話)になっている」と出稽古も慣行していることを明かした。
 その成果を披露するために、リング上では上半身裸になるとやる気満々。伊原会長が胸を貸すために、同じく上半身裸になってミット持ちを買って出ると、ボビーは「年だけど大丈夫?」と失言。セインが「失礼だよ。すごい人なんだから」とフォローするまでもなく、伊原会長がひとたびミットを持てば、気迫いっぱいにボビーを叱咤。
 今回のネタははイマイチ? サップも泣かす伊原会長にも仕掛けるところが凄い。

 
■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
さんまのスーパーからくりTV
■関連記事
ブラック・アイ: ボビー・オロゴン、K-1大晦日正式参戦
ブラック・アイ: ホイス、タレント相手に大流血!
■PR
大晦日の情報は他のBLOGでも盛りだくさん・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.07

佐々木恭介、王座転落

 プロレスと格闘技の狭間で地道に頑張るTAMAの話。

 TAMAの看板タイトル「WMWミドル級選手権」の現王者はU-FILEの佐々木恭介。PRIDE武士道にも出てますし、U-STYLEでは佐々木健介ともイイ試合やってます。
 TAMAとしたらかなりの強豪が王者になってしまったことになる・・・。ハッキリ言ってエース・長瀬館長と言えど王座奪回は難しいと思われました。
 しかし・・・。

ゴーストバスター

10/31 ターザン後藤一派・インディーズアリーナ
 [3]WMWミドル級C・3WAY
 ○諸岡正明(5分10秒 オーバー・ザ・トップロープ)●佐々木恭介
 ○長瀬館長(10分57秒 裸絞め)●諸岡
 ※挑戦者・長瀬が王座奪取
 どうーです、王座奪回ですよ。オーバー・ザ・トップロープってのはNWAルールですな。投げた恭介が負けなんです。考えましたねw
 それにしても、佐々木恭介がインディーズアリーナに出てるのも凄いな。メインのバトルロイヤルにも出場したらしい。

 しかし、これで佐々木恭介が黙っているわけないんですよ。

T.A.M.A.公式ホームページ 

11/28 TAMA・東京都U-FILE西調布アリーナ
 [6]村上健<BJW/真戦組>vs田村和宏<U-FILE CAMP>
 [7]WMWインターナショナルSミドル級王決:佐々木恭介<U-FILE CAMP>vs諸岡正明
 [8]ペドロ高石&田中貴大vs大内敬<パレストラ>&瓜田幸造<掣圏会館>
 [9=セ]アメリカスヘビー級&WMWミドル級両C:長瀬館長vs渡辺宏志<後藤一派> ※NWAルール
 [10=メ]WMWアメリカス・ミドル級王決4WAY:スーパー・ライダーvs寺尾新vs田中貴大vs第7試合勝者
 王座転落のキッカケを作った諸岡とシングルですよ。諸岡はボクシングでかなり実績を残した実力者。意外に面白い試合となりそう。
 その試合に勝てばメインにも出場できるんですか? うーん、凄いことになってきた。

 よく見れば他にもいろいろ変わった名前が。掣圏道の瓜田参戦はビックリ。どういう繋がりなんでしょう。
 パンクラスでは山宮に敗戦してしまいましたが、かなりの実力者だと思われます。
 TAMAでどんな味を出せるか? 最近、DDTに登場しているカポエラのペドロ高石との対戦も。

■関連リンク
T.A.M.A.公式ホームページ ←リニューアルしてます
田村潔司 U-FILE CAMP OFFICIAL SITE
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エンセン井上・山本美憂、離婚

 □ NHBnews BBS □様から勝手に頂きました。

 エンセンニッキ 11月5日分。

 ファンの皆様、関係者の皆様へ いつも応援してくださり、心よりありがとうございます。
皆様に対しまして初めてお伝えいたしますが、私と山本美憂は、二人で話し合った結果、お互いの思い描いていた将来像が違うことを認識し、お互いの前向きな判断として8月下旬に離婚という形をとりましたことを御報告します。
美憂がこれまでに私の事よくしてくれたこと、わたしの格闘家としての立場を理解し協力してくれたことに感謝しています。この選択をしたことがお互いのためになると信じています。私もファンの皆さんの期待にこたえられるような活動をしようとしていますので、いままでどおりの応援をよろしくお願いします。
事後報告という形になりましたが、皆様にはこれからも私たちの人生を応援していただければ幸いですあと皆さんみゆうちゃんの事応募しましょう。今後とも御支援のほど、よろしくおねがいします
 まったく知りませんでした・・・。まだそれほど報道されてませんよね?昨日もテレ朝の「NANDA」に美憂さんは出演してましたけど・・・。
 うーん、深いところまで突っ込むつもりはありません。お似合いかと思っていたので残念ですね・・・。
 エンセンは山本美憂さんの弟・KID徳郁さんのセコンドによくついてましたが(前回のMAXはどうだったかな?)、今度はどうなるのでしょう。

■関連リンク
エンセン井上オフィシャルサイト / Enson Inoue Official Site
MIYUU YAMAMOTO OFFICIAL SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (3) | トラックバック (3)

ZERO-ONE、中国人との抗争は続いていた

スポニチアネックス:
カンフー軍団がゼロワン殴りこみ

 一時は「なかったこと」になる可能性大だった靖国アングル、続行のようです。

 11日後楽園に中国武術団の電撃参戦が決定した。中国拳法の猛者2人が都内の道場に乱入。緊急道場マッチが行われ、夢路を沈めて後楽園乗り込みを要求した。中村代表代行代理によると、酔拳なども含まれており、かなりの強敵だという。
 9/12後楽園の試合前に乱入した中国人。橋本真也の靖国神社プロレス構想に抗議するためにZERO-ONEへ現れた。
 9月の大会を最後にまったく姿を現さず。マスコミ・ファンにもソッポを向かれ・・・。それでもやるのか?

 昨日の生GONで道場マッチの様子を見ました。・・・これが意外に面白かったんですよね(笑)。
 プロレス的動きはまったくナシ、中国拳法的動きのみで夢路をKOした。その技の多彩さ、斬新さには「おっ」と言わせるものアリ。蹴りもちゃんと当ててました。
 どこら辺で見つけてきたんですかね? 日本人じゃない感じ。
 次のシリーズから試合するみたい・・・。掘り出し物となるか?
 「靖国」ってテーマをあまり前に出さないで使っていく感じなんでしょう。つまりは、そこまでしてでも使いたい逸材・・・って可能性もある。
 とにかく試合を見てから・・・。

 ただ、体は細めで受けにまわるとやばそうな感じだったのが気になる。当たり前の話ですが、最低限の受け身を取れない選手を使う必要はありません。
 プロレス経験ない(あったとしてもレベルの高いリングの経験はないでしょう)選手にムチャな試合させて、また大事故でも起こしたら・・・もうZERO-ONEは業界追放ですよ。

 あ、中国拳法キャラは若干ながらコッチが先になります。
『マッスル』オフィシャルHP:趙雲子龍
 試合の様子はコチラ

 ついでに橋本・新日本登場について。
 大谷は「まったく聞いてない」とお怒り。「新日本に乗り込むことはない」と断言。
 まぁ、プロレスに「絶対」はないですから。でも橋本孤立な感じはガチって噂もある。ホントに大丈夫かZERO-ONE・・・。最近、ZERO-ONEの話になると毎回この締めだな(笑)。


■関連リンク
ZERO-ONE official fight site
■関連記事
ブラック・アイ: ZERO-ONEに乱入者、橋本の靖国参拝に抗議
ブラック・アイ: 靖国神社でプロレス
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年10月31日 - 2004年11月6日 | トップページ | 2004年11月14日 - 2004年11月20日 »