« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »

2004.11.06

「Taboo Tuesday」結果

 前後のRAW・スマックも。

10/18 RAW、結果
 [1]○ジェネ・スニツキー(バンプハンドルスラム)●ユージン
 ・キニツキー、乱入したリーガルもイスで返り討ち。
 [2]○ビクトリア&ニディア&ステイシーvs●トリッシュ&モーリー&キム
 [3]○フレアー、バティスタ(4の字固め)オートン、●ジェリコ
 [4]6人制イリミネーション:○ベンジャミン(T-ボン・スープレックス)●クリスチャン、ハリケーン、ライノ、コーチマン、タジリ
 ・明日のPPVにおけるビンスの推薦を得るための6WAY。
 ・優勝のベンジャミン「ビンスの推薦よりもファンの声が大事」。
 [5]トリプルスレッド:○エッジ(ロープ掴み丸め込み)●ベノワ、HBK

10/19 PPV「Taboo Tuesday」 RAWブランド
 ・試合形式などがインターネット投票で決定されます(投票結果はガチだった、との報道もアリ)。
 ・HHHへの挑戦者はHBKに決定。敗れたベノワ&エッジはタッグ選手権へ。
 [1]インタコンチC:○Mr.ベンジャミン(Tボーン・スープレックス)●クリス・ジェリコ
 ※挑戦者・ベンジャミンが王座奪取
 ・挑戦者が投票で決定した。
 ・投票結果:ベンジャミン(37.48%)、バティスタ(20.11%)、コーチマン(7.01%)、クリスチャン(6.69%)、ライノ(5.77%)、マイヴェン(4.23%)、リーガル(3.81%)、ハリケーン(3.77%)、タイソン(2.49%)、タジリ(2.36%)、スティーブン(2.24%)、ビーナス(1.69%)、ロージー(1.10%)、パルンボ(0.68%)、ロドニー・マック(0.58%)。
 [2]女子バトルロイヤル:優勝=トリッシュ
 ・コスプレ投票結果:スクールガール(53.10%)、メイド(30.03%)、ナース(16.87%)
 [3]チェーンデスマッチ:○ジェネ・キニツキー(喉の上に置いたイスを踏みつけ)●ケイン
 ・デスマッチ・アイテムを投票で決定。
 ・試合後、ケインは担架で運ばれるがキニツキーは担架ごとボコボコに。
 ・投票結果:チェーン(40.84%)、鉄イス(29.93%)、鉄パイプ(29,24%)
 [4]敗者髪切りマッチ:○ユージン(レッグドロップ)●エリック・ビショフ
 ・敗者の罰ゲームを投票で決定。
 ・エリックは髪切りを拒否、コーチマンも介入して逃げ出す。
 ・そこにビンス・マクマホン登場。エリックは渋々、髪を切る。ついでにコーチマンはドレスを着せられる。
 ・投票結果:髪切り(58.73%)、ドレスを着る(20.77%)、召使いになる(20.50%)
 [5]ワールドタッグC:○ベノワ、エッジ(クロスフェイス)●ラ・レジスタンス
 ※挑戦者・ベノワ&エッジが王座奪取
 ・投票に納得のいかないエッジは途中で試合を放棄。車で会場をあとにする。
 ・しかし残ったベノワが奮起して王座奪取・一人で2つのベルトを掲げる。
 [6]ランジェリー・ピローマッチ:○クリスティ(フォール)●カメーラ
 ・試合形式を投票で決定。枕で殴り合う・・・。
 ・投票結果:ピローマッチ(56.48%)、イブニング・ガウンマッチ(33.22%)、エアロビクス・チャレンジ(10.30%)
 [7]ワールドヘビー級C:○HHH(エッジのスピアー→PF)●ショーン・マイケルズ
 ※王者・HHHが防衛
 ・挑戦者を投票で決定。
 ・HBKは足をかなり痛めていた。
 ・会場をあとにしたはずのエッジが乱入。「ホントは俺が挑戦するんだ!」
 ・投票結果、HBK(38.72%)、エッジ(33.42%)、ベノワ(27.86%)。
 [8]金網マッチ:○ランディ・オートン(RKO)●リック・フレアー
 ・試合形式を投票で決定。
 ・試合後、オートンとフレアーは握手して抱き合う→番組終了。
 ・投票結果:金網(68%)、エニウェア(20%)、サブミッションマッチ(12%)

10/21 スマックダウン、結果 
 [1]○カリート・カリビアン・クールvs●リコ
  ・試合前、トーリーの顔にapple chunksをぶちまける。
 [・]キッドマンのSSプレスでケガしたチョボ・ゲレロがリングに登場して復帰宣言。
  ・キッドマン出てきて乱闘。チャボが返り討ち。
 [・]セオドアGM「CCC、君はシナが刺された時、現場にいなかったか?」、CCC「いない」
 [2]○ハイデンリッヒvs●シャノン・ムーア
 [3]○マーク・ジッドラック(ゴングで殴る→PF)●エディ・ゲレロ
  ・カート、レインズ乱入。
 [4]○ブッカーT、RVD、ミステリオ(アックスキック)●JBL、デュプリ、鈴木健想
  ・ベビー勢とのタッグに納得行かないブッカー、ドサクサ紛れに王者からフォール勝ち。

 PPVのメインでまたフレアーのシングルが見れる日がくるなんて・・・。タイトルマッチをセミにしたのは金網撤去の手間を考えてだけ?
 WWEは大量解雇の嵐が吹き荒れてます。ここに名前がある選手で解雇済みの人もいます・・・。

■関連リンク
WWE.com
wrestling observer
■関連記事
ブラック・アイ: 10/4RAW~10/14スマックダウン
ブラック・アイ: 9/27 RAW~10/3 NO MERCY
■PR
英語サイトの翻訳に四苦八苦・・・英会話学校を探そう

WWE・PPV、DVDシリーズ
サマースラム2004
 オートンvsベノワ、テイカーvsJBL、HHHvsユージン。11/25発売予定。

ブラック・アイがお届けする・・・WWE、DVDほか紹介コーナー
DVD等を購入できます。最新の作品もあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

う○こマン

 また間があいた・・・。一行名勝負です。

10/28 大日本・北海道釧路青雲台体育館
 [試合前]5分エキジビション:△タナカジュンジ(時間切れ)△風巻勇人
 風巻は大日本の練習生。大日本でタナカが相手役というのは・・・。でも人選として間違ってない。
 シリーズ全戦で行われたようです。
10/29 大阪・デルフィンアリーナ(211人)
 [5]「天王山2004」2回戦:○ペロ(10分31秒 ジャックナイフ)●村浜武洋
 好調ペロは村浜にも勝ってしまった。結局は準決勝止まりでしたけど。
 村浜は元気ナシ。K-1で山本KIDに負けたのを引きずってるんかなぁ~。永田さんを見習いなさい。
10/29 FWF・千葉県FWFエンターテイメントアリーナ(23人)
 [2]○澤宗紀(4分19秒 トイレ流し→RS)●う○こマン
 うんこマン?・・・小学生でも考えないような名前。RSはレフェリーストップです。
10/30 K-DOJO・千葉県BlueField(110人)
 [4]UWA世界ミドル級C:○怨霊(9分19秒 66ロック)●サンボ大石
 ※挑戦者・怨霊が王座奪取
 また強い選手が王者になっちゃいましたねぇ。
 サンボ大石はイイ選手だと思うんで他団体にもっと出ればいいと思うのだが。
10/31 格闘美・東京1stRING(203人)
 [3]○藪下めぐみ(0分59秒 裏拳から掌底→体)●石川美津穂
 こりゃ厳しいねぇ・・・。
10/31 我闘姑娘・東京1stRING(400人・超満員)
 [5]5-1ハンディ戦:○元気美佐恵(12分19秒 ラリアット→体)●松尾永遠、さくらえびきっずの4人
 さくらえびきっずは小学生低学年ぐらいの子だったなぁ。それぞれ名前のコールはなかったのだろうか。
11/2 DDT・後楽園ホール(1453人・超満員)
 [2]○IRO関、健心(9分31秒 雲竜式ダイビング・スモウプレス)●三和太、飯伏幸太
 IRO関vs太はデブセン夢のカード・・・。
 健心とパンクラスが絡むのは健介-鈴木のネタ関係なんだろうか~?
11/3 DRAGON GATE・愛知県豊橋市総合体育館(1200人)
 [3]高木省吾、○菅原拓也(8分12秒 十三不塔→片)CIMA、●鷹木信悟
 TARU離脱後の初試合。悪冠一色の下っ端2人に負けるのは辛いな・・。
11/3 NEO・東京キネマ倶楽部(200人・満員)
 [3]○三田英津子(10分32秒 デスバレーボム→片)●青野敬子
 元LLPWの青野が登場してます。ホントにNEOはいろいろ探してくるよなぁ。

 こんなところで・・・。

■PR
Click Here!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素晴らしい鶴見青果市場

原色怪奇派図鑑

 今週末で国際プロレスが鶴見青果市場から撤退します。
 原色怪奇派図鑑さんが聖地・鶴見青果市場についてまとめたページを作られました。これが素晴らしい・・・。

 ありがとう!!鶴見青果市場

 歴史が一目で分かります。知らなかったことも多くあり・・・。

 上の写真を見ても分かるとおり、5階建てになっている。通常は1階部分(アリーナ?)のみを開放して興行を行っているが、アリーナ席が満員になった場合は2階席、3階席を開放するという噂もあるが、実際にアリーナ以外を客席として開放した事は見た事ない。
 2階・3階からも見れるなんて知らなんだ。MSGみたいじゃないですかぁ~。

 他にもいろいろ設備あり。

 入場ゲート&花道

 ディファ有明やバトルスフィア程ではないが、花道はあるにはある(白い線の枠内)。後ろのドアは入場ゲート。
 花道疾走ラリアットとかしほうだい。

 金網

 会場の正面にはアルティメット用の金網も完備。上の鉄塔には電流も流れているので電流爆破も可?
 常設の金網がある会場なんて聞いたことありません。

 昇降式ステージ

 PRIDEやK-1などでも採用されている昇降式の入場ステージも完備。
 運転手のオジサンが気になる。

 入場用移動式花道
 やかんが気になる。

 お馴染み「ジャスコ」についてのまとめもあり。
 とにかく必見ですよぉお! 

■関連リンク
原色怪奇派図鑑
青果市場ネット
■関連記事
ブラックアイ:さよなら鶴見青果市場
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォルク・ハン復活!

Bushido:
Turnyro rezultatai

 リングス・リトアニアの「BUSIDO」、メインにヴォルク・ハンの名前がぁっぁああああ!!

11/20 リトアニア

[11=メ]
Ričardas Rocevičius(Lithuania)
vs
 Volk Han(Russian Top Team, Russia)

 ホントにハン先生なんですかぁあ! 対戦相手のリチャードはリングス・リトアニアで2戦1勝1敗。最近試合はしてないのかな? エキジビション?

 いろいろ事情通に聞いてみると・・・バリバリのリングス・ルールで行われるそうです。KOKじゃなくてロープ・エスケープありのヤツですね。
 見てぇ~!!!! VTよりコッチの方がイイですよ~。

 この試合が引退試合になるかも、なんて噂も聞きました。
 それは悲しい! ぜひ日本でも試合してくれ! 団体どこでもイイ!
 今、全日本でもイイ! 理想はUスタイル! どうせやるなら日本にきてぇ~!

 前座には所英男も出場します。

■関連リンク
よろず屋☆あべにいのぺえじ☆ ←リングス情報充実してます
■関連記事
はてなダイアリー - ヴォルク・ハン
■PR
こちらから「ブラック・アイ」、現在のBLOGランキングが確認できます

※toshiさんからの情報。大感謝です!

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004.11.05

サップ、曙らが新潟中越地震被災者を激励

スポニチアネックス:
サップ、曙らが被災者を激励

 被災地に曙・サップが現れました。

 K―1は4日、新潟県中越地震の被災者への義援金を小千谷市役所へ届け、「勇気を与えたい」とボブ・サップ、曙、武蔵、中迫剛、小比類巻貴之ら所属選手と大みそかの「Dynamite!!」に出場する元柔道日本代表の秋山成勲が、被災者を激励した。
 こういうのは偽善ぽいって意見も出ガチですが、記事を読むと被災された方も喜んでくれてるようですし、結果的に満足されれば裏でいろんな思惑があったとしてもOKだと思いますよ。
 実際、ホントに心配で行ってるでしょうし。

 新潟と言えば馬場さん。神戸の震災の時には真っ先に現地に飛んでます。
ジャイアント馬場 追悼記2

 こういった馬場さんの優しさを心から感じたのは、1995年の阪神大震災の時の事です。馬場さんの奥さんの実家が兵庫県・明石にあったそうで、そちらに震災からしばらくして訪問された時の事、馬場さんは会社に電話を入れて全日本プロレス公認ファンクラブの被災地に住む会員の住所をFAXで取り寄せたそうです。
 そして行ける範囲の会員の家を馬場さん自身が訪問しました。会員の方は驚き、親は涙を流されたそうです。
 そしてしばらくの間、その事は知られていませんでした。馬場さんはそれを公表しようとはしなかったのです。そういう姿勢が本当に素晴らしいと思います。
 結局、ある記者がばらしてしまったんですが・・・。その後も会場には義援金箱を置いたり、淡路で無料チャリティー興行をするなど尽くしてこられました。
 やっぱ、この人は「さん」付けが必要だよなぁ・・・。

 それからネットで話題になってるんで、すでにご存じの方が多いかと思いますが・・・。
食べたものを淡々と記録するよ
 ただその日食べたものを画像で紹介するだけの有名BLOG。この記録者さんが新潟県長岡市在住。
 10/23から更新がストップ。28日に復活するも・・・その食事は寂しい限り・・・。画像のスミには散らかった部屋が僅かに映る。
 それでも管理人さんは淡々と食べ物を紹介していきます。「ごちそうさまでした!」の一言以外にコメントはありません。なぜだか涙があふれてくる・・・。
 最近は毎日チェックしてますが、ラーメンや定食が出てくるとホッとします。

 早く普通の生活に戻れるといいんですが・・・。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
Yahoo!ニュース - 新潟県中越地震
ブラック・アイ: ハッスル6、速報3 ←速報中に地震
■募金
募金パーク ←1クリック1円の募金ができます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬場七回忌興行、坂口征二参戦

ジャイアント馬場記念館:
ジャイアント馬場七回忌追善興行/王道伝説

 やっとあと4ヶ月ですか・・・。馬場さん七回忌興行についての発表。
 以下は“参加選手”の発表です。念のため。

05/2/5 G馬場七回忌追善興行・日本武道館
・参加選手
【全日本プロレス】
 武藤敬司、川田利明、小島聡、太陽ケア、渕正信、馳浩、カズ・ハヤシほか

【新日本プロレス】
 坂口征二

【フリー選手】
 天龍源一郎、佐々木健介、大森隆男、ターザン後藤、奥村茂雄、高山善廣
 ※高山選手はコンディション調整中のため、セレモニー参加のみの場合があります。

【みちのくプロレス】
 新崎人生

【外国人選手】
 アブドーラ・ザ・ブッチャー

【ドラゴンゲート】
 望月成晃、横須賀享、ダークネス・ドラゴン、堀口元気、斉藤了、ドラゴン・キッド、神田裕之

 ハヤブサ

 坂口CEO、試合やるんですか~!
 どんなカードになる? フロリダブラザーズあたりとやれば面白いような気もするが(笑)。サップと対戦したぐらいだからハードなマッチメイクもあるでしょー。
 そう言えばドラゲー・神田教頭も名前出てますけど、おそらくレフェリー参加なんでしょうね。
 ハヤブサはどんな形で登場するのか・・・。T後藤と同じリングってのも・・・今更コダワリないかな。

 こう見ると面白そうにも思えるが・・・実際は全日本勢中心。ドラゲーは提供試合だろうし、高山も参加が微妙だし・・・。
 NOAH不在は残念ですが、裏のカケヒキがいろいろあって三沢さんはお怒りのようですしねぇ・・・。

 新日本からはもうちょっと出れないのか? なんだか寂しいねぇ・・・。

 1/30(命日の前日)には後楽園ホールで特別興行も決定。

 ジャイアント馬場祥月命日にあたります1月31日の前日、幾多の名勝負、数々の思い出の詰まった後楽園ホールでイベントを開催いたします。後楽園ホールでの試合イベントは七回忌で最後ですので、馬場さんの後楽園ホールへのお礼とお別れの挨拶のイベントになります。

2005年1月30日(日)12:30開始 東京・後楽園ホール
「ジャイアント馬場 さようなら後楽園ホール」
 内容:2~3試合(選手・カードは追って発表)、トークイベント、馬場さん愛用品展示コーナー(北側一面に展示コーナー設置)

 もう7年なんですね・・・。


■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
ジャイアント馬場記念館
■関連記事
ブラック・アイ: 世界最強タッグ参加チーム決定
ブラック・アイ: 長身のプロレスラー・格闘家ランキング
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新日本・大阪ドーム、メインは棚橋vs中邑

NJPW OFFICIAL WEB SITE:
【カード情報】11/13大阪ドーム大会・全カード!!

 大阪ドームの全カード決定・・・え、これで全部・・・・。

11/13 新日本・大阪ドーム
 [1]ヤングライオン闘魂トーナメント決勝戦
 [2]飯塚&垣原vs吉江&サムライ
 [3]真壁&矢野vs長井&成瀬
 [4]タイガー&井上&石森vsライガー&邪道&外道
 [5]ウルフvs中西
 [6]IWGPジュニアヘビー級C:ヒートvs金本
 [7]柴田vs天龍
 [8]イリミネーション:永田&西村vs蝶野&長州
 [9]三冠ヘビー級C:川田vs天山
 [10=セ]IWGPヘビー級C:健介vs鈴木
 [11=メ]IWGP・U-30無差別級C:棚橋vs中邑
 追加カードはどうでもいいのばかりでした・・。
 おいおい、ドームだよドーム! いくら大阪ドームが経営破綻したからって新日本までつき合ってグダグダにならなくてもいいだろ。

 IWGP・三冠をさしおいてU-30がメインってのも謎。中邑-棚橋に任せるのも無理がある。
 この大会でもっとも注目されてるのは「長州ー西村」の絡みなんだから、それを普通にメインにすればいいと思うんdすが。

 その「永田&西村vs長州&蝶野」はイリミーション形式(リング転落負けナシ)に決定。

 永田が長州との一騎打ちを要求していたので、イリミネーションマッチ(敗者脱落戦)だったら、シングル戦に持って行ける可能性もあるということで決定しました。
 シングルになる可能性っていうけど、2-2のイリミネーションだったら難しいんじゃない? 
 一人脱落したら2-1のハンディ戦。10人スタートで4-5とか3-5だったらまだ挽回するチャンスあるけど、いきなり2-1だったら凄いハンデ。普通そのまま2-0で終わりそうだが。
 もちろんやってみないと分かりませんがねぇ・・・。

 今回からU-30がIWGP認可のもとで執行されることになったとか・・・。今まではどこが認定してたんだよ(笑)。

 そう言えば、この大会は猪木色が強くなる「闘魂祭り」となるはずだったような・・・。休憩後にコスプレやって終了なんでしょうか・・・。

 相変わらず突っ込みたくなるような発表ばっかりですねぇ・・・。

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
ブラック・アイ: 橋本真也、新日本・両国に登場
ブラック・アイ: 新日本・大阪ドーム、カード発表第2弾
ブラック・アイ: 新日本・大阪ドーム、第1弾カード発表
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.04

橋本真也、新日本・両国に登場

スポーツナビ:
11/3 新日本・両国国技館(1万人・超満員)、結果

 ムムッ、橋本も帰ってくるのか?

 [10=Wメ]○蝶野正洋、長州力(12分42秒 シャイニング・ケンカキック→体)天山広吉、●永田裕志

 ・蝶野マイク「おい、新日!お客さん!20周年ありがとう!プロレス20年やってて一つわかったことがある。俺が新日本を黒く塗りつぶす。」
 ・試合後、橋本真也が登場し、エプロンから花束を渡す。
 ・蝶野マイク「ありがとうブラザー。兄弟は仲が悪いものだからね。いつでもここでケンカしてやる!アイ アム チョーノ!」

 取りあえず蝶野の30周年を祝いに来ただけ・・・ともとれますが、橋本が新日本のリングに上がる(エプロンですが)なんてのは間違いなくビッグサップライズなわけですよ。今回限りの登場で終わりになるはずナシ!
 ・・・・ただ、長州が上がった時点で「そういうこともあるんだろうなぁ」との予想はつきましたよね。インパクトはやや薄れたか。
 橋本は手術前(いつするの?)ってことで即参戦というのは無理でしょうがZERO-ONE勢がこれに続く可能性は充分ありそうな予感。ZERO-ONEの中村さんも上井さんがいなくなればやりやすいだろうし・・・。
 なんだかねぇ、UインターとかWARとか新日本と絡んで消えていく団体多いんでZERO-ONEが心配になってしまいますが・・・。
 大阪ドーム同日にZERO-ONEは大阪府立第2で試合あります・・・。何か動きあるかな?

 こういう他団体との絡みはいかにも新日本らしくて嫌いじゃない。でもZERO-ONEが心配。
 ・・・・意外とホントに挨拶しにきただけだったりして。

 メイン、試合はどうだったんでしょう。スポナビの試合経過を読む。

 4人の名前がコールされる中、一番多くの歓声を集めたのが長州だった。先発は長州と永田。2人は前回の乱入を彷彿とさせる張り手合戦を繰り広げたが、長州は張り手一発で永田をダウン。代わって飛び出した天山は頭突きを連発するが、長州はまったく動じず蝶野とタッチする。
 長州らしいワガママファイトですね。自分を強く見せる術を心得ている。対戦相手はたまったもんじゃないが。

 観戦された方の観戦記から。こんな攻防もあったようで。
カクトウログ: 橋本も!両国新日復活祭 観戦当日深夜報[1]

 こんなシーンもあった。長州が相手の蹴り足を捕獲したら、いつもならあっさりともう片方の足を“内掛け”で倒し、サソリ固めへともっていくところ。しかし、この日の永田はまったく倒れようとしない。けっして「もがいて、踏みとどまっている」わけでもない。あっさりと長州の首をつかむなどして逆に攻めに転じるのだ。
 それでいいんです。永田さんも黙って技を受ける必要なし。ホントにムカツイテイルならガチでも何でも仕掛けりゃいいんだよ。新日本の歴史振り返ればソレが許されるタイミングもある。
 緊張感たっぷりの試合だったようで。乱入予告をしていた西村さんは現れず・・・。生GONで炎上してましたけどね。
 [9=Wメ]IWGPヘビー級選手権
 ○佐々木健介(25分35秒 ノーザンライト・ボム→体)●棚橋弘至
 ※王者・佐々木がV1

 ・健介マイク「みなさん、今日はこのベルト、腰に巻いてもいいですか?」
 ・北斗晶がベルトをまいてあげる。中嶋もリングに上がり健介ファミリーで記念撮影。

 この結果は俺的に意外でした。これだと大阪ドームの「健介vs鈴木」がタイトルマッチ&メインとなる可能性もある。
 私はてっきり「棚橋vs中邑」をメインでやるのかと思ってました。「新日本の未来は2人に託された~」みたいなケロさんの前口上を予想してたんですが。
 これもイイ試合だったようで。でも、これで棚橋はしばらく挑戦できないなぁ。

 その他出来事。

 ・アジアタッグ選手権は挑戦者の長井&成瀬が王座奪取(19分28秒)。長井は「(最強タッグの)査定試合なんてふざけるな」と川田とのタッグを拒否、成瀬とのコンビによる最強タッグ出場をアピール。
 ・アジアタッグ戦後の天龍コメント「(新王者に対しての印象は?) クソだよ」
 ・川田は柴田をグーパンチからのニードロップで敗る(7分6秒)。
 なんだか天龍は不機嫌ですね。無冠になりましたが、これで全日本とオサラバなんてことないだろうなぁ~。

 一応、満員になってますが客入りはどうだったんでしょう。気になるところ。あの大会のあとでまったく影響ナシってのもどうかと思う。

 あ~、あと蝶野軍団の名前は「ブラックホール」じゃなくて「BNJ」になったらしい。ブラックホールという名前も残るらしいんですが・・・よくわからん。


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
ZERO-ONE official fight site
■関連記事
ブラック・アイ: 新日本・大阪ドーム、カード発表第2弾
ブラック・アイ: 新日本・大阪ドーム、第1弾カード発表
■PR

 ARISTRISTグッズ購入はコチラ!
 エンブロイダリージャケット新発売。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.11.03

武藤&三沢で両国・超満員

スポーツナビ:
10/31 全日本・両国国技館(11500人・超満員)、結果

 観戦してませんので以下の観戦記を参考にさせてもらいました~。
スポコン:「また夢の続きを」武藤敬司20周年大会
新・ダメ人生劇場:さいたまではなく両国へ
鈴木妄想なんじゃもん:10月31日全日本プロレス両国興行
よっしーblog 全日本プロレス10/31両国国技館大会レポート

 とにかくお客さんがよく入ったそうで。よかった、よかった。
 このメインで入らなかったらキツイもんね。
 PPVの解説で上井さんが登場したらしい、へぇ~。

 [8=メ]○武藤敬司、三沢光晴(23分50秒 ムーンサルト・プレス→体)佐々木健介、●馳浩

 武藤コメント「(ハンセンと三沢の握手について)握手しただけであれだけ客が沸くっていうのはカリスマの証拠だよ。それにしても、夢の続きはきつかった。なんか悪夢のようだったよ。次はもっとさわやかな夢の続きを見たいよね。 」

 とにかくメインに関しては100%満足できたようです。登場しただけでお腹いっぱいにさせる選手がいるってのは素晴らしい。
 試合では馳がイマイチだったらしいですが、予想通り「三沢-健介」の絡みはかなりヒートしたみたい。
 次はシングルで・・・。武藤vs三沢もここまで来たらやっちゃいましょう。

 その他出来事をまとめる。

 ・ラブマシーンズの「巨人」は「小さな巨人」だったw
 ・マシンズの試合後、グレート・ムタを名乗る男が乱入。
 ・「次はドリーを連れてくる」とマイクの西村、対するブッチャーもマイクするが通訳がいい加減で場内失笑。
 ・小島と対戦した「ラブマシーンX」の正体はバレバレのジム・スティール。
 ・危ない角度のパワーボムで川田がケアを破り三冠防衛。内容は・・・だったようで。
 ・会場にバンドが登場。テーマ曲を生演奏。概ね好評。
 ムタは誰? 魔界3号なんだろうか・・・。
 ベイダー参戦の話はどうなったの?

■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
武藤敬司 OfficialSite LEGLOCK
■関連記事
ブラック・アイ: 世界最強タッグ参加チーム決定
ブラック・アイ: ビッグバン・ベイダー復活?
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

C-MAX解散

+ カミグル +:チキン

2ch:
【温故】 DRAGON GATE#43【知新】

 今日行われたDRAGON GATE・神戸チキンジョージ大会で大きな動きがありました。
 相変わらずドラゲーはネットの情報が少ないんで、いろんなとこから集めたのをまとめてみます。

 ・11/28 ディファ大会を最後に「クレイジーMAX」は解散。

 ・TARUは今日をもってDRAGON GATEを退団。SUWA離脱時から退団の気持ちはあった。

 ・ドン・フジイも今シリーズ終了後に進路を改めて考える。

 ・CIMAはDRAGON GATEに残る。

 こりゃ一大事ですね。フジイさんまで退団となったら、オリジナルC-MAXはCIMAだけになってしまう。
 ハッキリ言って、ウルティモを切ったことで完全にバランスが崩れましたね。
 裏ではいろいろあったかもしれませんが、その代わりができる人はいなかった、ということでしょうか。

 ブームを生み出した団体は人間関係(金がキッカケのものも含む)の縺れで分散していくのがほとんど。UWFとかもそうだった。
 おそらくドラゲーの勢いが無くなる時も、そういう理由になるだろうなぁとは思ってましたが・・・ちょっと早すぎ。
 まぁ、まだブームが終わると決まったわけではありません。残った選手は頑張って頂きたい。

 これでドラゲーのファンはいろいろ混乱するんだろうなぁ。ミーハー系のファンは熱しやすくて冷めやすい・・・アッという間に離れていくかも。


■関連リンク
DRAGON GATE Official Site
■関連記事
ブラック・アイ: 鷹木信悟、デビュー
ブラック・アイ: Rey de Parejas
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

※BOBさんからの情報

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.02

ヒョードルvsノゲイラ、大晦日に再戦決定

スポーツナビ:
ヒョードルVSノゲイラの再戦決定

 実は男祭りって正式開催決定の発表は昨日までしてなかったんですよね(笑)。今日から慌ただしくなってきそう。
 メイン決定!

■DSE&フジテレビ「PRIDE男祭り2004-SADAME-」
2004年12月31日(金)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
開場15:30 開始16:30

決定カード
 [メ]PRIDEヘビー級GP優勝者決定戦&PRIDEヘビー級タイトルマッチ:
 エメリヤーエンコ・ヒョードルvsアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

 吉田秀彦vsルーロン・ガードナー

出場予定選手
 ヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップ、桜庭和志、マーク・ハント、ジャイアント・シルバ

 フジテレビ系列全国ネットで18時~23時40分生放送。

 来ましたねリマッチ。昨年のメインが桜庭vsホジェリオだったことを考えればかなりグレードアップしてきてますね~。
 年間最大イベントとなるのは間違いなさそう。まだまだ隠し玉がいるらしいし・・・。

 昨日リングに登場したガードナー、グラップラーとの対戦はラッキー? でも吉田も打撃意外にイイからなぁ・・・。
 ガードナーさんに関してはこんな話も。過去の記事で紹介済みですが。
いろいろあったようで・・・。
レスリング 米国代表・ガードナー、連覇狙う不死身の巨漢

 遭難にあったのは02年2月、実家のあるワイオミング州の雪山でだった。夕方、スノーモービルを楽しんでいる最中に谷に落ち、発見されたのは翌日だった。最低気温は氷点下30度前後。川の中で転倒したため、「凍死すると思った」という。
 救助のヘリコプターに発見された時には「生きて、また家族に会えると喜びがこみ上げた」。医師がいったん、足の切断を宣言したほどの凍傷。結果的には指1本を失っただけで済んだが、しばらく競技のことは頭から消えていた。だが、「ひどい目に遭ったからといって、レスリングをやめなきゃいけないわけじゃない。五輪で連続優勝なんて夢のようなことだから」と意欲が戻ってきた。
 今年3月には車にはね飛ばされ、4月にはバスケットボールで手首を脱臼したが、5月の代表選考会で全米王座に復帰した。不死身の強さを見せる巨漢は「五輪は、これが最後。悔いの残らないようやる」と本番が楽しみでならない様子だ。
 このアンラッキーぶりにはイヤな予感も漂ってきますが、下馬評を覆し今年の五輪で銅メダルを獲得した点は素晴らしい。レスリングだと足の指一本ないだけでもかなり踏ん張りとか違ってくると思います。

 桜庭は田村との対戦を示唆・・・。

スポーツナビ:
桜庭が“赤いパンツの頑固者”田村を指名

 田村さん次第ですね~。大会直前まで粘りまくると思います。取りあえず12/7にU-STYLEがあるんで、その辺までは決まらないでしょー。結局、やらない可能性もある。
 田村さんはDSE相手でも一歩も引かず交渉するらしいですから。

 榊原社長のコメントにいくつか注目の点あり。
PRIDE:
PRIDE.28 大会総括(DSE榊原代表)

 まとめます。

 ・ジョシュとミルコはジョシュの回復具合をみて早ければ大晦日に再戦も。
 ・シウバの相手はヘビー級もある。
 ・UFC勢は来年のミドル級GPから登場の予定。
 ・小川直也はハッスルのスケジュール優先なので考えていない。可能性ゼロではないが。
 おーちゃんはないんですか~? でも総統が査定試合組んだら逃げれないはず・・・。やっちゃえ、やっちゃえ。
 1/3にハッスル7があると噂で聞いたんですが・・・。どうだろ。プロレスですから。

 謎だったジョシュの脱臼は「テイクダウンした際に手をついて痛め、ミルコのカンヌキで完全にはずれた」というのが真相でいいみたい。
 アンラッキーだという意見がほとんどですが「MMAのブランクがあったから」という見方もある。戦い慣れてないのでケガをする・・・。確かに相手の技で不自然な体勢になったわけではなく、自爆に近い形であったわけで。そう言われても仕方ない。ある意味マヌケ・・・。
 でもココはアクシデントにさせてほしい・・・。もうちょっと夢をみさせてくれぇええ!


■関連リンク
PRIDE :: Official Website
■関連記事

■PR
人気BLOGさんの大晦日格闘情報はこちら!
 またマネしてしまった・・・。

※BOBさんの情報含む

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.11.01

世界最強タッグ参加チーム決定

スポーツナビ:
世界最強タッグ決定リーグ戦の参加チームが決定

 今年は2リーグで行われる最強タッグ。

<Aブロック>
 小島聡&カズ・ハヤシ(2003年度優勝チーム)
 武藤敬司&西村修
 ディー・ロウ・ブラウン&ブキャナン(RO&D)
 グレート・ムタ&ラブ・マシン・スティール
 本間朋晃&諏訪間幸平

<Bブロック>
 川田利明&未定
 太陽ケア&ジャマール(RO&D)
 佐々木健介&中嶋勝彦
 スーパー・ラブ・マシン&ラブ・マシン・ストーム
 荒谷望誉&平井伸和

 うーん、近年は寂しいメンバーが多かったんですが・・・まぁまぁってとこですかね。満足はできないけど。予想は難しそう。
 まぁ、ハーリー・レイス&ニック・ボックウインクルとが出てた栄光の時代と比べればアレですが・・・今の全日本にはそこまで望みません。

 川田のパートナーは未定。長井満也が第一候補なんですが、11/3両国で行われるアジアタッグ選手権(天龍&渕vs長井&成瀬)の内容を見てからの決定となるようです。
 武藤とムタが出場するのは謎。誰かがムタに変身するのか、もしくはダブルヘッダー? そりゃないか。
 パートナーは昨日の両国で初登場となったラブ・マシンX・・・名前にスティールって正体バレバレにしちゃったんだ(笑)。全日本・新日本と連続でリストラ食らったジム・スティールさんには相応しい名前ですね~。
 
 中嶋君登場はどうだろ・・・。キャリアもないしかなり軽量だし・・・。ジャマールやムタとの対戦は面白そうだが、どうせ健介が出るならもうちょっと格上を・・・というのが本音。

 長井か中嶋君の代わりに天龍が入ればだいぶ違うと思うんですが。天龍さんは不出場?

 最強タッグは11/21後楽園ホールで開幕、12/1八戸で優勝戦。

 小島&カズが会見で「優勝して世界タッグ挑戦」という発言したことで思い出したのだが、世界タッグ王者ってまだ永田&カシンなんだなー。

両国の記事はあとで書きます。

■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■関連記事
スポーツナビ:10/31全日本・両国大会、結果
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.10.31

PRIDE.28、会場から速報

スポーツナビ:
10/31 PRIDE.28・さいたまスーパーアリーナ(24028人)、結果

※11/2に10個の記事を一つにまとめました。
コメントも移動しています。一部のトラックバックは削除しました。

速報開始します。
今日の さいたまアリーナは中ぐらいバージョン。私の周りは意外と空席あるぞ・・・。
満員マークは十分つけれるだろうけど。
入場ゲートも小さめ。
ジョシュの名前は世間まで届いてないんだなぁ。
ちなみに売店で新日本のTシャツ売ってました〈笑)。
入場式、ミルコの声援が凄い。ジョシュを圧倒。

[1]横井宏孝vsヒース・ヒーリング

 序盤、ヒーリングの右フックがクリーンヒット、横井は腰から崩れ落ちる。そのままヒーリングが上になり頭部へ膝連打。これが後頭部に当たったとかで一度試合ストップ。
 再開後、またも同じ体勢となり、膝連打。これでストップ。

 ○ヒーリング(1R1分55秒 KO)●横井
ヒーリングはプライドの戦い方を心得ている・・・。
横井はいいとこなく残念。


[2]ソア・パラレイvsチェ・ム・ベ

1R、スタンドで組み合う膠着多し。
後半、打ち合いでちょっと盛り上がる。チェはノーガードに近く、顔が腫れ上がる。
両者早くもスタミナが・・・。

2R、スタンドでみあった状態が続く。両者に膠着イエロー。
パラレイがラッシュ、打撃もらいまくりのチェだがタックル決めてグラウンドへ。
ゆっくりながらバックをとり裸絞め! 残り6秒で決まった!

○チェ(2R4分54秒 裸絞め)●パラレイ
試合後、チェはフラフラになりながらフィーバーボーズ!
ガハハハ、最後で全部もってった。前半の膠着も帳消し。
退場時も踊りまくる。顔メチャメチャ腫れてるのに〈笑)


[3]ヒカルド・アローナvsセルゲイ・イグナチェフ

終始アローナペース、上から下から横から後ろから攻めまくる。
イグナチェフもかなり粘るが、攻撃までいけない。たまに足関節狙ったりするのだが。

 ○アローナ(1R8分37秒 裸締め)●イグナチェフ
完勝。


[4]エメリヤーエンコ・アレキサンダーvsジェームス・トンプソン

大型同士。
トンプソンは試合前から気合い入りまくり。目がイッチャッテる。
ゴングと同時にダッシュのトンプソン、打撃のラッシュにアレキサンダーが膝をつく(スリップっぽかった)。
立ち上げるとアレキがパンチでラッシュ、当たる当たる!
最後は左フックでフィニッシュ。

 ○アレキサンダー(1R0分12秒 KO)●トンプソン
 セコンドのヒョードルはニコニコ。


[5]金原弘光vsアリスター・オーフレイム

身長差がかなりある。
積極的に攻めるのはオーフレイム。グラウンドで上になって頭部への膝蹴りを狙う。
かなりパワーの差がある感じ。
オーフレイム優勢で進む。
1R終盤、金原がダブルリストロック狙い・・・極まらず。

2R、やっぱりオーフレイムのペース。
スタンドで膝蹴り、寝技で膝蹴り。
スタンドでフックもらい一瞬膝まずく金原・・・。鼻から濃い色の血が流れだす。
その後も粘るが膝もらいまくり。
ドクターチェックが入りストップ。

 ○オーフレイム(2R3分52秒 TKO)●金原
金原また負けた・・・。悲しい・・・。
今、一番UWFっぽい試合をしてくれてるんだが。


[6]マーク・ハントvsダン・ボビッシュ

ボビッシュが打撃でラッシュ、続いて見事なフロント・スープレックス!
上からがぶり頭部へ膝! ボビッシュ強い! しかしきめきれない。
徐々にスタミナが切れはじめるボビッシュ、立ち上がると肩で息してる〈笑)
ハントがようやく攻めだしパンチでラッシュ。効いた!
倒れるボビッシュに上から膝。立ち上げるボビッシュだが時間差で効いたのかフラフラと倒れてしまう。
これでKO。

 ○ハント(1R6分23秒 KO)●ボビッシュ
大逆転。毎度のことだがボビッシュはスタミナなさすぎ。最後は酸欠で倒れたかも〈笑)

それにしてもハントはキツイ。このクラスが限界か?

休憩あけ、桜庭登場。大晦日出場を宣言。

[7]中村和裕vsダン・ヘンダーソン

ゴングと共にダッシュの中村、しかしヘンダーソンのパンチで吹っ飛ばされる。
ロープ際の攻防、裸絞めを決められたまま強引に投げる中村だが・・・これで肩を脱臼したらしく自らタップ。

 ○ヘンダーソン(1R1分15秒 KO)●中村
[8]ミルコ・クロコップvsジョシュ・バーネット

煽りVTR、ジョシュはまっとうな紹介。おたくネタなし。新日本色もそれほど。
ジョシュのセコンドでは飯塚・成瀬・垣原を確認。ほとんど外人さん。
試合開始、パンチで前に出るジョシュ、ミルコも返し、左ハイ!
ジョシュかわす!
テイクダウン!
ミルコがガードボジ、ジョシュが上。
・・・なんと、ここで突然ジョシュがタップ!!

 ○ミルコ(1R0分46秒 ギブアップ)●ジョシュ
なんで????
ジョシュは肩を脱臼した様子。どこで?
ミルコはジョシュの腕をカンヌキ気味に挟んでいたが、それほどキツイようには見えなかった。
スローで見ると一瞬肘のあたりに腕をひっかけ引っ張るような動きがあるが・・・よく分からない。謎謎謎。

とにかく残念。
ジョシュは悔しそうに新日本のタオルで腕を吊り退場。
ミルコは「いつでも再戦する」とマイク。


メイン前に高田登場。大晦日出場決定のガードナー(カレリンに勝った男)を紹介。
その対戦相手として吉田秀彦をリングに呼び寄せる。
ガードナーvs吉田、正式決定。


[9]PRIDEミドル級選手権:ヴァンダレイ・シウバvsクイントン・ランペイジ・ジャクソン

両者凄い人気。ブライド観戦は久しぶりなんですが、選手が登場すると客が立ち上がって拍手するのにはびっくり。
ランペイジはリング上から携帯で電話してる〈笑)。

激しい打撃の打ち合い。シウバややリードか。
ランペイジが強引な投げでテイクダウン。
ここでランペイジが流血、ドクターチェック。バッティングか?
再開、ランペイジが上のガード。
シウバが三角狙い! それをパワーボムで・・・不発。
ラウンド終盤、スタンドでランペイジのパンチがヒット! 尻餅ダウンのシウバ。上からパウンドのランペイジ・・・ここで1R終了。

2R、両者ともスタミナ消耗が激しい。
ランペイジがテイクダウンもシウバ立ち上がって上からフミツケ。
スタンドで打ち合い、シウバのフックがクリーンヒット!
続いて首を捕まえ膝蹴りを顔面へ連打! 5発目がモロに当たり、ランペイジは人形のようにドサッと倒れる! ロープに絡まりながら動かない!

 ○シウバ(2R3分26秒 KO)●ランペイジ
 ※王者・シウバが防衛
最後はプライド史上でも5本の指に入る衝撃シーン。ランペイジ大丈夫かな?
メインはよかったけど、とにかくジョシュが残念。終了です。


■関連リンク
PRIDE OFFICIAL WEBSITE
■PR
他の格闘技・プロレス関係のBLOGをチェック

| | コメント (5) | トラックバック (6)

入江秀忠、神王に勝利・・・?

スポーツナビ:
10/30 DEEP・後楽園ホール、結果

 いろいろあったDEEPですが、やっぱりこの試合が気になる。

[休憩中]エルガイツルール=時間無制限
 ○入江秀忠(14分18秒 タオル投入→TKO)●神王
 お~、武士道にも出てる神王に勝利してますよぉおお・・・・ちょっと待て、内容は微妙なようだ。
 またも神王を胴タックルでタイクダウンした入江。7分経過のコールに、リングサイドに佐伯代表が厳しい表情で近づくと、入江は声を出しながらパンチを繰り出し、サイドからついにマウント奪取。パンチを落としていく。時間が進む中、極め切れない入江に、佐伯代表は時間切れをうながすが、入江は「延長料金は大丈夫」と、ハーフのまま、あくまで試合続行を主張。10分経過も状況は変わらず。マウントを返せない神王に、極められない(極めない)入江。レフェリーの膠着ブレークもないため、場内からはブーイングも沸き起こる。進展しない状況に、ついに神王のセコンドの美濃輪がタオルを投げた。
 なんだか佐伯さんが追い込まれてギブアップしたような感じだ。
 生GONに出た時の入江さんが「膠着を狙う」と発言してましたし、ある意味入江さんの作戦に全てがハマッタのか。中尾受太郎とかが目当ての人は大ブーイングだろうけどw
 神王が怒りの表情で足早にリングを降りる中、佐伯代表がマイクを取り、「すみませんでした。やっぱり休憩中で良かった。お客さんのことを考えない人がいるので。また、お互い納得するようなルールでしっかりやります」と謝罪。しかし、入江は「だって、そういうルールなんだもん。あと15分くらいして極めようと思っていた。オレさあ、捕まったけど、ホント、正しいことを見せていく。スバーンもタップしてる」と意に介さず主張。DEEPルールでの再戦を受託後、「オレはこの星で一等賞になりたいんだ。このNHBで!」とマイクアピールし、リングを後にした。
 どうやらDEEPルールで再戦のようです。 なんだかストーリーがデキスギなような気がするが・・・。

 控え室でも入江さんは吠える。
 勝利した01年の稲克臣戦、敗戦した03年の渡辺大介戦を今頃なぜか持ち出し「パンクラスとの対抗戦は1勝1敗」と主張。

 だけど今1勝1敗。決着つけようぜ。11月7日、なんかでかい大会あるらしいから、取締役の常務の坂本さんと良く飲んでいるから(テレビカメラに向かって)これ見たら電話頂戴。オレ、乗り込みたい。でね、最後の決着戦をね、パンクラスとキングダムの対抗戦。中立のリング。佐伯がいいっていいったらここ(DEEP)でいいよ。ルールは、パンクラチオンルールを復活させてほしい。あれエルガイツのレベル3と同じだから。
 パンクラスのNKに行くの? 記念興行なんだから止めときなよ・・・。
 さらに勢いは止まらない。
 それに勝ったらね、オレは檻の中に入ったよね、一回。今、オレね英語勉強してるの。意味わかる? これはUFCに……乱入して、来年ね、これ目標ね。UFCに乱入して、エルガイツルールのDNレベル、金的頭突きなんでもありのあのUFCの初期のルールで、一回復活してもらって、オレがそのリングに入れてもらう。その檻の中に。世界最高峰の檻の中に入って、そして死ぬ。死にたい。
 檻繋がりだけですか? もう止まらない感じ・・・。

 さらに調子づかせるようなことが・・・。
諸岡代表、スバーンのタップを正式に認める
 韓国大会のタップを認めてしまった! 前代未聞ですよ~。
 ちなみにタップシーンはこちらで見れます(動画)

 今後も入江さんから目が離せない感じです。大晦日も何かする? 去年はカラオケ大会だったけど。

 トーナメントは中尾受太郎が優勝、U-FILEの技師・中村が準優勝。イイ試合だったようです。
 しなしさんも勝ちました。

 ・・・・・え? 最後に凄い情報が。

 さらに大会後には、佐伯代表にニセ大仁田が12月大会参戦を直訴した。
 ん? なに?

 ニセ大仁田? 森谷さん? なぜぇえええ!

■関連記事
INGDOMEHRGEIZ
DEEP OFFICIAL SITE
■関連記事
ブラック・アイ: まだ追うぞ! 入江みそぎマッチ
ブラック・アイ: 入江秀忠、ダン・スバーンに判定負け
ブラック・アイ: 入江秀忠「不当逮捕だ!」
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »