« 2004年9月26日 - 2004年10月2日 | トップページ | 2004年10月10日 - 2004年10月16日 »

2004.10.09

モノが飛び交う新日本・両国! 健介2分で王座奪取

 観戦した友人から続報。

 今日は報道規制してるようなんですが、新日オフィシャルでは結果だけ載ってます。
10/9 新日本・両国(11000人・超満員)
 観客数、1万1000人はどうかと思うが、予想されたよりは入ってたようです。

 で、大荒れの内容。

 [6]○柴田勝頼(4分45秒 ビール瓶攻撃→反則)●天龍源一郎
 柴田が失神したそうです。決着戦じゃなかったのかよ・・・。
 [7]中邑真輔、棚橋弘至(21分25秒 首固め)武藤敬司、●西村修
 とくに情報なし。
 [8=セ]○蝶野正洋、ドン・フライ(22分43秒 シャイニング・ケンカキック→片)天山広吉、●永田裕志
 試合中に中西とノートンが乱入(なんで?)、天山を拉致。2対1のまま試合は続き永田負け。
 観客大ブーイング、モノがメチャクチャ飛び交う最悪の雰囲気。
 [9=メ]○佐々木健介(2分29秒 体固め)●藤田和之
 ※挑戦者・健介が王座奪取
 藤田が裸絞めをかけてる時に背中がついて3カウント! なんだそりゃ! 2分! え~!!
 試合後、天山が登場して挑戦のアピール。
 健介マイク「俺がベルトとったら来るなんてどういうつもりだ?」

 ガハハ、藤田が負けた瞬間出てくるか。
 
 健介マイク「急にハシャグナ!」

 これ名台詞の予感・・・。

 メイン後もモノが飛んだそうです(セミ終了後の方が凄かったらしい)。

 いや~まさに嵐の大会ですね。台風以上に大荒れです。
 裏でいろいろ揉めたんでしょうけど(藤田が天山に負けるの嫌がった?)、台風の中、必死に両国までたどり着いて、こんなの見せられたらモノの一つも投げたくなるよなぁ。
 何を考えてるのかサッパリわからん、新日本は。

 長州コールは正しい! 

 今日25時36分(野球で30分延長しました)から1時間、テレ朝で即日中継あり。いろんな意味で必見です。

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
ブラック・アイ: 長州力、新日本・両国に登場!
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (11) | トラックバック (7)

長州力、新日本・両国に登場!

 観戦している友人からの情報。

 ジュニアのタイトルマッチ後に長州と石井智宏が登場。
 リングに上がり長州マイク。
 「外からやってきた俺がど真ん中にたった。何をやってるんだ新日本!」

 永田が登場。

 長州マイク「天下を取り損ねた永田君、良く俺の前に立ったな。今度来るときにはパワーホールを全開で流せ」

 天山登場してマイクも意味不明で客ブーイング!

 場内は大・長州コール!!

 ガハハハ、長州コール起きてどうすんだよ。新日本ファンはいないのか?

 マイクの内容はその場で聞いたのを記憶したモノなので、一部間違いあるかもしれません。


■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (2) | トラックバック (2)

AtoZが秋葉原駅内にポスター

10/4(月) TOP画像撮影後記等 [冗狂呆酷

 冗狂呆酷さんで発見。週プロ愛モードでも話題になったようです(私はau)。
 AtoZオフィシャルで以下のような告知が出た。

 10月4日(月)から10日(日)にかけてJR総武線「秋葉原」駅構内にて文字のみのポスターが3枚掲載されます!!ポスターにはwebサイトのアドレスが出ていますので、是非お探し下さい☆
 そのポスターというのがコチラ(画像)(勝手に拝借失礼・・)。一見するとプロレスの宣伝には見えません。
 
 それでは、トップページをごゆっくりご覧ください。
AtoZ オィシャル

 団体としたら練りに練った秘策なんでしょうけど。ファンは当然反発してます。
 女子プロがビジュアルを売るモノにするのは間違ってないんですけど、ポスターの感じじゃエロ度が強いですよねぇ。
 それこそエロを売りにするスタイルなら構わないんですが。こりゃファンは怒るよなぁ。
 またアキバってのが狙ってる。
 皆さんの意見をお待ちしてます。

 ついでに「女子プロの現状」AtoZの場合。
 所属選手は7人。

 堀田祐美子、玲央奈、未来、阿部幸江、西尾美香、闘牛・空、華名
 これにほぼ復帰状態の下田美馬が加わる。玉田が引退、GAMIが退団(北尾ゆかりは引退?)。デビュー直前の練習生に栗原亜弓がいる(カワイイらしい)。
 月10試合以上の興行は打てているが集客は芳しくない。
 ただ全女子団体の中で一番期待できそう、という声もある。週プロでは西尾美香を大プッシュ。オールパシフィック王者になってエース(候補)としての自覚が出てきたか。ルックスはイイしガタイもある、Hikaruというライバルがいるのも大きい。彼女を上手く売り出せばガイア亡き後、女子の中心に躍り出る可能性も。
 選手数が少ないのはイタイが、ルックスがヨイ娘が多く、それでいて試合内容もヨイようで。ガイアから何人かもらえれば面白い。
 未来の新しいコスチュームがイイなぁ。クビレがある女子プロは貴重だ。なんだかやっぱりエロイ方向に話が行ってしまう(笑)。

■関連リンク
AtoZ
■関連記事
冗狂呆酷:2004年9月22日・AtoZ後楽園ホール大会
■PR
こちらから「ブラック・アイ」、現在のBLOGランキングが確認できます

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ボブ・サップ、大晦日に復活?

スポーツナビ:サップ、大みそか復帰戦へ

 お、久しぶりにサップさんの名前が。

 谷川プロデューサーは「サップはハリウッド映画の撮影がそろそろ終わる。年末に復帰できるよう話をしていきたい」と6カ月ぶりの試合のオファーを出す考えを明かした。
 注目の対戦相手は「難しい」と未だ選考中。「曙、サップの2人にそれなりのカードを用意したい」との考えから、1年ぶりの両者の再戦は消滅したことになる。
 サップさん映画出てたんですか? ハリウッドってことは和モノじゃないんかな。今ならオファーないだろうね~。バイク王やエスカップのCM見ると悲しいです。

 一応、トレーニングはしてるみたいですが、サップさんの場合問題なのはモチベーション。
 レイ・セフォー戦の前はビビッちゃって会見キャンセル。試合中に泣いてたらしいからねぇ・・・。
 
 ビビッてドタキャンした会見の記事を読み返すと面白い。
 スポニチアネックス:危険すぎる野獣!サップ監禁された

 過去にここまで殺気立ったことはない。谷川貞治イベント・プロデューサー(42)は会見前にサップと会ったが「部屋を真っ暗にしてサングラスをかけていた。目は血走っていて、興奮状態だった」という。
 興奮してたんじゃなくて震えてたんでしょう。真っ暗の部屋であの大男が震えてる・・・。なんだか笑えないなぁ。

 誰が相手なんだか・・・。秋山upさせるためイキナリやらせてみる? 前と変わらないんなら秋山勝ちますよ。

 曙さんは半年休養じゃなかったの? プロレス転向の噂がジャンジャカ出てるようですが。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
BOB SAPP ONLINE
■関連記事
ブラック・アイ: サップ、レイ・セフォーにKO負け
ブラック・アイ: 秋山成勲、Dynamaite!参戦決定
■PR
プロ格BLOGランキングに参加してます! ぜひクリックを

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだ追うぞ! 入江みそぎマッチ

 みそぎマッチでボコボコにされた入江さん。
ブラック・アイ: 入江秀忠、152秒間蹴られまくり

 ちょっと楽しみにしていたのは、これまでキングダムについて詳しく情報を掲載していたBoutReview.comのレポート。
 1日経ってupされ・・・。
(レポ) [キングダム] 10.6 渋谷:RYOTA、懺悔マッチを無傷クリア
 
 ・・・入江さんの試合が載ってない・・・。

 でも生GONでダイジェスト見た感じでは・・・・納得。まぁ、バウレビで扱う試合では確かにない。
 テンションの高さは伝わったけどね~。

 立会人を務めたターザン山本!さんの日記も紹介。
ターザンカフェ|往生際日記[2004年10月06日(水)]

 そのうち手錠をして試合をした入江選手はボコボコに殴られ蹴られ負けてしまう。
 ほとんど無抵抗だった。これがみそぎなのかボクはあきれた。それで彼は自分のことを「応援して下さい!」と客に訴えたのだ。
 ボクは席を立ってすぐに帰ろうとした。1秒もこんなところにはいたくない。会場は5階だったので階段を降りていったら、チョロちゃん(紙プロ)に「待って下さい!」と止められる。
 そしたら入江選手がタオルで目を押さえながら「申し訳ございません。すべて飛んじゃってターザンさんのことを忘れていました…」というのだ。
 ボクは「オレはなんのためにここに来たのだ。いい加減にしろ。仮にもオレはターザン山本!だぞ!」と言ってやった。
 やっぱりしょっぱいものには近付くなというのは真理だ。あれはボクのルールでもあったはずだが、チョロちゃんに頼まれるとボクも弱い。
 断りきれない。しかしなさけをかけるとろくなことはないことを、あらためて思い知らされた。
 責任の一端は声を掛けてきたチョロちゃんにもある。入江選手にはせめてタクシー代ぐらい出してもらいたかった
 一銭もなしというのは家に帰った時、猛烈に腹が立ってきた。こんなことをしていたらボクはいつまでたっても世に出れない。
 それがだめなことだと痛感する。誰かボクのことを本気でプロデュースして。まったくしょっぱいなあ。
 今日の〝四字熟語〟は問答絶縁にする。入江選手のことに対してである。
 あ~面白ぇ~。そりゃ怒るよなぁ。トドメは「タクシー代ぐらい出せ」。いいぞターザン、もう入江と絡むことはないのかなぁ。続編を期待したいぞ。

 何にしろ・・・みそぎマッチは微妙だった。DEEPで大逆転もあるだろうが・・・どうだろ。
 入江さんを信用した俺がバカだった。あの事件だって、どうせ・・・。

 一応、キングダムのHP確認。
 ん? スバーンのタップシーン? どうせコレだってデタラメだって・・・。

世界初公開!スバーン衝撃のタップシーン (動画)
 
 ・・・タップしてるぅううううう・・・・・・・ように・・・若干見える。
 微妙だが、確かにチョンチョンと叩いてはいるなぁ。

 うん、もう少し入江さんを信じてみよう・・・。

 この動画、使用許可とってないだろうなぁ・・・。

■関連記事
INGDOMEHRGEIZ
DEEP OFFICIAL SITE
■関連記事
ブラック・アイ: 入江秀忠、ダン・スバーンに判定負け
ブラック・アイ: 入江秀忠「不当逮捕だ!」
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.08

女子プロの現状=全女の場合

かなたく:全日本女子プロレス・後楽園大会(KONG祭り、再び……)

 GAEAの解散で大揺れの女子プロ界。ブラック・アイとしましては、そんな女子プロの現状をしばらく集中して取り上げてみたいと思います。
 まずは昨日行われた全女・後楽園大会。「再編」の流れの中でも最もソレを受け入れないであろう団体。なんてったって、すでに潰れているんだからねぇ~。

10/6 全女・後楽園ホール(950人

 [1]○Hikaru(3分31秒 ボディプレス→体)●東城えみ

 [2]△米山香織(20分時間切れ 引き分け)△前村早紀

 [3]○武藤裕代(14分12秒 垂直落下式ブレーンバスター→体)●サソリ

 [4]全日本タッグ選手権
 ○井上貴子、渡辺智子(レフェリーのスクールボーイを受けて→エビ)●タニー・マウス、宮崎有妃
 ※挑戦者・貴子&渡辺が王座奪取(第34代)

 [5]○前川久美子(17分2秒 回し蹴り→体)●ザ・ブラディー

 [6=メ]WWWA世界タッグ王座決定戦=時間無制限1本勝負
 ○A・KONG、アジャ・コング(25分5秒 スパイラル・ボム)高橋奈苗、●Hikaru
 ※KONG&コングが王座奪取(第120代)

 コング・コンビが王座奪取。WWWAシングルは浜田文子、オールパシフィックは西尾美香。主要王座は全て流出した形。第4試合でベテラン・渡辺&貴子が若手の登龍門・全日本タッグに挑戦したのは、なりふり構わぬ歯止め策? ・・・そうでもないか。
 アジャ&アメージングのWコングは迫力満点のイイチーム、ところが全女側に相手がいない。フリー勢を絡めれば何とかなりそうだが、すぐに手詰まりとなりそうな・・・。アジャは他団体での防衛戦を示唆してます。

 明るい話題はこの日復帰の東城えみか。入場曲なし、ガウンなし、コスチュームは地味目の黒。キャラ先行だった彼女ですが、本気でプロレスラーとして一本立ちを目指すようです。それなりの試合ができるようになった頃、あのキャラが復活すれば女子プロを代表するような選手になると思いますよ・・・ホントに。ただ首に爆弾あるのは辛いなぁ・・・。新間事務所所属として全女を中心に活動予定。

 で、全女。現在の所属選手は6人(ミゼット除く)。

 奈苗、前川、渡辺、サソリ、前村、Hikaru
 寂しすぎる。昨年デビューした高橋裕美・水嶋なつみは退団済み。
 道場もありません。練習はどこでやってるんでしょう? Hikaru・前村には未来感じますけどネ・・・。

 いつ無くなってもおかしくない状態ですが、松永ファミリーはシブトイんで所属選手ゼロになっても、どうにか「全女」を続けてる気がしてしかたない・・・。 
 

■関連リンク
全日本女子プロレス
■関連記事
ブラック・アイ: 東城えみ、新間事務所入り
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.07

入江秀忠、152秒間蹴られまくり

スポーツナビ:入江、152秒蹴られっ放しのみそぎマッチ 10.30 DEEPで元特殊部隊ジン・オーと激突

 みそぎマッチがついに行われた!

 7月に女性に暴力をふるった疑いで10日間拘留されたキングダム・エルガイツの代表・入江秀忠が6日、渋谷clubAtom大会でメーンイベント終了後に「女性への暴行は故意でないことが認められたものの、世間をお騒がせしてしまった」との主旨から“みそぎマッチ”に臨んだ。リング上で元全日本キックヘビー級王者・力王と対峙した入江は、一度も攻撃することなく力王の重いパンチ、キックを152秒間ひたすらに浴びて倒れこんだ。

[全試合終了後]入江事件みそぎマッチ エルガイツ特別ルール 時間無制限
○力王(2分32秒 勝敗なし?)●入江秀忠

 ボッコボコだったみたいですね・・・(画像)。みそぎマッチなんで勝敗はナシなのか? 力王も久しぶりの試合でこんなのはイヤだろうなぁ。
 どうやら手錠したまま闘ったみたい。ホントにサンドバックだよ~。
 スポナビでは試合内容は僅かしか触れず、試合前・後の乱闘・アピール中心にレポート。実際、マイク合戦は延々と続き、客もマスコミもドッ引きだったようで(笑)。
 大向が乱入して張り手・・・必要なの、これ? シャイニング・ウィザードじゃなくて良かったね(大向のソレはシャレにならないハードヒット)。
 試合後にはマイクで絶叫・涙のマイクで自分の世界へ。あまりに興奮しすぎて立会人を務めたターザン山本!の存在を忘れる始末(笑)。

 DEEPにおける対戦相手も決定。

 試合後は、今大会の休憩時間中に10.30 DEEP後楽園ホール大会で対戦することが決まったばかりのジン・オーとのエルガイツルールマッチに勝ち、韓国グラジエーターFCでのダン・スバーン戦の結果を無効試合にさせ、自身の実力を証明することを誓った。

10/30 DEEP・後楽園ホール
 [休憩中]エルガイツルール:入江秀忠vsキム・ジン・オー

 韓国のキム・ジン・オーは5月の武士道で藤井軍鶏侍に一本負けしている。でもパンチで藤井を出血させてます。こりゃ弱くないよ・・・。
 シャレも通用しそうにない。入江さん、死なないでくれ・・・。

■関連記事
INGDOMEHRGEIZ
DEEP OFFICIAL SITE
■関連記事
ブラック・アイ: 入江秀忠「不当逮捕だ!」
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋山成勲、Dynamaite!参戦決定

スポーツナビ:秋山、プロ転向表明 大みそかK-1でデビュー

 柔道家・秋山、結局K-1へ。

 2003年9月の柔道世界選手権(大阪)81キロ級代表で、01年9月に韓国から帰化した秋山成勲(よしひろ)が6日、東京・帝国ホテルで会見。プロ格闘家転向を表明した。所属はフリーで、デビュー戦は大みそか「Dynamite!!」(大阪ドーム)に決定した。試合は打撃ありの総合格闘技ルール。対戦相手は現在のところ未定となっている。会見に銀髪姿で現れた秋山は「世界に柔道を広めて総合格闘技の火付け役になった、前田光世大先輩のように柔道を世界中に広めたい。平成のコンデ・コマ(前田の異名)になる」と意気込みを語った。
 今のタイミングでK-1ってのはどうかと思いますが・・・。ROMANEXも予定立たないし。
 とにかくイキナリ打撃アリルールですから注目しちゃいます。
 五輪には出てないんで知名度は中途半端な感じもしますが・・・個性もあってプロ向きだと思います。金髪にして協会と揉めたり、柔道時代から「見せる」ことを意識したファイトを心がけていたようで。
 相手は誰? やっぱグレイシーかなぁ。

 Dynamite!はどうなるの?
 魔裟斗らMAX勢、藤田ら猪木系が参戦決定済み。昨年の曙のような超目玉はあるのか?

 ・・・もう誰もタイソンの話はしない・・・。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
“祖国”で見せたい強さ 柔道・秋山成勲
ブラック・アイ: イノキ・ボンバイエ、今年はナシ
■PR
こちらから「ブラック・アイ」、現在のBLOGランキングが確認できます

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.10.06

プロレスリング・サッポロ、旗揚げ

 10月3日に新団体が旗揚げしていた! 「Pro-WrestlingSAPPORO」、一応週プロにも告知は載ってましたね。おそらく、アマチュア団体からプロ化しての第1弾興行なんでしょう。このタイプは最近多いです(東海・NPWなど)。
 観戦記が届きましたの紹介します!
 
Alternative Note: 社会人プロレス団体旗揚げ戦を観た。

 試合ごとに詳しくレポートされてますよ。リンク先で確認してください。
 さて、そちらを参考に試合結果をまとめてみます。

10/3 札幌市白石東地区センター

 [1]○勇司(コンバット・スプラッシュ)●白虎 

 [2]異種格闘技2分5R:○ユカリチャンプア・ゲッソンリット(KO)●ティグレ・ネグロ

 [3]異種格闘技戦:藤子Ω不二雄vs津軽歌麿
  →勇司が乱入して3WAYに
 ○勇司の嫁・たまちゃん(勝利)

 [4=セ]○瀬戸浩志(ジャーマン)●りんごの詩

 [5=メ]EWGPタッグ選手権
 KIYO&シロナガス黒田(無効試合)スウィートソウル&ペ・クリオネマン
  →瀬戸と勇司が入って6人タッグへ。
 KIYO、瀬戸、○勇司(-)●黒田、スウィートソウル、クリオネマン

 まぁ~怪しい名前が並んでますな(笑)。結果見ただけで突っ込みどころ満載だし。乱入や仲間割れも多かったようで、エンタメよりのイワユル学プロノリな団体なんでしょう。「クリオネマン」なんてご当地レスラー?もいますよ~。
 リングはこんな感じ(画像)。たぶん、ロープワークとかできないエセ・リングですよね。それでも埼玉よりはマシ。場外には畳が敷いてあったらしい(笑)。
 入場無料ということもあって、かなり入ったらしいですよ。

 私が一番気になったのが第3試合。

第3試合 異種格闘技戦
 藤子Ω不二雄 vs 津軽歌麿
 第3試合も津軽歌麿選手が合気道、藤子Ω不二雄選手がトキワ荘ということで、異種格闘技戦です。
 こっちの方は怪しさ爆発。だって、藤子Ω不二雄って、これだもの(画像)。 
 お子様に大人気でした。
 でも、藤子Ωはヒール(悪役)です。四次元ポケット(のファスナー)を開けると凶器が出てくるのです。
 対する津軽歌麿は袴を履いた合気道スタイルに、怪傑ゾロかリーポマンのような黒いマスクを着けています。
 もちろん、技は小手返しなどの合気道技。これに藤子Ωがスローに投げられる、捻られる。たまに凶器攻撃。
 そんなユルい雰囲気になったところで、第一試合の勇司が嫁のたまちゃんを連れて乱入!
 「合気道教室やってんじゃねえんだからよ!」と、3WAYマッチを要求し、急遽バトルロイヤル状態に。
 お約束的に数珠繋ぎになって技をかけあったり、ちょっかいを出し合ったり。
 なぜか最後には乱入していた嫁のたまちゃんが勝利をおさめてしまいました。チャンチャン♪ってオチ?
 ヒャヒャヒャ、飛びすぎで何だか分からないとこもありますが笑えます。「生で見たい、見てみたい」と思わせるものはありますね(そうか?)。ドラ○もんがヒールってのも深いなぁ。ミスター・ポーゴのバックは様々な凶器が飛び出す「悪の四次元ポケット」状態でしたが、こっちは本物ですからねぇ~。
 タケコプターで指挟んだりしたら地味にイタイだろうなぁって前から思ってたんだよ(タケコプターが出たかは不明)。

 怪しいネタを挟みながらもマトモな試合もあったようで、いいんじゃないですか。好きです、大好きですこんなの。
 果たして第2の小仲ペールワンは現れるか?

 北海道も団体過密地帯になってきた? アジアン、北都もあるんで3団体目か(札幌プロレスは単発興行)。

■関連リンク
プロレスリングサッポロ公式ホームページ
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.05

小川、新日本参戦の川田に激怒

nikkansports.com:小川が怒った「川田が去るなら追わない」

 新日本の神戸大会に参加する“ハッスルK”におーちゃんお怒り。

 神戸大会の前日23日には名古屋でハッスル6が開催される。川田の所属先全日本との連戦なら理解できるが、スタイルの違う他団体との両立は難しい。アルバイト感覚ではハッスルできるわけもない。小川は「川田が去るならば追わない。同じKでもザ・グレート・サスケがハッスルするケッパレ仮面と凸凹コンビを組んでいく」と突き放した。橋本も「長州も川田もハッスルに転がる夢が見えないのか」と問いかけた。
 これ、なんで小川が怒ってるか分かります?
 ハッスル4のことを根に持ってるようです・・・。

 ターザンさんのお言葉を借ります。
ターザンカフェ|プロ格コラム[2004年07月26日(月)]

 結果的にマスク・ド・ノーフィアーはドタキャンになった。伊島さんからすると土壇場でのキャンセルではない。でも、形としてはそう見えてしまう。
 じゃあ、なぜ、マスク・ド・ノーフィアーは〝ハッスル4〟に出れなかったのか? ここから先はボクの推測である。こういうネガティブな件については、取材しても関係者は何もいいたがらないからだ。
 推測より推理と言っておこう。〝ハッスル〟と新日本プロレス、〝ハッスル〟と「ノア」は共存できないという事実があることだ。
 これからのプロレス界はある部分でハッスルVSノア、ハッスルVS新日本という構図になってくる。
 そう考えると、「ノア」と新日本の両方のリングにあがっている高山選手は、いくら立場はフリーだといっても〝ハッスル〟に出るわけにはいかないのだ。
 ターザンさんの“推測”ではりあますが、新日本とハッスル(DSE)の関係は微妙。ハッスルを脱出した長州は新日本参戦の噂もあります。簡単に川田を新日本に出すわけにはいかない・・・と。
 もちろん川田はハッスル専属ではありませんから、どうなるか分かりません。でもDSEからストップがかかったらどっちをとる? このあと変な流れにならなきゃいいんだが。 
 ・・・これがキッカケでDSEと新日本が揉めてジョシュのPRIDE参戦中止なんてことないだろうなぁ・・・。

 10/9新日本・両国大会の中吊り広告には「そこにはコスプレも妙なポーズも存在しない。あるのは″闘い″だけだ」とあるそうですよ・・・。
 ここまで挑発されるとおーちゃんが怒るのも分かる。


■関連リンク
ハッスル オフィシャル ウェブサイト
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノキ・ボンバイエ、今年はナシ

報知:イノキ・ボンバイエ 大みそか撤退

 まぁ、それが賢明だよなぁ。

 「久しぶりに家で正月ができるかな」と猪木。その理由について、昨年開催のボンバイエの主催者間で運営費未払いをめぐり係争中であることを挙げた。
 同大会に協力しボンバイエの商標登録を貸した猪木も道義的責任を感じたようで、猪木は「去年の決着がついてない。くぎりはつけなきゃいけないと思ってる」と説明した。韓国と北朝鮮の国境でボンバイエ開催の“代替案”もブチ上げていたが、9月の訪朝で断念。「資金調達などの時間もないし現実的に難しい問題があると分かった」と猪木は話した。
 お金の問題でもあるし北の情勢もあるし視聴率も悪かったし・・・って問題だらけじゃん! 何かクリアされてるとこってあるのかよ? 選手も猪木事務所所属以外いないでしょ? こんなんでやるわけないよ。
 代替として11月6日にパラオ島で興行やるらしいです。興行っていうかツアーの余興みたいなものじゃないの?

 藤田らはK-1・大阪ドームへ・・・。浜中も参戦するようです。
 昨年はどこも直前でバタバタしすぎたから、カードは早めに決めて欲しいもんですねぇ。前日ぐらいまで決まらない方が新聞は売れるんだろうけど。
 今年は「フジ・PRIDE」vs「TBS・K-1」一騎打ち!

 ボンバイエなくなって日テレの大晦日は何? やっぱラーメンかなぁ。

■関連リンク
____// アントニオ猪木OFFICIAL HOME PAGE
■関連記事
ブラック・アイ: 日テレの苦難は続く・・・
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

※ジーニアスさんからの情報

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.04

大谷晋二郎、試合中に眼窩骨折

スポニチ:大谷 眼窩骨折…ベルトも失った

 昨日行われたZERO-ONE・後楽園ホール大会、とにかく大荒れだったようです・・・。

10/3 ZERO-ONE・後楽園ホール(1400人)
 [6=メ]NWAインタコンチネンタルタッグ選手権
 ○大谷晋二郎&大森隆男(13分25秒 反則)●田中将斗&坂田亘

 ・大谷マイク「お客さんを満足させなきゃいけねぇんだよ。体がつぶれてもいい。やってやる!」

 [延長戦]田中、○坂田(4分23秒 ダイビング・フットスタンプ→片)大谷、●大森
 ※挑戦者・田中&坂田が王座奪取

 ・大谷コメント「ああ、痛くもかゆくもねえ。目ン玉が飛び出ようとも、オレは絶対休まねえから」

 大谷さんは試合中に眼窩骨折・・・。スポニチには「場外パワーボムで負傷」とありますが実際には坂田にドラゴン・スクリューを放った際に坂田の膝が目に当たって負傷したようだ。
 橋本不在になったばかり、これで大谷もいなくなったら・・・大森さん一人エース? それはナイよなぁ。大谷&大森はイイ感じになる予感あったが、シングルプレイヤーとしての大森さんは・・・。だいたいZERO-ONE所属じゃないし・・・。
 10/8に後楽園大会あるし北海道巡業も控えてる。団体のこと考えると休めないのは分かりますが・・・。無理はしないでいただきたい。でも出ないと辛いなぁ・・・。
 この日の試合も負傷したまま延長戦を要求。エースとして最後まで興行に責任を持つ姿勢は素晴らしい。後楽園ではお馴染みになった試合後の非常階段会見。痛みを堪え絞り出すようにコメントを発する表情は鬼気迫るものがあった(生GONで確認)。うーん、出ちゃうのかなぁ・・・。

 この試合でエロティックスはリングのマットを切り刻み、板丸出しの状態で試合敢行。技出すたびに板がグラングランと波打つ。この状態で“スーパーフライ”ダイビング・ボディプレスを放った田中将斗にはビックリ。
 「マットを切り刻む」という行為は過去になっかたし、エロティックスの凶暴性(?)をアピールするうえでは効果あったと思います。

 また前座でもアクシデント。
デイリー:星川 2カ月ぶり復活も屈辱…
 試合中に脳震盪起こして戦闘不能に(検査した結果異常なし)。凱旋帰国して高岩への挑戦をアピールしていたところでこのブックは考えられません。マジなアクシデントだったんでしょう。

 ・・・ちょっと厄払いでもした方が・・・。
 はっ! 靖国の呪い?

■関連リンク
ZERO-ONE official fight site
■関連記事
ブラック・アイ: エロティックス
眼窩疾患
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

GAEAジャパン、解散

nikkansports.com:GAEAジャパンが来年4月に解散

 とんでもないニュースが飛び込んできた。

 女子プロレスで最も集客力のある団体「GAEA JAPAN」が来年4月で解散する。木村社長が3日の後楽園ホール大会終了後、リング上で発表した。
 所属選手13人とともにリングに上がった木村社長は「来年の10周年記念大会をもちまして解散いたします。今、選手たちはそれぞれの方向性、転機を自らが模索しています。来年の10周年を機に旅立つ結論に至りました」と挨拶した。
 女子で一番安定していたガイアが解散・・・。な、なんで?
 さらに、「おかげさまで今年も黒字。会社自体はなくすことはない。選手あっての団体。選手の意向を取り入れるのが最優先だった」と経営悪化による解散ではないことを強調。
 「選手の意向」を優先させて・・・所属する団体を自ら消滅させる? 近鉄の選手が聞いたらビックリだ。
 「経営悪化が原因ではない」という言葉を信用するとして、何が解散に向わせたのか? しかも選手から・・・。
 今のところはニッカン以外で記事がupされてませんので詳しい事情は分かりません。
 ここからは私の想像なんですが・・・。これを女子プロ再編成への第一歩としたいのかも。
 全女・ガイア・AtoZ・LLPW・JD・NEO・JWP・・・、観客動員が好調な団体もありますがよくて後楽園満員レベル。それ以上の広がりを見せる気配がない。
 後楽園満員を続けるガイアでも4月の代々木第2は満員にできなかった。
 多すぎる団体、高年齢化、新人不足・・・問題は山積み。女子プロ大手であるガイア自らが引くことによって「再編」をスタートさせる。
 ガイアのファンは悲しいでしょうが・・・新しい時代への荒治療ということで、私はいろいろと「期待」したいと思います。
 ガイア主導だとムカツク団体もあるでしょうが、ここは割り切って協力していただきたい(ガイア主導と決まったわけではないが)。
 ・・・最後のチャンスかもよ。

 今後については選手自身がリング上から発表するそうです。
 しばらく動きに注目しましょう。

その他
nikkansports.com:山田敏代が引退を発表
 10年前に大けがした首が結局治らず。12月12日に引退。
 ガイアに来てからは、それほど目立てませんでしたね・・・。首は大事だ。お疲れさま。

■関連リンク
GAEA JAPAN OFFICIAL SITE
かなたく kana宅~女子プロレス記者・伊藤雅奈子のHP~
■関連記事
nikkansports.com:長与がシャークに完敗/GAEA
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.10.03

高山善廣、脳梗塞だった

nikkansports.com:高山、深刻な脳梗塞だった

 脳梗塞だったんですか・・・。

 高山 「まだ完調じゃないよ。脳梗塞だったからね。まだ、時々頭が重く感じたり、声がうまく出なくなるときがある。まぁ、脳の一部が機能していないんだから仕方ない。後遺症があるようには見えない? 本人にしか分からないほどの小さなレベルだから。それでも、そういう自分に多少のストレスを感じているよ」。
 8月8日の試合後に倒れて緊急入院した。10日に公表された病名は「左大脳動脈瘤(りゅう)血栓」。発症時にトレーナーらがそばにいたことで、奇跡的なほどスムーズに病院搬送、治療を受けられたため、直後に95%近くまで回復したという。従って関係者は脳梗塞と発表するのを控えていた。だが、実際には危険な状態だった。この日、自らすべてを明らかにしたのは、完全復帰への手応えを感じたからにほかならない。
 高山 「これまでは腹筋運動や散歩しかできなかった。でも、ついに医者からゴーサインが出た。力む運動(無酸素運動)、バーベル挙げや筋トレを始めるよ」。
 下手したらヤバイし、後遺症も心配されるのが普通なんですけど・・・。

 専門のページをチェック。
脳梗塞

 梗塞(こうそく)とは内臓の血管が詰まってしまい、血液の行かなくなった部分が死んでしまった状態のことです。たとえば、心筋梗塞は心臓の筋肉(心筋)に酸素や栄養を送っている冠状動脈という血管が詰まったり、細くなったりして心筋に十分な酸素が供給されなくなって心筋組織が死んでしまう病気です。これと同じように、脳へ血液を送る血管が詰まって脳の組織が死んでしまった状態を脳梗塞といいます。
 恐い・・・。死亡率では癌に次ぐ2位です。
リハビリテーション
 これまでに述べてきた各種の治療を行っても、運動麻痺や感覚障害、言語障害などがなかなか治らないことも少なくありません。急性期の内科的治療、外科的治療が一段落しても社会復帰するまでの間にいろいろな訓練が必要になります。これがリハビリテーションです。リハビリテーションの目的は残された機能を最大限に引き上げて家庭復帰、職場復帰をすることです。リハビリテーションをすれば元通りに回復すると考えている人もいるかもしれませんが、一度完全に失ってしまった機能はたとえリハビリテーションをしても100%元通りにはなりません。しかしながら、リハビリをした結果、麻痺は治らなくても自分の身の回りのことはもちろん、掃除、洗濯、台所の仕事などおどろくほど上手にこなしている人もいます。あきらめないでリハビリに取り組むことはとても大切なことです。
 1度失うと100%元にはもどらない・・・。NOAHの解説を聞いてると、それほど言語障害は出てないと思うのですが(虎ノ門で「しりとり王」にも出てたしね)。あとは試合をやってみて・・・・。元気そうだし、「時計のネジ巻きも難なくこなす」とも書かれているので問題ないと思いますが。恐い病気なだけに慎重に。タイへ飛行機で出かけちゃいましたが・・・気圧が高くなるとマズイんじゃないの? 大丈夫か?
 大晦日の復帰を目指すようですが・・・あまり急がないで。周りも囃し立てるようなことは言わないで。

 長嶋茂雄さんも同じ病気。
 「アテネで監督してくれ~」なんて声が五輪前に随分上がってましたが、あのもの凄いプレッシャーとストレスがかかる舞台にリハビリ終わったばかりの人を連れてくなんて殺人行為と同じだったわけで。
 プロレスファンはそんなアホなこと言わないでね。

■関連リンク
=高山善廣オフィシャルサイト・Takayama-Do.com=
■関連記事
脳血栓/めまい/痴呆//
ブラック・アイ: 高山善廣、脳血栓
■PR
こちらから「ブラック・アイ」、現在のBLOGランキングが確認できます

| | コメント (6) | トラックバック (1)

鷹木信悟、デビュー

 週刊プロレスから。

 DRAGON GATEで明日から開幕の「Rey de Parejas」。未定だったCIMA&TARUのパートナーは・・・。

 鷹木信悟
 1982年11月21日。山梨県生まれの21歳。178cm86kg。
 公式データはこれだけ。明日の開幕戦がデビューとなります。
 ウエートトレーニングに関して知識があるようで、練習生時代から同期を指導していたとか。

 闘龍門では入団後しばらくしてメキシコへ渡って修行するのが育成パターンなのですが、鷹木選手は日本のみの修行なんでしょうか? メキシコでハングリー精神を養う闘龍門時代のシステムは素晴らしいものだったと思うのですが。試合を多く経験させることで即戦力な新人を作ることができていた。
 これまでの新人と違いメキシコ経験がないのならば本当の意味でのデビュー戦が明日となる。ミラノや大鷲らと比べられるとキツイでしょうね。
 それでもドラゲー期待にスーパールーキーですから、こちらの予想を裏切るような試合をいきなりする可能性もあるでしょう。頑張っていただきたい。今頃、緊張してるんだろうなぁ。

 いろいろ調べてみると・・・アニマル浜口ジムでボディビルダーとして活躍していたらしい。
 こんなの発見。
ジム会員の大会記録(アニマル浜口ジム)
 下の鷹木信さん、風貌かなり違いますが顔は同じ。同一人物でしょう。
 しっかし黒いなぁ~。

 この辺にも名前有ります。探してみて。
03Mr.東京
ST 話題あれこれ


■関連リンク
DRAGON GATE Official Site
■関連記事
ブラック・アイ: CIMA、シュバイン・レッドラインで横須賀享に勝利
■PR
Click Here!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年9月26日 - 2004年10月2日 | トップページ | 2004年10月10日 - 2004年10月16日 »