« 2004年8月29日 - 2004年9月4日 | トップページ | 2004年9月12日 - 2004年9月18日 »

2004.09.09

ブラディーが前川久美子とドロー

 さぼりまくりの一行名勝負。できれば3日に1回はupしたいんだけど。
 日曜から再スタート

9/5 大日本(Men'sテイオー興行)・北沢タウンホール(昼・200人・満員)
 T.A.M.A提供プロ格マッチ:
 長瀬館長、○スーパーライダー(15分6秒 とびつき腕ひしぎ逆十字固め)佐々木恭介、●ペドロ高石
 もう佐々木恭介はTAMAの一員?
9/5 格闘美・東京1stRING(286人)
 ○アップルみゆき(6分17秒 ジャーマン)●MICKEY☆ゆか
 この2人はタッグ組むとイイ感じになりそうな・・・。そう言えば、最近うちは女子プロネタがないですね・・・。JDの新機軸「エキスパート」は紹介したいんだが。
9/6 NOAH・高知県民体育館(2200人)
  斎藤彰俊、井上雅央、○杉浦貴(22分50秒 胴絞め式羽折り顔面絞め)バイソン・スミス、リック・スタイナー、●スーパースター・スティーブ
 何が凄いって・・・このカードがメイン!
9/7 全女・埼玉県熊谷市民体育館(553人)
 △前川久美子(時間切れ 引き分け)△ザ・ブラディー
 これ試合時間は分からないんですが、エキジビション系では絶対にない。最低でも20分はやってるはず。
 ブラディーは先日、アメコンともドローになってました。評価高いですかね? まぁ、イイ選手なのは間違いないんですが。

■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
BJW 公式サイト
芸能プロダクション/映画の企画・製作/プロレス興行:JDスター
全日本女子プロレス
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本が中国ツアー?

新日が来春、約1カ月間の中国ツアー [nikkansports.com

 またデカイ話が出てきたぞ・・・。

 新日本が来春、約1カ月間にわたる中国ツアーを行うことが7日、分かった。今月4日まで中国に出張していた草間政一社長(53)が明らかにした。すでに同社長は現地在住の米国系プロモーターと接触しており、北京、上海、広州など主要都市での開催を計画している。
 中国の話なのに「米国プロモーター」とかが出てくるのはメチャクチャ胡散臭い。実現すればビッグビジネスとなる可能性はあるんでしょうけど。人はいっぱいいますから。
 ただ物価が安いだけにスポンサーがつかなければ儲けを出すのはキツイような。サッカーの時に話題となった反日感情の問題もありますし・・・。
 来年2月、あるいは同3月を予定しており、派遣選手は20人を考えている。日本での興行予定もあるが、草間社長は「選手を2つのチームに分けて同時進行していく形になるでしょう。(米国)ロス道場の選手も派遣できそうなので十分可能だと思う」と強調した。
 2リーグ制ですか! ほかの団体ならいろいろ弊害出てきそうですが、大所帯の新日本なら可能でしょうね。普段の巡業でも平気でメインイベンターが休んだりしますから。

 中国と言えば・・・ダリアンガールズ!(公式HPは閉鎖になったんかな・・・) 中国に帰っちゃってから音沙汰ありませんが・・・前座あたりで使ってみてはどうでしょう? 今も練習してるかどうかは微妙ですが・・・。

 ま、全ては「実現したら」の話です。

 むか~し、剛竜馬のオリエンタル・プロレスが中国遠征したような記憶がある・・・。10年早いか・・・。アレも評価される日が来るんだろうか。

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
中国情報局
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

蝶野vs天龍はチェーンデスマッチ、藤田vs健介決定

蝶野vs天龍、新日本初のチェーンデスマッチが濃厚に

 別に新日本でデスマッチやっても、もう驚く時代ではないが・・・。

 上井文彦取締役が8日、「物理的に準備が間に合うか、という問題はあるが、チェーンデスマッチの要望を聞いている」と明かしたもの。両者は16日の仙台大会で一騎打ちを行なう。
 チェーンデスマッチは難しいぞぉ。チェーンの長さにもよりますが動きが制限されるだけに退屈な殴り合いが中心になりがち。あまりチェーンが長すぎてもマヌケに見えるんでダメ。ホント難しい。
 金網マッチで凡戦を経験済みの蝶野、今回もヤバイか・・・。今からポーゴさんのとこ行って特訓してきてください。

 その他の話題。

藤田vs健介、IWGP戦が決定 10.9両国大会 3年ぶりに一騎打ち [スポーツナビ

 決定のようです。今の健介と藤田なら、かなり面白い試合になるでしょうね。バチバチのガチガチ、こりゃ見に行ってもいいかな。
 先を越されたG1王者・天山は大阪ドーム? それなら天山も納得いくんでしょうけど・・・。


10/1 後楽園ホール「デンジャラス・ドリーム・ナイト」記者会見 [NJPW OFFICIAL WEB SITE

 新日本所属選手のみの興行。上のカードは以下の通り。

10/1 新日本・後楽園ホール
 [7]西村&吉江vs安田&X
 [8=セ]金本vs蝶野
 [9=メ]天山&永田&中西vs中邑&棚橋&柴田
 新三銃士は初タッグ。安田のXは所属選手で唯一名前のないエル・サムライが有力。松田納で登場の場合もあり・・・。???????
 純血メンバーで客が入らなければ、ガイテキ中心のマッチメイクにも納得するようになるのかな?

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: 新日本、11/13大阪ドーム決定
安田忠夫、蝶野と合体
新日本「強くあれ」、主要カード発表
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2004.09.08

新婦がムーンサルト

高木三四郎結婚披露パーティー [Extreme Party

 ベルファーレで行われた“結婚式”、予想された通り試合も行われました。私もSAMUARI!で当日放送された番組を観戦。・・・とにかく一番驚いたのがメインのフィニッシュ!

9/5 高木家織田家結婚披露宴・六本木ベルファーレ(500人)
 [4=メ]○高木三四郎、伊東竜司、えべっさん(13分19秒 加代子夫人のムーンサルトプレス→体)金村キンタロー、P・澤田・J、●GENTARO
 夫婦初めての共同作業にしては凄すぎます! 
 このムーンサルトがホントにホントに本当に綺麗! 高さもあって当たりも完璧!!
 この画像の反り具合で凄さが伝るかな? ○本とか見習えよ!
 試合に乱入するぐらいは考えられましたが、そこで「ムーンサルトやろう」って発想が出てくるのが凄い。やらせた人も凄い。
 しかも、あの緊張する場面で初めてやってあそこまで完璧に・・・。もちろん加代子さんは全くの素人(体操の経験はあるらしい)。三四郎も心配してましたが、この調子だとNEO甲田社長からオファーが来るのは時間の問題でしょう。
 スキッドでもリアクションの取り方なんかがイイ意味でプロレスっぽくてセンスを感じさせます。こりゃDDTは大きな戦力を獲得したかも~。
 この試合のあとには新婦の両親がリングに上がり花束贈呈等などあったんですが、どんな気持ちで試合を見てたんでしょうね~。将来に不安を抱くか幸せを確信するか・・・その辺は両親にプロレス心があるかどうかで大きく変わってくるな(笑)。
 とにかく、おめでとうございます。

 その他の試合。

 [3=セ]アイアンマンヘビーメタル級選手権:
 △偽ル中野(3分50秒 レフェリーにケーキぶつける→両者反則)△アジャ・コング
 断っておくとアジャは本物です。師弟対決がこんなところで実現。
 次は金網で再戦なんて一宮は言ってましたがホント?

 あとはDDT若手勢のカラオケが凄かったな・・・。ほとんど酔っぱらってた。

 会場に行かれた方の観戦記はこちら。
オヨネコの言っちゃうぞバカヤロ~!:高木三四郎結婚披露宴
ELDORADO インディープロレスブログ:高木・織田両家結婚披露パーティー 六本木ヴェルファーレ
 会費1万円だったはずだけど・・・皆さんシッカリ行かれてますね。まぁ、普通結婚式行けばそのぐらいはかかるよな・・・。


■関連リンク
DDT XXXch Official Web
高木三四郎「俺様日記。」古ブログ
■関連記事
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: カエルも王者に
■PR
他の格プロBLOGからも情報を集めよう~

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ジョージア・エンブレムブラックに全日本プロレス・フィギュアが!

これがファミリーマート限定「全日本プロレス フィギュア」 [消息筋 昭和オヤヂのプロレス・格闘技blog

 最初に記事で発見したのはコチラ。
ジョージアのエンブレムブラックで全日本プロレス・フィギュア [Kento!BLOG
 凄いぞジョージア!

 今ファミリーマート限定で、ジョージア「エンブレムブラック(120円)」を買うと、1缶にもれなく全日本プロレス・フィギュアが付いてくるそうです!公式にはまだ載ってないようですが、ノーマル10種+シークレット1種の全11種のようですよ!
 ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、スタン・ハンセン、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ザ・シーク、タイガー・ジェット・シン、テリー・ファンク、ドリー・ファンクJr.、ザ・デストロイヤー、アニマル・ウォーリアー、ホーク・ウォーリアー。
 シークあたりがマニアックでいいですね~。
 缶コーヒー大好きの高杉茂雄さんは今頃フィギュアに埋もれていることでしょう。

 で、Kentoさんの記事に消息筋さんから「私、関係者なんで」とのコメントが。そうなんですか!?
 今日の更新で全種類の画像が公開されています。
 やっぱりシークはイイ感じ。これ、狙ってみよう。

 サンクスではプロ格フィギュアなるものも発売中。
【フィギュア プロ格ヒーローズVol.1】RING SIDEでBOX独占先行販売!新日本・全日本を中心にマット界の有名レスラーが全35種+シークレット1種!
 ヒクソン戦の入場を再現したと思われる船木バージョンが秀逸です!

■関連リンク
食玩ColleCtion
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2004.09.07

武田幸三vsブアカーオ・ポー・プラムック

[K-1 MAX] 10.13 代々木:武田×ブアカーオ決定。魔裟斗は欠場 [BoutReview.com

 K-1MAX、魔裟斗欠場で大丈夫か? 大会のポスターには「アイツがいなくても、オレらのMAXだし。」のキャッチ。

10/13 K-1MAX・代々木第1
 武田幸三 vs. ブアカーオ・ポー・プラムック
 須藤元気 vs. マイケル・ラーマ
 小比類巻貴之 vs. アルバート・クラウス
 安廣一哉 vs. サミール・ベルバーチ
 小次郎 vs. マイク・ザンビディス
 大野 崇 vs. マルフィオ・カノレッティ
 ジョン・ウェイン・パー vs. アースラン・マゴメドフ
 ドゥエイン・ラドウィック vs. ウィリアム・ディンダー

 総合ルール:山本“KID”徳郁 vs. ジャダンバ・ナラントンガラグ

 おそらく武田vsブアカーオがメインでしょう。このところ勝ち運から見放されている武田、昨日の試合は7月にカットした左まぶたをまたカット。出血でTKO負け。あまり強い相手ではなかったんでショックは大きそう。
 K-1は肘ナシだけにカットする可能性は少なそうだが・・・傷は大きいし心配。元ラジャ王者の意地を見せてもらいたい。
 須藤元気の相手はボクサー、K-1は初。WBCインターコンチネンタルJrミドル級王者の30歳、戦積39戦29勝(20KO)9敗1分。須藤のトリッキー殺法に対応できるはずがない。
 山本KIDの相手は、MAXで魔裟斗相手に健闘したモンゴルのナラントンガラク。ナラトン(勝手に略す)はモンゴルで総合ルール経験済みだとか・・・。寝技の防御が出来るんなら面白いぞ。
 ほかにもMAX常連が多数出場。K-1最後の砦だけに内容で世間をうねらせてほしい。

 魔裟斗は12月31日の試合に備えての欠場。


■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
新日本キックボクシング協会
■関連記事
(結果) [新日本キック] 9.5 有明:武田、今度は左眉を切りTKO負け
プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」: K-1 MAX、優勝はブアカーオ・ポープラムック
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.09.06

ケンドー・カシン、北朝鮮ヘ

カシン、猪木協力の北朝鮮大会に参戦  [スポーツナビ

 猪木氏が帰米、恒例の成田会見は北の話が中心。

 アントニオ猪木が協力する北朝鮮・国際テコンドー大会(9月20日、平壌)にケンドー・カシンが参加することが5日、明らかになった。この日帰米した猪木が明かしたもの。前日の4日にカシンから申し入れがあったという。また、すでに参戦候補に上がっていた新日本プロレスの中邑真輔の出場も決定、さらに数名の候補が名乗りをあげている。
 カシンの参戦が決定。北朝鮮・格闘家との異種格闘技戦もあり?みたいな発言を猪木さんはしてますが・・・、エキジビションならいいんですが、あんまり本気モードの試合だと北朝鮮の選手が負けてしまった場合にカワイソウ。それこそ命がけだろうからなぁ。
 金正日がPRIDEやK-1のギャラを知ったら本気で格闘家を送り込んでくるかも・・・。

 カシンさんは猪木事務所入りが有力のようです。と言うことはK-1・新日本あたりの参戦が中心となる? まぁ、カシンさんならどこでもノラリクラリとこなしてくれるでしょう。
 あんまり北朝鮮行って変なことするとマジで監禁されたりするから注意してね。トロフィーとかもらいそうだから壊しちゃだめだよ~。

 大晦日の話も・・・。

 また、猪木は大みそかに北朝鮮と韓国の国境、北緯38度線で猪木ボンバイエを開催するプランを北朝鮮側に提案し、好感触をつかんだことを明かした。
 これも猪木らしい発想ですな・・・。よく知らないんですが38度線でイベントはよくあるの? 想像もつかない・・・。韓国抜きで話を進めるのもどうなんだか。拉致の問題もあるしね・・・。
 猪木以上に金正日は何考えてるか分かりませんから・・・、意外に実現したりして。

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
猪木は北朝鮮にいる
全日本プロレス、ケンドーカシンを解雇
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!


検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリックスがフェスティバルゲートを運営

 ビバ★メヒ子のプロレスヴァカ一代(・∀・)さんで発見したニュース。

破たん フェスティバルゲート 「オリックス」運営へ
 大阪プロレスの本拠地・デルフィンアリーナがあるフェスティバルゲート、とんでもない負債があるんですねぇ。

 大阪市の土地信託事業として1997年オープンした「フェスティバルゲート」は、開業以来、赤字が続き事実上経営破たんに陥りました。
 今年3月には、信託銀行との間で、380億円の負債のうち大阪市が200億円を負担して事業を引き継ぐ調停が成立しています。
 大阪市は施設を民間に賃貸することにして運営プランなどを公募してきましたが、来月から5年間の契約でオリックスに運営を任せる方針を固めました。
 オリックス側は、遊戯施設の大半を撤去し、物販店などを中心とした商業施設として運営するプランを提案しているということです。
 オリックスって景気いいんですかね?
 「遊戯施設の大半を撤去し」という部分が気になります。デルアリはどうなる?
 大阪プロレスは観客数も好調のようだし(黒字なのかどうかは知りませんが)、物販中心となっても上手く利用すべきなんじゃないかなぁ。
 それにしてもデルフィンさんはオリックスと因縁づいてきましたね。大ファンの近鉄を買われた(ちょっと違うか?)だけでもショックなのに、デルアリまで無くなったりしたら・・。

 今日、APEとのコラボで行われた「スーパーマイロランド」は観衆400人で超満員札止め! これで続行は決定かな?

■関連リンク
大阪プロレス.COM - オフィシャル -
フェスティバルゲート公式
■PR
他の格プロBLOGからも情報を集めよう~


 パソコンがフリーズ連発するんで更新できませんでした。
 地震が起きると電磁波だかが大量に発生するため電化製品が変になるって話を聞いたことあるんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.05

クワガタ

2004年8月22日 埼玉プロレス旗揚げ第廿娯戦写真 [原色怪奇派図鑑

 だいぶ前の話になってしまうが、「インディーのお仕事」で見たとき腹の底から笑ったんで・・・。
 注目は第2試合のエキジビションです。

 [2]若手精鋭エキジビション
 △ノコギリクワガタ(5分時間切れ 引き分け)△ヒラタクワガタ
 リング(?)にあがった両者
 ついにやってしまったか。ギャラも交通費も安いだろうし、噛み合えばイイ試合しそうだし(笑)。この日はスゥイングしなかったみたいw

 そのあと両新人はバトルロイヤルにも出場。

 [4=せ]バトルロイヤル
 ○菅原伊織(5分59秒 レフェリーストップ→TKO)●ヒラタクワガタ
 ・菅原マイク「お前はヒラタだ!」
 最後の2人まで残ってますよ。この試合ではアームホイップ見せたり、フォールをキックアウトしたり。まぁ、ニコライとかキティちゃんとかと一緒な感じ。
 クワガタ好きで有名な垣原賢人の埼玉参戦もほぼ決定でしょう。

 東スポ新人賞、中嶋君に強力ライバル登場ですw

 安田忠夫を否定してクワガタを絶賛するあたりが、ここのBLOGの醍醐味と自負しております。
 
■関連リンク
原色怪奇派図鑑
PvvcC公式 ←このページ、どうやって先に進むか分かる?
超クワガタ的生活
■PR
こちらから「ブラック・アイ」、現在のBLOGランキングが確認できます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

安田忠夫、蝶野と合体

 新日本の興行をいくつか紹介。

9/3 新日本・後楽園ホール(1418人・満員)、結果
 シリーズ開幕、いろいろあったようで。

 [5]柴田、○魔界2号(3分36秒 ダイビング・ボディプレス→片)安田、●吉江
 ・星野総裁の指示で柴田が自らリングに倒れ大の字に。安田にフォールしろと誘う。安田は激怒。
 ・吉江がカバーに入ると味方の安田がカット。吉江にダブルアームスープレックスを決めて安田は退場。
 復帰戦の安田、いきなりダブルクロス。100%裏切るとは思ってたけど、アッサリしすぎで・・・。1シリーズぐらいは粘らないと印象薄い。
 [7]○中西学(11分18秒 ヘラクレス・カッター→片)●中邑真輔
 [8=セ]○永田裕志(19分23秒 バックドロップ・ホールド)●棚橋弘至
 新世代が揃って負け。ここからどうやって盛り返すか。
 永田の試合後にウルティモ登場。9/9ウルティモ興行のカードを「ウルティモ&中西&X(永田の嫌いな選手)vs永田&棚橋&カズ・ハヤシ」と発表。永田の嫌いなって・・・鈴木?
 [9=メ]○蝶野、ライガー(16分41秒 ケンカキック→体)天山、●金本
 ・安田が乱入。一旦は蝶野らCTUを攻撃するが、助けるフリして天山も攻撃。
 ・安田は蝶野との合体を示唆。
 今シリーズ、Xになっていた蝶野のパートナーは安田となるらしい・・・。はぁ・・・。
 安田は05年全米公開の映画「SAKURA」の撮影に参加してたんだそうで、「ハリウッドスターのオレはいかレスラー(西村)と組めない。タッグ相手を探して世界の蝶野に決めた」と発言。
 まぁ、何でもいいや。安田をストーリーの中心に持っていこうとしてる時点でチンプンカンプン。

9/4 新日本・グランシップ静岡(2800人)、結果
 今日の試合です。

 [6]○永田裕志(17分18秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→エビ)●西村修
 ・西村は毒霧を噴射。ヒール・モードな試合ぶり。
 ・西村コメント「真面目だけが人生なのでしょうか?人間は怒りの感情もあるし、泣きたいこともある。(中略)安田忠夫には頭にきました。手を差し伸べた私が間違いでした。」
 おっと新日本でヒールファイトですか。これはこれで面白い。
 昨日川田と27分やって今日もコレ。お疲れさまです。
 [7=セ]○棚橋弘至(9分28秒 首固め)●鈴木みのる
 鈴木が負けた。返し技だけど。
 [8=メ]○天龍、健介(10分55秒 ラリアット→片)蝶野、●X=安田
 星野総裁やら北斗やらが乱入でゴチャゴチャだったみたい。
 北斗は総裁を挑発するようなコメントしてたけど、こっちでも試合?

 今シリーズは安田・蝶野が中心となりそう。わけわからん・・・。

おまけ:北沢大会の結果。
9/2 新日本・北沢タウンホール(235人)、結果
 それなりに盛り上がったようです。ホントは新日本じゃなくて高○堂中心の興行って話をちょろっと聞いた 


■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
■関連記事
新日本「強くあれ」、主要カード発表
蝶野“反草間社長軍”結成に本腰(デイリー)
DEVILOCK、新日本とコラボレーション
■PR

ARISTRISTグッズ購入はコチラ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

川田、三冠防衛もベルト盗まれる

9/3 全日本・横浜文化体育館(4500人)、結果 [スポーツナビ

 注目の川田vs西村あり。満員マークはつかなかったんかな。西村は集客力がないんだよなぁ・・・。

 [1]○石川雄規(7分16秒 マウントパンチ→RS)●土方隆司
 スポナビに詳細ないんでよく分かりませんが・・・パンチは反則だろ(笑)。うーん、前回もレフェリーストップ決着でしたが・・・。
 [5]○天龍、渕(6分31秒 ラリアット→片)●嵐、●G浜田
 ・試合後、TAKAが嵐をRO&Dに勧誘。
 ・嵐がそれに応じ握手しようとすると・・・TAKAが蹴り。RO&Dで嵐をボコボコに。
 ・そこにマシンマスクの男が乱入、RO&Dを蹴散らし、嵐にマシンマスクを渡した。
 スポナビには「マシンはあの男か?」とありますが私は全然正体に見当つかないよ~。平田さんでいいの?
 嵐のRO&D入りは面白いと期待してたんですが、これで消滅のようです。
 [7]ケア、○ジャマール(13分17秒 ダイビング・ボディプレス→体)健介、●木村
 ・北斗コメント「ウンコバエ、あいつ(TAKA)は。だってジャマールが見た目に汚そう。その周りをブンブン飛んでるんだから。うるせえんだ、アイツは。」
 北斗さん、ジャマールをウ○コ扱いですよ(笑)。
 なんだか「北斗vsTAKA」とかやりそうな雰囲気。TAKAでないにしろ、次の両国には北斗も引っ張り出されそうですな。・・・最近、よくTV出てるみたいだし。
 [8=セ]○武藤敬司(19分17秒 シャイニング・ウィザード→体)●小島聡
 ・武藤コメント「小島だけには、小島だけにはさ、小島だけには負けたくないんだよ。小島だけには負けたくない。小島だけには負けたくない。あいつだけには負けたくないんだよ。」
 最近大きな試合で負けっ放しの小島さん、ここらで金星かと私は予想してたんですが・・・武藤さんのコメント見る限り、モチベーションでも下回ってたのかも。
 この試合で武藤が大流血。ムタになったかのように顔面真っ赤。この2人は似合わないような気もするが・・・。
 [9=メ]三冠ヘビー級選手権
 ○川田利明(27分12秒 バズソーキック→片)●西村修
 ※王者・川田が防衛
 ・試合前、川田が襲われ三冠のベルトが盗まれる。
 ・犯人は太陽ケア説有力・・・。
 ・西村コメント「復帰してもう6年少々。今をいかに生きるか。今日を生きることが明日になる。イエスタディはヒストリー。トゥモローはミステリー。今日はギフト。命がある限り、私は今日を精一杯生きる。」
 西村は裸足で最後まで戦い抜く。ヒロ・マツダ系? やり慣れないことすると普段の動きができなくなるような気もするが、インパクトは充分。試合を象徴するアイテムを織り込めるあたりはセンスいいと思いますよ。こういうのがあると語り継ぎやすくなる。
 ヒールキャラ開眼の話もありましたが、結局は無我殺法全開の試合だったようです。内容を早く確認したいですね。

 で、ベルトが盗まれた・・・。なんだか今更このネタもネーだろって感じで・・・。
 別にアングル造るのは構わないんだけど、もうちょっと考えてくれよ。

 おまけ:小島聡がBLOGスタート
コジログ 小島聡blog
 niftyなんだけどココログではないみたい。
 プロレスラー本人がやってるBLOGへのトラックバックって、なかなかできません・・・。小心者なんで。

■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
西村修・オフィシャル/終わりなき旅
■関連記事
西村修、ヒールに目覚める
川田利明、小島聡に勝利
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年8月29日 - 2004年9月4日 | トップページ | 2004年9月12日 - 2004年9月18日 »