« 2004年8月22日 - 2004年8月28日 | トップページ | 2004年9月5日 - 2004年9月11日 »

2004.09.04

小川直也、ハッスル5は覆面で登場か?

小川、「ハッスル5」欠場! 「ケッパレ1」に参戦が決定! PRIDE :: ハッスル

 54日間の出場停止が正式に決定。

 この日の会見は『ハッスル・ハウス vol.2』で、高田総統が小川直也への54日間出場停止宣言に関するものだ。 笹原GMはあの発言について「いくら高田総統であってもそんな権限はありません。すべての権限はGMの私にあります」と、毅然とした態度でGMとしての見解を示した。
 ちょうどそこに乱入してきた小川直也もそれを聞いて一安心。「やっぱ分かてるね、GM! あんなヤツの好きにやらせなくていいんだよ」と腕組みをして深くうなずく。しかしその余裕は一瞬にして吹き飛んでしまうことになった。 「というわけで、小川直也選手には8月15日より54日間の出場停止処分とします」
 なんと笹原GMは小川に出場停止処分を下したのだ! さっきの言い分と180度変わったGMの裁定に、小川は怒りを通り越して呆れ顔。「オイオイオイオイ、何だよ。結局、いいなりじゃねえかよ。ところでお前は誰だ?」と笹原GMに詰め寄る。 しかしそこはGM。簡単に力に屈するわけがない。「私はGMの笹原です」とホワイトボードをドン、ドン! さらに映画「実写版 まいっちんぐマチコ先生 THE MOVIE Oh! コスプレ大作戦」への出演が決まったことをキッカケに「最近、映画にも出ることになった笹原です」と自慢げに語るのであった。
 なんだよ実写版まいっちんぐマチコ先生ってのは(笑)。GMはDSEの社員だろうが~。

 で、小川が欠場。ヒョードルに敗れた8/15から54日間ということで10/8まで。9/20「ハッスル5」は欠場・・・。
 プロレスで出場停止がある場合は以下のような原因が考えられます。

 ・持病の出術が予定されているため長期欠場が必要(WWEのHBKがよくやります)。
 ・契約上の問題で試合ができない(ゴールドバーグが得意)。
 ・私生活等で問題を起こし、それが公になってない場合。
 ・別人・もしくは覆面レスラーとなって登場。
 ほとんどWWEの例になってしまった。
 そんなこと書いていたら、今フジテレビでやってた情報番組にハッスル5宣伝のため小川が登場。
 僕はハッスル5を欠場しますが、僕にそっくりの人が参戦してくるかもしれません。
 ※一部、記憶曖昧。
 こりゃキマリだ。小川が覆面で登場のようです。うーん、イージーなストーリーだなぁ。。。
 どうせなら、もっと本気で欠場を匂わすようにしたらいいのに。ヒョードル戦で負傷が治らないんで・・・とか。それだとケッパレに出れなくなるからマズイか? 当日は派手なマスクや小川のしらを切る演技で笑えそうですけど・・・。もうヒトヒネリ欲しいぞ、ホントに。

 なにげにDSEと互角にやり合うみちプロは凄いなぁ、と感心。

■関連リンク
PRIDE :: ハッスル
みちのくプロレス
■関連記事
ケッパレ1
ハッスルハウス Vol.2、結果
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハッスルハウス Vol.2、結果

2004/9/2 ハッスルハウス Vol.2 ~東京モンスターパーク~・後楽園ホール(2200人・超満員)、結果 [PRIDE :: ハッスル

 またもや超満員となったハッスルハウス。試合内容も前回よりは良かったみたい。
 ネタ元のリンク先、ハッスル公式ページで詳細な試合レポートがされるようになったみたい。ほかのページには勢力分布図なんてのあるし、なかなか素晴らしい。DRAGON GATEもこれぐらいやってほしいなぁ。

[ハッスル・オープニング劇場]・・・簡単にまとめます。
 ・(ビデオ)高田総統が島田参謀長のケガをビターンで治す。
 ・(リング)笹原GM登場。「10/21ハッスルハウスvol3・後楽園ホール」、「10/23 ハッスル6・愛知県体育館」を発表。
 ・笹原GM「チーズが1切れあれば、皆さんと半分ずつ。毛布が1枚あれば、皆さんと半分ずつ。ハッスルは今後、皆様とともに歩んでいきます」との名言?をマイク。
 ・島田参謀、中村監督登場。メインのレフェリーを中村が立候補。実はNWA公認レフェリーのライセンスを持っていることを明かす。ビジョンに映し出された免許には「死ぬまで有効」と書かれている。
 ・メインのレフェリーは中村監督に決定。
 総統のビターンはケガも治せるんだ! なんでヒョードルの傷を・・・。
 [1]○長州(3分14秒 ラリアット→片)●サイコ・ザ・デス
 いきなりの長州登場(オープニング劇場前にオープニングマッチあり)、メチャクチャ盛り上がったみたい。サイコのぬいぐるみとは絡まなかったみたい。
 [2]○ハッスル仮面レッド、ハッスル仮面ブルー(14分54秒 ウラカン・ラナ)●ザ・デビル・ピエロ1号、2号
 ハッスル仮面は増殖したか・・・。デビュー戦と中身は同じだったみたい。そのレッドがやっぱりヤジの的となったらしいが、最終的には空中殺法連続で盛り上がったようです。
 [3]○アンジョー、コールマン、ヒマラヤンビッグフット(7分19秒 ヒマラヤンのチョークスラム→片)横井、藤井、●湯浅
 ヒマラヤンはこんな感じ。雪男ということで暑くなると弱くなってしまう。コールマンらが試合中に水をかけてあげたら元気になった。PRIDE王者に水かけてもらうとは・・・。
 湯浅はそれほどインパクト残せなかったみたい・・・。
 [4=セ]○ザ・モンスターC、HIZAKARI(10分21秒 急所蹴り→エビ)川田、●石狩
 ・川田マイク「せっかく“俺だけのハッスル”が定着してきたのに、石狩! もっとハッスルしろよ」
 ・ダチョウ倶楽部の肥後さんを呼び出し、ハッスルハッスル。
 ヒザカリはカタカリと瓜二つ。モンスターCはコリノとの噂あり。
 川田が技出すと「K!」、モンスターCが技出すと「C!」とコールが始まる。「シャー」が懐かしいねぇ。古いファンのネタに新しいファンが過剰反応したんだろうなぁ。今回だけならいいんだけど、あまり流行るのはイヤ。
 川田はハッスルにノリノリ。どんどん壊れていってください。
 [5=メ]○ボビッシュ、島田(10分11秒 バッファロー・スプラッシュ→体)坂田、●崔
 ・レフェリーの中村監督は高速カウントでハッスル軍を援護。
 ・試合途中、ボビッシュに吹っ飛ばされ中村がリタイア。
 ・謎の覆面レフェリーが登場して最後まで裁く。
 島田はほとんど試合に参加せず。雪崩式ブレーンバスターとパイルドライバーを食らっただけ。ある程度は受け身とれるはずなんだから、もうちょっとやってもいいのにねぇ。
 ちょっと坂田&崔がハッスル軍大将というのはツライ。今回は3-2でモンスター軍勝利・・・どうでもいいけど。
 [メイン終了後]
 ・小川直也がリング登場。坂田らを叱咤していると・・・
 ・「チキン君、自分の事は棚に上げてほざくのはやめなさい」と総統がバルコニーに登場。
 ・総統「キミのハッスル査定試合、拝見したよ。いや、正確に言うと拝見してはいないんだ。8月23日のフジテレビの放送を見ていたんだが、ちょっとNHKのオリンピック・ハイライトを見てからチャンネルを戻したら、キミはもう負けてたじゃないか!」
 ・総統「あの吉野家の豚丼に対抗して、小川屋のチキン丼はどうだ? キャッチフレーズはこうだ。“早い、弱い、しょっぱい”! そして注文してから54秒で出てくるんだ。」
 ・新たなモンスター軍メンバーとして「白使」を紹介。
 ・総統は査定試合(ヒョードル戦)を3点(10点満点?)と評価、小川に対し54秒にちなんで54日間の出場停止を宣言する。
 総統はオモロイなぁ~。ハッスルの勢いからするとチキン丼は実現するんじゃないか(笑)。塩味は控えてほしいもんです。
 ハクシが登場・・・と言っても、高山・ゴールドバーグ・ミックあたりと比べればネームバリューがガクッと落ちますね。ギャラも安そうだし・・・。ちょっと目玉に使うには弱いと思います。
 ただレスラーとしての質は最高。完璧な仕事をしてくれること間違いなし。うーん、集客に結びつかないんだろうけど・・・、でもハッスルに試合内容の良さは求めてないしねぇ~。微妙。

 観戦記をいくつか発見。参考にさせていただきました。
音楽・プロレス日記:ハッスルハウス VOL.2 感想
BurningSpirit(バーニングスピリット) | ハッスル2雑感
逝け逝け団:はっする
タカーシ日記2004『指先から散弾銃』:9・2『ハッスル・ハウス』後楽園ホール大会観戦記
 最後のタカーシさんの記事は客観的に書かれていて面白いですね。
 総括をコピペ。

<総括>
 ハッスルの方向性について考えてみたが、ぶっちゃけた話DDTや大阪プロレスの方が練られたシナリオで、トータルで考えれば試合内容も上を行っている。ただキャストの豪華さだけでそれが全てチャラになってしまうのだから、困ったものである。あと何度も言うようだが、全体的にプロレスファン自体が、深く考えてより楽しむ傾向から、その場その場を刹那的に楽しむ傾向になってきていると思う。
 もちろん今までの観客の全てがマニアックな視点で見ていたというわけではないが、明らかなファン層の入れ替わりを実感するのだ。今までのバカとは違う意味合いのバカが増えてきたというか。
 そう言った意味では『ハッスル・ハウス』のような語り草にならない試合ばかりの興行は、そういったファンには適当なのかも知れないし、現況をDSEがガッチリ把握しているという事なのかも知れない。プロレスの面白さは見方が千差万別な部分にあるとは思うが、選手へのリスペクトという点がなくなっているように思えるのがちょいと気になる。興行自体は2時間半で高田劇場も含めておしまいと、コンパクトで楽しめるものだっただけに、逆に違和感を感じるのですよ。
 ハッスルというブランドに飛びつくファンを相手にだけするのも考え物。
 今考えればハッスル2が分岐点だったのか。あの時のように観客を突き放す勇気を今こそDSEは持つべきか? 
 俺はハッスルの試合には期待しないんで、興行全体でひっくり返るようなサプライズを見せてほしいもんです。

■関連リンク
PRIDE :: ハッスル
■関連記事
スポーツナビ|格闘技速報 ハッスル・ハウスvol.2
ゴールドバーグがハッスル参戦へ
ケッパレ1
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.03

OPEN THE DRAGON GATE

8/28 DRAGON GATE・後楽園ホール(2350人・超満員札止め)、結果 [DRAGON GATE Official Site

 相変わらずネットにおける情報が少ないドラゲー。大きな動きがあった後楽園大会を週プロ参考に紹介。SUWAの退団で編成がいろいろ変わってきそう。

 [1]バット・コントラ・アイパー
 ○キャッチャー・フジイ(11分32秒 ラ・マヒストラル)●セカンド土井
 「土井から盗んだバット」と「土井の髪型変更」を賭けた理不尽マッチ。アイパーはフジイさんの髪型ですね。
 フジイが勝利、後楽園ホール下(3階)にある床屋でアイパーにして、メイン前にお披露目してます。この床屋はサウナの横にありますから、アイパー系頼む人多いでしょうね・・・。
 ちょっと個人的には髪型ネタは飽きてきたんですが・・・。
 [6=メ]次期オープン・ザ・ドリームゲート挑戦者決定・キーハンディング4WAYマッチ
 ○横須賀享(24分50秒 横須賀カッター→体)●ドラゴン・キッド、ミラノッコレクションA.T.、大鷲透
 横須賀がCIMAの王座に挑戦することが決定したわけですが・・・、さて何から説明しますか(笑)。
 まずは、新設されたベルトについて。
 「OPEN THE DRAGON GATE」
 ・闘龍門で言えばUDG王座に当たる団体を象徴するベルト。
 ・UDG王座を受け継ぎ、初代王者にはCIMAが認定される。
 ・ベルトには「扉」と「鍵穴」がついている。
 ・扉の中には、その時の王者の名前が刻まれたプレートが入っている。
 ・挑戦者が「鍵」を持ち、勝利するとその鍵で扉を開け、自ら(挑戦者)の名前が入ったプレートと入れ替える。
 ・一度、プレートが入れ替えられると新王者が誕生するまで扉は封印される。
 ・王者が防衛した場合は、挑戦者のカギがベルトの装飾品として取り付けられる。鍵の数が防衛回数となる。
 ・「ODG」などと略してはいけない。略語は「ドリームゲート」。
 よく考えれば、それほど複雑な話ではないんですけど・・・。挑戦するには「鍵」が必要ってぐらいが重要で、あとは直接試合に関係することはない。
 でもね~、こう書き出してみると分かりにくく感じる(笑)。扉を開けるのがどうのってのはいらなかったような。

 で、今回の挑戦者を決定する試合ルールがまた複雑・・・。

 「キーハンディング4WAYマッチ」
 ・4つのコーナー、計12個のターンバックルのいずれか1つに「鍵」が隠されている。
 ・試合の結果に関係なく、鍵を見つけだした選手が「挑戦者」となる。
 ・ただし、ターンバックルを開封できるのは1人につき3つまで。3つ開けても鍵が見つからなければ退場。
 ・フォール・ギブアップを奪われた選手は退場。
 ・残り2人になった場合、ターンバックルは何個でも開けることができる(最後の1人になれば自動的に鍵獲得)。
 これはホントに難しいよ。1回じゃ絶対理解できないでしょ~。
 ターンバックルに隠すってのも何だか貧乏クサイ。どうせなら「箱」とか作ればいいのに。まぁこのルール自体が当日発表だったとこを見ると直前になって決まったんでしょうけど。
 試合は見てないんでお客さんの反応がどんな感じだったのかは不明ですが・・・。

 観戦記をいくつか発見。
若のひとりごと:天国と地獄
ELDORADO:プロレス見るなら後楽園ホール
KEIPAN COLLECTION: DRAGON GATE 後楽園ホール大会
 こちらの皆さんは楽しく観戦なさったようです。あまりメインについても「分かりにくい」というような意見もありません。

 こちらの方は・・・。
noblog:DRAGON GATE 0828後楽園ホール大会

 闘龍門は、CRAZY-MAX vs イタリアンコネクションだよ。
 CIMAの亜脱臼でCRAZY-MAXが敗戦したり、戦闘服とかいつも殺伐とした雰囲気。
 ヒール(だった)のイタコネ勝利早くCRAZY-MAXに仕返しして欲しかった。
 大鷲vsCIMAの抗争も面白かった。

 だけどDRAGON GATEは何だか全試合楽しい試合なんだよなぁ。
 今後はしばらくスカパにします。
 絶対にDRAGON GATEの今の戦略は失敗だ。

 闘龍門JAPANvsT2Pの抗争は私も好きでした。お互いのジェラシーを増幅させて「ガチ」な構図を作り上げた素晴らしい抗争。有明のCIMAvsミラノはのめり込ませるモノがありました。
 あの頃と比べると、あまりにも皆が仲良くなりすぎたのかもしれませんね・・・。ミーハーさんはその方がいいのかもしれませんが、プロレス的に見ると「殺伐とした雰囲気」が消えるのはよくないです。
 「鍵を奪い合う」というゲーム性の高いルールは「ほのぼのムード」に拍車を掛けることにならないか? そんな感じで問題提起しておきます。
 ところで挑戦者決める度に毎回この鍵捜しやるんですかね?

 まぁ、その話はおい説いても、横須賀には期待したいですね。
 代々木に関してはあとで別記事書きます。

■関連リンク
DRAGON GATE Official Site
開け!闘龍門 Ver.2.0
■関連記事
SUWA、DRAGON GATE退団
闘龍門改め「DRAGON GATE」
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.09.01

西村修、ヒールに目覚める

西村ヒール解禁、グレート有我だ [スポーツ報知ホームページ

 川田戦を前に西村がヒールに目覚める?

8/30 全日本・北海道釧路鳥取ドーム(2600人・超満員)
 グレート・ムタ、○西村修(19分46秒 グラウンド・コブラ)小島聡、●本間朋晃

 ムタが凶器攻撃で血祭りに上げた小島聡(33)を、返り血を浴びながら攻め立てる表情は、鬼そのもの。最後はイスを振り上げた本間に赤毒霧を噴射。そのままグラウンド・コブラツイストで3カウントを奪った。試合終了後、本間を会場外まで連れ出すと、ムタとともに大型トラックに乗車。そのまま本間をはね飛ばし、無我と完全けつ別。口を毒霧で赤く染めた西村は「人の血を見るのは快感だね。そのまま殺してやろうかと思った」とニヤリ。さらに「無我なんていらない。どっちが血を見るかだ」と川田戦へ向け、まさかの完全ヒール宣言をぶち上げた。

 毒霧に続きトラックでひき逃げですか! 生GONで映像見ましたが、トラックの運転はムタさん。西村は箱乗り(笑)。ところがムタがエンスト連発、ガックンガックンいっちゃって西村さんはトラックから落ちそうに(笑)。
 「殺してやろうかと思った」という天山あたりが言えば説得力ゼロの台詞も淡々と離す西村口調だと恐さがにじみ出てきます。
 この記事内の画像も・・・目がイっちゃってます。
 三冠戦を前に思わぬキャラチェンジとなりました。意外な試合展開になりそう。

 「無我」を信念とする西村にすればヒール色は似合わないイメージですけど、師匠のカール・ゴッチはドイツ系なこともあって、海外ではほとんどヒールとして活躍してたようだし、ある意味、無我の「本道はヒールにある」とも言えるか。ゴッチは毒霧とか使わないだろうけど。

■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
西村修・オフィシャル/終わりなき旅
■関連記事
カール・ゴッチ - プロレスラー選手名鑑
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.31

8/31 IWAジャパン・代々木第2大会、会場から速報

8/31 IWAジャパン・代々木第2(2800人)、結果 [スポーツナビ

※9月1日に5つの記事を1つにまとめました。

 客入りは4割ぐらい。それでほとんど招待券だろうしねぇ。俺もそうだけど。引き替えてもらったチケはリングサイド4列目だった。
 第1試合は省略。セブンがちょっとだけ痩せてた。ちょっとだけね。

 [2]J横田&竹迫望美vsCボリショイ&木村響子
 竹迫を除けばハイレベル。でも竹迫も前に比べればマシになったよ。
 試合中にレザーフェイスのチェーンソー音が! ・・・何も起らず控え室で試運転してただけ〈笑)。
 11分14秒、フィッシャーマンズ・バスターで横田が木村をフォール。

 今日のIジャおばさんは全身豹柄。まだおとなしい。

 [3]トーナメント1回戦:  ジョージ・ハインズvsコンガ・ザ・バーバリアン
 両者とも、それなりに動きイイ。もう一試合あるからか早めの決着。  4分23秒、投げ捨てパワーボムでバーバリアン勝利。意外な結果・・・。
 [4]トーナメント1回戦:  ブルーザー・コングvsハクソー・ジム・ドゥガン
  ブルーザーはハンセンとの合体テーマで登場。でも音源ひどくて音割れまくり。  ドゥガンは金髪の女性マネージャーを連れてきたんだが・・・これがオバチャン!  ドゥガンの「ホー」とブルーザーのシャウトが交錯! 素晴らしい!  4分1秒、必殺のクローズライン一発でドゥガン勝利。  技はほとんどナシ、でも面白かった~。
 [5]トーナメント1回戦:  ビッグ・ボスマンvsフレディ・クルーガー
 ボスマンは雰囲気あってやっぱカッコイイ!  なんと2分47秒で終了。スクラップ・バスターでボスマン勝利。  皆さん省エネ。でも、このぐらいの試合時間が正しいのは間違いない。
 [6]佐々木健介vsレザーフェイス
 レザー、試合前にあまり暴れず。  健介、チェーンソーに対抗かスコップ片手に登場〈笑)  試合は健介が圧勝。2分42秒、ノーザンライト・ボムで健介勝利。  試合後、チェーンソーを持ち出したレザーを健介がスコップで迎撃。チェーンソー奪って火花を飛ばす!  もうちょっと健介には遊んでもらいたかったなぁ。
 [7]トーナメント準決勝:  ハクソー・ジム・ドゥガンvsコンガ・ザ・バーバリアン
 ドゥガンのオバチャン・マネージャーがコスチュームを変えている〈笑)。誰も喜ばねーよ!  これまた短時間決着、3分41秒、クローズラインでドゥガン勝利。  退場するドゥガンの横を健介がダッシュ。売店へ向った。

 ポンポン進んでいいねぇ。

 [8]小島聡vsチョコボール向井
 レフェリー・和田京平、リングアナ・木原さん。
 ここまでおとなしかったIジャおばさん(佐伯さん)が爆発。小島、京平を挑発〈笑)
 7分51秒、ラリアットで小島勝利。
 小島が付き合ってくれたこともあるがチョコさん健闘。駅弁も決めました。
 試合後、小島はIジャおばさんと握手。つけていた鼻バンドをオバチャンの鼻につけてやる。オバチャンご満悦。さっきまで小島を口撃してたのに〈笑)
 オバチャン・コール発生。この日一番の盛り上がり。
 オバチャン「たまにはお姉さんっていいなよ」
 爆笑。
 [9=セ]トーナメント決勝:
 ハクソー・ジム・ドゥガンvsビッグ・ボスマン
 ドゥガンのホーが大人気、中西を超えた〈笑)
 3分12秒、角材ごと吹っ飛ばすクローズラインでドゥガン優勝。
 ハッピーエンドだ! 渋谷パレードは・・・ない。
 [10=メ]川田利明vs松田慶三
 気合が入る松田、花道をダッシュしてリングに滑りこむ・・・失敗、角にひっかかる。
 場内は松田を応援。雰囲気はいいぞ。
 やはりレベルは違う。チョップ合戦、松田も返すが川田のチョップは段違い。
 ブレーンバスター切り返したりで松田も意地は見せたが。
 8分17秒、高角度のパワーボムで川田勝利。
 これでも川田は付き合ってくれた方だろうなぁ。
 試合後、松田マイクもハウリングしまくり〈笑)。
 川田は即退場。

 充分、面白かったです。一年に一回ぐらいならいいな〈笑)
 毎月見てたら飽きるだろうけど。

 試合時間が一番長かったのは第2試合の女子プロだった。それも11分。
 いいんだよ、これで。

終了です。

■関連リンク
IWAジャパン公式HP
■関連記事
スティーブ・ウィリアムス、がん告白
IWAジャパンがジャック招へいへ ←ホント?
松田 超大盛りカレー食った!
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ZERO-ONE、大谷新体制

橋本不在で大乱闘 大谷体制に若手が反旗 次期シリーズは綱引きマッチで開幕
 [スポーツナビ

 いよいよ橋本が欠場するZERO-ONE。新シリーズを前に会見を開きました。

 橋本以外の、ZERO-ONEを主戦場とする選手が会見に集結。リング上では大谷晋二郎選手会長が指揮を取り、代表代行は中村祥之宣伝部長が兼務、さらに高岩竜一と坂田亘が道場でのコーチを務めることが発表された。しかし、佐藤耕平や横井宏考、田中将斗が大谷体制に反旗を翻したため、会見は乱闘騒ぎとなってしまった。大谷は「いいぞ、どんどん自己主張しろ。先が思いやられるけど、まとめてやるよ」と強気に言い放ったが、橋本という大黒柱を欠くZERO-ONEは、前途多難な9月シリーズを迎えることとなった。
 まぁ乱闘はZERO-ONEのお決まりなんでどうでもいいんですが、ベビー・ヒール問わずに集めての会見ってのは意気込み感じますよ。
 橋本が出なくなったことで思わぬ選手が出てきたりすれば面白い。まぁ、混沌としすぎで観客に伝わらず、ファン離れに拍車がかかるようだと困るんですが。大谷が中心になるのはいいんだが、対抗勢力がないんだよなぁ。

 中村代表代行はZERO-ONEをバルチック軍団と称してます・・・それはハッスルっぽい感じなんで止めたほうがいいような。ハッスルとの関係もハッキリさせないとなぁ。島田や総統の登場が一番面白いようじゃマズイ。
 私もZERO-ONEは好きな団体なんで、なんとか一時の勢いを取り戻して欲しいもんです・・・。
 シリーズ開幕戦は綱引きで決定。斬新なネタとは思えんが大丈夫か?

 29日の岐阜大会の生GONダイジェストにおける大谷・大森の会話。

 大谷「俺達はプロレスやってないと死んじまうんだよ! ウサギみたいなもんだ!」
 大森「それを言うならマグロだろ!」
 ウサギは寂しいと死んじゃうんだよなぁ。
 大谷のマジボケを見事に大森さんがツッコミ! この2人、意外といいコンビになりそうだ。

■関連リンク
ZERO-ONE official fight site
■関連記事
河口湖ZERO-ONE合宿レポートアルバム  ←ヒール軍も入っての合宿。楽しそ。
橋本、地元ファンに完全復活約束
橋本真也「今のZERO-ONEはおかしい」
■PR
こちらから「ブラック・アイ」、現在のBLOGランキングが確認できます

| | コメント (3) | トラックバック (1)

國奥麒樹真、パンクラス退団

國奥がパンクラスを退団 「一から実力を試す」  [スポーツナビ

 4月の後楽園で竹内に負けて引退もほのめかしていた國奥が退団・・・。

 会見に尾崎社長とともに出席した國奥は、契約更改があった4月から退団を考えていたことを明かすと、「パンクラスの中にいると守られてしまい、自分の価値が分からない。一度、自分の実績をおいてパンクラス以外の場所で一から実力を試してみたい」と退団の理由を語った。
 今後については、「出られるところには出て行きたい」とフリーとしてさまざまな興行へ参戦する意向を示した。また、パンクラス最古参メンバーとして盛り上げてきた団体を離れる感想を「寂しい気持ちがないと言えばウソになるが、今は今後の未来が開けた楽しみの方が大きい。道場でのキツい練習や、仲間と遊んだことが楽しい思い出として鮮明に残っている」と話した。
 なお、現ウェルター級王者として國奥はベルトの返上を申し出たが、尾崎社長はひとまずコミッショナー預かりとする考えを示した。なお、これまで國奥が務めていた横浜道場の道場長は、伊藤崇文に引き継がれる。
 「出られるところには出ていきたい」ということですが・・・出れる場所は限られるでしょうね。パンクラス退団→PRIDE武士道ってのは虫が良すぎる。DEEP・修斗と言った感じか。プロレスはないでしょうね。
 退団後の練習先などまったく決まってないそうです。
 これで藤原組経験者(國奥は練習生)で残ったのは高橋義生だけになってしまった・・・。あ、鈴木と富宅も一応パンクラス所属か(笑)。


■関連リンク
P A N C R A S E
■関連記事
野地竜太、KO負け
04/02/06 後楽園ホール 三崎vs國奥
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.08.30

マラソン相撲


 こんなの拾った。

 マラソン相撲・・・WWSのマラソンマッチでネタにしそうな・・・。

■関連リンク
W.W.Sプロレス謎のアシスト
■関連記事
マラソン、前代未聞のハプニング 最後を飾れなかったアテネ五輪
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石狩vs中嶋、時間切れドロー

 一行名勝負。
 しばらくやってなかったんで、まずは27日(金)までの分を。

 8/23 全日本・後楽園ホール(2100人・超満員)
 △石狩太一(15分時間切れ 引き分け)△中嶋勝彦
 石狩にしたら微妙な結果ですね。25日にも同じカードでやっぱりドローでした。中嶋君の第1試合シングルは意外と珍しい。
8/24 DRAGON GATE・お台場冒険王(689人・超満員札止め)
 谷嵜なおきのDoFIXERへの道~波乗り追加5番勝負・第4戦:○ストーカー市川(3分33秒 かんちょう→タオル投入→TKO)●谷嵜なおき
 お台場で負けっぱなしのストーカーが勝ったということで。
8/25 NOAH・秋田県立体育館(2400人)
 ロウキー、○リッキー・マルビン(12分20秒 横回転式エビ固め)丸藤正道、●百田光雄
 このメンバーに百田さんが入るのは大変だ。百田さんをKENTAか鼓太郎に替えれば凄い試合になりそう。
8/27 全日本・北海道旭川(1200人・超満員)
 ○グラン浜田(8分44秒 腕ひしぎ逆十字固め)●中嶋勝彦
 これは中嶋君、勉強になったでしょう~。浜田さん、娘・文子より年下と試合するとは思わなかったでしょうね・・・。
8/27 全女・埼玉伊奈町中央駅入り口交差点横広場(653人)
 △A・KONG(10分11秒 両者リングアウト)△ザ・ブラディー
 このドローはブラディーが頑張ったのか、KONGが暴れすぎで収集つかなくなったのか・・・。

■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
DRAGON GATE Official Site
全日本女子プロレス
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
こちらから「ブラック・アイ」、現在のBLOGランキングが確認できます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/23RAW~8/26スマックダウン

8/23 WWE・RAW、結果

 [・]ディーヴァ・コンテストにロック登場。 
 [1]インタコンチ戦:○クリス・ジェリコ(急所攻撃?→反則)●エッジ
 ※王者・エッジ防衛
 [2]○ウィリアム・リーガル(金具つきパンチ)●リック・フレアー
 [・]HHHがオートンに対し、「ベルトを無償で俺に譲れ」と迫る。
 ・オートンはNO。完全にエボリューション離脱。
 ・次回PPVで「ワールドヘビー級C:オートンvsHHH」決定。
 [・]リタとケインの結婚式
 ・リング上で結婚式。リタはまだ納得できない様子。
 ・誓いの言葉の前に・・・トリッシュが乱入。長年のライバル・リタと乱闘。それが収ると・・・
 ・マット・ハーディー乱入、リタを奪って逃げようとするが、突然、出口に炎の壁が出現!
 ・マットはケインに掴まり、ステージ下へチョークスラムで叩きつけられる。
 ・ケインはリタと誓いのキス。結婚成立!

 結婚式はどうだろ・・・。トリッシュにマットが乱入ってのは小粒すぎ・・・。サプライズはなかった、と言っていいかな。
 フレアーvsリーガル見たてぇええ!

8/26 WWE・スマックダウン、結果

 [・]先週、車にペンキをかけられたエディはカートとの対戦を要求。
 ・アングルは駐車場で待ち伏せ。
 ・エディはアングルの車を鉄パイプでボコボコにする。
 ・その車は・・・セオドアGMのリンカーンだった。エディ騙される。
 ・騙したアングルもセオドアの車とは知らず・・・。
 [1]○RVDvs●鈴木健想
 ・試合後、健想とレネ・デュプリでRVDをボコボコに
 [2]○カート・アングルvs●レイ・ミステリオ
 ・GMセオドアの車を壊したアングルへの制裁マッチ
 [3]USヘビー級C5本勝負2本目:○ブッカーT(ロープ足のせフォール)●ジョン・シナ
 ・これで1-1。
 [4]○ビリー・キッドマンvs●チャボ・ゲレロ
 [5]WWEヘビー級C:○アンダーテイカー(JBL乱入→反則)●オーランド・ジョーダン
 ※王者・ジョーダン→JBL防衛(?)
 ・ジョーダンが負傷中のJBLに代わって王者として試合を行った(セオドアのGM決定)。
 ・試合後はテイカーがJBL&ジョーダンをまとめてボコボコに。
 [・]来週、エディvsアングル。

 
 「カートvsエディ」「テイカーvsJBL」の2本立てで進んでます。PPVはまだ先なんで、どこまで引っ張れるか・・・。
 チャボがキッドマンのシューティング・スター食らってヤバイ状態になったみたい。

■関連リンク
WWE.com
■関連記事
サマースラム~8/19スマックダウン
■PR
英語サイトの翻訳に四苦八苦・・・英会話学校を探そう

クリス・ベノワ名勝負集DVD
WWE クリス・ベノワ...
本編83分+特典282分! 9/24発売。予約すれば20%OFF。 

ブラック・アイがお届けする・・・WWE、DVDほか紹介コーナー
DVD等を購入できます。最新の作品もあり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年8月22日 - 2004年8月28日 | トップページ | 2004年9月5日 - 2004年9月11日 »