« 2004年6月20日 - 2004年6月26日 | トップページ | 2004年7月4日 - 2004年7月10日 »

2004.07.03

闘龍門の抗争をおさらいしよう その3

 7/4闘龍門・神戸ワールド大会(速報します)に向けての抗争おさらい、ラストとなります。3日連続と言っておきながら、昨日は更新できなかった・・・。

 いろいろあったんで博多大会は試合後との振り返り。
6/27 博多スターレーン(2200人・超満員札止め)

 [1]望月成晃、横須賀享(10分39秒 悪冠一色・新井&土井乱入→無効試合)近藤修司、YASSHI
 ・試合前、横須賀がDoFIXER卒業をマグナムへ申し入れる。「好きなようにやれ」とマグナムも了承、お別れのダンス。
 横須賀がDoFIXER卒業、今後は望月と合流か?
 [3]UDG王座決定トーナメント出場者決定戦
 ○YOSSINO(7分37秒 裏4の字固め)●ミラノコレクションA.T.

 ・試合内容に満足しないYOSSINOがアンソニーとの試合を要求
 [急遽追加]○YOSSINO(2分27秒 ソル・ナシエンテ)●アンソニー・W・森
 ※YOSSINOがトーナメント出場

 ヒザを負傷していたミラノは試合にならず。3人しかいないイタリアン・コネクション、トーナメントの結果がユニットの命運を左右する?
 [急遽追加]○マグナムTOKYO(1分55秒 エゴイスト・ドライバー→踏みつけ式体)●高木省吾
 ・第4試合に出場したカラオケマシーンの紹介でリングに上がった山本穣二が「私は闘龍門、そしてマグナムが大好きです。だけど神戸で復帰とかヌルイこと言ってんじゃないよ。お前は博多で潰されたんだろう、だったらここで復帰するのが、お前の生き様じゃねぇのか」とマイク。
 リング上でマグナムと山本穣二がにらみ合い、マグナムが折れて急遽試合を行った。
 前回のスターレーンでは佐々木健介登場、今回は山本穣二! 毎回、博多ではサプライズがある。
 [6=メ]ノーロープマッチ
 CIMA(5分19秒 両軍セコンド乱入→無効試合)△大鷲透

 再試合:○CIMA(11分5秒 シュバイン→片)●大鷲透
 ・大鷲マイク「俺はCIMAを認める。7/4は近藤と最高の試合をみせてくれ」
 ・CIMAマイク「俺は大鷲と闘うことでプロレスラーとして成長することができた。ここで得たベホマ(スペイン語で「最高の快感」)を神戸に持っていく」

 2勝2敗で迎えたCIMA・大鷲最終決着戦。メチャクチャ盛り上がったみたいです。
 CIMAと大鷲は微妙な関係に。ヒールらしからぬ大鷲のコメントが神戸にどう繋がっていくか。

 ついでに、各ユニットの構成も書いておこう。

C-MAX
 CIMA、SUWA(欠場中)、ドン・フジイ、TARU
DoFIXER
 マグナムTOKYO、堀口元気、斎藤了、K-ness(欠場中)、谷嵜なおき(見習い)
悪冠一色
 近藤修司、大鷲透、"b"YASSHI、高木省吾、菅原拓也
イタリアン・コネクション
 ミラノコレクションA.T.、YOSSINO、アンソニー・W・森
元M2K(軍団名未定)
 ドラゴン・キッド、新井健一郎、セカンド土井
元M2Kと共闘(今回限り)
 望月成晃、横須賀享
フリー
 フロリダ・ブラザーズ、ストーカー市川、スペル・シーサー
 正直、ちょっと軍団多すぎです(笑)。多くても3つぐらいにまとめてくれ~。

 これで終了。ハッキリ言って、私がよく分からなかったんで情報まとめたかったってのが本音。
 速報お楽しみに。・・・これで当日用事できてPPV見れなくなったらどうしよう・・・。
 
■関連リンク
闘龍門公式ページ
Uno Dos Tres TORYUMON /テレビ西日本
開け!闘龍門 Ver.2.0
■関連記事
闘龍門の抗争をおさらいしよう その2
闘龍門の抗争をおさらいしよう その1
ドラゴン・キッドが「EL NUMERO UNO」優勝
■PR
他の格闘技・プロレス関係のBLOGをチェック

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パンクラス韓国大会、中止

7.17 パンクラス韓国大会中止に関しての尾崎社長会見 [P A N C R A S E

 また中止か・・・。

 尾崎社長:今回、7月17日(土)に行われる予定でしたパンクラス・ソウル大会は、誠に残念ながら中止となってしまいました。理由は、主催者であるジュライ・メディアが、契約上1ヶ月以上前に支払わなければならなかったギャラを延滞し、そして未だに支払われてないこと。
 韓国・プロモーター側の問題のようです。とにかく韓国・格闘イベントは中止・延期が多い。
 先日行われたグラジエーターがまともに開催されたぐらいで、それ以外は興行中止の嵐。これじゃ日本の団体も協力しにくい。
 2・3日前にSAMUARI!でグラジエーターの試合をダイジェストで見ました。PRIDEばりの入場ゲート&演出があったりで、かなり力入れてましたね。客入りは確認できませんでしたが、盛り上がってる感じは伝わってきました。信用していいのはここだけ? K-1も気をつけてくれ。

 7/17で予定されていた「ジョシュ・バーネットvsロン・ウォーターマン」等のカードは日本で行う方向で動いていくようです。これは嬉しいニュース。

■関連リンク
グラジエーター公式
+ Josh Barnett.tv
■関連記事
韓国MMA、ド真ん中の魔力?で中止
■PR

検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!


検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.02

全日本プロレス、ケンドーカシンを解雇

 2日午後2時より、全日本が事務所にて会見をおこない、ケンドー・カシンを7月1日付で解雇したことを発表しました。
解雇理由は[何度か無断欠場している][世界タッグ王座を冒涜した]など。


よくわからん。アングルっぽい雰囲気ナシ。

※以下は7/3に書き足しました。

 スポニチはカシンに接触成功!
カシン絶句!全日から電撃解雇  [スポニチアネックス ホーム

 都内某所にいたカシンはスポニチの直撃に「寝耳に水。初耳です」と絶句した。「これは中西が裏で動いている。やられた。さすがですね。彼を見直しました。オレは全日本が好きなんスよー、大好きッ」。天敵とマグマで全日本愛を表現した。
 再就職先の条件は(1)社長が漫画ばかり読まない(2)社長が株の売却方法を知っている(3)社長が高級魚のキンキをごちそうしてくれるなど社長重視で探す。「良い条件で契約してくれるなら、ぜひともこちらからうかがいます」と謙虚に正座していた。
 再就職先の条件って武藤社長のことなのか? まだキンキに拘ってる(笑)。2丁目劇場の「全日本買ってくれ」発言が解雇のキッカケだったら笑えるなぁ。今後は浅野さんのお世話になる? 
 NOAH・ドーム参戦も白紙。永田はタッグを継続していく発言してますが世界タッグは剥奪でしょう。

■関連リンク
全日本プロレス オフィシャルサイト
■関連記事
ケンドー・カシン、新宿2丁目劇場登場
海産物 キンキ
■PR
カシンじゃなくても美味しい魚を食べたい

| | コメント (5) | トラックバック (4)

闘龍門の抗争をおさらいしよう その2

 7/4闘龍門・神戸ワールド大会(速報します)に向けて、抗争をおさらいしてます。

6/5 埼玉・桂スタジオ
 悪冠一色・代表決定戦
 ○望月成晃(14分10秒 高角度回転エビ固め)●近藤修司
 ※望月がトーナメントへ
 リーダー決定戦も兼ねて行われた試合、介入なしのファイトで望月が勝利。仲間割れ気味だった2人は握手して和解へ・・・。
6/6 埼玉・本川越ペペホール アトラス
 谷嵜なおきに勝利した望月に大鷲ら悪冠一色メンバーが襲いかかる。
 近藤マイク「誰がお前なんかについていくか」

 UWA世界6人タッグC
 キッド、新井、土井(17分8秒 悪冠一色乱入→無効試合)ミラノコレクションA.T.、YOSSINO、A・W・森
 ※王座はコミッショバー預かりに(空位)

 たった1日で分裂・・・というか、前日の和解がダマシだったということか。望月は事実上、悪冠一色を追放された。
 「悪冠一色のメンバーではない」ということで望月のトーナメント出場は白紙に。
 怒った望月は6/20ディファで悪冠一色との対戦を要求。「何でもやってやる」という発言に対し、近藤はハンディ戦を要求。
6/20 ディファ有明
 トーナメント出場者決定戦=1-2ハンディ戦
 望月(2分32秒 ノーコンテスチ)大鷲、近藤
 ※乱入した横須賀享を望月のパートナーとして再試合

 トーナメント出場者決定戦
 大鷲、○近藤(15分14秒 ラリアット→体)●望月、横須賀
 ※近藤がトーナメント出場

 元祖M2K復活も及ばず。試合後、新井・土井が乱闘を止めるために登場。望月は「望月・横須賀・新井・土井」でチームを組むよう懇願。納得しない横須賀らに対し、自らの髪の毛をハサミで切ることで誠意をみせる。結局、新井が折れて神戸一回限りでチーム結成が決定。

 明日は博多大会まで一気に。

■関連リンク
闘龍門公式ページ
開け!闘龍門 Ver.2.0
■関連記事
闘龍門の抗争をおさらいしよう その1
ドラゴン・キッドが「EL NUMERO UNO」優勝
■PR
ブラック・アイのランキングを確認

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ターザン山本改名

今日からボクはターザン山本!だ!  [ターザンカフェ

 ターザン山本 → ターザン山本!

 ここからは1年の後半戦のスタートなのだ。ボクとしては名前を今日から「ターザン山本」改め「ターザン山本!」にする。
 姓名判断は無視できない。このトシになって初めてそれを自責した。それを教えてくれたKさん、ありがとう!
 ホンットにどうでもいいんですが(笑)、姓名判断に従ったそうです。2画増やせば吉数になるってんで「!」をつけた。これでも2画増えたことになるのか(笑)。「ターザン・山本。」ってのもあったらしい。まぁ、今更「。」終わりもねーだろって感じ、まだ「!」の方がいい・・・か?
 2画増やすんだったらいろいろ考えよう。
 「ターザン山本X」「ターザン=山本」「ダーザン山本」・・・「ターザン+山本」だと検索しやすい。我ながらつまらんなぁ。
 Kさんによると「ノア」の小橋建太選手も〝健〟から〝建〟にかえて、浮き沈みの多い凶数の総合運34画から、吉数の32画になったというのだ。
 小橋さんは改名以来好調ですね。今後のターザンさんを見守りましょう。
 ・・・ネットに進出するとオチョクリにくいなぁ。

■関連リンク
山本式姓名判断 ←偶然、こんなのあった
■関連記事
小橋建太/レスラーノート
■PR
ていねいなサポートが当社のウリです。ASJホスティングサービス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.01

闘龍門の抗争をおさらいしよう その1

  ドラゴン・キッドの優勝で盛り上がった代々木大会。あれから約2ヶ月、闘龍門は7/4神戸ワールドでビッグマッチを迎えます。もうチケットはほぼ完売なんですって~。
 当日、ブラック・アイではPPV見ながらの速報を予定。それに向けて抗争のおさらいを3日連続(予定)でやってみたいと思います。

 情報は週プロからの引用。とにかく闘龍門はネット系の情報が乏しい。いいサイトあったら教えて。

5/9 海峡メッセ
 UWA世界6人タッグC:
 ○ドラゴン・キッド、新井健一郎、S土井(19分2秒 ウラカンラナ)大鷲透、●近藤修司、"b"YASSHI
 ※挑戦者王座奪取(第29代)
 望月が乱入も近藤に誤爆。悪冠一色に不協和音。
 ドラゴンキッドは絶好調。
5/23 ディファ有明
 ○CIMA(14分0秒 シュバイン→片)●大鷲透
 大鷲との完全決着のため白コスチュームで登場のCIMA、コダワリのシュバインで巨漢を持ち上げ完勝。
 試合後、各ユニットが登場してUDG王座(SUWAの負傷欠場→返上で空位)獲りを宣言。4つのユニットから1名つづ代表を出して7/10神戸ワールドで王座決定トーナメントを行うことに。
・各代表
 軍団名称未定(元M2K系):ドラゴン・キッド
 C-MAX:CIMA
 悪冠一色:6/5桂スタジオ[望月成晃vs近藤修司]の勝者
 DoFIXER&イタコネ:6/27博多[ミラノコレクションATvsYOSSINO]の勝者
 代表決定戦が2つ。
 テーマは悪冠一色の内部抗争が中心となってくる。

 明日へ続く。

■関連リンク
闘龍門公式ページ
開け!闘龍門 Ver.2.0
■関連記事
ドラゴン・キッドが「EL NUMERO UNO」優勝
■PR
ブラック・アイのランキングを確認

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ケンドー・カシン、新宿2丁目劇場登場

生GONから。

 お馴染み「タントラ」で行われたIWA・会見、珍しく何事もなく終了かと思われたが、そこに浅野社長経営の定食屋「花膳」から「マスクマンが店に来てる」と電話が入る。
 「花膳」に行ってみると、そこにいたのはケンドー・カシン!(オマケでBLUE-Kも)。
 以下2人の会話。
 カシン「キンキ(高級魚)はないのか?」
 浅野「ナイわよ、ホッケでも食べて~」
 店のメニューを見ると、なぜか値段が書き換えられている。860円のホッケ定食が9860円に!
 間違いなくカシンの仕業。カシンはホッケ定食を食べている。

 カシン「キンキがないなら全日本プロレスを買ってくれ」
 浅野「いいわよ(!)、その代わりIWAの試合に出なさい!」
 カシン「分かった。」
 そう言うとほとんど食べ残したホッケ定食の代金として1万円を浅野社長に差し出す。
 カシン「お釣りはいらないから」
 と言って店を出る。
 浅野「こんなにもらえないわぁ~、待ってぇ~」
 カシンを追いかける浅野、そこに遅れて店を出てきたBLUE-Kが自転車でやってくる。
 なぜか浅野社長と衝突。
 地面に倒れ込んだ浅野社長、カシンはそれをまったく気にせず新宿の街に消えていった。

 ガハハハ。なんだか分からないけど、7/21IWAジャパン・後楽園大会にカシンの参戦が決定したみたいです。
 ウィリアムスを絡ましたり、最近の2丁目劇場は豪華なメンバーで攻めますな。
 それにしても全日本買えちゃうの? ライブドアーばりの大盤振る舞い。武藤社長が「俺が知らない人には売らない」とか言いそう(知ってるか)。

 あ、IWA・8/31代々木第2大会決定だそうです。ホントはそれの発表会見だったんだ~。

 おまけ:7/21にはチョコボールさんも出ます。チョコさん、今回は自粛してないみたいですね。

■関連リンク
IWAジャパン公式
全日本プロレス オフィシャルサイト
■関連記事
浅野社長、ウィリアムスにサンマで襲われる!
ホントかよ! 「キンロクのよかちん音頭」がHMV22位
■PR
カシンじゃなくても美味しい魚を食べたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田延彦と赤井英和、トリビア登場

トリビアの泉

 今日のトリビアに高田の名前が・・・。

 赤井英和と高田延彦は、カラオケの持ち歌を巡って殴り合ったことがある。
 これって有名な話ですよね。持ち歌を巡って、というのは知りませんでしたが。
 94年頃、ハウンドドックの「オンリー・ラブ」を赤井高田が歌おうとしたところ、「それは俺の歌だ」と高田赤井がマイクを奪う。そこで殴り合いスタート(笑)。
 翌日、酔っぱらって何も覚えていない赤井は友人に話を聞いて青ざめ、慌てて高田に謝ったんだとか。
※ちょっと記憶が曖昧なんで、間違いありましたら突っ込みお願いします。

 番組の中に赤井さんが登場、「今ではいい仲ですよ」的発言。
 当然、高田も出てくるんだと思ったら「その件に関して高田はコメントを控えたい」と広報を通して出演NG! ホントは根に持ってるんですか?
 まぁ、落ちとしては完璧ですw。総統キャラを身につけて以来、笑いのセンスがupしてるんじゃないですか~。

■関連リンク
高田道場.com インデックス
トリビアの泉で沐浴 全トリビアリスト
■関連記事
ハッスルハウス結果
補足トリビア
■PR
お得な情報ネットで検索してみよう。

※一部間違いがあったので6/30 25時頃に訂正しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.06.30

靖国神社でプロレス

橋本、奉納プロレス復活へ 故・力道山以来の開催目指す  [スポーツナビ

 ハッスルハウスの翌日に靖国神社とは・・・。アフロじゃなくてよかったな~。

 橋本は「オレたちプロレスラーというのは、昭和からの短い歴史の中でも、皆それを見て、感動して勇気付けられる職業でなければいけない」と原点回帰を強調。1961年4月23日に故・力道山を中心に開催され、1万5千人の観客を集めた奉納プロレスの復活について、「古い方に戻るつもりはないけど、そこからの歴史がある。そこに触れて、何でもかんでも海外の真似をするんじゃなくて、立ち帰ることで、もしかしたら新しい発見があるかもしれない」と温故知新の姿勢を示した。
 橋本は、同神社の参拝を終え、非公式に開催を打診。「日本人の誇りを持って」奉納プロレスの復活を目指す。
 靖国プロレスは聞いたことあります。結構、いろいろやってるんですよね。

 「靖国」という本の書評から。
『靖国』・書評 [書評本屋「厳選館」

 たえとば明治4年(1871年)というはやい年代に、フランスからやってきたサーカス団が靖国神社(当時は招魂社)境内で公演をおこなったことが記録されている。この公演は商業的には失敗するものの、以後、靖国は国内外の著名なサーカス団の公演の場として愛用されるようになる。それとほぼ同じ時期に競馬、物産会(博覧会)、相撲など、およそ統一感のない雑多なイベントが立て続けに開催される。特に明治維新以降、「蛮風として廃止すべし」という声もあった大相撲は、靖国で本場所が開催され、「国技」としての体裁を整えることでようやく息を吹き返した。現在では戦没者の遺品を展示している遊就館にも、美術館に近い性格を帯びていた時期があった。少なくとも明治・大正期にかけては、靖国はイデオロギーの場としてよりも、庶民のためのハイカラかつキッチュな娯楽施設として機能していたのである。
 相撲こそ靖国興行を復活させた方がいいのかも。
 昭和36年(1961年)には力道山が率いるプロレス大会が奉納され、いまでいう「ミゼット・プロレス」(!)が1万人を超す観衆の喝采を浴びた。
 ミゼットプロレスだったんですか? 「力道山率いる」ってんだから日プロだろ? 昭和36年というと力道山刺殺事件の2年前、プロレス人気絶頂の頃でしょう。うーん、よくわからん。「プロレスが行われた」というのは間違いないんだろうけど。
 さらに極めつけは、太平洋戦争敗戦から1年も経たない時期に、靖国神社とその周辺を30を超す映画館、飲食店街、商店街、ホテル、国技館、能楽堂、劇場、各種教育文化施設を備えた、大アミューズメントパークにする計画があった事実だろう。
 凄いな・・・。まぁ、靖国神社は建立から130年の比較的新しい神社なわけで、新しいモノを取り入れることにアレルギーがそれほどなかった・・・のか?

 ちょっと前に佐山さんが「靖国奉納プロレスをやる」って宣言してました。先を越される・・・それともタッグ組むか・・・。橋本も→?

 どっちにしても、実現にはしばらく時間がかかりそう。

■関連リンク
ZERO-ONE official fight site
靖國神社
■関連記事
橋本真也「今のZERO-ONEはおかしい」
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

浜中和宏、猪木事務所入り?

浜中 猪木事務所入り [スポーツ報知ホームページ

 6月26日NJPW-USA・TOUKON 5でアイスマンに勝利した浜中、新日本入りではなく猪木事務所入りとなりそう。

 新日本の総合格闘技戦、アルティメット・クラッシュルール(5分3回)でジ・アイスマン(米国)と激突し2回40秒、KO勝ちを決めた。今後は野獣・藤田和之(33)擁する猪木事務所入りが決定的で、関係者は「新日本のリングにも上がることになるだろう」としている。
 猪木事務所ってことはK-1系にも出る方向か。プロレス転向って話だったんですが、MMAもまだやるんかな。デイリーだとLA道場所属になってる。

 この日の対戦相手・アイスマンはジャングルファイトで柴田にも負けてます。ヤヲかもしんない。ま、あんま気にすることではない。

 この大会についてBurningSpirit(バーニングスピリット)さんの記事で注目すべき点が。
6/26 LA道場マッチに出てた気になる男

ここでちょっと気になる名前が。
2試合目の「Taiji Ishimori」って恐らく闘龍門の石森のことだろう。
LA道場とどういう繋がりがあるのか?
そしてもっとも気になるのが第1試合の「Koji」。
これって小原のところで総合格闘技やってた鋼侍?
 新日本が発表してる以外にも試合あったんですね。
 メヒコ勢も何人か出てるようなので石森は紛れ込む可能性がまったくない、とは言えないだろうが・・・。鋼侍はどうなんでしょう。プロレスルールだったみたいだし、本当に鋼侍であれば動向が気になるところ。
 石井淳に勝ったりしてますんで、いろんな方面で期待できそう。・・・ところで小原は何をやってるんだ?

■関連リンク
NJPW OFFICIAL WEB SITE
NJPW.com: New Japan Pro-Wrestling
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

こちらから「ブラック・アイ」、現在のBLOGランキングが確認できます

| | コメント (3) | トラックバック (1)

前田日明、中嶋君を指導

前田日明が中嶋勝彦を指導! [スポーツナビ

 今更ですが、取り上げないわけにはいかない!

 27日、愛知県江南市の日本空手道璞名館(武内惣代表師範)において「前田日明格闘術セミナー」が行われた。参加したのは日頃、璞名館で総合格闘技の練習に励んでいる小学生から中、高校生約30名。このほか、前田氏の指導をひと目見ようと集まった父兄や関係者など大勢のギャラリーが詰め掛けて道場内は大変な熱気となった。その中で空手衣に身を包んだ前田氏が総合格闘技の基礎やトレーニング方法から試合を想定した実践的な技術を、野呂田秀夫メディカルアドバイザーがチューブトレーニングやけがをした際の応急処置などを約3時間に渡って指導をした。
 ・・・これって告知ありました? 「ギャラリー詰めかけ道場内は大変な熱気となった」って言うけどさ、動く前田が見れるのならば、全国、いや全世界から前田信者が集結しちゃうはずだから、「大変な熱気」どころの騒ぎじゃないはずでしょ! ヒッソリと地元だけに告知されてたんでしょうか・・・。
 中嶋君がリングス入りする予定だった秘話も出てます。リングス活動停止でなくなったそうですが・・・中嶋君は団体潰すパワー持ってるんか? 「中嶋が動くと・・・」なんてスレが2chに建たないように。

 で、前田さんの今後はどうなるの? そろそろ何かやってくれ~!

■関連リンク
健介office
武道通信
■関連記事
中嶋勝彦、WJ退団
■PR
他の格闘技・プロレス関係のBLOGをチェック

ジーニアスさんからの情報

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「The Great American Bash」結果

 まずは6/24WWE・スマックダウン

[1]10人参加クルーザー級バトルロヤル:優勝=チャボ・ゲレロ(Jr)
 ※チャボがPPVでクルーザー級王座に挑戦。
[2]○ビリー・ガン(反則)●鈴木健想
 ※マネージャー・ヒロコの塩攻撃。塩・・・やること100万年前とかわらんなぁ。
[3]○レネ・デュプリvs●ロブ・バンダム
[4]○エディ・ゲレロ(フロッグ・スプラッシュ)●ルーサー・レインズ
[5]○アンダーテイカー(ツームストン)●ジョン・シナ
 ※先週、試合をぶち壊されたシナがテイカーに対戦要求・・・も木っ端みじん。

6/27 WWE・PPV「The Great American Bash」

[1]USヘビー級C=4WAY:○ジョン・シナ(FU)●ブッカーT、ロブ・バンダム、レネ・デュプリ
 ※王者・シナが防衛
[2]○ルーサー・レインズvs●チャーリー・ハース
[3]クルーザー級C:○レイ・ミステリオ(回転エビ)●チャボ・ゲレロ
 ※王者・ミステリオが防衛。ゴリー(スペシャル)ボムを切り返し。
[4]○鈴木健想(バックブリーカー?→PF)●ビリーガン
[5]○トーリー・ウィルソンvs●セイブル
 ※コンテストじゃなくて普通の試合だったみたい。
[6]○モーディーカイvs●ハードコア・ホーリー
[7]WWEヘビー級C=テキサス・ブルロープマッチ:○JBL(4コーナータッチ)●エディ・ゲレロ
 ※挑戦者・JBLが王座奪取。4つのコーナー全てにタッチ(ポスト設置のランプ点灯)すれば勝ち。一旦はエディが勝ち名乗りを受けるが、アングルGMによるビデオ審査の結果、勝利は無効。JBLが逆転勝利。
[8]テイカー“勝ったら”ベアラー・セメント生き埋め戦=1-2ハンディ:○アンダーテイカーvs●ダッドリーズ
 ※ヘイマンから負けるよう命じられていたテイカーだが、本能のまま戦い勝利してしまう。ベアラーの生き埋め決定。会場内にはベアラーが入った「生き埋め箱」とセメントを積んだトラック。意外にもテイカーは自らトラックを操作し、セメントを流し込んだ・・・。

 メインはどうなんですかね。ベアラーを裏切った、というより「どうせやるなら私の手で・・」という感じみたい。ベアラーどうなったんだ? セメントじゃ普通助からないだろ(笑)。
 JBLの王座奪取は予想できなかった・・・。ドイツの騒動が追い風になった? それにしてもブラッドショーがチャンプって・・・。

■関連リンク
WWE.com
■関連記事
JBL、ドイツでトラブル
■PR
英語サイトの翻訳に四苦八苦・・・英会話学校を探そう

WWE・DVD購入はこちら
WWE アンダーテイカー...
アンダーテイカー特集。8/25発売、予約すれば20%OFF。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.29

入江秀忠、ダン・スバーンに判定負け

第1回 Gladiator Fighting Championship 2004
6/26 韓国・ソウルオリンピック公園第1体育館
6/27 韓国・ソウルオリンピック公園第1体育館 [スポーツナビ

 滑川反則勝ち、掣圏道・瓜田&桜木勝利、美濃輪2分で勝ち、松井判定負け、チェ・ム・ベ(山本・今村に勝利)勝ち。
 両日ともメインは通好みないいカード。

6/26メイン
 ○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(判定 3-0)●アレックス・スティーブリング
6/27メイン
 ○アンデウソン・シウバ(判定 3-0)●ジェレミー・ホーン
 主催者も「PRIDEよりよかった」とご満悦だったそうで。

 いろいろありますが、ブラック・アイ的に注目するのはこの試合。一人キングダム・入江さん登場。

 6/26[5] ○ダン・スバーン(判定 3-0)●入江秀忠
 ひっそりと宣戦布告していたヒクソンの代わりとしてスバーンと戦う・・・。腕ひしぎが極まりそうな場面もあったようですが・・・負けちゃいました。最後まで文句つけるあたりは入江らしい。このあとマイクはなかったの? 尾崎は唄わなかった? 
 「リミッターを外す」と宣言してましたが、そこまで行けたかは微妙。
 今後はどうなるのか・・・。入江が引退してもプロ格的には1mmも影響ないと思われますけど、いないと寂しいような気もする。

■関連リンク
グラジエーター公式
KINGDOMEHRGEIZ - Page: 1 of 9
■関連記事
韓国MMA、ド真ん中の魔力?で中止
入江、超過激ルールで秒殺勝ち
■PR
応募しなけりゃ当たらない。懸賞で稼ごう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハッスルハウス結果

6/28 ハッスルハウス・後楽園ホール(2200人・超満員札止め)、結果 [スポーツナビ

 とにかくよく入ったらしいです。ほとんどカードは発表されてないってのに。
 当初予定されていたド派手入場ゲートはなし。北側にも客。チケット売れたんで席つぶすのやめたんでしょうね・・・。
 ハッスル軍の中村部長は何故か野球のユノフォームで登場

 [2]○ムッシュ・ド・バルバロッサ(5分57秒 パイル・バスター→片)●藤井軍鶏侍
 ムッシュはジェイソン・ザ・レジェンドの変身。ぜんぜんキャラ違う
 [3]○横井宏孝(6分0秒 ヒザ十字固め)●サイコ・ザ・デス
 サイコはぬいぐるみを抱えたまま試合する(笑)。キャラ的にはいい感じ。たぶんZERO-ONE参戦中のサイコ・デ・シンプソンが正体でしょう。
 [4]ザ・フライング・バンパイア16世、○23世(9分22秒 バンパイア・クラッチ)崔リョウジ、●石狩太一
 試合前、バンパイア組はメキシカン・ルールの採用と、クロスチョップ等十字架を連想させる技の使用が禁止を要求。試合ごとにネタが振ってある興行は嫌いじゃないです。くっだらない要求だけど(笑)。
 バンパイア組の正体は不明。ルチャ系?
 [セミ前]島田裕二が司令官として安生を紹介する。安生はいかにも怪しい、英単語を交えての日本語で自らの合流によるモンスター軍の勝利を300%確約した。
 安生さんも登場ですか!この人のキャラはハッスルにハマリすぎ。考えてみれば高田の弟子なんだからモンスター軍で当然なんだな。
 [5=セ]敗者アフロマッチ
 ○橋本真也(8分21秒 腕ひしぎ逆十字固め)●KATAKARI
 橋本勝っちゃいましたね。この前のZERO-ONEで島田のアフロ挑発に本気で怒っていたのが勝ちに繋がったような気もする。カタカリ、正体に関する情報ありませんが、ショッパイ感じだし、このクラスに負けブックを飲むほど落ちぶれてはいないってことか・・・。
 カタカリはアフロかぶったの?
 [6=メ]○ダン"ザ・バッファロー"ボビッシュ、ザ・ピラニアン・モンスター(12分24秒 バッファロー・バスター→片)川田利明、●坂田亘
 ピラニアンは誰? 松永光弘でないことだけは確か。
 [メイン終了後]西側バルコニーにケビン・ランデルマン、マーク・コールマンのハンマー・ハウス勢を引き連れて登場した高田モンスター軍の高田総統が、今回の対抗戦について語り「しょせんハッスル軍の実力などこんなもの」と吐き捨てた時に小川が南側から登場しリングに上がる。
 南側から現れたんなら、バルコニーすぐ行けるじゃん! 
 小川に対して高田総統は先日のハッスル査定試合である、PRIDE-GPでのシルバ戦を60点の赤点ギリギリと評すると、高田モンスター軍の新たなるモンスターとして高山善廣によく似た男を招き寄せた。
 「恐れを知らない」新たなるモンスターは、小川に「おい待て、そこのデカイの!」と声をかけられるも無言のまま高田総統たちと姿を消していった。
 まだ「よく似た人」状態か。あんな大きいの滅多にいないよ(笑)。大森とのノーフィアー復活も期待されますが、安生がモンスター軍入りしたことで「ゴールデン・カップス」復活の方が先に実現しちゃうかも。
 その後小川は今大会の対抗戦出場選手たちに叱咤の声をかけ、改めてボスという立場ではなくキャプテン・ハッスルとして前線に立つ事を宣言し、橋本にも破壊王ではなくハッスルキングとして今後のリング上でのハッスルを促した。続けて川田を呼び込んだ小川は、何度となく控え室に戻ろうとする川田をファンの声援の後押しを受けながら、ついには川田の音頭による「3,2,1、ハッスル、ハッスル!」で超満員の後楽園大会を締めてみせた。
 川田がハッスルをやったってのはサプライズですが・・・これは「川田がプライドを捨てた」とかじゃなく、ハッスルポーズが「やってもいいよ」と川田に言わせるまでの位置まで上がってきた、と考えた方がいいのでは? 
 観戦した友人の話だと「試合内容はダメダメ。メイン後のマイク合戦は抜群に面白かった」という感じ。それでいいんじゃないですかね、「興行に満足できれば、試合がなくてもいい」ぐらいに私は思ってますんで。
 さて、この勢いをハッスル4に繋げられるかが問題。チケットはかなり売れるでしょうね。今回は2階席開けるかな?

・・・・・・カート・ハングルはどうしたんだぁ~!

■関連リンク
PRIDE :: ハッスル
全日本プロレス オフィシャルサイト
ZERO-ONE official fight site
■関連記事
敗者アフロマッチ
■PR
新たなモンスター捜しへ、まずは航空券を確保しよ~

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.06.27

6/27 NOAH・後楽園、速報

6/27 NOAH・後楽園ホール(2100人)、結果

 ※6/28に4つの記事を1つにまとめました。コメントも移動しています。

 7時半に帰ってきました~。ちょうど第4試合開始のところ。速報開始します。

 [4]○金丸義信、杉浦貴(17分16秒 旋回式垂直落下式ブレーンバウsター→片)丸藤正道、●鈴木鼓太郎
 こういう試合が一番速報するの難しい・・・。

 インサイドワークを発揮しチームを分断しまくる金丸&杉浦。丸藤が出てくると雰囲気が一変、やっぱイイ選手だな~。
技の数が少ない。丸藤もそれほど飛ばず、鼓太郎は619やったぐらい。でも悪い試合ではない。 

 金丸の旋回式垂直落下ブレーンバスターで鼓太郎負け。
 試合後、杉浦が丸藤を五輪予選スラムでKO。丸藤ぐったり。カシンが来なかったのは残念。
 分かりやすい「前哨戦」であったということで。

 [5]○三沢光晴、越中詩郎、百田光雄(16分15秒 ランニング・エルボー→片)池田大輔、●泉田純、菊地毅
 越中と百田が組むのは20年ぶりだそうだ。
 菊地が肩にもの凄いサポーターをしている。なぜか黒袴。菊地は越中を意識しているようで、ヒップアタックを見せたりも。ウガウガ言ってて相変わらず面白い。
 越中登場すると大・越中コール、NOAHファンにも認められた? 菊地の肩に頭突きしたり。

 池田が百田に場外乱闘を挑むと逆に客席へ投げ飛ばされる。

 泉田が越中をSTOの体勢にとらえると「俺ごと蹴れ」と池田に命令。蹴りの勢いで倒れ込みSTOへ。泉田が動けなくなるw

 池田が三沢にシャイニング・ウィザード。続いて三沢がシャイニング・ウィザードをお返し! やっぱりやり慣れてないかな~。この技はフォロースルーの大きさが重要なんだけど、三沢は的確に膝を当てるって感じ。

 三沢が振っての越中・ヒップアタック→三沢・エルボーで泉田があっさりフォール負け。

 [6]KENTA蹴撃七番勝負第4戦
 ○高山善廣(10分21秒 ランニング・ニーリフト→体)●KENTA
 U系の間合い。KENTAのロー、張り手、共に秋山戦と同じような強烈なモノ。中に潜り込んで張り手を見舞う作戦のようだが、高山は頭を掴んで中へ入れさせない。
 高山、ショートレンジながら強烈な張り手! まだKENTAやり返すがロー連打からのカウンター膝でKENTA、マジダウン! ダウンカウントが数えられる。
 そこから高山攻めまくり。コーナーでダウンするKENTAへ膝蹴り! 
 高山リフトアップ、直に場外へ落とす! KENTA、鉄柵に頭ぶつける。場外でミドルキック1発。

 リングに帰っても高山攻めまくり。立ち上がりかけていたKENTAへミドル。場内凍り付く。
 この日初めてロープに振ってビッグブーツ、続いて高いショルダースルー。
 KENTAがフックぎみに掌底を振り回すも、高山のグーパンチ一発でダウン。

 コーナーに振ったところでKENTA逆転、スイングDDT式に回ってエプロンに立つ、高山ビッグブーツ、それをかわすとスワンダイブのドロップキック。やっと反撃。
 座っている高山へKENTAがミドル(高山得意の技)、踏みつけ式でフォールも1カウント。
 立ち上がった高山へ強烈なミドルを連打、最後はミドル軌道のハイがモロヒット。膝から高山崩れ落ちる。高山、目がウツロ。
 KENTA、ブサイクへの膝蹴り狙うもブッグブーツで迎撃される。高山がバックドロップ狙い、回転して着地、飛び乗って回転エビ。
 勢いに乗ってミドル・ロー・掌打で攻めまくるKENTA、高山怒りの表情で膝一発。
 続いてミドル連打、KENTAが蹴り足を掴むとキャプチュード!! さらにはジャーマン! よく投げた。
 さらにブサイクへの膝蹴り。カウント2で高山ロープ。
 立ち上がってKENTA、強烈なハイキック。高山の頭が大きく揺れる。ポーズではなく高山は明らかに、本当にダメージを負っている。
 KENTAが左右グーパンチを顔面へ、高山崩れる。カウント2でキックアウトすると腕ひしぎ→三角。
 高山が三角のまま持ち上げる。KENTA着地も膝食らってダウン。追い打ちのミドルで大の字。
 ビッグブーツ→ネックハンギング→ニーリフト→ジャーマンの体勢から前に落とす変形技、高山が一気に盛り返す。最後は走り込んでの強烈な膝(KENTAは座ってる)。そのままKENTAの上に乗っかるような感じでフォール、高山勝利。両者フラフラ。高山はKENTAの手を挙げて称える。約10分。

 こりゃ凄いよ。プロレスの枠越えてるってのは言い過ぎ? でも、KENTAが高山と互角に戦ったのは事実として残る。
 高山のコメント聞きたいなぁ。ある意味、あれだけの攻撃食らっても試合を成立させた高山が凄い。

 [7=メ]小橋建太、○力皇猛、R・マルビン(16分34秒 パワーボム→体)秋山準、森嶋猛、●橋誠
 やっぱり注目は小橋と秋山の絡み。
 場外で小橋がチョップ、秋山吹っ飛ぶ。秋山はイスでやり返す。

 序盤は橋がやられまくり。相変わらずうけっぷりがイイ。
 小橋とマルビンが連携みせる。意外にいいチームとなるか? 掴まったマルビンが「コバシ、コバシ」と叫んだり(笑)。
 今日はマルビンの動きが悪い。技失敗も。

 小橋・秋山、2回目の絡み。小橋が唐突にラリアット、さらにもう一発。続いてバーニング・ハンマーの体勢に・・・なぜかレフェリーが技を止める(笑)。「ドームまでとっとかなきゃ!」って感じ? ロープだったのかも。あとで小橋は抗議してたけど。
 2人が場外に出ると力皇・橋が残る。力皇のラリアット(強烈!)→合掌ヒネリ(って技? チョークスラムみたいの)→パワーボムでフィニッシュ。

 試合後、小橋と秋山がにらみ合い。なんとロックアップで乱闘開始(笑)。周りの選手が止めに入らない。小橋がチョップを連打、秋山よろけながらも耐える。コーナーまで秋山が下がったところで周りが止める。前哨戦は小橋が大きくリードか。

 試合後の小橋は「なんでレフェリーが技を止めるんだ」と怒りのコメントしてます。

終了です。純プロの速報は難しい・・。

■関連リンク
PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

橋本真也「今のZERO-ONEはおかしい」

6/25 ZERO-ONE・後楽園ホール(1500人)、結果 [スポーツナビ

 カードはいい感じだと思うのですが。

 [1]○浪口修(8分18秒 ドリーム・キャッチ)●星川尚浩
 星川スランプ状態。フィニッシュの技はスワンダイブ式の回転エビ固め・・・名前大げさ。
 [5]○D・ボビッシュ、スパンキー(7分25秒 アルゼンチン・バックブリーカー)橋本真也、●葛西純

 ・ヤドカリ島田が車イスで登場。アフロカツラで橋本挑発。

 ・橋本コメント「試合がどうこうじゃない。戦いを忘れてねえか? オレらはサーカスやってんじゃねえぞ。今のZERO-ONEはおかしいと思うよ。プロだから分かるよ。でも、プロだからこそ一番大事なものがあるだろ。だれも今分かっているやつがいない。バカモノどもが!」

 橋本の怒りはストーリーと関係ない感じ。本格的にZERO-ONEヤバイなぁ。今ってハッスルの前フリ試合ばかりでZERO-ONE独自のストーリーが話題にならないんですよね。これじゃハッスル2軍扱い。
 火祭りまでは何とか大丈夫として、そのあとでどんな流れを作れるかが勝負。
 [6]○S・コリノ(8分45秒 スクールボーイ+ロープ足のせ)●M・コールマン

 ・K・ランデルマンがモンスター軍のセコンドに。

 この試合は見たかったんだよなぁ。元PRIDE王者にコリノがどんなコズルイ技を使ってくるか。何となく手が合う感じもするし。
 フォトギャラリー見ると面白そうな感じ。
 [7=セ]○長州力(8分38秒 ラリアット→エビ)●田中将斗
 生GONでダイジェスト見ましたが・・・相変わらず長州元気です。ハードコアにもおつき合い。机へのデスバレー食らってました。
 フィニッシュのラリアットもド迫力。火祭り参戦へのアピールはなかったようだが・・・。
 [8=メ]○大谷晋二郎(10分53秒 ジャーマン)●横井宏孝
 横井は田中戦に続きシングルで大一番。スピニング・チョークも見せたらしい。
 何とか横井がモノになってくれればZERO-ONEも上向きになるんだが。取りあえずはプロレスっぽいフィニッシュを一つ持ってくれ。イスをパンチで吹っ飛ばす一発芸だけではソロソロまずいんでは?

■関連リンク
ZERO-ONE official fight site
PRIDE :: ハッスル
■関連記事
高岩に藤田ミノルが挑戦 ←全試合金網興行2連戦のカード発表
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

サップ、レイ・セフォーにKO負け

6/26 K-1BEAST・静岡エコパアリーナ(5500人)、結果 [スポーツナビ

 今日はTV、7時からだったんですね。9時ぐらいからだと思いこんでて「めちゃイケ見るか~」とチャンネル回したらK-1やっててビックリ状態。まぁ、サップの試合が確認できれば十分です。

 [10=セ]スーパーファイト
 ○レイ・セフォー(2R0分49秒 ボディーブロー→KO)●ボブ・サップ
 ・サップ・試合直後コメント「とにかく僕は疲れた。けがもしたし、何が起こったのか、分からない。ビデオを見てみないことには……」
 ・サップ・試合後会見コメント「激しい試合で疲れたけど、蹴りも出せていい経験だった。互いに反則があったが、ここでギブアップせずに試合を続けようと立ち上がった。」
 ・サップは風邪とプレッシャーのため体調を崩していた。前日の会見をキャンセルしたのはそのため。
 ・谷川氏「立っていられないような状態の中、気持ちが見えた試合だった。体調が万全ならだれも敵わない」
 ・サム・グレコ(サップ・セコンド)「ダウンしても立ち上がってくれ、という約束を守ってくれた」。これがサップのK-1戦士としての第1歩」
 うーん、みんな優しいですね・・・。コーナー押し込んでガードの上からボコボコ殴る得意の攻撃は見れましたが、ディフェンスにまわるとあまりに悲惨・・・。
 嫌がり方が尋常じゃない。最後のダウンも効いてるってか自分から倒れた感じする。
 たぶん、この人・・・ガチンコやりたくないんでしょ。確実に怖がってます。おびえています。びびってます、たじろいでいます。本人の本音が聞きたいなぁ。K-1は何が何でも使い続けるでしょうけど。
 試合終了直後、サダハルンバがサップを絶賛していた時の画面でセコンド・伊原会長が「どうしちゃったんだよ」みたいな顔してたのが笑えました。
 [11=メ]K-1ジャパントーナメント決勝
 ○天田ヒロミ(3R判定 3-0)●ノブ・ハヤシ
 ※天田が初優勝。
 天田、パンチは威力あるんですが、どうにもモッサリした感じは消えませんね。まぁ3試合目なんでスタミナ切れしてたんでしょうけど。
 これで開幕戦出場決定。最近のK-1はレベル低いから意外に上行くかも。
 ベルナルド1回戦負けだったんですね。この試合見てない。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE
BOB SAPP ONLINE
プロレス専門場外馬券売り場JRB ←天田は3番人気、単勝810点、馬連2280点。
■関連記事
サップ、制御不能で監禁に、乱闘阻止で会見欠席
サップ、タップ負け
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年6月20日 - 2004年6月26日 | トップページ | 2004年7月4日 - 2004年7月10日 »