« 2004年6月13日 - 2004年6月19日 | トップページ | 2004年6月27日 - 2004年7月3日 »

2004.06.26

ブラック・アイが格闘技blogランキングで1位に

 今月はじめに登録した人気blogランキング、ナント格闘技ランキングで1位になってしまった。
 まさか兎のニールキックを越えるとは・・・。記事の中にリンクを一行入れてるぐらいで、そんなにクリック数upの仕掛けはしてないんですけどね・・・。皆様のおかげです、ありがとうございます。
 まぁ、2位とはそんなに差がないんで明日になったら首位脱落の可能性大ですけど。

 ここ2・3日は「チョコボール向井」景気でアクセス数倍増。特に「チョコボール向井、竹迫望美にレイプ未遂?」の記事に来る人が多い。チョコさんで検索して「レイプ」の文字に何かを期待して入ってくるんでしょう。タイトル設定は大事だなぁ(エロネタは反則だけど)。

 昨日は20万ヒットを突破。我ながらすげぇ~なぁ。BLOGにする前は掲示板形式で同じようなサイトをやっていたんですが、そこは1日200人ぐらいの訪問者でした。BLOGにしただけで桁が変わった・・・。ホントに「BLOGにしただけ」なんですよね。宣伝もそれほどしてない。
 要はココログの「検索サイトで上位にヒットしやすい」という特徴のおかげなわけです。アクセスアップへの近道は記事の内容は二の次で、検索でヒットしやすくするための方法を考えたほうがいい。・・・いいんかな、それで。

 内容だったらうちよりいいとこいっぱいあるし。
 兎のニールキックさん、消息筋さん、BurningSpiritさんあたりは、取り上げる記事も珍しいものが多いし、内容も抜群に面白いです。これらのBLOGに内容でも追いつくよう頑張ってみたいと思います。
 もうちょっと日本語勉強しないとな・・・。

 ついでに、ここのサブタイトルを変えました。

 プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、文句言ったり賞賛したりを繰り返す。広く浅くがモットー。
 格闘技よりのサイトが多いんで、うちはプロレス寄りで勝負します。ただし私は「PRIDE・K-1もプロレス」と考えますんで、そっちも大いに取り上げます(結局、新日本→UWFの流れで出てきたジャンル)。・・・都合いいよなぁ。
 正直、純プロだけに絞るのは訪問者激減しそうで恐いっスw。
 最近思うのは、この時代にK-1・PRIDEに背を向けている週刊プロレスは凄いってこと。世間が小川・小川って言ってる週に、みちのくプロレスを表紙にする姿勢は脱帽です。ただ、読者はPRIDEの記事も見たいと思うんだけどね・・・。ゴングも「これで勝ったと思うな、小川」ですから。これじゃ紙プロ売れるわけだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロレス『軍団』占い

プロレス『軍団』占い、はじめました(・∀・) [ビバ★メヒ子のプロレスヴァカ一代(・∀・)

 いろんな占いがあるなぁ。
プロレス『軍団』占い

 早速やってみました。私の軍団は・・・。

杉さんは 海援隊☆DX です!

● あなたはプライドが高く、常に高みを目指しているタイプです。自分をより価値のある存在にしていくために、日々の努力を怠りません。リーダーシップを取るのも得意で、いったんグループの中心になったら、周囲の人々に細やかな配慮を示します。リーダーの座に納まってワガママを言うのではなく、リーダーとしての責任を十分に果たし、グループ全体をさらに良い状態へと導いていける人なのです。こういった性格は職場でも良く生かされ、あなたはどんな困難にも負けず、着実にキャリアを積み重ねていくことでしょう。恋愛面でも、主導権はあなたのほうに。自分たちがもっと親しくなれるように、みずから二人の関係をリードしていくはずです。

そんなあなたには海援隊☆DXがぴったり。辺境のインディーから世界の桧舞台への出世街道が待っていますよ!
さあビンスの鼻の穴に梅干を突っこめ!!

● 杉さんの開運ペットは、ザリガニです!

 おおっ、何かいいことしか書いてないぞ。気分イイ~。
 海援隊もお気に入りの軍団、バル・ビーナスのチ○ポ切っちゃうぞ~。WWEからPWCまで幅広く団体制圧を狙う姿勢は、うちのサイトにピッタリw。 ザリガニは昔飼ってたなぁ。逃げちゃって探したら玄関の靴の中で「カァ~」ってハサミ振り上げてるのを発見(笑)。
 皆さんもやってみましょー。

マスクマン占いってのもあります。
 私は初代タイガー・・・。普通なら喜ぶべきでしょうが・・微妙。
 馬カラスや栗カラスも出てくるらしい(笑)。埼玉系も入れて欲しい。

■関連リンク
インスタント占いツクレール
■PR
今日の「ブラック・アイ」は何位かな~? 格プロBLOGランキング

| | コメント (6) | トラックバック (2)

JBL、ドイツでトラブル

 週刊プロレスの「ボーイズはボーイズ」を簡単にまとめて・・・。
 話としてはかなり古いんですが。

 ・6/5にドイツ・ミュンヘンで行われたWWE(スマックダウン)興行において、JBL(ブラッドショー)が片手をまっすぐに上げる「ハイル・ヒットラー」のポーズ等を見せる。
 ・ドイツでは「ハイル・ヒットラー」のポーズとこれに類似する行為は違法となっている。
 ・JBLはCNBCでレギュラー出演していた番組(投資系)を突然、解雇される。ドイツでの行為に苦情が殺到していた。
 ・6/8付けでWWEは謝罪文を公式サイトに掲載。
 ・しかし数時間後に削除。
 ・6/17放送分のスマックダウン、JBLは「言論の自由」をリングで主張。
 こういう強気な所がWWEらしいってかアメリカらしいってか・・・。ピンチをチャンスに変える術は長けてますけど、他国の文化にまでケチつけるようなことはやめた方がいい。
 来月の日本ツアーにはJBLがやってきます。・・・変なことしなきゃいいけど、と朝まで生テレビ見ながら心配してます。
 ボツになった健想のギミック「ヒロヒト」も復活しかねない。 

■関連リンク
WWE.com
WWE FANCLUB
■PR
他の格闘技・プロレス関係のBLOGをチェック

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「Trans―D Tropin」で若返り

武藤、三沢担ぎ出しに“秘薬”  [スポニチアネックス ホーム] 
三沢さんは全日本・両国出場を渋ってるようで。

 ノア7・10東京ドームの三沢戦に向け、米国製の塗布薬「Trans―D Tropin」の使用を開始。武藤によると前腕に1日3回塗って脳下垂体へ成長ホルモン分泌を促し、体内の若返りを図るという。30CC×3本で20万円。42歳は「気持ちは22歳、肉体は32歳」と断言。「7・10で三沢社長をオレにほれさせて、道を開くよ」と7・18担ぎ出しを誓った。
 そんな薬があるんですか~。真っ先にドーピングとかの心配が出てきますけど。

 「Trans―D Tropin」ググってみたら、こんな記事が。
成長ホルモン放出ホルモン

 老化に対する考え方が急速に変わってきています。老化は病気、治療をすれば老化が防げる、つまり成長ホルモンの研究が進み老化のメカニズムが分ってきたからです。
 不老長寿は人間の願い、いつまでも若々しくありたいものです。
 そんな夢が若さを取り戻す成長ホルモン(Growth Hormone)で可能になってきたのです。
 不老長寿ってんだから副作用とかはないんかな。
 最近の遺伝子操作によって、人間は180歳まで生きる可能性が出てきたと報道されています。
 本当ですか~! 嬉しいような気もするが老後が無駄に長くなるだけかもしれん。微妙。
 この薬を使えば180まで生きられわけじゃないんでしょうけど。どんな効果があんの? 
 若返り、バイタリティー、体力増強、筋肉強化、肥満の解消、免疫力の増強、精神高揚、関節の痛み解消、精力増強、ゆで卵のような肌、シワ取り、視力回復、脳の活力・記憶力の改善、睡眠の改善、血圧の正常化など若さを取り戻すことが出来るのです。
 万能じゃないですかぁ~。俺、欲しい。俺のためにあるような薬だ(笑)。
 ちなみに20万でも格安らしい。ぐぁ~。
 今後は武藤さんのシャイニング、どれだけ跳躍力upしてくるか注目。最近の試合はヨチヨチ歩きが目立ちすぎ、イタイタしすぎます・・・。

■関連リンク
武藤敬司 OfficialSite LEGLOCK
■PR

検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!


検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.25

リング売ります

 Yahoo!オークションに以下のような出品があったようです。

 現在の価格:500,000 円
残り時間:終了 (詳細な残り時間)
落札者:
数量:1
入札件数:0 (入札履歴)
開始価格:500,000 円
入札単位:1,000 円
出品地域:埼玉県 越谷市
開始日時:6月 14日 22時 6分
終了日時:6月 21日 21時 6分

 UWF、SWS、バトラーツと引き継がれてきた、プロレスリング用のリングです。埼玉県越谷市で保管しています。保管状態は良好です。写真は実際に使用されている試合を写したものですが、今回の商品にはここに写っているキャンバス、コーナーマット、ウレタンマット、横幕は含まれておりません。組み上げた時の大きさは6.5メートル四方、重量は約1.5トンです。

 50万なら安いですねぇ。UWFからって言うと15年近く経っていることになりますが・・・。
 結局売れなかったんでしょうか? キャンバス・ウレタンマット・コーナーマットがないのはイタイ。
 送料とかどうなるんだろうか? 普段ヤフオクやらないもんだから、あまり知りません・・・。

 昔、オリエンタルプロレスを見に行ったらリングの垂れ幕を裏表逆に貼っていて、休憩時間にチラッと覗いたら「SWS・レッスルフェスト」ってでっかく書いてあった。

■関連リンク
masui's PHOTO BANK ←リング作り方が詳しく紹介されています。ノアと新日本では作り方違います。
■PR
他の格闘技・プロレス関係のBLOGをチェック

tnさんからの情報。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.23

チョコボール向井、また逮捕

チョコボール向井また逮捕 [nikkansports.com

 女子高校生とのわいせつな行為を撮影したアダルトDVDを製造したとして、警視庁少年育成課などは23日までに、児童ポルノ禁止法違反容疑で、東京都目黒区駒場、アダルトビデオ男優チョコボール向井容疑者(本名向山裕=37)ら計6人を逮捕した。調べでは、向井容疑者らは昨年12月、都内のスタジオで、アダルトビデオ女優で私立高校2年の女子生徒(当時16)とのわいせつな行為を撮影し、アダルトDVDを製造して販売した疑い。
 なんだろなぁ~、こっち系厳しくなってきたんかなぁ。女子高生使うなんて、よくあることだと・・・。
 3月にハプニングバーの件で逮捕されたあとは、かな~り反省していたみたいだし、昨年12月のことをまた持ち出されても・・・。
 これはカワイソウだなぁ。またしばらくフェイドアウト? せっかく復帰したばかりなのに・・・。
 チュコさんの件で怒り心頭だった石川雄規が変な行動に走らないか不安・・・。サスケさん、何とかしてよ。AV仲間でしょ(本人は別人を主張)。

■関連リンク
チョコボール向井、AV廃業宣言 [Dress You Up

■pr
他の格闘技・プロレス関係のBLOGをチェック

BOBさんからの情報

| | コメント (5) | トラックバック (1)

新日本・新社長は草間政一

新日本プロレス新体制発表記者会見 (6/23) [NJPW OFFICIAL WEB SITE

 株式総会終了。社長問題、決着つきました。藤波さんの降格が決定。

第33回定時株主総会~決定取締役人事

代表取締役社長  草間政一(新任)
取締役副会長  藤波辰巳(重任)
取締役  川村龍夫(重任)
取締役  北澤晴樹(重任)
取締役  山中秀明(新任)
取締役  上井文彦(新任)
取締役  サイモン猪木(新任)
監査役  足立知佳子(新任)

 坂口さんはCEOのまま(CEOって何すんのよ?)、倍賞氏の名前はなくなりましたが、猪木色はさらに強くなった感じ。昨年の人事では取締役を3人に削減したはずなんだが、また増えている。
 レスラーは藤波さんだけ。蝶野さんは執行役員でしたけど、そこら辺の役職はどうなったんでしょうか。

 さて、社長の草間さんはどんな人?

草間政一(くさま せいいち)
1950年11月11日生(53歳)
トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社に約15年ほど勤務し、一貫して財務・経理の業務を行い、財務部長を歴任後退職。退職後、米国に渡り、New York、San Francisco、Los Angeles にて米国企業のジェネラル・マネージャーを務めた後、シリコンバレーのIT企業(Adaptec Inc., 3com)の日本法人にてコントローラー、米国系出版社の代表取締役、(株)ジャンニヴェルサーチ・ジャパンの Chief Financial Officer(CFO)等々歴任。2004年5月1日より猪木寛至氏の経営顧問を務める。
 ちなみにググッてみたらヒットゼロでした。経済の専門家ってことで・・・リングの中をどうのってより、ハード面の改革を進めていくことになるんでしょう。
 事実上、猪木の言いなり? さてさて、どうなるか・・。

■関連リンク
2003年 「新日本プロレス新体制」発表記者会見 (6/26)
/// アントニオ猪木OFFICIAL HOME PAGE ///
■cm
他の格闘技・プロレス関係のBLOGをチェック

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ちゃんとレフェリングしてください

6/22 パンクラス・後楽園ホール(2300人・超満員札止め)、結果 [スポーツナビ

 [1]スーパーヘビー級
 ▲IRO関(コミッショナー預かり)▲折橋謙
 ・折橋が上からのパンチで勝利も、ゴング後も殴り続けたため「コミッショナー預かり」に。
 ・試合後、両選手のセコンドが乱闘

 [2]フェザー級
 ○砂辺光久(1R3分52秒 反則)●亀田雅史
 ・砂辺の後ろへの投げの際、砂辺の頭と亀田の後頭部が当たり、砂辺が動けなくなる。これがバッティングと判断され反則負け。

 乱闘になるとメガトン強そう。
 [6]ミドル級
 △渋谷修身(判定 0-0)△竹内出
 ・試合後、竹内のセコンド・松本天心が「パンクラス審判団、ちゃんとレフェリングしてください」とマイク。
 ・松本コメント「パンクラスのレフェリーはすごい迷いが見られるところがあるんですけど、そういう場に選手を上げるのはやりきれない気持ちになります。」
 ・渋谷コメント「(控え室に足早に戻ろうとするところを引き止められて)じゃあひと言! ローブローなんてふざけるな! どいつもこいつもふざけるな!」
 なんだか凄いことになってますよ! パンクラスの判定は微妙な感じしますけど、松本さんもこんなことがありましたよね・・・。MMAの判定に関しては曖昧なとこがほとんどのような気がする。修斗とかはしっかりしてるんかなぁ。
 「そんなとこで揉めないで一本狙えや~」とプロレスよりの一ファンの私は叫んでみる・・・外野は無責任です。
 [7=セ]ミドル級
 △ネイサン・マーコート(判定 1-0)△石川英司

 [8=メ]ライトヘビー級
 ○近藤有己(1R1分1秒 膝十字固め)●シャノン"ザ・キャノン"リッチ

 石川は健闘、近藤は当然の勝ち(近藤は納得いかず)。
 それにしても変な雰囲気の試合が多かった。そういうのって続くもんなんだなぁ。


■関連リンク
P A N C R A S E

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWE、6/17スマックダウン&6/21RAW

6/17 WWE・スマックダウン、結果

 [1]WWEタッグ選手権:○ダッドリーズvs●リコ&チャーリー・ハース
 ※挑戦者・ダッドリーズ王座奪取
 何回目の王座奪取?
 [2]WWEヘビー級選手権:○エディ・ゲレロ(フロッグ・スプラッシュ)●ダグ・バッシャム
 ※王者・エディが王座防衛
 [3]○鈴木健想vs●スパイク・ダッドリー
 これがスマック2試合目。STOみたいな技をフィニッシュにしてるみたいです。
 [4]WWEクルーザー級選手権:○レイ・ミステリオvs●チャボ・クラッシック
 ※挑戦者・ミステリオが王座奪取
 親父さん、ご苦労様。
 [5]○ルーサー・レインズvs●フナキ
 ※カート・アングルのボディーガードであるレインズが初試合。
 [6]ジョン・シナ&RVD(テイカー乱入→無効試合)ブッカーT&レネ・デュプリ
 ・先週ポール・ヘイマンの手下となったアンダーテイカー、その忠誠心を示す意味で乱入を命じられる。
 ・PPVで「テイカーvsダッドリーズ」のハンディマッチ決定。テイカー勝ったらポール・ベアラー生き埋めへ。

6/21 WWE・RAW、結果

 [1]女子選手権:○トリッシュvs●ビクトリア
 ※王者・トリッシュが王座防衛
 [?]ケイン(無効試合?)ウィリアム・リーガル
 リーガルは急遽の復帰試合。ビショフの命令?
 [2]○ランディ・オートン、バティスタ(RKO)●エッジ、クリス・ジェリコ
 [3]HHH(無効試合)ユージン
 ユージン健闘、HHHがなりふり構わずイスを使うとベノワが助けに登場。だがエボリューション勢よってに返り討ち・・・。
 [・]先週、妊娠が発覚したリタ。ケインは「その親はマット・ハーディーではなく私だ!」と発言。

 リタの妊娠はWWE得意の恋愛路線。向こうでもマニア間では評判はよくないらしいけど(腹上死ネタは大不評)、TV受けはいいんかな。
 にしてにRAWは試合少ないね。

WWE.com
■CM
一回の送信で最大数十社から無料お見積もり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.22

草プロレス

 このHP内にある掲示板に以下のような書き込みがありました。

 はじめまして。
 私は埼玉の大学に通う東京在住の18歳男子です。
 今日ある番組でSEDという草プロレスをやっている団体が紹介されていました。
 私も前からやってみたいと思っていたのですか、その団体は福島県を中心に活動しているので、東京に住んでいる私には参加は難しいです。
 そこでこれだけのプロレス情報を扱っているサイトを運営する管理人さんにお願いがあります。
 東京(23区範囲)か埼玉(西武池袋線範囲)で活動している団体の情報がありましたら是非教えていただけないでしょうか?
 お願いします!
 草プロレスですか・・・。趣味の範囲でプロレスをやってみたいって気持ちは分かります。まぁ、アマ以下の内容でも「プロレス」名乗ってる団体ありますけどね。
 とにかく、「草プロレスはアリナシ」みたいな論調は無視してアマ・プロレスをいくつか紹介してみたいと思います。
 別に私も詳しくはないので、検索で探せたのを並べるだけですが。

 取りあえず、書き込みの中にあった団体を紹介。
SED アマチュアプロレス
 旗揚げ1周年、なかなかお客さんも入ってるみたい。
 いや~、サイト初めてみましたが興味深い話ばかりですねぇ。別の機会に紹介しよう。

 ん~、「アマチュア・プロレス」や「社会人プロレス」で検索しても関西・名古屋・九州の団体しか出てこない。仕方がないので「学生プロレス」で検索します。書き込まれた方も大学生ということなので。

SWS学生プロレス
 帝京大学などが中心となっているようですが、別の大学の方でも参加できるとのこと。入団試験などナシ、スポーツ経験ナシOK。

UWF関東学生プロレス連盟
 ここは有名ですね~、プロになった人もいっぱいいます。
 専修大、東海大、早稲田、東洋大、芝浦工大、拓殖、法政などの大学が参加しているとのことですが、これ以外の大学でも問題ないでしょう。スポーツ経験問わず。

その他
一橋大学世界プロレスリング同盟公式ページ
NUWA(日本大学プロレス研究会)ホームページ

 こんな感じですかね・・・。

草プロレスごっこサークル... - エキサイトサークル
 こんなのもあったが参加人数4人じゃどうなんだろ。

 総合よりならいっぱいあるんだけど。U-FILEに入門してstyle-Eを目指すってのはキツイかなぁ。
 国際プロレスでアマチュアの試合はやってますけど(金払えば誰でも試合できます)、練習などは各自でやらなきゃだめだし、ちょっと違うような気がする。
 西口プロレスも違うよなぁ(いつのまにこんな立派なサイト作ったんだ?)。

 そっち系で詳しい方いたら情報お願いします。関東周辺ってことで。細々とやってるグループありそうだけど。

■関連リンク
Yahoo! JAPAN - 趣味とスポーツ > スポーツ > 格闘技、武術 > プロレス > 学生プロレス

■cm
インターネットでお店をやるなら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.21

中嶋勝彦、サスケに勝利

健介ファミリー日記 6月19日 [健介office

 みちのくからビッグニュ~ス。北斗さん書き込みの日記から。

 本人の報告だと、ジャーマンで確かにサスケ選手からスリーカウントを取ったそうです(^^)何だか勝彦本人もビックリしてたけど、この場をかりて「勝彦、初スリーカウントおめでとう!」明日は何か美味しいご飯を作って2人の帰りを待ってます!
 中嶋君、サスケに勝利!
6/19 みちのく・札幌テイセンホール
○中嶋勝彦(11分43秒 原爆固め)×ザ・グレート・サスケ
 相手のアクシデントで勝利したカレーマン戦&X-1を除けばシングル初勝利となります。しかも相手はサスケ・・・深読みするとオイシイかも。いや、とにかくおめでとうございます。

 日記の中では健介の代打で幼稚園の父親参観に出席した健心の姿もみれます。かなり笑える。

■関連リンク
みちのくプロレス
佐々木健介のファミリー日記 ←健介一家もBLOG進出。でも更新は健介オフィスHPの日記の方が先みたい。
■PR

検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.20

PRIDE GP 2nd ROUND速報

6/20 PRIDE GP 2004 2nd ROUND・さいたまスーパーアリーナ(43711人・超満員札止め)、結果 [スポーツナビ

速報開始。
 「緊張してまとまってません」との前置き通り、ホントにまとまってない高田の挨拶で開始。
 全選手入場式に小川現われず。ハントはポケットに手突っ込んで無愛想。コンビニに行くオッサンみたい。

 [1]桜庭和志(3R判定 3-0)●ニーノ"エルビス"シェンブリ
 シェンブリのエルビス・コスプレに対し、桜庭はパジャマに枕を抱えて登場。テーマ曲は「夢で逢えたら」シャネルズver(違ったらすんません)から、いつものに変わるもの。
 1R、寝技でも立ち技でも桜庭は落ち着いている。猪木アリポジションで(桜庭立ち)相手に尻を向ける動きは不思議。「らしさ」も見れる。パンチで追い込むシーンも。
 2R、リポーターの情報だと桜庭が右膝を痛めたらしい。そういう情報を聞いたからかもしれないが桜庭が焦りだしたように見える。それでも強烈なミドルを放って追い込む!
 3R、柔らかい体を利用して寝技でシェンブリが攻める。なんとかしのぐと立ち技で攻勢に。パンチでシェンブリが鼻血。下からの蹴りで危ないシーンも。
 終了間際には猪木アリ状態で走りこんでのストンピング。悪いコンデションながらも魅せることを忘れない桜庭は素晴らしい。
 判定は3−0で桜庭、文句なし。
 膝は練習で痛めたそうで、高田曰く試合のできる状態ではなかったらしい。それを考えればよくやった。
 [2]クントン"ランペイジ"ジャクソン(1R7分32秒 パワーボム→KO)●ヒカルド・アローナ
 アローナ、ミドル・ロー、意外とイイ。ガードポジションで下からアローナが腕ひしぎ狙い、鮮やか。
とにかくアローナ凄い、下から三角狙い、はずれると踵で蹴りまくり、これも強烈。アローナは「ランペイジの意識が飛んだ、KOだ」とアピール(無効)。
 下からコントロールしまくりのアローナ、トドメとばかりに三角へ。足のフックが完成した瞬間・・・ランペイジがアローナを持ち上げる! パワーボムだ!!! 強烈! アローナ、後頭部痛打! そのあとオマケで殴るが関係ナシ!
 ランペイジの大逆転KO勝ち! スゲーーー!!
 逆転にもほどがある、試合はほとんどアローナのモノだった!
 [3]PRIDE GP 2004 トーナメント2回戦
 ○セルゲイ・ハリトーノフ(1R9分19秒 マウントパンチ→KO)●セーム・シュルト
 いきなりフロントチョークで攻めるシュルト。ハリトーノフはそれをはずすとパスガード・マウントと鮮やかに移行。シュルトは下から跳ねのけマウント脱出!
 立ち技ではリーチ差でシュルト有利。
 しかし寝技になるとハリトーノフが上からせめまくる。シュルトも粘るがハリトーノフは冷静。
 マウントからさらに頭の方へ上がって、肩の上に正座するような形になるとシュルトは動けない。そこから鉄槌連打、シュルト大流血、ストップ。
 ハリトーノフ勝利。シュルトは目の周り真っ黒、間違いなく眼下底骨折。まだ底が見えない感じのハリトーノフ、強いぞ・・・。
 シュルトが負けてK−1がっかり。
 [4]PRIDE GP 2004 トーナメント2回戦
 ○小川直也(1R3分29秒 マウントパンチ→KO)●ジャイアント・シルバ
 シルバは青の胴着を下だけ着用。セコンドはいつものソラール〈笑)。
試合前の握手を小川拒否。あんまりテンパってない小川、冷静。
 くみついて足をかけテイクダウン。サイド・マウントと攻めまくるもシルバも粘る。
 腕ひしぎ取り放題のように見えるのだが、それは狙わず肩固め、腕絡みを試みる。シルバもハーフガードいったりで一応抵抗。下からのアームロックも一瞬見せる。
 最後はマウントからパンチ連打でタップ。小川から握手。
 小川の危ないような場面はなかったが、ちょっと手間取った感もある。内容イマイチも次がお楽しみですから勝っただけでOK。
 ハッスルハッスルで締め。高田もニコニコ。

 ちなみにガチンコでした(私が見た感じでは)。

 [5]○吉田秀彦(1R5分25秒 腕ひしぎ逆十字固め)●マーク・ハント
 ハント、入場式とはうってかわって緊張した表情。吉田はいつものように胴着。
 吉田は低いタックル、それで倒れないと足を絡めてテイクダウン。
 吉田が完全に腕ひしぎをきめたかと思われたが・・・ハント粘って上からパンチ落とす。吉田はアンクル狙いで対抗。柔道家が足関とは・・・。
 立ち技に戻る。吉田のタックルうけとめてハントが膝! 惜しくもかわされる。
 またグラウンドになって吉田が三角狙い、ハント堪えて上からパンチ、しかし威力ない・・・。
 最後は腕ひしぎ。吉田勝利。

 意外にもハントが根性みせた。もっとあっさりタップすると思ってました。寝技の対応は勘でやってる感じだったが、それでもあそこまでできれば今後面白い。

 吉田は試合後にGacktを友人だと紹介。芸能人好きだな。

 [6]PRIDE GP 2004 トーナメント2回戦
 ○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(2R0分30秒 スピニング・チョーク)●ヒース・ヒーリング
 互角のスタンドからノゲイラがテイクダウン。サイドからマウント狙い、それを防ぐヒーリング。オモプラッタでヒーリングをコントロールしたりで、やっぱり寝技ではノゲイラが上。1R終了。
 2R開始早々、ヒーリングがアグレッシブに攻め込む。タックル・・・しかし、ノゲイラ切ってスピニング・チョークへ! 完全に決まってノゲイラ勝利。
 ノゲイラ完勝。フェイバリット・ホールドで決めるのはプロレスみたい。
 [7]PRIDE GP 2004 トーナメント2回戦
 ○エメリヤーエンコ・ヒョードル(1R1分33秒 アームロック)●ケビン・ランデルマン
 ランデルマンかタックル、体勢が目まぐるしく入れ替わりランデルマンがバックをとったままスタンドに。
 そこから超超超高角度のバックドロップ!! ヒョードルの頭がマットにめり込む! スゲー! 長年プロレス見てますがここまで凄いのは見たことがない! バックドロップというより、二人が同時にバクテンしたような感じか。
 でもヒョードルはノーダメージ!
 寝技に持ち込むとあっさりランデルマンの腕をとる。そのままアームロックが簡単に決まり、ヒョードル勝利。
 バックドロップは凄かったが内容はあっさり。

 終了です。
 ランペイジのパワーボムとランデルマンのバックドロップに尽きる。
 番狂わせもなく、内容的にはまぁまぁって感じかな。

 ※6/21に8つの記事を一つにまとめました。コメントも移動しています。

■関連リンク
(レポ&写真) [PRIDE GP 2回戦] 6.20 埼玉:番狂わせ無く最終決戦へ [BoutReview.com
6/20 PRIDE ヘヴィー級GP二回戦  埼玉SA(品川) [KANSENKI.NET/観戦記ネット

■CM
Click Here!

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2004年6月13日 - 2004年6月19日 | トップページ | 2004年6月27日 - 2004年7月3日 »