« 2004年4月18日 - 2004年4月24日 | トップページ | 2004年5月2日 - 2004年5月8日 »

2004.04.30

垣原、U-STYLEで苦戦

4/28 U-STYLE・後楽園ホール(1023人)、結果

 田村出場でも観客数は厳しいですね。格下が相手じゃ興味なしか・・・。
 U-FILE初参戦組、木村浩一郎がタナカジュンジに勝利、MAX宮沢が上山に敗戦、一宮(偽造無し)が滑川に負け。内容はどうだったんでしょー。生GONで見たら、一宮はミドルをボコボコ食らってホントにきつそうだったなぁ。

 [6=セ]○田村潔司(17分6秒 ハイキック→TKO)●大久保一樹
 17分は粘られた感じか。試合後はまたノーコメントだったらしい。なんで? 新日本参戦の噂もありますが・・・。
 [7=メ]○垣原賢人(10分43秒 ヘッドロック)●佐々木恭介
 復活の垣原、かなり苦戦したようです。ロストポイントは4つ、どうなんでしょうね~。試合もUスタイルも久々なんで動き悪かったんかな。ほとんどアドリブのUスタイルは、普通のプロレスより難しいみたい。掌低ブンブン振り回しちゃえばいいんだよ、KOしちゃったって問題ナシ。入場曲の情報がないんだが~尾崎だったんかなー。誰か教えて。

田村潔司 U-FILE CAMP OFFICIAL SITE

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クロアチアよ、現実を見ろ

ミルコ敗戦試合、クロアチアで放送されず

 確かなフジの中継で三宅アナは「クロアチアに生放送されています」と実況していたはず。

 クロアチア国営放送がミルコ・クロコップvsケビン・ランデルマンの一戦を現地時間25日の21時20分から録画放送する予定だったものの、試合は放送されなかったと報じた。
 いい加減だなぁ。まぁ、通訳の間違いかもしれませんが。
 負けたからって放送しないってのもヒドイねぇ。そういう姿を見ておけば、復活した時に喜び倍増するのに。

ミルコ、5.23武士道で再起戦を直訴=PRIDE
 って話もあるわけで。リザーバーの座をウォーターマンから奪い取るつもりらしい。ミルコの試合がいっぱい見れるのはいいんだけど、K-1みたいなことはしてほしくないねぇ。

 同じくクロアチア出身のステファン・レコの試合は興味なし? ハッスル、ハッスルの世界進出は夢と消え・・・。

PRIDE :: Official Website

※ジーニアスさんからの情報。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.04.29

巨人・阿部慎之助もハッスル、ハッスル

G止まらない21戦連発!阿部が神がかりの3発6打点

 まさに神の領域だ。神宮の夜空に、3本の放物線がかかった。阿部の3発。ベンチの左端に陣取った清原が、あきれたようにヒーローを出迎える。そして笑顔で両こぶしを腰に添えた。
 「スリー、ツー、ワン、ハッスル! ハッスル!!」
 格闘家・小川直也の、お得意パフォーマンスで、阿部と盛り上がる。二回、四回と石堂から12&13号。さらに七回には吉川から14号。3発6打点。そのたびに清原と「ハッスル、ハッスル!!」。これほど明るい巨人ベンチも、久しぶりだ。
 ゴールデンの力は凄いなぁ。プロレスファンからも「それ、どーよ!」的寒さを指摘されていたハッスルポーズが一気に全国区となってしまった。なんだかハッスルに追い風吹きまくりだなぁ~.
 PRIDEのフジの中継なんだからハッスルは構わないんでしょうけど、読売グループの巨人としたら、「PRIDEよりもNOAHだろ~」ぐらいは言ってもらいたいもんでしょう。
 打席入場曲(?)に丸藤のを使ってる仁志あたりの意見を聞きたい。

サンスポ
バーリトゥードさんからの情報

Yomiuri Giants Official Web Site
PRIDE :: ハッスル

| | コメント (5) | トラックバック (1)

カシン、下駄を投げる

4/27 新日本・広島グリーンアリーナ(2300人・超満員)、結果

 [6]ヤングライオン杯決勝戦
 ○田口隆祐(11分20秒 ジャーマン)●湯浅和也
 優勝は田口。俺、あんま好きじゃないんだよなぁ。ドロップキックはそれなりに綺麗だけど、フォールとるほど説得力はないと思うんだけど。
 [7=セ]GHCジュニアヘビー級選手権
 ○獣神Tライガー(19分45秒 垂直落下式ブレーンバスター→体)●鈴木鼓太郎
 ※王者・ライガーがV4
 ・菊地毅が挑戦をアピール。
 ・中嶋勝彦マイク「正直怖いです。でも思い切りぶつかっていきます!よろしくお願いします。」
 NOAHは挑戦者が順序よく並んでますね。中嶋君の正直マイクはわざと?
 [8=メ]5vs5イリミネーション
 天山広吉、永田裕志、吉江豊、棚橋弘至、真壁伸也(5-3)蝶野正洋、天龍源一郎、佐々木健介、Sノートン、中西学
 ・BLUE-Kと共に最前列で観戦していたライオンマスク(正体はカシン)のマイク「「おいちょっと待て!中西!羅生門はもう読み終わったのか!?それから、俺を尊敬しろ!!」
 反新日本側のメンバーは凄いなぁ、画像で見ると壮観だ。負けたけど。
 で、カシンがオモロイ。上田馬の助化した矢野から奪ったと思われる下駄や唐傘を中西に投げつけた。
 画像だけでも十分面白いよ~。
 観戦中のライオン&K
 ゲタを投げるカシン

 BLUE-Kは誰? 全日本・代々木大会に登場したライオンマスクは藤田和之だったらしいから、意外な大物だったりして。そんな感じじゃないか。

NJPW OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴン・キッドが「EL NUMERO UNO」優勝

4/28 闘龍門JAPAN・代々木第2(5500人・超満員) [スポナビ][ニッカン

 [3]EL NUMERO UNO決勝トーナメント準決勝
 ○ドラゴン・キッド(10分30秒 ウルトラ・ウラカン・ラナ)●望月成晃

 [4]EL NUMERO UNO決勝トーナメント準決勝
 ○近藤修司(9分2秒 キングコング・ラリアット→エビ)●CIMA

 [7=メ]EL NUMERO UNO決勝トーナメント決勝戦
 ○ドラゴン・キッド(17分0秒 ドラゴン・ラナ)●近藤修司
 ※試合後、マグナムTOKYOが現れ、キッドにムリヤリダンスを踊らせる。
 キッド・マイク「こんな体が小さい僕でもナンバーワンになれます。ありがとうございました!」

 闘龍門最強トーナメントは意外な男の優勝で決まりました。
 JRB払い戻しは、単勝=6170点(10番人気)、馬連37000点と大穴。当ててる人がいるのが凄いなぁ。
 旗揚げ時の勢いがどこへやら、最近は不甲斐ない試合が続いていたキッドさん、これをキッカケに上位戦線へ食い込んでください。
 参加選手中で一番キャリアが短い(違ってたらすいません)近藤修司が2位に入ったのも立派。悪冠一色の乱入が多かったとはいえ、勝てば格は上がって行きますからね~。
 最後に出てきたマグナムはオイシイとこ取りな感じですけど・・・会場の反応はどうだったんだか。

スポーツナビ
nikkansports.com

闘龍門公式ページ
開け!闘龍門 Ver.2.0

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.04.27

木村健悟夫人、ひったくり被害

木村健悟夫人ひったくり被害

 東京都目黒区の木村洋子区議(55)=新日本プロレス・木村健悟スカウト部長の夫人=が自宅近くでひったくりの被害に遭い、現金約13万円などを奪われていたことが26日、分かった。木村区議にけがはなく、警視庁碑文谷署が窃盗容疑で捜査している。
 ひったくりと言えば・・・あの人、復活へのアングルだったりしてね・・。

 情報クレクレ掲示板にはジーニアスさんから、こんな情報も。

 今日(27日)のフジのスーパーニュースでも紹介。
なんと健吾が登場し犯人に「勇気があるなら5.3ドームに来い!オレが更生させてやる!」と呼びかける。まさかフジでドームの宣伝してくれるとは思わなかった。しかも木村健吾さんの必殺技は稲妻レッグラリアートであることも紹介されていたぞ!トライアングルスコーピンもお忘れなく。
 犯人がドームに来るわけないけど、宣伝込みなんでOK、スキャンダルを利用するのは新日本のお家芸だ~。

デイリースポーツonline
ジーニアスさんからの情報

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.04.25

PRIDE-GP開幕戦、速報

4/25 PRIDE-GP開幕戦・さいたまスーパーアリーナ(4万2110人・超満員札止め) [スポナビ][バウレビ][観戦記ネット][PRIDEオフィシャル

すいません。諸事情により、PRIDEは今から見ます。二時間遅れのタイムラグ中継です。
速報を期待されていた方、申し訳ありません。

PRIDEオープニング、高田がゴンドラに乗って会場内の屋根下から挨拶。

 [1]○ヒース・ヒーリング(1R4分53秒 グラウンドで鉄槌連打→KO)●高橋義生
 1R 高橋がタックル切ってフロントチョーク、それを脱出するとインサイドガードからパウンド。最初は首を振ってかわしていたが、結局KO。  今の勢いそのままか。ヒーリングは打投極全てのバランスが抜群。
 [2]○セルゲイ・ハリトーノフ(1R4分14秒 スタンドのパンチ連打→KO)●ムリーロ・ニンジャ
 打撃で打ち合い、ハリトーノフは見事なはらい腰も決めてみせる。  ボディブローも強烈。コーナーに追い込んで顔面へパンチでニンジャの目がとぶ! そのまま衝撃のKO。ハリトーノフ強い! ニンジャに打撃で打ち勝つってんだから・・・これで寝技も完璧と来ると・・・。
 [3]○ジャイアント・シルバ(1R4分4秒 下からの腕固め)●戦闘竜  ・戦闘竜コメント「負けたけど、今回はよかったと思う。腕が抜けなくて、極まってしまった。デビュー戦としては満足している。」
 スローモーながらもパスガードに成功した戦闘竜、上になるもシルバがまさかのチキンウイング・アームロック! 藤原組長が得意なパターン。これが決まってしまう。総合では珍しい決め方。これをU系の選手がやったら泣くほど感動するけど、シルバがやったらギャグに見えてしまう〈笑)。  こんなんで満足しないでくれよ、戦闘竜~。
 [4]○セーム・シュルト(1R5分2秒 腕ひしぎ逆十字固め)●ガン・マッギー
 予想に反して寝技の展開に。見事な動きでマウントを奪ったマッギー、そのまま優位に攻めるも、体勢崩れたところで逆転の腕ひしぎ。ロックを足で強引に外すのがシュルトらしい。  判定決着必至かと思われたが意外とイイ試合に。シュルトが勝てばK-1喜ぶ・・・。
 [5]○小川直也(1R1分34秒 肩固め)●ステファン・レコ  ・小川マイク「PRIDEのファンには大変申し訳ないですけど、あくまでも、ハッスルを広めるためにですね、コツコツやってまいります。」
 新テーマ曲で入場の小川、凄い人気。レフェリーはヤドカリ島田、ハッスル査定試合だから?   スタンドで打撃の打ち合い! 小川も負けてない。小川の打撃でレコが倒れる! 上から攻める小川の動きは軽やか。肩固めで完勝! オミゴト!  ブランクを感じさせない動きには驚かされた。三強ともいい勝負できそう。ハッスルの宣伝もバッチリ〈笑)。  ヤオ疑惑もありますが、私の見方ではガチで間違いないと思われます。もしヤオと設定されていたとして、打撃のスペシャリスト・レコが柔道家の打撃で倒れるという台本は絶対に書けません。レコも受け入れないでしょ。
 [6]○ケビン・ランデルマン(1R1分57秒 上からのパンチ連打→KO)●ミルコ・クロコップ  ・ランデルマン・コメント「去年の桜庭戦で右腕を痛めたので、左腕でパンチを打った。左フックは(師匠の)コールマンと立てたプランどおりだ。ミルコが左ハイを放つタイミングを見抜き、怖がらずにパンチを打ちに行ったから当たった。」
 左フック一発でミルコがダウン! そのまま乗っかってパンチ連打、ミルコの体が人形のように!  まさかの番狂わせ、ミルコはいいとこまったくナシ。ク○リの力が大きいとはいえ、ランデルマンのスピードは驚異的。桜庭はよく勝ったなぁ。

 この試合終了後に、マークハントがリングに登場、PRIDE参戦を表明。
 K−1から引き抜きましたね・・・泥沼だ。

 [7=セ]○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(2R1分25秒 スピニング・チョーク)●横井宏孝
 1R、ノゲイラは下から攻めるいつものパターン、横井はまったく負けていない。スタンドの打撃はノゲイラ有利。
 今日初めての2R、四点ボジションを上からガブッた状態のノゲイラ、そのまま横に回転して変形の裸絞めへ。これで横井タップ。フィニッシュは初めて見る技。ノゲイラ・マジック健在なり。
 打撃に対し「もっと打ってこい」と挑発したりで、横井もそれなりにインパクトは残した。
 [8=メ]○エメリヤーエンコ・ヒョードル(1R2分11秒 腕ひしぎ逆十字固め)●マーク・コールマン
 スタンドの打撃を上手くかわしてテイクダウンに成功、スリーパーで追い込む。そのまま上になって打撃を狙うコールマンを、下から鮮やかに腕ひしぎで捕獲! ヒョードル、お前はノゲイラか!

 ミルコは負けてしまったが、二強はさらに進化した感じ。期待の小川でも、この二人を超えるのは難しいでしょう。

 PRIDEオモシレ〜。試合内容でもノアに負けてないと思うよ。それでいて番狂わせもあるし。

ゴタゴタしちゃって速報になってませんでした。すんません。

・4/27に9つの記事を一つにまとめました。コメントも移動しました。
・4/30に正確な試合タイム等を書き込み、一部文章を追加しました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

4/25 NOAH・日本武道館、速報

4/25 NOAH・日本武道館(1万6700人・超満員)、結果 [スポナビ][スポニチ

 どっちゃり超満員。最上段の立見までビッチリだったらしい。

 [7=セ]GHCタッグ選手権
 ○三沢光晴、小川良成(28分39秒 変形エメラルド・フロウジョン→片)●丸藤正道、KENTA
 ※王者・三沢組がV2
 丸藤はアックスボンバー、KENTAはストレッチ・プラムと三沢が嫌いな選手を連想させる技を使う。こういう頭を使った嫌がらせはいいです。丸藤のアックスボンバーはなかなか迫力あった。
 最後はブレーンバスターの体勢から入る変形のエメラルドで三沢勝利。
 [8=メ]GHCヘビー級選手権
 ○小橋建太(28分47秒 ムーンサルト・プレス→方)●高山善廣
 ※王者・小橋がV8
 NOAHファンが望むことは全てやったでしょう。当たりもハードだし文句はありません。
 高山、エプロンの小橋をジャーマンで投げ捨てたり、高角度ドラゴンスープレックスを放ったりで動きがよい。
 高山の巨体を吹っ飛ばす小橋のラリアットも凄。フィニッシュ以外は説得力ある技ばかりで、観てる側は圧倒されっぱなし。
 小橋のムーンサルトはもともとインパクト薄いんで好きじゃないんだけど、30分闘ったあとで宙返りできるスタミナがあるって意味では納得させるだけのモノであるんだろうなー。

 PRIDEに比べるとイマイチ内にこもるような印象はあるんですが、これだけ観客が集まれば問題ないんでしょー。武道館クラスを毎回満員にさせてることに誇りをもって。そう言った意味ではドーム興行は必要ないかも。
 あとはマンネリが恐いんで、ヘビー級のニューヒーロー誕生が必要ですな。

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE

スポーツナビ
スポニチアネックス ホーム

・4/30に記事を書き直しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ベッカセーム野獣

4/24 日本キックボクシング連盟・後楽園ホール、結果 [バウレビ][スポナビ

 友人から招待券もらったんで久しぶりにキックを観戦してきました。客層が相変わらず独特・・・・。女性客も多いんだけど、ケバいんだな~。ほぼ満員。
 日本キックボクシング連盟は3回戦からヒジあり、ほとんどの選手が1Rから倒しにくるんで観てる側としたら、こんなに面白い団体はない。意外と対K-1に一番対応できそうなのはここの選手じゃないか?

 [8]中川裕也引退試合 -73kg契約
 ○ベッカセーム野獣(判定 3-0)●中川裕也
 ※50-46/50-45/50-44、中川は2度ダウン
 現役王者ながらもいろいろあって引退となった中川、最後の相手は「野獣」。
 このベッカセーム野獣というふざけた名前のタイ人、メチャクチャ強いです。パンチでKOの山を築きながらも、「本当に得意なのは膝、パンチで倒すとお客さんが喜ぶから」と余裕の戦いを続けている。日本デビュー戦では試合前にビールをがぶ飲みして(!)泥酔してしまい試合にならず(笑)。その試合で負けてからは連勝街道マッシグラ。中川とも対戦済みで、その時は判定で野獣勝利。それが唯一の判定決着。
 昨年、日本人の方と結婚。奥さんの実家で農作業を手伝ったりしてる。“野獣”が婿入りして畑を耕してるしてるってのは笑える。
 この日も強烈なパンチで中川を追い込む。場外に吹っ飛ばすダウンもあった(場外に落ちてもダウンカウントって数えるんだね~)。終盤、中川も粘って判定まで持ち込む。イイ試合でした。
 試合後の引退セレモニーには、エンセン井上、柴田勝頼(魔界4号として紹介され、リング上でマスクを脱ぐ)が登場。エンセン経由で新日本の選手が打撃の練習に行ってるらしい。
 野獣ちゃん、ぜひK-1MAXに出ていただきたい。スタイルもあってると思う。
 [11=メ]-63kg契約
 ○チャイディー力(判定 3-0)●山田大輔
 ※50-42、50-42、50-43、山田は3回ダウン
 チャイディー・力(リキと読む)、チャイディー・リキ・・・10回ぐらい唱えていると、「チョーシューリキ」になってくる・・・。またもやふざけた名前のタイ人。これまた強い! パンチの強さが尋常じゃない。2Rにボディブローがモロに当たって、山田は倒れてのたうち回る。ちゃんと立ち上がってなかったのだが、レフェリーは続行(笑)。ランキング5位の山田は噛ませ犬的立場、たぶん、綺麗なダウン勝ちをさせてチャイディーを売り出したかったのでしょう・・・。ところが、3Rから山田が驚異的な粘りを見せる。なかなか当たらないものの、チャイディーに負けない強烈なパンチを振り回す。両者のパンチがブンブン音を出して交錯していく。会場大盛り上がりの熱戦に。
 判定はチャイディーが大差で勝利ながらも、山田の粘りにお客さんは大拍手。こんなのがランキング5位にいるんだから連盟の層は厚いなぁ~。チャイディーは偉そうなオッサンに「なんでKOしなかった!」みたいに怒られててショゲてた(笑)。

 あ~、面白かった。たまにはキックもいいなぁ。タダなら行くよ(笑)。

BoutReview.com
スポーツナビ

倒すか?倒されるか?日本キックボクシング連盟公認HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月18日 - 2004年4月24日 | トップページ | 2004年5月2日 - 2004年5月8日 »