« 2004年4月4日 - 2004年4月10日 | トップページ | 2004年4月18日 - 2004年4月24日 »

2004.04.16

タイソン、K-1とサイン

タイソン、K-1出場にサイン! 7.31米国で試合 相手はK-1戦士が有力

 なんだかサインしたらしいですね。まだ信用しちゃいけませんよ・・・。

 ファイトマネーは非公開だが、谷川貞治K-1イベントプロデューサーによれば「プロボクシング並み」。K-1は、7月31日のほかに、もう1試合の優先権も獲得。米国時間4月30日に行われるK-1ラスベガス大会にタイソンが来場し、大会開始前に会見を行う予定となっている。
 ボクシング並み・・・10億以上だな。今後もガンガンつり上げ工作を始めるんじゃないですか~?
 タイソンの初戦の相手について、谷川氏は、2003年8月のラスベガス大会で舌戦を展開したボブ・サップはもちろん「(アーネスト・)ホースト、(ジェロム・レ・)バンナ、武蔵らのビデオを送っている。曙の試合はタイソンがライブ(中継)で見ている。曙もやりたいといっている」とトップファイターとの試合を交渉中であることを明かした。さらに、その他の試合では米国の大物にも参戦を交渉中だという。
 ボクシング・ルールになる可能性もあるらしい。まぁ、サップならキックでもボクシングでも一緒だな。武蔵がここでも判定に持ち込んだら・・・。
 さらに、K-1は早くも“タイソン祭り”開催案をぶち上げた。タイソン出場試合にTBSの全面協力を受けることが決定。谷川氏は「K-1 Dynamite!のような形でタイソン選手の試合をメーンに組み、K-1とMMAの大会で、今までのボクシングイベントにない最大級のイベントにしたい。PPVの契約の数字を塗り替えたい」とビッグイベント開催に意欲を見せた。試合数は8~10試合を予定する。
 日本での放送局がTBSに決まった理由としては「高額なファイトマネーを支払うための高い放映権料を支払えるところで、サポートが協力なところ」と説明した。
 TBSさん、成功することを祈ります。馬鹿祭りで大失敗した日テレはさすがに手を引いたか。PRIDE寄りのフジはK-1から離れ気味?
 とにかく、今後もいろいろ「決まった」「ダメになった」という報道が大会当日まで続くのでしょー。いちいち反応するのは疲れるので(笑)よっぽどのことがない限り、ブラック・アイとしてはタイソン関係の記事は拾わないつもりなんで。笑える話ならデマでも拾うけど(笑)。
 とにかく話がでかいねぇー。K-1が世界的イベントになる日も近い・・・。

 同じ日の会見・・・何だか虚しくなってくる。

スポーツナビ

FEG OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.15

キックボクシング、タイトル戦以外の5Rを廃止

5回戦なのに3R。新ルールスタート

 キックボクシングの話なんですが、興味深いんで取り上げます。

 新日本キックボクシング協会は4月18日の市原大会から、5回戦を3分3R、3回戦・4回戦を3分2Rで実施する。ただしタイトル戦は5Rで行い、国際戦はその都度ラウンド数を設定する。試験運用ではなく、5月30日の後楽園大会でもこのラウンド制が採用される予定だ。肘打ち、首相撲等、他のルールはこれまでと変わらない。
 「回戦」という言葉は「ラウンド」と同じ意味のため紛らわしいが、協会の広報担当者によると、試合のスピードアップと選手の積極的なファイトを促すための措置とのこと。
 確かにキックの興行は長いもんなぁ。この前ヤマケンが出場したM-1は全18試合だったしねぇ。昔、私の友人がキックを見に行って、7時にぐらいに到着したら、「第8試合を開始します」ってアナウンス。「こりゃ、試合が進むの早いなぁ~」とパンフ見たら、5時開始(平日)で全17試合(ぐらい)だったとか(笑)。半分は見れたんですね。終了は11時近かったみたい。
 新日本キック協会は武田幸三などが所属する団体だけに、対K-1を考えてのルール改正とも考えられます。ただ、K-1に振り回されっぱなしなのもどうかと思いますけど。昔は打倒ムエタイが合い言葉でしたが、今は打倒K-1なんですねぇ。ゴールデンは強いなぁ。12Rとかやるボクシングがエラク大変な競技に思えてくる。

BoutReview.com
FEG OFFICIAL WEB SITE

新日本キックボクシング協会

| | コメント (3) | トラックバック (0)

中嶋君、健介オフィス入り

16歳・中嶋が健介オフィス入り

 中嶋君の引取先が決まりました。選択としては正しいんじゃないでしょうか?

 マネージャーの北斗は、「(中嶋が空手を習った愛知の)総闘館の竹内惣館長やお母さんの富士子さんらと12日に東京で4時間近く話し合った。健介オフィスは道場もない業界一の貧乏オフィス。2人の息子もいるし、夫婦間での葛藤もあったが、それでも入りたいという思いを聞き、ウチの長男として迎え入れることを決めた」と入団の経緯を語ると、「(中嶋にはいずれ)いろんな団体を見極めて、生活の保障ができる団体に入団してほしい。それまで見守る」と長男健之介くん(5)と二男誠之介くん(1)とともに自宅に下宿させる考えを明かした。マネージメント料は取らず食費として3万円を納めることを決めた北斗は、「あまり長くいると送り出すときに泣くことになる。いい意味で早くウチから飛び出してほしい」と親心ものぞかせた。
 住み込みですよ! あの豪邸ですから、部屋はいっぱいあるでしょう。健介とトレーニング、北斗からはプロレスラーとしての何たるかを教わる・・・いい環境なんじゃないですか? 当面はご子息2人のお守りが仕事? もう、すっかり家族に馴染んでます。ピクニックの写真みたい・・・。

 次の試合として、5/3新日本・東京ドーム大会におけるライガー戦を希望。面白いじゃん、上井さんも喜んでるでしょ。
 MMAは「体の成長が止まるまではやらさない」って方針らしい。ま、しばらくはプロレスに染まってくれや!

スポーツナビ
tnさんからの情報。

中嶋勝彦オフィシャルファンクラブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.14

川田、チャンカン欠場

川田がCC欠場決定 全治4週間の重傷

 4/10荒谷戦で痛めた指は重傷だった。

 会見に同席した大城戸ドクターによれば、「指の骨が4つに割れていてねじれたようにヒビが入っている。このまま放置すれば小指が曲がり薬指と重なってしまう怖れがある。手術しなければプロレスキャリアだけでなく一般生活にも支障をきたしてしまう」という重傷。
 そこまで言われちゃうと「休んでください」と言わざるをえない、いや、ホントに心配なんですが。
 ・・・プロレス者の悪い習性として、「○○がケガした」と聞くと「それはアングル?」と聞き返してしまう。ここで川田が欠場すれば、三冠王者の地位を傷つけることなく、混戦モードにもっていくことが可能。都合はいいんですけど、新生・全日本が社運をかけて開催しているシリーズだけに、団体エースを下げちゃうのはあまりにテンション下がるし、当日券売れないし・・・。
 全治4週間だと、4/25博多の橋本とのタッグ、5/8ハッスル3もダメになる。そうなると、今回はマジかなぁ~って感じになってくる。ゴールドバーグに負ける口実? うーん・・・あとは皆さんで考えてくれ(笑)。

スポーツナビ

全日本プロレスオフィシャルサイト
武藤敬司 OfficialSite LEGLOCK

| | コメント (3) | トラックバック (0)

永田、SUMOでイグナショフに敗れる

バトルSUMOトーナメント1回戦結果

 TBS「黄金筋肉」内で、今日から開催されているK-1版相撲。1回戦が終了。

 ○中西学-●マイク・ベルナルド
 ○中尾芳広-●フランソワ・ボタ
 ○ボブ・サップ-●バタービーン
 ○成瀬昌由-●ヤン"ザ・ジャイアント"ノルキヤ
 ○アレクセイ・イグナショフ-●永田裕志
 ○佐々木健介-●フランシスコ・フィリオ
 ○ブルー・ウルフ-●中迫剛
 ○ゲーリー・グッドリッジ-●武蔵
 当然と言えば当然なんですが、プロレス・MMA系の選手がほとんど勝ち上がりましたね。約1名を除いて・・・。
 永田さん・・・・・・ある意味グッドジョブです(笑)。オチとしては最高でしょう。突っ込んだところを引き倒されました。試合後のコメントは「格好わるいなぁ」、大晦日と一緒です。決め台詞もバッチシ! にしても、グレコ出身なんだから、もうちょっとやるんじゃないかと思ったんですが・・・。
 他では成瀬がコーナー?ポストを使った技を披露、最後は粘って逆転勝利。新しめの味を出そうと、わざわざポストを作ったサダハルンバもホッとしたことでしょう。

黄金筋肉

FEG OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.04.12

大仁田、イラク日本人人質の身代わりを志願

●緊急告知! イラク邦人人質事件に関する声明

 情報が二転三転するイラクの日本人人質問題。大仁田さんが何か言ってます。

 昨日(9日)午後2時半、オレは総理官邸を訪ね、「こういった事態に陥っている以上、国会議員が何かを示すべき。もし犯行グループとコンタクトが取れたならば、人質の交換を申し入れ、私自身が身代わりになる」という意志を告げてきた。正直言って、オレだって自分の命を危険にさらすのは怖い。死ぬのは怖い。しかし、こういう時にこそ、国民の皆さんのために働くのがオレの国会議員としての使命だと思う。
 
 昨日、総理官邸を後にしたオレは記者団に取り囲まれたが、ノーコメントを貫いた。どうせマスコミは、オレの言動をパフォーマンスと捉えて報じるに違いないからだ。このHPを見てくれている人たちは、みんなオレのファン、あるいは大仁田厚という男に少なからず興味を持っている人ばかりだと思う。あなたがたにはせめて、オレの申し入れがパフォーマンスなどでないことを理解していただきたい。
 ハッキリ言って、国会議員を身代わりにするとしても(そんなのはないと思うけど)、大仁田さんは選ばないと断言できます。選んだ時点でパフォーマンスです。そりゃ、議員として頑張ってるのはある程度認めますが、世間は目立ちたがり屋のタレント議員としてしか見てません。もうちょっと自分がどう見られてるか考えた方がいいです。
 ってかさ、イラクの武装集団が万が一にも国会議員の身代わりを認めたとして、「どんなのが来るんだ?」って聞かれて「プロレスラーです」って答えたら「舐めてんのかぁ~!」って怒り爆発になりますよ(笑)。あらゆる方向から見ても逆効果。まぁ、プロレスラーには絶対見えない体格ですから、公にしなければ一般人で通りそうですけど。

大仁田 厚 オフィシャルサイト
Y!ニュース - イラク日本人人質事件

| | コメント (3) | トラックバック (0)

全日本に栗栖ジムのエースが入団

全日本がアマレス諏訪間らの入団発表
 全日本に「入社」した諏訪間以外にも新人さんが入団。

 全日本は10日、アマレス世界選手権代表諏訪間幸平(27)、スピードスケート出身の小沢晴樹(24)、神戸大和田山隆(22)、栗栖ジム出身の川畑顕(25)の入団を発表した。
 ちょっと全体的に年齢が高いのが気になりますが。
 閉鎖した栗栖ジムの若手エースだった川畑が入団してます。

川畑顕プロフィール
 試合は見たこと有りませんが、体は大きそうだし、前座をかき回す存在となれるかも。栗栖ジム出身の奥村とは入れ替わりだったなぁ。

 スケート出身の小沢、検索してたら1件ヒットした。長野オリンピックの記事らしい。

 試合開始前にタイムトライアル(前走者として)でリンクを滑った小沢晴樹くん(17歳)と関喜治くん(17歳)にエムウェーブについて聞いてみました。2人は「長野県オリンピック対策強化選手」に選ばれているスピードスケートの選手です。
 17ってことは7年前か。そのあとの成績はどうだったんでしょー。ちょっとスケート出身のプロレスラーって記憶にないんで、どんな感じになるのか楽しみ。
 昔、WCWに「五輪出場」をアピールしてデビューした選手がいたんだけど、その競技が「カーリング」だったのには笑ってしまった。もちろん、すぐ消えました。名前も忘れた。

nikkansports.com
TEAM KURISU

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.11

ヤマケン、タイ人をKO

4/11 M-1・ディファ有明、結果 [スポナビ
 「M-1」はNJKFを脱退したウィラサクレックムエタイジムが中心となって立ち上げたキック興行。

 [17=セ]ヘビー級=3分5R
 ○山本喧一(3R1分24秒 膝蹴り→KO)●デン・サックモンティー
 沈黙を続けていたヤマケン、キックで復活。
 対戦相手のタイ人は元WMCランカーで68戦48勝、体重が89キロ。ヘビー級のタイ人ってどんなんだよと思ったら、スポナビでは「貫禄の腹回り」との紹介が。・・・ただデブっただけか。
 まぁ、それは置いてといても肘膝を使ってのKO勝利はお見事。今後はMMAとキックの2本柱でチャンピオンを目指すそうで。K-1ジャパンなら、すぐ出れるんじゃないかなぁ~。
 第15試合前に、“一億円男”鈴木健・元UWFインターナショナル取締役(M1プロデューサー)が登場。「6年ぶりのリングです。UWFインターナショナル、プロレスリングが最強でなくてはいけない」とプロレスラーを呼び込むと、デンジャラス内田、MAX宮沢に続いて“ミスター200%”安生洋二、グレート・カブキ、俳優の川野太郎らがリングイン。鈴木氏は「借金を抱え、焼き鳥屋をやっているがシュートにかける意気込みは変わっていない。今後ここの選手はK-1でも戦う可能性がある」とぶち上げた。
 元SPWF・デンジャラス内田はなぜか鈴木健さんと絡んでるが、さすがにこのメンバーに入ると違和感あるなぁ。鈴木健さん経営の飲み屋・市屋苑に3回行ったことあるけど、そのうち2回は川野太郎さんがいた。

スポーツナビ

WEERASAKRECK MUAY THAI GYM

| | コメント (3) | トラックバック (1)

北斗の相手は渕?

4/10 全日本・後楽園ホール(2100人・超満員札止め)、結果 [スポナビ][全日本オフィシャル

 チャンピオン・カーニバル、開幕です。

 [2]リベンジ・オブ・HOC~本間&宮本 試練の6番勝負~
 ○ケンドー・カシン、G浜田(4分5秒 腕ひしぎ逆十字固め)本間朋晃、●宮本和志
 ・当初は「BLUE-K&浜田組」であったが、カシンが割り込んで無理矢理カード変更。カシンはこれが復帰戦(?)。
 ・試合後、北斗晶が登場、カシンに対戦を要求。
 ・カシン・マイク「全日本を代表して渕正信がお相手する」。
 ・カシン・コメント「渕しかいないだろう、全日本と言えるのは。小説も書いてるし、一人ものだし。死んでもだれも心配する人はいないからな」。
 いや~カシンはおもろい。北斗にマイクで勝っちゃっうんだからねぇー。
 ・以下4試合チャンピオンカーニバル公式戦

 [4]○大森隆男(14分2秒 アックス・ボンバー→片)●太陽ケア
 ・大森コメント「こんなに全日本のファンが温かく迎えてくれるとは思ってもいなかったので、逆にそれに戸惑ってしまった」。

 [5]○佐々木健介(5分41秒 ノーザンライト・ボム→体)●嵐
 ・コール時に「マネージャー・北斗晶」の紹介あり。

 [6=セ]○川田利明(4分2秒 顔面キック→片)●荒谷望誉

 [7=メ]○武藤敬司(13分31秒 シャイニング・ウィザード→体)●カズ・ハヤシ

 まぁ、順当な感じですかね。健介夫婦の人気がとにかく凄かったとか。全日本のファンは外様に優しい。

全日本プロレス オフィシャルサイト
スポーツナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月4日 - 2004年4月10日 | トップページ | 2004年4月18日 - 2004年4月24日 »