« 2004年3月14日 - 2004年3月20日 | トップページ | 2004年3月28日 - 2004年4月3日 »

2004.03.27

ジョシュの考えるオールスター戦

 今日の生GON、ゲストのジョシュ・バーネットがオールスター戦を勝手にマッチメイク。あまりに面白かったんで記事にしちゃいます。

 第1試合:小橋建太vsベイダー
 第2試合=Uインタールール:桜庭和志vs近藤有己
 第3試合:川田利明vs田村潔司
 第4試合:カール・ゴッチvsビル・ロビンソン
 第5試合:アントニオ猪木vsヴォルグ・ハン
 どの選手も全盛期の頃のコンデションで出場するのが条件のようです。もう、ノリは小学生がノートの端っこに書くのと変わりません(笑) カードの意味を説明するジョシュの顔の嬉しそうなことと言ったら・・・。
 猪木vsハンって面白くなりますよ。ハンがクルクル猪木を回して極めたあと、魔性のスリーパーでジタバタしながらタップする姿が目に浮かぶ(笑) 川田vs田村もいいです。微妙にU系を絡めながらも、お客さんをコントロールできる選手をチョイスしてるあたりがニクイ。

 ジョシュは1時間出ずっぱり。最近はスネークピットで練習してるんで司会の大江をいじくりまくり。「工藤めぐみを知ってるか?」と聞かれて、なぜか大江に「ピラミッド・ドライバーをかけてやる」と言い出して立ち上がる。
 練習のVTRの中では大江にドクターボムをかけていた(下、マットなしでマジ痛そう)。
 ニュースの映像で大日本の沼澤が映ると「コレハ、ダイコクボウベンケイ? アブドーラ・コバヤシ? サソリ?」とハゲ繋がりで次々にマニアックな名前を出すのも笑える。
 このキャラがリングで生かされれば・・・。

FIGHTING TV サムライ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.03.26

馳vs大仁田、初対戦

はせ日記-平成16年3月25日(木曜日)

 大仁田厚と馳浩が国会で対決。参議院文教科学委員会における 「義務教育費国庫負担法」 審議における質問者が、大仁田厚委員。答弁者が、馳浩文部科学大臣政務官。意外にも、これが初対決なんだそうで。
 質問の内容はリンク先を読んでもらうとして、質問終わって・・・馳さんの感想。

 大仁田先生の質問は、まさしく変幻自在方式。緊張感があって、それも、人間味があって、聞いている人に考えさせる深みと不思議な説得力がある。
 終了後に記者さんから 「今日の対決はどちらの勝ちでしたか?」 と聞かれたので
 「臨機応変でお答えしましたが、理念で攻める大仁田さんの勝ちですね!」 と真摯に(?)おこたえする。
 大仁田さんも少しはマジメにやってるみたい、と言っておく。

はせひろしのホームページ
大仁田 厚 オフィシャルサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

HHHが・・・

'04/3/22 RAW

3/22 WWE・RAWで起きた出来事

 ・今日はドラフト。スマック所属レスラー・関係者も会場に。
 ・前回とは違う方式でドラフトは行われる。RAW・スマックの選手を6人ずつ引き抜く。引き抜く選手はくじ引きによって決まる(運任せ)。また今夜12時までならトレードも可能。
 ・「ワールドタッグ選手権:RVD&ブッカーTvsフレアー&バティスタ」、シッダン・パワーボムでバティスタがブッカーをフォール、フレアー組が王座奪取。この試合後、RVDのスマック移籍が決定。
 ・RAWに移籍が決まったばかりのライノがベノイの王座に挑戦、「ワールドヘビー級選手権:ベノイvsライノ」。ベノイがクリップラー・クロスフェイスで勝利、防衛。
 ・最後のくじ引きでRAW移籍が決定してしまったポール・ヘイマン(レスラーかよ!)、半狂乱で会場から逃亡、GMを降りることになりそう・・・。
 ・ヘイマンの決定で「WWEヘビー級選手権:エディ・ゲレロvsHHH」決定。HBKらが乱入、エディ反則勝ち。試合後、RAW・スマックの選手がリングに流れ込み大乱闘。

[移籍まとめ]
RAW→SD レネ・デュプリー、マーク・ジンドラック、HHH、ロブ・バンダム、テディー・ロング、スパイク・ダッドリー

SD→RAW シェルトン・ベンジャミン、ニディア、ライノ、タジリ、エッジ、ポール・ヘイマン

 HHHとRVDが移動したのは大きい。スマック側の方が得した感じ・・・。あとはタジリがどれだけ上で使われるか。

Monday Nitroレポート

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.24

台本流出

週刊アサヒ芸能 4/1号

 今日、立ち読みしました。この記事は2ページしかないし、買う必要はない。及川奈央の袋とじはちょっと気になったが。

【激震スクープ 本文+グラビア】高田延彦「ハッスル2」の「勝敗シナリオ」独占入手
「八百長プロレス台本」を現物公開する!
 ハッスル2で関係者に配られた進行台本が公開されています。
VTR→長州・石井入場→試合開始→長州組勝利→長州、花道をネイション誘導で退場→ゼブラーマンマイク「次は白黒つけるぜ」
 とか、書いてある。まぁ、今更どうでもいいんですが、マスコミ関係にまで配る必要はなかったんじゃないかなぁ。
 本当なら試合時間とかも書いてなきゃダメでしょ。レスラーが目にする台本(?)とは別のような気がする。
 ある意味、高田総統の日本プロレス崩壊作戦は着々と進んでいるわけですね。

徳間書店
tnさんからの情報

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.23

HOLD OUT CUP、中止

『HOLD OUT CUP』中止のお知らせ [全日本プロレス オフィシャルサイト

 全日本の鈍くさい(失礼)中堅勢が集まったリーグ戦。河野・奥村・保坂がケガ・・・。

 リーグ戦に出場している6選手のうち、3選手が欠場のため、リーグ戦自体を中止とさせていただきます。
 次期シリーズ『チャンピオン・カーニバル~PLEASURE6~』にて行われるリーグ戦のAブロック『HOC優勝者』の枠に関しましては、出場するに相応しい選手を現在人選中ですので、決定次第発表させていただきます。
 まぁ、ほとんど注目されていないリーグ戦でしたから、どうってことないんですけど・・・なんだかなぁ。
 保坂は21日の本間戦でケガ。エプロンの相手に飛び込んで放つ回転エビ(=パワーボム)を食らった保坂が、変な形で鉄柵に当たって失神・・・だって。生GONで見たら、そんなに危ない落方じゃなかったけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.22

APA・・・

**SPOILERS WWE SmackDown! Tapings Results - WrestlingInc.com

3/18放送 WWE・スマックダウンの出来事

 ・「WWEタッグ選手権=APA負けたら即解雇:リキシ&スコテッティvsAPA」、APA敗れるも、ヘイマンの判断で解雇はファールークのみ。マジ解雇(自主退団?)らしいです。
 ・エディの保持するWWEヘビー級王座を巡って「ガントレットマッチ(レッスルマニアでクルーザー級王座を巡って行われたものと同じ。シングル勝ち抜き戦)」開催。シェルトン・ベンジャミン、チャーリー・ハース、ビリー・ガン、ビッグショー、ミステリオが出場。最後の選手権は「エディvsミステリオ」、エディが勝って防衛(かなりイイ試合だったようです)。
 ・メイン終了後、ヘイマンが「来週のドラフトでメキシコ人(エディ&ミステリオ?)を指名しない」と宣言。そこに鐘の音・・・アンダーテイカー登場。ヘイマンにツームストン!

 ファールークこと、ロン・シモンズの自由契約は公式発表となってます。日本来るかなぁ。
 スマックにメキシコ人を選ばないって言っても、チャンピオンのエディは避けれないだろ~。とにかく来週のRAWは注目。

Professional Wrestling news, rumors and information - WrestlingInc.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

ネッシーを操るプロレスラー

 ココログルでプロレスをキーワードに検索してたらこんなものにヒット。

ネッシーを呪文で呼び出す!? 目撃例多発 [活字バーリトゥード

 うわ~胡散臭い・・・。でもプロレスとオカルトって遠いようで近いとこありますからね~、あんま馬鹿にもできない。
 で、ケビン・カーリヨンって誰よ? ヨーロッパ系? ビリーライレージムとか? 44歳だから現役の頃って、それほど昔じゃないだろうに。情報求む!
 この方が術を解いた日から、ネッシー目撃が増えているんだとか・・・。ネッシー=オモチャ説もぶっ飛ぶ。こんな人大好き。友達にはなりたくないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みちのくプロレスに現役高校生入門

みちのくプロに17歳レスラーが入門

 全日本にも大物と言われる人が入団・・・じゃなくて就職しましたが、俺的にはこっちの方が注目だ。

 みちのくに17歳の天才レスラー、藤田勇人(自由ケ丘学園)が入団することが19日、分かった。高2ながら新崎人生社長にスカウトされたもので、28日の仙台大会で入団発表。
 高校に通いながら練習するらしい。高校在学しながらデビューしたら史上初か? 
 で、どこでスカウトしたのかと言うと・・・。
 9歳の時、脳性まひの両親が活躍していた障害者プロレス「ドッグレッグス(DL)」でデビュー。右手にまひを抱えながら100メートルを11秒台で走る父孝之さん(51)の運動神経を受け継ぎ、空手やアマレスで培った抜群のセンスをリングで発揮した。1月のDL北沢大会を視察した新崎社長が藤田の大胆なファイトに一目ぼれ。
 ドッグレッグスですか・・・。ただ、藤田君自身は障害者じゃありません。ドッグレッグス内にある「健常者プロレス」で活躍しているようです。ここって基本的にガチなんですよね・・・。1月の試合では、アンクルホールドで一本勝ち。「足がバキバキっていっちゃた…」と相手の“福祉パワー”選手を心配するほど余裕の勝利。ちなみにリングネームは「ゴッドファーザーJr」。お父さんが「ゴッドファーザー」って名前なんですね。
 ドッグレッグスの試合がみちのくで行われたりする可能性もあるか? サスケ議員としては判断を迫られますな。
 障害者プロレスについては、また別の機会にでも取り上げましょう・・・。

■関連リンク
nikkansports.com
みちのくプロレス
障害者プロレス『ドッグレッグス』

□PR
Click Here!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北斗・AKIRA・BLUE-K・・・話題ありすぎ

3/20 全日本・後楽園ホール(1550人・満員)、結果

 [4]HOLD OUT CUP公式戦
 ○宮本(8分47秒 レフェリー暴行→反則)●本間
 ※ハードコア殺法を次々に繰り出す本間に対し、和田京平がリングに上がり(この試合のレフェリーは村山)注意する。それに怒った本間が和田京平をリング外に放り出し、反則負け。
 その試合を裁いていないなら、反則負けにする権限はないような気もするが。私はハードコアな本間の方が断然いいなぁ。
 [6=セ]4-4イリミネーション
 TAKA、ケア、ディーロウ、○BLUE-K(31分20秒 雪崩式腕ひしぎ逆十字固め)武藤、小島、●ハヤシ、X=AKIRA
 ※RO&Dは2人残り
 BLUE-Kはカシンが正体で間違いなさそう。一時は本気で離脱の可能性もあったらしいんで、帰ってきて全日本関係者はホッとしたことでしょー。TAKAの下につくってのはどう?
 全日本側のXとして新日本を辞めたAKIRAが登場。この人は仕事できますんで、全日本にしたらいい買い物だったのでは。役者さんとしての活動があるんで、フルタイム参戦とはいかないでしょうが。
 [7=メ]○川田、荒谷、土方(13分2秒 ハイキック→片)天龍、●保坂、木村浩一郎
 ※天龍は予告通り北斗晶を帯同して入場。和田京平が阻止しようとすると、そこにBLUE-Kが現れて北斗をサポート。ついに北斗は全日本マットへ足を踏み入れる。
 試合終盤、川田がフォールにいくと、北斗が木刀をリングに投げ入れる。それを見て和田京平がカウントをストップ。川田は構わず攻撃を続け勝利。
 北斗マイク「京平!よくも木刀を投げてくれたな!チャンピオン・カーニバルにひとつワクが空いてるんだろう。佐々木健介が出てやるからお前ら覚悟しておけよ!」
 京平・北斗・BLUE-Kは不思議な三角関係。面白そうだけど・・・オチはちゃんとあるんだろうな(笑)
 スポナビではまったく触れられていないんですが、全日本初登場でいきなりメインだった木村浩一郎はどうだったんでしょー。

 最近の全日本って皆さんどうです? 俺的には・・・いい感じだと思うんですが。話題作りが巧いし、RO&Dをはじめとして仕事できる選手もいるし。アングルも嫌いじゃない。TVもついて上昇ムード? 勝負はチャンカンだな・・・。

 あ、健介チャンカン出るんですね。これでサップ戦負けは決まったか・・・。
 
スポーツナビ
全日本プロレス オフィシャルサイト
AKIRA Official Web

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒田敗れる、そして・・・冬木軍活動停止

3/19 冬木軍プロモーション・後楽園ホール(1800人・超満員札止め)、結果

 [5=セ]アジアタッグ選手権
 ○コスケ、獅龍(13分40秒 ラリアット→片)金村、●非道
 ※王者・コスケ組が防衛
 予想通りのハードコアな展開となったようです。会場はコスケ組に大ブーイング。冬木軍のファンって何なんだろうね? ガラが悪くて(失礼)よく声を出す。冬木軍に出ているメンバーはWMFと変わらないような感じなのに、ファンの色はだいぶ違う。不思議。
 [6=メ]○橋本真也(14分12秒 ジャンピングDDT→体)●黒田哲広
 真っ向勝負な感じだったみたい。でも、垂直落下ブレーンバスターまでいけなかったんだなぁ。橋本にもブーイングがとんだらしい。

で、メイン終了後・・・。

 残された黒田は選手たちをリング上に上げると、「最後を締めるのはオレじゃない。社長です」と冬木軍プロモーション社長の冬木薫夫人にマイクを手渡した。5月5日の川崎球場大会決定を報告すると「1年を目標にここまでやってきました。この1年を乗り越えることができて、勝手ながら決めたことがあります」と決意の表情。そして、5.5川崎大会をもって冬木軍プロモーションとしての活動を終了させることを発表した。
 4/8後楽園と5/5川崎球場で冬木軍興行は終了。軍団としての活動は続くようですが・・・。WMFも活動停止、FMW系全滅です。インディーというカテゴリ自体を考え直さないと、今後も同じ事の繰り返し。
 それでもやっぱり、残党で団体旗揚げの方向となるんかなー。ゼロワンも全員引き取るわけにはいかないだろうし(鮫とか)。

スポーツナビ

■PR
マミー、そばにいて
[本]冬木薫著。がんと最期まで闘ったプロレスラー冬木弘道の妻による感動と涙の壮絶手記。
04年10月発売。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年3月14日 - 2004年3月20日 | トップページ | 2004年3月28日 - 2004年4月3日 »