« 2004年2月29日 - 2004年3月6日 | トップページ | 2004年3月14日 - 2004年3月20日 »

2004.03.13

ブロック・レズナー、WWE離脱

レズナーWWE退団へ

 前WWEヘビー級王者でWWE史上最年少の王座奪取記録を持つブロック・レズナーが、14日に米ニューヨークで開催される「レッスルマニア20」を最後に退団する意向を持っていることが11日、分かった。
 レズナーは、9日に開催された「スマックダウン」アトランティックシティー大会の試合前に選手や関係者に退団の意向を伝えた。ここ数か月の海外公演を含めたハードな日程や、自身のキャラクターの方向性に不満を持っていたことが退団決意のきっかけとされる。
 これは噂レベルの話じゃないみたい。WWE離脱後は、NFLに挑戦するなんて話が出てます。・・・アメフトできなくなってプロレスに来るパターンはよくありますが、逆は珍しい。
 ただ、これだけの大物をほっとくはずがない。アマレスの実績もありますから、日本のガチ系団体が声をかけるのは間違いないでしょ。見たいような見たくないような。

スポーツ報知ホームページ
WWE.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐々木健介、天山に勝利してIWGP奪取

3月12日(金)国立代々木競技場・第2体育館、結果(3800人・満員)[新日本公式][スポナビ

 [7]○鈴木みのる(5分18秒 裸絞め→TKO)●スコット・ノートン
 田中リングアナ曰く、「ちょっと消化不良の感が・・・」。あ~面白くなるか全然ダメかどっちかだと思ってたんですけど。ノートンにしたら、ちっこい相手に負けブック突きつけられた時点でやる気なしだったんかな。
 [8]○高山善廣(3分34秒 裸絞め→TKO)●柴田勝頼
 こちらは田中リングアナ曰く、「短い時間の試合でしたが、凄く内容のある闘いであったのではないかと思います」。
 [9=セ]○天龍源一郎、中西学(8分58秒 53歳→片)蝶野正洋、●永田裕志
 ※村上(最近、蝶野と合体)が乱入して永田を襲う。永田が蝶野に抗議、蝶野は村上と退場。
 永田コメント「蝶野は選手として新日を放棄したということ。・・・俺は流されない。一人になっても戦い続ける・・・。」
 何だか永田さん格好いい。自分的には永田一人エースみたいな状況がまったく理解できない。中西・健介・天龍・蝶野・サップ・・・ベビーとして使った方がよさそうな選手がヒールになってるのもわからん。俺なら永田をヒールにする。村上もベビーで使えばブレイクするかも。
 [10]IWGPヘビー級選手権
 ○佐々木健介(15分45秒 ポルケーノイラプション→片)●天山広吉
 ※挑戦者・天山が王座奪取(第36代、4度目)。試合後、観戦していたサップがリングイン。
 サップマイク「オメデトウ、ケンスケ。IWGPベルトはオレのものだ」
 健介マイク「よく聞け。オレがナンバーワンだ」
 健介、ナンバーワンよりオンリーワンじゃないのか(笑) 天山政権は短く・・・予想通りかな。これで当分の間はチャンス来ないでしょー。
 試合経過見ると面白そうな感じ。ポルケーノイラプションってコレ? どんなんだか全然わからん。
 これで3・28両国は「健介vsサップ」。あ~よくわからん。新日本隊ゼロのメインか。どっちもヒールだったりするし・・・。

NJPW OFFICIAL WEB SITE
スポーツナビ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2004.03.12

ミックを励まそう

'04/3/8 WWE・RAW

・番組が始まると、リング上に棺桶が置かれている。ケインが登場し棺桶を破壊する。そこにアンダーテイカーのテーマ曲がかかり、ビジョンに「今度の日曜日に再び始まるであろう。安らかに眠れ。」とメッセージが映し出される。

・ロックがミックを励ますためのコーナー「This is your Life」を企画。ミックが少年時代に屋根から飛び降りた家の家主・シュナイダーおばさん(?)&ジミー・スヌーカが登場。ミックを励ます。続いて、評論家のボブ・トマソンが登場。プロレスが嫌いなことで有名な人らしい。「ミックの本もロックの映画もつまらない」との発言に2人がぶち切れ。コーナー終了後、エボリューション乱入でミック&ロックをボコボコ。

 もうレッスルマニアは今週なんですね~。スマックでもう一波乱ありそう。


Monday Nitroレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

金原、高田に会う

金原弘光本人書き込み本音炸裂コラム

 現在、春頃の復帰に向けてトレーニングに励んでいる金原弘光選手、ご本人のHPにおけるコラムは抜群の面白さである。
 [近況]と[新日本プロレス学校からプロデビューに向けてのエピソード]の二本立てでコラムは進む。これが最近、妙なリンクをしてるんです。

-3/9 01:06
晴れ
今日、高田道場に練習に行ったら高田さんに会ったよ。高田さんに会うのは約半年ぶりだし凄く緊張したよ。
 これは近況、最近の話。
で、翌日に更新されたコラム。
-3/9 22:35
晴れエピソード27
ちょうどその頃、あの新生UWFが解散して3つに分かれた。俺は、直感的にUWFインターナショナルがいいと思った。
 高校生の時初めて観戦した“UWF”で前田さんと高田さんの試合があったんだけど、その時、高田さんが勝ったのを見て「プロレスラーになりたい。いやプロレスラーになるんだ。」と思った、何とも言えないあの時の思いがあったから、やっぱり高田さんんのいるUインターに入りたいと思ったんだよね。
 高田さんにあったインパクトからかもしれませんが、プロデビュー前のエピソードもUインター入門のシーンへ向ってます。

 そう言えば、昨年末のコラムではこんなのが。

-12/20 10:26
晴れ
昨日、知人から高田さんの・泣き虫・という本を借りたんで、今日から読まなきゃ!
 感想聞きたいなぁ。泣き虫読んでから初めて会った・・・。
 [ 高田さんが勝ったのを見て「プロレスラーになりたい。いやプロレスラーになるんだ。」と思った ] 
 なんか深読みしちゃうんです・・・。

金原選手は個人事務所U.K.R.を設立しました。復帰に向けて秒読み~!

金原弘光オフィシャルサイト
tnさんからの情報。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.10

ジニアスvs中牧、場外乱闘傷害事件

◆大仁田“遺恨法廷バトル”ゴング…“場外乱闘傷害”

 リングから法廷へ-。プロレスラーで参院議員の大仁田厚氏(46)と公設第1秘書の中牧昭二氏(48)の2人が、前代未聞の“場外乱闘傷害事件”で、約1500万円の損害賠償請求訴訟を起こされたことが、10日までに分かった。訴えたのはプロレスラーのセッド・ジニアスこと渡辺幸正氏(37)=フリー。
 久しぶりにジニアスの名前聞きました。このガチ抗争ってまだ続いてたのね~。
 「いまだに走って止まるとめまいがする。医者には頭部を強打した影響で頭の位置や動きでめまいなどが起こる『迷路震盪症』だと診断された。とてもプロレスはできない」
 こう話す渡辺氏は8日、東京地裁に訴状を提出した。
 場外乱闘があったのは昨年4月27日。渡辺氏が主催したプロレス興業のメーンイベントで、渡辺・グラン浜田組Vs大仁田・矢口壱琅組のタッグマッチだった。
 渡辺氏が矢口選手をフォールして終わった直後、両陣営の乱闘が起こり、当時は現役プロレスラー(昨年末引退)も兼務していた中牧氏が、リングサイドで倒れこんだ渡辺氏の顔面に右足で強烈にキックを見舞った。
 かつてエコノミー症候群になったこともあるジニアス、病気ネタは得意なんですが・・・蹴られてダメージ負ったってのはプロレスラーとしてどうなんだ(笑) 今回の場合、中牧の乱入が予定外であったことを公言してしまっている点が問題なんですねぇ。
 実は・・・私、この日のジニアス興行を観戦している貴重な存在であります。もちろん招待券、でなきゃ行かないス。
興行自体はいい雰囲気でそれなりの面白さ。メインも試合中はホンワカムード。ジニアス妹vs大仁田のドリームマッチ実現で、アッチ系のファンがうひゃうひゃ言って大喜び。終了のゴングと共に中牧が飛び込んできてジニアスと乱闘。場外でヤクザキックをジニアスの顔面にぶちこんだのはハッキリと見ました。そのあとも舞台裏ではいろいろあったようなんですが、私は渋谷で飲むためサッサと会場を脱出してまして・・・。ここまで引きずるようなことになるとは思いませんですよ。中牧の引退にも、この日の話が少なからず関係しているらしいです。
 大仁田氏は平成14年3月に行われた渡辺氏の興業に出場を約束したが、直前にドタキャン。渡辺氏は大仁田氏に損害賠償を求めて提訴し、裁判所での和解が成立した。
 昨年4月の試合は和解条件の1つとして、大仁田氏がノーギャラで参戦したもので、両者の弁護士がリングサイドに控える異様な試合だった。
 次のジニアス興行に大仁田か中牧が参戦するってことで、今回もOKなんじゃないでしょーか。もしかして全部アングル? ジニアスはミスター高橋とも関係あるしなぁ。ムフフ。
 渡辺氏はそうした経緯から、中牧氏の暴行は「大仁田氏の指示」と指摘。昨年の試合前の打ち合わせでも、大仁田氏側は「矢口を負けさせないでくれ」「それを飲まなければ試合に出ないかもしれない」と主張したなどとも、訴状に書いている。
 カミングアウトしてますね~。なんで矢口が負けちゃダメ? ・・・どこに繋がるんだろう。よ~く考えよー。面子ばっかに拘ってるから・・・。ムフフ。
 昨年6月から9月にかけては、大仁田氏の会社のメールアドレスで、《オマエ。もう誰もオマエ相手しないよう(マスコミに)通達してある。そのまま引退しろ》などと数度の“脅迫”メールが来たという。
 そんなことしなくても、ミスター高橋を使った時点で紙プロ・SAMURAI!以外は相手してません(笑) それにしてもホントだったらヒドイ話。

 大仁田厚オフィシャル大仁田メッセージでは、佐藤元自治相の秘書給与問題について語ってますが、自分の秘書のヤクザキック問題はどうなんだ?



ZAKZAK
大仁田厚オフィシャル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全女ガレージマッチが終了

生GON情報

 全女事務所移転により、3/7を最後に全女事務所ガレージマッチが終了した。

3/7 全女・目黒ガレージ(149人)
 [4=メ]プリンセス・キア、○今井良晴佳容(12分5秒 体固め)●長州智子、武藤奈苗

 お馴染みのコスプレマッチ、最後はA・KONGまで参加したそうです。納見は今井リングアナ。
 事務所の移転先は決まってるそうですが、道場はまだないとか(たぶん、ないままだろうなぁ)。最後の砦って感じだった事務所が移転するのは、いよいよダメかな・・・と思えてしまう。

ガレージマッチ自体は好評だったんで、形を変えて似たような大会はやるかもしれませんね。ガレージの凄さはこちらで見れます。

全日本女子プロレス
Enjoy Zenjo-全女を楽しもう-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヘラクレス・ヘルナンデス死去

元米レスラー・ヘルナンデス氏が死去  [スポニチアネックス ホーム

 またハートアタックですか・・。筋肉タイプの選手は寿命短いなぁ・・・。

ヘラクレス・ヘルナンデス(レスラーノート)
 やっぱりノートンとのジュラシック・パワーズの印象が強いですね。それなりにビッグネームだったんですが、日本で成功するには時間がかかりました。
 ご冥福をお祈りします。

ダークロHP

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スーパーハードコアデスマッチ

史上最大の建設現場で30代組勝利/大日本

3/8 大日本・川崎市体育館(2400人)
 [メ]スーパーハードコアデスマッチBEST
 金村、山川、WX、○非道(21分18秒 画鋲の山の中に置いてムーンサルトプレス→体)伊東、小林、●沼澤、gosaku

 大日本は8日、メーンでデスマッチ世代闘争と銘打ち、スーパーハードコアデスマッチを行った。設置された2つのリングは、凶器使用OKのものと、有刺鉄線が張り巡らされたもの。金村を中心とした30代オヤジ組が、有刺鉄線リングで総攻撃を展開。

 96年に戸田で行われた伝説のデスマッチを再現。2つのリングを使用、一つには建設現場デスマッチ用足場付きで、その下が有刺鉄線ネット。
 生GONでダイジェスト見ましたが・・・ムチャクチャですよ。建設現場用足場から、河津落としで有刺鉄線ネットに落下・・・。なんで河津落としよ、チョークスラムとかなら相手だけ落ちるじゃん。まぁ、この自虐精神がないとデスマッチはできないんだろうねぇ。ひどいめにあって、それを「オイシイ」と思える出川的発想。
 次は新しいアイテムを使ったデスマッチをお願いしたい。

nikkansports.com
BJW公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.09

所英男、サンボ勢を止めてGT-F優勝

所が優勝! サンボ勢の快進撃止める
3/7 ZST・お台場SDM、結果(501人・超満員)

 [ジェネシス8]ジェネシス・フェザー級グラップリングトーナメント準決勝
 ○佐藤力(1R判定 3-0)●花くま ゆうさく
 1回戦を判定勝ちした漫画家・花くまさん。惜しくも準決勝で敗退。この試合勝者の佐藤がトーナメント優勝。
 [1]GT-F1回戦
 ○若林次郎(判定 2-1)●今成正和
 グラップリング・ルールのトーナメント。注目の足関十段・今成が、まさかの1回戦敗退。判定がかなり微妙だったようで。
 私がリスペクトするblog、兎のニールキックさんのZST大会記事によると、若林と同じSKアブソリュート所属の松本がジャッジに入っていたとか。・・・なんだそりゃ。そりゃ矢野卓見(と思われる人)も怒るよなぁ。大会前の会見でサンボ勢をボロクソ言った腹癒せ? 
 [3]GT-F1回戦
 ○松本秀彦(判定 3-0)●朝日昇
 寝技の名手、朝日が完敗・・。これまでは打撃に対応できてないのかなぁと思ってたんですが・・・。松本は胴着着用。
[本戦8=メ]GT-F決勝戦
 所英男(2R 2分39秒 裸絞め)●若林次郎
 “小さなヴォルク・ハン”所の優勝は意外。それもサンボ勢2人を止めたんだから大したモノ。優勝賞金100万円で溜まった家賃を払うんだそうです・・・。

スポーツナビ
■■ ZST ■■
兎のニールキック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.08

中邑真輔、復帰に向け始動

TOUKON 2 新日本プロレスリング旗揚げ32周年記念 2004年3月6日(土)ロサンゼルス・ハリウッド

2004年3月6日(土)アメリカ・ハリウッド、新日本プロレスリング旗揚げ32周年記念「TOUKON 2」が開催された。2試合の結果は以下の通りです。

★IWGPジュニアヘビー選手権試合★
○ヒート[15分7秒 ミノルスペシャル]アメリカン・ドラゴン ×
 ※ヒート選手が3度目の防衛に成功。

★エキシビジョンマッチ★
△中邑真輔[5分00秒 時間切れ引き分け]ケン・シャムロック△

 ヒートが無難に防衛してます。

中邑、シャムロックとドロー/TOUKON2  

5分間の試運転を終えた中邑は笑みさえ浮かべていた。「コンディションを取り戻す練習を続けてきて、今日は肩ならし。動きはあまり良くなかったけど、強いシャムロックと、いい緊張感を味わえた」。得意の高速タックルを決め、鋭い蹴りを繰り出すなど超満員430人の観衆を魅了した。試合は引き分けだったが「今日を境にして集中的な練習を始めたいですね」。62日ぶりの実戦で、復帰への手応えをつかんだ。
 「試合は引き分けだったが」ってエキジビションなんだから引き分けだろ(笑) 430人は入った方でしょ。ジーパン・スニーカー禁止だったらしい。
 中邑が復帰戦に向けて始動。
 復帰戦は28日の両国国技館大会と決まった。「1年ぐらい帰ってこなくても、と言われていたのでビックリした」と笑い、まだ発表されていない対戦相手の希望を口にした。「意味のあるカードをやりたい。今までやったことのないぐらいデカイ外国人選手とやりたいと会社に希望を出す。そうじゃないと、こっちに来た意味がない」。具体的な選手名は避けたが、同じ日にIWGPヘビー級王者に挑戦するボブ・サップ(米国)クラスの巨漢との対戦を視野に入れた。安易な道を選択する気はない。
 どうやら両国の相手はスコット・ノートンになりそう。うーん、キツイ相手なんで今回もいつもと同じパターンかな~。技受けまくって最後に関節一発勝利・・・今まではそれで良かったけど。総合だけじゃなくプロレスも頑張ってもらわんと。一つ、プロレスらしいフィニッシュ・ホールドが欲しいねぇ。シャイニング三角はあんま好きじゃない。
 まぁやってることのレベルが高いんで、それを保つのは相当難しい。見守っていきましょー。

NJPW OFFICIAL WEB SITE
nikkansports.com
NJPW.com: TOUKON 2
中邑の缶詰 ←リンクしていただいています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.07

ハッスル2、会場から生速報

3/7 ハッスル2・横浜アリーナ(10430人)、結果 [スポナビ][ニッカン][PRIDE
 ※4/4に6つの記事を一つにまとめました。

 ガラガラのガラ。二階スタンドは開放せず。アリーナは七割、一階スタンドは六割の入り。
 ハッスルチキンなるものが販売されていた。ケンタッキーにハッスルのシール貼っただけ? 500円。
 セットはド派手。リング上に巨大シャンデリア。解説は、木原リングアナ(全日本)、ドン荒川、女子タレ。大丈夫か?

 ハッスル1同様、試合前にリングアナが客いじり。カップルにキスさせたり、誕生日の人にケーキあげたり。おまけでディーバからのキス&ハッスル3招待券。
 続いてビデオでスキット。地下室のような場所で高田モンスター軍が決起会〈笑)。高田総統の顔が一部分しか見えない・・・。笑える、Good。

 [1]カズ・ハヤシ、○レオナルド・スパンキー(16分45秒 フロッグ・スプラッシュ→片)Lowki、●ホミサイド
 レフェリー和田京平。入場でディーバを同伴した以外は至って普通の試合。内容も文句なし。一見さんと思われる女性が固まって見てて、リアクションが面白い。
 [2]○スティーブ・コリノ(8分35秒 ノーザンライト・ボム→片)●CWアンダーソン
お笑い系の普通の試合。イスを使えと例の女性陣が異常にギャーギャー反応。そっちの方が面白い。

 高田軍控え室、皆でハッスルチキンを食ってる。高田の手だけ映り(白手袋)、「チキンを小川にもやってくれ、共食いさせよう。」とボーイに指示。

 [3]小島聡、○大谷晋二郎(12分6秒 小島ラリアットからスクールボーイ)ダスティ・ローデス、●ダスティ・ローデスJr.
 あんま噛み合わなかったが、ローデス親子見れたんで満足。いっちゃうぞエルボーはいつものようにビジョンの文字つき。
 [4]○長州力、石井智宏(5分46秒 ラリアット→体)● ゼブラーマン、星川尚浩
 試合前映像、ゼブラーマンは滝で特訓。思ったよりも深くて断念〈笑)。長州の紹介ではコラコラ連呼〈笑)。 注目の長州、ゼブラーマンとの絡みは一瞬。石井とのハイジャック・バックドロップのあと、ラリアット一発、それだけ。明らかに長州はゼブラを避けていた。

 [控え室映像]小川のもとにチキンが届く・・・も全て食いかけ。小川はボーイをボコボコ。

 [5]○田中将斗、金村キンタロー、黒田哲広(11分15秒 ローリング・エルボー→片)ザ・グラジエーター、サブゥー、●ジャスティン・クレディブル
 ハードコア全開。机・イス壊しまくり。ちょっと一見さんは引いちゃってた。内容は悪くなかったが意外と盛り上がらず。どうせならハッスルらしくド派手なアイテムがあったらよかったんだけど。

 今休憩。前回と違ってなかなかいい雰囲気。悪くないですよ。
 休憩明け、ディーバが登場もアピール少なめ。次はもう消えてそう。

 [控え室]橋本と小川が何かやったらしいがトイレ行って見てなかった。

 [高田軍控え室]ガファリが部屋を出て行くと、ガファリの悪口大会に。高田総統も「長く使うつもりはない。それよりもこれを見ろ」。小川が両国で「何人でもかかってこい!」とマイクしてるシーンが映る。

 [6]○ザ・プレデター(9分16秒 ニードロップ→片)●ダン・ボビッシュ
 不細工な試合。つまらん・・・。プレデターが客席で暴れる・・・でも誰もよけない・・・。
 [7=セ]マイク・コールマン、○ケビン・ランデルマン(14分16秒 膝蹴り→RS)●橋本真也、川田利明
 コールマンの受けが素晴らしい。橋本は肩イタイイタイながらよく攻めた。川田もミセバ多かった。フィニッシュはヤマケンをKOしたのと同じ膝蹴り。もうちょっと、ランデルマンの跳躍力みたかったけど、十分楽しめた。
 [8=メ]小川対ガファリ
 小川とガファリがリングに上がり、ゴング直前・・・場内暗転。高田総統が二階スタンドに現れる。マントに帽子にサングラス、顔は塗ってない〈笑)。 憎たらしい口調で「何人でもかかってこいという、君の望みをかなえよう」。モンスター軍全員入場。
 1-6ハンディ戦:ガファリ、コールマン、ランデルマン、ジャイアント・シルバ、ローデスJr.、ボビッシュ(4分46秒 ガファリ・プレス→体)●小川直也
 試合後もリンチを受ける小川を橋本が助けにくる。モンスター軍引き上げてOHでハッスルハッスル!
 さらにOHが引き上げたところで場内暗転。ビジョンに高田総統登場。「今日は序の口。島田、あの計画は進んでいるか?」「はい、着々と(島田)」
 5・8横浜アリーナ、ハッスル3に続く・・・。
 あー、高田総統が登場した辺りは面白かったのだが、いくらなんでもこの結末はないだろー。惜しい・・・、もっと面白くできたのに・・・。 終了です。

スポーツナビ
nikkansports.com
PRIDE :: Official Website

| | コメント (4) | トラックバック (0)

爆竹スプラッシュ

2/29 怨霊自主興行666・バトルスフィア東京、結果(?)

 [メイン]晴れ時々トラウマ洗脳HELLマッチDIE2弾
 ○クレイジーSKB、サバイバル飛田(11分57秒 全身に爆竹を巻き付けてのダイビング・ボディプレス→片)●怪人黒人、怪人赤ら顔
  
 あのー、この興行の結果ってどこにも載ってないんですよ。ブラック・アイで前情報を載せていたのもあって、さがしてたんですが・・・結局「インディーのお仕事」で詳細判明。
 まーメインのインパクトが凄いや。他にもボリショイ666とかカブキキッドとかあったけど、どうでもいいなぁ。
 クレイジーSKBは殺害塩化ビニールというバンドの社長さん。怪人組については名前から言ってあんま触れたくない(笑) 
 左の画像の説明。一番上と二番目は、今や一般人において最も危ない存在となった生卵&鶏(鶏はいい感じでキャプできなかった)。もちろん凶器で使いました。三番目はフィニッシュで自らの体に巻き付けた爆竹に火がついた瞬間。ここからダイブ。
 四番目は試合後のマイク。「素人を舐めるな」は名言だな~。
 はっきり言ってこれを怨霊興行内に入れてしまうと、他のレスラーはどうでもよくなっちゃうなぁ。 埼玉プロレスでやる? でもSKBさんのキャラは埼玉客層と微妙にズレテル感じあるし。とにかく隔離は必要だな(笑)
 こんなの大好き。ケガはしないでね。
 ここの試合結果とノアの試合結果を同じ日に載せているココってどうなんだろう(笑) 小橋vs力皇をつまんないとか書いてて、コレが面白いって言われたら怒る人いるよなぁ(笑)

 で、こんだけ暴れると会場がメチャクチャ。前回同様、バトルスフィア関係者を怒らせた。666のサイトが更新してなかったり、怨霊オフィシャルサイトがリンク切れになってるのはこれが原因か?

インディーのお仕事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉州力

2/29 DDT・デルフィンアリーナ(397人・超満員)で、こんな試合があったんですよ。

第四試合 45分一本勝負
 ○高木三四郎、泉州力(J2K) vs 一宮章一、三和太●
13:46 旋回式スタナー
 雪崩式 一宮は橋本真也の偽造で登場。日にちが2/29ですから、ZERO-ONE・両国の真裏です。
大阪を中心に活動する泉州力、顔似てないんですけど長州コピー系。両国で橋本の脱臼原因となった雪崩式ブレーンバスターやってますが・・・これはDDTの方が先だったらしい(笑)


長州vs泉州? 試合後、高木三四郎は泉州力vs長州力をアピール。健介と藤沢(現健心)、三四郎とストンコールド・・・もはや何が起ってもおかしくない。実際、そこらのインディー選手より練習はしてるみたい。本人がちょっと乗り気でない感じなのが気になる(笑)

「インディーのお仕事」でネタにしていたのをそのまま頂いてしまった・・・。

Extreme Party(観戦記アリ)

■関連リンク
DDT XXXch Official Web
プロレスの本屋さん(泉州が出場する「FUCK!」とかの情報あり。
インディーのお仕事
■PR
検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!

検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキサス・レッドネックス

'04/3/4 SMACK DOWN

・ブロック・レズナーがストーンコールドのATV(バギー)で登場。今週のRAWで駐禁くらってレッカーされていたのだが・・・。「レッスルマニアではオースチンをボコボコにする」とレズナー(オースチンはレフェリー)。

・フナキが久々にスマックダウンで試合。クルーザー級王者・チャボJrにネックブリーカーでフォール負け(ノンタイトル戦)。

・「ウルティモ・ドラゴン&ミステリオ&ビリーキッドマンvsタジリ&アキオ&サコダ」、これまた久々にウルティモが登場。ミステリオがアキオからフォールを奪う。

・ベンジャミン&ハースがAPAの格好をして登場。テキサス・レッドネックスの「Rap is Crap」を歌う。そこにAPA乱入(この記事の下で話題にしている関係で、文字色白では使いませんでした)。

・先週、警察に逮捕されたエディ・ゲレロ、ポール・ヘイマンは「王者として、WWEの品位を落とした」と観客に謝罪するよう要求。エディはそれを拒否。その態度が気に入らないヘイマンは自らの手で制裁を加えようと、「エディvsヘイマン」のカードを決定。但し、エディは後ろ手に手錠で拘束された状態で戦わなければならない。
 試合途中、会場に来ていないはずのカート・アングルが乱入してエディをボコボコにする。試合の結果は不明(無効試合?)。

 テキサス・レッドネックスの名前が出てきたのは嬉しいなぁ。WCWで短い間だけど活躍したウェスタン系チーム。カート・ヘニング、バリー・ウインダム、ケンドール・ウインダム、ボビー・ダンカンがメンバー。2人死んじゃってるんですよね・・・。
 本来は対抗グループであったコナン・ミステリオのラップ軍を、おちょくるために作ったヒール軍団。ところがレッドネックスの方が大ブレイクしちゃうんです! マンデーナイトロでも毎週、ビデオクリップが流れてました。私、この軍団がスキでねぇ・・。カーボーイハットみんな被っちゃって、雰囲気が凄いんですよ。バンドで演奏するんだけど、当然楽器なんて適当(笑) 指と演奏がまったく合ってない、でもそれが面白い。WCWの中堅で燻ってた一昔前のレスラーを復活させるのには最高のギミックでした。
 最強タッグにウインダム兄弟が来日した時に、この「Rap is Crap」を入場曲に使ってて感動してしまったこともあったなぁ。

Monday Nitroレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月29日 - 2004年3月6日 | トップページ | 2004年3月14日 - 2004年3月20日 »