« 2004年2月22日 - 2004年2月28日 | トップページ | 2004年3月7日 - 2004年3月13日 »

2004.03.06

NOAH日本武道館、速報

3/6 NOAH・日本武道館、結果(16200人)[NOAH公式][ニッカン

※3月10日に4つの記事を一つにまとめました。コメントも移動しています。

第3試合からTV観戦・・・。

[3]丸藤正道、○KENTA、百田光雄、鈴木鼓太郎(13分56秒 ブサイクへのヒザ蹴り→片)マイケル・モデスト、ドノバン・モーガン、●スーパースター・スティーブ、リッキー・マルビン
 ま~みんな良く動く。身体能力が高い選手が多いんで、なんにも考えないで見てられる。やり慣れた相手だけに皆ノビノビ。
 ノアのジュニア勢は動きがキビキビしてて気持ちいい。細かいことだが、起きあがる時のタイミングが速いのとかいい感じ。

インパクトあったシーン
 ・8人全員が絡むブレーンバスター(闘龍門でよくやるタイプ)。
 ・モデストの一回持ち上げてから、クルッと回す変形ブロック・バスター(?)。
 ・マルビンのロープワークの中から放つ619。
ヘボキャラかと思われたスティーブも変な味があって悪くない。面白かった。

[4]秋山準、高山善廣、○泉田純(8分54秒 片逆エビ固め)田上明、●森嶋猛、佐野巧真 
 IZUで登場予定だった泉田は、ノーメイクで登場。
 予想に反して秋山と高山が次々に連携を見せる。それに泉田がついていけずウロウロ・・・というネタを連発。
 森嶋が序盤に足を痛めたらしく、ほとんど出番がない。やっと出てきて一暴れしたところで秋山・高山に掴まり、最後は泉田の隕石が足にヒット。そこからの逆エビで即タップ。
 かなりあっさりと終了。どうやら泉田が森嶋のベルトに挑戦する流れのようで・・・。
 試合後、泉田がマイクするもモゴモゴ言ってて伝わらず。秋山・高山が呆れて退場・・・というオチ。
 [5]GHCジュニアヘビー級選手権
 ○獣神Tライガー(22分20秒 アッパー式掌底→片)●橋誠
 ※王者・ライガーがV2
 ライガー・ペースの試合の中、終盤に橋が逆襲。雪崩式のゴリラーマン・スープレックス(リストクラッチ式フィッシャーマン)、ゴリサンダー(リストクラッチ式キークラッシャー)で追い込むも、垂直ブレーンバスター→掌底でライガー勝利。
 場内は盛り上がっていたが、俺的には2・9に頼りすぎでイマイチだった。ライガーの攻めが迫力ないんで、普段の受けっぷりの良さを見せれなかったのが大きいか。
 橋自身はスタミナあってイイ選手だと思う。最後の掌底、いいバンプとってたよ~。ってか、掌底フィニッシュに使うのやめぇい。
 [6=セ]GHCタッグ選手権
 三沢光晴、○小川良成(29分28秒 首固め)池田大輔、●モハメドヨネ
 ※王者・三沢&小川がV1
 うーん、やっぱり池田&ヨネに武道館のセミはツライ。ヨネがエルボー合戦を三沢に挑んだり、ダブルで雪崩式のキン肉バスターやったり(ほとんどブレーンバスター)、いろいろと仕掛けてはいたが・・・。
 30分は長い・・・。
 なぜか三沢がサングラスをかけて入場、これが一番笑えた。池田&ヨネ入場時にはスクールウォーズ風ナレーションが。
 [7=メ]GHCヘビー級選手権
 ○小橋建太(25分28秒 剛腕ラリアット→体)●力皇猛
 ※王者・小橋がV7
 前半は肉弾戦、中盤は力皇が小橋のヒザ攻め。そこから力皇の猛攻が始まるのだが・・・。どうも中途半端。
 雪崩式の変形バックドロップ(途中でロックボトム風に体を入れ替える)がイマイチ、そのあと放ったラリアットはインパクトあって強烈、続いて出したパワーボムは落とし方が優しい・・・。良かったり悪かったり・・・。
 フィニッシュ前は小橋が怒濤の攻め。やっぱ凄いや。ハーフネルソンで投げられ、すぐに立ち上がった力皇がラリアットを放つ・・・が、効かない、強ぇ~。最後はこの日3発目のラリアットでフィニッシュ。うーん、全体的にはイマイチかなぁ。
 力皇はもっとバケモノ的強さを持つキャラになった方がいいんじゃないでしょうか。未だに「健闘しました」モードの試合しかできてない。あれだけの体でスピードあるのは貴重なんだけどなぁ。スタミナに難が・・・。
 試合後、小橋が次の挑戦者に高山を指名。

終了です。ノアの武道館・興行にしてはハズレだったんじゃないかなぁ。まぁ、次は小橋vs高山なんで、カードを良くする方向には向いているんでしょうね。

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
nikkansports.com

| | コメント (5) | トラックバック (0)

日高・宇和野が大谷に合流

3/5 ZERO-ONE・後楽園ホール、結果(1300人) [スポナビ][ZERO-ONE公式

 [3]○越中詩郎、大森隆男(13分52秒 パワーボム→エビ)●佐藤耕平、●坂田亘
 ※試合後、耕平は試合前に越中に渡されたTシャツを意味ありげに肩にかけて退場
 越中と耕平は合体ですか? うーん微妙。越中は大森・三沢とも組んでるわけで。
 [4]World-1世界ヘビー級選手権→王座決定戦
 ○田中将斗(5分56秒 ローリング・エルボー→片)●ジャック・ビクトリー
 ※田中が王座奪取。いつの間にかワールド1会長になっていたビクトリーが田中の王座奪取を無効とし、この試合を王座決定戦に変更した。
 W-1の会長となったビクトリーですが・・・実力はイマイチだったようで。また会長かわるかな。
 [6]01認定USヘビー級選手権
 ○ザ・プレデター(8分43秒 ダイビング・ニードロップ→片)●横井宏孝
 ※王者・プレデターが防衛。
 この試合からリングサイドで観戦していた高田モンスター軍のコールマンらが試合後乱入。プレデターとボビッシュは派手に暴れたみたい。宣伝必死。
 [7=セ]○ダスティ・ローデス、トム・ハワード(15分38秒 エルボードロップ→体)ダスティ・ローデスJr、●スティーブ・コリノ
 このメンバーなら湧いただろうなぁ。ローデスはアメリカで試合するときも、ほとんどコリノと対戦してます。
 [8=メ]大谷&Xvs金村&黒田 → 
  大谷晋二郎、○日高郁人、宇和野貴史、小島聡(10分8秒 飛びつき押さえ込み)●金村キンタロー、黒田哲広、田中将斗、佐々木義人
 ※試合前、ハッスル1会見のため会場に現れた小島に対し、大谷が今日のタッグ結成を頼む。しかし「今日は接待があるから」と小島は拒否。「接待の重要さはよく分かってる」と大谷。
 試合は大谷一人でスタート。途中、アパッチ側に田中将斗が加わると、日高郁人が現れ試合参戦。続いてアパッチ側に佐々木義人が加わると、WJの宇和野貴史が現れ大谷側につく。最後の最後には、接待に行っているはずの小島が私服姿で登場。黒田・義人を蹴散らすと。そのスキをついて日高が金村からフォールを奪う金星。
 最後は日高が「3・2・1ゼロワン」で興行を締めた。
 お~最後はゼロワンらしいドタバタですね~。会場は盛り上がりまくりだったでしょう。日本の団体はWWEと比べて乱入の使い方が下手なんですけど、今回は巧く使えてていいんじゃないですか? メインはルール無用って感じですが、これこそプロレスの醍醐味ですから。会場の雰囲気が許せば試合形式がコロコロ変わってもいいんです。K-1やMMAにはできないプロレスの武器。
 宇和野はWJ離脱? 
 
スポーツナビ
ZERO-ONE official fight site

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えべっさん&くいしんぼう、海外進出も・・・

えべっさんら米国デビュー/NWA・TNA

 大阪プロレスのえべっさん、くいしんぼう仮面が、米国デビューした。3日(日本時間4日)に米テネシー州ナッシュビルで行われたNWA・TNAのPPV大会に見参。NOSAWAと日本人トリオを結成して、エリックス・スキッパー、ソンジェイ・ザット、クリス・セベンと対戦した。2人の日本での活躍はほぼ認知されていない状況で、コミカルな動きも、ややウケと苦戦。
 ついに海外進出を果たしたようですが・・・対戦しなきゃ意味がないよなぁ。2人を呼んだ関係者もよく分かってなかった感じ。
 NWA-TNAのサイトを見る・・・。PPVのビッグマッチだったのかな? TNAって毎週PPVなんだっけ? えべっさんだけ画像があった。なんだかデルフィンアリーナで撮ったようにも見えるや(笑) ロープが違うけど。
 Team NWA (Elix Skipper, Chris Sabin, & Sonjay Dutt) vs. Team Japan In another team battle that didn't disappoint, it ended with Skipper hitting the Instant Replay with Dutt and Sabin coming off opposite top ropes hitting him of the win.
 えべっさんも食いしん坊も名前がないぞ。「Team Japan」で一括りかい。

nikkansports.com
NWA: Total Nonstop Action Wrestling!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.05

チョコボール向井、竹迫望美にレイプ未遂?

チョコボール向井レイプ未遂!?

409387428X哲学
チョコボール向井

小学館 2003-03
売り上げランキング : 239,795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 チョ、チョコさん…

 IWAが3日、新宿2丁目の喫茶「タントラ」で会見。チョコボール向井は浅野社長にK―1MMAプレ旗揚げ大会(14日・新潟)に出場するS・ウィリアムスとの対決を要求し、女子レスラーの竹迫を襲って洋服をびりびりに。見かねた浅野社長は今シリーズ全勝を条件に5月シリーズでの対戦を受諾。
 お馴染み2丁目劇場。これまでは松野さんがレギュラーでしたけど、今度はチョコさんが登場ですか。知名度では負けてませんしね。うちのサイトにもチョコさん検索で来る人いっぱいいるし。
 検索と言えば、昨日から「竹迫」でここに来る人が多い。この画像が目当て? 前シリーズでもチョコさんにセクハラされまくったらしいけど・・・IWAでレスラーを続けるのは大変だなぁ。

■PR


※ブラックアイは引っ越しました。
新URL→ プロレス専門BLOG:ブラックアイ2
加藤鷹プロレス参戦についてはこちら→ 加藤鷹 、プロレスデビュー決定 [ プロレス専門BLOG:ブラックアイ2 ]


デイリースポーツonline
IWAジャパン公式
竹迫望美のホームページ[魔法のiらんど]
チョコボール向井のAV勉強法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.04

ホントかよ! 「キンロクのよかちん音頭」がHMV22位

HMV.co.jp - キンロク団子郎一座 / キンロクのよかちん音頭

HMVレビュー
東京スポーツ『週刊ファイトクラブ』で話題の、奇跡の120円CD遂に発売!曲は『お座敷小唄:よかちん数え歌』をモチーフに。参加は東スポで人生相談レギュラー中のI.W.A.JAPAN浅野キンロク、ニューヨークで一世を風靡したミリオンダラーマン、テッド・デビアス、AV男優・ショコボール向井、ナゾのミッドレスラー河童小僧ジュニアら他。
 儲け度外視の120円CD! IWAが遊びで出してると思ったんですが(実際遊びなんでしょうけど)・・・売れてます! 

オリコン週間ランキング 74位
HMV週間売り上げランキング 22位(!)

 昨日の生GON見たら浅野社長、オリコン掲載で大喜びだったんですけど・・・、その上をいくHMV22位って凄すぎない? ハイロウズやスマップより上だよ(笑)
 ユニバーサルレコードの関係者曰く、「何枚売れても儲けはゼロ」だそうですが、宣伝には十分でしょ。ちなみに、もうほとんど完売で、IWA会場で一部を売るみたい。
 デビアスの美声?が聞けるだけでも買う価値はあり?

HMV Japan - Homepage
IWA JAPAN公式

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミックのパートナーは・・・

'04/3/1 RAW

・レッスルマニアで「ビクトリアvsモーリー・ホーリー」の女子選手権決定。モーリーは負けたら髪切り(坊主になるのは嫌か?とオースチン迫る)。

・「ベノワ&HBKvsバティスタ&ランディ・オートン」、レッスルマニアで対戦する(HHHを加えた3WAY)HBKとベノワは当然のようにコンビネーションが最悪。口論になったところ、オートンがHBKを丸め込み。

・ミック・フォーリーとエボリューションがマイク合戦。
 ミック「レッスルマニアは『バティスタ&オートン&フレアーvs俺&俺の友達』のハンディ戦だ!」
 オートン「お前に友達なんていないだろ」
 ミック「じゃ、今呼んでやるよ」
 登場したのは・・・ロック! オートンにピープルズ・エルボー炸裂!

ロック登場ですか! ホントにビッグマッチ要員になっちゃいましたね。

Monday Nitroレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.03

ワールドプロレスリング、30分に短縮

坂口CEOに聞く、新日本のテレビ戦略

 ついに来る日が来たというか・・・打ち切りにならなかっただけ、まだマシ? これで地上波・週レギュラーのプロレス番組は全て30分・・・。力道山は怒ってるかなぁ。K-1・PRIDEはゴールデンでバンバン高視聴率とってるのに・・・。
 明るい話題はないのか?

Uno Dos Tres TORYUMON -闘龍門TV中継- /テレビ西日本
 九州発信ながらも全国へ。フジテレビにも登場、ぐんぐん放送される地域を広げています。視聴率もいいらしいですよ~。

スポーツナビ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.03.02

WJに橋本真也現る

3/1 WJ・後楽園ホール、結果(1320人)

第2試合終了後、橋本真也が登場。
橋本マイク「今日、私の思いを伝えに来ました。長州力はまだ生きている。私はすべてのものは奪いませんでした。。1周年おめでとうございます。」
 病院行かなくていいのか~?
[3]○宇和野貴史(12分42秒 逆エビ固め)●気仙沼二郎
 長州や永島は、気仙がどんなレスラーだか知ってたんだろうか?
 [4]○初代タイガーマスク(11分44秒 回転足折り固め)●中嶋勝彦
  タイガー・コメント「最初の一発が最後まで効いた。うまく伸ばしてあげたい。最高にいい選手。あと、今日は長州さんにも挑戦したかったんだけど、腰を痛めていてね……。 」
 また佐山さんケガですか~・・・。
 中嶋君はタイガーを意識して、入場時コーナーに立ったり、場外に飛ぶと見せかけるフェイントをやったり。
 「いきなりタイガーばりのサイドステップを見せると、蹴り足を取ったタイガーにすぐにジャンピングキックを見舞い、いきなりタイガーからダウンを奪ってみせる。」なんて試合経過読むだけでもワクワク・・・。
[7=メ]長州力、○藤原喜明(10分41秒 ワキ固め)TAKAみちのく、○KAZMA
 無難に勝利。KAZMAはちゃんと相手できたかい? 
控え室で橋本と会談を持った長州のコメント「互いのクソをなめあってもしょうがない。リングにクソを垂れるつもりもないし、リングのクソをふくつもりもない。他人にふかせるなんてもってのほか。今日あえて来たことは、オレに対する手助けでも何でもない。あいつの考えとオレの考えがある。 」
 ちょっと面白いところだけ引用しましたけど、これじゃわけわからん。コラコラの次はクソクソか(笑) 全体を読んで・・・橋本からWJを援助しよう、あるいはWJ勢を引き取るみたいな誘いがあったのかなぁ。どっちにしても、かつては犬猿の仲だったのに、今では直で話し合えるまでになってるのは感動もの。闘いを通して生まれる絆・・・いいなぁ(遠い目)。

スポーツナビ
~蘇る革命魂!!~ Fighting of World-Japan Official Website ~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.03.01

ボブ・サップ、魔界軍入り

2/29 新日本・名古屋レインボーホール、結果(8500人・満員)

 [1]○柴田勝頼(0分51秒 ワキ固め)●西村修
 秒殺ですが、特に柴田は汚いことしてないみたい。
 [6]○ジョシュ・バーネット(3分16秒 ヒール・ホールド)●スーパーストロング・マシン
  ※両国に登場したマシンよりも細めの体型を見てジョシュがマイク「オマエハ平田デハナイ!」
  試合後、両国に登場したのと同じと思われるマシンが登場、魔界軍と共にジョシュをリンチ。
  そこに西村が現れマイク「ストロング・マシン!あなたの本来の姿は正義の人のはずじゃないんですか!こんな事をしている場合じゃありません!世界はあなたを見ています。神はあなたを見ています。今こそ!目を覚ましなさい!覚ましてください!・・・平田さん!平田さん!」
 マシン増殖ですか? ジョシュは元ネタ知っててマイクやってそー。
 [休憩後]魔界軍星野総裁が登場。「今世紀最大の助っ人を連れてきた!出てこい!」というマイクで、マントと魔界マスクで登場の大男が登場。マスクを取ると、なんとボブ・サップが現れた。魔界の一員としてIWGPに挑戦することを名古屋レインボーホールに宣言した。
 ここにバーネットが登場。マイク。「オマエハもう死ンデイル!」
 オオ~サップは魔界入りですかー。チームW-1はどうなるの(全日本・武道館撤退と共にサップも使えなくなった?)。ジョシュが対戦に立候補したみたいですが、この2人は師弟関係ですよね? もう一波乱ありそー。
 [7]○棚橋弘至(10分59秒 試合放棄)●村上和成
  ※セコンドの柴田がレフェリーを攻撃。無法地帯となったところで魔界軍が乱入して棚橋リンチ。星野総裁が村上の手を挙げ、柴田が勝手にゴングを鳴らし退場。試合が終了して大分経ってから「試合放棄」の裁定が発表に。
 魔界軍暴れまくり・・・。勢い取り戻したか? 
 [8]○天龍源一郎(9分29秒 レフェリー暴行→反則)●蝶野正洋
  ※試合前に蝶野マイク「オイ、藤波社長!オイ!坂口CEO!出てこい!プロレス界がどうなってんのかお前等わかってんのか!?頭の中でプロレスのことちっとも考えてないだろ!?てめぇらとはもう一緒にはできないんだ!」
  試合は蝶野が圧倒。その勢いでレフェリーにヒザ蹴り。試合後、蝶野は両国でやられたのと同じように、天龍の顔面へ蹴りをぶちこんだ。
 うーん、蝶野さん怒りがMAXになってきましたよ~。本隊離脱とかより、もっと大きな話になるかも~。
 [9=セ]△永田(12分14秒 両者リングアウト)△中西学
  ※再試合:○永田(6分16秒 右ハイキック→体)●中西
  永田コメント「このまま進歩がないなら、あいつとは二度とシングルやる必要はないよ。力の差は歴然でしょ?」
 意外とすんなり決着しちゃいましたね。ケロさんのレポートによると、永田が試合後に「頭が痛い」を連呼していたとか。天山戦のこともあるし、一回ちゃんと看てもらっては?
 [10=メ]IWGPヘビー級選手権
  ○天山広吉(13分56秒 ダイビング・ヘッドバット→片)●鈴木みのる
  ※王者・天山がV1
  試合中、天山のパンチがレフェリーに誤爆。その直後、鈴木の裸絞めによって天山は落とされてしまう。しかしレフェリー不在でゴングは鳴らず。
 おー、天山やっと初防衛成功ですよ~! 天山が落ちてしまった時には、西村がタオル持ってウロウロしていたらしい。風貌がやや似だからと言って、渕のマネする必要はない(笑)
  フィニッシュ前の流れで、「天山はさらに鈴木の蹴り足を頭突きで受け止めたあと、モンゴリアンチョップで押し倒し、再びダイビングヘッドバットを投下。ついに3カウント。」とありますが、蹴り足を頭突きで受け止めるって凄いな(笑) それハイキックがヒットしてるのとは違うのか(笑)

・名古屋レインボー、観客数
04/02/29 8500人・満員
03/12/14 8000人・満員(吉江&棚橋vs天山&西村)
03/09/14 11000人・超満員札止め(坂口憲二登場)
03/03/09 10500人・超満員(永田vs中西)

NJPW OFFICIAL WEB SITE

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.02.29

ゼロワン・両国、会場から生速報

2/29 ZERO-ONE・両国国技館、結果(8500人・満員)[スポナビ][ZERO-ONE
※3/1に5つの記事を1つにまとめ、補足を加えました。コメントも移動しています。

なんとか4000円買えました。
なぜか携帯の電波が弱い。更新の度に席立つのか・・・。

客入り最悪。マスはガラガラ、二階席も空席目立つ。みんな橋本対長州なんてどうでもいいのかなぁ。

 [1]Sコリノ、CWアンダーソン、金村キンタロー、○黒田哲広、佐々木義人(16分40秒 ラリアット→片) 高岩龍一、星川尚浩、葛西純、●明石鯛我、浪口修
 米・アパッチ連合軍はコリノ・金村合体テーマで登場。浪口が健闘。
 [2]○渕正信、栗栖正伸(15分46秒 スクールボーイ)藤原喜明、●ドン荒川
 お笑いマッチの中で栗栖の巧さが光る。ストンピングのみで試合を作るんだから凄い。
 セコンドの山笠に放ったイスは超強烈!
 [3]○佐藤耕平、横井宏孝(9分48秒 ジャーマン)Tハワード、●ゼブラーマン
 試合前、哀川翔がリングに上がり、ゼブラーマンに花束を渡す。
 ゼブラーマン、キャラを意識した技出すも良かったり悪かったり。スタミナ切れでクタクタ。最初はやっぱり弱いんだなぁ。ハワードの動きが素晴らしかった。
 [4]NWA・UNヘビー級選手権=場外&反則カウントなし
  ○田中将斗(11分44秒 ローリング・エルボー→片)●グラジエーター
 ※王者・田中が防衛
 田中コメント「ミスター・フレッド? もっと自信を持ってレフェリングせえや! これがハードコアや。何なら黒田と組んでベルト挑戦してもいい」
 金村「お前がやってんのは、橋本と長州と同じや。お前が仕切るなや。お前とは水と油や。」
 田中と金村が乱闘に。黒田が仲裁に入る・・・。
 スタートから全力疾走のハードコア。田中は入場ゲート上からダイブは圧巻! エプロンを走って放ったグラジのアッサムボムは、場外鉄柵に斜めおきの机にヒット! 会場も盛り上がって内容は満点なんだがフィニッシュがイタダケナイ。グラジは肩を上げなかったのだがレフェリー・Mrフレッドの3カウント目が中途半端・・・。試合ぶち壊し。 田中と金村は早くも仲間割れ?
 [5]NWAインターナショナル・ライトタッグ選手権
  ロウキー、○スパンキー(18分59秒 スライス・ブレッドNO.2)AJスタイルズ、●フランキー
 ※王者・ロウキー組がV1
 AJスタイルズの動きが素晴らしい。ブハドーラからの裏DDTはタイミングばっちり。
 試合自体のレベルは高いんだが観客おいてきぼりの感じになってしまい、大爆発とはいかず。技の数が少なめだったのは意識してそうしたのかなぁ。フィニッシュはダブルインパクト式の不知火。
 [6]○大谷晋二郎(13分20秒 ドラゴンSH)●坂田亘
  ※大谷コメント「プロレスの教科書212ページにこう書いてあった。『浜口ジムで育った、本当に熱くなれる者同士が、2月29日、両国国技館でめぐり合う』。坂田のことだな。
 大谷の横綱相撲。坂田、長距離飛ぶフットスタンプで意地みせるが、浅いヒットの蹴り多くイマイチ。
 大谷のパートナーは坂田? 大森も浜口ジムですが・・・。あと小原も。
 [7]ハッスル2指名試合
  小川直也、○プレデター(10分43秒 ダイビング・ニー→体)●Gシルバ、DローデスJr.
 メチャクチャ不細工な試合・・・。見れたもんじゃない。ローデスの出番が少なかった。
 [ハッスル劇場] 高田総統(背広姿)&ヤドカリが、映画『さらば宇宙戦艦ヤマト』の『白色彗星のテーマ』で登場。「お前たち頭が高い」と叫ぶヤドカリにブーイング。
 高田マイク「この会場の100パーセントが敵というわけだね。楽しいよ。査定試合見せてもらったよ。約束通り『ハッスル2』にエントリーしてやるよ。嬉しいだろう? ありがたく思え。あんなもんが新しいプロレスか。しょっぱいんだよ! なんなら、オレがお前にプロレスを一から教えてやろうか? 我々モンスター軍がこれまでのプロレスを根こそぎぶっ壊していく。ビビッたか?たじろいだか?
 小川の対戦相手としてマット・ガファリを発表。
 嫌味たっぷりのマイクが似合いすぎの総統。あまりにマイクがハマってたんで、ブーイングよりも笑いが多かったかも。
 [8=セ]○武藤敬司(19分10秒 シャイニング・ウィザード→片)●大森隆男
  武藤コメント「(大森は)非常に素晴らしい選手。あれだけデカくてバランスの取れた選手はなかなかいない。オレはなじみのないリングで、初対面で互いにやり辛い部分はあったと思うけど。チャンピオンカーニバルも始まるし、枠を空けておく。」
 大森はノーフィアーのテーマ(イントロのみ)で入場。レフェリーは和田京平。
 ほとんどが武藤の時間。いつも以上に四の字に時間をかけまくる。何もできない大森のヤジ集中。
 終盤に大森もアックスボンバーで反撃するが物足りない。大森に名勝負なし?
 [9=メ]○橋本真也(11分8秒 ミドルキック→片)●長州力
  長州コメント「見たまんまですよ。オレも含めてメーンを張る人間はコンディションなりを整えてリングに上がらないと。何が起きるのか分からないのがリングだしね。
 ただ……(興行が)長い!みんな一生懸命にやっているのは分かるんだけれど、待っている間にくたびれてちょっとイライラしてしまった。 」
 橋本は病院直行。右肩の3カ所のけん盤が切れていて、長期欠場の可能性も。
 ガシッとしたロックアップからスタート。長州の足、橋本の肩をせめあう。後半、長州が猛攻。雪崩式ブレーンバスター二発(二発目は垂直だった)、ラリアット連発。途中、橋本が肩をマジ負傷。片手が使えない状態。DDT一発で橋本逆転。そのまま絶叫しながら走りこんでミドルキック。これでスリーカウント。あっけない幕切れ。長州はすぐ立ち上がって足早に退場。橋本は動けず。橋本の挨拶中にもファンの怒号が止まない。「なんとでも言ってください」と橋本。

終了です。最後まで空席は埋まらず。六割の入りかな。 高田は面白かったけど、全体的にはイマイチ。

・ゼロワン両国、最近の観客数
 04/02/29 8500人・満員
 03/12/14 9500人・超満員札止め(根絶やし)
 03/07/06 9200人・超満員札止め(橋本&小川vs武藤&川田)
 03/03/02 10500人・超満員(橋本&大谷vs武藤&嵐) 

スポーツナビ
ZERO-ONE official fight site

| | コメント (6) | トラックバック (0)

逮捕

'04/2/26 SMACK DOWN
・レッスルマニアにおけるクルーザー王座挑戦者決定4WAY開催も、それに名前が無かったタジリ軍がヘイマンGMに抗議。ヘイマンが4WAY中に登場、「日本代表が含まれていないのは人種差別だ」と試合を中止。レッスルマニアにおけるクルーザー選手権は「オープンチャレンジ」形式に(バトルロイヤル?)。

・先週、裏切ったカート・アングルを捜しながら暴れるエディ・ゲレロ、誤ってドーン・マリーをケガさせてしまう。そこに現れた警官によってエディは逮捕されてしまう。

・エディ逮捕後、アングルがリング登場。エディを裏切った理由として「エディーは以前麻薬中毒者だった。それに子供たちにうそをついたり、騙したり、盗んだりすることはいいことだと言っている。」等とマイク。そこに客席からエディが乱入、カートを襲うもすぐに警官に取り押さえられる。

 ドラッグの話はWWEらしいシュート・ネタですね~。考えてみればWWEに復帰できただけでも驚きなのに、今やチャンピオンだってんだから・・。

Monday Nitroレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月22日 - 2004年2月28日 | トップページ | 2004年3月7日 - 2004年3月13日 »