« たらばガニロック、乳首切断じゃなくて小橋失神 | トップページ | 週刊アスキー別冊で紹介されまくり »

2004.06.03

補足トリビア

 今日のトリビアの泉で以下のようなトリビアが。

 タイガーマスクだらけの試合が行われたことがある。
 1997年に行われた格闘技の祭典です。
 ○タイガーキング(初代タイガーマスク)、4代目タイガーマスク (腕ひしぎ)●2代目タイガーマスク、3代目タイガーマスク
 3代目は金本で4代目は現在新日本所属。番組では触れられていませんが、2代目タイガーは三沢でなくて金丸です。当時はまだ若手で「プレゼント用カラーボールをやたら遠くに投げる人」でしかなかったと思います。どうせなら、そこら辺まで突っ込んで欲しかったなぁ。

 この日の佐山さんは藤原喜明とシングルでもう一試合してるんですね。確か久しぶりの対戦で、すっごい話題にはなったような記憶があるぞ。試合はグチャグチャ、なぜか猪木が出てきて無効試合裁定、最後はダー(笑)。
 プロレスがもう一試合。天龍&嵐vs北尾&望月。すげ~(笑)。モッチー可哀想。

■関連リンク
トリビアの泉で沐浴 全トリビアリスト
TIGERMANIA

|

« たらばガニロック、乳首切断じゃなくて小橋失神 | トップページ | 週刊アスキー別冊で紹介されまくり »

コメント

これ、観に行きました>格闘技の祭典@1997
梶原家にとっては、ディープな話題の頃の話ですね。
ともあれ、興行的には長くって、辛くって、大変でした。
「格闘技の祭典」って、長くって疲れる興行が多いんですよね。
タイガーマスクのタッグマッチも噛み合わなかった記憶が。。。
佐山タイガーも金本タイガーも技受けないし、誰も試合をまとめられなかったような。

投稿: barry | 2004.06.03 16:05

俺も見にいってました。
台湾で、娘が誘拐され、そのまま惨殺された直後だったので、母=パイピンピンさんが「梶原先生、力をください」と語ってたのが思い出されます。
真樹先生との2ショットを撮ったり、結構印象深い興行です。
番組に関して言えば、今でこそ、メジャー団体選手が他団体に出場するのは当たり前のようにありますが、全日(当時)の選手が他団体興行に出場すること自体が話題になったことくらいは触れてほしかったものだ。

投稿: おとこのおばさん | 2004.06.03 16:36

7年前ですか。こう見るとみんな若いですね。
にしても、もう一試合のプロレスは確かにモッチーが可哀想ですね。スーパーヘビーの中に一人だけジュニアですし、今より結構線が細いですね。
にしても、トリビアで映像見てましたけど、まだ、プロレス観戦暦が短いせいもありますが、2代目が三沢にしては細いなとおもってましたが、金丸だったんですね。それなら、納得です。
にしても、金丸と金本が組んでたのが信じられませんね。

投稿: BOB | 2004.06.03 23:37

「天龍&嵐vs北尾&望月」
当時のWARだと、ありがちなカードでしたね。
この大会での試合の記憶が無いので、なんとも言えないのですが、この手のカードでは毎回モッチーが受け役で、ある意味美味しいポジションだったと記憶してます。
(もちろん、肉体的にはキツかったでしょうけど)

WARは邪外が入った辺りから、スーパーヘビーとJrのゴッチャ混ぜタッグが多くなり(SWSの後期にもありましたが、スーパーヘビーとJrが絡むのは少なかった)、試合にリズムが出来て、冬木軍や6人タッグというムーブが出来たのを思い出しました。

懐かしい&面白かったなぁ~(シミジミ)。
# 反面、北原や嵐などは体格が下の相手にしか、良い試合が出来なくなるというマイナス要因もありましたが(汗!)。

投稿: barry | 2004.06.04 14:59

>barryさん
モッチーはデビューしてから、このメンバーに入れられてましたからね。大鷲とのチームはWAR系なんでしょうか?

>おとこおばさんさん
誘拐ありましたね、その時でしたか。

>BOBさん
当時は三沢不参加にブーイングかなりあったように記憶しています。金丸は大変だったでしょうね。

投稿: 管理人・杉 | 2004.06.07 02:09

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 補足トリビア:

« たらばガニロック、乳首切断じゃなくて小橋失神 | トップページ | 週刊アスキー別冊で紹介されまくり »