« 中西百重、M'sSTLYE離脱 | トップページ | 中嶋勝彦に下積みは必要? »

2004.05.27

アッという間に人生終わるぞ

中央道で追突事故 運転手重体、プロレスラーら4人けが  [アサヒ・コム

 ZERO-ONEの山笠・浪口が軽いケガだそうで。追い越される時に接触された・・・災難ですねぇ・・・。先日は大日本がトラック横転の大事故を起こしてますし(奇跡的に大きなケガなし、トラックは廃車)、こういうのは続く場合あるんで、皆さん気をつけていただきたい。

 プロレスラーって交通事故で大きなケガを負ったり、亡くなったりする方が多いんですよね。上田馬之介さんは闘病中だし、アドリアン・アドニスは亡くなりました。
 ここで紹介したいのがNOWの若手選手だった直井敏光さん。妹さんがお兄さんについて書かれたサイトがありました。リンク元は最後に書きますんで、ちょっと転載した記事を読んでみてください。

 私の兄・直井敏光は1993年1月8日に自らが運転した自動車事故で亡くなりました。それからアッという間に10年間という時間が過ぎました。

小学校の頃は必ず金曜日の8時にプロレスを見ながら夕食。部屋の中で二人でプロレスをよくやりました。「アントニオ猪木」の入場曲を流してる時は兄が私に攻撃する時間、「アンドレ・ザ・ジャイアント」の入場曲を流してる時は私が兄に攻撃する時間(私は凶器OK)と一応のルールを決めて、相当ボコボコにやってました。「テリー・ファンクの曲がいい!曲、変えて!」と何度も申請しましたが「アカン!お前はアンドレや!」と全て却下。最後は兄のエルボーが私の胃のミゾオチに入るか、軽~いローキックで崩れ落ちるかして私の大号泣で終了。

 その後お兄さんはボディビルで輝かしい実績を上げてSWS入門、NOWでデビュー(妹さんが初めてお兄さんの試合を見た時の相手はブッカーTだったそうですw)。
 デビュー後、短期間帰郷した時の会話・・。
兄:「お兄ちゃんな、プロレスで成功して、いずれ特別なジムを開きたいんや。大学で色々な人間を自分で発掘して、眠ってた才能がいきなり   開花した人間もたくさんいる。何にも今までやってなかった人間が、どんどん開花されるって物凄い面白いんや。今まで出会った人間でも、  物凄い才能を持ってるのにしょうもない人間関係でその才能を腐らせた人間を何人も見てきてるんや。
  だからどんなスポーツとか関係なく、その個人の才能を最大限に伸ばせるニューを作って各分野での一流の選手を育てたいんや。
  けど、その為にはまず自分が実績を作らなアカン。説得力も無いし、相手も自分についてけぇへんやろ?だから絶対にプロレスで成功する  !」
私はその話を聞いていて小さい頃にプロレスラーに憧れていた兄と今の兄は全く違うなぁと思いました。
私:「そっか、何かイイよなぁ・・・私も何か頑張るわ!」
兄:「お前、ボディビル、本気でやれよ!お前の骨格とか体型は絶対に向いてるし素質があるって!根性さえあれば、面白い事になるで、ホン  マに!」
私:「けど、私なんか何にも今までそんなにやってないし、ボディビルやるって言ったら絶対に笑われるわ~」
兄:「笑いたい奴は笑わせたらええねん。結果出したら、みんな笑わんようになるんやから」
私:「・・・けど、私は無理やわ・・・」
兄:「お前のそういう所がアカンねん!そんな事言うとったらアッという間に人生終わるぞ!」
 妹さんもお兄さんの影響でボディビルに興味はあったみたいなんです。
 ・・・そして1993年1月8日
それからすぐの「週刊プロレス」には兄の訃報が載っていた。数日違いでアンドレ・ザ・ジャイアントが亡くなったので、その号はアンドレ特集だった。
ページをペラペラとめくると1つのイラストが目に入った。
アンドレとお兄ちゃんが天使になって天国で楽しそうにトランプをして遊んでいる、とてもかわいいイラストだった。それを見た時に小さい時に、私の事を「アンドレ」と呼んで笑っていた事を思い出し、何となく寂しい気持ちになった。
 そうだ、アンドレもあの時だったなぁ。あの時は訃報が続いたような記憶があるなぁ。
 ・・・そして今。
 私はそれをきっかけに1994年、初めてボディビルに出場して、その出場したコンテストがきっかけで主人と出会い結婚して、今もまだ現役選手としてのトレーニングを続けている。
兄の死をきっかけに私の人生は色々な意味で大きく変わったと思う。
 旧姓・直井、現・山中輝世子さんは、「2000年・2001年 ミス日本・フィットネス優勝」「2001年 ミスアジア・フィットネス優勝」という実績を持つ一流のボディビルダーとなりました。
 リンク先はこちら。
兄・直井敏光 [輝世子の部屋
 だいぶ省略しちゃった部分もあるんで、ぜひ全文を読んでみてください。
 いや、ホント泣けます。「アッという間に人生終わるぞ」って言葉が響く・・・。

■関連リンク
ZERO-ONE official fight site
※tnさんからの情報含む

|

« 中西百重、M'sSTLYE離脱 | トップページ | 中嶋勝彦に下積みは必要? »

コメント

こんにちは。
SWSも好きだったので、NOWでデビューした直井選手の交通事故死は、かなりショックでした。
それにしても、妹さんのサイトがあるんですね。
紹介してくれてありがとうございます。

投稿: barry | 2004.05.27 13:33

>barryさん
私もSWS好きでした。NOWで直井さんの試合も見たことあります。家族・親類・友人が大挙して応援に来てたのが凄く印象に残ってます。

投稿: 管理人・杉 | 2004.05.29 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッという間に人生終わるぞ:

« 中西百重、M'sSTLYE離脱 | トップページ | 中嶋勝彦に下積みは必要? »