« 後藤教 | トップページ | 横井、ハードコアで大流血 »

2004.05.23

サップ、タップ負け

5/22 K-1ROMANEX・さいたまスーパーアリーナ(14918人・超満員札止め)、結果  [スポーツナビ

 [4]○ジョシュ・バーネット(1R2分15秒 マウントパンチ→KO)●レネ・ローゼ
 ・ジョシュ・コメント「日本のファンは素晴らしい。プロレスオタクの為にも頑張りたい(笑)。ホント、ゴメンナサイ、バックドロップナカッタ。ネクスト、パワーボム! プロレスハ無敵ダ!」
 バックドロップを狙ってたみたいですが、なかなか難しいでしょうね。内容はジョシュ圧勝。ただ、ロープ際(ってか、エプロン)になってもブレイクにならないのはどうなんだか。
 [5]○須藤元気(1R3分40秒 上からパンチ→KO)●ホイラー・グレイシー
 ・試合後、須藤はホイスへ挑戦を表明
 いやいや、素晴らしいですね。スタンドの打撃で勝負いくのかと思ったら、寝技でも互角っぽい感じだったからなぁ。
 ホイスは体重差が微妙・・・ってかホイスはPRIDEじゃなくてK-1?
 [8=セ]○中邑真輔(2R1分51秒 ギロチンチョーク)●アレクセイ・イグナショフ
 ・中邑マイク「ありがとうございました。今日の試合のテーマは笑顔。今日はいい風が吹いていたから勝つことができました。応援、ありがとうございました。プロレスラーは強いんです」
 ・イグナショフ・コメント「はっきり言って、今日は強くない人に負けてしまった。でも今日は彼が強かったということ。」
 いや~勝ちましたね中邑。何でもいいよ、ヤオでもいいよ、勝てばいいのよ~。もの凄いプレッシャーの中でファンに対して喜びを与えられる・・・プロレスラーとして正しいです。勝てば何だっていいんです。
 イグナショフはまったく動けてませんでしたね・・・体調の問題かもしれませんが、それ以上に中邑の動きは良かったです。にしても、2Rは時間かかりすぎかな。やる気ない感じだったし、スパッと言ってもらいたかった。取りあえず、MMA路線は一区切りしてプロレスをちゃんとやりなさい、巡業に出てください。
 イグナショフは試合後コメントで「中邑は弱い」を強調、深読みしたくなる感じ・・・。ヤオ疑惑もあるみたいですが・・・どうでもいいんですよ。この試合の場合、結果が重要だから。政治力で勝ったとしても、それが「プロレスの勝利」であることには違いない。十分、興奮はさせてもらったし。
 [9=メ]○藤田和之(1R2分15秒 グラウンドパンチ→ギブアップ)●ボブ・サップ
 藤田圧勝、サップ何も出来ず。この結果は新日本にとってツライかも。現役IWGP王者が弱々しくタップしちゃったんだから。これだったらIWGP懸けた方が良かった。あれだけ無様な試合をしたサップをプロレスだからといって、もう一度持ち上げるのは無理がある。棚橋にチャンス出てきたか・・・。
 藤田はサッカーボール・キックを多用。動きも速くて完璧。PRIDE GPに途中からでも参加してもらいたい感じだが、「次もROMANEX」との発言。ただ・・・そのROMANEX次回大会が決まってないんですけど・・・。

 全体的にはどうなんかなぁ~。試合内容はイマイチ、非情な結果が続出したのは良かったんだけど。ある意味「異種格闘技戦」的ではあったかなぁ。もうちょっと感情移入できる選手を創り出さないと。ジョシュに期待します~。

■関連リンク
FEG OFFICIAL WEB SITE

|

« 後藤教 | トップページ | 横井、ハードコアで大流血 »

コメント

管理人さんは辛口の採点のようですが、会場に行った自分としては非常に面白かったし大満足。秒殺が多くてハズレ試合も少なかったし。
でもエプロンに選手がハミ出してしまっているのにストップドントムーブを全くやらなかったのはおかしい。是正すべき。
あと超満員札止めってのはウソです。オレは試合開始20分後に入場したけどバリバリ全席種売ってたし、入りも9割弱だったし。意外と新日ファンが多かったのもちょっとビクーリ。

投稿: ジーニアス | 2004.05.23 03:33

ジョシュと中邑は最高。強いプロレスラーが見れてかなり満足。

投稿: XYZ | 2004.05.23 12:40

結局このルールでやったんですかね?↓
http://www.so-net.ne.jp/feg/k-1gp/e002.htm
だとすると、バウレビにも書いてある様に藤田の蹴りは反則なんだよなあ。
それから、BJペンもラドウィックの喉掴んでたし。
なんで、日本語版のルール公開しないんだろう?

投稿: toshi | 2004.05.23 17:21

確かに昨日TVで見ましたけど、結構面白かったと思いますが、ルールの面については問題が多いですね。
ジーニアスさんの意見は賛成ですね。あれは、見にくいし危ないですよね。

投稿: BOB | 2004.05.23 19:07

やっぱり、中邑-イグナショフ戦は八百長でしょう。
イグナショフなんもしてないもんね。
新日本はいくら払ったんでしょう?

投稿: プロレスマニアの伝道師 | 2004.05.24 10:42

 格闘家が勝てば、「やっぱりプロレスラーは…」とのたまう。たまたまプロレスラーが勝てば「やっぱりヤオでしょう」とおっしゃる。何をかばってるの?だから、格闘技オタは嫌なんだ。(プロレスラー最強論者も嫌いだけど。)
 とにかく中2日で試合を組むK-1も、観光気分で試合をしにくるK-1戦士も見る方をなめてるって事でしょ?プロレスじゃない以上、結果が全てなんだから。後で何を言い訳しても負けは負け。それをファンがヤオとか体調不良とか言ってかばっても恥の上塗りだ。だから、僕は今回イグナショフを弁護なんかしない。悔しかったら次に勝てばいいんだ。

投稿: ヒール | 2004.05.24 14:11

ついでに言えば、総合格闘技のソフトが2つ(k-1とプライド)あるのは、よくないね。昔、プロレスで全日本と新日本がどっちが正統とか言い合っていたのを思い出すよ。
 プロレスなら我慢できるけど、と言うかそれなりに面白いと思ったけど、「真剣でございます」って言ってる総合格闘技の興行がああじゃねえ。

投稿: ヒール | 2004.05.24 14:16

 結果でイグナショフが負けたのは確かに現実だろう。だがこの闇で覆われた世界なら定性は必要側もあるにもなると思うのですがまぁそんなことはどうでも良いと思うのですが・・・。
 1回負けたくらいでは弁護は必要ないでしょう。しかしマジでやばくなったら(負けすぎて)弁護は必要だと思うファイターやナイトが負け続けて潰れていくのは見るにつらいだろうし。
 
 

投稿: ライクス | 2004.05.24 16:19

>ジーニアスさん
新日本ファンは新日本の会場には行っているんでしょうかw

>XYZさん
ジョシュはレベルが違う感じでしたね。

>toshiさん
藤田の後頭部・脊髄への蹴りは反則だったみたいです。K-1、いろんな意味でルールがダメダメ。

>BOBさん
ドント・ムーブがかかった試合ってあったんでしょうか?

>プロレスマニアの伝道師さん
ヤオでもいいんです、中邑は勝ったんです。

>ヒールさん
プロレスラーがMMAやる場合、ヤオ疑惑は絶対に出ることは分かってるんだから、よっぽど説得力ある勝ち方をする必要あるんでしょうね。それこそ腕折るとか病院送りとか。スポーツの範ちゅうではないが、プロレスラーを使うのならば、それぐらいは許してやって欲しいもんです。
私は2団体、アリだと思います。対立概念があった方が盛り上がるでしょう、どんなジャンルのものでも。もちろん、それに対する反論があって当然なんですが。

>ライクスさん
本来、弁護できない戦いだから面白いはずなんですけね・・・。

投稿: 管理人・杉 | 2004.05.25 00:36

何ゴトも競争相手は必要。製薬会社が1社しかなかったら医療は進歩しないし出版社が1社しかなかったら面白い本はできない。リングスを潰して修斗やパンクラスを弱体化させているPRIDEは怖いモノなしって感じだったから、ライバルが現れるのは良いこと。そのくせ選手の貸し借りが頻繁に行われれば言うことなしなんですが……ファンはどこまでもワガママなもんです。

投稿: ジーニアス | 2004.05.25 01:36

個人的な思い入れで不穏当な発言をしてしまった事を反省し、この掲示板から去ります。
どうもヤオだガチだの考え方は僕にはなじまなかったみたいです。
管理人さん、そしてみなさん、どうも失礼しました。
僕は一観客としてのみ関わっていこうと思います。
さようなら。

投稿: ヒール | 2004.05.25 09:00

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サップ、タップ負け:

» K-1 ROMANEX [Ooh La La - Sleepy's blog]
K-1 ROMANEX 打撃でタップする選手を初めて観た。 アナウンサーも困って [続きを読む]

受信: 2004.05.23 10:54

« 後藤教 | トップページ | 横井、ハードコアで大流血 »