« 週刊プロレス、編集長交代 | トップページ | バトラーツ・コーチが修斗世界ランカーに勝利 »

2004.04.08

浜田文子vs里村明衣子

まずは4/4後楽園の結果。

4/4 GAEA-JAPAN・後楽園ホール(1900人)、結果

 [1]○長与千種(16分48秒 二段蹴り→体)●L飛鳥
 約5年ぶりの対戦は第1試合で。前半は押さえ込み合戦あったりの全女イズム・モード、後半は長与が有刺鉄線ボードを持ち出しハードコア・モード。過去と現在のスタイルを披露する意味ありげな試合。
・代々木サバイバル5大シングル
 [4]○S佐藤(11分39秒 雷電→体)●D関西 
 [5]○里村明衣子(1分16秒 アームバー)●山田敏代
 [6]○アジャコング(8分6秒 裏拳→体)●C天野
 [7=セ]○永島千佳世(9分5秒 高角度前方回転エビ固め)●D雅美
 [8=メ]○豊田真奈美(18分36秒 丸め込み→エビ)●浜田文子
 代々木の前哨戦的なカードなはずなんだか・・・AAAW王者の文子が負けちゃったりで、焦点がイマイチぼやけてくるような(試合は見てませんので、結果だけで判断するのは乱暴でしょうけど)。マンネリ防止を意識するあまり、必要以上の番狂わせが発生しているように見えるのですが。上下関係がバラバラでGAEAファン以外からすると、何が中心でストーリーが動いてるか分かりにくい。それでも後楽園は満員が続いてるようなんで関係ないのかなぁ。

GAEA JAPAN OFFICIAL SITE

かなたく kana宅~女子プロレス記者・伊藤雅奈子のHP~

|

« 週刊プロレス、編集長交代 | トップページ | バトラーツ・コーチが修斗世界ランカーに勝利 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜田文子vs里村明衣子:

« 週刊プロレス、編集長交代 | トップページ | バトラーツ・コーチが修斗世界ランカーに勝利 »