« 4/25 NOAH・日本武道館、速報 | トップページ | 木村健悟夫人、ひったくり被害 »

2004.04.25

PRIDE-GP開幕戦、速報

4/25 PRIDE-GP開幕戦・さいたまスーパーアリーナ(4万2110人・超満員札止め) [スポナビ][バウレビ][観戦記ネット][PRIDEオフィシャル

すいません。諸事情により、PRIDEは今から見ます。二時間遅れのタイムラグ中継です。
速報を期待されていた方、申し訳ありません。

PRIDEオープニング、高田がゴンドラに乗って会場内の屋根下から挨拶。

 [1]○ヒース・ヒーリング(1R4分53秒 グラウンドで鉄槌連打→KO)●高橋義生
 1R 高橋がタックル切ってフロントチョーク、それを脱出するとインサイドガードからパウンド。最初は首を振ってかわしていたが、結局KO。  今の勢いそのままか。ヒーリングは打投極全てのバランスが抜群。
 [2]○セルゲイ・ハリトーノフ(1R4分14秒 スタンドのパンチ連打→KO)●ムリーロ・ニンジャ
 打撃で打ち合い、ハリトーノフは見事なはらい腰も決めてみせる。  ボディブローも強烈。コーナーに追い込んで顔面へパンチでニンジャの目がとぶ! そのまま衝撃のKO。ハリトーノフ強い! ニンジャに打撃で打ち勝つってんだから・・・これで寝技も完璧と来ると・・・。
 [3]○ジャイアント・シルバ(1R4分4秒 下からの腕固め)●戦闘竜  ・戦闘竜コメント「負けたけど、今回はよかったと思う。腕が抜けなくて、極まってしまった。デビュー戦としては満足している。」
 スローモーながらもパスガードに成功した戦闘竜、上になるもシルバがまさかのチキンウイング・アームロック! 藤原組長が得意なパターン。これが決まってしまう。総合では珍しい決め方。これをU系の選手がやったら泣くほど感動するけど、シルバがやったらギャグに見えてしまう〈笑)。  こんなんで満足しないでくれよ、戦闘竜~。
 [4]○セーム・シュルト(1R5分2秒 腕ひしぎ逆十字固め)●ガン・マッギー
 予想に反して寝技の展開に。見事な動きでマウントを奪ったマッギー、そのまま優位に攻めるも、体勢崩れたところで逆転の腕ひしぎ。ロックを足で強引に外すのがシュルトらしい。  判定決着必至かと思われたが意外とイイ試合に。シュルトが勝てばK-1喜ぶ・・・。
 [5]○小川直也(1R1分34秒 肩固め)●ステファン・レコ  ・小川マイク「PRIDEのファンには大変申し訳ないですけど、あくまでも、ハッスルを広めるためにですね、コツコツやってまいります。」
 新テーマ曲で入場の小川、凄い人気。レフェリーはヤドカリ島田、ハッスル査定試合だから?   スタンドで打撃の打ち合い! 小川も負けてない。小川の打撃でレコが倒れる! 上から攻める小川の動きは軽やか。肩固めで完勝! オミゴト!  ブランクを感じさせない動きには驚かされた。三強ともいい勝負できそう。ハッスルの宣伝もバッチリ〈笑)。  ヤオ疑惑もありますが、私の見方ではガチで間違いないと思われます。もしヤオと設定されていたとして、打撃のスペシャリスト・レコが柔道家の打撃で倒れるという台本は絶対に書けません。レコも受け入れないでしょ。
 [6]○ケビン・ランデルマン(1R1分57秒 上からのパンチ連打→KO)●ミルコ・クロコップ  ・ランデルマン・コメント「去年の桜庭戦で右腕を痛めたので、左腕でパンチを打った。左フックは(師匠の)コールマンと立てたプランどおりだ。ミルコが左ハイを放つタイミングを見抜き、怖がらずにパンチを打ちに行ったから当たった。」
 左フック一発でミルコがダウン! そのまま乗っかってパンチ連打、ミルコの体が人形のように!  まさかの番狂わせ、ミルコはいいとこまったくナシ。ク○リの力が大きいとはいえ、ランデルマンのスピードは驚異的。桜庭はよく勝ったなぁ。

 この試合終了後に、マークハントがリングに登場、PRIDE参戦を表明。
 K−1から引き抜きましたね・・・泥沼だ。

 [7=セ]○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(2R1分25秒 スピニング・チョーク)●横井宏孝
 1R、ノゲイラは下から攻めるいつものパターン、横井はまったく負けていない。スタンドの打撃はノゲイラ有利。
 今日初めての2R、四点ボジションを上からガブッた状態のノゲイラ、そのまま横に回転して変形の裸絞めへ。これで横井タップ。フィニッシュは初めて見る技。ノゲイラ・マジック健在なり。
 打撃に対し「もっと打ってこい」と挑発したりで、横井もそれなりにインパクトは残した。
 [8=メ]○エメリヤーエンコ・ヒョードル(1R2分11秒 腕ひしぎ逆十字固め)●マーク・コールマン
 スタンドの打撃を上手くかわしてテイクダウンに成功、スリーパーで追い込む。そのまま上になって打撃を狙うコールマンを、下から鮮やかに腕ひしぎで捕獲! ヒョードル、お前はノゲイラか!

 ミルコは負けてしまったが、二強はさらに進化した感じ。期待の小川でも、この二人を超えるのは難しいでしょう。

 PRIDEオモシレ〜。試合内容でもノアに負けてないと思うよ。それでいて番狂わせもあるし。

ゴタゴタしちゃって速報になってませんでした。すんません。

・4/27に9つの記事を一つにまとめました。コメントも移動しました。
・4/30に正確な試合タイム等を書き込み、一部文章を追加しました。

|

« 4/25 NOAH・日本武道館、速報 | トップページ | 木村健悟夫人、ひったくり被害 »

コメント

さいたまから帰ってきました。
今日は、九段下(武道館)を蹴ってPRIDEに行きましたが、
本当に良かった。
全8試合も、判定とか無くて面白かった。
中でも、小川。生で見ると、
「こいつは、何とかしてくれるんじゃないか?」と思える様な
オーラを身にまとってます。決勝までは行くでしょう。
満員のハッスルコールが、結構楽しかったです。
ミルコがぶっ倒された時の衝撃は、会場、異様な物でした。
信じられないって言う感じで。
個人的には、小川には、定期参戦してもらいたいと思います。
猪木が認めた唯一の日本人、小川と、
猪木が認めた唯一の米国人、レスナーとの戦いを期待せずには居られません。

投稿: sk | 2004.04.25 22:26

続きですみません。
日刊スポーツWEB見てたら、
Oちゃんが、ちょうどレコをダウンさせた「アゴかすりパンチ」
の写真が出てます。
小川のパンチ、結構、様になってますよ。

投稿: sk | 2004.04.25 22:56

ノアはどこもリアルタイム速報したらしいですが、PRIDEは全試合終了1時間後じゃないとやらなかったようですね。会場に行けなくてスカパーにも入ってない人は2ちゃんねるしか頼れなかったようで……。

ヒーリングはヤマヨシ相手に意外と苦戦してたので高橋いけるかも……と思ってたんですけどねぇ。こうなりゃ負けたもん同士で高橋VSヤマヨシやってほしいな。東京ドームの通路で前田と高橋がハチ合わせしてにらみ合っている時にヤマヨシが割って入った因縁がありますからね。

私も友人宅でPRIDEとノア同時に見ていましたが、ノアが見れるのはPRIDEの選手の入退場や休憩時間の時ぐらいのもんでした。PRIDEはいつ試合が終わるかわからない緊張感があるので結局試合を最初から最後まで見るしかないですからね。それにしてもハリトーノフは強すぎる。2強(ミルコ負けたんで)に勝てそうなのはコイツぐらいか?もっともヒョードルとは同門だから決勝にならないと対戦しないだろうけど。

ふたりとも技術ねぇからつまんねー試合になるんだろうなぁ、という予想を見事に裏切ってくれた。戦闘竜が上のガードポジションになったがシルバの胴体が長すぎて戦闘竜の腕が短すぎるためパンチが全く届かなかったのは笑えた。

鼻血ごときでたじろいでしまったマッギーが墓穴を掘った印象。とはいえその隙を見逃さなかったシュルトもお見事。

試合直後にレコが倒れたシーンをスローでやっていましたが、小川のパンチ当たってなかったですね。右パンチで伸びた腕を引いた時にかすっただけ。レコが小川のプレッシャーでバランス崩したんだろうな。K-1だとブレイクになるからその時のクセが出ちゃったか?とはいえ試合前に宣言していた「次元の違い」を見せつけたのは確か。ブランク関係なかったな。でも小川って寝技のスペシャリストと1回もやってないから次大会以降にはやってほしい。試合後はDSEの赤字部門・ハッスルを必死に宣伝。でもそれに触発されて大会終了後に会場売店でチケット買った人は4万人中400人もいなかっただろうな……。

知らなかった……オーちゃんが試合後にハッスル3のチケット買った人全員と握手してたなんて……それなら400人以上は買ってそうだなぁ。

今フジテレビで見直したんですけど、小川のパンチ当たってましたね……こめかみ辺りに……m(_ _)m

右ストレートではなく左フックですね。タックルにいくと見せかけて低い体勢からロシアンフックがズバリと極まった感じでしょう。試合開始同時に胴タックルでミルコをビビらせて意識が下に向くように仕向けた作戦が大当たり。ミルコがこんな情けない負け方をしたのはマイケル・マクドナルド戦以来?桜庭は間接的にミルコに雪辱しましたね。日刊スポーツのシウバの予想も的中!
マーク・ハントはどうかなぁ〜。K-1GP優勝してからハングリーさを失ったのかダメになっちゃったからなぁ。重心は低そうだから簡単に倒されなさそうだけど今から寝技の練習を一生懸命やるとは思えない。

1Rに関して言えば横井はノゲイラに全く負けていなかった。パスガードされちゃうか?っていう危ないシーンも2、3回あったが全て完封し払い腰を極めるぐらいだったのだからスゴイ。それでも2R開始早々ワケのわからんうちに首が極まっていた。本当にノゲイラは千の技を持っているのかもしれない。

普段は乱暴な勝ち方が多いヒョードルですけど、やっぱりしっかりした技術がバックボーンにあってこそ、ということなんでしょうな。リングス最強!試合前は「氷の拳」なんて紹介されていましたけど顔も氷でしたね。コールマンにバックに回られスリーパーを狙われた時にも表情ひとつ変わらなかった。終始余裕だった。それにしてもこの日のPRIDEは全試合面白かった。こんなことは久しぶり。大抵つまらないK-1の開幕戦とは大違い。ノアだけはガチかもしれないが(苦笑)それでも今日の面白さにはかなわんだろう。おそらく次はヒョードル、ノゲイラ、ハリトーノフ、小川が勝ち残るような組み合わせにするんだろうな。もちろん番狂わせもありそうですが。

投稿: ジーニアス | 2004.04.26 14:47

ミルコがランデルマンごときに負けるなんて・・信じられないよ・・ショックだ・・・くそ!ランデルマンめが!!


 クリントンランペイジ・ジャクソンや桜庭はミルコより強いと言うことか?後はヒョードルとかセルゲイにランデルマンの野郎を殴り倒してもらえ!ミルコ様。今後ミルコはどうするんだ・・・これじゃあK-1との2冠どころか自慢のイージーが全く通用しないじゃないか・・。
 

投稿: ライクス | 2004.04.26 16:36

 レコが負けるのは予想していたが・・おいおい本当にどうするんだ、クロアチア勢は・・本当に悲しいよ・・。
 ミルコ様は本当にどうしてしまっただんだ!反射神経やスピードなどの身体能力でミルコが劣ってるものの自慢のテクニックとヒットを用いていれば負けるような相手じゃなかっただろう。

投稿: ライクス | 2004.04.26 16:54

リングサイドで、しかも双眼鏡を手に観戦してきた私としては、
次回からは、ドーピング検査を完全に導入すべきだと思いました。
ミルコからも提案がありそうな気配。
時代の趨勢から言っても、米国勢師弟のあの筋肉はまずいでしょう…。
家に帰って録画していたノアも見ましたが、
あれはあれで面白かった様な。
高山は、今回、ノアを選んで正解だったかも。
異様に充実してたから、高山キャラの入り込む余地が無かったと思います。
今回のプライド。次もリングサイドで観戦します。

投稿: sk | 2004.04.26 18:14

PRIDE速報も一部書き直しました。

>skさん
観戦されたんですか、うらやましい。しかもいい席だったような・・・。

>ジーニアスさん
長文ご苦労様です。まぁ、語るべきことが多い興行だったってことですかね。

>ライクスさん
ランデルマンはずいぶん研究してきたみたいですね。敗者復活に期待しましょー・・・?

投稿: 杉 | 2004.05.03 03:40

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PRIDE-GP開幕戦、速報:

« 4/25 NOAH・日本武道館、速報 | トップページ | 木村健悟夫人、ひったくり被害 »