« 北海道ローカル、アジアンプロレス | トップページ | 4/25 NOAH・日本武道館、速報 »

2004.04.25

ベッカセーム野獣

4/24 日本キックボクシング連盟・後楽園ホール、結果 [バウレビ][スポナビ

 友人から招待券もらったんで久しぶりにキックを観戦してきました。客層が相変わらず独特・・・・。女性客も多いんだけど、ケバいんだな~。ほぼ満員。
 日本キックボクシング連盟は3回戦からヒジあり、ほとんどの選手が1Rから倒しにくるんで観てる側としたら、こんなに面白い団体はない。意外と対K-1に一番対応できそうなのはここの選手じゃないか?

 [8]中川裕也引退試合 -73kg契約
 ○ベッカセーム野獣(判定 3-0)●中川裕也
 ※50-46/50-45/50-44、中川は2度ダウン
 現役王者ながらもいろいろあって引退となった中川、最後の相手は「野獣」。
 このベッカセーム野獣というふざけた名前のタイ人、メチャクチャ強いです。パンチでKOの山を築きながらも、「本当に得意なのは膝、パンチで倒すとお客さんが喜ぶから」と余裕の戦いを続けている。日本デビュー戦では試合前にビールをがぶ飲みして(!)泥酔してしまい試合にならず(笑)。その試合で負けてからは連勝街道マッシグラ。中川とも対戦済みで、その時は判定で野獣勝利。それが唯一の判定決着。
 昨年、日本人の方と結婚。奥さんの実家で農作業を手伝ったりしてる。“野獣”が婿入りして畑を耕してるしてるってのは笑える。
 この日も強烈なパンチで中川を追い込む。場外に吹っ飛ばすダウンもあった(場外に落ちてもダウンカウントって数えるんだね~)。終盤、中川も粘って判定まで持ち込む。イイ試合でした。
 試合後の引退セレモニーには、エンセン井上、柴田勝頼(魔界4号として紹介され、リング上でマスクを脱ぐ)が登場。エンセン経由で新日本の選手が打撃の練習に行ってるらしい。
 野獣ちゃん、ぜひK-1MAXに出ていただきたい。スタイルもあってると思う。
 [11=メ]-63kg契約
 ○チャイディー力(判定 3-0)●山田大輔
 ※50-42、50-42、50-43、山田は3回ダウン
 チャイディー・力(リキと読む)、チャイディー・リキ・・・10回ぐらい唱えていると、「チョーシューリキ」になってくる・・・。またもやふざけた名前のタイ人。これまた強い! パンチの強さが尋常じゃない。2Rにボディブローがモロに当たって、山田は倒れてのたうち回る。ちゃんと立ち上がってなかったのだが、レフェリーは続行(笑)。ランキング5位の山田は噛ませ犬的立場、たぶん、綺麗なダウン勝ちをさせてチャイディーを売り出したかったのでしょう・・・。ところが、3Rから山田が驚異的な粘りを見せる。なかなか当たらないものの、チャイディーに負けない強烈なパンチを振り回す。両者のパンチがブンブン音を出して交錯していく。会場大盛り上がりの熱戦に。
 判定はチャイディーが大差で勝利ながらも、山田の粘りにお客さんは大拍手。こんなのがランキング5位にいるんだから連盟の層は厚いなぁ~。チャイディーは偉そうなオッサンに「なんでKOしなかった!」みたいに怒られててショゲてた(笑)。

 あ~、面白かった。たまにはキックもいいなぁ。タダなら行くよ(笑)。

BoutReview.com
スポーツナビ

倒すか?倒されるか?日本キックボクシング連盟公認HP

|

« 北海道ローカル、アジアンプロレス | トップページ | 4/25 NOAH・日本武道館、速報 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッカセーム野獣:

« 北海道ローカル、アジアンプロレス | トップページ | 4/25 NOAH・日本武道館、速報 »