« 中嶋君、健介オフィス入り | トップページ | タイソン、K-1とサイン »

2004.04.15

キックボクシング、タイトル戦以外の5Rを廃止

5回戦なのに3R。新ルールスタート

 キックボクシングの話なんですが、興味深いんで取り上げます。

 新日本キックボクシング協会は4月18日の市原大会から、5回戦を3分3R、3回戦・4回戦を3分2Rで実施する。ただしタイトル戦は5Rで行い、国際戦はその都度ラウンド数を設定する。試験運用ではなく、5月30日の後楽園大会でもこのラウンド制が採用される予定だ。肘打ち、首相撲等、他のルールはこれまでと変わらない。
 「回戦」という言葉は「ラウンド」と同じ意味のため紛らわしいが、協会の広報担当者によると、試合のスピードアップと選手の積極的なファイトを促すための措置とのこと。
 確かにキックの興行は長いもんなぁ。この前ヤマケンが出場したM-1は全18試合だったしねぇ。昔、私の友人がキックを見に行って、7時にぐらいに到着したら、「第8試合を開始します」ってアナウンス。「こりゃ、試合が進むの早いなぁ~」とパンフ見たら、5時開始(平日)で全17試合(ぐらい)だったとか(笑)。半分は見れたんですね。終了は11時近かったみたい。
 新日本キック協会は武田幸三などが所属する団体だけに、対K-1を考えてのルール改正とも考えられます。ただ、K-1に振り回されっぱなしなのもどうかと思いますけど。昔は打倒ムエタイが合い言葉でしたが、今は打倒K-1なんですねぇ。ゴールデンは強いなぁ。12Rとかやるボクシングがエラク大変な競技に思えてくる。

BoutReview.com
FEG OFFICIAL WEB SITE

新日本キックボクシング協会

|

« 中嶋君、健介オフィス入り | トップページ | タイソン、K-1とサイン »

コメント

K-1見慣れた観客にとっては、5回戦は辛いかもしれないですね。
以前、ガッツさんがボクシングの世界戦が15Rから12Rになったきっかけとなる試合(死亡事故)を語ってました。本人は世界は15Rでやってほしいと語ってましたが、もっと昔には拳で死ぬまで殴りあったわけで、その時々でルールが変わるのはありだと思う。

投稿: tn | 2004.04.18 17:15

>tnさん
>その時々でルールが変わるのはありだと思う。
そうですね。キックボクシング自体、空手やムエタイのいいとこどりな感じでスタートしてますから。

投稿: 杉 | 2004.04.19 01:46

新ルールはドロー続出の幕開け
http://www.boutreview.com/data/reports/040418shin-nihon-kick.html

12試合中6試合ドロー、KO決着は2試合。どうなんかなぁ。

投稿: 杉 | 2004.04.20 01:00

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キックボクシング、タイトル戦以外の5Rを廃止:

« 中嶋君、健介オフィス入り | トップページ | タイソン、K-1とサイン »