« 吉田秀彦、柔道大会参加に待った | トップページ | 遺伝子ドーピング »

2004.02.19

急遽、タイトルマッチの場所が変更

GAEA JAPAN・後楽園大会(涙と笑いと熱い血と)
2.17後楽園大会試合結果
2/17 GAEA-JAPAN・後楽園ホール、結果(1900人)

[1]○尾崎(13分30秒 裏拳→体)●林
 全身包帯姿のKAORUが乱入、松葉杖攻撃で新人・林を殴る。
[3]納見佳容ファイナルカウントダウンスペシャル
 ○豊田(19分21秒 JOクインビーボム→体)●納見
 全女では毎日のように行われていたカード。最後は涙・・・。
[5=セ]AAAWタッグ選手権
 輝、○植松(17分40秒 リングアウト)里村、●永島
 ※挑戦者・輝&植松が第11代王者に
 かなたくさん曰く、“中途半端なヒールキャラ”の輝&植松。場外乱闘から19カウントでリングに滑り込むのはある意味掟破り? 場内は大ブーイングだったとか。
[6=メ]AAAWシングル選手権
 ○浜田(17分40秒 スピンキック→片)●アジャ
 ※王者・浜田がV1
 APクロスではなくて、アルシオン時代、クイーン・オブ・アルシオン王座をアジャから取ったのと同じフィニッシュなのがミソらしい。試合後はWWE参戦もアピール。新間事務所のプッシュがあれば大丈夫?

 この大会で一番驚いたのは以下のシーン。セミ終了後、デビル&関西がタッグ王座挑戦をアピール・・・。

 新王者チームの初防衛戦は2・29大阪に決定! となるはずだったが、後楽園ホール史上初めてだろうと思われる「ペペ・コール」が起こり、前代未聞、2・22本川越ペペホールでのタイトル戦が、マジ緊急的に決定した。なんやねん、GAEAの大英断……。「お客さんが望んだんだから、これでいいっしょ!」とはGOサインを出した木村代表。
 これはアドリブなんだろうなぁ。この英断は素晴らしい・・・? 大阪のファンは怒るだろうけど。

GAEA JAPAN OFFICIAL SITE
かなたく kana宅~女子プロレス記者・伊藤雅奈子のHP~

|

« 吉田秀彦、柔道大会参加に待った | トップページ | 遺伝子ドーピング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急遽、タイトルマッチの場所が変更:

« 吉田秀彦、柔道大会参加に待った | トップページ | 遺伝子ドーピング »